JFXの評判は悪いってホント?SNSから口コミを集めて使うべきか調査してみた【辛口】

JFXの評判は悪いってホント?SNSから口コミを集めて使うべきか調査してみた【辛口】のアイキャッチ

JFXは、スキャルピングトレードを重視したFX会社であるため、トレード手法によっては使い勝手の良い会社であるといえます。

しかし、スプレッド幅が多い点や、口座凍結されたなどのネガティブな口コミも散見されます。

JFXの悪い評判の真偽が、気になっている方も多いでしょう。

この記事では、JFXについての口コミをSNSから集めて、使うべきFX会社なのか調査した結果を解説します。

記事を読むことで、JFXについての正しい評判と使うべきFX会社なのかを判断できます。

他にも、JFXのメリットやデメリット、口座開設についても紹介しているため、JFXでのトレードを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

JFXの評判は悪い?辛口口コミを集めてみた

JFXの評判について、辛口を含めた口コミを3つ紹介します。

JFXの評判
  • JFXによって口座凍結が起きた
  • JFXはスプレッドが大きく広がる場合もある
  • JFXはキャンペーンが豪華

JFXによって口座凍結が起きた

JFXによって口座凍結が起きた方の口コミがTwitterでみられました。

しかし、JFXはスキャルピングや超短時間トレードを行うだけでは、口座凍結されません。

JFXの代表取締役の小林芳彦氏も、Twitterにて以下の発言をしています。

「スキャルピングをどんなに行っていただいても、お口座の凍結はありません。スキャルピング禁止ではありませんので、どんどんしてください!」

しかし、不正なプログラムなどを使用して、短時間で考えられない量のトレードを実行した場合には、口座凍結の対象となる可能性があります。

JFXはスプレッドが大きく広がる場合もある

JFXはスプレッドが大きく広がる場合があるとの口コミがみられました。

JFXの公式ホームページでも以下の記載がされています。

「スプレッドが広がったときは、発注しないでほしい」

参考:JFX公式サイト

ただし、クイック注文やストリーミング注文では、指定したpips以上にスプレッドが開いた場合の対策ができます。

指定した以上のスプレッドの開きに対して、発注しない許容スプレッドの設定が対策として挙げられます。

設定方法は、同じく公式ホームページに記載されているため、取り入れたい方はチェックしてみましょう。

JFXはキャンペーンが豪華

JFXはキャンペーンが豪華との口コミがみられ、ラーメンやあられがプレゼントされて喜ぶ声が発信されています。

FX会社の食品プレゼントは、ヒロセ通商が先駆者といわれており毎月複数の食品キャンペーンを実施しています。

JFXにおいては、新規10万通貨取引からプレゼントがもらえたり、新規1万通貨取引で社長の名を冠した小林芳彦あられがもらえます。

プレゼントの発送は、キャンペーン終了後の約1〜2週間と非常に速いのが特徴です。

JFXとは【基本情報】

通貨ペア38種類
取引手数料無料
最大レバレッジ25倍
最小取引単位1,000通貨
アプリの有無
最低入金額無し(※)

(※)クイック入金は毎回10,000円以上となっており、10,000未満の入金の場合は銀行振り込みを利用する必要あり。

JFXは、現役プロトレーダーが社長を務める、他社とは一味変わったFX会社です。

スキャルピングに特化したトレードツールである、MATRIX TRADERを提供しており、スキャルピングが快適に利用できるトレード環境に定評があります。

2021年オリコン顧客満足度調査のFX取引パソコン部門において、3年連続で1位を受賞しているのが最大の特徴です。

パソコンのみならず、スマートフォンやiPadなどのタブレット端末においても、誰でも簡単に使えるトレードツールを提供しています。

JFXのキャンペーン情報

2024年1月現在における、JFXのキャンペーン情報については以下の通りです。

JFXのキャンペーン情報
  • MATRIX TRADERではじめよう新規口座開設キャンペーン!(2024年2月1日~2024年2月29日)
  • 高級黒毛和牛が最大500g!JFX厳選ラーメン×高級和牛プレゼントキャンペーン!(2024年2月1日AM 7:00~2024年3月1日AM 6:59まで)
  • 小林芳彦あられプレゼントキャンペーン!  (2024年2月1日AM 7:00~2024年3月1日AM 6:59まで)
  • 全通貨対象!取引高キャンペーン!           (2024年2月1日AM 7:00~2024年3月1日AM 6:59まで)

