PR

部活のお金が払えない時はどうする?遠征やユニフォームなど部費の支払いの対処法を解説

部活のお金が払えない時の対策

部活動は学生生活の大切な一部ですが、遠征やユニフォームなどの費用負担が重くのしかかることがあります。家庭の経済状況によっては、部費の支払いが難しくなる場合もあるでしょう。

経済的な理由で部活動を諦めなければならないケースは避けたいものです。この記事では、そうした事態に陥らないための具体的な対策をわかりやすく解説していきます。

目次

部活のお金が払えないときの対処方法

部活のお金が払えないときの対処方法に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

部活のお金が払えないときの対処方法
  • 公的融資制度を活用する
  • 学校側へ相談を行う
  • 民間の教育ローンを利用する
  • 後払いサービスを利用する
  • 遠征費や道具など急な支払いが生じたときにはカードローンの利用がおすすめ

それぞれ詳しく解説していきます。

公的融資制度を活用する

部活動に参加するための費用を工面するのが難しい場合、公的融資制度を利用することができます。地方自治体によっては、生徒や保護者向けの教育ローンなどの制度が用意されていることがあります。

例えば、東京都では「東京都育英資金貸付制度」があり、経済的理由で修学が困難な生徒に対して無利子で資金を貸し付けています。

貸付対象経費には、授業料や教科書代のほか、部活動に係る費用も含まれます。貸付額は年間で35万円が上限となっています。卒業後は一定の期間内に返済する必要がありますが、利子は発生しないため、実質的な負担は軽減されます。

また、文部科学省が運営する「独立行政法人日本学生支援機構」でも、生徒や学生を対象とした教育ローンを提供しています。

この制度では、部活動費用だけでなく、学校納付金や生活費なども貸し付けの対象となります。利率は年0.01%と非常に低く設定されており、経済的理由で修学が困難な場合に活用できます。

まずは、居住地の自治体や学校に相談し、利用可能な公的融資制度があるかどうかを確認するのがよいでしょう

学校側へ相談を行う

部活動の費用が払えない場合、最初に取るべき行動は学校側に相談することです。学校には生徒の経済的な事情を把握し、適切な支援を行う義務があります。

先生や生徒指導担当者に率直に状況を説明し、協力を求めましょう。多くの学校では、経済的な理由で部活動費の支払いが困難な生徒に対して、減免措置や分割払いなどの配慮を設けています。

家庭の収入状況や兄弟の人数など、具体的な事情を開示することで、学校側も適切な対応ができるでしょう。また、学校によっては生徒会や後援会から部活動費の一部を補助する制度があるかもしれません。

教職員に積極的に情報を求め、利用できる支援策がないか確認しましょう。プライバシーが守られる範囲で、保護者にも協力を求めることをおすすめします。

まずは恥ずかしがらずに、学校の先生方に現状を伝えることが大切なスタートになります。

民間の教育ローンを利用する

教育ローンは、子供の教育費用を賄うために設計された専用のローンです。金利は比較的低く設定されており、長期の返済期間が設けられているため、毎月の返済額を抑えることができます。

教育ローンの利用を検討する際は、まず複数の金融機関の商品を比較し、自分の家計に合った条件のものを選ぶことが重要です。金利、借入限度額、返済期間、団体信用生命保険の有無など、細かな条件を確認しましょう。

また、利用目的が「部活動費用」に該当するかどうかも必ず確認が必要です。教育ローンを利用する最大のメリットは、毎月の返済額を平準化できることです。

部活動費用は一時的に高額になることがありますが、ローンを組むことで費用を分割払いできます。また、税制上の優遇措置もあり、一定額までは所得控除の対象となります。

一方で、ローンを利用することで将来的に利息分の追加負担が発生するというデメリットもあります。

教育ローンは長期にわたる返済が前提となるため、総返済額は元金を上回ることになります。家計への影響を十分に検討し、無理のない範囲で利用することが賢明でしょう。

後払いサービスを利用する

部活動の費用を一時的に払えない場合、後払いサービスを利用するのが一つの解決策です。後払いサービスとは、商品やサービスを先に受け取り、後から代金を支払うことができるシステムです。

