PR

ソニー生命の変額保険は儲かる?シミュレーション結果やデメリット、評判を紹介

ソニー生命の変額保険は儲かる?シミュレーション結果やデメリット、評判を紹介のアイキャッチ

変額保険は生命保険の一つで、保険料の一部を運用して得た運用益を契約者に還元する仕組みの保険です。(公益財団法人生命保険文化センター)。

特徴は、被保険者が亡くなった際や他の特定の条件で保険金を受け取る際、運用成績が良ければ基本保険金に加えて追加の変動保険金が支払われる点にあります。

しかし、運用成績が悪い場合、受け取れる金額は最低保証額に限られる可能性もあります。

ソニー生命は変額保険を販売しており、「効率的な運用と同時に保障を提供する」点が好評です。

本記事では、ソニー生命の変額保険のメリットやおすすめの人だけでなく、デメリットや向かない人まで包み隠さず紹介していきます。

この記事でわかること
目次

そもそも変額保険とは

変額保険とは、運用実績に基づいて死亡保険金や解約返戻金年金額が変動する保険です。一般的に、保険では契約したタイミングで死亡保険金や解約返戻金が決まります。

しかし、変額保険は保険料の一部を国内や海外経済市場へ投資し、資産運用を行う点が特徴です。

変額保険の特徴
  • 保険金・解約返戻金などが変動する
  • 保険料の一部を運用に回す
  • 株式や債券を中心に資産運用を行う
  • 効率よく運用できれば、受け取れる保険金が増える
  • 運用が不調に終われば、元本割れのリスクもある
  • 保険会社は、運用方法や商品の仕組みについて書面を用いて説明することが法令で義務付けられている
  • 一般的な死亡保険よりも複雑

変額保険では、保障を得ながらも資産運用を行う点が最大の特徴です。お金が堅実に増えるわけではなく、国内外の経済状況や為替相場に影響されるため、元本割れのリスクもあります。

変額保険は内容が複雑なので、保険会社には運用方法や商品の仕組みについて書面を用いて説明することが法令で義務付けられています。変額保険に加入する際には、きちんと保障内容やリスクについて理解することが大切です。

運用成績が良ければ当初の想定よりも大きな利益を得られますが、運用成績が悪いと元本割れを起こす可能性もあります。変額保険は、保険商品の中で「ハイリスク・ハイリターン」な商品ある点に留意しましょう。

ソニー生命の変額保険の種類

ソニー生命では、以下3つの変額保険を取り扱っています。

死亡に備える終身保険・有期保険や老後に備える個人年金保険があるため、それぞれの特徴を整理しておきましょう。

バリアブルライフ 変額保険(終身型)

バリアブルライフ 変額保険(終身型)は、死亡・高度障害状態に対する保障が一生涯継続する変額保険で、保険金と解約返戻金が運用実績次第で変動する点が特徴です。

バリアブルライフ 変額保険(終身型)の特徴
  • 契約年齢は85歳まで
  • 保障は一生涯
  • 最低保証の保険金額がある
  • 特別勘定は8種類
  • 積立重視(オプションA)と保障重視(オプションB)の2つのタイプがある
  • 基本保険金額は200万円~7億円の範囲で設定可能

参考:ソニー生命

保障内容はシンプルで、被保険者が死亡または高度障害状態となったときに、契約内容に応じた保険金が支払われます。

死亡保険金は運用実績に応じて変動しますが、最低保証金額があるため、万が一の際に運用成績が芳しくなくても安心です。

なお、特別勘定は下記の8つで、運用する特別勘定を1つないし複数選択できます。(株式型・日本成長株式型・世界コア株式型・世界株式型の4つの特別勘定の繰入比率の割合は合計50%まで)

特別勘定の種類
  • 株式型:上場投資信託(日経225型ETF)を主体に投資を行い、株式市場との連動性を確保し、中長期的にベンチマークを上まわる運用成果の獲得を目指す
  • 日本成長株式型:追加型株式投資信託「フィデリティ・日本成長株・ファンドVA3(適格機関投資家専用)」に投資する世界コア株式型:追加型株式投資信託「ワールドエクイティ・ファンドVL<適格機関投資家限定>」に投資を行い、国内外の株式等に投資する
  • 世界株式型:主に追加型投資信託「グローバル・クオリティ・ファンドSL」に投資を行い、日本を含む先進国の株式へ中心投資する
  • 再建型:中長期的に安定した運用利回りを確保することを目標に、安定した運用成果の獲の得を目指す
  • 世界債券型:実質金利が高く、長短金利差が大きく、かつ経済環境が良好と判断される国の債券に投資を行す
  • 総合型:円貨建債券ポートフォリオから安定した利息収入を確保しつつ、経済・金融 国内の金利の変動、債券発行体情勢を分析し、中長期的に期待収益率が高いと判断される資産に投資する
  • 短期金融市場型:短期債券および短期金融商品中心に投資を行う

参考:ソニー生命

自分の投資経験やリスク許容度に応じて、最適なポートフォリオを組むことが可能です。

バリアブルライフ 変額保険(有期型)

バリアブルライフ 変額保険(有期型)は保険期間が決まっており、死亡保障を得つつ満期時にも保険金を受け取れる変額保険です。

死亡時の保険金額には最低保証がありますが、満期保険金も解約返戻金は運用実績に応じて変動し、元本保証ではありません。

バリアブルライフ 変額保険(有期型)の特徴
  • 契約年齢は78歳まで
  • 有期保険で、満期時には満期保険金を受け取れる
  • 特別勘定は8種類
  • 積立重視(オプションA)と保障重視(オプションB)の2つのタイプがある
  • 基本保険金額は100万円~7億円の範囲で設定可能

