PR

FXは危険性が多い?思わぬ落とし穴にはまらず安全に稼ぐ方法を紹介

サラリーマン

FXは危険なの?

サラリーマン

FXで借金地獄になる人がいるのって本当?

サラリーマン

FXを始めたいけど、後悔しないか不安…

このような疑問や悩みをお抱えではありませんか?

実際、FXは危険性を理解しないまま、やみくもに手を出すと大きな損失を抱える可能性があります。

しかし、FX取引で陥りがちな失敗を理解し、危険を回避する方法を知っていれば、過剰に恐れるものではありません

この記事のテーマ
  • FXで失敗した初心者の失敗談
  • 初心者が陥りがちな失敗例6選
  • 安全に稼ぐためのコツ5選

本記事では、以上の内容を軸にFXの危険性について解説していきます。

この記事を読めば、FXの危険性をコントロールするための考え方や方法が分かるようになるでしょう。

結論、FXの危険性はトレーダーの裁量でコントロールできます

ぜひ、最後までお読みください。

目次

FXの危険性は損失による借金!主婦の離婚や失敗してホームレスなど初心者失敗談

FXの失敗談にはどのようなものがあるのでしょうか?

大きな金額をやりとりするFXは、使い方を間違えれば人生に大きな影響を与えかねません。

ここでは、FXで失敗してしまった2つの例を紹介します。

損失で借金1,000万円!子どもとも離れて生活するように

とあるFXやってる主婦の方で借金1000万抱えて子供とは離れる生活になったらしい。自業自得というのは本人が一番わかってることだから追い打ちをかけるような無粋な真似はしたくない。ただただFXって怖いなぁと思う

— 白菜(はーれむ)@❤FX芸人🔰 (@hakusai333) September 18, 2018

主婦の方がFXで多額の借金を抱えて、子どもと一緒に暮らせなくなるという失敗例があります。

多額の借金は家族関係にも影響を与えるため、FXは慎重に取引するべきです。

公務員辞めてまでやった結果借金地獄

fxで公務員辞めて、損切り失敗して人生終わった人、借金地獄になって金貸してって言ってきた学生時代の友達、、、

色々と見てきて、ほんと人生めちゃくちゃになってかわいそうだったからツイートしてみた、、!
成功する人は本当に勉強した一握りの人です💦

気をつけて、、!

— るる 楓#10🍁 (@978_tw) September 14, 2021

公務員という安定な職を投げ出してまでFXを始めて、失敗してしまったという体験談です。

FXはビギナーズラックで大きく儲けられる可能性があるため

仕事を辞めても生活できる!

という根拠のない自信を抱いてしまう人が後を絶ちません。

FX1本で生計を立てることは難易度が高いため、退職の選択は慎重にするべきでしょう。

FXの失敗談や怖さについて紹介した記事はこちらです。

気になる方はご覧下さい。

退職済みの親の生活費にも手を付けてホームレスに

FXが危険と言われるのは、トレーダーをのめり込ませてしまうポイントにもあります。

とある45歳男性は、FXで1000万円を失ってしまい、ホームレスになってしまいました。

自分の貯金だけでなく、親の生活費にまで手を出していたため、実家に両親に合わせる顔が無くなってしまったようです。

FXは人生逆転をかけたゲームではありません。

見境無くお金をつぎ込むと、全財産を相場に持っていかれるのは時間の問題です。

このエピソードからは、FXの恐ろしさよりも、感情にとらわれずに資金管理をすることの大切さがうかがい知れます。

FXの危険性は主に借金!なぜ借金してしまうの?

