FXは副業禁止のサラリーマンでもできる!会社員や公務員で副収入を稼ぐための方法を解説

FXは副業として人気がありますが、会社員や公務員の方は副業が制限されていることが多く、FXで副収入を得ることに不安を感じている方も多いでしょう。しかし、適切な方法を守れば、サラリーマンでもFXで確実に副収入を得ることができます。

本記事では、会社員や公務員の皆さんが副業としてFXを行う際の注意点と、安全に副収入を稼ぐための具体的な方法をご紹介します。

まず、会社の就業規則や服務規程を確認し、副業の可否や制限事項を把握することが重要です。多くの企業では事前申請が必要ですが、FXは自宅で行えるため許可が得られやすい副業です。

次に、FXの取引スタイルを工夫することで、リスクを最小限に抑えながら着実に収益を上げられます。デイトレードよりもスイングトレードに適しており、取引時間が柔軟に確保できるのがFXの利点です。

さらに、FX会社の選び方や、資金管理、ポジションサイズの決め方など、FXで失敗しないためのテクニックも解説します。

本記事を読めば、サラリーマンの皆さんでも、会社への影響を最小限に抑えながら、FXで安全に副収入を得る方法が理解できるでしょう。ぜひ、FXで新たな収入源を手に入れる一歩を踏み出してください。

\ FX会社選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめできる人取引単位手数料通貨ペアスプレッドFXアプリスワップポイント最短開設日
GMOクリック証券 ロゴ画像
GMOクリック証券
公式サイト当サイト人気No.1口座
アプリが便利で5,000円から取引可能!
投資未経験から上級者の誰にでもおすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
20種類米ドル/円:0.2銭非常に
使いやすい
安定的で高水準最短当日
GMO外貨 ロゴ
GMO外貨(外貨ex)
公式サイトスワップポイントが高く
入出金・取引手数料の全てが無料!
初めての人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
24種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
DMMFX ロゴ画像
DMM FX
-30分で口座開設!
今すぐ取引を始めたい人におすすめ
10,000通貨
(約10万円〜)
入出金/
取引手数料0円
21種類米ドル/円:0.2銭使いやすい高水準最短30分
SBIFXトレード ロゴ画像
SBIFXトレード
-スプレッドが他社比較して最狭水準
数百円から始めたい人におすすめ
1通貨
(約500円〜)
入出金/
取引手数料0円
34種類米ドル/円:0.2銭-安定的で高水準最短即日
 LINEFX ロゴ画像
LINE FX
-LINEにお得情報たくさん届く
気軽に取引したい人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
23種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
※一部例外あり
目次

FXは副業禁止の会社員や公務員でもできる

FXは外国為替証拠金取引のことで、通貨の売買を行うことで収益を得る投資手段です。会社員や公務員でも副業が禁止されている場合でも、FXは副収入を得る手段として活用できます。

FXは個人で行えるため、会社の許可は不要です。

ただし、税金の問題があります。FXの利益は雑所得として課税対象となり、確定申告が必要になります。損失は3,000円を超える分は翌年以降に繰り越せます。

会社員の場合、FXの取引を事業として行えば、経費を損金算入でき、損失を全額控除できます。そのためには、個人事業主や法人を設立する必要があります。

公務員の場合は、頻繁な売買は投機的取引と見なされ制限されますが、長期投資なら可能です。IPOへの投資も認められています。

このように、FXは副業禁止の会社員や公務員でも、適切な手続きを踏めば副収入を得られます。

ただし、リスクも高いため、十分な知識と経験が必要不可欠です。

FXで得た収入は所得税として確定申告する

FXで得た利益は、所得税の対象となる雑所得に該当します。 年間の利益が20万円を超えた場合、確定申告の際に申告する必要があります。

申告が必要な金額は、FXで得た利益から控除できる経費を差し引いた金額となります。

控除できる経費には、FX取引に関連する以下のようなものが含まれます。

控除できる経費例
  • FX口座の維持費用
  • FX取引ツールの利用料
  • FX関連書籍の購入費
  • FX取引に関する研修費用

これらの経費を適切に控除することで、納税額を抑えることができます。 

ただし、経費の過剰な計上は避けるべきです。 税務調査で不正が発覚すれば、加算税や重加算税の対象となる可能性があります。経費の内容と金額は、きちんと証拠書類を残しておく必要があります。

このように、FXで得た収益は適切に申告し、納税する義務があります。副業禁止の会社員や公務員でも、FXで副収入を得る場合は、税金の取り扱いに注意を払う必要があります。

FXを副業として始めるメリット

FXを副業として始めるメリットに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

FXを副業として始めるメリット
  • 24時間取引ができるため、時間に縛られない
  • 100円から取引できるFX会社もあり少額から始められる
  • 自動売買を利用すると本業中でも取引ができる

それぞれ詳しく解説していきます。

24時間取引ができるため、時間に縛られない

FXは世界中の市場で24時間体制で取引されているため、自分の生活スタイルに合わせて取引時間を選ぶことができます。 会社員やサラリーマンでも、残業や通勤の時間を気にすることなく、空いた時間にFXの取引が可能です。

朝早くや夜遅くでも取引できるため、本業に影響を与えずに副収入を得られるのが大きなメリットです。 また、ニュース発表時のボラティリティの高い時間帯を狙って取引するなど、柔軟な取り組み方ができます。