参考:ソニー生命

保険期間は一定でよく、支払保険料の総額を抑えたい場合は、終身型ではなく有期型を選択すると良いでしょう。

なお、選択できる特別勘定は8種類で、バリアブルライフ 変額保険(終身型)と同じです。

積立重視(オプションA)と保障重視(オプションB)の違い

ソニー生命の死亡や高度障害に備える変額保険は、積立重視(オプションA)と保障重視(オプションB)から選ぶことができます。

積立重視(オプションA)特別勘定の資産の運用実績が3.0%を超えた場合、積立金は保障重視よりも積立重視の方が大きくなる。契約後、保障重視への変更はできない
保障重視(オプションB)特別勘定の資産の運用実績が同じ場合、変動保険金額は積立重視よりも保障重視の方が大きくなる。契約後、積立重視に変更できる

自分の性格や今後の経済の見通しに応じて、ベターなオプションを選択できます。特別勘定の資産の運用実績が3.0%を超えた場合は積立重視の方がお得ですが、それ以外の場合は保障重視の方がお得です。

また、「積立重視→保障重視」の変更はできませんが、「保障重視→積立重視」の変更は可能である点にも留意しましょう。

保守的な人であれば、「まずは保障重視を選択して、途中から積立重視への変更を検討する」というスタンスで加入することも可能です。

SOVANI 変額個人年金保険(無告知型)

SOVANI 変額個人年金保険(無告知型)は、老後生活に備えられる個人年金保険です。

運用の成果に応じて年金額が増減し、「長期」「分散」「積立」しながら資産づくりができます。

SOVANI 変額個人年金保険(無告知型)の特徴
  • 総合満足度96.4%
  • 月額3,000円から加入でき、少額から始めやすい
  • 一定期間、保険料の払込停止が可能
  • 16種類の特別勘定(運用商品)がある
  • 払込方法は平準払と一時払から選べる

SOVANI 変額個人年金保険(無告知型)は、月額3,000円から始めることができます。

少額から資産運用を始めたいと考えている人にとっても、手が出しやすい金額と言えるでしょう。

保険料の増額・減額も柔軟にでき、契約後に家計が苦しくなったとしても一定期間は保険料の払込停止ができるため安心です。

一時的な保険料の減額や払込停止をすれば解約せずに保険を継続できるため、短期解約による元本割れを防ぐことができます。

16種類の特別勘定(運用商品)が用意されており、最大8つを選択して運用することが可能です。

特別勘定の種類
  • バランス型20
  • バランス型40
  • バランス型60
  • バランス型80
  • 日本株式型TOP
  • 日本株式型JV
  • 日本株式型JGアクティブ
  • 世界株式型GQ
  • 世界株式型GI
  • 海外株式型MSP
  • 日本債券型NOP
  • 世界債券型GQ
  • 海外債券型FTP
  • 日本リート型TSP
  • 海外リート型SPP
  • マネー型

投資スタイルや投資経験、リスク許容度に応じて最適なポートフォリオを組める点が魅力です。払込方法は平準払と一時払から選べるため、カスタマイズしやすい点も好評を得ています。

一定の年齢から年金として受給できるのはもちろん、被保険者の死亡時には死亡保険金・解約時には解約返戻金が受け取れるため、利便性も高いと言えるでしょう。

ここまで、ソニー生命の変額保険について述べましたが、「結局何を選べばいいの?」「他と比べて得?」と考えている方は、無料保険相談サービスの利用がおすすめです。

実は、筆者自身(34)が保険選びで迷っていた際、無料保険相談サービスを怪しんで利用していませんでした。

しかし、とりあえず話を聞いてもらうか程度に無料相談をしたところ、頭が整理されて自分に最適な保険選びができました。

利用を迷っている方は、相談だけでもしてみることをお勧めします!

そもそもソニー生命とは

ソニー生命は「ソニーフィナンシャルグループ」の生命保険会社で、ライフプランナーと相談しながら自分にとって最適な保険を選べる特徴があります。

内容項目
資本金700億円
保有契約高約62兆5,000億円
保有契約者数約399万人
格付け(株)格付投資情報センター (R&I ):AA(保険金支払能力は極めて高く、優れた要素がある)
S&Pグローバル・レーティング :A+(保険会社が保険契約債務を履行する能力は強いが、上位2つの格付けに比べ、事業環境が悪化した場合、その影響をやや受けやすい)
ソルベンシー・マージン比率2,191%(2022年3月末)
ライフプランナー数5,338名(2022年3月末)
ソルベンシー・マージン比率とは

保険会社が、 「通常の予測を超えるリスク」 に対して、どの程度「自己資本」・「準備金」などの支払余力を有するかを示す健全性の指標。

一般的に、ソルベンシー・マージン比率は「200%を超えていれば安心」と言われていますが、ソニー生命は安全域の10倍以上の資産を有していることになります。第三者機関からの格付けも高いことから、財務健全性・客観的にな信頼性に関しては申し分ありません。

また、株式会社ジェイ・ディー・パワー ジャパンが実施した「J.D. パワー 2021 年生命保険契約満足度調査 SM」の対面型チャネル部門において、第1位に輝いた実績もあります。

優秀なライフプランナーが多く在籍しており、相談者の人生設計などをヒアリングしたうえで、一人ひとりにあわせたオーダーメイドの保険を提供してくれます。

今後の家計の推移などを「見える化」して、備えるべきリスクをあぶり出して最適な保険を提案してくれるため、非常に頼りになる存在です。

保有契約高は62兆円を超えており、多くの契約者数を抱えていることから、非常に多くの契約者から信頼を得ていると言えるでしょう。

ソニー生命の変額保険は儲かるのか?

