PR

LINEポケットマネーの審査は厳しい?口コミから見る審査通過者の傾向

LINEポケットマネーは、LINEユーザーなら誰でも簡単に利用できるスマホ決済サービスとして人気を集めています。

しかし、比較的新しいサービスということもあり審査に関する情報が少ないため、利用を検討している方の中には「審査は厳しいのかな?」と不安に感じる方もいるでしょう

そこで今回は、LINEポケットマネーの審査について、口コミから見える審査通過者の傾向を探ってみました。実際に審査に通過した方々の体験談を参考に、申込み時の注意点や審査のポイントを解説します。

LINEポケットマネーの審査は、他のクレジットカードや決済サービスと比べてどの程度の難易度なのでしょうか?年齢や職業、収入などの条件は関係あるのでしょうか?気になる審査基準や、スムーズに通過するためのコツについて、詳しく解説していきます。

ふるさと本舗 カードローン編集部

これからLINEポケットマネーの利用を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。審査に対する不安を解消し、安心して申込みができるはずです♪

目次

LINEポケットマネーの申込条件

LINEポケットマネーを申し込むには、いくつかの条件を満たす必要があります。

・LINEポケットマネー加入時の年齢が満20歳から満65歳までの安定かつ継続した収入の見込める方、その他当社が認める方

・LINE PayのアカウントタイプがLINE Moneyの方

※お申し込み時に本人確認をしていただくことでアカウントタイプはLINE Moneyになります。

・日本国内在住の方

※契約中の場合、満69歳まで利用できます。お客さまが満70歳に達した時点で、追加借入のサービス利用を停止させていただきますのでご了承ください。

※学生や主婦の方もアルバイトなど安定した収入がある方はお申込できます。

※審査の結果によっては利用できない場合があります。

はじめての方へ | LINEポケットマネー

安定した収入が見込める方に限られていますが、学生やアルバイターでも一定の収入があれば申し込めます。

審査通過にはLINEポケットマネーの独自審査基準である「LINEスコア」を201点超える必要がある

LINEポケットマネーの審査では、一般的な収入や年齢、職業などの条件に加えて、LINEの利用状況を示す「LINEスコア」が重要な審査基準となっています。

LINEスコアは、LINEアプリの利用履歴からAIが算出する独自の指標で、最高値は300点となっています。 LINEスコアが高ければ高いほど、LINEの利用が活発で信頼性が高いユーザーとみなされ、審査で有利になる傾向にあります。

実際のところ、LINEポケットマネーの審査を通過するためには、LINEスコアが201点以上必要とされています。 201点未満の場合は、原則として審査に通りにくくなります。

LINEスコアを上げるには、LINEアプリを長期間活用し、さまざまな機能を使うことが重要です。 友達の数が多いほど、トーク頻度が高いほど、LINEPayなどのサービスを利用しているほど、LINEスコアは上がりやすくなります。

ふるさと本舗 カードローン編集部

LINEサービスの利用頻度の他、申込時に回答する15項目の質問に対しての回答内容によってもLINEスコアは変動します。

LINEポケットマネーの口コミから見る審査の厳しさ

本章ではインターネット上の口コミを基に、どのような属性の方が審査通過できているのかを解説いたします。各項目別の審査通過状況については以下の通りです。

LINEポケットマネーの口コミから見る審査の厳しさ
  • 【職業】アルバイトやパ―トでも問題無く審査通過できている
  • 【信用情報】過去に延滞履歴がある場合でも審査通過できている
  • 【年収】年収が200万円で審査通過できている
  • 【総量規制】年収の3分の1以上借入しようとしている場合には審査落ちとなる
  • 【LINEスコア】LINEサービスの利用頻度が極端に少ないと審査落ちとなる

