FXの理想的な年利は10%?安定的に利益を上げる方法も解説

サラリーマン

FXってどれくらいの年利を出せばいいのだろう?

サラリーマン

FXのプロトレーダーって、年利100%くらい稼げてるのかな?

サラリーマン

FXで安定して稼ぐためにはどうすればよいのだろう?

FXを始めるにあたり、どれくらいの年利を出せれば理想的なのか疑問に思っている人は多いのではないでしょうか?

折角資産を運用するのに、利益が出せなければ勿体ないですよね。

しかし、投資するにしても、理想的な利益について知らなければ、賢く運用はできません。

そこでこの記事では、次の内容について解説します。

この記事のテーマ
  • FXにおける理想的な年利は何%なのか
  • 年利100%や年利200%は実現可能なのか
  • 年利10%を安定して稼ぐためには何が必要なのか

本記事を読めば、FXの理想的な年利を知り、取引の目標を立てることが可能になります。

これからFXを始める人や、年利について理解したい人は、ぜひご一読ください。

\ FX会社選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめできる人取引単位手数料通貨ペアスプレッドFXアプリスワップポイント最短開設日
GMOクリック証券 ロゴ画像
GMOクリック証券
公式サイト当サイト人気No.1口座
アプリが便利で5,000円から取引可能!
投資未経験から上級者の誰にでもおすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
20種類米ドル/円:0.2銭非常に
使いやすい
安定的で高水準最短当日
GMO外貨 ロゴ
GMO外貨(外貨ex)
公式サイトスワップポイントが高く
入出金・取引手数料の全てが無料!
初めての人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
24種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
DMMFX ロゴ画像
DMM FX
-30分で口座開設!
今すぐ取引を始めたい人におすすめ
10,000通貨
(約10万円〜)
入出金/
取引手数料0円
21種類米ドル/円:0.2銭使いやすい高水準最短30分
SBIFXトレード ロゴ画像
SBIFXトレード
-スプレッドが他社比較して最狭水準
数百円から始めたい人におすすめ
1通貨
(約500円〜)
入出金/
取引手数料0円
34種類米ドル/円:0.2銭-安定的で高水準最短即日
 LINEFX ロゴ画像
LINE FX
-LINEにお得情報たくさん届く
気軽に取引したい人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
23種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
※一部例外あり
目次

FXの理想的な年利は10%?

FXで確実に利益を上げるために意識したいのが、理想的な年利についてです。

年利とは、簡単に言えば「1年あたりの利率」のことで、資産運用では最も考慮すべきポイントの一つです。

年利の仕組みや具体的な利率、注意点などを解説します。

10%は決して少ない年利ではない

FXの理想的な年利は10%と言われています。

利益があまり出ないように感じますが、決して少ない年利ではありません。

100万円の初期費用を投入し、年利10%を達成した時の運用利率は10万円です。

5年続けると元金倍率は1.6105倍となり、運用利率は610,510円になります。

年利10%を狙った投資はリスクも低く、安定したリターンを長期間狙えます。

FXにおいては、1年間で利率50%や80%を狙うのではなく、5年連続年利10%、10年連続年利10%を目指して投資することが大切なのです。

高い年利が出せるのは少額のときだけ

FXで高い年利を出せるのは少額投資の時だけだと、知ることが大切です。

例えば100万円投資した際に年利50%が出た場合、運用利益は50万円です。

しかし1,000万円投資した場合の年利50%は、500万円の利益が出る計算になります。

10億円分投資した際は、5億円もの利益を出さなければ年利50%に届きません。

このように、投資額が少なければ少ないほど年利は上がりやすく、資産が増えるほど年利は下がりやすくなることを知っていれば、年利10%が少ないと感じることはないでしょう。

初心者は年利5%が現実的

初心者トレーダーは、勝率が安定していません。

また、リスク管理の一環として高レバレッジでの投資はするべきではありません。

以上の2つの点から導き出される初心者の現実的な年利は、5%程度です。

5%の年利でも、継続して出せれば一流トレーダーの仲間入りです。

なぜなら失敗するトレーダーの多くが、年利5%も稼げていないためです。

決して年利が少ないとは思わず、損小利大の堅実的な投資を心がけましょう。

FXで年利100%などの言葉は危険

FX業者や初心者向け講座の中には、「年利100%」や「年利300%」を謳っている物もあります。

正直に言って年利100%越えの言葉は危険なので、近寄らないようにしてください。

年利200%が実現できるのは、投資額が少ない間のみです。

FX界の有名トレーダーですら年利は20%程度を前後していることを把握し、目先の利益に眩まないように気を付けましょう。

FXの年利に関する基礎知識

FXの年利に関する基礎知識について4つ解説します。

FXの年利の計算方法

FX投資における年利は、下記の計算式で求められます。

利益÷元金×100=年利(%)

