PR

未成年はお金を借りることができる?18歳以上におすすめの借入先も紹介

【1分で分かる】未成年者・学生が親に知られずお金を借りる方法【安全&即日融資】

「今必要なお金を、親に知られず借りたい。
けれどカードローンのHP等を見ても、利用できるのは20歳以上という記載ばかり…」

結論から言うと、未成年者が単独で、お金に関する契約を結ぶことは困難。これは今の民法が、「未成年者が単独でした契約は取り消せる(=貸す側のリスクが大きすぎる)」と明記しているからですが…。
その一方で、何事にも例外はつきものです。

実際に未成年でお金を借りたことがある100人にアンケートをとった結果、全体の3割は親権者の同意を得ずにお金を借りることができたと回答しています。

参考:未成年でお金を借りたことがある人の実態調査の概要

そこで今回は、例外中の例外とも言える「未成年者や学生が、原則として親の許可なく」お金を借りる方法をピックアップ。初心者向けに分かりやすくまとめました。
読み進めて頂ければ、今のあなたが取るべき行動が分かります。

目次

未成年(高校生)がお金を借りる方法はない!お金を借りられる年齢を確認

結論、18歳未満の未成年が金融サービス(クレジットカードのキャッシングやカードローン)で借金する方法はありません

政府広報オンラインでも「クレジットカードの発行やローンを組むのは成人してから」と記載されているように、基本的に未成年の方はアルバイトの給料や親族からの援助で生活する必要があります。

例えば……

記事内で紹介しているプロミスは、18歳から申し込みできます。また学生ローンのフレンド田マルイも新規契約は18歳からと、未成年が利用できる会社はありません。

「未成年でも借りられる」と主張してお金を貸そうとする業者はヤミ金の可能性もあるので、決して利用しないでください。

未成年が自名義で借金する以外にお金を手に入れる方法

未成年者が自分の名義でお金を手に入れる方法は、大きく分けて4つ考えられます

以下の内容を読みながら、自分にあった方法を見つけてみてください。

1.親族からお金を借りる

未成年者でお金が必要な方は、親や祖父母などからお金を借りられないか検討してみましょう。

現状自分ではどうにもできない状況ならば、身近な方に頼るのが最も手っ取り早い方法と言えます。

身近な方に正直に伝えてみよう

両親や祖父母などにお金を借りるときは、何に使うためにいくら必要か伝えてみましょう。まっとうな動機で今すぐ必要なことが伝われば、お金を貸してくれるでしょう。

2.フリマサイトで不用品を売却する

「今すぐお金が必要ではない」「家に使わないものがある」という方は、フリマサイトで不用品を売却しましょう。

メルカリやラクマなど、スマートフォンで売買できるアプリがおすすめです。

商品を売却するステップ
  1. アプリをインストールする
  2. 個人情報を入力する
  3. 不用品の写真を撮る
  4. 商品の情報を記載し値段をつけてアップ
  5. 購入されたら商品を発送する

商品の値段を決めるときは、すでに販売されている近しい商品の販売価格を確認しながら決めてみましょう。

サイトにアップする商品の写真をきれいに撮ったり、クリーニングして状態を良くしてから販売したりすると、値段を上げて販売できます。

3.派遣や日払いのバイトで稼ぐ

数日以内にお金が必要な未成年者は、派遣や日雇いのバイトで稼げないか考えてみましょう

1回の勤務につき都度給料が支払われる働き方なら、月末の給料日を待たずにお金を手にできます。

例えば……

タウンワークやバイトルのような求人サイトや、タイミーのようなアプリで求人を探せる形もあります。自分にあった方法で今すぐ働けるところを探してみてください。

日雇いアルバイトでも、報酬支払いまでに数日かかる業者は少なくありません。

お金はいつ必要なのか、登録する派遣業者は必要なときまでにお金を振り込んでくれるのか確認し、必ず受け取れると判断してから利用してみてください。

また派遣会社によっては説明会に参加しなければならないので、派遣や日雇いのアルバイトを探している方は応募までのステップを確認しましょう。

4.アルバイト先で給料を前借りできないか相談する

すでにアルバイトをしている方は、勤務先で給料を前借りできないか相談してみましょう。

例えば「今月すでに働いた分を支払って欲しい」のような要望なら、非常事態であることを理解してもらえれば前借りできる可能性があります。

まだ働いていない分のお金を前借りできますか?