それぞれ詳しく解説していきます。

【職業】アルバイトやパ―トでも問題無く審査通過できている

30代/派遣社員

年収300万円ちょっとの契約社員収入でも、LINEポケットマネーの審査は全く問題なかったです。非正規雇用でも審査通過できる点が魅力的ですね。

20代/アルバイト

私バイト生活で年収170万円くらいなんだけど、LINEポケットマネーで10万円借りれました!アルバイターでも審査通過できるみたいだし、助かるわ〜。

LINEポケットマネーの審査では、収入源が安定していることが重要な条件の一つとされています。

しかし、実際のユーザーの口コミを見ると、アルバイトやパートなど非正規雇用の方でも審査を通過できているケースが多数見受けられます。20代の女性アルバイトの口コミでは、「アルバイト収入しかなかったけど、審査に通った」と語っています。

このように、LINEポケットマネーの審査では、正社員かどうかよりも、安定した一定額の収入があるかどうかが重視されているようです。 収入源がアルバイトやパートでも、年収が一定額を超えていれば審査を通過できる可能性は高いといえるでしょう。

【信用情報】過去に延滞履歴がある場合でも審査通過できている

30代/会社員

昔々、ローンの返済が遅れてしまい延滞になったことがあるんですが、そんなことは気にせずLINEポケットマネーに申し込んだら審査を通過できました。

40代/会社員

私、以前アパートの家賃を2ヶ月滞納してしまったことがあるんです。でも、そんな延滞履歴があってもLINEポケットマネーは審査に通過できちゃいました!驚きましたよ。

LINEポケットマネーの審査では、申込者の信用情報も重要な審査ポイントとなります。一般的に、過去にローンの延滞履歴があると審査を通りにくくなると考えられがちです。

しかし、実際のユーザーの口コミを見ると、延滞履歴があっても審査に通過しているケースが少なくありません。30代男性会社員の口コミでは、「3年前に延滞歴があったが、LINEポケットマネーの審査は通った」と明かされています。

また、別の20代女性アルバイトの口コミでは、「消費者金融で2回延滞したことがあるが、LINEポケットマネーは大丈夫だった」と記されています。

このように、過去に一時的な延滞があっても、現在は返済状況が改善されていれば、LINEポケットマネーの審査を通過できる可能性は十分にあるようです。

債務整理や自己破産の履歴が残っているブラック状態では難しい

40代/会社員

数年前に自己破産した履歴があり、LINEポケットマネーの審査は残念ながら落ちた。ブラック状態だと審査通過は難しそうだね。

30代/会社員

以前、債務整理の途中で申し込んだんですが、LINEポケットマネーの審査は通りませんでした。ブラック状態では審査を通過するのは至難の業のようですね。

LINEポケットマネーの審査では、過去の一時的な延滞履歴があっても必ずしも不利にはならない一方で、債務整理や自己破産の履歴が残っている「ブラック」状態の場合は、審査を通過するのが極めて難しいようです。

実際に、40代男性会社員の口コミでは「数年前に自己破産した履歴があり、LINEポケットマネーの審査は残念ながら落ちた」と記されています。 また、30代女性の口コミでは「債務整理の途中で申し込んだが、審査に通らなかった」と明かされています。

債務整理や自己破産の履歴は、信用情報機関に長期間残り続けるため、新たにローンを組む際の大きな障壁となってしまいます。LINEポケットマネーの審査でも、このような重大な信用履歴は審査に大きく影響を与えるようです。

一方で、ごく一部の例外的なケースでは、債務整理後一定期間が経過し、信用度が回復していれば審査を通過できる可能性もあるようです。

しかし、このようなケースはまれであり、債務整理や自己破産の履歴があると、原則としてLINEポケットマネーの審査を通過するのは難しいと考えられます。信用の回復には相当の年月を要するため、ブラック状態からの借り入れは現実的には厳しいでしょう。

