FXと株の違いは?初心者が知っておくべきメリット・デメリット

FXと株式投資は、どちらも人気の高い投資方法ですが、初心者にとってその違いがよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

投資対象や取引時間、必要資金など、FXと株には様々な違いがあります。

本記事では、これからFXや株式投資を始めようと考えている初心者の方に向けて、FXと株の違いを詳しく解説します。それぞれの特徴やメリット・デメリットを比較し、自分に合った投資方法を見つけるためのポイントをお伝えします。

FXは外国為替証拠金取引の略で、通貨を売買することで利益を狙う投資方法です。一方、株式投資は企業の株式を売買する投資です。FXは24時間取引できるのに対し、株式投資は市場の開いている時間のみ取引可能といった違いがあります。

この記事を読むことで、FXと株のどちらを選ぶべきか判断する材料が得られるはずです。賢く投資をして、着実に資産を築いていきましょう。

\ FX会社選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめできる人取引単位手数料通貨ペアスプレッドFXアプリスワップポイント最短開設日
GMOクリック証券 ロゴ画像
GMOクリック証券
公式サイト当サイト人気No.1口座
アプリが便利で5,000円から取引可能!
投資未経験から上級者の誰にでもおすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
20種類米ドル/円:0.2銭非常に
使いやすい
安定的で高水準最短当日
GMO外貨 ロゴ
GMO外貨(外貨ex)
公式サイトスワップポイントが高く
入出金・取引手数料の全てが無料!
初めての人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
24種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
DMMFX ロゴ画像
DMM FX
-30分で口座開設!
今すぐ取引を始めたい人におすすめ
10,000通貨
(約10万円〜)
入出金/
取引手数料0円
21種類米ドル/円:0.2銭使いやすい高水準最短30分
SBIFXトレード ロゴ画像
SBIFXトレード
-スプレッドが他社比較して最狭水準
数百円から始めたい人におすすめ
1通貨
(約500円〜)
入出金/
取引手数料0円
34種類米ドル/円:0.2銭-安定的で高水準最短即日
 LINEFX ロゴ画像
LINE FX
-LINEにお得情報たくさん届く
気軽に取引したい人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
23種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
※一部例外あり
目次

FXと株の基本的な違い

FXと株の基本的な違いに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

FXと株の基本的な違い
  • 投資対象
  • 取引時間
  • レバレッジ

それぞれ詳しく解説していきます。

投資対象

FXでは通貨を売買するのに対し、株式投資では企業の株を売買します。FXは通貨間の為替レートの変動を利用して利益を得るのが目的であり、株式投資は企業の成長性や収益性を評価して株価の上昇や配当から利益を得ることが目的です。

FXは通貨の価値を予測するのに対し、株式投資では個別企業の業績や将来性を分析します。FXは通貨という同質の商品を扱うのに対し、株式投資では様々な企業の株を扱うため、投資対象の特性が大きく異なります。

取引時間

FXは24時間取引が可能で、平日の月曜日から金曜日まで世界中のどこかの市場でほぼ常に取引されています。一方、株式市場の取引時間は各国の取引所の営業時間内に限られます。

例えば、東京証券取引所の現物株式の取引時間は、月曜日から金曜日の9時から11時30分と12時30分から15時までです。ニューヨーク証券取引所の取引時間は、月曜日から金曜日の東部時間9時30分から16時までとなっています。

このようにFXは時間の制約が少ない分、取引チャンスが多いと言えますが、株式投資は自分の生活スタイルに合わせた取引が可能です。

レバレッジ

FXとは異なり、株式取引ではレバレッジ(証拠金取引)が一般的ではありません。

FXでは最大25倍程度のレバレッジが利用できるのが普通です。レバレッジを利用すれば、少額の資金で大きなポジションを構築できるというメリットがあります。一方で、レバレッジが高いほどリスクも高くなります。相場が予想に反して動いた場合、損失が資金を上回る可能性があるためです。

初心者の方は、レバレッジを利用する際は十分に注意が必要です。レバレッジを上手に活用できれば大きな利益を得られる可能性がありますが、リスク管理が不十分だと一気に損失が膨らむ危険性があります。

特にFXの場合、24時間取引が行われているため、常に相場の動きを見守る必要があります。株式投資に比べてリスクが高いと言えるでしょう。

最低取引額

FXと株式取引では、最低取引額に大きな違いがあります。

FXの場合、最低取引額は通常1,000通貨単位程度です。例えば米ドル/円の場合、1,000米ドル相当額が最低取引額となります。

一方で、クロス取引(米ドル/ユーロなど)では最低10基本通貨単位が最低取引額となります。この最低取引額は比較的低く設定されているため、少額から取引を始めることができます。

