FXは大学生でも始められる?オススメのFX会社や始め方などを解説します

FXは18歳以上であれば口座開設や実際の取引を行うことができます。(FX会社によっては20歳以上としているところもあります。)

金融先物取引業協会が1,000人のトレーダーに対して行った調査データでは、学生の割合は1.6%と決して多くはありません。しかし、学生トレーダーの中にはFXで成功をし専業トレーダーとして年間数千万稼ぐという大人顔負けの成績を叩きだす方も。

社会人と比べ時間的な余裕があるゆえ、FXの勉強に割ける時間が多かったり、取引チャンスに巡り合える機会も多くなったりと、社会人よりも時間の側面でのアドバンテージはあると言えるでしょう。

本記事ではFXを始める時の方法やメリット・デメリット、税金事情等について解説いたします。記事の後半では大学生の方にオススメのFX会社も紹介しているため、ぜひ最後までお目通しください

この記事の結論
  • 18歳以上であればFX会社の口座開設~取引まで行うことができる
  • 口座開設時の審査はマネーロンダリング防止のために設けられているため、大学生だからと言って落とされることは無い
  • 最低取引単位が小さい会社を選び、数百円~数千円程度でトレードを初めてトレード感覚を養おう
  • トレードに慣れてきたら資金を徐々に追加して取引額を大きくしていこう
  • 月に1万円稼ぐには最低でも10万円~15万円は用意しておこう
  • オススメのFX会社は「SBI FXトレード」「MATSUI FX」「マネーパートナーズFX(nano)
  • 扶養に入っている場合、FXの収益が48万円を超えたら確定申告が必要となる

\ FX会社選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめできる人取引単位手数料通貨ペアスプレッドFXアプリスワップポイント最短開設日
GMOクリック証券 ロゴ画像
GMOクリック証券
公式サイト当サイト人気No.1口座
アプリが便利で5,000円から取引可能!
投資未経験から上級者の誰にでもおすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
20種類米ドル/円:0.2銭非常に
使いやすい
安定的で高水準最短当日
GMO外貨 ロゴ
GMO外貨(外貨ex)
公式サイトスワップポイントが高く
入出金・取引手数料の全てが無料!
初めての人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
24種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
DMMFX ロゴ画像
DMM FX
-30分で口座開設!
今すぐ取引を始めたい人におすすめ
10,000通貨
(約10万円〜)
入出金/
取引手数料0円
21種類米ドル/円:0.2銭使いやすい高水準最短30分
SBIFXトレード ロゴ画像
SBIFXトレード
-スプレッドが他社比較して最狭水準
数百円から始めたい人におすすめ
1通貨
(約500円〜)
入出金/
取引手数料0円
34種類米ドル/円:0.2銭-安定的で高水準最短即日
 LINEFX ロゴ画像
LINE FX
-LINEにお得情報たくさん届く
気軽に取引したい人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
23種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
※一部例外あり
目次

FXは大学生でも始められる

冒頭で解説した通り、法的には18歳以上であればFX会社で口座開設をすることや実際に取引することが可能です

FX会社によっては20歳以上を条件としている会社もあります。

口座開設の審査で「大学生だから」と言う理由で落とされることはほとんど無い

FX会社には口座開設に当たって所定の審査が設けられていますが、大学生だからと言って審査に落とされることはほとんどありません

クレジットカードやカードローン等と違い、収入等の経済状況が見られることはほぼ無いのです

FXの審査は、主にマネーロンダリング目的での利用を防止するために行われています。そのため、収入等の経済的情報はほぼ見られていないと言えるでしょう。

年収や職業等でマイナス評価を受けられることは無し!正直に記載しよう

「大学生で収入が安定していないから落とされてしまうかも…」「大学生だから取引量が少ないと思われて審査落ちにされてしまうかも…」と不安に思い、たまに年収や職業を偽って申し込んでしまう学生の方も少なくはありません。