時間に縛られないFXの特性を活かせば、効率的に副業として取り組めるでしょう。

100円から取引できるFX会社もあり少額から始められる

FXは少額の資金から始められるのが大きなメリットです。一般的な株式投資と比べると、FXは少額からスタートできるため、副業としてリスクを抑えながら取り組めます。

実際、100円から取引可能なFX会社も存在します。少額からでも経験を積むことができ、徐々に取引額を増やしていけば、潜在的な収益源として期待できます。 また、FXは24時間取引が可能なため、本業に影響を与えずに空き時間を有効活用できます。

さらに、FXは自動売買システムを利用できるため、手動での売買に比べてリスクを抑えられます。自動売買システムは設定した条件に基づいて自動的に売買を行うため、本業に専念しながらも副収入を得られる可能性があります。

ただし、FXには為替リスクやレバレッジリスクなどのリスクが伴うため、十分な知識と経験が必要不可欠です。副業としてFXに取り組む際は、無理のない範囲で徐々に経験を積み、リスク管理を怠らないことが肝心です。

自動売買を利用すると本業中でも取引ができる

FXの自動売買は、あらかじめ設定した売買ルールに従って、システムが自動で取引を行う仕組みです。自動売買を利用すれば、本業に従事している間でも、24時間体制で取引の機会を逃すことなく収益チャンスを狙えます。

自動売買の大きなメリットは、人間の感情に左右されずに冷静な売買判断ができる点です。利益確定や損切りのタイミングを機械的に決められるため、思い込みや後悔から来る人間的な判断ミスを防げます。

また、自動売買は専門知識がなくても利用できるのも魅力です。裁量取引では経済指標や相場分析が必須ですが、自動売買なら設定次第で初心者でも参入できます。

ただし、自動売買にも注意点があります。相場の急変動には対応しづらく、設定を誤ると大損する可能性もあります。 そのため、リスク管理が重要になります。損失許容額を設定したり、定期的に運用状況を確認したりと、自動売買でも一定の手間は必要不可欠です。

FXを副業として始めるデメリット

FXを副業として始めるデメリットに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

FXを副業として始めるデメリット
  • 高いレバレッジで取引を行うと損失が膨らみやすい
  • 利益が出た場合は確定申告が必要となる
  • 一攫千金に向いておらず、稼ぎ方は地道

それぞれ詳しく解説していきます。

高いレバレッジで取引を行うと損失が膨らみやすい

FXでは高いレバレッジを利用できるのが特徴ですが、これは二刀の刃となります。レバレッジを高く設定すれば、少ない資金で大きなポジションを構築できますが、同時に損失が拡大するリスクも高まります。

例えば、レバレッジ100倍で1万円の証拠金で100万円分の取引ができます。この場合、為替レートが1ピプツ動けば1,000円の損益が発生します。つまり、資金に対する損益の比率が非常に大きくなるのです。

レバレッジが高いと、わずかな値動きでも大きな損失につながる可能性があります。FX会社は最大で25倍程度のレバレッジ制限を設けていますが、それでも十分に注意が必要です。特に副業でFXを行う場合、高いリスクを取ることは避けるべきでしょう。

損失を最小限に抑えるには、レバレッジを低く抑え、1つの取引で失う金額を制限することが重要です。

また、しっかりとしたリスク管理が不可欠です。損切りルールを決めて厳守し、冷静な判断を心がけましょう。副業でFXを行う際は、過度のリスクを取らず、堅実に取り組むことが賢明です。

利益が出た場合は確定申告が必要となる

FXで利益を得た場合、確定申告をする必要があります。FXの利益は「先物取引に係る雑所得」として課税対象となり、利益から経費を差し引いた金額に対して20.315%の税率(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%)がかかります。

為替差益とは売買による利益、スワップポイントは金利差から生じる利益を指します。必要経費には、取引に関連する通信費、書籍代、セミナー費用、手数料などが含まれます。

会社員の場合、給与所得とは別に、FXの利益が年間20万円を超えると確定申告が必要になります。専業主婦や学生などでFX以外の所得がない場合は、FXの利益が年間48万円を超えると申告が必要です。 利益がなくても、損失を翌年以降に繰り越すためには確定申告が必要となります。

このように、FXで副収入を得る場合は、確定申告の義務を怠らず、適切に納税する必要があります。

20万円以上の利益が出た時は所得税として申告

FXで20万円を超える利益が出た場合、確定申告をして所得税を支払う必要があります。FXの利益は「先物取引に係る雑所得等」として扱われ、申告分離課税の対象となります。

申告分離課税とは、他の所得と合算せずに個別に税額を計算する方式です。FXの利益にかかる税率は一律20.315%で、内訳は以下の通りです。

FXの利益にかかる税率(一律20.315%)の内訳
  • 所得税: 15%
  • 住民税: 5% 
  • 復興特別所得税: 0.315%(2037年まで)

例えば、FXで30万円の利益が出た場合、30万円の20.315%にあたる約6万円を所得税として納税する必要があります。確定申告は翌年の2月16日から3月15日までの期間に行います。

ただし、給与所得者で給与収入が2,000万円以下かつFXの利益を含む他の所得が20万円以下であれば、確定申告は不要です。しかし、損失を繰り越すためには確定申告が必要になるので、確定申告をしておくとよいでしょう。

このように、FXで一定以上の利益が出た場合は確定申告が義務付けられています。副業として始める際は、この点に注意が必要です。

利益が20万円以内の場合は住民税の申告は必要

FXで得た利益が20万円以下であっても、住民税の申告は必要になります。FXの利益は雑所得として扱われ、所得税の確定申告は不要ですが、住民税については収入の有無に関わらず申告が義務付けられています。