ふるさと本舗 カードローン編集部

信用情報機関によりますが、一般的には自己破産や債務整理の記録は5年経つと信用情報から削除されます。

【年収】年収が200万円で審査通過できている

30代/派遣社員

派遣で年収200万ちょっとで通りました。驚きです。

20代/ アルバイト

年収200万円ちょっとだったけど、LINEポケットマネーの審査は通った。正社員じゃなくても大丈夫だった。

LINEポケットマネーの審査では、収入が一定水準を満たしていることが重要な条件の一つとなっています。

しかし、実際のユーザーの口コミを見ると、年収200万円程度でも審査を通過できているケースが多数見受けられます。20代男性会社員の口コミでは、「年収200万円ちょっとだったけど、LINEポケットマネーの審査は通った」と明かされています。

また、別の30代女性パートの口コミでは、「パートで年収190万円くらいだったが、問題なく借りられた」と記されています。

このように、LINEポケットマネーの審査では、年収が200万円前後であれば、比較的審査を通過しやすい傾向にあるようです。200万円を下回る極端に低い年収の場合は審査を通りにくくなりますが、一般的な水準であれば問題ないと考えられます。

ただし、年収だけでなく、勤続年数や雇用形態、信用情報なども総合的に判断されるため、年収が200万円を超えていても審査に通らないケースもあります。

また、年収の下限について明確な基準は不明ですが、200万円を切ると審査を通過するのが難しくなる可能性があります。

つまり、LINEポケットマネーの審査では、年収が200万円前後であれば審査を通過できる可能性は高いものの、他の条件次第では却下される場合もあります。年収の水準以外にも、さまざまな要件をクリアする必要があるようです。

【総量規制】年収の3分の1以上借入しようとしている場合には審査落ちとなる

40代/自営業

自営業の年収700万円で200万円借りたかったんだけど、無理だった。LINEポケットマネーの総量規制で年収の3分の1が限度額なんですってさ。

30代/自営業

年収300万ですが150万の借入はさすがに無茶でした。

LINEポケットマネーの審査では、借入希望金額が年収に対してどの程度の割合になるかも重要な審査ポイントとなっています。

実際にユーザーの口コミを見ると、年収の3分の1を超える金額を借りようとした場合、審査で却下されるケースが多いことがわかります。30代男性会社員の口コミでは、「年収400万円なのに150万円借りようとしたら審査落ちた。年収の3分の1が限度らしい」と記されています。

これはLINEポケットマネーに限らず貸金業法の総量規制によって、貸金業者は利用者の年収の3分の1以上の額を貸付することが禁止されているためです。

1社からの借入額はもちろんの事、既に借入している分も合わせての総借入が年収3分の1を超える額になるかどうかがチェックされます。

ふるさと本舗 カードローン編集部

申込時に他社での借入額を記載するポイントがありますが、この際に嘘の情報を書くのはやめましょう。

嘘の情報を書いたとしても信用情報には残債が全て記録されているため、すぐにバレてしまい、かえって審査落ちてしまうでしょう。

【LINEスコア】LINEサービスの利用頻度が極端に少ないと審査落ちとなる

40代/会社員

LINEポケットマネーの審査に落ちてしまいました。LINEPayやその他のLINEサービスを全く利用していなかったため、LINEスコアが低かったようです。利用頻度が影響するとは知りませんでした。

50代/自営業

LINEポケットマネーの審査で落ちたわけだけど、それはそうだろうな。LINEアプリ自体ほとんど使ってないし

LINEポケットマネーの審査では、LINEスコアが201点以上あることが必須条件となっています。

LINEスコアは、LINEアプリの利用履歴からAIが算出する指標で、LINEサービスをどれだけ活用しているかを示します。そのため、LINEの利用頻度が極端に少ない場合、LINEスコアが低くなり、審査を通過できない可能性が高くなります。

実際に、20代男性会社員の口コミでは、「LINEをほとんど使っていなかったせいでLINEスコアが低く、審査に落ちた」と記されています。

このように、LINEアプリ自体の利用が少なかったり、LINEが提供する各種サービスをまったく活用していなかったりすると、LINEスコアが201点を下回ってしまい、LINEポケットマネーの審査を通過するのが難しくなります。