一方、株式取引の場合は、最低取引単位が1株ではありません。一般的に100株を1単位(ロット)として取引が行われます。例えば、1株6,000円の銘柄を購入する場合、最低60万円が必要になります。

ただし、一部の証券会社では1株から取引可能な”fractional shares(fractional株)”のサービスを提供しています。

このように、FXは少額から取引できますが、株式は比較的高額な最低取引額が必要となります。投資可能資金に合わせて、取引する市場を選ぶ必要があります。

FXと株それぞれのメリット・デメリット

FXと株には一長一短があります。FXは短期的な売買に適しており、レバレッジを活用できる一方で、リスクが高くなります。

株は長期投資に適しており、分散投資で リスク軽減ができますが、専門知識が必要です。

投資目的やリスク許容度に合わせて、メリット・デメリットを確認し、適切な投資先を選ぶことが重要です。

FXのメリット

FXのメリットに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

FXのメリット
  • 24時間取引できる
  • 少額から投資可能
  • 上昇・下落の両局面で利益を狙える
  • スワップポイントによる利益が得られる

それぞれ詳しく解説していきます。

24時間取引できる

外国為替市場(FX)は、世界中の主要金融センターが営業時間をずらしながら24時間体制で取引が行われています。この終日取引が可能な点は、FXの大きな魅力の一つです。

一般的な株式市場は、各国の取引所の営業時間に制限されています。例えば、ニューヨーク証券取引所は月曜から金曜の午前9時半から午後4時までの限られた時間帯しか取引ができません。

一方、FXは日曜夜からニューヨーク市場が閉まる金曜夜まで、いつでも取引が可能です。

このように時間的な制約がないため、FXトレーダーは自分の生活スタイルに合わせて取引のタイミングを選べます。フルタイムの仕事を持つ人でも、空き時間を活用して取引に参加できるのが大きな利点です。

また、マーケットの動きを24時間体制で監視できるため、いつでもエントリーチャンスを狙えます。

少額から投資可能

FXの大きな魅力の一つは、少額からの投資が可能な点です。株式取引と比べると最低取引単位が小さく、数万円程度の資金から始められます。

また、レバレッジ取引を利用すれば、実際の資金を数倍に膨らませて取引できるため、限られた資金でも大きなポジションを構築することができます。

ただし、レバレッジ取引には大きなリスクが伴うことを忘れてはいけません。レバレッジが高ければ高いほど、わずかな価格変動でも大きな損失を被る可能性があります。そのため、リスク管理が非常に重要になってきます。

少額からスタートできるメリットを最大限に活かすには、自身のリスク許容度を冷静に見極め、過度のレバレッジを使わないことが賢明でしょう。

上昇・下落の両局面で利益を狙える

FXトレードの大きな利点の1つは、為替レートの上昇と下落の両方から利益を得られる点です。株式取引では原則として売り建てができないため、株価が下落した際に利益を得ることはできません。

一方、FXでは売り買いが自由に行えるため、為替レートの上昇時には買い注文、下落時には売り注文を出すことで、市場の動きに合わせて利益を狙うことができます。

また、FXは24時間取引が可能なため、世界中のあらゆる経済指標や政治情勢の影響を受けて為替レートが常に変動しています。この変動を上手く捉えることで、1日のうちに複数回の売買機会が生まれる可能性があります。トレーダーはタイミングを逃さず、上昇と下落の両局面で機会を捉えることが重要です。

さらに、FXではレバレッジ(証拠金取引)を利用できるため、実際の資金に対して大きなポジションを構築することが可能です。レバレッジを上手く活用すれば、為替レートの小さな変動からでも大きな利益を得られる可能性があります。

スワップポイントによる利益が得られる

FXトレードでは、ポジションを持ち越した場合にスワップポイントと呼ばれる金利収支が発生します。これは、取引通貨間の金利差から生じるものです。例えば、高金利通貨を買い、低金利通貨を売れば、その金利差分がスワップポイントとして受け取れます。

逆に、低金利通貨を買い高金利通貨を売れば、スワップポイントを支払う必要があります。スワップポイントの受取額や支払額は、取引通貨ペアと取引サイズによって変わってきます。長期保有の投資家にとっては、スワップポイントが重要な収益源になる可能性があります。

ただし、スワップポイントは常に発生するわけではありません。金利が変更された場合や、週末やホリデーの時期には、スワップポイントの発生ルールが異なります。

また、スワップポイントの受払いには、スプレッドやその他の手数料が上乗せされる場合もあります。スワップポイントを有効活用するには、取引通貨ペアの金利水準や、発生ルールを理解しておく必要があります。

