FXのレバレッジとは?仕組みや最適なレバレッジ倍率の考え方についてわかりやすく解説

  • FXのレバレッジ取引ってそもそも何なんだろう・・・
  • FXのレバレッジを上げ過ぎると危険って聞いたけど、どれぐらいの倍率が適正なんだろう・・・
  • FXのレバレッジ取引ってどんなリスクがあるんだろう・・・

この記事を読まれている多くの方はこのような悩みを抱えているのではないでしょうか。そこで本記事ではFXにおけるレバレッジの概要やその仕組みから注意するべきリスク、そしてトレードスタイルに応じた適正なレバレッジ倍率について解説いたします。

FXを始めたばかりの方やこれから始める方であれば、必ず抑えておきたいポイントを随所に解説しているので、是非最後までお目通しください。記事内の内容を実践することで安全に自信に合った取引ができるようになるでしょう。

記事の要約
  • レバレッジを使えば証拠金に対して最大25倍の額で取引をすることができる
  • レバレッジの倍率を高くしすぎると少し値動きするだけで損失が大きくなり強制ロスカットが起こるリスクがある
  • レバレッジの安全な倍率は平均的には10倍までだがトレードスタイルによって許容値は異なる

\ FX会社選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめできる人取引単位手数料通貨ペアスプレッドFXアプリスワップポイント最短開設日
GMOクリック証券 ロゴ画像
GMOクリック証券
公式サイト当サイト人気No.1口座
アプリが便利で5,000円から取引可能!
投資未経験から上級者の誰にでもおすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
20種類米ドル/円:0.2銭非常に
使いやすい
安定的で高水準最短当日
GMO外貨 ロゴ
GMO外貨(外貨ex)
公式サイトスワップポイントが高く
入出金・取引手数料の全てが無料!
初めての人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
24種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
DMMFX ロゴ画像
DMM FX
-30分で口座開設!
今すぐ取引を始めたい人におすすめ
10,000通貨
(約10万円〜)
入出金/
取引手数料0円
21種類米ドル/円:0.2銭使いやすい高水準最短30分
SBIFXトレード ロゴ画像
SBIFXトレード
-スプレッドが他社比較して最狭水準
数百円から始めたい人におすすめ
1通貨
(約500円〜)
入出金/
取引手数料0円
34種類米ドル/円:0.2銭-安定的で高水準最短即日
 LINEFX ロゴ画像
LINE FX
-LINEにお得情報たくさん届く
気軽に取引したい人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
23種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
※一部例外あり
目次

レバレッジとは?概要とその仕組みについて

レバレッジとは「てこ」という意味であり、弱い力で大きな物を動かしたり、小さな力を大きな力へ変換する意味を持ちます。

FXを始めとした金融業界におけるレバレッジも同様の意味合いを持ち、小さな資本を用いて借入をして資本力を高め、その資本を使い大きな利益を生むことや利益率を高めることを意味しています。

ただ、FXにおけるレバレッジは実際に現金を借入する訳では無く、あくまでも「証拠金×適用レバレッジ」相当の金額が口座内で取引できるようになるだけ。そのため、信用情報等に記録がなされる訳ではありません。

信用情報とはクレジットカードや各種ローンの利用状況が記載されている情報のこと。各個人ごとに信用情報機関に記録されており、支払いの遅延や踏み倒し等がある場合にはクレジットカードやローン契約時の審査でマイナスの評価がなされます。

国内FXで適用できるレバレッジは最大25倍まで

個人口座の場合、国内FX会社の口座を用いたレバレッジ取引で適用できる最大レバレッジ倍率は25倍。例えば証拠金が10万円だとして、25倍のレバレッジを適用すると、250万円分の取引が可能となります。

海外FXではレバレッジの制限が無く、中には最大3,000倍の業者も存在する

海外FXではレバレッジの制限が無く100倍や200倍、中には3,000倍と言った業者も存在します

レバレッジを高く設定すればするほど、それだけ1回辺りの利益も大きくなりますが、その反対に損失時のインパクトも大きくなるため、これだけ大きなレバレッジを適用してトレードすることはオススメしません。

FXに慣れてきた中、よほど勝ちを確信できる局面でない限り、レバレッジはなるべく抑えた方が賢明です。

FXのレバレッジ取引におけるリスク

レバレッジ取引は適用倍率を上げることで、より大きなリターンが得られるようになります。一方で、先の通りリスクが大きくなるのも事実

本章ではレバレッジ取引を始める前に知っておきたいリスクの点について、いくつか解説いたします。

小さな値動きだけでも強制ロスカットが発動し損失を生む可能性がある

国内FX会社では全ての会社で「強制ロスカット」を採用しています。強制ロスカットとは証拠金維持率が一定の水準を下回った際に手持ちの建玉(たてぎょく)が強制決済される仕組みの事。