借金地獄に陥ることさえ免れれば、生活を揺るがすような危機に陥ることもないでしょう。

FXトレーダーが借金をしてしまう理由を知ることで、大きな失敗は避けられます

実は、多くのトレーダーが陥る失敗には共通のパターンがあるのです。

ここでは、その中で特に典型的な2つのパターンを解説します。

追加証拠金のために借金して入金を繰り返す

引用:DMM FX公式HP

追加証拠金は、ポジションを持つために必要な証拠金と純資産額の差額です。

つまり、FX口座に入金しているお金が足りなくなると、追加証拠金が発生します。

追加証拠金を解消するためには、FX口座に入金するかポジションを手放すかのどちらかです。

ポジションを手放すと損失が確定してしまうため、多くのトレーダーは入金をする選択肢をとります。

足りない分を入金するために借金をしてしまうところから、借金地獄は始まるのです。

借金をしないようにするためには、追加証拠金が発生しないような健全な取引を行うことが求められます。

相場の急変でロスカットが追い付かなかった

ロスカットとは、証拠金維持率がFX会社が定める値を下回った際に、強制的にポジションが決済されるシステムを指します。

証拠金維持率がロスカット基準に引っかかってしまうことが借金をする1つの原因です。

一般的には、ポジションを手放すか追加で入金をして、証拠金維持率を高めるという対策をとります。

しかし、相場の変動が激しすぎる場合、対策が間に合わないのです。

確定した損失が口座に入金した資金を上回ってしまうと、損失分を補填するためのお金を入金しなくてはいけません。

ロスカット対策としては、証拠金に対して取引金額を小さくすることが挙げられます。

つまり、証拠金維持率を高めに維持することが大切と言えます。

FXの高いレバレッジでの取引の危険性を理解しよう

FXの危険性を理解する上で、レバレッジについての知識は欠かせません。

レバレッジは、トレーダーに大きな利益を与えることもあれば、大きな損失を与えることもあるのです。

ここでは、FXにおけるレバレッジの仕組みについて解説します。

レバレッジとはてこの原理

引用:https://www.gaitame.com/beginner/leverage.html

FX口座に入金した証拠金よりも大きな額を取引できる仕組みを「レバレッジ」と呼びます。

レバレッジは「てこ」という意味があり、てこは小さな力で大きな物を動かす仕組みです。

つまり、FXにおけるレバレッジとは、少額で多額の為替取引をするための仕組みであると理解しましょう。

国内FXと海外FXではレバレッジの倍率に違いがあります。

国内FXの場合は、日本の金融庁がレバレッジは25倍までと定めているため、最大25倍のレバレッジをかけられます。

つまり、10万円の入金すれば、最大250万円分の取引可能です。

一方、海外FXはレバレッジの上限に取り決めがなく、極端な例になるとレバレッジが888倍に設定されている会社もあります。

手元に少額しかなくても、レバレッジを上手に活用すれば大きな額の取引ができるため、運用益を効率よく高められるメリットがあります。

大きなお金が動かせる反面リスクも大きくなる

レバレッジによって、運用益を効率よく稼げるというメリットがある一方、ハイリスクな取引になるというデメリットがあります。

ハイレバレッジで取引をすると、取引に負けたときの損失額も大きくなることは押さえておきましょう。

例えば、レバレッジを25倍に設定して取引し為替チャート上で1,000円分負た場合、実際の損失額は25,000円です。

もちろん、25,000円という損失額を許容できるほどの資金力や精神的余裕があれば、25倍に設定して取引しても良いでしょう。

しかし、手っ取り早く儲かるからという理由で、十分な資産を持ち合わせていない状態で、安易に高いレバレッジを設定するのはおすすめしません。

レバレッジは、利益も損失も拡大する諸刃の剣であることをおさえておきましょう。

FXの危険性を低くするためには初心者のよくある失敗も学んでおく

初心者トレーダーが陥りがちな失敗を知っておくことで、同じミスを犯さずに済みます

FXを始めたばかりの人は、知識や経験が足りていないため、経験者トレーダーは犯さないような判断ミスをしてしまう可能性が高いです。

ここでは、よくある失敗例を6つ紹介します。

初心者が陥りがちな失敗例6選
  • 根拠のない取引をしてしまう
  • ルールを決めないで取引を行う
  • ポジポジ病になってしまう
  • 通貨ペアを絞らない
  • 損切りができない
  • 時間を決めずに取引をしている