多くの場合、一定期間の支払い猶予が設けられています。後払いサービスを利用することで、すぐに部活動費用を用意する必要がなくなります。

代わりに、給与日や収入があった際に支払うことができます。これにより、一時的な資金不足を乗り越えられます。ただし、延滞料や手数料が発生する可能性があるため、できるだけ早めに支払うことが賢明です。

後払いサービスを利用する際は、信頼できるプロバイダーを選ぶことが重要です。大手の決済サービスや金融機関が提供するものがおすすめです。

また、利用規約をよく読み、支払い期限や手数料などを確認しましょう。無理のない範囲で利用し、期限内に確実に支払えるよう計画を立てることが大切です。

遠征費や道具など急な支払いが生じたときにはカードローンの利用がおすすめ

部活動に関わる費用は、年間を通して様々な形で発生します。月々の会費のほか、遠征の際の交通費や宿泊費、新しい用具の購入費用など、予期せぬ出費が突然生じることもあります。そういった際に役立つのがカードローンです。

カードローンは、審査を通れば即座に借り入れが可能なローンサービスです。

借入限度額の範囲内であれば、必要な金額を自由に借りられます。返済方法も融通が利くため、臨時収入があった際に一括返済したり、月々の収支に合わせて返済額を調整したりと、自分のライフスタイルに合わせて計画を立てられます。

金利は業者によって異なりますが、無利息サービスを利用すれば実質的に無利子での借り入れが可能です。ただし無利息期間は通常30日程度と短いため、長期的な借り入れには向きません。

審査に通るかどうかは個人の収入状況によりますが、アルバイト収入があれば学生でも審査を通過できる可能性は高いでしょう。ただし、借りすぎには注意が必要です。

ふるさと本舗 カードローン編集部

カードローンは計画的に利用し、無理のない範囲で返済することが大切です。

カードローンは便利なサービスですが、利用し過ぎると借金地獄に陥ってしまう危険性もあるのです。

消費者金融であれば1万円からの少額融資に対応!即日融資で最短30分で借入ができる

消費者金融会社の多くは、1万円からの少額融資に対応しています。 審査が比較的簡便なため、申し込みから実際の融資までの期間が短縮されます。

中には最短30分で借り入れが可能なサービスもあり、緊急時の資金調達に役立ちます。ただし、消費者金融の利用には注意が必要です。

金利が比較的高めに設定されていることが多く、長期的な借り入れは返済額の増大につながる可能性があります。 そのため、一時的な資金需要に対処する目的で利用し、できるだけ早期の完済を心がけましょう。

本章ではおすすめの消費者金融をご紹介いたします。

スクロールできます
カードローン金利貸付限度額申込条件審査・融資までの時間無利息期間カードレスWeb完結毎月の返済額在籍確認詳細

アイフル
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
初回利用時のみ最大30日間4,000円~原則なし詳細はこちら

プロミス
4.5%~17.8%1万円~500万円満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
最短即日初回利用時のみ最大30日間1,000円~原則なし詳細はこちら

レイク
4.5%~18.0%1万円~500万円満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
Webで最短25分初回利用時のみ最大180日間4,000円~原則なし詳細はこちら

SMBCモビット
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
最短即日1,000円~原則なし詳細はこちら

アコム
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短20分初回利用時のみ最大30日間3,000円~原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
詳細はこちら

アイフル

アイフル
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 新規契約率が48.2%と高く、審査が通りやすい。
  • アプリのアイコンや名称を変更できるので周囲にバレにくい。
  • 銀行ローンもまとめられる独自のおまとめローン商品がある。
デメリット
  • 返済期間が長期化すると総返済額が高くなる。
  • 銀行系ではないので金利が高めの可能性がある