一方で、LINEの生活者であれば、比較的審査を通過しやすい傾向にあります。LINEスコアを上げるには、LINEアプリでトークをこまめに行ったり、LINEPayやLINE Bitcoinなどの各種サービスを積極的に利用したりすることが重要です。

LINEポケットマネーの審査は消費者金融と比べたら厳しい

LINEポケットマネーの審査では、一般的な消費者金融と比べて、独自の審査基準である「LINEスコア」が大きな影響を与えています。

LINEスコアは、LINEアプリの利用履歴やLINE関連サービスの利用状況などから、AIが算出する指標です。LINEスコアが201点以上でないと、LINEポケットマネーの利用ができません。

つまり、LINEの生活者でなければ、審査の第一関門を通過できないのです。

一方、一般の消費者金融では、LINEスコアのような独自の指標は考慮されません。収入や年齢、信用情報などの一般的な審査基準のみで判断されます。そのため、LINEスコアが低い人は、消費者金融では審査を通過できても、LINEポケットマネーの審査は通りにくくなります。

また、LINEポケットマネーの審査では、LINEスコアに加えて、みずほ銀行のノウハウを活用した厳格な与信審査も行われます。銀行の審査基準を満たせなければ、LINEスコアが高くても審査を通過できない可能性があります。

このように、LINEポケットマネーの審査は、LINEスコアと銀行レベルの与信審査の二重の門がかかっているため、一般の消費者金融と比べて審査が厳しくなっていると言えるでしょう。

LINEポケットマネーの審査で知っておくべきポイント

LINEポケットマネーの審査で知っておくべきポイントは、主に以下の3点が挙げられます。

LINEポケットマネーの審査で知っておくべきポイント
  • LINE・LINEPayユーザーである必要がある
  • 勤務先への在籍確認連絡が行われる
  • 収入証明書の提出が求められるケースもある

それぞれ詳しく解説していきます。

LINE・LINEPayユーザーである必要がある

LINEポケットマネーの審査を通過するための最も重要な条件の一つは、LINEおよびLINEPayのユーザーであることです。

LINEポケットマネーは、LINEが提供するカードローンサービスです。そのため、LINEアプリをインストールし、LINEアカウントを持っていることが必須条件となります。LINEアカウントを持っていない人は、審査の対象外となってしまいます。

さらに、LINEPayのアカウントタイプが「LINE Money」に設定されていることも審査要件の一つです。LINE Payには「LINE Money」と「LINE Cash」の2種類のアカウントタイプがありますが、LINEポケットマネーを利用するには「LINE Money」である必要があります。

ふるさと本舗 カードローン編集部

LINE MoneyとLINE Cashの違いは本人確認の有無によるもの。LINEPay内で本人確認が完了していればアカウントタイプが「LINE Money」となります。

勤務先への在籍確認連絡が行われる

LINEポケットマネーの審査では、申込者が実際に勤務先に在籍しているかを確認するため、勤務先への電話連絡による在籍確認が行われます。

連絡の際は、オペレーターの個人名で対応し、LINEポケットマネーの名称は伏せて連絡がされるため周囲にバレる可能性は低いでしょう。

多くの消費者金融では電話による在籍確認を原則不要としていますが、LINEポケットマネーの場合は、原則として電話連絡による在籍確認が行われます。勤務先への連絡を望まない場合は、LINEポケットマネー以外のカードローンを選択する必要があります。例えば、アコムやプロミスなどでは、原則として勤務先への電話連絡は行われません。

LINEポケットマネーを利用する際は、勤務先への在籍確認の電話連絡があることを前提に考える必要があります。審査を通過するためには、この手続きを避けられないことを認識しておく必要があるでしょう。