いいえ、できません。厚生労働省によると、給料の前借りはすでに行った労働に対して有効な手段であり、これから行う予定の労働には適用されないと言われています。

なお給料の前借りが認められるのは、出産・結婚・病気・災害などでお金が必要になったときです。

基本的にプライベートの事情で前借りを申請しても応じてもらえないので、あらかじめ理解しておきましょう。

未成年が”借金”することで伴うリスク|トラブルに陥る前にチェック

借金で伴うリスク
  • 友人と遊ぶお金がなくなる
  • 生活費を削る必要性がある
  • クレジットカードを発行できなくなる
  • 成人してからローンを組めなくなる
  • 借金を返済できないと債務整理の可能性もある

未成年の借金で伴うリスクは、上記の5つが挙げられます

直近だと友人と遊ぶお金がなくなったり、生活費を削って借金を返済しなければならなかったりする点が考えられるでしょう。

未成年で起きたお金のトラブルは成人後に影響を与える可能性も

借金を期日までに返済できないと、その履歴が信用情報機関に記録されてしまいます。今後クレジットカードやローンの審査に悪影響を及ぼし、新規契約できないこともあるでしょう。

また長期間借金を返済できず利息が膨らんでしまうと、債務整理(自己破産や任意整理などで借金を処分すること)をしなければなりません。

お金に関するトラブルがつきまとい精神的に辛く、社会的にも生活しにくくなってしまうため、やむをえず借金をしたならば必ず期日に返すよう心がけてください。

未成年者の借金を取り消せないケース

東京くらしWEBによると、未成年者は成年者と比べて取引の知識や経験が浅いことから、親などの法定代理人の同意を得ずに行った契約は条件に当てはまれば取り消せます。

しかし以下4つのケースでは借金を取り消せずに自分で支払うことになるので、すでにお金を借りている方は該当していないか確認してみてください。

親が同意している

未成年者の借金を親が同意していると、取り消しは認められません。

東京くらしWEBに記載されている未成年契約取り消しの条件では「法定代理人が同意していないこと」と記載されています。

つまり借金の契約を親が認めていれば、基本的に自分で支払うことになると理解しておきましょう。

子供が結婚している

子供がすでに結婚していると、借金は自分で支払うことになります

例えば女性が2022年4月の民法改正前に16歳で結婚していた場合、本人に借金があっても取り消しは認められません。

すでに離婚が成立していても契約は取り消せない!

東京くらしWEBによると、未成年者契約を取り消せるのは「契約当事者が婚姻の経験がないこと」と定義しています。つまり現時点で離婚していても婚姻の経験は消えないため、借金は取り消せません。

参照元:東京くらしWEB

すでに結婚している方は、今抱えている借金を自分で支払うことになると理解しておきましょう。

未成年者が虚偽の情報でお金を借りている

未成年者が融資先に虚偽の情報を伝えてお金を借りていた場合、借金は取り消せません。

例えば自分は未成年ではないと嘘をついたり、親の同意を得ていると嘘をついたりしていると、詐術(さじゅつ)を用いていると判断されて借金を自分で背負うことになります。

詐術と認定されるのはどのような条件?