根拠のない取引をしてしまう

FXトレーダーはエントリーや決済のタイミングなど、さまざまな局面で判断を迫られます。

判断をする際「なぜそのように判断をしたのか」という根拠がないまま取引をしてしまうと、取引の度に損失を膨らませる結果に終わるでしょう。

結論、為替チャートを予想することは誰にもできません。

だからこそ、正しい判断軸を持ち、根拠のあるトレードをしていく力が求められます。

取引の判断軸が固まっていれば、判断の改善点が明確になるため次の取引に活かせます。

一方、根拠を持たずに取引してしまうと、失敗の原因も突き止められずトレーダーとしてのレベルアップを図れません。

根拠を持って取引することは、勝ちトレーダーになるためには欠かせないスキルと言えます。

ルールを決めないで取引を行う

ルールを持たずに取引に参加すると、勝ち負けの結果に心を揺さぶられて感情的なトレードをしてしまいがちです。

感情的なトレードを続けていると、資産をあっという間に溶かしてしまう危険性があるので注意しましょう。

自分の中で取引ルールを定めることで、感情から距離をとって取引する習慣が身につきます。

取引ルールの例を3つほど紹介します。

  • ○○pips以上の含み損が出たら損切りする
  • 早朝の時間帯は取引をしない
  • 指標が発表される前後はポジションを手放す

上記のルールはあくまで例であり、各トレーダーの取引スタイルによって守るべきルールは異なります。

自分なりの取引ルールを決めて、方向性がある取引をするよう心がけましょう。

ポジポジ病になってしまう

ポジポジ病とは、常にポジションを持っていないと気が済まない心理状況を表現した言葉です。

特に、初心者トレーダーに多く理由もないのにエントリーを繰り返して、結果的に損失を出すのは、よくあることです。

レベルが高いトレーダーは、エントリーポイントを厳選します。

為替チャートの動きが理解できるポイントでは、勝算があるためポジションを持ちます。

一方、値動きがよく分からないと、勝算がないためエントリーしません。

つまり、ポジポジ病を解消するには、経験者トレーダーのように相場を理解する目を養う必要があるのです。

相場を分析できるようならないと、勝算があるのかないのかを判断できません。

勝てる見込みのあるタイミングを見極められるようになれば、ポジポジ病を克服できます。

通貨ペアを絞らない

通貨ペアを絞らずに、複数のペアで取引するのはおすすめできません。

なぜなら、通貨ペアによって為替チャートの癖が変わるからです。

例えば、米ドル/円やユーロ/円などの主要通貨ペアは取引通貨量が多いため、値動きの幅が比較的安定しています。

一方、トルコリラ/円などの新興国通貨ペアは、取引通貨量が主要通貨ペアに比べて少なく、値動きが激しい傾向にあります。

同じFXであっても通貨ペアによって、取引の仕方を変えなくてはいけない局面が出てきます。

そのため、初心者トレーダーの場合は、1つの通貨ペアに絞って為替チャートを分析するトレーニングをすることをおすすめします。

値動きが安定している主要通貨ペアで練習すると良いでしょう。

損切りができない

引用:https://www.sbifxt.co.jp/beginner/step01_4_008.html

損切りを適切にできないと、リスクをコントロールできません。

ロスカットされる前に、適切なタイミングで損切りをする技術が必要になります。

それでも、損切りを苦手とするトレーダーは経験者の中にも多いです。

その理由は、損切りをしなければ損失が確定しないからです。

自分で決めた取引ルールにある損切りラインを割ってしまっても、ルールを破って損切りしなければ、損失は確定しません。

その後、相場が持ち直せば、結果的に利益確定で終わることも珍しくないのです。

しかし、ラッキーな経験に甘んじて損切りを先送りしていると、いくら待っても相場が回復せずどんどん損失が膨れ上がるポジションを抱えることに繋がります。

最終的には、ロスカットにかかってしまい、追加証拠金まで求められるという最悪な結末を迎えるのです。

大きな含み損を抱えないようにするには、自分で決めた取引ルールに沿って損切りをするのがとても大切です。

時間を決めずに取引をしている

引用:https://www.sbifxt.co.jp/beginner/step01_4_008.html

相場の傾向を理解する上で、取引する時間帯を気にせずに取引するのはおすすめできません。

なぜなら、時間帯によって取引通貨量や取引に参加している国が変わるため、相場の雰囲気が変化するからです。

決まった時間帯に取引することで、同じような相場環境で取引できます。

取引が活性化するのは、ロンドン市場とニューヨーク市場が開いている22時~翌1時の時間帯です。

この時間帯でトレンドが発生しやすいので、チャートを徹底的に分析するのにおすすめの時間帯と言えます。

サラリーマンの方でも、夜の時間帯であれば勤務時間とかぶらないため、取引しやすいでしょう。

取引時間を決めてチャートと向き合うことで、体系的にFXを学べます。

FXの危険性を低くし安全に少しずつ稼ぐコツを紹介!レバレッジなしもおすすめ

FXは危険だからやめたほうがいい」という意見はよく聞かれるものの、実際FXで成功を収めている勝ちトレーダーがいるのも事実です。

つまり、本当の危険はFXそのものにあるのではなく、取引の仕方に潜んでいるのです。

ここでは、初心者トレーダーでもかんたんに実践できる、安全にFX取引を楽しむためのコツを紹介します。

FXをこれから始めようとお考えの方は、ぜひ取り入れてみてください。

FXで安全に稼ぐためのコツ5選
  • 証拠金は多い方が良い
  • 取引に使用する額は少額から始める
  • レバレッジはかけない
  • リスク回避の注文方法を理解しておく
  • デモトレードで勉強してからはじめる

