PR

掛け捨て保険はもったいない?理由や保険の果たす役割を解説

掛け捨て保険はもったいない?理由や保険の果たす役割を解説
利用者

掛け捨て保険はもったいないって聞いたけど、本当かな?

利用者

掛け捨て保険は解約返戻金がないから、もったいないかも…

このような疑問や不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

掛け捨て保険は一般的に「戻ってくるお金」がないため、もったいないと感じる方も少なくありません。

しかし、加入者のニーズや資産形成の計画によっては、掛け捨て保険のほうが適しているケースも多くあります

例えば「資産運用で老後資金や教育資金をまかなう」と考えている場合、掛け捨て保険で保険料を抑えたほうが種銭を確保できるでしょう。

このように、必ずしも掛け捨て保険はもったいないとは言い切れません。

この記事でわかること

\ 生命保険以外も相談できる!/

この記事では掛け捨て保険が「もったいない」と言われる理由や、貯蓄型保険との違いを解説します

記事を最後まで読めば、掛け捨て保険の本質を理解し、自分に合っているかどうか判断できるでしょう。

目次

掛け捨て保険がもったいないと言われる理由

掛け捨て保険は「満期保険金や解約返戻金が無いからもったいない」と言われることがあります。実際に、掛け捨て保険は積み立て部分や貯蓄部分がないため、支払った保険料が戻ってきません。

以下で、掛け捨て保険が「もったいない」と言われる具体的な理由について解説します。

掛け捨て保険がもったいないと言われる理由

解約返戻金がないから

基本的に、掛け捨て保険には解約返戻金がありません。

解約したときに受け取れるお金がないため「支払った保険料がすべて無駄になっている」と感じるのも無理はないでしょう。

保険契約中に事故や病気がなく健康でいられた場合、支払った保険料が戻ってこないため「保険に入って無駄だった」と感じることがあります。

掛け捨て保険は解約返戻金がない分割安で加入できるのが大きなメリットですが、払い損になる可能性もあると理解しておきましょう。

満期時に払い込んだ保険料が戻ってこないから

掛け捨て保険は、満期になっても満期保険金を受け取れません。

一方終身保険や学資保険などの貯蓄型保険は、保障内容次第で満期や中途解約のタイミングで掛け金以上のお金を受け取れます。

病気や死亡などの支払事由に該当しない限り、掛け捨て保険はお金を受け取れません。

この事実によって「掛け捨て保険はもったいない」と言われてしまっています。

掛け捨て保険が一概にもったいないとは言えない理由

掛け捨て保険は支払った保険料が戻ってこないため、貯蓄型保険と比較すると「もったいない」という感覚に陥りやすいです。

しかし、掛け捨て保険は一概にもったいないとは言えません

以下で掛け捨て保険のメリットや加入する意義などを解説するので、掛け捨て保険がもったいないと感じている方は参考にしてみてください。

保険はそもそも「損すること」が前提だから 

そもそも保険は「加入者がお金を出し合い、不幸な出来事が起きた人を救済する仕組み」です。

一家の大黒柱の死亡など、家庭が崩れるような事態に備えるため、あえて損をしてそれ以上の損失から自分を守っています

つまり保険は「損することが前提」で加入しているものだと理解しておきましょう。

掛け捨て保険では、不幸な出来事が起こらなかった人に対して保険金が支払われることはありません。

つまり、掛け捨て保険に加入して保険金がもらえなかったということは「自分に不幸な出来事が起きなかった」わけです。

自分や家族に不幸な出来事が起こらなかったから損しているため、むしろ喜ぶべきでしょう。

保険料は貯蓄型保険よりも安いから 

掛け捨て保険と貯蓄型保険の保険料を比較すると、掛け捨て保険のほうが割安です。

保険の種類や年齢によっては、保険料に10倍近い差が発生します。

具体的にオリックス生命が販売している貯蓄型保険(終身保険RISE[ライズ])と、掛け捨て保険「死亡保険FineSave[ファインセーブ]」でシミュレーションしてみましょう。