「ソニー生命の変額保険は儲かる?」という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

結論、ソニー生命の変額保険で儲かるかどうかは、運用成績次第です。変額保険は、そもそも運用実績に応じて受け取れる保険金額が変動することが前提となっています。

また、ソニー生命の公式サイトの契約例を参考に返戻率を算出すると、以下のようになります。

運用期間・運用利率-3.0%0%3.0%6.0%
5年89.2%96.7%104.2%112.5%
10年83.3%96.7%112.9%131.7%
15年77.5%96.9%121.9%155.2%
30年63.5%96.9%156.1%263.6%

他社の個人年金保険では返戻率が105%程度のところが多いですが、ソニー生命の変額個人年金保険は120%以上の返戻率になるケースもあります。

つまり、運用成績には左右されるものの「ソニー生命の変額保険は儲かる可能性が見込める」と言えるでしょう。運用期間が長くなればなるほど損失を被るリスクを軽減できるため、長期的な運用を意識することをおすすめします。

一方で、返戻率が伸びないケースや元本割れする可能性もあるため、きちんとリスクを理解することが大切です。運用成績がどうなるかは未来の話になるため、誰にも分かりません。

しかし、個人年金保険で老後に備える意向があり、ある程度のリスクを負える人にとってソニー生命の変額保険は魅力的な選択肢となるでしょう。

ソニー生命の変額保険のメリット

ソニー生命の変額保険には、運用成績次第では儲かる可能性が持てるなどのメリットがあります。

以下で、ソニー生命の変額保険のさまざまなメリットについて解説します。

積立重視と保障重視の2つのタイプがある

ソニー生命の変額保険は、積立重視(オプションA)と保障重視(オプションB)の2つから自分に合ったオプションを選択できます。

積立重視(オプションA)と保障重視(オプションB)の違い
  • 積立重視(オプションA)→高い利回りを期待したい人におすすめ
  • 保障重視(オプションB)→保障重視で保守的に運用したい人におすすめ

契約者の投資経験やリスク許容度に応じて、よりよいオプションを選択できる点は、ソニー生命の変額保険のメリットです。

なお、自分のリスク許容度を判断できない人は、ソニー生命のホームページに用意されている「リスク許容度ナビ」を活用すると良いでしょう。

もちろん、実際にソニー生命のライフプランナーと相談して、最適なアドバイスをもらうことも有意義です。

特別勘定が16種類と多い

ソニー生命の変額個人年金保険では、最大16種類(バリアブルライフは8種類)の特別勘定から運用商品を選択できます。

特別勘定とは、変額保険と変額個人年金保険にかかる資産を、他の保険種類の資産と区別して管理・運用を行う勘定です。

特別勘定の主なラインナップ
  • 株式型
  • 世界株式型
  • 債券型
  • 世界債券型
  • 総合型
  • 短期金融市場型

ソニー生命は運用商品の選択肢が多く、自分のリスク許容度に合わせて資産運用ができます。日本株式や債券だけでなく、世界株式や海外株式・債券にも幅広く投資できる点は、ソニー生命の変額保険のメリットです。

複数の特別勘定を組み合わせることもできるため、保険を活用して分散投資できる点も魅力と言えるでしょう。

運用関係費用の手数料が明確

ソニー生命の変額保険では自分で運用する特別勘定を選択することになりますが、運用関係費用の手数料が明確に掲載されています。

出典:ソニー生命 バリアブルライフ変額保険(終身型)(無配当)

運用関係費用や信託報酬が明確なので、「できるだけ手数料が安い特別勘定を選びたい」と考えている人も安心して加入できるでしょう。

信託報酬は運用している期間中、ずっと発生するコストとなるため、きちんと手数料についても確認することが大切です。

保険金を減額して運用益を引き出すことができる

ソニー生命の変額保険では、運用益が発生しているとき、保険金を減額して所定の範囲内で年2回まで運用益を引き出せます(積立重視を選択した場合)。

  • 一時的に生活費を工面したいとき
  • 相場が好調で多くの運用益が出てちょっと贅沢したいとき
  • 教育費や住宅費の一部に充てたいとき

上記のようなシーンで、運用益を活用できます。

運用益を途中で引き出しても保険の解約・減額にはならないため、保障内容には影響がありません。最低保証金額も変更されないため、保障を継続しながら、運用益を自由に使える点は大きなメリットです。

ただし、運用益を引き出すと同額の積立金額が減少して運用に回る資金も減り、複利効果が小さくなってしまう点には注意しましょう。

特別勘定の切り替えが年12回まで無料

ソニー生命の変額保険では、運用金の移転(スイッチング)が年12回まで無料です。

特別勘定の切り替えの例
  • 日本株式の比率が50%と高くなってきたため、日本株式の特別勘定の一部を債券に切り替える
  • 今後の相場回復を見込んで、保有している債券の特別勘定を世界株式に切り替える

相場状況に合わせて、こまめに運用商品を切り替えられる点は大きなメリットです。

今後の相場や為替の動きを考えたうえで、最適な特別勘定を選択できるため、利便性は高いと言えます。

自分の判断でこまめに運用先の変更やリバランスをしたいと考えている人は、ソニー生命の変額保険がおすすめです。

オートリバランス機能がある

ソニー生命の「SOVANI 変額個人年金保険」では、オートリバランス機能が付いているので非常に便利です。

オートリバランス機能とは

自分で決定した繰入比率と同じ割合になるように、ポートフォリオを最適化してくれる機能。これにより、加入者が自分でいちいちポートフォリオの調整をせずに済む。

運用している積立金は、相場状況や為替状況によって日々変動します。

「株式と債券を50%ずつ持ちたい」と考えていても、相場の変動に伴って「株式70%・債券30%」のように、保有資産のバランスが崩れてしまうことがあります。

つまり、何もしない場合、各特別勘定の積立金の構成割合が契約時に設定した時の繰入割合からズレてしまうのです。

しかし、オートリバランス機能を設定することで、毎月自動的に繰入比率と同じ割合に積立金のリバランスを行ってくれます。

これにより、運用に伴うリスクを想定の範囲内に抑えることができるため、安心して加入し続けることができます。

死亡保険金には最低保証がある

ソニー生命の変額保険には、死亡保険金が最低保証されています。もし運用成績が芳しくなくても、死亡保険金に関しては遺族に対して最低保証額が支払われるため安心です。

変額保険は資産運用によって解約返戻金・満期保険金が変動しますが、死亡保険金に関しては損失が出ていても関係ありません。

  • 運用成績が良い→保険金が増える
  • 運用成績が悪い→保険金は最低保証

上記のように、契約者にとって都合がいいように設計されている点は大きなメリットです。

ただし、解約返戻金と満期保険金に最低保証はなく、運用成績に左右される点は押さえておきましょう。

インフレにも対応できる

ソニー生命の変額保険では債券や株式などのリスク資産に投資できるため、インフレに対応できます。一般的な生命保険は、契約したタイミングで保険金や解約返戻率が決まるため、インフレに対応できません。