住民税は前年の総所得に基づいて計算されるため、FXで得た利益を申告しないと住民税額が正しく算出されません。申告を怠ると、後に延滞税が課される可能性があります。 

また、FXで損失が出た場合でも、住民税の申告は必要です。損失を申告しておけば、翌年の住民税額が適切に計算されます。

したがって、FXで利益を得た場合は勿論、損失が出た場合でも、必ず住民税の申告を行う必要があります。利益が20万円以下であっても、住民税の申告を怠らないよう注意しましょう。

一攫千金に向いておらず、稼ぎ方は地道

FXは一攫千金を狙える投資ではありません。レバレッジを効かせて大きな利益を狙うハイリスク・ハイリターンな取引は、初心者には難しいでしょう。

むしろ、FXで安定的に稼ぐには、経済の知識を身につけ、チャートを分析し、リスク管理をしっかり行いながら、コツコツと利益を積み重ねていく地道な努力が必要不可欠です。

副業としてFXに取り組む場合は、本業の合間に細切れの時間を使って取引することになるので、スキャルピングのような短期売買は向いていません。

中長期の値動きを捉えるスイングトレードや、自動売買の活用など、忙しいサラリーマンでも取り組みやすい手法を選ぶことをおすすめします。

FXで大きく稼ぐことは可能ですが、それには相応の学習と時間、忍耐が必要だということを理解しておきましょう。

FX初心者がよくやる失敗談

FX初心者がよくやる失敗談に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

FX初心者がよくやる失敗談
  • 損切りのタイミングを逃して、損失が膨らんでしまった
  • 高いレバレッジで取引して大損してしまった
  • 多くの通貨ペアに手を出しすぎている
  • 常にポジションを持ち続けて損失が広がる
  • 値動きが激しい時期に取引をして相場の変動に対応できない

それぞれ詳しく解説していきます。

損切りのタイミングを逃して、損失が膨らんでしまった

FX初心者が陥りがちな大きな失敗の一つが、損切りのタイミングを逃してしまうことです。損失が出始めた時点で早めに決済すべきなのに、「もうちょっと待てば値が戻るかもしれない」と期待を抱き続けてしまい、結果的に損失が膨らんでしまうのです。

損切りは難しい判断が求められますが、冷静に自分のルールに従うことが重要です。損失が一定の水準を超えたら、感情的にならずに機械的に損切りすることで、大きな損失を防ぐことができます。

また、事前に損切りラインを決めておくことも有効な対策です。例えば「5%の損失が出たら確定させる」などのルールを設けておけば、損失がさらに拡大する前に確実に決済できます。

損切りは誰もが嫌がることですが、上手く活用することで資金を温存し、次の取引機会を得ることができます。FX初心者は特に、損切りの重要性を認識し、感情に流されずに対応することが求められます。

高いレバレッジで取引して大損してしまった

FX取引では、レバレッジを利用することで少額の資金で大きなポジションを構築できます。しかし、レバレッジは二刀の刃でもあります。高いレバレッジを使えば、小さな価格変動でも大きな利益を得られる一方で、損失も同様に拡大してしまうのです。

FX初心者は、レバレッジの効果を過大評価しがちです。「レバレッジを大きくすれば、利益も大きくなる」と考えてしまいがちですが、実際には想定外の損失に見舞われる危険性が高まります。

例えば、100万円の残高に対して最大レバレッジ25倍を利用すると、2,500万円相当の取引が可能になります。しかし、たった1円の値動きでも2,500円の損益が発生してしまいます。思わぬ大きな値動きに見舞われれば、瞬く間に含み損が膨れ上がり、ロスカットされてしまう可能性があるのです。

FX初心者は、レバレッジの効果を過信せず、自身の経験とリスク許容度に見合ったレバレッジ設定を心がける必要があります。利益を最大化するよりも、まずは損失を最小限に抑えることが重要なのです。

多くの通貨ペアに手を出しすぎている

FX初心者がよくやる失敗の一つに、同時に複数の通貨ペアを取引しようとすることがあげられます。

FXでは様々な通貨ペアの取引が可能ですが、初心者の段階で多くの通貨ペアに手を出しすぎると、以下のような問題が生じる可能性があります。

通貨ペアに手を出しすぎることで起こりうる問題
  • 十分な情報収集やポジション管理ができなくなる
  • 各通貨ペアの特性を理解できていない
  • 急な価格変動リスクが高まる

特に初心者は、まずは取引しやすい一つの通貨ペアに絞って取引することが賢明です。米ドル/円は日本人に馴染みが深く、関連情報が豊富で値動きも比較的安定しているため、FX初心者におすすめの通貨ペアです。

複数の通貨ペアに手を出しすぎると、それぞれの経済指標や市場動向を把握するのが難しくなります。結果として、適切なエントリー・デイトリーのタイミングを見失い、無駄なロスカットに見舞われる可能性が高まります。

FXに慣れてきたら、徐々に他の通貨ペアの取引を検討するとよいでしょう。しかし、初心者の段階では、一つの通貨ペアに集中して取引ルールを身につけることが、将来的な成功への近道となります。

常にポジションを持ち続けて損失が広がる

FX初心者の多くは、ポジションを持ち続けすぎて大きな損失を被ってしまう傾向があります。相場が自分に不利な方向に動いても、「このうち反転するだろう」と期待を抱き、損切りをせずにポジションを持ち続けてしまうのです。

しかし、相場は常に変動しており、思惑通りに動いてくれるとは限りません。損失が一定の水準を超えた時点で、冷静に損切りをする判断力が必要不可欠です。損失が大きくなればなるほど、感情的になり合理的な判断ができなくなるリスクが高まります。

FX取引では、「勝ちトレードと負けトレードがある」ことを前提に冷静に対応することが大切です。損失が一定の水準を超えた時点で、感情に流されずに損切りをする習慣をつけましょう。損失を最小限に抑えることで、次のチャンスを待つことができます。