オリックス生命の貯蓄型保険と掛け捨て保険の保険料比較

【貯蓄型保険(終身保険RISE[ライズ])】

  • 30歳男性
  • 保険金額1,000万円
  • 保険料60歳払済

【掛け捨て保険「死亡保険FineSave[ファインセーブ]」】

  • 30歳男性
  • 保険金額1,000万円
  • 保険期間20年

保険金額が「1,000万円」の場合、月々の保険料が10倍近い差となりました。

保険料負担を抑えたいと考えている場合は、掛け捨て保険のほうが好相性と言えるでしょう。

貯蓄は別で行えばよいから

「保険は保険」「貯蓄は貯蓄」で分けて考えれば、掛け捨て保険でもまったく問題ありません。

保険料には保障部分と貯蓄部分だけでなく、保険会社に支払う経費が含まれており、貯蓄型保険のほうが多くの経費を負担しています

つまり計画的に貯蓄できるなら、コストを払う貯蓄型保険よりも掛け捨て保険のほうが合理的な選択だと言えるでしょう。

必ずしも保険を通じて得をする必要はありません。

割安な掛け捨て保険で最低限の保障を用意し、貯蓄はNISAやiDeCoなどの資産運用でまかなう方法もあります。

保障と貯蓄を分けて考えられる方は、別で行う選択肢もあると理解しておきましょう。

リスクに対して合理的に備えられるから

掛け捨て保険は安い保険料で大きな保障を得られるため、リスクに対して合理的に備えられます。

安い保険料で多くの保障が得られれば、家計への負担を抑えられるためです。

保険は一定期間リスクから備えるために加入します。リスクの大きさも歳を重ねるごとに変わるため、同じ保険を持ち続けることは非合理かもしれません。

掛け捨て保険で保険料を節約し、余ったお金を貯蓄や資産運用や貯蓄に回せば、効率よく資産形成ができます。

家計管理が得意で合理的な保険を用意したい方にとって、掛け捨て保険はもったいないものとは言えないでしょう。

保険の見直しをしやすいから

掛け捨て保険は、保険の見直しをしやすい特徴があります。

一般的に掛け捨て保険に加入すると、10年・20年で契約満了を迎えるためです。

例えば現在契約している保険よりも魅力的な商品があれば、解約返戻金を気にすることなくスムーズに乗り換えられます。

一方貯蓄型保険だと「まだ解約返戻金が元本割れしているから…」と不要な保険も持ち続けてしまうリスクが考えられるでしょう。

ライフスタイルや備えるべきリスクの変化に応じて保険を見直せるため、一概に掛け捨て保険がもったいないとは言えません。

掛け捨て保険と貯蓄型保険の違いを解説

掛け捨て保険と貯蓄型保険の違い

「掛け捨て保険がもったいないのかもしれない」と感じる方は、貯蓄型保険との違いを理解してみましょう。

以下で5つの項目を比較するので、どちらが自分にあっているか確かめてみてください。

保険商品の違い

保険の種類保険商品
掛け捨て保険・定期保険
・収入保障保険
・就業不能保険
・医療保険(一部)
・がん保険(一部)
貯蓄型保険・終身保険
・養老保険
・学資保険
・個人年金保険
・医療保険(一部)
・がん保険(一部)

掛け捨て保険は、定期保険や収入保障保険などが対象となっています。

一方貯蓄型保険は終身保険や学資保険など、保障だけでなく貯蓄機能を持っている商品ばかりです。

医療保険とがん保険は、掛け捨て型・貯蓄型どちらも用意があります。

好みに合わせて、必要な保険を選んでみてください。

保険料の違い

保険の種類保険料
掛け捨て保険貯蓄型保険と比較して割安
貯蓄型保険掛け捨て保険と比較して割高

同じ保険金額と仮定して保険料を比較する場合、貯蓄型保険の方が割高になります。

貯蓄型保険の方が保障内容が充実していて、その分保障や仕組みの維持に多くの費用がかかるからです。

掛け捨て保険は貯蓄機能がありません。限られた機能しかないからこそ、割安な保険料を実現できています。

保障内容の違い

保険の種類保障内容
掛け捨て保険保障のみ
貯蓄型保険保障+貯蓄

掛け捨て保険は保障のみ、貯蓄型保険は保障と貯蓄両面の機能を兼ね備えています

掛け捨て保険が「もったいない」と言われる理由は、貯蓄機能がない点にあると理解しておきましょう。

例えば死亡保障を持ちたい場合、掛け捨て保険なら定期保険や収入保障保険のような「保障のみで一定期間用意できるもの」に加入します。

一方貯蓄型保険なら、終身保険のように保障と貯蓄どちらも兼ね備えた保険の選択が可能です。

保障しか求めていない方は掛け捨て型、老後資金の積み立てのように貯蓄も考えている方は、貯蓄型保険の加入を検討してみてください。

加入期間の違い

保険の種類加入期間
掛け捨て保険・10年・20年のような「年満了型」
・60歳・70歳のような「歳満了型」
貯蓄型保険・一生涯
・「子供の進学」「退職」などに合わせる