証拠金は多い方が良い

引用:https://www.sbifxt.co.jp/beginner/step01_4_014.html

結論、証拠金は多い方が安全な取引が可能です。

証拠金とは、FXの口座に入金してある資金のことです。

取引に必要な資金に対して、口座に入金しておく額は余裕を持たせるようにしましょう。

なぜなら、証拠金に余裕がないと、ロスカットにかかるリスクが高くなるからです。

口座に入金してある額が10万円のとき、10万円分のポジションを持ったとしたら証拠金維持率は100%になります。

一般的に、ロスカットの基準を50%~100%に設定しているFX会社は多いため、この状況はいつロスカットにかかってもおかしくない状況と言えます。

そうならないためにも、10万円のポジションを持つのであれば、証拠金は20万円以上入金しておくなどの対策が必要です。

証拠金維持率を意識しつつ、資金に余裕のある取引を心がけましょう

取引に使用する額は少額から始める

初心者トレーダーが最初から利益を上げ続けるのは、あまり現実的ではありません。

多くの勝ちトレーダーが、FXを始めたばかりの頃は負けてばかりだったと告白しています。

つまり、FXを始めて間もない頃は大きく稼ぐことよりも、取引の経験を積んで学習する姿勢が求められます。

そのため、損失を出しても生活に全く支障のない額で取引に参加することで、無駄に損失を抱えなくて済むのです。

FXを始めても早々に退場してしまう人が多い理由は、大きな損失を被ってしまい、精神的に苦しくなってしまうからです。

そうならないためにも、初心者のうちはなかなか勝てないと割り切って、少額で取引の経験を積みましょう。

レバレッジはかけない

初心者が高いレバレッジをかけて取引することは、一発退場を招く恐れがあります。

レバレッジは資金効率を高めるために利用するものです。

一方、必要以上にリスクを抱えてしまうという副作用も存在します。

取引の仕方が定まっていない段階で、ハイレバレッジをかけて売買すると、許容範囲を超えた損失を抱える可能性があるのです。

リスクコントロールの仕方が見えてきた段階で、資金効率を上げるために高めにレバレッジをかけるのは、悪いことではありません。

しかし、一攫千金を狙ってハイレバレッジをかけるのは、トレーダー人生を縮めるだけです。

リスクコントロールの仕方が確立していない段階は、レバレッジはかけずに取引しましょう。

リスク回避の注文方法を理解しておく

引用:https://min-fx.jp/start/order-limit/
引用:https://min-fx.jp/start/order-limit/

リスクを回避するための注文方法を押さえておくことで、感情に惑わされずに取引ができます。

不測の事態に備えて、予約注文を上手に使いこなすことが重要です。

損切りや利益確定を自動で行う予約注文の方法として、以下の2つを押さえておきましょう。

  • 指値注文:現在のレートよりも上がったら売り、下がったら買う注文
  • 逆指値注文:現在のレートよりも上がったら買い、下がったら売る注文

予約注文を駆使することで、自動で売買を行ってくれるため、急激な為替変動があった際も、資産を守ってくれる働きがあります。

また、エントリーや利益確定、損切りをセットで予約注文する以下の方法も活用できると良いでしょう。

  • OCO注文:利益確定と損切りの同時予約注文
  • IFD注文:エントリーと利益確定の同時予約注文

予約注文についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてください。

デモトレードで勉強してからはじめる

デモトレードはリスク0で取引体験ができるたった1つの方法です。

実際の取引に参加すると、取引額をどれだけ少額に抑えても、損失は発生してしまいます。

一方、デモトレードは仮想の資金で取引できるため、資産を失う心配がありません。

デモトレードで取引体験を積んで、効果的に学習していくためには、本番のトレードと同じくらいの真剣さで取り組む姿勢が求められます。

仮想の資産だからといって、緊張感のない取引をしていては、本番のトレードに移った際にプレッシャーに潰されてしまいます。

お金はかけずに取引体験を積みたい方には、デモトレードをおすすめします。

各FX会社が無料でデモトレードを提供しているので、お好きなサービスをご利用ください。

FXの業者は安全?DMM FXの危険性は?