虚偽の情報で申込をした場合、虚偽が判明した時点で審査落ちとされるのはもちろんの事、仮に審査が通ったとしても、その後取引停止を求められてしまいます

必ず正しい情報を記載するようにしましょう。

収入状況は見られないものの、会社によっては「予定している投資金額」と「金融資産」のバランスが見られることはあります。例えば予定している投資金額が1,000万円と記載しているにも関わらず、現在の金融資産を100万円と記載してしまっては、怪しく捉えられるでしょう。基本的に予定している投資金額は少なめに設定することをオススメします。

大学生でFXを始めるにはどれくらいの資金が必要?

FX会社によって最低取引単位は異なりますが、SBI FXトレードや松井証券は最低取引単位が1通貨で設定されているため、100円程度の資金から始めることもできます

「通貨」とはFXにおける取引単位のことを指します。米ドル円を10,000通貨取引するという事は、10,000ドル分の取引をするという意味になります。

そのため、FXの仕様やトレードの感覚が養えていない初期の頃は数千円程度で始めるのがオススメ。少額でのトレードを通して、自分の中で一定の取引ルールや勝ち筋等が定まってきてから追加で資金を入れると良いでしょう。

FXで使うお金は必ず生活の余剰資金を使って行いましょう。”失ってはいけないお金”で取引をしてしまうと、トレードの際、冷静さに欠けた判断をとってしまい失敗してしまう事がほとんどです。

月1万円を稼ぎたければ10万円~15万円程は用意しておきたい

毎月1万円を稼ぎたければ10万円~15万円ほどの軍資金は最低用意しておきましょう。取引のイメージとしては以下の通りです。

資金10万円を使って1カ月で1万円を稼ぐ取引イメージ
  • 軍資金:10万円
  • 取引ペア:米ドル円(1ドル145円想定)
  • 適用レバレッジ:10倍
  • 取引通貨量:6,800通貨
  • 1トレードあたりの利幅:10pips(0.1円)
  • 損益:6,800通貨×0.1円×15回=10,200円

先の前提条件であれば、10pips獲得するトレードを15回成功させれば1万円の収益を得られることができます。(得た収益をそのまま取引に当てれば、より少ない取引数・獲得pipsで達成できるでしょう。)

もちろん、適用レバレッジを上げれば、より少ないトレード数や獲得pipsで10,000円に到達することも可能です。しかし、レバレッジは上げれば上げるほど、それだけリスクも高まります。

よほど絶対的な自信がある局面で無い限り、レバレッジはせいぜい10倍程度に抑えておくことをオススメします

プロのトレーダーであっても全てのトレードで勝てるという事はありません。必ずトレードで負けてしまうことがあるでしょう。そのため、損小利大を意識して負けトレードでは如何に損失を抑えられるかが重要となります。

大学生におすすめのFX会社TOP3

大学生におすすめのFX会社は基本的に最低取引単位が小さい会社です。最低取引単位が1通貨や100通貨の場合、最低必要金額が少なく抑えられることはもちろんの事、細かな利益もすぐに複利運用できるため、効率よく運用することができます。

複利運用とは取引で得た利益を元本に加え、その合計した元本を基にさらに投資を行うことで収益効率を高める投資手法です。

今回は国内FX会社の中で1通貨や100通貨取引が行える会社だけをピックアップしご紹介いたします。いずれも大手の会社であるため、運営会社について心配はいりません。取引ツール等の仕様を見て、ご自身が扱いやすい会社を選ぶと良いでしょう

