FXのファンダメンタルズ分析とは?実例を用いて勝てる分析方法を徹底解説!

FXの分析方法はファンダメンタルズ分析とテクニカル分析に大別されます。

ファンダメンタルズ分析は金融・経済の動向を対象とし、テクニカル分析はチャートを対象として分析を行います

FXで勝ち続けられるトレーダーになるにはどちらの分析手法も欠かせません

この記事ではまず、FXのファンダメンタルズ分析の基本や見るべき指標、ファンダメンタルズ分析を有利に進めるコツなど大切な要素をすべて解説します

ファンダメンタルズ分析は分析の方法を間違えると全く逆方向に値動きの予想を立ててしまう場合もあるため、しっかりと基礎知識をつけておきましょう。

この記事でわかること
  • FXのファンダメンタル分析とは何か
  • ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析はどちらが大事か
  • ファンダメンタルズ分析で押さえておきたい重要指標
  • ファンダメンタルズ分析の考え方
  • ファンダメンタルズ分析のおすすめ情報源

\ FX会社選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめできる人取引単位手数料通貨ペアスプレッドFXアプリスワップポイント最短開設日
GMOクリック証券 ロゴ画像
GMOクリック証券
公式サイト当サイト人気No.1口座
アプリが便利で5,000円から取引可能!
投資未経験から上級者の誰にでもおすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
20種類米ドル/円:0.2銭非常に
使いやすい
安定的で高水準最短当日
GMO外貨 ロゴ
GMO外貨(外貨ex)
公式サイトスワップポイントが高く
入出金・取引手数料の全てが無料!
初めての人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
24種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
DMMFX ロゴ画像
DMM FX
-30分で口座開設!
今すぐ取引を始めたい人におすすめ
10,000通貨
(約10万円〜)
入出金/
取引手数料0円
21種類米ドル/円:0.2銭使いやすい高水準最短30分
SBIFXトレード ロゴ画像
SBIFXトレード
-スプレッドが他社比較して最狭水準
数百円から始めたい人におすすめ
1通貨
(約500円〜)
入出金/
取引手数料0円
34種類米ドル/円:0.2銭-安定的で高水準最短即日
 LINEFX ロゴ画像
LINE FX
-LINEにお得情報たくさん届く
気軽に取引したい人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
23種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
※一部例外あり
目次

FXのファンダメンタルズ分析とは?【基礎知識】

FXのファンダメンタルズ分析とは各国の金融・経済動向を元に今後の通貨の値動きを予測する分析手法です

そもそもファンダメンタルズとは「経済の基礎的条件」を意味します。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2つに分析手法を大別するならば、広い意味ではチャート分析以外の情報を参考に分析することをファンダメンタルズ分析と呼んでもいいかもしれません

例えば、定期的に発表される各国の経済指標のみならず、各国首脳や中央銀行トップの要人発言もまたファンダメンタルズ分析の対象になります。

これらの重要情報を収集し経済に与える影響を考えることがファンダメンタルズ分析の肝と言えるでしょう。

FXのテクニカル分析との違い【どっちが重要?】

ファンダメンタルズ分析の対になる分析手法がテクニカル分析です。

チャート上にライン(線)を引いたり、グラフや曲線を表示させて過去の値動きパターンから今後の値動きを予想する手法です。

どちらもこれからどう値動きしていくかを予想するための重要な指標になりますが、具体的にテクニカル分析とファンダメンタルズ分析で何が違うのか、2つの違いを見ていきましょう。

トレード手法によって合う分析手法が変わります

スキャルピング・デイトレードなど短期トレードの場合は「テクニカル分析」が重要

短期トレードにはテクニカル分析の方がおすすめです

取引時間が短い場合はファンダメンタルズ分析が対象とするような経済動向の影響が値動きに表れ辛いため、テクニカル分析の方が重要でしょう。

そのため、チャートの形状やインジケーターを元に売買の判断をするのがオススメ。

スイングトレード・ポジショントレードなど長期トレードの場合は「ファンダメンタルズ分析」が重要

長期トレードにはファンダメンタルズ分析がおすすめです

スイングトレードは数日~数週間でトレードを行う取引スタイル。ポジショントレードは数週間~数年単位でトレードを行う取引スタイルを指します。

為替の値動きは金融・経済の動向や要人発言次第で方向性を変えます。

どれだけテクニカル分析をしても、経済動向がそれに合わなければテクニカル分析通りに為替が動くことは少ないです。

まずはファンダメンタルズ分析で大まかな値動きの方向性を捉えた上で、エントリータイミングをテクニカル分析で測るなど工夫しましょう。

FXのファンダメンタルズ分析をする際に抑えておきたい重要指標

FXのファンダメンタルズ分析で押さえておきたい重要な経済指標は以下の5つです。

ファンダメンタルズ分析の際に抑えておきたい重要指標
  • 政策金利
  • 雇用統計や国内総生産(GDP)などの経済指標
  • 中央銀行や政府など重要人物の発言
  • 2年物国債の金利
  • 地政学的リスク