アイフルは、国内主要カードローン会社の一つです。借入金額は10万円から800万円まで幅広く対応しています。

最短即日の審査・借入が可能で、24時間365日の電話対応があり、便利に利用できます。金利は実質年率18.0%と業界平均より低めに設定されています。

借入期間は最長10年間で、月々の返済額を抑えられるのがメリットです。また、収入合算や残高スライド返済など、柔軟な返済プランを選べます。

さらに、アイフルは借換ローンにも対応しています。他社のローンを低金利に切り替えられるため、返済負担を軽減できます。

ただし、アイフルは審査が比較的厳しい会社でもあります。安定した収入と返済能力が求められ、学生や無職の方は借入が難しい場合があります。

プロミス

プロミス
金利4.5%~17.8%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 借入日の翌日から30日間無利息期間がある
  • スマホアプリで借入・返済がカードレスで完了する
デメリット
  • 金利が銀行カードローンより高め
  • 専業主婦は借入不可

プロミスは、カードローンサービスを提供する大手消費者金融会社です。長年の実績と信頼があり、審査の迅速さと借入れの簡便さが特長です。

最短30分で審査が完了し、借入限度額は最高500万円です。利用目的は自由で、教育費や医療費、レジャー費など、様々な用途に活用できます。

返済期間は最長10年間と長期に設定可能です。金利は年利15.0%~18.0%の範囲で、業界平均と比べて決して高くありません。

また、無利息期間が最長68日間設けられているため、短期の資金繰りにも適しています。さらに、プロミスでは収入合算や専業主婦でも審査を受けられるなど、幅広い層の方に門戸を開いています。

WEB完結で最短即日融資も可能なため、急な出費にも対応できます。審査に落ちた場合でも、理由開示制度があり、不透明な審査ではありません。安心して利用できるよう、債務整理や過剰借入れ防止の取り組みも行っています。

レイク

レイク
金利4.5%~18.0%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
審査・融資までの時間Webで最短25分
無利息期間初回利用時のみ最大180日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 最短15秒で審査結果が分かり、最短25分で融資可能
  • 借入額全額最大60日間無利息、または5万円まで180日間無利息
  • アプリでカードレスの借入・返済が可能
デメリット
  • 銀行系より利率が高め
  • コンビニATMで借入すると手数料が発生
  • 審査申込みの記録が信用情報に残る

レイクは、24時間365日対応の即日融資が可能なカードローンサービスです。最短30分で審査完了し、借入可能額は最大800万円。実質年率は4.8%から18.0%の範囲で、業界平均より低い金利設定となっています。

収入が一定額以上ある方は、申込時に収入証明書の提出は不要です。また、レイクはWEB完結で申込から契約締結まで完全オンライン対応しているため、面倒な書類準備や営業窓口への訪問は一切ありません。

さらに、借入額に応じて、キャッシングリボ払い手数料が最大3年間無料になるキャンペーンを実施中です。 定期的な収入があれば、学生でも申込が可能です。

審査の際には、他社のローン利用状況なども確認されますが、柔軟な審査体制を採用しているため、安心して申込みができます。

レイクは、金融庁の許可を得た信頼できる消費者金融会社が運営しています。分割払いなど、柔軟な返済プランも用意されているので、急な出費にも対応できます。 公式サイトには、過去の利用者の口コミも掲載されており、好評価が多数寄せられています。

SMBCモビット

SMBCモビット
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 最短10秒で簡易審査が可能で、最短30分で本審査が完了
  • 限度額が最大800万円と高額
  • WEB完結で在籍確認の電話がなく、プライバシーが守られる
デメリット
  • 実質年率が3.0%~18.0%と比較的高め
  • 提携ATMからの返済に手数料がかかる
  • 収入証明書類の提出が必要で、書類準備が面倒