FXのデメリット

FXのデメリットに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

FXのデメリット
  • レバレッジによる損失リスクが大きい
  • 値動きが激しく、リスク管理が難しい

それぞれ詳しく解説していきます。

レバレッジによる損失リスクが大きい

FXトレードにおいて、レバレッジは二刀の刃と言えます。レバレッジを活用することで、少額の資金で大きなポジションを構築できるため、潜在的な利益を最大化できる一方で、損失のリスクも同様に拡大してしまいます。

例えば100倍のレバレッジを使った場合、実際の資金は1,000ドルでも、100万ドル相当の取引ができます。この場合、為替レートが僅か1%変動しただけで、実際の資金の全額を失う可能性があります。つまり、レバレッジが高ければ高いほど、リスクも高くなるのです。

特に初心者トレーダーは、レバレッジの危険性を過小評価しがちです。自身のリスク許容度を正しく認識し、レバレッジの使用には細心の注意を払う必要があります。無理なレバレッジ取引は、一夜にして全資金を失う危険性を孕んでいるのです。

値動きが激しく、リスク管理が難しい

外国為替市場(FX)は流動性が非常に高く、常に価格が変動しています。この価格変動の激しさが、FXトレーディングの大きなリスクの一つとなります。為替レートは政治・経済情勢の影響を受けやすく、予期せぬニュースや発表があれば、瞬時に大きく変動することがあります。

このような値動きの激しさは、潜在的な利益を生む一方で、リスク管理を難しくします。

レートの変動幅が大きければ大きいほど、損失が拡大する可能性も高まります。そのため、FXトレーダーは常に綿密なリスク管理が求められ、損切りルールの設定や適切なポジションサイズの決定など、リスクコントロールが非常に重要になってきます。

特に初心者の場合、FXの値動きの激しさに翻弄されがちです。経験を積んでいくことで徐々にリスク管理能力は向上しますが、常に冷静な判断力と綿密な分析が必要不可欠です。FXの値動きの激しさは、リターンの高さと表裏一体の側面があり、適切なリスク管理なくしてはトレーディングは成り立ちません。

株のメリット

株のメリットに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

株のメリット
  • 配当金や株主優待が得られる
  • 企業の成長に合わせて資産が増える
  • 株主として会社経営に参加できる

それぞれ詳しく解説していきます。

配当金や株主優待が得られる

株式投資のメリットの一つは、配当金や株主優待を受け取れることです。配当金とは、企業が株主に対して支払う利益の一部です。株式を保有し続けていれば、企業の業績が良ければ定期的に配当金を受け取ることができます。

配当金は現金で支払われるのが一般的ですが、一部の企業では自社製品や割引サービスなどの株主優待も提供されています。株主優待の内容は企業によって様々で、長期保有するほど優待内容が充実する傾向にあります。

このように配当金や株主優待があることで、株価の値上がり益だけでなく、別の形で投資リターンを得ることができます。特に老後の生活資金を作るために長期保有する場合、配当金による複利効果が大きな財産になる可能性があります。

また、自社製品の株主優待を活用すれば、実質的に製品を割安で購入できるメリットもあります。

企業の成長に合わせて資産が増える

株式は企業の所有権の一部を表しているため、その企業が成長し利益を上げれば、保有する株式の価値も上がる可能性があります。つまり、株主として企業の成功に参加でき、株価の上昇や配当を通じて資産を増やすことができます。

歴史的に見ると、株式市場は経済全体の動向と強い相関関係があります。経済が好調な時は株価が上がる傾向にあり、投資家は経済成長に合わせてポートフォリオを伸ばすチャンスがあります。

ただし、個別企業の業績次第では株価が下落するリスクもあります。企業を慎重に選び、長期的な視点で投資することが重要です。株主として企業の一部所有者となるメリットを最大限に活かすには、企業の財務状況や成長性を分析する知識と時間が必要不可欠です。

総じて、株式投資は企業の成長に伴う恩恵を受けられる可能性がある一方で、リスクを伴います。投資家自身の目標やリスク許容度に合わせて、慎重に株式投資を検討する必要があります。

株主として会社経営に参加できる

株式を保有することで、投資家は会社の株主となり、会社経営に一定の発言権を持つことができます。

株主総会では、重要な経営上の意思決定に参加し、議決権を行使することができます。例えば、役員の選任や解任、剰余金の処分、定款変更などの重要案件について、株主は投票を通じて意思を表明できます。