「自分は未成年」「親から同意をもらっている」というだけでは詐術に該当しません。嘘の情報を用いて融資先を認めさせた場合に詐術と認定されます。

参照元:東京くらしWEB

嘘の情報を認めさせてお金を借りたら自分で返済しなければならないので、詐術を使ってお金を借りないでください。

未成年者が親の許可を得て商売をしている

未成年者が親の許可を得て商売をしていると、お金を借りた時期に成人していないとしても契約は取り消せません

民法六条によると「営業を許された未成年者は成年者と同一の行為能力を有する」とされています。

つまり営業に必要なお金を借り、仮に返済できなくなってしまっても本人が支払うしかありません。

18歳・19歳が即日お金を借りる方法

18歳・19歳は成人しているため、法律上は自分名義での借り入れが許されています。

しかし自分にあった方法を選ばないと無駄な利息を支払うことになるので、必ず以下3つの方法を見比べてみてください

カードローンで借りる

18歳・19歳がお金を借りるとき、カードローンの利用がおすすめです。

カードローンとは消費者金融や銀行が用意しているお金を借りられるサービスで、18歳以上の方が利用できます。

基本的に20歳未満の方は銀行カードローンの利用はできないため、消費者金融での借り入れになると理解しておきましょう。

消費者金融は違法ではない!

消費者金融と聞くと「違法なのではないか」「ヤミ金のこと?」と考える方もいらっしゃるでしょう。しかし消費者金融は金融庁に認められた会社しか運営できないため、決して違法ではありません。

これからはじめてカードローンを利用するときに不安な方は、登録貸金業者情報検索サービスを利用しましょう。

借り入れを検討している会社が金融庁に登録されているか確認して、誤ってヤミ金を利用するリスクを軽減できます。

記事内で18歳・19歳におすすめのカードローンを紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

18歳・19歳におすすめのカードローンを確認する

学生ローンを利用する

18歳・19歳の方は、学生ローンの利用もおすすめです。

学生ローンとは学生中心にお金を貸している消費者金融のことで、店舗は東京など大学や専門学校が多い地域に密集している傾向にあります。

学生ローンを利用するメリットは、カードローンよりも安い利息で借りられる可能性がある点です。

会社名利率
プロミス4.5%〜17.8%
フレンド田12.0%〜17.0%
カレッヂ15.0%〜17.0%
マルイ12.0%〜17.0%

例えばプロミスでお金を借りると最大17.8%利息がかかるのに対し、学生ローンは17.0%が最大になっています。

お金を借りる金額やこれまでの利用履歴によって利率は変わりますが、最大利率がカードローン会社よりも低率なのはメリットです。

しかし店舗数は「東京1店舗」のように限られるため、地方に住んでいる方はWeb申し込み、東京近郊に在住の方はWebまたは来店での申し込みになると理解しておきましょう。

クレジットカードのキャッシングを利用する

すでにクレジットカードを持っている方は、キャッシング機能の活用もおすすめです。

キャッシング機能はクレジットカードについている機能のことで、審査によって決められた利用枠の範囲内でお金を借りられます。

例えばショッピング枠が50万円、キャッシング枠が30万円のクレジットカードなら、お金を借りられるのは30万円までです。

キャッシング機能は審査が必要!

クレジットカードのキャッシングを利用するには、事前に審査を受けて利用枠を設定する必要があります。カード申し込みの段階で設定していない方は、アプリやWebサイトからキャッシング枠の審査を受けましょう。

18歳・19歳におすすめのカードローンはプロミス

利用限度額1万円〜500万円
金利(実質年率)4.5%〜17.8%
借入方法インターネット振込
スマホATM
コンビニ・提携ATM
プロミスATM
プロミスコール(電話)
返済方法インターネット返済
口座振替

スマホATM

コンビニ・提携ATM
プロミスATM
銀行振込
申込条件日本国内に居住している方
年齢満18歳〜74歳
安定した収入がある方(アルバイト・パート可)
損害遅延金20.0%
無利息期間30日間
※初回契約でメールアドレス登録・Web明細利用の方
備考
プロミスのおすすめポイント
  • カードローンで唯一成人年齢の引き下げに対応
  • 全国のコンビニ・銀行ATMと提携
  • 30日間の無利息期間を用意

プロミスは、カードローン会社で唯一成人年齢の引き下げに対応しています(2023年10月時点)。

知名度のある会社からお金を借りたい方や、近くに自動契約コーナーがある方におすすめのカードローン会社です。

旅行中や地方在住の方も安心!