例えば、2021年の年初に150万円の資金を投入し、年末の資産が300万円だったとします。

この場合は150万円(利益)÷元金(150万円)×100で、年利100%となります。

その他、為替の始値と終値の差額と利益を元に計算する方法もあるので、好みの方を選んでください。

利率は利息の割合

利率とは、元手となる資金に対する利息の割合のことを指します。

計算式は分配金÷投資元本×100で求められます。

利回りと混同されがちですが、利回りとは投資の元手に対する利息を含めた収益割合のことを指します。

利息と年利、利回りは厳密には異なるため、FXを始める前に確認しておきましょう。

騰落率は期間内の値幅

騰落率とは、とある一定期間内の値上がり・値下がり幅のことを指します。

年利と同様パーセンテージで表され、変化率をチェックするのに役立ちます。

騰落率を元に、ポジションの売買や決済のタイミングを考えるトレーダーが多くいます。

通貨ペアごとの騰落率は「外為どっとコム」などのFX業者のサイトから確認できる場合があります。

パフォーマンスは基準との比較

パフォーマンスとは、FXの指標基準と比較した際の評価で使われる言葉です。

基準よりも利回りが高ければパフォーマンスが高く、利回りが下回ればパフォーマンスが低いと表現されます。

パフォーマンスは、利回りと異なり基準との比較です。

そのため「利回りは良かったがパフォーマンスは悪い」という反比例した結果が出る場合もあります。

FXで年利5%~10%を目指す方法

FXで年利5~10%を目指すためには、適切な方法を知ることが大切です。

5~10%の年利を数年~数十年かけて継続するために、次の2つの方法を紹介します。

スワップポイントなど長期運用

年利5~10%をキープするためには、スワップポイント稼ぎを目的とした長期運用がおすすめです。

スワップポイントとは、通貨ペアの金利差から生まれる利益のことで、ポジションを保有している間は毎日付与されます。

つまり長期間ポジションを持てば持つほど安定して稼げるのが、スワップポイントなのです。

スワップポイントを稼ぐためには、メキシコペソやトルコリラ、南アフリカランドなどの高金利通貨がおすすめです。

また、突然のロスカットに備え、ある程度余裕のある証拠金を投入しておくとよいでしょう。

分散投資をすることでより安全な取引も可能

分散投資をすることで、総合的な損失リスクを低減させることが可能です。

FX内ならば、すべての通貨を米ドル/円につぎ込むのではなく、資金の30%を米ドル/円に、30%をユーロ/円に、30%をトルコリラ/円に、というように投資先を分散させます。