MATRIX TRADERではじめよう!新規口座開設キャンペーン!

jfx_campaign_top

JFXでは、キャンペーン取引期間内に初めて口座を開設し、その期間内にMATRIX TRADER口座も開設した方が対象です。

対象通貨ペアで条件数量を満たした場合、最大で101,000円のキャッシュバックが提供されます。

高級黒毛和牛が最大500g!JFX厳選ラーメン×高級和牛プレゼントキャンペーン!   

JFXでは、2024年2月1日から3月1日までの期間、FX取引を行うことでJFX厳選ラーメンやA5等級九州産黒毛和牛などの豪華商品をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

対象通貨ペアは米ドル/円・ユーロ/米ドル以外の全通貨ペアで、新規約定の合計取引量に応じて、1人前から32人前のラーメンや取引量が特に多い場合は黒毛和牛のモモスライスやステーキも追加でプレゼントされます。

このキャンペーンは、新規約定の合計が10万通貨以上の取引を行った個人が対象で、専用フォームからの申込みが必要です。注意点として、キャンペーン商品は冷凍または常温での保存が必要であり、商品の発送はキャンペーン終了後となります。

また、キャンペーンの申込みは一人一回限りで、複数口座を持つお客様も対象は一口座のみです。

小林芳彦あられプレゼントキャンペーン!  

キャンペーン期間中に新規で合計1万通貨以上の取引をし、専用フォームから申し込んだ方には、小林芳彦あられ1箱がプレゼントされます。

新規口座による、条件達成でキャッシュバックするキャンペーンは多くのFX会社が実施しています。
しかし、JFXは食品をプレゼントするキャンペーンも多く実施しており、ユニークさが際立ちます。

全通貨対象!取引高キャンペーン! 

JFX_全通過対象キャンペーン

JFXでは、2024年2月1日から3月1日までの期間、全41通貨ペアを対象にした大規模なキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンでは、新規約定の合計取引量に応じて、最大で2,000,000円のキャッシュバックを提供。特に、ポンド円、ドル円、ユーロ円、ユーロドル、豪ドルドルなどの主要通貨ペアに対して、大口取引を含む様々な取引量の区切りでキャッシュバックが設定されています。

例えば、ポンド円で100,000万通貨以上の取引を行うと、2,000,000円のキャッシュバックが可能です。

また、ドル円・ユーロ円・ユーロドル・豪ドルドル以外の通貨ペアでは、100,000万通貨以上の取引で最大1,000,000円のキャッシュバックが獲得可能。キャンペーン参加には専用の申込みフォームからの登録が必要で、キャッシュバックはキャンペーン終了後1ヶ月を目安に取引口座に入金されます。

JFXのセキュリティ情報

JFXのセキュリティは、オンライン本人確認サービスPoiarify eKYCを導入しているため、高いセキュリティ対策がなされています。

Poiarify eKYCは、株式会社三井住友ファイナンシャルグループの子会社である、株式会社ポラリファイのサービスです。

犯罪収益移転防止法施行規則の改正に対応しており、免許証などの本人確認書類と、顔の自撮り写真を生体認証を利用し照合するソフトウェアです。

Poiarify eKYCの特徴は以下の通りです。

Poiarify eKYCの特徴
  • 大手バンクである、SMBCグループ基準と同等の高いセキュリティ対策
  • OCR、BPOなどさまざまな種類の外部機能・サービスとの連携可能
  • 政府機関や金融機関への導入実績のあるDaon社による、世界最高水準のアルゴリズムを採用