しかし、金融広報中央委員会も変額保険のメリットとして「景気が良く、株式相場が上昇すれば、株式で運用している変額保険の保険金額や年金額は増える可能性」があり、インフレに強い点を挙げています。

ソニー生命の変額保険がインフレに対応できる理由

インフレが起こると売上額が上がり、企業業績が上向いて株価が上昇するから。

一般的な生命保険では、インフレが起こるとお金の実質的な価値が下がってしまいます。

つまり、契約したときの保険金の実質的な価値よりも、保険金を受け取るタイミングの保険金の実質的な価値が落ちてしまうリスクがあります。

しかし、ソニー生命の変額保険は運用実績によって保険金が変動するため、保険金の実質的な価値もインフレに対応できるのです。

契約前にライフプランナーと相談できる

ソニー生命では、実際に契約する前にライフプランナーと相談できます。

ソニー生命のライフプランナーの特徴
  • 厳格な採用基準をクリアしている
  • ソニー生命独自、徹底した教育と訓練のカリキュラムを受けている
  • 保険だけでなく、金融・税務全般に関する幅広い知識を備えたプロフェッショナルである
  • 豊富な経験を兼ね備えている
  • 一生涯にわたってサポートしてくれる

変額保険は、保障を得つつも投資信託による運用を行うため、シンプルな定期保険などと比べると複雑です。

ライフプランナーとのヒアリングでは、相談者の要望に合わせて保障プランを設計してくれるため、変額保険に関する知識がなくても安心して相談できます。

ソニー生命の相談・契約の流れ
  1. 相談の申し込み
  2. ライフプランナーから連絡が来る
  3. 保険の相談・ライフプランニング
  4. 保険の提案・契約
  5. アフターフォロー

相談や契約のサポートだけでなく、契約後のアフターフォローまで行ってくれます。変額保険は景気の変動によって保険金額が変わるため、気になることがあればいつでも相談できる点はソニー生命のメリットと言えるでしょう。

ソニー生命では「お客さま本位の業務運営の取組を行っているため、きちんと説明を受けたうえで、変額保険に加入するか否かを判断できます。

変額保険、変額個人年金保険および外貨建保険などのお客さまにリスクが帰属する商品を販売するときは、お客さまの加入目的、金融商品取引に関する知識・経験、財産の状況などの確認を踏まえた説明を行い、お客さまに最適な商品を選択いただけるよう提案します。

ソニー生命 当社の勧誘方針

無理な営業や強引な勧誘を受けずに冷静に考えられるため、安心してライフプランナーに相談してみてください。

ソニー生命の変額保険のデメリット

ソニー生命の変額保険は、死亡保険金が最低保証されつつも運用次第で保険金を増やせるなどのメリットがあります。

しかし、メリットだけでなくデメリットも存在するため、契約後のミスマッチを防ぐためにもデメリットを把握することが大切です。

以下で、ソニー生命の変額保険のデメリットについて解説します。

元本保証ではない

ソニー生命の変額保険ではリスク商品に投資するため、元本保証ではありません。

相場変動や為替変動によって解約返戻金や満期返戻金が変動し、状況によっては元本割れする可能性がある点には注意しましょう。

資産運用に関する主なリスク
  • 価格変動リスク:株式や債券などの価格が変動するリスク
  • 為替変動リスク:円と外貨の為替レートが変動するリスク
  • 金利変動リスク:中央銀行の政策金利が変動するリスク
  • 信用リスク・株式や債券の発行主体が債務不履行に陥るリスク
  • 地政学リスク:政治的・軍事的・社会的に緊張が高まるリスク

資産運用には、さまざまなリスクが伴っているという前提を押さえることが大切です。「保険」と聞くと元本保証で安全なイメージがありますが、変額保険はリスク商品で運用する関係から、さまざまなリスクがある点に留意しましょう。

運用成績が良ければ高いリターンが得られる可能性がある一方で、運用成績が悪いと損失が発生するリスクがあります。

きちんと変額保険の特徴やリスクを理解し、納得したうえで契約することが大切です。

通常の投資よりもコストは高い

ソニー生命の変額保険で運用すると、証券会社で直接投資するよりも手数料などのコストが高くなります。

間に入る人が増えれば手数料は必然的に増えてしまうため、致し方ありません。

しかし、ソニー生命の変額保険には、自分で投資する場合と比較して下記のようなメリットがあります。

ソニー生命のライフプランナーと相談するメリット
  • 保険と金融分野に詳しいライフプランナーと相談できる
  • 自分のリスク許容度を把握した上で最適な特定勘定を選択できる
  • 死亡保障が最低保証されている

頼れるライフプランナーと相談でき、リスク許容度を把握したうえで、最適な保障を得られる点はソニー生命の変額保険に加入するメリットです。

運用益を引き出すと保険金と解約返戻金が減少する

ソニー生命の「バリアブルライフ」で運用重視を選択した場合、年2回まで運用益を引き出すことができます。

しかし、運用を引き出すと同額の積立金額が減少するため、保険金や解約返戻金が減少してしまう点には注意が必要です。

積立金額が減少すると、保険金や解約返戻金が減少してしまうことに加えて、運用に回るお金が減るため複利効果が薄れてしまうデメリットもあります。

運用益を引き出す際には、むやみに引き出すのではなく、本当に引き出しが必要かどうかを冷静に考えることが大切です。

世界株式100%はできない

ソニー生命の変額保険は、自分が選択した特別勘定の割合に応じて運用しますが「世界株式100%」という比率は設定できません。

ソニー生命の変額保険は「株式系ファンドの繰入比率の割合は合計50%まで」と決められているため、残念ながらリスクを取って「世界株式100%で運用する」ことはできません。