また、常にポジションを持ち続けることは、資金管理の面でも問題があります。資金の一部を拘束し続けることで、他の有望な取引機会を逃してしまう可能性があるのです。柔軟に資金を運用できるよう、必要以上にポジションを持ち続けないことが賢明です。

値動きが激しい時期に取引をして相場の変動に対応できない

FX初心者は相場の値動きが活発な時期に取引を行うことが多く、急激な変動に対応できずに失敗してしまいます。為替相場には一日の中でも値動きが大きくなる時間帯があり、ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる時間は特に変動が激しくなります。

この時間帯に取引を行うと、想定外の大きな値動きに見舞われ、損失が一気に膨らむ可能性があります。初心者は相場の変動に対応が遅れがちで、適切な売買判断ができずにいます。

また、重要な経済指標の発表時も相場の変動が大きくなるため、初心者は指標発表前に既にポジションを持っていると、リスクが高まります。指標の内容次第で大きく値動きするためです。

FX初心者は相場の環境認識が不足しがちなので、値動きが活発な時間帯や重要イベントの前後は取引を控えるなど、リスク管理が重要です。まずは値動きの小さい時間帯で取引に慣れ、徐々に難易度を上げていくことをおすすめします。

副業としてFXを始める時の注意点

副業としてFXを始める時の注意点に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

副業としてFXを始める時の注意点
  • 会社の就業規則でFXが禁止されていないか確認する
  • 本業に支障をきたさないようにメリハリをつけよう
  • 利益が出た時は確定申告をしよう
  • 大きな損失を出さないようにリスク管理をしよう
  • FXの勉強をしっかりしよう

それぞれ詳しく解説していきます。

会社の就業規則でFXが禁止されていないか確認する

会社員や公務員がFXを副業として行う場合、まず確認すべきは自身の就業規則です。

多くの企業では、営利を目的とした副業行為を制限または禁止しています。FXは外国為替証拠金取引と呼ばれ、利益を得ることを目的とした投資活動に該当するため、就業規則で副業として認められていない可能性があります。

就業規則で副業が認められている場合でも、事前に上司や人事部門に相談し、許可を得ることが賢明です。FXは時間とリスク管理が重要なため、本業に支障がないかどうかを確認する必要があります。

また、FXで得た利益には確定申告が必要となり、一定額を超えると課税対象になります。会社によっては、副収入の申告を義務付けている場合もあるので、就業規則を確認するとともに、税務対応についても理解しておく必要があります。

就業規則を無視して勝手にFXを行うと、場合によっては懲戒処分や解雇の対象となる可能性もあります。会社員や公務員がFXを副業として行う際は、まず就業規則を確認し、必要に応じて上司や人事部門に相談することが不可欠です。

本業に支障をきたさないようにメリハリをつけよう

FXは副業として認められる可能性が高いものの、本業に支障をきたさないよう注意が必要です。FXに夢中になりすぎて本業の仕事に影響が出れば、就業規則違反となる恐れがあります。

そのため、FXに費やす時間と本業の仕事にメリハリをつけることが重要です。勤務時間中はFXに気をとられず、仕事に集中することが大切です。終業後の時間や休日にFXに専念するなど、時間管理を徹底しましょう。

また、FXで大きな損失を被り、借金を抱えるようなことがあれば、金銭トラブルにつながる可能性があります。そうならないよう、余剰資金の範囲内で取引し、リスク管理を怠らないことが重要です。

FXは知識と技術が必要な投資です。デモトレードで十分に練習を重ね、さまざまな失敗を経験することで、リスクを最小限に抑えられるようになります。 本業に影響が出ないよう、メリハリをつけながら、着実にスキルを磨いていきましょう。

利益が出た時は確定申告をしよう

FXで利益を得た場合、確定申告をする必要があります。FXの利益は「先物取引に係る雑所得等」として扱われ、利益金額に応じて所得税と住民税が課税されます。

会社員の場合、FXの利益が年間20万円を超えると確定申告が必要になります。副業収入がない場合でも、FXの利益が20万円を超えれば申告が義務付けられています。

利益の計算では、FXの売買による為替差益とスワップポイントの収益を合算します。一方で、FX取引に係る経費(インターネット通信費の一部、FX関連書籍代、セミナー受講料など)は必要経費として控除できます。

損失が出た場合は、他の先物取引での損益と通算でき、残った損失は翌年以降3年間繰り越すことができます。

会社員や公務員は、FXの利益を給与所得とは別に申告する必要があります。利益を隠し立てすれば、税務署から指摘を受ける可能性がありますので、適切に確定申告を行いましょう。

会社に知られたくない場合は住民税の支払い方法を「普通徴収」にしよう

会社員や公務員がFXで副収入を得た場合、確定申告が必要になります。利益が20万円を超えると、雑所得として申告しなければなりません。

会社に知られたくない場合は、確定申告時に住民税の支払い方法を「普通徴収」に設定することをおすすめします。「特別徴収」を選ぶと、会社を通じて住民税が天引きされるため、前年度との差額が会社に知られてしまう可能性があります。

一方、「普通徴収」を選べば、住民税は直接納税所に支払うため、会社には副収入が露見しにくくなります。ただし、納期に遅れると延滞金が課されるリスクがあるので、期限を守る必要があります。

このように、副業でFXをする際は、確定申告と住民税の支払い方法に注意を払うことが重要です。適切な手続きを経ることで、トラブルを回避できます。

大きな損失を出さないようにリスク管理をしよう

FXは高いリターンが期待できる一方で、大きなリスクも伴います。副業としてFXを始める際は、リスク管理が非常に重要になります。適切なリスク管理をしないと、一時的な含み損に振り回されて大きな損失を被る可能性があります。