FX以外の投資商品を加える場合は、株式や債券、投資信託などがあります。

投資先を分散させることで損失リスクが減りますが、その分確認すべきことや学習すべきことが増える点がデメリットです。

初心者や中級トレーダーの場合は、2~3の投資先を持つことがおすすめです。

FXで年利5%~10%目指す際の注意点

FXで年利5~10%を目指して取引する際は、次の7つの注意点を意識しましょう。

損切りラインを決めて守る

FX取引において損切ラインを決め、厳守することは最も重要です。

損切りとは、含み損が発生している際、強制ロスカットが執行される前に決済し、損失を最小限に留めることです。

損切りができないと、資金の多くを失うことになります。

「もう一度為替が上がるかもしれない」「損切りした瞬間に上がったらどうしよう」などの希望は持たず、冷静に判断することが大切です。

ポジポジ病にならない

ポジポジ病にならないことも、FX取引においては重要です。

ポジポジ病とは、常にポジションを持っていないと居ても立っても居られない状況のことを指します。

取引する際は「○○円になったら買う(売る)」と経験やチャートに基づいて冷静に決めることが重要です。

しかしポジポジ病にかかっていると、チャートを見る度に「今が買い時なのではないか」と思い込み、冷静な判断ができません。

判断力を失うことは、FXでギャンブルトレードをしたり、自ら損失を生んだりすることになり兼ねないため注意しましょう。

ハイレバレッジのギャンブル取引をしない

ハイレバレッジのギャンブルトレードをしないことも、FX取引では大切です。

FXでは、実際に預けた証拠金よりも高い金額で取引できるレバレッジと呼ばれる仕組みがあります。

レバレッジを高くかければかけるほど、一度の取引で得られる利益は増えます。

しかしその分、負けた際に失う金額も大きくなることを肝に銘じておきましょう。

初心者の内は、レバレッジを等倍~3倍に留め、ローリスクローリターンで取引するのが賢明です。

為替差損に注意する

取引で安定して利益を出すために、為替差損にも注意しましょう。

為替差損とは、外国為替相場の変動によって生じる損失のことです。

例えば、100.00円で買わせを買い付け、110.00円で売った場合は10円の利益が出ます。

しかし100.00円で買ったのにもかかわらず90.00円時に売った場合は、10円分の差損が生じるのです。

この為替差損に注意することで、リスクの少ない投資を実現できるでしょう。

通貨ペアは吟味する

通貨ペアを吟味することも、年利5~10%を安定して実現させるために気を付けたい注意点です。

初心者におすすめなのは、ある程度流動性が高く、なおかつ安定している通貨ペアです。

具体的には米ドル/円やユーロ/円などが挙げられます。

スワップポイントを稼ぐ場合は、トルコリラ/円などの高金利通貨との組み合わせもよいでしょう。

買い付けようとしている通貨の特徴を改めて確認し、疑問を解消してから取引に臨みましょう。

安定している証券会社を選ぶ

現在日本には、50社近くのFX業者が存在しています。

初心者は自分の手で最初の一社を選ぶことになりますが、安定している証券会社を見定めることが重要です。

安定している証券会社とは、資金が潤沢にあり安全で、システムが安定稼働している業者のことです。

開設口座数が多い口座も、比較的安心して利用できるでしょう。

おすすめなのは、運営会社の知名度も高く、サポート類も安定している「DMM FX」や「みんなのFX」などです。

FXで年利5%~10%を稼ぐのにおすすめの証券会社

FX取引を行う上で取引手数料(スプレッドコスト含め)やスワップポイント、取引ツール等を考慮する必要があります。

取引は積み重ねであり、毎回無駄なコストがかかっていては退場しかねません。

ここでは当サイトがおすすめする取引所を紹介していきたいと思います。

FXの年利に関するよくある質問

FX初心者が取引を始めるにあたり、年利についてよくある質問を2つまとめました。

投資を始める前に確認し、疑問や不安を解消しておきましょう。

そもそもFXは資産運用に向いている?

FXは外貨を取り扱うという特性上、ハイリスクハイリターンの投資であることは確かです。

しかし、適切な取引方法を取ることで、確実に資産を増やせる投資方法でもあります。

稼げる機会を自ら放棄するのはもったいないことです。

資産運用できるかどうかは、自分自身のFXとの相性でも左右されるので、一度挑戦してみることをおすすめします。

最初は最低取引単位1,000通貨の業者で、約4,000円の初期投資から始めてみましょう。

慣れてきたら、積立NISAなども並行してみるとよりリスクが低減します。

FXのプロトレーダーは年利いくらなの?

FXのプロトレーダーの年利は20%前後です。

それ以上高年利を狙うと損失リスクがかなり上昇するため、20%が妥当です。

また、資産が多くなればなるほど年利率は下がります。

しかし100万円の1%と100円の1%で数字が異なるように、プロトレーダーは見かけの年利こそ少ないものの、実際は多額の利益を生み出しています。

まとめ|FXの理想的な年利は5%~10%!コツコツ稼ぐことを考えよう

FXの理想的な年利は10%です。

初心者の場合は、5%程度が妥当でしょう。

1年通して元手の10%しか増えていないと考えると少なく感じられるかもしれません。

しかしプロのトレーダーも20%前後の年利を目指していることから、決して少なくはないのです。

高い年利を出せるのは少額投資の場合だけなので、パーセンテージよりも実際の利益や損失を意識して取引するのをおすすめします。

安定して5~10%の利益を出すために、初心者は損切りの徹底や低倍率のレバレッジの設定を心がけましょう。

損小利大のマインドを身に付けて、5~10%の年利をコツコツ稼ぎましょう。

監修・執筆者

目次