JFXの取扱通貨

JFXで取り扱っている通貨ペアは、通常銘柄が38種類で、大口銘柄限定の通貨ペアが6種類と、合計44銘柄となっています。

親会社であるヒロセ通商が提供しているLION FXでは、51種類の通貨ペアを取り扱っているため若干の見劣りはしますが、FX会社のなかでは十分多い部類に入ります。

基本的には最低取引単位が1,000通貨ですが、以下の4通貨ペアに関しては10,000通貨からトレードが可能です。

10,000通貨4通貨ペア
  • メキシコペソ/円
  • 中国人民元/円
  • スウェーデンクローナ/円
  • ノルウェークローネ/円

ブラジルレアル/円や、インドネシアルピア/円などのマイナー通貨ペアのトレードをしたい方にとっては、物足りなさを感じる可能性もあります。

JFXはおすすめのFX会社ですが、他社も優れたポイントが多くみられるのが事実です。

JFXを利用するメリット

JFXを利用するメリットについて3つ紹介します。

JFXを利用するメリット
  • JFXはスキャルピングに対応している
  • MT4やMATRIXチャートなど、取引ツールが充実している
  • JFXは追証がない

JFXはスキャルピングに対応している

JFXは、国内では珍しくスキャルピング公認のFX会社です。

トレードツールもスキャルピングに特化したものが多く見られ、トレード手法によっては非常におすすめできるFX会社といえます。

例えば、ワンクリックで約定・全ポジションの決済ができたり、ドテン・連打可能など他社にはないユニークな機能が盛りだくさんです。

スキャルピングに特化しているだけあり、約定力は99.9%で約定スピードは最速で0.001秒とのデータもみられました。

また、パソコンからだけでなく、スマートフォン対応のアプリからでもスキャルピングしやすいのが特徴で、iPadなどのタブレット端末でも同様です。

MT4やMATRIXチャートなど、取引ツールが充実している

jfx_mt4_merit

MT4やMATRIXチャートなどの、取引ツールが充実している点がメリットです。

特にMT4は、世界的にみても利用しているトレーダー数が多いため、トレードの際のアドバンテージとなります。

ただし、JFXに導入されているMT4は分析専用であるため、発注機能は搭載されていませんが50種類以上のテクニカル分析ツールが搭載されています。

また、パソコンやスマートフォンアプリのみならず、MacやiPad専用の取引ツールを提供してる点も特徴です。

さまざまなデバイスでの、高機能な取引ツールを使用したトレードが可能になるため、特に取引ツールにこだわる方におすすめできます。

JFXが提供するMATRIX TRADERに関しては、以下の章でさらに詳しく解説します。

JFXは追証がない

JFXは追証がないため、トレードを続けていても借金する事態に陥るリスクがない点がメリットです。

追証とは追加保証金の略称で、委託保証金を追加で差し入れなければならない状態のことを指します。

簡単にいうと、期限内に追加保証金を支払わなかった場合、FX会社に対して借金を背負うリスクが発生するのです。

しかし、JFXでは追証を採用していません。

JFXでは、有効比率が100%を下回った時点で強制ロスカットを実行するため、追証が発生しないのです。

海外FX会社の多くが、追証を採用せずに強制ロスカット制度を採用していますが、JFXも同様といえます。

JFXを利用するデメリット

JFXを利用するデメリットについて2つ紹介します。

JFXを利用するデメリット
  • スワップポイントの収益は得られにくい
  • 他のFX会社よりスプレッドが広がりやすい

スワップポイントの収益は得られにくい

JFXはスキャルピングに特化したFX会社であるため、スワップポイントの収益は得られにくい点がデメリットです。

特に高金利通貨以外でトレードしている方に、スワップポイントが弱いと感じられる傾向にあります。

理由は、スワップポイント運用は中長期トレードに向いている点と、JFXがスワップポイントに関して注力していないからです。

例えば、JFXではスワップポイントを含み損扱いにしており、ポジションを保有していても毎日のスワップポイント獲得には至りません。

そのため、スワップポイント運用を目的としてトレードしたい方には、JFXはおすすめできません

他のFX会社よりスプレッドが広がりやすい

JFXGMOクリック証券みんなのFX
米ドル/円(1万通貨)ロングの実質コスト20円~100円20円~40円20円~60円
スプレッド0.2銭~1.0円0.2銭~0.4銭0.2銭~0.6銭
ロングスワップ65円157円170円