国内のFX会社の中で信頼性が高いのはどの会社か気になりますよね。

信頼できるFX会社としてDMM FXを紹介します。

DMM FXは口座開設数80万口座を誇る、日本を代表するFX会社です。

ここでは、DMM FXの特徴を3つに絞って紹介します。

DMM FXの特徴
  • ロスカットは証拠金維持率50%で安心
  • スプレッドも狭く初心者にも使いやすい
  • 初心者用情報も充実している

ロスカットは証拠金維持率50%で安心

引用:https://fx.dmm.com/fx/aboutfx/losscut/

ロスカットの基準は証拠金維持率50%であるため、保有ポジション全てを強制決済されるまでの時間に余裕があります。

証拠金維持率100%をロスカット基準としているFX会社と比較すると、DMM FXはロスカットラインが低めに設定されています。

維持率が悪化して、ロスカットラインに触れる前にできることは、主に以下の2つです。

  • 保有ポジションの一部を手放す→含み損を確定させる
  • FX口座に入金する→純資産額を増やす

このような対策を打つことで、証拠金維持率の悪化を防げます。

証拠金維持率70%のタイミングでアラートが発生します。

実際は、アラートが発生する前の段階で対策を打つべきと言えるでしょう。

DMM FXは、ロスカットラインが低めに設定してあるため、対策を講じる時間に余裕あるというメリットがあります。

スプレッドも狭く初心者にも使いやすい

引用:https://fx.dmm.com/fx/aboutfx/spread/#prediction

スプレッドとは、売値と買値の間にある差です。

為替レートが全く同じタイミングで売買しても、買値の方が売値よりも高くなります。

この差額をスプレッドといい、FX会社の利益になるのです。

DMM FXのスプレッドは非常に狭く、業界最狭水準を誇ります。

特に、米ドル/円において、スプレッドは原則0.2銭に固されているため、初心者トレーダーにとっても取引しやすい環境が整えられています。

1日の間に複数回売買するデイトレードは、取引回数が増えやすいため、スプレッドによる取引コストがかさみやすい傾向にあります。

そのため、スプレッドの幅が狭いFX会社を利用すると取引コストを抑えやすいのです。

デイトレードのような短期売買に挑戦したい方は、DMM FXのようなスプレッドが狭い会社の口座を開設することをおすすめします。

初心者用情報も充実している

DMM FXには「FX初心者向け 入門!はじめてガイド」と呼ばれる、初心者向けのお役立ち情報が満載のサイトが用意されています。

FXの基礎的な知識や初心者が疑問に思うことまで、網羅的にカバーされているため、目を通すだけでも勉強になるでしょう。

取引をする上で役に立つ情報が「FX初心者向け 入門!はじめてガイド」に詰まっています。

自分で調べても、分からないことがあれば

  • 電話
  • メール
  • ライン
  • チャット

問い合わせすることが可能です。

DMM FXは初心者に優しいサービスを展開しているFX会社と言えるでしょう。

DMM FX以外に危険性を押さえて利用できる業者は?

DMM FX以外にも安心して利用できるFX会社はあります。

ここでは、DMM FXの魅力的なサービスを踏まえたうえで、特徴的なサービスを提供する2つのFX会社を紹介します。

各社サービスに個性があるため、最も魅力的と感じたFX会社の口座を開設すると良いでしょう。

まとめ|FXは危険性を理解しないとやばい!リスク回避を学んでから始めよう

結論、FXの危険性を理解しないまま取引を始めると、悲惨な結果になる可能性は否めません。

しかし、しっかりFXの危険性を理解し、リスク回避の対策を打つことで借金地獄のような最悪な事態に陥ることはありません

FXの正しい知識を身に付け、危険性を低くするための行動をとる必要があるのです。

すぐに儲けようとするのではなく、長期的に学習していく姿勢でFXに挑みましょう。

FXクラウドでは、FXに関するお役立ち情報を多数提供しています

もっとFXについて知りたいと思った方はこちらのの記事もぜひご覧ください。

目次