しかし、世界株式はソニー生命の特別勘定の中でも「ハイリスク・ハイリターン」な商品です。リスクを取りすぎると万が一の際に受け取れる保険金額が「最低保証のみ」となってしまう可能性があるため、加入者にが過剰にリスクを負うことを避けられる仕組みと言えるでしょう。

引き出しのタイミング次第では損失が出る可能性がある

ソニー生命の変額保険では、暴落しているときに引き出すことができますが、引き出しのタイミング次第では結果的に損失が出る可能性があります。

本来であれば運用に回る利益を引き出してしまうと、複利効果が薄れてしまうためです。もし引き出したタイミングの後に株式相場が好調だと、機会損失を被ってしまうでしょう。

そのため、運用益を引き出すタイミングは「本当に必要な時だけ」に限定するのがおすすめです。受け取れる保険金額が減少すると、保険の本来の趣旨とは外れてしまうことから、無闇に引き出すべきではありません。

ソニー生命の変額保険の運用益をシミュレーション

「ソニー生命の変額保険はどれくらい増えるの?」という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ソニー生命のホームページを参考に、ソニー生命の変額保険ではどれくらい運用益が期待できるのか、シミュレーション結果を紹介します。

<死亡保険金>

出典:ソニー生命 バリアブルライフ変額保険(終身型)(無配当)

年6.0%で運用できれば、長期的に大きく資産を増やせることがわかります。年6.0%の運用を実現するには、リスクがある特別勘定を選ぶ必要があります。

長い運用期間を確保できる方の場合は、リスクを取りながら資産運用をすると良いでしょう。

<解約返戻金>

出典:ソニー生命 バリアブルライフ変額保険(終身型)(無配当)

解約返戻金は、契約から解約までの期間が短ければ短いほど低くなってしまいます。6.0%で運用できた場合でも、15年の運用期間では元本割れしてしまう点には注意が必要です。

ソニー生命の変額保険は「契約者の死亡」に備えるものですから、短期間で解約せずに長期的に加入する前提で契約しましょう。

ソニー生命の変額保険の評判・口コミ

実際に、ソニー生命の変額保険の加入している人から寄せられた評判や口コミを紹介します。

良い内容の口コミと悪い内容の口コミを両方紹介するので、リアルな声を参考にしながらソニー生命の変額保険に加入するべきか判断してください。

ソニー生命の変額保険の良い評判・口コミ

スクロールできます

今から16年前の事です。

子供の将来の学費が心配で、学資保険を検討していました。

いろいろ調べた結果、ソニー生命が良さそうだと考えwebで相談の申し込みをしました。

担当の方が自宅に来て話しをしたところ、学資保険を検討していると話したにも関わらず、変額保険を勧めてきました。

最初は学資保険がいいと考えていたのですが、担当の方の話を聞いているうちに、変額保険もありかと考え加入しました。

月1万15年、200万の死亡保険

運用実績次第では、15年で200万以上も見込めると…

月1万で15年なら、支払額180万

15年の間には、運用実績がマイナス数十万になることもあり、完全に騙されたと考えた時もありました。

しかし、リーマンショック、コロナショックを乗り越え最終的には約280万になり、100万の利益を得ることができました。

そしてこの経験から、今は積立NISA.イデコで資産運用をしています。

みん評

今から11年前に父が亡くなり相続財産を一時払いでソニーの変額終身に入りました。運用先は自分で選べ、メリット、デメリットの説明も受けました。

変動保険金額は支払い保険料の7割を超えて増え、本当に入ってよかったと思いました。

年2回まで必要な時に変動保険金を引き出せるのもいいです。

保険料の支払いのタイミングはとても大事です。

もちろん情勢により変動するので変動保険金額が大きく減ることもありますが、目先の利益に一喜一憂しないで長期資産運用と考えるととても良い商品だと思います。

みん評

決めた理由は一番は返戻率が他の学資保険に比べて一番良かったことでした。

学資保険をかけたいと思ったんですがたくさんありすぎてわからず、とりあえず生命保険で加入していたソニー生命のファイナンシャルプランナーさんに相談したらたくさんのシュミレーションで説明してくれました。

他の学資保険は1万円からというものが多い中ソニー生命では3千円代からありあまり家計に余裕のない我が家でも家計に負担をかけることなく払うことができるプランがありとても助かりました。

みん評

ライフプランナーさんが丁寧に説明してくれて、自分に合った保険をおすすめしてくれます。最初は保険の種類が多くて何が良いのかよくわかりませんでしたが、ライフプランナーさんと相談するうちに、それぞれの保険の特色が分かるようになり納得のいく保険を選ぶことができました。笑顔で話を聞いてくれたので、遠慮なく言いたいことを言えました。私のように保険に入りたいけどよく知らないから、と悩んでいる人には親切な制度だと思いました。

みん評

子どもが産まれて、今まで貯金の積立をしたこともなかったので、半ば強制的に子供の進学にあわせて積立をしたいと思っていました。ソニー生命を選んだ理由は特にないのですが、あえて言うと説明に来てくれたからです。ライフプランナーの方が、休日にわざわざ最寄の喫茶店まで来てくれたのは、保険の素人にとってとても助かりました。利率のことやら制度のことなど書類やプラン提案書に基いて詳細をご説明していただけて、とても助かりました。言葉遣いや対応も非常に心地よいものだったと記憶しています。不満な点は今のところ特にはありませんが、将来、受け取りをする際に手続きが簡単だといいと思います。