政策金利

各国の金融政策は最も重要度が高い指標です。数多にある金融政策の中でも最も重要な指標が「政策金利」

通貨ペア同士の国の金利の差は直に為替価格に現れやすいため、変化を把握しておきましょう。

2022年から2024年の今まで続く、円安傾向はまさしく政策金利が影響しています。

昨今の円安/ドル高の背景には米国の利上げと日本の利下げが影響している

米国は大規模なインフレが続いており、それを抑え込むために政策金利を引き上げることで消費を抑え、その結果物価高を下げようとしているのです。一方で日本は国内の消費増を上げるために長期金利を0%に近しい水準まで下げるという大規模な金融緩和を続けています。

利上げが行われると外需が高まり”買い”が活発になります。一方で利下げが行われると外需が弱まり”売り”が活発になるのです。こうした背景から2022年以降から昨今に至るまで、円安・ドル高の傾向が強まっています。

2022年の中頃以降、アメリカの消費物価指数は利上げの影響に伴い下降トレンドにあるため、2024年には円安が落ち着くと読む人も少なくはありません。

雇用統計や国内総生産(GDP)などの経済指標

政策金利に並んで重要な経済指標が「雇用」「物価」「景気」に関わる経済指標です。それぞれ細かく分けると以下のような経済指標に分けられます。

カテゴリ経済指標概要
雇用人口推移国内の人口数の推移を表した指標
有効求人倍率有効求人数を有効求職者数で割って算出した指標
完全失業者働く意欲があるor働けるものの失業状態にある人の数を表した指標
物価消費物価指数全国の世帯が購入する家系に係る財及びサービスの価格等を統合した物価の変動を時系列てきに測定したもの
国内企業物価指数企業間で取引される財及びサービスの価格変動を測定したもの
景気GDP(国内総生産)一定期間内に国内で生み出されたモノやサービスの価値を合計したもの
日銀短観統計法に基づいて日本銀行が行う統計調査であり、全国の企業動向を表したもの
参考 : 総務省統計局 / 日本銀行

各経済指標共に発表直後は、その背景情報に関わらず短期的には為替相場へダイレクトに影響を及ぼします

例えば米雇用統計が予想よりも上振れて発表されれば、その直後はドル買いが進みドル高になるでしょう。その反面、GDPが数年間下がり続けているなんて事があれば、雇用統計の内容はノイズであり、中長期的にはドル安が進むなんてことも考えられます。

そのため、経済指標は単一で見るのではなく複合的に判断し、その結果どのような傾向になるのか考えるのが重要です。

中央銀行や政府など重要人物の発言

中央銀行や政府要人の発言の温度感で今後の金利を予測することもできます。

定期的に各国で開催される金融政策会議の後には要人による記者会見が開かれ、特に為替市場の3大マーケットである「アメリカ」「日本」「ヨーロッパ」での記者会見中は、要人の発言一言一句に為替相場が反応し、ある種のお祭り状態となります。