また、一定数以上の株式を保有する株主は、株主提案権を行使して、自らの提案を株主総会の議題に載せることも可能です。このように、株主は単なる出資者ではなく、会社経営の監視役としての役割も担っています。

ただし、実際に会社経営に参加できる程の発言力を持つためには、相当数の株式を保有する必要があります。個人投資家の場合、通常は経営への影響力は限られますが、会社の重要な意思決定に参加できる点は、株式投資の大きなメリットの一つと言えるでしょう。

株のデメリット

株のデメリットに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

株のデメリット
  • 最低投資金額が比較的高い
  • 取引時間が限られている

それぞれ詳しく解説していきます。

最低投資金額が比較的高い

株式投資では、最低売買単位が100株単位(1単元)と決められています。そのため、株価が1株1,000円の銘柄であれば、最低でも10万円の資金が必要になります。

一方、FXでは少額から取引を始められるのがメリットです。例えば、レバレッジ25倍を利用すれば、4万円程度の証拠金で100万円相当の取引が可能です。

また、株式投資では売買手数料が比較的高額になる傾向があります。一方、FXの取引手数料は概して低く抑えられているため、少額からの投資に適しています。

このように、株式投資は最低投資金額が高めで、初期投資額の負担が大きくなるのがデメリットです。資金に余裕がない初心者にとっては、FXの方が参入しやすい投資商品と言えます。

取引時間が限られている

株式取引の大きな デメリット は、取引時間が1日の特定の時間帯に限られている点です。

例えば、日本の取引時間は午前9時から午後3時までの6時間と定められています。この制約は、24時間取引できる 権利 を持つFX取引との比較で、株式取引の大きな欠点となります。

日本の株式市場は、取引時間が1日の特定の時間帯に限られているため、24時間取引できる 権利 を持つFX取引との比較では、株式取引の大きな欠点となります。

「取り扱い時間が限られている」という点が、株式取引の大きな欠点の1つとなります。そのため、「取り扱い時間が限られている」という点が、株式取引の大きな欠点の1つとなります。

FXと株はどちらが勝ちやすい?難しい?

FXと株式取引はそれぞれ長所と短所があり、初心者にとって勝ちやすいかどうかは一概に言えません。

FXの長所は24時間取引できること、少額資金から始められること、レバレッジを利用できることです。一方で、価格変動が激しく難しいと言われています。株式は比較的わかりやすく、長期保有すれば確実に利益を得られる可能性がある半面、取引時間が限られ、多額の資金が必要となります。

つまり、FXは短期的に勝ちやすいかもしれませんが、リスク管理が難しく失敗しやすいでしょう。一方の株式は長期的に勝ちやすいものの、短期的な値動きを読むのは難しいかもしれません。

初心者が勝つためには、それぞれの長所と短所を理解し、自分のスタイルと資金力に合ったマーケットを選ぶことが重要です。また、十分な教育を受け、リスク管理を徹底することが何より大切でしょう。

FXと株が向いている人の特徴

FXは短期的な価格変動に賭けるトレーディングなので、リスクを恐れず行動が素早い人に向いています。一方で株式投資は長期的な企業の成長を見据えるため、忍耐力があり落ち着いた人に適しています。

FXトレーダーには企業心、外交心、冒険心が求められます。市場の動きを常に注視し、瞬時に判断できる能力が重要です。一方、株主は慎重で分析力に長けた人が向いています。企業の財務状況を綿密に分析し、着実な利益を狙う姿勢が大切です。

FXが向いている人

FXが向いている人に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

FXが向いている人
  • 短期売買に興味がある
  • 少額から効率的に資産を増やしたい
  • 24時間いつでも取引したい

それぞれ詳しく解説していきます。

短期売買に興味がある

FXは24時間取引が可能な市場なので、短期売買に興味がある人に向いています。株式市場は取引時間が限られているため、短期売買には向いていません。

FXでは1日のうちに何度も売買の機会があり、短期的な値動きを狙って利益を狙うことができます。値動きの大きさも株式市場に比べて大きいため、短期売買で利益を得やすくなっています。ただし、リスクも高くなるので、リスク管理が重要になります。

短期売買に興味があり、値動きの大きな市場で機動的にトレードしたい人は、FXが向いているでしょう。

一方で長期的な視点で投資したい人は、株式投資の方が適しています。自分のトレーディングスタイルに合わせて、FXと株式のメリット・デメリットを理解する必要があります。

少額から効率的に資産を増やしたい

FXは少額からスタートできる投資手段です。最低取引単位が小さく、レバレッジを利用することで少額の資金で大きなポジションを構築できます。そのため、少額からでも効率的に資産を増やす機会があります。