ふるさと本舗 カードローン編集部

貸金業法によって貸金業者は利用者の返済能力調査が義務づけられており、その一環で在籍確認が行われます。

収入証明書の提出が求められるケースもある

LINEポケットマネーの審査では、申込者の収入が一定水準を満たしているかを確認するため、収入証明書の提出を求められる場合があります。

具体的には、以下のケースで収入証明書の提出が必須となります。

収入証明書の提出が必須なケース
  • 利用限度額(極度額)が50万円を超える場合
  • 他社のローンと合わせた総借入額が100万円を超える場合
  • 増額審査を行う際
  • 前回提出した収入証明書の発行日から3年以上経過している場合

収入証明書として受け付けられる主な書類は以下の通りです。

収入証明書として受け付けられる主な書類
  • 源泉徴収票(最新年度のもの)
  • 給与明細書(直近2か月分以上)
  • 確定申告書の控え
  • その他(納税証明書、青色申告決算書、年金証書など)

給与明細書を提出する場合は、発行日や会社名、氏名などが記載された部分を撮影する必要があります。複数枚に分かれている場合は、それぞれの必要部分を撮影してアップロードします。

収入証明書は、LINEアプリ内から簡単にカメラで撮影してアップロードできます。修正液で修正された書類や加筆のある書類は受け付けられないため注意が必要です。

LINEポケットマネーの申込~利用までの流れ

LINEポケットマネーの申込から実際に利用するまでの流れは以下の通りです。

STEP
申込

LINEアプリ内の「ウォレット」タブから「LINEポケットマネー」を選択し、申込を開始します。

STEP
必要事項の入力

利用規約に同意後、必要事項(希望借入金額、収入状況など)を入力します。

STEP
必要書類の提出

本人確認を行います。写真付き身分証(運転免許証やマイナンバーカード)を用意し、スマホで撮影するだけで簡単に手続きできます。

STEP
審査

入力内容を基に審査が行われ、専用のLINEアカウントから審査結果が通知されます。審査は最短10分ですが、状況次第で数日要する場合もあります。

STEP
契約完了

審査通過後、契約内容を確認し、契約を完了させます。

STEP
借入

LINEアプリ内にあるLINEポケットマネーから希望金額と入金先(LINE PayまたはLINE Pay連携の銀行口座)を入力し、借入手続きを完了します。

STEP
返済

毎月の返済はLINE Pay残高または登録した銀行口座から自動引き落としされます。繰上返済も可能です。

ふるさと本舗 カードローン編集部

LINEポケットマネーはLINEアプリ内で申込から借入、返済まですべての手続きが完結するのが特徴です。

LINEポケットマネーの基本情報

LINEポケットマネー
金利3.00%~18.00%
貸付限度額3万円~300万円
申込条件満20歳~満65歳
※安定かつ継続した収入の見込める方
※その他当社が認める方
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額100円~
在籍確認原則電話確認あり
メリット
  • スマートフォンのLINEアプリから手続きができ、申込から返済まで非常に手軽
  • 初回借入時に100日間の利息がキャッシュバックされる
  • 最短即日で融資が可能
デメリット
  • 電話による在籍確認が必須
  • LINEサービスの利用状況によっては審査落ちとなる可能性がある

LINEポケットマネーの最大の特徴は、申し込みから借り入れ、返済までのすべてをLINEアプリ内で完結できる点にあります。店頭への来店や書類の郵送は一切不要です。

審査では、LINEの利用履歴から算出される独自の「LINEスコア」が重視されます。 LINEスコアが201点以上でないと審査に通過できません。

また、一定の条件を満たす場合は収入証明書の提出も求められます。

借り入れ後は、LINE Payの残高か指定の銀行口座に入金されます。返済は毎月の約定返済に加え、いつでも繰上返済が可能です。

このように、LINEポケットマネーはLINEアプリ内で完結するカードローンサービスで、LINEの利用実態を反映したスコアリングが特徴的です。

LINEポケットマネーのメリット

LINEポケットマネーのメリットに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

LINEポケットマネーのメリット
  • 最短10分で審査が完了し即日融資に対応
  • 契約日から30日間は何度利用しても利息分をキャッシュバック
  • LINEアプリの中で申込~利用まで完結できる
  • 銀行振り込みかLINEPayへの入金を選べる
  • 郵送物がなくカードレスで利用できるため周囲の人にバレづらい