同社は全国のコンビニATMと三井住友銀行ATMと提携しています。またゆうちょ銀行やそのほか地方銀行とも提携しているので、どこにいてもお金の借り入れ・返済に困りません。

さらにプロミスは、新規契約の方限定で30日間の無利息期間を用意しています。

「アルバイトの給料が入れば返済できる」「できるだけお得に借りたい」という方は、プロミスを活用してみてください。

プロミスの公式サイトを確認する

18歳・19歳におすすめの学生ローン

18歳・19歳で東京近郊に住んでいる方は、学生ローンの利用もおすすめです。

以下では、成人年齢の引き下げに対応している学生ローンを3社紹介します。

フレンド田:自分名義で借りられる

利用限度額1万円〜50万円
金利(実質年率)12.0%〜17.0%
借入方法来店
振り込み
返済方法来店
振り込み
郵便書留
申込条件高卒以上の大学生・短大生・専門学生・予備校生の方
必要書類をご提示いただける方
安定した収入のある方
損害遅延金20.0%
無利息期間なし
備考18歳・19歳は直近1カ月の収入証明書が必要

フレンド田は、高田馬場駅から徒歩20秒のアクセスが特徴的な学生ローンです。

店舗以外にもWeb・電話申し込みに対応していて、遠方に住んでいる方でも気軽に利用できます。

店舗の営業時間に注意!

同社の営業時間は平日10時から18時まで、土曜日は10時から15時までです。第2・4土曜日と日曜祝日は定休日になります。

18歳・19歳は給与明細など収入がわかるものが必要になるので、用意してから申し込んでください。

フレンド田の公式サイトを確認する

カレッヂ:自分名義で借りられる

利用限度額1万円〜50万円
※18歳・19歳は10万円まで
金利(実質年率)15.0%~17.0%
借入方法セブン銀行ATM
銀行振込
来店
返済方法セブン銀行ATM
銀行振込
現金書留
来店
申込条件高卒以上の学生
損害遅延金20.0%
無利息期間なし
備考学生証・保険証の他、収入証明が必須
振り込みの場合、公共料金か在宅確認のいずれか必要

カレッヂは14時までにすべての手続きが完了していれば、即日融資が可能な学生ローンです。

平日は10時から18時まで、土曜は10時から14時まで営業しているので、今日中にお金が必要な方は必要な書類を用意して午前中のうちに申し込みましょう(日曜祝日と第1・2・4土曜日は休み)。

申し込み時の注意点

18歳・19歳の方は最高10万円までの融資になります。また学生証・保険証・給与明細などの収入証明が必要になるので、用意してから申し込んでください。

カレッヂはセブン銀行ATMでの借り入れ・返済にも対応しています。

遠方に住んでいる方も不便にならずに利用できるので、お金を借りたい方は申し込みを検討してみてください。

カレッヂの公式サイトを確認する

マルイ:自分名義で借りられる

利用限度額1万円〜100万円まで
金利(実質年率)12.0%〜17.0%
借入方法銀行振込
来店
返済方法銀行振込
来店
申込条件日本全国の学生
マルイの会員(社会人可)
損害遅延金20.0%
無利息期間なし

マルイは必要書類を提出してから審査完了まで、最短30分の対応が特徴的な学生ローンです。

16時半までに契約すれば即日振り込みが可能で、店舗での契約なら17時の契約でも即日対応してくれます。

「夕方の飲み会にお金が必要」「午前中の授業終わりに手続きしたい」という方におすすめの会社です。

「1秒診断」で仮診断が可能!