みん評

ソニー生命のライフプランナーが、変額保険に加入する前にきちんとメリット・デメリットについてレクチャーしてくれることがわかります。

長期的に運用することで大きな利益を得られている旨の口コミも見られることから、保障を得ながらも資産運用を行いたいと考えている方に向いています。

変額保険のリスクについてきちんと把握したい場合は、ライフプランナーに対して納得できるまで質問してみてください。

ソニー生命の変額保険の悪い評判・口コミ

スクロールできます

海外赴任中に入院することになり、ライフプランナーに電話連絡して保険金の出る条件を確認しようとしたら保険証書を読めと言われました。確かにそれはそうですが、日本と同じように病院から証明取れないですからね。保険に入る時だけ親切、フォローなしでは安心できません。

みん評

ソニー生命の営業に転職した知人に頼まれ、ちょうど保険を探していた家族を紹介しました。

が、その営業マンは1年も待たず転職。さらに引き継ぎが全くされておらず、一切連絡が無いまま放置です。

一度催促しましたが、その後も音沙汰が無かったたとのこと。保険商品の善し悪し以前に、保険を販売する責任感が全く無いと言わざるをえません。大事な人を紹介しただけに最悪です。

みん評

ライフプランナーは平気で嘘をつきますので、録音を推奨します。

まず、変額保険について、「これは保険というより投資と考えてほしい。4,5年で必ず儲かるから、4,5年で解約すべきだ」と、どう考えても法律違反を言ってのけました。

さらに、「変額保険の繰入比率は適時アドバイスする。みんな俺のおかげでこんなに儲かっている」と、他人の契約内容をパソコンで見せられました。

みん評

学資保険だけを希望していたのに、変額保険をオススメされました。学資保険の話よりもそちらの説明の方が長く、時間の無駄でした。小さい子供がいるのでなるべく早く終わらせてほしい。と始めに伝えていたにも関わらず、結局2時間という長丁場。ほんと疲れました。時間がない、うまい話に騙されそう、断われないという方にはオススメしません。

みん評

最初の担当とトラブルがあり全く知らない担当者に変わって

顔も見ない間にまた担当が変わること3人目。

担当はいらないと言ったらカスタマーセンター扱いになった

聞きたいことがあって電話してもなかなかつながらない。

みん評

ソニー生命の担当者やライフプランナーの中には、強引な営業を行う人や保険に関する知識が足りていない人もいるようです。ソニー生命は巨大な組織なので、ライフプランナーごとに差が出てしまうのは致し方ないでしょう。

しかし、実際に相談する前に「相性が合わない人が来るかもしれない」という点を把握しておけば、担当者の変更を頼むなど冷静に対応できます。

ソニー生命はカスタマーセンターを設けており、チャット・電話・WEBで相談できるため、気になることがあればカスタマーセンターで相談しましょう。

ソニー生命変額保険の運用実績の見方

ソニー生命の変額保険の契約内容や運用実績を確認する方法は、下記の4つです。

  • 契約時に渡されている「年金保険証券」で確認する
  • 年4回送付される「ご契約状況のお知らせ」で確認する
  • 年1回送付される「ご契約内容のお知らせ」で確認する
  • 「お客さまWEBサービス」で確認する

上記の中でも、「お客さまWEBサービス」では、インターネット上で簡単に運用成績を確認できるので便利です。

「お客さまWEBサービス」で自分の運用成績を確認する方法
  • 「契約内容の照会」を押す
  • 契約している保険一覧で、確認したい変額保険の「変額/外貨詳細情報」を押す
  • 「保険金額/解約返戻金額情報」を押す
  • 年金額や解約返戻金額が表示される

「運用実績・解約返戻金の推移」を押せば、これまでの平均運用実績を確認することもできます。

このように、「お客さまWEBサービス」では逐一運用成績を確認できるため便利です。相場が上昇している時期や下落している時期など、「資産状況はそうなっているのか」確認したいときは、「お客さまWEBサービス」を活用しましょう。

ソニー生命の変額保険は、一般的な生命保険と比較すると仕組みが複雑な特徴があります。

そのため、事前に自分がソニー生命の変額保険との相性がいいかを確認することが欠かせません。

以下で、ソニー生命の変額保険がおすすめできる人の特徴を紹介していきます。

保障を得ながら資産運用したい人

保障を得ながら資産運用したいと考えている人は、ソニー生命の変額保険と相性が良い可能性が高いです。

ソニー生命の変額保険には最低保証額があるため、もし保険金を受け取るタイミングで暴落に巻き込まれていても、遺族に契約時に設定した最低保証の保険金を遺すことができます。

資産運用の結果次第では、死亡保険金だけでなく解約返戻金や満期保険金の増加も見込まれるため、使い勝手のいい保険と言えるでしょう。

長期的な保険加入を前提にしている人

長期的に保険加入を検討している人も、ソニー生命の変額保険が好相性です。

ソニー生命の変額保険が長期加入に向いている理由
  • 早期で解約すると、解約返戻金が元本割れするから
  • 運用期間が長ければリターンが安定し、損失を被るリスクを軽減できるから

ちなみに、私たちが納めている年金保険料を運用している「年金積立金管理運用独立行政法人」も、長期的な観点で運用を行っています。実際に、年金積立金管理運用独立行政法人は安定した運用結果を残していることから、長期的に資産運用に臨むことが大切です。

長期でソニー生命の変額保険に加入することで、元本割れのリスクを抑えつつ安定したリターンを期待できるメリットがあります。

ソニー生命の変額保険に加入する際には、きちんと長期的に保険料を払えるか確認することが重要と言えるでしょう。

じっくり相談してから加入したい人

ソニー生命では、ライフプランナーが一人ひとりのライフプランにあわせたオーダーメイドの保険を提供しているため、じっくり相談してから加入したい人にも向いています。

ライフプランナーが行ってくれること
  • ライフプランニング:何年後にどのような出来事が待っているのか、家族全員の未来を予測したうえで生涯の見通しを立てる
  • 収支試算&保障設計:完成したライフプランでの家計収支をシミュレーションし、今後の経済的なリスクを明らかにしたうえで最も合理的な保障を設計する