スクロールできます
サービス名SBI FXトレードMATSUI FXマネーパートナーズ
サービス画像SBI FXトレードMATSUI FX株式会社マネーパートナーズ
口座開設数約30万約140万約36万
スプレッド(ドル/円)0.09銭0.2銭0.2銭
スワップポイント(ドル/円)233円244円220円
最低取引単位1通貨1通貨100通貨
通貨ペア数34種類20種類28種類
口座開設にかかる日数最短当日最短3日最短1時間
電話の問い合わせ時間AM9:00~PM5:00
(祝日等除く)
AM7:00~PM24:00
(土日除く)
AM9:00~PM6:30
(土日除く)
キャンペーン口座開設&取引で最大およそ100万円キャッシュバック口座開設&取引で最大100万円キャッシュバック※3口座開設&取引で最大150万円キャッシュバック※3

SBI FXトレード

SBI FXトレード
SBI FXトレード
口座開設数約30万※1
スプレッド(ドル/円)0.09銭
スワップポイント(ドル/円)233円※2
最低取引単位1通貨
通貨ペア数34種類
口座開設にかかる日数最短当日
電話の問い合わせ時間AM9:00~PM5:00
(祝日等除く)
キャンペーン口座開設&取引で最大およそ100万円キャッシュバック
※1口座開設数は2020年9月末時点
※2スワップポイントは2023年10月18日時点
※3キャンペーンは2023年10月時点
おすすめポイント
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 業界最良水準のスワップポイント
  • 自信を持ってお勧めする取引ツール

SBI FXトレードは、0.09銭と業界最狭水準のスプレッドを提供することで、顧客に有利な取引環境を実現しています。

また、業界最良水準のスワップポイントにより、長期的な投資戦略にも対応。使いやすく高機能な取引ツールを提供し、初心者から上級者まで幅広いユーザーのニーズに応えています。

小数点以下4桁のレート表示や1ドルからのFX取引可能性など、細やかなサービス設計が特徴です。これらの特徴により、SBI FXトレードは多くのトレーダーに選ばれています。

MATSUI FX

MATSUI FX
MATSUI FX
口座開設数約140万※1
スプレッド(ドル/円)0.2銭
スワップポイント(ドル/円)244円※2
最低取引単位1通貨
通貨ペア数20種類
口座開設にかかる日数最短3日
電話の問い合わせ時間AM7:00~PM24:00
(土日除く)
キャンペーン口座開設&取引で最大100万円キャッシュバック※3
※1口座開設数は2023年3月時点
※2スワップポイントは2023年10月17日時点
※3キャンペーンは10月21日時点
おすすめポイント
  • 100円からの少額取引可能
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 初心者向けの使いやすい取引ツール

松井証券のFXサービスは、100円からの少額取引が可能で、少額予算で実践経験を積みながらFX取引に慣れていきたい方は安心して取引を始めることができます。

業界最狭水準のスプレッドを提供しており、米ドル/円では0.2銭からの取引が可能。これにより、スキャルピング取引を行う方はコストを抑えた効率的な取引ができます。

また、初心者にも使いやすいシンプルな取引ツールが提供されており、スピード注文機能やリアルタイム為替ボードなどが特徴です。これらのツールを活用することで、FX取引の初心者でも直感的に操作が可能。松井証券のFXサービスは、低コストで始められる点と使いやすさで、多くの投資家に選ばれています。

マネーパートナーズFX(nano)

マネーパートナーズ
株式会社マネーパートナーズ
口座開設数約36万※1
スプレッド(ドル/円)0.0銭
スワップポイント(ドル/円)220円※2
最低取引単位100通貨
通貨ペア数28種類
口座開設にかかる日数最短1時間
電話の問い合わせ時間AM9:00~PM6:30
(土日除く)
キャンペーン口座開設&取引で最大150万円キャッシュバック※3
※1口座開設数は2023年7月時点
※2スワップポイントは2023年10月17日時点
※3キャンペーンは2023年10月時点
おすすめポイント
  • 100通貨単位からの少額取引が可能
  • スプレッド0.0銭の提供
  • 高い約定力とスリッページなし

マネーパートナーズは、100通貨単位からの取引が可能で、少額からでもFX取引を始めることができるFXサービスです。

また、スプレッドが0.0銭という業界トップクラスの低さはマネーパートナーズの大きな魅力の1つです。これにより、スキャルピング取引を主軸とするトレーダーはより低コストで取引を行うことが可能になります。