まずは自分の許容できるリスク範囲を明確にし、1回の取引で全資金の2%以上をリスクにさらさないよう心がけましょう。また、事前に損切りルールと利確ルールを決めておき、感情に流されずに機械的に売買することが大切です。

さらに、取引する通貨ペアは1つか2つのメジャー通貨に絞り、マイナー通貨は避けましょう。マイナー通貨は価格変動が大きく、初心者では適切な運用が難しいためです。 レバレッジも高すぎると危険なので、2〜3倍程度に抑えることをおすすめします。

FXで利益を出すには、ある程度の知識と経験が必要不可欠です。勘や感覚に頼った取引は避け、雇用統計などの経済指標や過去のチャートパターンを分析するなど、明確な根拠に基づいて取引するよう心がけましょう。

FXの勉強をしっかりしよう

FXは単なるギャンブルではなく、一定の知識と技術が必要な投資活動です。副業としてFXで成功するためには、しっかりと勉強する必要があります。

まずは基礎知識からしっかり学びましょう。FXの仕組み、専門用語、取引の種類、注文の方法など、基本的な事柄を理解することが大切です。FX会社が提供する無料の学習コンテンツや書籍、動画などを活用して基礎固めをしっかりと行いましょう。

次に実践的な学習が重要です。デモトレードを利用して、実際の取引に近い環境で練習することをおすすめします。デモトレードでは自己資金を使わずに、リスクを伴わずに取引の流れを体験できます。

さらに、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析など、相場の分析手法を学ぶことで、より高度な取引が可能になります。相場の動きを読み解く力が身につけば、利益を上げる確率が高まります。

FXは一朝一夕には習得できる投資活動ではありません。継続的な学習と経験の積み重ねが大切です。副業としてFXに取り組む際は、しっかりと勉強する姿勢を忘れずに、着実にスキルアップを目指しましょう。

FX初心者におすすめのFX会社8選

本章ではFX初心者におすすめのFX会社を8社ご紹介いたします。

スクロールできます
FX会社取引単位(最低資金目安)スプレッド(ドル/円)スワップ(ドル/円)通貨ペア数最大レバレッジ口座開設までの必要日数自動売買デモトレード詳細

GMOクリック証券
1,000通貨0.2銭284円20種25倍翌営業日×詳細はこちら

DMMFX
10,000通貨0.2銭241円21種25倍平日15時までの出金は翌営業日詳細はこちら

外為どっとコム
1,000通貨0.2銭290円30種25倍最短当日詳細はこちら

GMO外貨
1,000通貨0.2銭317円24種25倍最短当日詳細はこちら

SBI FXトレード
1通貨0.18銭247円34種25倍翌営業日詳細はこちら

ヒロセ通商
1,000通貨0.2銭170円54種25倍最短即日詳細はこちら

外為オンライン
1,000通貨1.0銭181円26種25倍翌営業日詳細はこちら

LINE FX
1,000通貨0.2銭239円23種25倍最短当日詳細はこちら

GMOクリック証券

FXネオ(GMOクリック証券)
取引単位(最低資金目安)1,000通貨
スプレッド(ドル/円)0.2銭
スワップ(ドル/円)284円
通貨ペア数20種
最大レバレッジ25倍
口座開設までの必要日数翌営業日
自動売買×
デモトレード

GMOクリック証券のメリット・デメリット

メリット
  • 現物株式の売買手数料が1日100万円まで無料
  • FXのスプレッドが狭く、スワップポイントが高い
  • GMOグループ株保有で売買手数料がキャッシュバック
デメリット
  • 単元未満株の取扱いがない
  • 外国株の取扱いがない
  • ロスカット時に1万通貨あたり500円の手数料がかかる

GMOクリック証券の特徴

GMOクリック証券は、FX取引に力を入れている大手ネット証券会社です。

FX取引では業界トップクラスの取引高を誇り、スプレッドが原則固定で業界最狭水準と低コストなのが特徴です。スマホアプリ「FXネオ」は使いやすいと評判で、MINKABU FX会社比較のスマホアプリランキングで1位を獲得しました。

口座開設・維持費用は無料で、少額の1万円から取引を始められます。チャートやテクニカル分析など充実のトレードツールが利用でき、初心者からベテランまで幅広い投資家に選ばれています。

FXのほかにも、株式や投資信託、CFD、バイナリーオプションなど多彩な金融商品を取り扱っており、投資スタイルに合わせて選べるのも魅力です。安心と信頼の大手GMOグループの一員として、お客様の資産運用をサポートしています。

DMMFX

DMMFX
取引単位(最低資金目安)10,000通貨
スプレッド(ドル/円)0.2銭
スワップ(ドル/円)241円
通貨ペア数21種
最大レバレッジ25倍
口座開設までの必要日数平日15時までの出金は翌営業日
自動売買×
デモトレード

DMMFXのメリット・デメリット

メリット
  • 日本トップクラスのFX口座数を誇る
  • 株式投資やCFDも取引可能な投資の幅広さ
  • 取引に応じてポイントが付与される
デメリット
  • 最低取引単位が1万通貨と少額取引に不向き
  • 自社アナリストがいないため分析力に欠ける
  • スキャルピングが禁止されている

DMMFXの特徴

DMM FXは、日本の大手企業グループが運営する安心の国内FX会社です。業界トップクラスの狭いスプレッドと手数料無料のアクティブトレードに適しています。原則固定スプレッド0.2銭で取引でき、多機能なPCツールやスマホアプリを完備しています。