ソニー生命のライフプランナーは、相談者の悩みに応じて丁寧にライフプランニングを行ってくれる点が魅力です。家族構成やイベント、実現したい夢などを時系列で整理してライフイベントを洗い出し、将来の収支をシミュレーションします。

ソニー生命独自の分析ツールを使いながら、理想のライフプランを実現するために必要なお金を見える化し、「出ていくお金」と「入ってくるお金」を明確にしてくれます。

自分で最適な保険を選べる自信がなく、プロから客観的な意見を聞きたいと考えている人は、ソニー生命のライフプランナーに相談すると良いでしょう。

平日だけでなく、土日祝日も相談に対応してくれることから、平日は仕事で忙しい方でも相談しやすいメリットがあります。

ソニー生命の変額保険がおすすめできない人

ソニー生命の変額保険は多くのメリットがありますが、おすすめできない人も存在します。契約後のミスマッチを起こさないためにも、自分との相性を確認することは欠かせません。

以下で、ソニー生命の変額保険がおすすめできない人の特徴を紹介していきます。

元本割れは避けたい人

元本割れを避けたいと考えている人は、ソニー生命の変額保険がおすすめできません。

ソニー生命の変額保険はリスク商品で資産運用を行う特性上、元本割れのリスクが伴うためです。

特別勘定の中でも「短期金融市場型」を選択すると安全に運用できますが、安全に運用したいのであれば、そもそも変額保険に加入する必要性はありません。

ソニー生命の変額保険に必ず儲かる保証がない点には留意し、資産運用に関するさまざまなリスクを負えるか判断することが大切です。

シンプルな保険に加入したい人

シンプルな保険に加入したいと考えている人も、ソニー生命の変額保険はおすすめできません。ソニー生命の変額保険は「保障」と「貯蓄」をセットにしているため、一般的な定期保険などと比較すると保険商品として複雑です。

シンプルな保険の例
  • 掛け捨ての死亡保険
  • 掛け捨ての医療保険
  • 掛け捨てのがん保険

変額保険は、保険商品に投資信託の機能がプラスされている特徴があるため、投資の知識や資産運用の経験がない方には難しい点は否めません。「そもそも、投資信託って何?」という方にとっては、リスクがわかりにくくミスマッチである可能性があります。

また、特別勘定の中から自分に合った運用方法を選択する必要があることから、複雑なことを避けたい人には向かないでしょう。

自分で資産運用できる人

投資や金融に関する知識があり、自分で資産運用できる人もソニー生命の変額保険が向かない可能性が高いです。ソニー生命の変額保険で資産運用するよりも、自分自身で証券会社を通じて資産運用した方が、手数料を抑えられるためです。

金融広報中央委員会も、「投資型の保険は、投資信託などの純粋な投資商品に比べて死亡保障などの費用がかかる分、運用コストが高くなる」点を指摘しています。

自分で資産運用をするメリット
  • 手数料を抑えられる
  • 個別株式・債券などを購入できる
  • 不動産投資や暗号資産など、リスクが高い金融商品へ投資できる

「決められた選択肢の中から、自分に合った資産運用をしたい」という人にはソニー生命の変額保険がおすすめできますが、すべて自分で判断できるなら、自分で資産運用を行ったほうが早いでしょう。

また、お金を運用するのが目的であれば、保険を活用せずに純粋な投資商品を利用する方が合理的です。

変額保険が自分に向いているか決められないときの対処法

変額保険は保障を得ながらも資産運用を行う特徴があるため、自分に向いているか判断しかねることもあるでしょう。

以下で、変額保険が自分に向いているか決められないときの対処法について解説します。

変額保険が自分に向いているか決められないときの対処法

ソニー生命のライフプランナーに相談する

ソニー生命のライフプランナーに、自分が変額保険に向いているか相談しましょう。自分たちの会社の商品について質問するため、最もわかりやすく信頼できる回答が返ってくるはずです。

しかし、ソニー生命のライフプランナーとしては「自分たちの会社の商品を売りたい」と考えるため、相談を通じて営業や勧誘を受ける可能性は否定できません。

ソニー生命では法令に準拠した勧誘方針を掲げていますが、相談するにあたって、きちんと自分の考えを整理しておくことも大切です。

保険の相談窓口で相談する

ソニー生命のライフプランナーは信頼できる相談相手ですが、保険の相談窓口で相談することも検討しましょう。

保険の相談窓口で相談するメリット
  • ソニー生命を含めて、相談者に最適な保険を提案してくれる
  • ライフプランの作成や資産運用の相談ができる
  • 何度でも無料で、客観的な立場からアドバイスしてくれる

保険の相談窓口では、ソニー生命の変額保険を含めて、相談者にとって最適な保険を比較検討したうえで提案してくれます。

ヒアリングの内容次第では、変額保険以外の保険も選択肢として提示してくれるため、客観的な立場から専門性の高いアドバイスをくれるでしょう。

変額保険が向いているか決められないときは保険相談窓口で相談しよう

変額保険に関して、保険のプロからさまざまな意見を聞きたい場合やソニー生命以外の保険も検討したい場合は、保険度相談窓口を利用するのがおすすめです。

スクロールできます
取扱保険会社数(2023年9月現在)相談方法おすすめポイント電話番号
ほけんの窓口52社窓口
オンライン
わかりやすい言葉で保険について教えてくれる
40社以上、300商品以上から最適な保険選びをサポート
変額保険にも詳しいプロが在籍

0120-605-804
保険見直し本舗40社以上窓口
訪問
電話
オンライン
オーダーメイドの保険プランを提案してくれる
意向に合わせて最適な保険選びをサポート
強引な勧誘は行っていない

0120-33-0526
マネードクター41社自宅
自宅や職場近く
オンライン
最短翌日にFPとお金に関する幅広い相談ができる
上場企業が運営しているので安心感がある
ワンランク上の「マネードクタープレミア」も用意