それぞれ詳しく解説していきます。

最短10分で審査が完了し即日融資に対応

LINEポケットマネーの大きな魅力の一つが、スピーディーな審査対応と即日融資です。

申し込みから最短10分で審査が完了し、当日中にお金を借りられる点が大きなメリットとなっています。一般的なカードローンでは、審査に数日から1週間程度を要することが多く、大手消費者金融と比べても早い審査スピードと言えるでしょう。

審査の営業時間は土日祝関わらず8:00~22:00。しかし、電話による在籍確認が必須となっているため、職場で電話に出る人がいなければ審査が長引いてしまうため注意しましょう。

即日融資を受けるには、平日の日中に申し込むことが賢明でしょう。審査が完了次第、LINEアプリ内から希望の金額と入金先を指定すれば、最短3分で振り込みが完了します。

ふるさと本舗 カードローン編集部

大手消費者金融で最短の審査スピードはアイフルの18分。LINEポケットマネーは最短10分と驚異的な早さです。

契約日から30日間は何度利用しても利息分をキャッシュバック

LINEポケットマネーには、新規契約者向けに契約日から30日間、何度借り入れを行っても発生した利息分が全額キャッシュバックされるサービスがあります。

この特典を利用すれば、契約日から30日間は実質的に無利息で借り入れができます。利息分は後日LINE Pay残高に全額入金されるため、利息を気にすることなく自由に資金を調達できるのが魅力です。

さらに、複数回に分けて借り入れを行っても、発生した利息分は全額キャッシュバックされます。キャッシュバックのタイミングは、契約日から30日後の翌月10日頃となっています。

ただし、30日以内に完済した場合はキャッシュバックの対象外となるため注意が必要です。また、延滞などのトラブルがあった場合も特典は適用されません。

ふるさと本舗 カードローン編集部

この特典の適用対象は、新規でLINEポケットマネーに契約した人のみです。過去にLINEポケットマネーを利用していた人は対象外となります。

LINEアプリの中で申込~利用まで完結できる

LINEポケットマネーの最大の特徴は、LINEアプリ内で申し込みから借り入れ、返済までのすべての手続きを完結できる点にあります。店頭への来店や書類の郵送は一切不要で、スマートフォンさえあれば手軽にカードローンを利用できます。

申し込み手順は、LINEアプリ内の「ウォレット」から「LINEポケットマネー」を選択するだけで開始できます。収入状況や希望借入金額などの必要事項を入力し、本人確認書類を提出すれば審査に進みます。

審査結果は専用のLINEアカウントから通知され、契約内容の確認と借り入れ手続きもLINEアプリ内で完結。借り入れ金額は1円単位で指定でき、最低100円から最大300万円までの範囲で自由に設定できます。

借り入れ後の返済も、LINEアプリ内で簡単に操作できます。毎月の約定返済はLINE Pay残高または登録した銀行口座から自動引き落としされます。繰上返済も可能で、いつでも残高の全額または一部を返済できます。

銀行振り込みかLINEPayへの入金を選べる

LINEポケットマネーでは、借入金の受取方法を銀行口座への振り込みとLINE Payへの入金から選ぶことができます。

銀行口座への振り込みを選んだ場合、事前に登録した指定の口座に融資金が入金されます。登録可能な口座は、本人名義の普通預金口座やキャッシュカード付きの総合口座に限られています。