マルイは公式サイト内に仮診断機能の「1秒診断」を用意しています。仮診断を受けると無駄な審査落ちを防げるので、申し込み前に仮診断を受けてから手続きをはじめてください。

マルイの公式サイトを確認する

すでに10代・20代で借金返済に困っているなら債務整理も検討しましょう

10代・20代で借金の返済に困っているなら、債務整理(任意整理・個人再生・自己破産による借金返済)も選択肢の一つです。

借金を返済できないと延滞や滞納が生じてしまい、利息を返済できなくなってしまいます。

債務整理に年齢制限はない

債務整理には年齢制限がありません。今抱えている借金を返済できる目処が立たないなら、1日でも早く債務整理できないか弁護士に相談しましょう。

一部の債務整理は自力でもできますが、手続きに時間がかかったり難しい専門用語を1から学ばなければならなかったりするため、おすすめできません。

弁護士事務所に相談し、どの方法で借金完済を目指すか一緒に考えてもらうと良いでしょう。

「弁護士事務所はどこを選んだら良いかわからない」という方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

【注意】未成年でお金を借りたくても頼るべきではない方法とは?

お金を借りたくても頼るべきではない方法
  • ヤミ金を利用した借り入れ
  • 明らかに時給相場とかけ離れた怪しいバイト
  • 友人間で行う多額の借り入れ

どうしてもお金が必要なときでも、上記3つの方法で借金するのはおすすめしません

ヤミ金とは金融庁に認可されていない貸金業者のことで、年20.0%を超える法外な金利を要求されることもあります。

違法な金融業者は、主にダイレクトメールやファクスを送りつけて勧誘してきます。勧誘文書には「低金利で融資」「他店で断られた方でもOK」「らくらく・簡単」「即日融資」などと記載し、利用者の心理をついて誘い込んできます。

引用元:財務省東北財務局

今利用を考えている会社が金融庁に認可された会社かわからないときは、登録貸金業者情報検索サービスで検索してみてください。

また、SNSやWebサイトに高額報酬を謳いながら仕事の詳細がわからない投稿があったら、いわゆる闇バイトの可能性があります。

警視庁の注意喚起によると、闇バイトは「受け子」のような役割を任されるケースが多いと言われています。

犯罪に加担した結果、使い捨てにされてしまい自分が検挙されることもあるので、たとえ高額報酬でも決して闇バイトは利用しないでください。

友人間での金銭トラブルで絶縁になることも

友人間でのお金の貸し借りはおすすめしません。お金を返した、返されていないなどトラブルの火種になり、最悪のケースでは絶縁状態になってしまうからです。

アルバイトをしていて給料日まで待てないのであれば、カードローン学生ローンの利用がおすすめです。

短期間で返済できれば利息も最小限に収まるので、法的に認められた方法でお金を借りてください。

未成年が借金等でお金を調達する前に知っておきたい基礎知識

未成年者でお金を借りようと考えている方は、以下で紹介する基礎知識を身につけてから利用しましょう。

未成年の借金は金銭消費貸借契約という

未成年・成年にかかわらず、借金は「金銭消費貸借契約」にあたります。

より噛み砕いて説明すると、貸金業者から借りたお金は、同じ金額(実際には利息を含めているため多くなる)を返さなければなりません

上記の決まりは民法で定められていることであり、以下のように条文が掲載されています。

第五百八十七条 消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる。

引用元:民法第五百八十七条

なお民法第五百八十八条によると、お金の貸し手は特約(オプションのようなもの)を追加すれば、お金を受け取った日以降の利息を請求できます。

基本的にカードローンや学生ローンでお金を借りるときは、借りたお金に利息を加えて返済するので、あらかじめ理解しておきましょう。

金銭消費貸借契約は金銭の受領または書面によって成立

金銭消費貸借契約は、お金の受け渡しまたは書面での契約によって成立します。

第五百八十七条 消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる。

第五百八十七条の二 前条の規定にかかわらず、書面でする消費貸借は、当事者の一方が金銭その他の物を引き渡すことを約し、相手方がその受け取った物と種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約することによって、その効力を生ずる。