必ずしもリアルタイムで視聴する必要はありませんが、当日中には会見内容のサマリーをFX会社のレポートやニュースサイトでチェックしておきたいですね。

2年物国債の金利

2年物国債は今後2年の金利動向を織り込んで動くため、通貨の強弱を予測する上で重要な指標になります

金利が上がれば通貨価値も自ずと上昇するため、2年物国債のチャートが上向いているときはロング(買い)のチャンスになります。

出典:TradingView「米国債2年物利回り」

特に2022年から2024年現在にかけて金利動向の注目度が上がっている状況では重要度の高い指標と言えるでしょう。

地政学的リスク

地政学的リスクとは、特定の地域が抱える戦争やテロ、災害等の影響によって経済動向等に影響を与えるリスクのことを指します

上記のようなことが発生すると該当する国にとっての影響が大きそうだと判断されれば、実際の影響度合いがどれぐらいなのかが明らかになる前に為替価格は急激に動きます。

そして段々と影響の度合いが見え始めると実態の経済動向に伴って値動きの方向性が定まり、長期的に一方向に推移していく場合が多く見られます。

ロシアのウクライナ侵攻による物価高騰が及ぼしたドル高/円安

2022年にはロシアのウクライナ侵攻によって世界中のエネルギー資源の高騰、そして産業へのダメージがありました。それによって、世界規模の物価上昇を招いています。

昨今のドル高/円安動向の根本はアメリカ・日本それぞれの政策金利による影響が根本にありますが、ロシアのウクライナ侵攻によって起きた物価高によって、よりドル高/円安を加速させました

FXのファンダメンタルズ分析のやり方【実践編】

ファンダメンタルズ分析の基礎がわかったところで、実践編に移っていきましょう。

ここではドル/円を例に挙げてファンダメンタルズ分析の流れを、2022年の12月末頃にあった政策金利関連の動向を見て、実際にどのように考えるか解説いたします

【要因①】日本銀行がイールドカーブコントロールの変動幅を拡大させた

2022年12月20日に日銀はイールドカーブコントロール(YCC)の運用を見直し、長期金利の変動幅を±0.25%から±0.5%まで拡大させました

イールドカーブ・コントロールとは端的に言うと短期金利と長期金利の金利差を一定の範囲に留めるための、金融政策の一つです。

これまで世界各国が利上げを進める中で唯一金利を据え置きにしてきた日銀でしたが、止まらない円安/ドル高の状況を見て調整を行ったのです

こうして考えるとYCCの変動幅を広げたのは政策金利の引き上げを示唆するものであり、日本円の金利が上がるということは外需が高まることで円高が進む可能性が出てくると考えられます

【要因②】アメリカの中央銀行は利上げを減速させるフェーズに突入

一方、アメリカの中央銀行にあたるFRBはこれまでの歴史的な利上げフェーズから、徐々に利上げを減速させる動きを見せはじめていました

元より急激なインフレを落ち着かせるための利上げ政策を行っており、想定通り企業や個人の消費動向が落ち込み、インフレ率が落ち着いてきたため、利上げのスピードを減速させるという考えです。

金利が下がるという事は外需によるドル買いが落ち込むため、ドル安になると考えられます

【結果】ドル安/円高が起こる可能性が非常に高い

これら2つの要素を考えると、何かしらの材料が投下されない限りは当面の間、ドル安/円高が続くと考えられるでしょう

実際に2022年12月20日にはドル円の始値132.89銭から終値130.58銭とたった1日で約2円相当の円高が進みました。

その後もドル安/円高が進み2023年1月には127.225銭まで下がる結果となりました。

しかし、その後様々な経済要因によって2024年の現在では1ドル150円近いドル高/円安が進んでいます。常に経済動向はアップデートされていくため、日々の情報収集を怠らないようにしましょう。

ファンダメンタルズ分析は「Why」と「So What」を繰り返し考えることが重要

「米雇用統計で上振れたからドルを買う」「日本円の金利が下がったから円を売る」、1~2日程度の比較的短期のトレードであればこの程度の分析でもトレンドを掴んで一時的に勝つことができるかもしれません。

しかし、数週間などより中長期的なトレードをする場合には、こうした経済情報に対して「Why(何故)」と「So What(だから何)」を繰り返し考え、”何故そういった結果になったのか”、”その結果、どのような事が次に起こるのか”を、もう一段・二段と深く考えましょう

政策金利が下がったからと言って必ずしも円安が続く訳ではない

日本円の政策金利が下がった時をイメージしてみましょう。通常、円の金利が安くなれば世界的には円よりも金利の高い外貨の需要が高まり、円安ドル高等になる傾向があります。

一方で金利を下げると日本国内においては銀行が低い金利で調達できるため、各企業の資金調達が盛んになったり、個人レベルでは住宅ローン等が借りやすくなるため、消費増などが見込めます。

しかし、金利を下げたにも関わらず企業の債務動向は滞ったままかつ個人の住宅ローン申請数も右肩下がりだとすれば、外需・内需ともに下がっており円安にブーストがかかるでしょう。そのため、中長期的な円安への蓋然性が高まり、売りポジションの方が勝ちやすいと考えられます

反対に、金利を下げた結果、企業の債務動向は上がり、個人の住宅ローン申請数も上がり、さらには短期的なインバウンド需要により外需も高まり国内の景気が良くなるとすれば、中長期的には円高の傾向になるとも捉えられます