他にもマネーパートナーズは高い約定力を持っており、スリッページや約定拒否が発生する可能性が低いため、トレーダーは安心して取引を行うことができます。シンプルで使いやすい取引ツールも提供されており、初心者から経験豊富なトレーダーまで幅広く対応しています。

大学生がFX取引を始めるまでの3ステップ

FX取引を始めるには、以下の3ステップを行う必要があります。

大学生がFXを始める手順3ステップ
  1. 口座開設するFX会社を選ぶ【選び方も紹介】
  2. FX会社で口座開設する【必要書類も紹介】
  3. 口座開設ができたら資金を入金して取引を始める

1.口座開設するFX会社を選ぶ【選び方も紹介】

まずは口座開設をするFX会社を選びます。国内の有名FX会社だけでも10社以上あり、それぞれの口座ごとに特徴があります。

大学生がFX会社を選ぶ際には以下のポイントを抑えておくと良いでしょう。

FX会社の選び方
  1. 最小取引単位の小さいFX会社を選ぶ
  2. スプレッドや取引コストの安いFX会社を選ぶ
  3. 取引ツール(スマホアプリ)が使いやすいFX会社を選ぶ

大学生のうちはアルバイトで稼いだ給料の一部を資金にして少額から始められるFX会社を選ぶ必要があります。

また、利益をなるべく多く残すにはスプレッドと呼ばれるいわゆる取引のコストをなるべく安く済ませましょう。

外出先でもFXトレードがしたい場合は各FX会社が提供している専用スマホアプリの使いやすさも重要です。

2.FX会社で口座開設する【必要書類も紹介】

口座開設するFX会社を決めたら実際に口座開設の手続きを進めましょう。

FXの口座開設には以下の2種類の書類が必要です。

本人確認書類マイナンバー
運転免許
証各種健康保険証又は共済組合員証
パスポート各種
福祉手帳(顔写真付き)
特別永住者証明書
印鑑登録証明書
住民票の写し又は住民票記載事項証明書
マイナンバーカード
マイナンバー通知カー
マイナンバー付住民票
マイナンバー付住民票記載事項証明書

口座開設フォームに必要情報を入力して提出すると審査が始まります。情報の漏れや誤りがなければ、先の通り審査に落とされることはほとんどありません。

3.口座開設ができたら資金を入金して取引を始める

無事に審査が終わり口座開設ができたら、入金をしてFX取引を始めましょう。

始めは値動きが安定している上、きちんとボラティリティのある米ドル/円の取引から始めるのがおすすめです。

ボラティリティとは価格変動の度合いを指します。値動きの激しい投資商品を「ボラティリティが高い」、値動きが低い投資商品を「ボラティリティが低い」等と言います。

慣れてきたら値動きの大きなポンド/円やオージー/円(豪ドル/円)を触ってみるのもおすすめです。

通貨は基本的に取引量の多い通貨を選びましょう。南アフリカランドドルや中国ドル等の新興国通貨は、貨幣価値が低いため一度に大きな通貨量で取引ができるものの、取引量が少ないためボラティリティが無い上、大口注文による急な相場変動を受けやすいため、初心者の方にはオススメできません。

大学生がFXを始める前に知っておくべき税金事情

大学生がFXを始める前に知っておくべき税金事情
  • 親族の扶養に入っている場合は収益が48万円を超えた時に確定申告が必要
  • 収益が103万円を超えると扶養から外されてしまう
  • 既に扶養から外れている場合は収益が20万円を超えた時に確定申告が必要
  • 損失分がある時は申告しておくと最大3年間の繰越控除が受けられる