掛け捨て保険と貯蓄型保険の加入期間の違いは、選択する保険によって異なります。

例えば死亡保険を用意する場合、掛け捨て型(定期保険)なら10年や60歳までなどのように、必ず契約期限が決まっています

一方貯蓄型保険(終身保険)の場合は一生涯持ち続けられるため、一度加入したら更新をする必要はありません。

学資保険や個人年金保険のような貯蓄型保険は、加入期限が決まっています。すべての加入期間が一生涯とは限らないと理解しておきましょう。

解約返戻金・満期保険金の違い

保険の種類解約返戻金・満期保険金
掛け捨て保険なし
貯蓄型保険あり

掛け捨て保険には、解約返戻金や満期保険金がありません

解約返戻金・満期保険金とは?

解約返戻金とは解約した際に払い戻されるお金のことです。満期保険金とは、契約満了を迎えた際に払い戻されるお金のことを指します。

割安な保険料で加入できる分、掛け捨て保険には貯蓄性はないと理解しておきましょう。

一方貯蓄型保険には、解約返戻金や満期保険金が用意されています。

「掛け捨ては損をしている感じがする」と考えているなら、貯蓄型保険がおすすめです。

掛け捨て保険・貯蓄型保険の選び方を解説

掛け捨て保険・貯蓄型保険どちらを選ぶべきかは、保険に対する考え方やその他資産形成の計画によって異なります

まずは、以下の画像で自分の価値観を確かめてみましょう。

掛け捨て保険おすすめ度チェック

マルの数がバツよりも多い場合は、掛け捨て保険の加入がおすすめです。

それぞれの項目について具体的に解説するので、参考にしてみてください。

保険にかけられる予算を確認する

保険にかけられる予算を確認する

掛け捨て保険・貯蓄型保険を選ぶときは、保険にかけられる予算を確認しましょう。

「できるだけ安く保険を用意したい」と考えている方は掛け捨て保険、「多少保険料がかかっても充実した保障を持ちたい」と思う方は貯蓄型保険がおすすめです。

一般的に同じ保険金額と仮定して比較するなら、貯蓄型保険のほうが割高になります。

掛け捨て保険・貯蓄型保険で悩んでいる方は、先に保険にかけられる予算を確認してみてください。

NISAやiDeCoなど資産運用の利用可否を確認する

NISAやiDeCoなど資産運用の利用可否を確認する

掛け捨て保険と貯蓄型保険どちらにするか悩んでいる方は、NISAやiDeCoなど資産運用の利用可否を確認しましょう。

資産運用を考えている場合、基本的に保険に貯蓄性をつける必要はありません。

NISAやiDeCoは老後資金や教育資金などを目的として加入するもので、貯蓄型保険も同じような目的を果たします。

貯蓄型保険と資産運用をどちらも用意すると限りある資産が分散されてしまうため、よほど大きな収入がない限りどちらかに絞ったほうが良いでしょう。

保険に貯蓄機能が必要か意思確認する

保険に貯蓄機能が必要か意思確認する

そもそも保険に貯蓄性は必要なのか、改めて確認してみましょう。

貯蓄型保険が機能するのは、加入してから数十年経ってからです。早期解約すると、基本的に元本割れします。

例えば「なんとなく掛け捨ては損している気がする」のように、目的なく割高な貯蓄型保険に加入するのはもったいないかもしれません。

一方「働いている間は死亡保障、退職したら解約して老後資金に充てたい」など、明確な目的があるなら貯蓄型保険がおすすめです。

保険期間をいつまで用意したいか意思確認する

保険期間をいつまで用意したいか意思確認する

次に、保険期間をいつまで用意したいのか自分の意思を確認してみましょう。

例えば「退職するまで」「子供が家を出るまで」のように期限が決まっている場合は、掛け捨て型の保険がおすすめです。

一方「一生涯の保険がいい」と考えている方は、終身プランが用意されている貯蓄型保険を検討してみましょう。

保険の更新に抵抗はないか確認する

保険の更新に抵抗はないか確認する

掛け捨て保険か貯蓄型保険どちらかを選ぶなら、保険の更新に抵抗がないか確認しましょう。