0120-800-857

保険相談窓口は何度でも無料で保険のプロに相談できるうえに、さまざまな保険会社の商品をスムーズに比較検討できるメリットがあります。

以下で、おすすめの保険相談窓口を紹介するので、参考にしてみてください。

ほけんの窓口

店舗数全国700店舗以上
取扱保険会社数40社以上
相談方法来店
訪問
オンライン
電話
相談受付時間店舗ごとに異なる
ホームページほけんの窓口

ほけんの窓口は、全国に800以上の店舗を構えており、40社以上・300商品以上から相談者に合った保険選びをサポートしています。

スタッフ全員が保険の専門資格を有しており、「楽しく保険がわかる宣言」をしていることから、誰でもわかりやすく保険の理解を深めることができます。

できる限りわかりやすい言葉で説明してくれる点が特徴で、相談者の疑問や不安に寄り添いながら、変額保険を含めて最適な保険選びをサポートしてくれます。

「保険のセカンドオピニオン宣言」を行っており、透明性・信頼性の高い情報を提供している点も魅力です。変額保険について不明点があったときや、メリットとデメリットの理解を深めたいときは、ほけんの窓口の担当者に聞いてみると良いでしょう。

窓口での相談はもちろん、オンラインや電話での相談も行っているため、誰でも相談しやすい体制が整っています。

保険見直し本舗

店舗数全国382店舗
取扱保険会社数40社以上
相談方法来店
訪問
オンライン
電話
相談受付時間店舗ごとに異なる
ホームページ保険見直し本舗

保険見直し本舗は、「1担当者制」を採用している点が特徴の保険相談窓口で、担当者と着実に信頼関係を築ける点が魅力です。

相談者の意向を大切にした「オーダーメイドの保険選び」をサポートしており、変額保険を含めて保険の特徴や保障内容について知りたいときも丁寧に教えてくれます。

「GOESWELL」という保険管理アプリを提供しており、保険選びや見直しを分かりやすくサポートし、アフターフォローまで行っています。これにより、保険契約後に疑問や不安が出てきたときでも、逐一解消できるでしょう。

対面相談やオンライン相談など、さまざまな相談スタイルにも対応しており、保険だけでなく住宅ローンに関する相談も可能です。強引な勧誘を行わずに、第三者として最適な保険選びをサポートしてくれるため、安心して相談してみてください。

マネードクター

店舗数全国約130店舗
取扱保険会社数(2023年12月現在)41社
相談方法自宅
自宅や職場近く
オンライン
相談受付時間店舗ごとに異なる
ホームページマネードクター

マネードクターは、東証グロース市場に上場している「FPパートナー」が運営している保険相談窓口です。「お金のかかりつけ医」として、保険相談だけでなく家計管理や資産運用など、FPとさまざまなお金の相談ができる点が魅力です。

お金に関する専門知識を持ったFPが、理想のライフプランに合わせた貯蓄方法や資産運用などを一緒に考え、理想の人生・生活の実現に向けてエスコートしてくれます。

「MDRT」(Million Dollar Round Table)という、卓越した生命保険・金融プロフェッショナルの組織の会員が多く在籍していることから、相談の質に関しても申し分ありません。

対面相談はもちろん、オンライン相談や電話相談に対応しており、最短翌日に相談できることから利便性に関しても申し分ありません。

「マネードクタープレミア」という、ワンランク上の相談サービスも提供して、必要に応じて各専門家に繋いでくれる点もマネードクターの強みです。

ソニー生命の変額保険に関するよくある質問

ソニー生命の変額保険の加入年齢はある?

ソニー生命の変額保険に加入年齢は、下記のようになっています。

ソニー生命の変額保険の加入年齢
  • バリアブルライフ 変額保険(終身型):0歳~85歳
  • バリアブルライフ 変額保険(有期型):0歳~78歳
  • SOVANI 変額個人年金保険(無告知型):0歳~85歳

幅広い年齢層の方が、ソニー生命の変額保険に加入できることがわかります。

ソニー生命の変額保険は手数料が高い?

ソニー生命の変額保険は、通常の資産運用と比較すると手数料が高いです。投資信託への投資に加えて、死亡保障に関する経費が加算されるため、手数料が高くなってしまう点は致し方ありません。

しかし、各種特別勘定の手数料は明示されていることから、手数料を抑えて資産運用することが可能です。

ソニー生命の変額保険はいつまで受給できる?
ソニー生命の変額保険の受給期間
  • バリアブルライフ 変額保険(終身型):終身保険なので、いつでも解約できる
  • バリアブルライフ 変額保険(有期型):有期型で、満期時に満期保険金が受給できる
  • SOVANI 変額個人年金保険(無告知型):年金支払期間は5年~40年の中で選ぶ

受給できる期間を自分の人生設計に合わせて柔軟に設定できる点は、大きなメリットと言えるでしょう。

ソニー生命の変額個人年金は年2回に分けて支払われますか?

ソニー生命の変額個人年金は、受け取りを「年2回」「年4回」「年6回」のいずれかに分割できます。

これにより、「偶数月は公的年金を受け取り、奇数月は個人年金を受け取る」など、毎月収入源を確保することが可能です。

年2回の受け取りにして、まとまった金額を受給することも可能なので、自分のライフスタイルに合わせて柔軟に設定できます。

ソニー生命の変額保険まとめ

ソニー生命の変額保険に加入して、実際に儲かっている人は多くいます。運用実績によっては解約返戻金・満期保険金が元本割れしてしまう可能性がありますが、死亡保険金に関しては最低保証額があるため安心です。

保障を得つつも効率よく資産運用できる点が好評を得ており、多くの特別勘定の中から自分にとって最適なリスクの範囲内で運用できる点も、ソニー生命の変額保険の魅力と言えるでしょう。

ソニー生命の変額保険に興味がある方は、ソニー生命のライフプランナーや保険相談窓口の担当者との相談を通じて、加入を検討してみてはいかがでしょうか。

目次