建玉とは未決済の約定を指し、ポジションとも言います。買ったまま未決済のものについては”買いポジション/買い建玉”、売ったまま未決済のものについては”売りポジション/売り建玉”と呼ばれます。

証拠金維持率とは、取引に必要なお金(必要証拠金)に対して、実際に入金している証拠金(有効証拠金)がどれだけ余裕があるか示すもの。「有効証拠金÷必要証拠金×100」の数式で計算できます。

強制ロスカットが発動する証拠金維持率のラインは各社によって異なりますが、多くの会社は50%~100%の間で設定しています。

レバレッジ倍率を上げるという事は、求められる必要証拠金が大きくなる上、小さな値動きだけでも損失額が大きくなるということ。そのため、含み損が生まれた際に強制ロスカットラインにすぐ達してしまうのです

適用レバレッジ別に見る強制ロスカットまでの値幅

下記図は、ドル円(1ドル130円時)にレバレッジ5倍・10倍・15倍毎に取引した際のトレード画面です。画像内の赤枠に適用レバレッジとロスカットまでの値幅(何円の変動まで耐えられるか)が記載されています

参照:ヒロセ通商

ご覧の通り、レバレッジ5倍だと約20円(2,000pips)の値動きまで耐えられますが、25倍だとわずか0.3円(30pips)動いただけでロスカットとなってしまいます

ご自身のトレードルールで定めている利確ラインと損切ラインによって、レバレッジの倍率をどこまで許容するかは異なりますが、始めたばかりの頃は低めに設定しておくことが無難でしょう。妥当なレバレッジ倍率については後ほど解説いたします。

自己資金以上に損失が生まれてしまった場合は借金のリスクがある

レバレッジ取引を行うことで稀に借金をしてしまう事があります

先の通り、国内FX会社では全ての会社で強制ロスカットを採用しているため、原則として預入している証拠金以上に損失が膨らむことはありません。ただ、これは強制ロスカットが必ず発動されることを前提としています。

急激な相場変動が起きた時には注文が通らず強制ロスカットが機能しなくなってしまう

では、どういった場合に強制ロスカットが発動されない・間に合わないのかと言うと急激な相場変動時です。

例えばドル円を取引していて145円に到達したら強制ロスカットが発動されてしまうという局面において、経済指標発表等で146円から一瞬にして144円まで下落した場合、145円で現ポジションの逆注文しようがありません。

こういった際に強制ロスカットでなされるはずの逆注文が成立せず、証拠金以上の損失が生まれてしまうのです

取引金額が大きくなればなるほど注文が約定しないリスクが高まります。買い注文・売り注文が成立するのは買い手・売り手が存在するため。当然、取引額が大きくなればなるほど相対的にその注文をこなせるプレイヤー数は少なくなります。そのため、約定しないリスクが大きくなるのです。

証拠金がマイナスになった際、追証が発生し、対応できないと裁判や差し押さえにあってしまう

証拠金がマイナスになった際、FX会社からは追証を求められます。追証とは追加保証金のことであり、このシーンにおいては有効証拠金以上に発生した損失に対して追証が求められます。

証拠金維持率が低下した際にも追証アラートは発生します。この際は”強制ロスカットが執行されるリスクがあるため、追加で保証金を入れてください”という意であり、入金するか否かは任意です。

実質的にマイナス分はFX会社に対する借金と同義。仮に追証を支払わず放置していると、FX会社から支払いの督促を受けた後、裁判が行われ、最終的には差し押さえされてしまいます。

FXのレバレッジ取引における安全な倍率

FXの安全なレバレッジの倍率は、3倍~10倍だと一般的に言われています。これは強制ロスカットの可能性を低く抑えられるためです。

1トレード辺りで狙っている利幅(獲得pips)が大きければ大きい程、許容損失の幅も大きくなりますから、トレードスタイルによっても適正値は異なります

しかし、倍率が10倍であれば強制ロスカットまで約700pips(約7円)程の変動に耐えることができるため、長期保有でもしない限りは問題無いでしょう。

1日で7円の変動が起きたのは、イギリスが欧州連合(EU)の離脱が確定された日。この日の変動率はリーマンショック時以上のものとなりました。そのため、これほど大きな時事問題が起きない限り、短期的に700pips相当変動することは無いのです。

レバレッジ別(5倍・10倍・25倍)の強制ロスカットまでに必要な値幅

参照:ヒロセ通商

1日で100pips~150pips程の変動は珍しくなく、数秒~1分以内で数pips程の利鞘を狙うスキャルピングトレードでもない限りはやはり10倍以下に留めておくと良いでしょう。

数秒~1分以内で取引を行うトレードスタイルをスキャルピングトレードと言い、数分~数時間で取引を行うトレードスタイルをデイトレード、数日~数週間で取引を行うトレードスタイルをスイングトレードと言います。