SMBCモビットは、三井住友フィナンシャルグループが提供する消費者金融サービスです。審査が簡単で、スピーディーな借入が可能です。

借入金額は10万円から800万円まで幅広く対応しています。金利は実質年率3.0%から18.0%の範囲で、年収に応じて決定されます。

借入期間は1年から10年までと長期にわたり、目的に合わせて柔軟に設定できます。Web完結で申込みから契約までスムーズに進められ、最短で当日中に希望金額を受け取ることができます。

返済方法も多様で、口座振替や自動払込、コンビニ支払いなど、ライフスタイルに合わせて選択可能です。万が一の場合でも、収入減や失職時の返済条件変更制度があり、安心して利用できます。

SMBCモビットは、三井住友銀行の店頭やインターネットで申込みでき、銀行窓口での手続きも可能です。三井住友フィナンシャルグループの安心感と信頼性が評価されているサービスです。

アコム

アコム
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短20分
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額3,000円~
在籍確認原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
メリット
  • 最短20分で契約可能な高い即時性
  • 自社ATMや提携ATMでの借入・返済が可能な利便性
  • 限度額が高く、最大800万円まで借りられ
デメリット
  • 実質年率が18%と比較的高い金利水準
  • 収入や職業によっては審査が通りにくい
  • 延滞した場合の対応が厳しいとの口コミあり

アコムは、日本で最大手の消費者金融会社です。創業から50年以上の実績があり、国内に約800店舗を展開しています。

アコムの強みは、借入れから返済までの手続きがスムーズで便利なことです。WEBから24時間いつでも簡単に申し込みができ、審査の結果は最短30分で分かります。

借り入れ額は1万円から800万円まで幅広く対応しています。返済方法も、口座振替、コンビニ支払い、インターネットバンキングなど、生活スタイルに合わせて選べます。

万が一の場合でも、収入に合わせて返済計画を見直すことができるので、安心して利用できます。ただし、金利は年利18%と高めです。長期的な借り入れには向いていませんが、一時的な資金調達なら選択肢の一つとなります。

アコムは、国の許可を得た適切な審査と債権管理を行う消費者金融会社です。借り入れには十分注意が必要ですが、緊急時の資金需要に応えてくれる頼れるサービスです。

部活動加入に関する法律義務はない!どうしても支払いが難しい場合は退部も検討してよい

部活動は学校生活を豊かにする大切な活動ですが、加入や費用の支払いについては法的な義務はありません。経済的な理由で部費の支払いが難しい場合、退部を選択することも一つの選択肢です。

部活動は原則任意加入で、生徒や保護者の自由意思が尊重されるべきです。しかし現実には、部活動不参加を理由に差別的な扱いを受けるケースもあり、問題視されています。

部活動には様々な経費がかかります。部費のほか、遠征費や合宿費、新しい用具の購入費など、家計への負担は決して小さくありません。生活に困窮している家庭にとって、これらの費用は大きな重荷となり得ます。

そのような場合、学校側に事情を説明し、理解を求めることが重要です。部費の減免や分割払いなど、柔軟な対応を求めましょう。しかし、それでも支払いが困難であれば、勇気を持って退部を選択することも考えるべきでしょう。

部活動は生徒の成長に大きな意義がありますが、家計を直撃するほどの過度な負担を強いるべきではありません。

経済的な理由で退部を選んだとしても、生徒を非難するべきではありません。学業に専念することも、生徒の人生にとって大切な選択肢なのです。

民間調査によると高校生の部活動加入率は50%で半数ほどが部活に参加していない

高校生の部活動加入率は、民間の調査会社による最新の調査結果によると、およそ50%となっています。つまり、半数の生徒が何らかの部活動に所属しているのに対し、残りの半数は部活動には参加していないことになります。

この数字は、部活動が必須ではないことを物語っています。確かに、運動部や文化部に所属することで、スポーツや芸術の技術を磨いたり、仲間との絆を深めたりと、様々な恩恵を受けられます。