JFXは他社と比較すると、スプレッドが広がりやすいのがデメリットです。

上記の表は、他社とスプレッドを比較したものですが「原則固定」のスプレッド表記に関する不満が多くみられます。

例えば、米ドル/円(1万通貨)ロングの実質コストは、どのFX会社も原則固定時は20円となっていますが、深夜や早朝、指標発表時のスプレッドは大きく広がります。

スプレッドが大きく広がることで、実質コストが数倍にも膨れ上がるのです。

特にJFXは、他社のFX口座と同時刻に見比べても、スプレッドの広がりが大きい場合が多いです。

そのため、マーケットが大きく動くタイミングでの、JFXを利用したトレードは控えた方がよいといえます。

JFXはぶっちゃけ使うべき?【辛口レビュー】

JFXを使うべき人と使わなくてもよい人について、厳しい目線で解説します。

JFXを使うべき人

スキャルピングに特化したトレード手法を軸にしている方や、FXにおけるマーケット情報が欲しい方はJFXを使うべき人といえます。

理由は、JFXがスキャルピングを公認しているFX会社である点と、マーケット情報を豊富に提供しているからです。

スキャルピングは数秒〜数分の間に、何度もトレードを繰り返すため、FX会社のサーバーに大きな負担をかけます。

そのため、スキャルピングを禁止しているFX会社も存在するほどですが、JFXはスキャルピング公認です。

JFXの代表取締役である、現役プロトレーダーの小林芳彦氏が、マーケット情報について詳細に解説しているコンテンツがある点も評価が高いです。

そのため、FXにおけるマーケット情報を詳細に知りたい方はJFXを使うべき人といえます。

JFXを使わなくてもよい人

スワップポイント運用で利益を出したい方や、24時間サポートを受けたい方はJFXを使わなくてもよいです。

理由は、JFXのサポートセンターが、平日AM8:00~PM20:00の間しか営業していないからです。

よって、イレギュラー時の問い合わせや、トレードツールの使用方法などの詳細ヒアリングを、24時間体制でサポートしてほしい方にはおすすめできません。

また、JFXはスキャルピングに特化しているFX会社であるため、中長期トレードの際によく重視されるスワップポイントに力は入れていません。

スワップポイント運用を考えている方は、中長期トレードに向いているFX会社を選択するのが賢明です。

JFXの取引ツールを一挙紹介!

JFXの取引ツールを5つ紹介します。

JFXの取引ツールを5つ紹介
  • MATRIX TRADER 新Java版【スキャルピングの利益を最大化】
  • MATRIX TRADER .NET版【どんな相場でも対応する27種類の注文】
  • MATRIX TRADER ULTIMATE EVOLUTION【スマホでクイック注文】
  • MATRIX TRADER【iPadなのにPCと変わらない性能】
  • MATRIX TRADER【Macbook専用の高性能ツール】

MATRIX TRADER 新Java版【スキャルピングの利益を最大化】

jfx_mt_java_MATRIX TRADER

MATRIX TRADER 新Java版は、スキャルピングの利益を最大化できる、パソコンにインストールして使用するタイプのトレードツールです。

スキャルピングに特化した設計で、確認画面を挟まず1クリックでオーダー可能であったり、ドテン注文や連打注文にも対応しています。

画面表示のカスタマイズ性が高く、自分のトレード環境に最適な画面へとカスタマイズが可能です。

利確や損切りオーダーが遅れない点も特徴的といえます。

理由は、新規オーダーと同時に逆指値や決済指値も行えるからです。

オプション設定画面で細かい設定が選択でき、できるだけ最短のオーダーを意識して設計されたトレードツールであるのが理解できます。

MATRIX TRADER .NET版【どんな相場でも対応する27種類の注文】

jfx_mt_NET_MATRIX TRADER

いかなる相場でも対応可能な、27種類のオーダー方法を搭載しているのがMATRIX TRADER .NET版の特徴です。

使用可能なオーダーは、一部ですが以下の通りです。

使用可能なオーダー
  • ワンクリック注文
  • 決済pip差注文
  • クイック注文
  • 指値(リミット)注文
  • 時間指定指値(逆指値)注文
  • BID判定買(ASK判定売)逆指値注文