このようにして、単一の経済指標で判断をしたり、何故そうなったのか、その結果どうなるのかを考えずに判断をしたりすると、思わぬ結果を生んでしまうことがあります。

そのため、政策金利や雇用統計など重要な経済指標が出てきた時には、目先の数値だけで捉えるのではなく、「何故そのような結果となったのか(Why)」「その結果どうなるのか(So What)を深掘りして、自身のトレード期間とあわせて売買判断を行いましょう

FXのファンダメンタル分析をする際のおすすめ情報源サイト3選

FXでファンダメンタル分析をするには情報源が欠かせません。自分の足で情報を取りに行ければ問題ないですが、世界各国の情報を収集して回っていたら骨が折れますよね。

そこで信頼できて、かつ情報配信が早いサイトをあらかじめ押さえて定期的に情報を取りに行くことが大切です。

経済情報をインプットするためのオススメサイト3選
  1. ニュースや経済指標を配信するFX会社
  2. みずほ経済・金融ウィークリー
  3. bloomberg

ニュースや経済指標を配信するFX会社

国内のFX会社はほとんどの会社が経済指標カレンダーの機能を設けていたり、その日の経済動向に関するサマリレポートを発表しています。(外部サイトからの転用含め)

ただ、やはりニュースや経済の専門機関と比べると情報の厚みや情報がカバーできる範囲には限界があります。

そこで参考にしたいのが金融機関の金融・経済レポートです。

みずほ経済・金融ウィークリー

みずほリサーチ&テクノロジーズが発行している「みずほ経済・金融ウィークリーはウィークリーレポートのためニュースとは毛色が異なりますが、正確性や情報の深さを求めるなら最適なサイトです。

世界の主要各国の情勢がまとめて把握できる上、今後の値動きを測る上で大切な要素が押さえられています。

短期トレーダーよりもむしろ月単位や年単位でスイングトレードからポジショントレードをしたい方におすすめのサイトです。

Bloomberg

Bloombergは世界の金融ニュースやマーケット情報を24時間休みなくリアルタイムで配信している大手Webサイトです。

あらゆるマーケットに触れており、FXに限らず他の市場の動向も追うことができます。

世界の株式市場についての情報も豊富なため、日本株や米国株投資も合わせて行なっている人は一石二鳥の情報収集が可能になります。

FXのファンダメンタルズ分析についてよくある質問

FXのファンダメンタルズ分析について疑問が残りやすい点をまとめました。

  • FXのファンダメンタルズ分析を学べる本はある?
  • FXのファンダメンタルズ分析ができるアプリはある?
  • エントリータイミングは重要指標の発表前と発表後どっちがいい?

Q. FXのファンダメンタルズ分析を学べる本はある?

FXのファンダメンタルズ分析に特化した書籍はたくさんありますが、まずはファンダメンタル分析の基本である金融・経済の基礎知識をつけることが先です。

中でも「カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 世界経済編」は金利や金融政策、インフレ・デフレなどと通貨価値の関係性がイメージできていない初心者の方にピッタリです。

経済指標の発表による通貨価格の急変動も、その要因がわかるようになると利益を狙える1つのチャンスと捉えられるようになります。

まずはそのための基礎固めから始めましょう。

Q. FXのファンダメンタルズ分析ができるアプリはある?

アプリでファンダメンタル分析をするなら、FX会社が提供しているアプリやニュース配信アプリがおすすめです

FX会社が提供しているアプリでは、独自データや指標結果の速報を配信しているLIGHT FXや業界で初めて「時事通信社」と提携し世界中のニュースを早く正確に配信しているDMM FXが挙げられます。

また、自分の気になるニュースだけを選択して閲覧できるニュース配信アプリのSmartNewsなら、経済指標だけでなく各国の政治経済がどのように変化してきているのか本質を追えるためおすすめです。

Q. エントリータイミングは重要指標の発表前と発表後どっちがいい?

重要指標の発表前後であれば、発表の結果を受けて今後の値動き予想を立ててからエントリーするのがおすすめです

発表前のエントリーは、指標の結果次第の爆益・大損どちらかを狙うギャンブルトレードに他なりません

長期的に勝てるトレーダーになりたいなら、指標の結果を待ってエントリーする癖をつけましょう。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - FX・為替編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - FX・為替編集部 株式会社ふるさと本舗 - FX・為替チーム
目次