更新に関する説明

更新とは、今加入している保険を継続するために行う手続きのことです。現在の年齢で保険料を再計算するため、以前よりも保険料が上がります。

例えば加入している保険が10年後に満期を迎える場合、更新のタイミングで保険料が上がってしまいます。

掛け捨て保険だと更新のタイミングで保険料が上がってしまうため、精神的に負担を感じやすいかもしれません。

生涯で払う保険料を同じにしたい方は貯蓄型保険、加入したい期間が決まっていて更新に抵抗がない方は掛け捨て保険がおすすめです。

自分にあった保険に加入したいなら保険相談窓口の活用がおすすめ!

「掛け捨て保険が自分に合っているか判断できない」と考えている方は、保険相談窓口の利用を検討しましょう。

専門家が自分に合った保険を選んでくれるため、不要な保険に加入するリスクを抑えられます。

自分に合った保険を選ぶ際におすすめの保険相談窓口

マネードクター 

マネードクター

出典:マネードクター

スクロールできます
料金無料受付時間平日9:00~20:00 
土日祝9:00~18:00
店舗数全国145店舗相談方法・窓口
・訪問
・電話
・オンライン
取扱保険会社数41社資産運用や相続の相談
住宅ローンの相談お客様満足度91.4%

マネードクターは、保険を含めてお金に関する幅広い相談に対応している保険相談窓口です。

相続診断士や住宅ローンアドバイザーなど専門的な資格を取得しているスタッフもいるため、相談内容に応じて最適なアドバイスを授けてくれます。

「お金に関する相談を一社にまとめたい」と考えている方は、幅広く相談できるマネードクターがおすすめです。

\ 生命保険以外も相談できる!/

保険見直しラボ

保険見直しラボ

出典:保険見直しラボ

スクロールできます
料金無料受付時間平日9:00〜18:00
店舗数全国70店舗相談方法・店舗
・オンライン
・訪問
取扱保険会社数37社担当者変更
お客様満足度97.3%キャンペーン

保険見直しラボは、訪問型の保険相談サービス中心に提供している保険相談窓口です。

担当者と相性が合わなかった場合も「イエローカード制度」で担当者を変更できるため、納得いく形で相談できます。

お米やマカロンなどを受け取れるキャンペーンも実施しているので、保険相談を実施してプレゼントを受け取ってみてください。

\ 担当者の交代もかんたん!/

保険クリニック

保険クリニック

出典:保険クリニック

スクロールできます
料金無料受付時間9:00~19:00
店舗数全国257店舗相談方法・店舗
・オンライン
・訪問
取扱保険会社数50社保険比較サイトの用意
LINE登録による保険のクイズ保険シミュレーター

保険クリニックはシステムや公式LINEを活用して、保険の知識付けや比較をかんたんに行える点が大きな特徴です。

相談時は独自の「IQシステム」と「まるわかりシート」を通じて、保険についてわかりやすくアドバイスしてくれます。

納得感を持って掛け捨て保険か貯蓄型保険どちらを選ぶか決めたい方は、保険クリニックに相談してみてください。

\ 独自ツールで保険を比較できる!/

掛け捨て保険は一概に「もったいない」とは言えない!自分に合った保険を選ぼう

掛け捨て保険は、一概に「もったいない」とは言えません。

掛け捨て保険は月々の保険料を抑えられ、リスクに対して合理的に備えられるメリットがあります。

「掛け捨て保険と貯蓄型保険、どちらがおすすめなの?」と考えている方は、自分の価値観や将来のライフプランを考えてみましょう。

ニーズと合っていない保険に契約してしまうと保険料を無駄に払うことになるため、どちらの保険を選んでも「もったいない」契約となります。

自分だけで保険を選べない方は、保険相談窓口を活用して保険のプロと相談してみてはいかがでしょうか。

保険のプロが専門的な知識と豊富な経験を活かし、最適な保険を提案してくれます。

目次