初心者の方にも分かりやすいシンプルな操作性と、取引経験者の方にも満足いただける高機能性を兼ね備えています。最短即日でお取引が可能で、デモ口座も用意されているので、まずは無料で練習することができます。

外為どっとコム

外為どっとコム
取引単位(最低資金目安)1,000通貨
スプレッド(ドル/円)0.2銭
スワップ(ドル/円)290円
通貨ペア数30種
最大レバレッジ25倍
口座開設までの必要日数最短当日
自動売買×
デモトレード

外為どっとコムのメリット・デメリット

メリット
  • 情報量が豊富で初心者向けの学習コンテンツが充実している
  • 業界最狭水準のスプレッドで取引コストが抑えられる
  • 30種類以上の豊富な通貨ペアで取引できる
デメリット
  • スキャルピングが非推奨で、過度な場合は口座凍結の可能性がある
  • 株や投資信託の取り扱いがない
  • 一部の通貨ペアでスリッページ(注文価格と約定価格のズレ)が発生しやすい

外為どっとコムの特徴

外為どっとコムは、FX取引に適した様々なサービスを提供しています。初心者の方でも安心して取り組めるよう、FX知識を学べるセミナーや基礎的な情報が充実しています。また、スマートフォンアプリが使いやすく設計されており、始めやすい環境が整っています。

上級者の方向けには、業界最狭水準のスプレッドと高金利通貨のスワップポイントが魅力です。マーケット情報も充実しており、取引の機会を逃さずに活用できます。口座開設が簡単で最短当日からの取引が可能です。本人確認書類を用意すれば、スマートフォンで手続きを完了できます。

GMO外貨

GMO外貨
取引単位(最低資金目安)1,000通貨
スプレッド(ドル/円)0.2銭
スワップ(ドル/円)317円
通貨ペア数24種
最大レバレッジ25倍
口座開設までの必要日数最短当日
自動売買×
デモトレード

GMO外貨のメリット・デメリット

メリット
  • 最低取引単位が1,000通貨と少額から取引可能
  • スプレッドが狭く、取引コストが抑えられる
  • スマホアプリが使いやすく、手軽に取引できる
デメリット
  • スワップポイントの差が大きい
  • 情報コンテンツが少なく、情報収集が不便
  • 相場の急変時にスプレッドが広がる可能性がある

GMO外貨の特徴

GMO外貨は、FX取引に特化したサービスを提供しています。主な特徴は以下の通りです。

業界最狭水準のスプレッドと高水準のスワップポイントにより、取引コストを抑えられます。少額資金からFX取引を始められ、手数料無料で電話サポートも受けられます。GMOインターネットグループの上場企業で、顧客資産は信託保全されているため安心感があります。スマホアプリやPCツールが使いやすく、チャート分析機能や各種レポートが充実しています。FXに加えてCFDやバイナリーオプションの取り扱いもあり、豊富な銘柄を取り揃えています。[1][2][3]

SBI FXトレード

SBI FXトレード
取引単位(最低資金目安)1通貨
スプレッド(ドル/円)0.18銭
スワップ(ドル/円)247円
通貨ペア数34種
最大レバレッジ25倍
口座開設までの必要日数翌営業日
自動売買×
デモトレード

SBI FXトレードのメリット・デメリット

メリット
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 最低取引単位が1通貨から可能
  • 手数料無料
デメリット
  • スキャルピングには向かない
  • デモ口座がない
  • 取引ツールが使いにくい

SBI FXトレードの特徴

SBI FXトレードは、SBIグループが運営する外国為替証拠金取引サービスです。豊富な取扱通貨ペア数で、34通貨ペアを取り扱っています。初心者から上級者まで、幅広いトレーダーのニーズに対応できます。

最小取引単位は1通貨からと手頃で、クイック入金であれば入金手数料も無料です。24時間取引が可能なため、世界中の市場の動きに素早く対応できます。デモ口座を用意しているので、本番の取引に備えて練習することができます。

スマートフォンアプリも提供しており、いつでもどこでも取引できる環境が整っています。日本の金融庁から認可を受けた安心の運営体制で、初心者の方も安心して取引を始められます。

ヒロセ通商

LION FX【ヒロセ通商】
取引単位(最低資金目安)1,000通貨
スプレッド(ドル/円)0.2銭
スワップ(ドル/円)170円
通貨ペア数54種
最大レバレッジ25倍
口座開設までの必要日数最短即日
自動売買×
デモトレード

ヒロセ通商のメリット・デメリット

メリット
  • 取扱通貨ペアが54種類と豊富
  • キャンペーンが多彩で魅力的
  • PCツールやアプリの機能性が高い
デメリット
  • 売りポジションでマイナススワップが発生
  • マイナー通貨のスプレッドが広め
  • 株式や投資信託の取扱いがない

ヒロセ通商の特徴

ヒロセ通商は、FX専門業者として長年の実績があり、オリコン顧客満足度ランキングでも8年連続1位に選ばれています。主な特徴としては、54種類の豊富な通貨ペアと、パソコン・モバイル合わせて14種類の取引ツールを提供していることがあげられます。

また、毎月ユニークなキャンペーンを実施しており、株主優待としても人気の食品が自宅に届くサービスがあります。初心者から上級者まで、幅広いトレーダーのニーズに応えられる充実したサービスが用意されています。

外為オンライン

外為オンライン
取引単位(最低資金目安)1,000通貨
スプレッド(ドル/円)1.0銭
スワップ(ドル/円)181円
通貨ペア数26種
最大レバレッジ25倍
口座開設までの必要日数翌営業日
自動売買
デモトレード