引用元:民法第五百八十七条

つまり、対面で面談したときの口約束やテキストベースの会話で契約は成立しません。

どのタイミングで契約が成立するのか理解し、必要なときに必要な金額だけ契約できるようにしてください。

未成年でも金銭消費貸借契約を結ぶと借金返済の義務を負う

年齢にかかわらず、金銭消費貸借契約を結ぶと必ず借金を返済しなければなりません

ただし民法第五条にもあるように、未成年者は法定代理人(基本的には親)が同意しているときに限り借金を返済する義務が生じます。

借金は期日までに返さなければならない!

基本的に借りたお金には返済期限があります。その期日を守らないと、貸し手から遅延損害金(延滞による追加手数料)を請求され、その金額を加えて全額返済する義務が生じると知っておきましょう。

参照元:民法第四百十五条

カードローンや学生ローンでは毎月一回返済が必要で、完済するまで利息を含めた一定の金額を支払い続けます。

未成年でも親の同意を得て契約すると年齢にかかわらず借金返済の義務が生じるので、お金を借りるときは自分の責任で返済できる金額を設定してください。

借金にかかわる未成年・貸し手の権利

未成年者にかかわる金銭契約は、あとから契約を取り消せる背景もあり、貸し手が不利な状態です。

そのため、未成年には追認(契約が有効なものとあとから認めること)が認められ、貸し手には催告権(契約を認めるか判断してもらうこと)が認められています

第二十条 制限行為能力者の相手方は、その制限行為能力者が行為能力者(行為能力の制限を受けない者をいう。以下同じ。)となった後、その者に対し、一箇月以上の期間を定めて、その期間内にその取り消すことができる行為を追認するかどうかを確答すべき旨の催告をすることができる。この場合において、その者がその期間内に確答を発しないときは、その行為を追認したものとみなす。

引用元:民法第二十条

例えば未成年がお金を借りて貸し手から「本当に契約しますか」と催告されると、決められた期日までに回答しなければ契約は認めてしまいます。

もちろん法外な契約は追認後も取り消せます(民法百十九条)が、基本的に追認すると返済の義務が生じると理解しておきましょう。

未成年者の借金でよくある質問

未成年者で借金しようか悩んでいる方は、よくある質問を確認しましょう。

実際にお金を借りられるのか確かめて、どのような方法でお金を確保するか考えてみてください。

未成年でも借金はできますか?

いいえ、カードローンや学生ローンを用いて借金はできません。どうしてもお金が必要な方は、未成年がお金を用意する方法をチェックしてみてください。

19歳でもお金を借りることはできますか?

はい、19歳ならお金を借りられます。カードローンならプロミス、学生ローンなら記事内で紹介した3社が18歳以上の借り入れに対応しています。

18歳成人の借金はどうなるの?

18歳成人に移行すると、カードローンやクレジットカードの契約年齢が引き下げられます。成人後の借金は自分で返済しなければいけなくなり、債務整理をしない限り取り消せません。

学生ローンは未成年でも借りられますか?

いいえ、未成年は学生ローンを利用できません。学生ローンは大学生・専門学生・短大生から利用できるサービスなので、未成年の方は対象年齢になるまで申し込みは控えましょう。

未成年は借金できない!18歳以上になってもお金を借りる際は慎重に!

未成年者はカードローンや学生ローンではお金を借りられません。

金融サービスを利用してお金を借りるならば、成年(18歳以上になること)してからでなければどの会社も対応してくれないと理解しておきましょう。

未成年がお金を用意するなら、上記4つの方法が考えられます。

「未成年でも借りられる」と謳うような業者はいわゆるヤミ金の可能性が高いため、決して利用しないでください。

目次