FX初心者が低リスクで始めるなら少額投資がおすすめ!5万円や10万円の適正ロットも紹介

サラリーマン

FX初心者が低リスクで始める方法って何?

サラリーマン

FX初心者におすすめの適性ロットって?

サラリーマン

低リスクで1日5,000円稼ぎたいけどできる?

こんな悩みを抱えてはいませんか?

この記事では、初心者がFXを低リスクで始める方法について解説しています。

必要な最低資金や初心者に適正なロット数を解説しているので、参考にしてください。

結論、FX初心者は少額から始めるのがおすすめです

低リスクで始めるのにおすすめの証券会社も利用して、安全にFXを始めましょう。

\ FX会社選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめできる人取引単位手数料通貨ペアスプレッドFXアプリスワップポイント最短開設日
GMOクリック証券 ロゴ画像
GMOクリック証券
公式サイト当サイト人気No.1口座
アプリが便利で5,000円から取引可能!
投資未経験から上級者の誰にでもおすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
20種類米ドル/円:0.2銭非常に
使いやすい
安定的で高水準最短当日
GMO外貨 ロゴ
GMO外貨(外貨ex)
公式サイトスワップポイントが高く
入出金・取引手数料の全てが無料!
初めての人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
24種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
DMMFX ロゴ画像
DMM FX
-30分で口座開設!
今すぐ取引を始めたい人におすすめ
10,000通貨
(約10万円〜)
入出金/
取引手数料0円
21種類米ドル/円:0.2銭使いやすい高水準最短30分
SBIFXトレード ロゴ画像
SBIFXトレード
-スプレッドが他社比較して最狭水準
数百円から始めたい人におすすめ
1通貨
(約500円〜)
入出金/
取引手数料0円
34種類米ドル/円:0.2銭-安定的で高水準最短即日
 LINEFX ロゴ画像
LINE FX
-LINEにお得情報たくさん届く
気軽に取引したい人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
23種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
※一部例外あり
目次