外為オンラインのメリット・デメリット

メリット
  • 初心者向けの自動売買サービス「iサイクル2取引」がある
  • 取引に役立つ豊富な投資情報が提供されている
  • スマホアプリで気軽にFX取引ができる
デメリット
  • スプレッドが比較的広く、取引コストが高め
  • スワップポイントが低く、スワップ狙いには不向き
  • 自動売買以外の取引ツールの評価が高くない

外為オンラインの特徴

外為オンラインは、FX取引に特化したサービスを提供する老舗のFX会社です。初心者から上級者まで幅広いトレーダーに人気で、スプレッドが業界最狭水準と低コストなのが特徴です。取引ツールは使いやすいものが揃っており、多彩な通貨ペアやCFD取引にも対応しています。

口座開設や入出金手続きがオンラインで完結するため、来店不要で気軽に始められるのもメリットです。セミナーやデモトレードなどの教育コンテンツも充実しており、サポート体制も万全。FXを副業として始めたい方におすすめできる、信頼できる会社の一つと言えるでしょう。スマホアプリにも対応しているので、いつでもどこでもお好きなタイミングでトレードが可能です。

LINE FX

LINE FX
取引単位(最低資金目安)1,000通貨
スプレッド(ドル/円)0.2銭
スワップ(ドル/円)239円
通貨ペア数23種
最大レバレッジ25倍
口座開設までの必要日数最短当日
自動売買×
デモトレード×

LINE FXのメリット・デメリット

メリット
  • スマホアプリで手軽にFX取引ができる
  • LINEと連携し、経済指標や相場変動の通知を受け取れる
  • スワップポイントが高水準で長期保有に向いている
デメリット
  • 取扱い通貨ペアの種類が少ない
  • PCツールの機能が他社に比べて劣る
  • 口座開設時の本人確認で制限がある

LINE FXの特徴

LINE FXは、LINEアプリから直接FX取引ができるサービスです。直感的な操作性で、FX初心者から上級者まで使いやすいスマホアプリです。経済指標や相場の変動などをLINEで通知してくれるので、タイミングを逃さずに取引できます。

PC版の高機能取引ツール「LINE FX Pro」も用意されており、テクニカル指標が21種類と充実したチャートや、ストリーミング注文の1クリック発注など、本格的なFX取引に対応しています。LINEの親しみやすいUIと、手軽に始められる点が特徴的です。

自動売買取引でおすすめのFX会社4選

自動売買取引でおすすめのFX会社に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

自動売買取引でおすすめのFX会社
  • みんなのシストレ【みんなのFX】
  • トライオートFX【インヴァスト証券】
  • iサイクル2取引【外為オンライン】
  • 100円から自動売買【松井証券】

それぞれ詳しく解説していきます。

スクロールできます
FX会社取引単位(最低資金目安)スプレッド(ドル/円)スワップ(ドル/円)通貨ペア数最大レバレッジ口座開設までの必要日数自動売買デモトレード詳細

みんなのシストレ【みんなのFX】
1,000通貨0.2銭255円33種25倍最短当日詳細はこちら

トライオートFX【インヴァスト証券】
1,000通貨0.3銭226円20種25倍最短当日×詳細はこちら

iサイクル2取引【外為オンライン】
1,000通貨1.0銭181円26種25倍翌営業日詳細はこちら

100円から自動売買【松井証券】
1通貨0.2銭244円20種25倍最短3日詳細はこちら

みんなのシストレ【みんなのFX】

みんなのシストレ【みんなのFX】
取引単位(最低資金目安)1,000通貨
スプレッド(ドル/円)0.2銭
スワップ(ドル/円)255円
通貨ペア数33種
最大レバレッジ25倍
口座開設までの必要日数最短当日
自動売買
デモトレード

みんなのシストレ【みんなのFX】のメリット・デメリット

メリット
  • 優秀なトレーダーの取引をコピーできる
  • 24時間自動で取引できるので時間に縛られない
  • 初心者でも簡単に自動売買が始められる
デメリット
  • FX取引のスキルが身に付きにくい
  • 必ず利益が出るわけではない
  • スプレッド幅が広くなる可能性がある

みんなのシストレ【みんなのFX】の特徴

みんなのシストレは、トレイダーズ証券が提供するFX自動売買サービスです。実際にみんなのFXで取引しているトレーダーの売買シグナルに基づいて、24時間自動で売買を行います。

初心者でも簡単に始められるのが特徴で、優秀なトレーダーを選んで取引を開始するだけで、あとは自動で売買が行われます。スマホアプリでリアルタイムの取引状況を確認できるほか、プッシュ通知機能もあり、いつでもどこでも取引の様子が分かります。最小取引単位が1,000通貨からと少額から始められ、最低証拠金も5,000円程度と手軽に自動売買を体験できます。

トライオートFX【インヴァスト証券】

トライオートFX【インヴァスト証券】
取引単位(最低資金目安)1,000通貨
スプレッド(ドル/円)0.3銭
スワップ(ドル/円)226円
通貨ペア数20種
最大レバレッジ25倍
口座開設までの必要日数最短当日
自動売買
デモトレード×

トライオートFX【インヴァスト証券】のメリット・デメリット

メリット
  • 優秀なトレーダーの自動売買プログラムを選択できる
  • FX初心者でも24時間自動売買が可能
  • 少額の1,000通貨単位から取引可能
デメリット
  • 自分でFXの知識・スキルが身につきにくい
  • 必ずしも利益が出るわけではない
  • 一部の通貨ペアでスプレッドが広い