しかし、一方で、部活動に参加しないことで、勉強や家事、アルバイトなど、他の活動に時間を使えるメリットもあるのです。

実際、部活動に参加しない生徒の中には、成績が優秀で大学進学を目指している者や、家庭の経済的事情から、アルバイトに従事している者もいます。

また、単に部活動に興味がなかったり、自分の時間を別の趣味や活動に費やしたいと考えている生徒もいるでしょう。

このように、部活動への参加は個人の自由な選択に委ねられています。加入するかどうかは、生徒自身の興味関心や目標、状況によって異なるのが当然です。重要なのは、自分に合った活動を見つけ、充実した高校生活を送ることです。部活動に参加するかどうかは、その一つの選択肢に過ぎません。

運動部は全体的に道具費がかかる傾向にあるため文化部への転部も検討してみよう

運動部に所属していると、必要な道具や用具の購入費用が高くつく傾向があります。特に球技系の部活では、ボールやラケット、ユニフォームなどの消耗品を定期的に買い替える必要があり、個人負担が重くのしかかります。

また、遠征費や大会参加費なども加わるため、家計への負担が大きくなる可能性があります。

一方、文化部に所属すれば、そういった道具代がほとんどかからないため、経済的な負担が少なくて済みます。

文化部の活動は主に部室での練習が中心となるため、個人で特別な道具を揃える必要がありません。たとえば、吹奏楽部なら楽器は学校から貸与されますし、美術部なら画材代が一部かかる程度です。

もちろん、文化部にも部費はありますが、運動部に比べれば格段に安価です。また、遠征や大会への参加も少ないため、そういった出費もほとんどありません。家計が厳しい状況であれば、文化部への転部を真剣に検討するのも一つの選択肢でしょう。

ふるさと本舗 カードローン編集部

部活動は生徒にとって大切な活動の場ですが、経済的な理由で活動を制限されてしまっては本末転倒です。

無理のない範囲で部活動を続けられるよう、柔軟に対応することが賢明でしょう。運動部から文化部への転部は、そのための有力な選択肢となり得ます。

部活動に必要な道具を購入する際はメルカリなどフリマアプリを活用しよう

部活動に必要な道具を購入する際は、メルカリなどのフリマアプリを活用するのがおすすめです。フリマアプリでは、新品同様の道具から中古品まで幅広い商品が出品されており、店頭価格よりもかなり安価で購入できる可能性が高いのが最大の利点です。

例えば、野球部員であれば、バット、グローブ、スパイクなどの用具を探せば、ほとんど新品に近い状態のものが半額以下で手に入ることもあります。

サッカー部やバスケット部の方も、ボールやシューズ、ユニフォームなどがリーズナブルな価格で出品されていることが多いでしょう。フリマアプリを上手に活用すれば、新入部員が一からすべての道具を揃える必要がなくなり、かなりのコストを抑えられます。

もちろん、中古品を購入する際は、商品の状態をよく確認する必要があります。出品者の評価を参考にしたり、不明な点は事前に質問をするなどして、トラブルを未然に防ぐ対策を怠らないようにしましょう。

まとめ

部活動に参加するためには、様々な費用がかかることがあります。月々の会費、大会参加費、遠征費、新しい用具の購入費など、家計への負担は決して小さくありません。

経済的な理由で部活動を断念せざるを得ない生徒も少なくありません。

しかし、部活動は学生生活に欠かせない体験であり、スポーツや文化活動を通じて多くのことを学べます。チームワーク、責任感、忍耐力などの価値観を身につけることができ、生涯にわたって役立つスキルを習得できます。

そのため、学校や地域社会では、経済的な理由で部活動を諦めなくてもよいよう、様々な支援策が講じられています。

授業料の減免、部活動費の補助金、中古用具の提供など、創意工夫された取り組みが行われています。生徒や保護者は、積極的にこうした支援制度を活用することが重要です。

部活動は、学業とともに青春時代の大切な思い出となります。経済的な理由で諦めるのではなく、様々な選択肢を検討し、夢を諦めずに部活動を続けることが大切です。

目次