例えば、ポジションごとに成行決済する場合は、ワンクリック決済の利用により最短でオーダーが可能です。

また、とにかく早くエントリーから決済までを行いたい際には、クイック注文の利用で無駄な時間や工程を削除できます。

MATRIX TRADER ULTIMATE EVOLUTION【スマホでクイック注文】

jfx_mt_MATRIX TRADER ULTIMATE EVOLUTION

MATRIX TRADER ULTIMATE EVOLUTIONは、スマートフォンでクイック注文する際に適しているトレードツールです。

iPhoneとAndroid両方のアプリを提供しており、表示メニューや配色などユーザーインターフェースにこだわって設計されています。

パソコンと異なり、画面が小さいなかでのトレード環境になるため、メニューやボタンなどをスキャルピングしやすい配置に並び替えが可能です。

配置の並び替えにより、スピードが重視されるスキャルピングにおいて、ストレスなくトレードが行えます。

19種類のインジケーターと4種類の描画ツールの搭載が魅力の一つで、高性能かつ多機能なアプリといえます。

MATRIX TRADER【iPadなのにPCと変わらない性能】

jfx_mt_matrixtraderlp_ipad

iPadなのにPCと変わらない性能で、設定機能なども同じクオリティです。

設定に関しては、通貨ペアの設定やオーダー設定のみならず、ターゲットメールや通知メールの設定も可能です。

必要な情報は、1画面で確認できるため画面の切り替えが不必要かつ、トレードスタイルに合わせてマーケットAとBに変更できます。

マーケットAは、口座の状況が一目でわかるオールラウンドタイプで、レートパネル・チャート・証拠金状況などが確認可能です。

マーケットBは、スキャルピングに特化したスピードオーダータイプで、クイックオーダー画面を搭載しているのが特徴です。

マーケットAもBも、レート一覧のサイズは3段階あり、場面をスワイプするだけで切り替えられるためスピーディーなトレードを実現しています。

MATRIX TRADER【Macbook専用の高性能ツール】

jfx_mt_matrixtraderlp_mac

Macのために開発された、Mac専用の高性能ツールアプリです。

Macにも対応しているFX会社は増加傾向にありますが、Mac専用のアプリを開発した企業は存在しませんでした。

そのため、FX業界初のアプリであると同時に、幅広いトレーダーの獲得にも成功したのです。

トレードに関するさまざまなことがチャートから行える点が特徴的で、テンプレート保存・チャートデータ出力など多機能を搭載しています。

ニューステロップが自動で流れてくる機能も魅力の一つで、1日380本のリアルタイムニュースがテロップで視認可能です。

トレードは情報戦であるため、最新ニュースの把握は非常に重要です。

ニュース画面を開かずとも、ヘッドラインをクリックするだけで最新ニュースを得られる点はアドバンテージといえます。

JFXの口座開設方法・やり方

JFXの口座開設方法を紹介します。

1.本人確認書類を用意する

JFXの口座開設する際には、本人による行動を証明するため、マイナンバー通知書類と本人確認書類2点が必要です。

注意するポイントは、マイナンバー通知書類と本人確認書類は位置づけが異なる点が挙げられます。

本人確認書類として利用可能なものは以下の通りです。

本人確認書類
  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住基カード
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書

さらに、本人確認書類において注意すべきポイントは、口座開設の申し込みの際に入力する情報と差異がないかという点です。

住所に関して、現在居住している場所とは異なる記載がされているケースが多いため、事前に確認が必要です。

JFXにおける取引担当者の本人確認書類のパターンは以下の通りです。

取引担当者の本人確認書類のパターン
  • 本人確認書類2点(例)運転免許証+健康保険証
  • 住民票あるいは印鑑登録証明書の原本1点
  • 本人確認書類1点+現住所確認書類2点

2.口座開設の申し込みをする

本人確認書類が用意できたら、口座開設の申し込みへと進みましょう

必要書類がそろい次第、JFXによる手続きが開始され、通常であれば必要書類の到着後1〜2日営業日で完了します。

審査に通過した場合は、メールにてユーザーIDとパスワードが送られてきます

別途案内状が、転送不要郵便にて本人確認書類記載の住所へ送られてくるため、確認を怠らないようにしましょう。

FX口座に入金し、ログインが完了したらトレードを開始できます。

監修・執筆者

目次