親族の扶養に入っている場合は収益が48万円を超えた時に確定申告が必要

親族と同一世帯で扶養に入っている場合、FXの年間収益が48万を超えた際に確定申告が必要となります。48万円以下の場合であれば、申告の必要はありません。

FXの確定申告ラインと扶養から外れてしまう103万円ラインは別の話

扶養から外れてしまう基準として「給与収入が103万円以上」という話はよく聞くかと思います。そのため、「何故FXは48万円が申告ラインなの?」とゴチャつく方もいるかと思いますが、そもそも扶養に入れるかどうかという話と確定申告をしなければいけないかどうかという話は、全く別の話です

そのため、仮に48万円以上の収益をFXを出しているからと言って扶養から外れることはありません。ただ、当然ながら収益が103万円を超えた場合には扶養から外れてしまうため注意しましょう。

給与収入がある上、扶養から外れている場合には収益が20万円を超えた時に確定申告が必要

既にアルバイトやフリーランス等の稼ぎがあり扶養から外れている場合、FXでの収益が20万円を超えた際に確定申告が必要となります。

損失がでている場合は必ず申告をして繰越控除をしておいた方がお得

収益が逆にマイナスの人は必ず確定申告をした方が良いでしょう。義務ではありませんが、損失分を確定申告することで最大3年後まで「先物取引に係る雑所得等」の利益と相殺できます

例えば初年度に100万円の損失が出たとし、次年度に100万円分の利益が出たとします。この際、初年度にきちんと申告をしておけば次年度の100万円分の利益と相殺ができ、次年度の課税を抑えることができるのです。

一方で初年度に申告を怠っていると、次年度の申告時には100万円に対してきっちり課税がなされてしまいます。

大学生がFXを始めるメリット

大学生からFXを始めるメリットは主に以下の3つです。

大学生がFXを始めるメリット
  • 在宅でアルバイトより大きな金額を稼げる可能性がある
  • 経済・投資の勉強ができる
  • 就職活動でアピールポイントが増える

在宅でアルバイトより大きな金額を稼げる可能性がある

FXなら少額から始められて、アルバイトを超える収入が得られる可能性があります。

大学生は飲み会や趣味にこれまで以上にお金がかかる年代のため、アルバイトをしてお金を稼がなくてはなりません。

しかし、アルバイトは働いた時間に対して給料が支払われる雇用形態がほとんどのため、あらかじめ決められた時間の間は拘束されるルールです。

一方でFXなら好きな時間にチャートと向き合い、アルバイト以上のお金を稼げる可能性があります。月5万円を稼ぐロードマップは以下の記事で公開しています。

自由に使える時間とお金が増えれば大学生にとってこれ以上のことはないのではないでしょうか。

経済・投資の勉強ができる

大学生がFXを始めるメリットは、FXに向き合っている時間だけに留まりません。

FXで利益を稼ぐために行う経済や投資の勉強は、今後の人生においても必ず役に立ちます。

仮に今後FXをやめたり他の投資方法に切り替えるとしても、FXの経験は無駄にはなりません。

就職活動でアピールポイントが増える

FXの経験が就職活動のアピールポイントとして使える業界もあります。

特に金融業界では最低限の金融・経済の知識が求められます。

FXで利益を稼ごうとすれば、自ずと金融・経済の知識や最新の経済ニュースを追いかけざるを得ません。

FX業界に身を投じて早い段階からFX取引を始めておくと、就活においても有利に働くと言えます。

大学生がFXを始めるデメリット

メリットの反面、大学生からFXを始めることには一定のデメリットもあります。

大学生がFXを始めるデメリット
  • 親の扶養に入っている場合は税金面の仕組みが少し複雑
  • ハマり過ぎると学業に支障をきたす恐れがある
  • 大学生のFXは親にやめとけを言われる可能性がある