FXのレバレッジ倍率別に必要な資金額

FXのレバレッジ取引をするために必要な資金は、取引の通貨ペア、レバレッジ倍率によって異なりますが、必要証拠金の3倍~10倍程度が適正と言われています

レバレッジ倍率が大きくなると、必要証拠金の割合が下がりますが、損失が大きくなるリスクも高くなるため、ご自身の状況に合わせた検討が必要です。

レバレッジ取引で必要な資金について下記2つのパターンを例にあげて解説します。

  • 米ドル/円を1,000通貨取引する場合
  • 米ドル/円を10,000通貨取引する場合

米ドル/円を1,000通貨取引する場合の必要資金目安

1,000通貨取引は、1,000ドルの取引ということになります。米ドル/円相場が130円の場合、1,000ドルは130,000円です。

レバレッジ1倍の場合は、必要証拠金も130,000円必要ですが、レバレッジをかけることで必要証拠金の割合を調整できます。

レバレッジ別の1,000通貨での必要証拠金は、下記のとおりです。

米ドル/円を1,000通貨取引する際の必要証拠金
1通貨あたりの円レート必要証拠金(25倍)レバレッジ10倍レバレッジ5倍
120円4,800円12,000円24,000円
130円5,200円13,000円26,000円
150円6,000円15,000円30,000円
*計算式:円のレート×1,000(通貨)÷レバレッジ倍率=最低必要証拠金

安全なレバレッジといわれている5倍で取引する場合、適正資金は12万円から15万円ほど必要な計算になります

米ドル/円を10,000通貨取引する場合の必要資金目安

10,000通貨取引は、単純に1,000通貨の10倍の10,000ドルの取引ということになります。米ドル/円相場が130円であれば、10,000ドルは130万円に相当します。

レバレッジ別の10,000通貨での必要証拠金は下記のとおりです。

米ドル/円を10,000通貨取引する際の必要証拠金
1通貨あたりの円レート必要証拠金(25倍)レバレッジ10倍レバレッジ5倍
120円48,000円120,000円240,000円
130円52,000円130,000円260,000円
150円60,000円150,000円300,000円
*計算式:円のレート×10,000(通貨)÷レバレッジ倍率=最低必要証拠金

安全なレバレッジといわれている5倍で取引する場合は24万円~30万円ほどが必要になります

最大レバレッジの25倍で取引すると、約5~6万円程度で取引が行えるものの、レバレッジが高い分、リスクも高くなるため注意が必要です。

大きくレバレッジをかけて取引をする際には、ご自身のリスク許容度に合わせてレバレッジの設定を行い、慎重に取引をするようにしましょう。

FXのレバレッジ取引で失敗しないためのポイント3選

FXのレバレッジ取引は高いリターンを期待できる反面、リスクも高い取引方法です。

失敗しないために、押さえておきたい下記3つのポイントについて説明します。

レバレッジ取引で失敗しないためのポイント3選
  • 追証がない海外FX業者の利用を検討する
  • 実行レバレッジを求めた上で取引をする
  • レバレッジを最小にしない

追証がない海外FX業者の利用を検討する

国内のFX業者は金融庁の規制により追証制度があるため、追証を避けたいのであれば海外のFX会社を検討してみましょう。

海外FX業者には、ゼロカットという追証が一切発生しないシステムがあり、追証が免除されます

追証とは、追加証拠金の略称で、入金している証拠金以上の損失が発生した場合に、追加で証拠金の入金が必要となる制度のことです。

追証がない業者を選ぶことで、予期せぬ損失が出た際に追加で証拠金を出す必要がなく、損失の範囲が限定されるため、安心してFX取引をすることが可能です

海外FXはレバレッジが1,000倍までかけられる業者もあるため、追証なしでハイリスクハイリターンを狙いたい方は、海外FX業者を検討してみるのもおすすめです。

実行レバレッジを求めた上で取引をする

保有している証拠金に対して、どの程度までレバレッジをかけた取引ができるか把握しておきましょう。

国内FX会社のロスカット基準は、一般的に証拠金維持率50~100%となっています。(中には30%の業者も存在します。)

取引するレバレッジによって証拠金は変わりますが、ロスカットになる分岐点を把握した上で取引することで、失敗のリスクを減らせます。

適用レバレッジ別の1,000通貨での必要証拠金は、下記のとおりです

1,000通貨取引時のレバレッジ倍率別必要証拠金
1通貨あたりの円レートレバレッジ25倍時の必要証拠金レバレッジ10倍時の必要証拠金レバレッジ5倍時の必要証拠金
120円4,800円12,000円24,000円
130円5,200円13,000円26,000円
150円6,000円15,000円30,000円
*計算式:円のレート×1,000(通貨)÷レバレッジ倍率=最低必要証拠金