ただし、レバレッジの高さは二刃の剣でもあります。リスクが高まるため、リスク管理が非常に重要になります。また、FXは24時間取引が可能なため、常に市場を見守る必要があり、時間的拘束が大きくなります。

少額からでも効率的に資産を増やしたい場合、FXは魅力的な選択肢ですが、リスクを十分に理解し、適切なリスク管理の下で取り組む必要があります。また、時間的拘束にも耐えられる覚悟が必要不可欠です。FXの特性を理解した上で、自身に合った取り組み方を見つけることが重要です。

24時間いつでも取引したい

FXは平日ほぼ24時間取引が可能なため、自分のライフスタイルに合わせて柔軟に取引できるのが大きな魅力です。日中は仕事や家事で忙しい会社員や主婦の方でも、夜間や休日に取引できるのがFXの強みです。

一方、株式市場は日本では朝9時から午後3時までの営業時間に限られています。株式投資では、市場が開いている時間帯に注文を入れる必要があり、日中の時間が取れない人には不向きです。

FXなら深夜や早朝でも取引できるため、時間に縛られずに自由に取り組めます。ただし、24時間取引可能だからといって、常に相場を見続ける必要はありません。事前に売買のタイミングやリスク管理のルールを決めておけば、都合の良い時間に取引できるでしょう。

株が向いている人

株が向いている人に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

株が向いている人
  • 中長期の資産形成を目指している
  • 企業の成長を応援したい
  • 配当金や株主優待を得たい

それぞれ詳しく解説していきます。

中長期の資産形成を目指している

中長期の資産形成を目指している人に株式投資は向いています。株式は長期的に値上がりする傾向があり、確実に資産を増やすことができます。

一方で短期的な価格変動は避けられず、一時的な含み損が発生する可能性もあります。そのため、短期的な値動きに一喜一憂せず、中長期的な視点で投資を続けられる忍耐力が必要となります。

また、個別企業の業績や成長性を分析し、良い銘柄を選別する力も求められます。株式投資は一朝一夕にはいきませんが、時間をかけて着実に資産を育てていくことができる手段です。

企業の成長を応援したい

株式投資は、企業の株式を購入することで、その企業の成長を直接的に応援できるのが大きな魅力です。株主として企業の一部を所有することになり、企業の業績が良ければ株価が上がり、配当金を受け取ることができます。

企業の製品やサービスを愛用している人は、その企業の株式を購入することで、より一層企業に対する思い入れが深まります。企業の成長を自分の資産の成長と重ね合わせて喜びを感じられるでしょう。

また、企業の将来性を見込んで投資することで、その企業の発展に一役買うことにもなります。新しい技術や製品を開発する企業に投資することは、その分野の発展を後押しすることにつながります。

配当金や株主優待を得たい

配当金や株主優待を得たい人には株式投資が向いています。株式を保有することで、企業の業績に応じて配当金を受け取ることができます。また、長期保有すれば株価上昇に伴う含み益も期待できます。さらに、一部の企業では株主優待制度があり、保有株数に応じて自社製品の割引や特典が受けられます。

このように、株式投資は長期的な資産形成と並行して、毎年の現金収入と株主特典を得られるメリットがあります。ただし、企業業績次第では配当金が減額または無配当になるリスクもあり、株価下落時の含み損にも注意が必要です。株主優待も永続的なものではありません。

つまり、株式投資を選ぶ場合は、長期的な視点と一定のリスク許容度が求められます。企業の成長性や財務健全性を見極め、分散投資するなど慎重な運用が肝心です。配当金や株主優待を狙う以上に、長期保有による値上がり益を期待する投資家に適しているでしょう。

まとめ

FXと株式取引には大きな違いがあります。FXは通貨の売買であり、株式は企業の所有権の売買です。

FXの主なメリットは、24時間取引が可能で流動性が高く、少額からの取引が可能なことです。一方、デメリットとしては、レバレッジによるリスクが高く、価格変動が大きいことがあげられます。

株式取引のメリットは、長期的な値上がり益が期待でき、配当収入を得られる点です。デメリットは、手数料がかかること、価格変動リスクがあることなどです。

初心者の方は、まずはそれぞれの特徴を理解し、自分のリスク許容度や投資目的に合ったものを選ぶことが重要です。FXと株式の両方に精通することで、ポートフォリオを分散させるメリットもあります。しっかりと学習を重ね、自分に合ったトレードスタイルを見つけましょう。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - FX・為替編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - FX・為替編集部 株式会社ふるさと本舗 - FX・為替チーム
目次