一方、LINE Payへの入金を選択すると、借り入れ金額がLINE Pay残高に直接チャージされます。LINE Pay残高は、LINEアプリ内で確認でき、オンラインショッピングの支払いや銀行口座への出金など、さまざまな用途に使えます。

どちらの受取方法を選ぶかは、利用目的に合わせて自由に決められます。生活費や買い物代として使う場合はLINE Payが便利ですし、現金が必要な場合には銀行口座への振り込みが適しているでしょう。

郵送物がなくカードレスで利用できるため周囲の人にバレづらい

LINEポケットマネーの大きな特徴は、申し込みから利用、返済に至るまですべての手続きがLINEアプリ内で完結するため、自宅への郵送物が一切ないことです。

一般的なカードローンでは、契約後にローンカードが自宅に郵送されるケースが多く、家族に見つかるとカードローン利用がバレてしまう可能性があります。しかし、LINEポケットマネーはカードレスで利用できるため、そういったリスクがありません。

さらに、LINEアプリ内で完結するサービスであることから、審査結果の通知もLINEのメッセージで行われます。勤務先や自宅への電話連絡がないため、職場や家族にカードローン利用がバレる心配がありません。

職場へ在籍確認の電話があることは要注意

ただし、LINEポケットマネは審査の際に勤務先への在籍確認の電話連絡が行われます。

この場合、オペレーターは個人名で対応するため、カードローンの存在が漏れるリスクは低いものの、話の内容から在籍確認と気付かれる可能性もあります。

そのため、完全に周囲にバレずにカードローンを利用したい場合は、在籍確認の電話連絡がない他のカードローンを選択するのが賢明です。

一方で、LINEポケットマネーは郵送物がなくカードレスで利用できるため、一般的なカードローンと比べて周囲にバレづらいのは間違いありません。プライバシーを重視する人にとって、大きなメリットといえるでしょう。

LINEポケットマネーのデメリット

LINEポケットマネーのデメリットに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

LINEポケットマネーのデメリット
  • LINE Payの登録が必須となる
  • 銀行系カードローンと比べると金利が高め
  • LINEサービスの利用頻度が少ないと審査が不利になる

それぞれ詳しく解説していきます。

LINE Payの登録が必須となる

LINEポケットマネーを利用するための大きなデメリットの一つが、LINE Payの登録が必須となる点です。

LINEポケットマネーの申し込み時に、LINE Payのアカウントを持っていないと申込すらできません。まずは、LINEアプリ内から「LINE Pay」を開き、日本の電話番号を使ってアカウント登録する必要があります。

LINE Payで本人確認を完了し「LINE Money」のアカウントタイプにする必要がある

さらに、LINE Payのアカウントタイプが「LINE Money」に設定されていることも審査要件の一つです。

「LINE Money」は本人確認が済んでいるアカウントタイプで、送金や出金などの機能が使えます。本人確認は、オンラインで本人確認書類と自分の写真を送信するだけで済みますが、確認完了までは3営ほどかかるため注意が必要です。

銀行系カードローンと比べると金利が高め

LINEポケットマネーは銀行系カードローンと比較すると金利が高めに設定されています

LINEポケットマネーの金利は、3.0%から18.0%の変動金利制となっています。一方、主要銀行のカードローンの上限金利を見ると、みずほ銀行は14.0%、三菱UFJ銀行は14.8%、りそな銀行は13.8%となっています。メガバンク系の上限金利は概ね14%前後が一般的です。

つまり、LINEポケットマネーの最高金利18.0%は、銀行系カードローンの上限金利を4%程度上回る高い水準になっています。信用度が低い場合は、銀行系より高い金利設定になる可能性があるということです。

総じて、LINEポケットマネーの金利は銀行系と比べると高めに設定されている傾向にあり、これがデメリットの一つと言えるでしょう。長期返済を予定していて、金利面で有利な条件を求める場合は、銀行系カードローンを検討するのも一つの選択肢となります。