*計算式:円のレート×1,000(通貨)÷25(最大レバレッジ)=最低必要証拠金

下記は、米ドル/円を1,000通貨で取引した場合の損益をレバレッジごとにまとめた表です。

レバレッジ倍率別の損益シミュレーション
値幅レバレッジ1倍レバレッジ5倍レバレッジ10倍レバレッジ25倍
1pips(1銭)10円50円100円250円
10pips(10銭)100円500円1000円2,500円
50pips(50銭)500円2,500円5,000円12,500円
100pips(1円)1,000円5,000円10,000円25,000円

例えば「証拠金13,000円、ドル円のレートが130円、レバレッジ10倍、1,000通貨」で取引する場合、65pips(6,500円)マイナスになるとロスカットが発動します

同じ条件の取引で証拠金が26,000円あると、130pips(13,000円)のマイナスまで耐えられます。

上記のように、レバレッジと証拠金によってロスカットの分岐点をあらかじめ把握し、リスク管理を徹底した取引をすることが重要です。

トレードスタイルと許容できる損切ラインから最適なレバレッジを設定する

目標利益とそれを達成するまでの期間によっても最適なレバレッジは異なりますが、誰しもが短期的に大きな利益を出したいでしょうそのためには、安全な水準でレバレッジを最大化する必要があります

その際には、ご自身のトレードスタイルと損切ラインを基に考えると良いでしょう。目安を端的にお話すると以下の通りです。

トレードスタイル別の目標獲得pipsとレバレッジ目安
トレードスタイル1トレード辺りの取引時間1トレードあたりの利確/損切値幅目安レバレッジ目安
スキャルピングトレード数秒~1分以内3~10pips25倍
デイトレード数分~数時間以内
※翌営に持ち越しをしない
10pips~100pips15倍
スイングトレード数日~数週間100pips~200pips10倍

スキャルピングやデイトレードと一重に言っても、トレードルールで定めている利確・損切ラインは人によって異なりますから、必ずしも上記が正解という訳ではありませんが、一定の安全を担保した中でレバレッジの最大化を求めた場合には上記が目安となります。

FXのレバレッジは自分で設定するわけではない?仕組みを解説

FXレバレッジは、自分で倍率を設定するわけではなく、証拠金と取引量の割合で自動的に設定されます。そのため、口座自体はいつでも最大レバレッジである25倍の取引が行える状態ではあるのです。

FX会社によっては適用できる最大レバレッジの上限設定をご自身で設定できるところもあります。

適用レバレッジの計算方法は非常にシンプルで「必要証拠金÷有効証拠金=レバレッジ」となります。

例えば10万円の証拠金で100万円分の取引をする場合には、10倍のレバレッジが適用されています。

FXのレバレッジ取引に関するよくある質問

FXのレバレッジ取引をする時に不安に感じるポイントや疑問点をまとめて紹介します。

Q. 必要証拠金はどのように計算すればいい?

必要証拠金は、取引する通貨ペアの価格に取引単位とレバレッジ倍率をかけた金額です。

レバレッジ別の1,000通貨での必要証拠金は下記です。

1通貨あたりの円レートレバレッジ25倍レバレッジ10倍レバレッジ5倍
120円4,800円12,000円24,000円
130円5,200円13,000円26,000円
150円6,000円15,000円30,000円
*計算式:円のレート×1,000(通貨)÷適用レバレッジ=最低必要証拠金

取引通貨量が100通貨の場合は上記の10分の1、10,000通貨の場合は10倍となります。

Q. FXはレバレッジなしでも利益は出る?

レバレッジなしでも利益を出すことはできますが、多くの証拠金が必要なうえ、利益の幅も狭くなるため、資金が少ない方にはおすすめできません

レバレッジを使うことで、少ない資金で大きな取引ができるため、資金が少ない時期は、レバレッジを使った取引がおすすめです。

大きな利益を狙える反面、損失が大きくなる可能性もあるため、ご自身のリスク許容度と照らし合わせて慎重に取引することが重要です。

Q. 自動売買でレバレッジをかけるのは危険?

自動売買・手動取引どちらもレバレッジ取引におけるリスクに大きな違いはありません。

自動売買は設定に従って機械的に売買を行い続けるため、突発的な為替相場の変動やシステムエラーにより、想定通り機能しなかった場合や急な相場変動が起きた際に、一瞬で大きな損失を被る可能性があります。

突発的な事故を避けるためには、売買の動向を常にチェックできる体制や、為替相場の変動が大きくなるタイミングは自動売買を停止しておくなどの対策が必要です。

自動売買での取引は、設定に十分な時間をかけテストを繰り返し行ったうえで、レバレッジを低めに設定しての運用がおすすめです。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - FX・為替編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - FX・為替編集部 株式会社ふるさと本舗 - FX・為替チーム
目次