初心者がFXを始めるのに必要な最低資金

初心者がFXを始める際に気になるのが「どれくらい資金を用意すれば良いか」ということでしょう。

結論から言うと、FXで必要な最低資金は取引通貨の種類と量によって異なります。

ここでは、初心者がFXを始める際に必要となる最低資金を紹介します。

最小取引量1万通貨の業者は約5万円

「DMM FX」のように、最小取引量が10,000通貨の業者で始める場合は、約50,000円から始められます。

ただし、約50,000円で始められるのは、レバレッジを25倍かけた場合に限ります。

最低取引量10,000通貨のFX業者を選ぶメリットは、最初からまとまった金額を投資することで、緊張感を維持して取引できることです。

投資額が少なすぎると、負けた際の損失額も少なく済みます。

それは資産を守る点において優れていますが、「負けても損をしないからいいや」と考えるきっかけにもなり得ます。

一日でも早くFXの仕組みや戦術を学びたい人は、50,000円の最低資金から始めてみましょう。

最小取引量1,000通貨の業者は約5,000円

「LINE FX」や「GMOクリック証券」のように、最小取引量1,000通貨の業者を選んだ場合の最低資金は約5,000円です。

米ドル/円の取引の場合、レバレッジを25倍かけることで、約5,000円=約115,000円分の取引が可能になります。

約5,000円の取引でFXを始めるメリットは、たとえ失敗しても大損する心配がないことです。

しかし、失敗しても失敗したという意識が薄くなりがちなので、常に自分を律する力が必要になるでしょう。

「FXが自分に合っている投資方法なのかを知りたい」と考えている方は、1,000通貨、約5,000円からの投資を始めてみましょう。

新興国通貨の場合はもっと安く始められるがおすすめしない

南アフリカ・ランドやインド・ルピーなどの新興国通貨で始める場合、メジャー通貨よりももっと少ない資金で始められます。

しかし、新興国通貨でFXを始めるのは、初心者にとって得策ではありません。

おすすめしない理由としては、円高で為替差額が発生することと、為替手数料が高いことが挙げられます。

また、経済的に不安定なこともあり、チャートが読みづらいこともデメリットの一つです。

昨日まで順調に上がっていたのに突然暴落するようなケースもあり得るため、損をする確率も高いです。

初心者の内は、米ドル/円や豪ドル/円などのメジャー通貨から挑戦しましょう。

FX初心者が低リスクで始めるには適正ロットでの取引がおすすめ

FX初心者は、知識不足や実践不足で思わぬ失敗をしがちです。

失敗のリスクを極力減らすためには、取引の適正ロットを知ることが不可欠です。

10,000通貨と1,000通貨の適正ロットについては、次にまとめています。

1万通貨は元手30万円で1Lotの取引が適正

10,000通貨で取引を始める場合は、30万円の証拠金で1Lot(=10,000通貨分)の取引がおすすめです。

この場合の実効レバレッジは、次の式で計算できます。

基準レート×取引数量÷入金した資金=レバレッジ
100円×10,000通貨÷300,000円=3.333…(3倍)

レバレッジは、高くなればなるほど高い利益を狙えますが、その分リスクも大きくなります。

そして、レバレッジは自分で自由に設定できるものではなく、必要証拠金に対するLot数で調整するものだと留意することが大切です。

レバレッジ3倍で行う取引は、証拠金がなくなりロスカットされるリスクも少なく、またレートが下がった際の損失額も少なく済むので、初心者に最も合っている倍率だと言えるでしょう。

1,000通貨では10万円で3Lotの取引が適正

10,000通貨よりも一桁少ない1,000通貨で取引を行う場合は、100,000円の証拠金で3Lotの取引から始めましょう。

この場合の実効レバレッジは、次の通りです。

基準レート×取引数量÷入金した資金=レバレッジ
100円×1,000通貨÷100,000円=1(1倍)