親の扶養に入っている場合は税金面の仕組みが少し複雑

大学生は基本的に親の扶養に入れられており、親の税金が安くなる仕組みになっています。

しかしもしあなたがFXで年間38万円以上の利益を稼ぐと親の扶養から外れてしまい、親が支払う税金が高くなったり、これまでと違う手続きが必要になります。

アルバイトの年間103万円の壁と同じように、FXでも年間38万円のラインを意識してトレードしましょう。

ほんの少し超えてしまったばかりに親の手を煩わせるより、超えないように調節するか、超えるなら大きく超えてしまう方が得でしょう。

ちなみに計算対象になる金額は年末最終日時点での利益金額。一時的に50万円稼げていても、その後20万円の損失を出したら最終利益は30万円になるためセーフです。

ハマり過ぎると学業に支障をきたす恐れがある

FXにハマりすぎて単位を落とす方も中にはいるでしょう。

FXのマーケットは特にニューヨーク市場が開いている日本時間の夜中から深夜が活発に値動きします。

ニューヨーク市場の値動きを狙って夜更かししたばかりに、翌朝の授業に出席できないなんてことのないように切り替えが大切です。

また、チャートが気になって他のことに集中できないというのもよくある話です。トレードする時間を絞って、短期で決済を終えるデイトレードやスキャルピングをするのも1つになります。

大学生のFXは親にやめとけを言われる可能性がある

大学生のうちからFXをすることに反対する親もいるかもしれません。

世間一般ではFXは危ないものという認識がまだまだ根強く残っています。

過去の金融危機の際には相場急変によってロスカットされ、多額の借金を負った人がテレビで取り上げられました。これによりFXはハイリスクな投資方法という認識が植えつけられています。

実際にはレバレッジを自分で調節しながらリスクコントロールできれば、一般的に認識されているほど危険なものではありません。

ただ、親の世代ではFXは危険なものとの認識がある方もいるでしょう。

まずは少額から試してみるなど折衷案を考えて提案してみるのがおすすめです。

大学生のFXで失敗する人と成功する人の差はある?

同じ大学生FXトレーダーの中にも、失敗する人と成功する人が必ずいます。

その差は学力や偏差値の差ではなく、FXトレードへの向き合い方や始める前の準備段階にあります。

成功する人と失敗する人の違いを3つまとめました。

大学生のFXで失敗する人と成功する人の差
  • ギャンブルのようにハイリスクな取引をしない
  • 取引する通貨や取引スタイルを事前に決める
  • 最新の経済状況やチャートを見ながら分析をする

ギャンブルのようにハイリスクな取引をしない

FXで稼いでいる人と失敗してしまう人の一番の差は、ギャンブルトレードの有無です。

順調に稼げていてもたった一度ギャンブルトレードをしてしまったばかりに、それまでの利益を全て飛ばしてしまう方を何度も見てきました。

逆にFXで稼げている人は利益が稼げる可能性の高い場面でしかトレードしません。

FXがギャンブルになってしまう人の特徴は高いレバレッジで取引してしまう人やマイナー通貨ペアで一攫千金を狙っている人です。

高いレバレッジの取引は、仮に予想通り値動きすれば大きく稼げますが、予想と逆行すればその分損失も大きいです。

マイナー通貨ペアも同様で、値動きが激しいため予想通り行けば利益が、予想が外れれば損失が大きくなる取引です。

FXに絶対はなく、絶対当たりそうに見える局面でも外れることを想定してトレードを進める必要があります。

このため仮に今回のトレードで負けても長期的に見ればトータルで勝てているような、長期目線の資金管理が必要なのです。

つまりギャンブルトレードに頼らず長期的な勝ちを目指せる人がFXで成功できる人の特徴と言えます。

取引する通貨や取引スタイルを事前に決める

FXを始める前に取引通貨ペアとトレードスタイルをある程度固めておくことも大切です。

通貨ペアにはそれぞれ値動きに特徴があり、どれか1つを極めた方が攻略しやすいためです。

初めてのFXにはドル円をおすすめします。日本で最も取引されている通貨ペアで値動きが安定しており、2カ国共に経済ニュースが収集しやすいことから中長期的な値動きの予想も立てやすいです。