トライオートFX【インヴァスト証券】の特徴

トライオートFX【インヴァスト証券】は、FXの自動売買に特化したサービスを提供しています。初心者でも簡単に始められる自動売買セレクトでは、プロが設定したロジックを選ぶだけで取引ができます。一方、上級者向けには自分でトレードルールを作成できるビルダー機能も用意。

FXだけでなくETFの取引もでき、リスク分散にも対応。スプレッドは業界最狭水準で、スワップポイントも高水準です。充実のサポート体制で、投資のお悩みにも親身に対応してくれるのが特徴です。副業でFXを始めたい方におすすめの会社と言えるでしょう。

iサイクル2取引【外為オンライン】

外為オンライン
取引単位(最低資金目安)1,000通貨
スプレッド(ドル/円)1.0銭
スワップ(ドル/円)181円
通貨ペア数26種
最大レバレッジ25倍
口座開設までの必要日数翌営業日
自動売買
デモトレード

iサイクル2取引【外為オンライン】のメリット・デメリット

メリット
  • 24時間自動で取引を繰り返してくれる
  • 初心者でも簡単な設定で始められる
  • 過去の利益実績が良い設定をコピーできる
デメリット
  • 注文ごとに取引手数料が発生する
  • スプレッドが広く取引コストが高い
  • 夜間のサポートに対応していない

iサイクル2取引【外為オンライン】の特徴

iサイクル2取引は外為オンラインが提供するFXの自動売買サービスです。事前に想定した変動幅の範囲内で値動きから連続して利益確定を狙う仕組みとなっています。相場の上下動に追従し、トレンドに応じて自動で売買を判断します。

忙しい方でも気軽に取り組めるフルオート運用が可能です。変動幅内を行き来する値動きから中長期的に利益を積み上げていくことを狙っています。

松井証券

MATSUI FX
取引単位(最低資金目安)1通貨
スプレッド(ドル/円)0.2銭
スワップ(ドル/円)244円
通貨ペア数20種
最大レバレッジ25倍
口座開設までの必要日数最短3日
自動売買
デモトレード

松井証券のメリット・デメリット

メリット
  • 少額から始められる(100円から可能)
  • 手数料無料でコストが抑えられる
  • 初心者でも簡単に自動売買が行える
デメリット
  • 知識が身につきにくい(システム任せ)
  • 急な相場変動で損失リスクがある
  • 自動売買ツールの設定が難しい場合がある

松井証券

松井証券は、FXの自動売買サービスを提供しています。100円からの少額投資が可能で、初心者でも気軽に始められます。自動売買プログラムを利用することで、24時間体制で売買を行えるため、手動での売買に比べて効率的です。自動売買プログラムは、過去の取引データを分析し、最適な売買タイミングを判断するため、一定の利益を狙えます。

ただし、自動売買にはリスクも伴うため、事前に十分な理解が必要です。松井証券では、自動売買の仕組みや注意点を解説した資料を用意しており、初心者でも安心して始められるよう配慮されています。

FXに関するよくある質問

FXに関するよくある質問関しては、主に以下の内容が挙げられます。

見出し入見出し入れる
  • FXで月5万円稼ぐためのポイントを教えてください。
  • FXで利益が出ても確定申告してない人が多いと聞きますが、確定申告の義務はありますか?

それぞれ詳しく解説していきます。

FXで月5万円稼ぐためのポイントを教えてください。

FXで月5万円の利益を狙うには、一定のリスク管理と投資スタイルが重要です。まずは取引資金を適切に設定し、1取引あたりのリスク許容額を決めましょう。例えば、10万円の資金で運用する場合、1取引のリスクは1%以内に抑えるのが無難です。

次に、デイトレードよりもスイングトレードに適した通貨ペアを選び、中期的な値動きを狙うことをおすすめします。為替レートの変動が大きい通貨ペアを選び、適切なエントリーポイントとリスク許容範囲内のロットサイズで取引を行えば、月5万円は現実的な目標となります。

また、FXの基礎知識を学び、チャート分析力を高めることも欠かせません。トレンドラインやサポートラインなどを活用し、売買のタイミングを見極める力が重要です。デモ口座で練習を重ね、自分に合ったトレード手法を確立しましょう。

FXで利益が出ても確定申告してない人が多いと聞きますが、確定申告の義務はありますか?

はい、FXで利益が出た場合は確定申告の義務があります。FXの利益は「先物取引に係る雑所得等」として課税対象となり、一定額を超えると確定申告が必要になります。

具体的には、会社員や公務員などの給与所得者は、FXの利益が年間20万円を超えた場合に確定申告が義務付けられています。一方、専業主婦や学生など、FXが唯一の収入源の場合は、利益が48万円を超えると確定申告が必要になります。

FX会社には取引データを税務署に報告する義務があるため、利益を隠し確定申告をしないと、重加算税などのペナルティが課される可能性があります。利益があれば必ず確定申告を行い、所得税と復興特別所得税を納めましょう。

まとめ

FXは副業禁止のサラリーマンでも可能な副収入源です。 会社員や公務員は、リスク管理を徹底し、取引時間を工夫することで、本業に影響を与えずにFXで収益を上げられます。

具体的には、デイトレードよりもスイングトレードに適しています。 取引ツールとしてEA(自動売買ツール)を活用すれば、リアルタイムの注視が不要になり、効率的に運用できます。

FX会社の選定やEA選びにも注意が必要です。まずは少額から始め、ノウハウを蓄積しながら徐々に取り組む規模を広げていくことをおすすめします。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - FX・為替編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - FX・為替編集部 株式会社ふるさと本舗 - FX・為替チーム
目次