1倍の実効レバレッジで始めるFX取引は、長期的な資金形成を狙う投資方法です。

FX取引の中でも最も金銭的リスクが少ない点がメリットですが、反対に大きな利益を上げることは難しいと言えるでしょう。

しかし、大きな損失や利益がないからこそ、失敗に怯える必要がなく、また自信過剰になる心配もありません。

「学びながらFXをしたい」「短期の利益ではなく、長期的な目で見て稼げればいい」と考えている人は、実効レバレッジ1倍の取引方法で始めてみましょう。

FX初心者が低リスクで1日5,000円稼ぐ方法

FXでは、初心者でも低リスクで1日5,000円稼ぐ方法があります。

次では、稼げる仕組みと具体的な数字を交えながら解説します。

1Lot1万通貨で1日50pipsの利益

FXで1日5,000円稼ぐための方法は単純です。

10,000通貨1Lotの取引で、1日50pips勝てばよいのです。

pips(percentage in point)とは、買値と売値の差を指す単位のことで、FXの共通単位として使われる言葉です。

米ドル/円において1pipsとは0.01円(1銭)を指し、100pipsで1円換算となります。

つまり、1万通貨の取引を行った際の1pipsは100円です。

1万通貨で50pips勝つことができれば、5,000円の利益を上げることができます

元手100万円で3Lotの取引が現実的

元手となる資金が100万円分あるならば、3Lotの取引がおすすめです。

3Lot投資すれば、1pips勝つごとに利益が300円つきます。

つまり、1日20pips勝つだけで、5,000円の利益を出すことができるのです。

元手100万円で始める3Lotの取引は、実効レバレッジが3~4倍の範囲に収まるため、比較的安全な投資方法だと言えるでしょう。

FX初心者が低リスクで始める際の注意点

FX初心者が低リスクで投資を始めるためには、次の5つのポイントに気を付けることが大切です。

実際に投資を始める前に、次の5つのルールを意識してデモトレード機能で練習してみるとよいでしょう。

レバレッジを掛け過ぎない

初心者はレバレッジを掛け過ぎないことが大切です。

レバレッジとは「てこの原理」のことで、少ない資金で多額の外国為替取引を行うための仕組みです。

1倍~25倍までの範囲があり、証拠金額に対するLot数で実効レバレッジが決まります。

レバレッジが高ければ高いほど、一度の取引で高い利益を得られます。

また、少ない資金で高い取引をできる点もメリットです。

しかし、一度で多額の利益を得られるということは、負けた時の損失額も大きいことを表します。

特に初心者の内はFXに対する知識が低いあまり、失敗するリスクも高いものです。

最初はレバレッジを1~3倍に留めておき、慣れてきたら5~10倍に挑戦してみましょう。

損切りルールを決める

取引を始める前に、損切りルールを決めることも大切です。

損切りとは、負けている状態で強制ロスカットが働く前に、任意のタイミングで売ることです。

損切りをすることで、立て直しが難しい程の損失を被るリスクを減らせます。

FXで負けてしまう人の特徴として、「また上がるはず」と期待して損切りができず、損失が膨らむことがあります。

そのため、あらかじめ「100円が99.5円になったら損切りする」などのマイルールを定め、それを厳守することが大切なのです

通貨ペアは1つに絞る

取引する通貨ペアを1つに絞ることも大切です。

FXには、米ドル/円や豪ドル/円、南アフリカ・ランド/円など、それぞれ異なる魅力を持つ通貨ペアが複数用意されています。

そのため、1つだけでなく、様々な取引を体験してみたくなる人が多いでしょう。

しかし、通貨ペアを増やすことで、勉強しなければならないことが増えたり、覚えなければいけない戦術などが増えたりしてしまいます。

つまり取引通貨ペアが増えるほど、自分自身で負けのきっかけを作るようなものなのです。

基本的に通貨ペアは一つに絞り、シンプルな取引を心がけましょう

ポジションを常に持ちたがらない

利益を出そうと張り切るあまり、ポジションを常に持ち続けることも危険です。

ポジションとは、通貨を買っているまたは売っている状態のことを指します。

常にポジションを持とうと思って取引をすると、売り時・買い時を正常に判断できなくなります。

そのため待つべきタイミングで、あまり良くない選択を招く可能性も高いです。

ポジションを持つ時間は最小限に留め、常に冷静にマーケットを分析することが大切です。

また、ポジションを持ったまま放置することも、知らない内に資産を減らすリスクとなるので、注意してください。

借金してまでFXをやらない

借金をしてまでFXをやらないことも、当たり前ですが大切なことです。

FXの取引をしていると、「次は勝てるはず」「もっと挑戦したい」と思うばかり、投資用外の貯金に手を出したり、最悪の場合借金をしたりする人も少なからずいます。

FXは資産を形成するための手段であり、ギャンブルではないことを常に留意しておきましょう。

FX初心者が低リスクで始められる証券会社

初心者がFX取引を低リスクで始めるためには、マイルールを厳守することだけでなく、最初の証券会社選びも重要です。

初心者が証券会社を選ぶ時は、1,000通貨または10,000通貨から始められる証券会社の内、サポートサービスなどが充実しているかどうかチェックしましょう。

次の3社は、初心者でも経験を積みながら利益を出せることに定評があるので、ぜひ検討してみてください。

FX初心者は低リスクを第一に取引しよう

初心者がFXを始める時に必要な資金は5,000~50,000円で、利用するFX業者の最低取引通貨によって異なります。

「GMOクリック証券」や「みんなのFX」であれば1,000通貨5,000円から、「DMM FX」をであれば10,000通貨50,000円となります。

ただし、5,000円、50,000円というのは、レバレッジを25倍かけた際に必要な資金のことです。

基本的に、初心者がFX取引を始める場合にレバレッジを25倍かけるのは危険で、適正は1~3倍です。

実効レバレッジはLotに対する証拠金額で決まるので、10,000通貨の場合は30万円の証拠金で1Lot、1,000通貨の場合は10万円の証拠金で3Lotから始めるのがおすすめです

初心者の適正ロットを知り、低リスクでFXを始めましょう。

監修・執筆者

目次