ふるさと本舗 カードローン編集部

金利は主に借入金額の大きさと信用度によって変わりますが、とりわけ借入金額の大きさによる影響が強くあります。

貸金業法によって上限金利が定められており、借入金額10万円~100万円未満の場合には年18%、100万円以上の場合には15%。

基本的に100万円未満の借入時には18%が適用されると思った方が良いでしょう。

LINEサービスの利用頻度が少ないと審査が不利になる

LINEポケットマネーの審査では、LINEアプリやLINEが提供する各種サービスの利用頻度が重要な判断材料となります。そのため、LINEサービスをほとんど利用していない人は、審査で不利になる可能性が高いというデメリットがあります。

その理由は、LINEポケットマネーの審査でLINEスコアという独自の指標が用いられているためです。LINEスコアは、LINEアプリの利用履歴やLINE関連サービスの利用状況などから、AIが算出する300点満点のスコアです。LINEスコアが201点以上でないと、LINEポケットマネーへの申し込みすら受け付けられません。

LINEポケットマネーの審査を有利に通過するには、日頃からLINEアプリやLINEサービスを活発に利用し、LINEスコアを高めておく必要があります。LINEサービスの利用頻度が低いと、審査が不利になってしまう点がデメリットと言えるでしょう。

ふるさと本舗 カードローン編集部

LINEスコアは、LINEプラットフォームでの行動データやライフスタイルに関する質問の回答を基に、独自のAIによって算出されます。

LINEポケットマネーの審査に関するよくある質問

よくある質問
  • LINEポケットマネーで審査が長くなる際の原因はどんなことが挙げられますか?
  • LINEポケットマネーは土日でも審査対応していますか?
LINEポケットマネーで審査が長くなる際の原因はどんなことが挙げられますか?

まず、申込が集中している時期は審査に時間がかかる傾向にあります。特に月末や連休前は申込が増えるため、通常よりも審査に時間を要することがあります。

また、本人確認書類の不備や記入漏れがある場合も、審査が遅れる原因となります。申込時は必要事項を正確に入力し、本人確認書類は鮮明な画像をアップロードするようにしましょう。

さらに、勤務先への在籍確認が必須となっており、当然ながら土日や夜間は在籍確認の対応ができないため、在籍確認の遅れによって審査自体も遅れることがあるでしょう。

審査時間を少しでも短縮したい方は、申込が集中する時期を避け、必要書類は漏れなく正確に提出するよう心がけましょう。

LINEポケットマネーは土日でも審査対応していますか?

LINEポケットマネーでは、土日祝日を問わず24時間365日いつでも申し込みと審査が可能です。

しかし、在籍確認が行えるのは原則平日のみとなるため、土日祝日に申し込んでも融資が翌営業日になる可能性があります。

また、深夜や早朝の時間帯に申し込んだ場合も、審査が翌日にずれ込むリスクがあります。可能な限り平日の日中に申し込むことをおすすめします。

まとめ

記事のまとめ
  • フクホーは1967年創業の大阪本社を持つ消費者金融で、独自の審査基準があるため、他社に比べ審査に通りやすい
  • フクホーの特徴は信用情報にブラック履歴があっても審査に通過する可能性がある点や、即日融資が可能である点
  • 「年収100万円で20万円借りられた」や「他社で延滞履歴があっても審査を通過できた」といった声が多い
  • 審査通過の主なポイントは、職業、信用情報、年収、総量規制の遵守
  • アルバイトやパートでも安定した収入があれば問題なく審査に通過するケースが多くある
  • メリットとしては、信用情報に傷がある場合でも審査通過できる可能性があること
  • デメリットとしては、個人事業主や法人経営者は利用できないこと
ふるさと本舗 カードローン編集部

ふるさと本舗では他にも様々な消費者金融をご紹介しています。編集部がユーザーアンケートをはじめ徹底調査したおすすめの消費者金融を以下の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

目次