ドル円を取引する場合は売り(ショート)のポジションをしばらく保有し続けると2023年中は利益を狙いやすいかもしれません。

アメリカの利下げと日本の利上げでドル円は中長期的に下落するとの見方が優勢になっています。

最新の経済状況やチャートを見ながら分析をする

FXで勝率をあげるにはトレードの根拠を導き出すための分析が欠かせません。

分析方法には2種類あり、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析に分けられます。

ファンダメンタルズ分析テクニカル分析
経済動向などのデータを分析対象とするチャートを分析対象とする

主に長期トレーダーほど本質的なファンダメンタルズ分析が必要となり、短期目線になるほどチャート分析だけでも十分なトレード根拠になります。

どちらのトレードスタイルを選ぶかによって重点的に勉強する分析方法を決めましょう。

大学生でFXを始める際の注意点2選

大学生がFXを始める際には特に以下の2点に注意してください。

大学生でFXを始める際の注意点2選
  • SNSの怪しい情報に惑わされてはいけない
  • 自動売買取引は避けるのがおすすめ

SNSの怪しい情報に惑わされてはいけない

SNSで見かけるFX関連情報は基本的に怪しいものとして考えておくと安全です。

SNSでよく見かけるのは値動きを予想して人を集めたり、収益画面の利益金額を投稿して注目を集めるアカウント。

実はそのほとんどが捏造された情報です。

ところが情報を精査できない方々は非公開の限定SNSグループに招待され、怪しい取引ツールなどを購入させられることもあります。

このため、基本的にSNSでの情報は信じないというスタンスでいた方が自身の大切なお金は守れます。

自動売買取引は避けるのがおすすめ

自動売買FXもなるべく避けた方が良いでしょう。まずは自分で取引してみた方がFXの勉強になります。

そして何より、FX初心者が自動売買を始めてもうまく稼ぐのは難しいです。

自動売買ではあらかじめシステムに売買させるルールを設定します。

初めはルールが設定されたプログラムを選ぶだけで稼働させることはできますが、相場の状況が変われば利益が狙える売買ルールも変わるため柔軟な対応が必要です。

つまり、ある程度FXが分からないと自動売買と言えども損失を出し続ける危険なツールになり兼ねないということです。

大学生のFXについてよくある質問

1~2万円程度から取引を始められるFX会社はどこがおすすめ?

最低取引単位が小さいSBI FXトレードや松井証券がオススメです。どちらも最低取引単位が1通貨であるため、100円程度でFXを始めることができます。

使わない方がいいFX業者や取引方法はある?

海外のFX業者はおすすめしません。中には預け入れた資金や利益を持ち逃げする悪徳な業者もあり、金融庁も警告を発出しているほどです。

また、FX初心者には自動売買もおすすめしません。勝てる売買ロジックを保つにはある程度の知識と経験が求められます。

【最後に】大学生におすすめのFX会社TOP3の一覧表・比較表

スクロールできます
サービス名SBI FXトレードMATSUI FXマネーパートナーズ
サービス画像SBI FXトレードMATSUI FX株式会社マネーパートナーズ
口座開設数約30万約140万約36万
スプレッド(ドル/円)0.09銭0.2銭0.2銭
スワップポイント(ドル/円)233円244円220円
最低取引単位1通貨1通貨100通貨
通貨ペア数34種類20種類28種類
口座開設にかかる日数最短当日最短3日最短1時間
電話の問い合わせ時間AM9:00~PM5:00
(祝日等除く)
AM7:00~PM24:00
(土日除く)
AM9:00~PM6:30
(土日除く)
キャンペーン口座開設&取引で最大およそ100万円キャッシュバック口座開設&取引で最大100万円キャッシュバック※3口座開設&取引で最大150万円キャッシュバック※3

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - FX・為替編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - FX・為替編集部 株式会社ふるさと本舗 - FX・為替チーム
目次