PR

携帯代・スマホ代が払えない!滞納するとどうなる?対処方法についても解説します

携帯電話料金を滞納した時の対処方法

携帯代やスマホ代が払えない状況に陥ると、利用停止や強制解約などのリスクがあり、日常生活に大きな支障をきたします。さらに、滞納が続くと信用情報に傷がつき、将来的なローンやクレジットカードの審査にも影響する可能性があります。

そこで本記事では、携帯代・スマホ代が払えない場合に起こり得る事態を時系列で詳しく解説します。督促状の到着から利用停止、強制解約に至るまでの流れや、それぞれの段階で発生するリスクについてわかりやすく説明します。

また、滞納を防ぐための対策や、どうしても支払いが難しい場合の対処法についても具体的に紹介します。

記事を読むことで、携帯代の滞納を未然に防ぐ方法や、万が一滞納してしまった場合の適切な対応が理解できるでしょう。携帯代・スマホ代の支払いに不安を感じている方は、ぜひ参考にしてください。きっと役立つ情報が得られるはずです。

目次

携帯代・スマホ代を滞納した時に起こること

携帯代・スマホ代を滞納した時に起こること
  1. 督促状と振込用紙が届く
  2. 遅延損害金が発生し本来の支払額よりも高くなる
  3. 2~3カ月ほど滞納すると通信回線の利用が停止される
  4.  3カ月以上滞納をすると強制解約となり未払いの機種代金が一括請求される
  5. 債権回収業者や弁護士から取立の連絡が入る
  6. 裁判所から支払い督促の通知がくる
  7. 給与や預金などの財産が差し押さえされる

1. 督促状と振込用紙が届く

携帯料金を滞納すると、まず最初に携帯会社から督促状と振込用紙が届きます。この督促状には、未払い金額と支払期限が記載されています。督促状が届いた時点で、速やかに支払いを行う必要があります。

振込用紙には、「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」の3つの番号が記載されています。これらの番号を使って、コンビニやATM、ネットバンキングから支払いを行うことができます。

これらが届いた時点で未払い金額を完済しないと、次は利用停止や強制解約などのさらなる措置が講じられる可能性があります。督促状や振込用紙が届いたら、できる限り早期に支払いを済ませることが重要です。

2. 遅延損害金が発生し本来の支払額よりも高くなる

携帯代やスマホ代を滞納すると、遅延損害金が発生し、本来の支払額よりも高額になってしまいます。

遅延損害金とは、支払い期日を過ぎてしまった場合に課される金銭的な賠償金のことです。

遅延損害金の計算方法は、「遅延損害金 = 滞納金額 × 遅延損害金利率 ÷ 365 × 延滞日数」となります。遅延損害金利率は、会社によって異なりますが、一般的には年14.5%程度が設定されています。

例えば、10万円の携帯代を1か月滞納した場合、遅延損害金は約400円(10万円 × 0.145 ÷ 365 × 30日)発生します。

長期間滞納が続けば、遅延損害金が膨れ上がり、最終的な支払総額が大幅に増えてしまう可能性があります。

ふるさと本舗 カードローン編集部

スマートフォンを割賦で購入している場合、携帯代の滞納は端末代金の滞納にもなるため、個人信用情報機関に異動情報が登録され、今後のローンやクレジットカード契約が難しくなるリスクもあります。

3. 2~3カ月ほど滞納すると通信回線の利用が停止される

携帯代・スマホ代の支払いを滞納し続けると、最終的には通信回線の利用停止や強制解約に至ります。

回線停止後、約4か月経過時点で強制的に解約されてしまいます。一度携帯回線を強制解約されてしまうと、すべての未払い分を完済するまでは新規契約ができなくなります。携帯会社は各社で情報を共有しているため、ある会社で滞納があれば他社での新規契約もできません。

以下に携帯会社ごとの利用停止タイミングを紹介します。

ドコモの利用停止タイミング

ドコモの場合、本来の支払期限から約20日〜30日後に携帯電話の回線が使えなくなります。具体的な流れは以下の通りです。

まず、支払期日の約10日〜20日後に督促状が届きます。督促状には未払い金額と支払期限が記載されています。この支払期限を過ぎても料金を支払えない場合、さらに約10日後に「利用停止予告の通知」が送られてきます。この通知には、回線停止予定日が明記されています。

そして、当初の支払期限から約20日〜30日経過した時点で、実際に通信回線の利用が停止されます。

ただし、この期間は目安であり、同一名義で複数回線を契約している場合は、他の回線の支払い状況次第で早期に停止される可能性もあります。利用停止になると、通話やインターネット接続、メール送受信などモバイルデータ通信が全てできなくなります。

ふるさと本舗 カードローン編集部

この段階では契約自体は残っているため、未払い料金を支払えば再び利用可能になります。

Softbankの利用停止タイミング

Softbankの利用停止タイミングは、2ヶ月滞納すると翌月中旬ごろを目安に利用停止になります。

携帯料金の滞納が続くと、まずは督促状が届きます。その後、回線停止の通知が送られてきますが、この時点でも支払いをしなければ、実際に通信回線が利用停止されてしまいます。

滞納が長期化すれば、最終的には強制解約される可能性もあります。強制解約されると、未払い分の料金に加えて遅延損害金(延滞利息)の支払いも求められます。遅延損害金は年利14.5%程度と高額なので、できるだけ早期の支払いが賢明です。

auの利用停止タイミング

auの利用停止タイミングは、お支払期日から約20日前後で利用停止の手続きが始まります。未払いから7日程度で振込用紙が郵送で届きますので、支払いをお願いされます。一定の回数口座引き落としができない場合、振込用紙でのお支払いへ変更されます。

支払期日を過ぎた場合、au側から10日~14日前後にSMS/+メッセージ/Eメールまたは振込用紙でお支払いに関するご案内が送られてきます。 この時点で未払い料金のお支払い方法を確認し、早めにお支払いする必要があります。

4. 3カ月以上滞納をすると強制解約となり未払いの機種代金が一括請求される

携帯電話やスマホの料金を約3~4カ月以上滞納すると、通信会社から強制的に解約処理がなされます。この場合、未払いの通信料金に加えて、分割払いで購入した端末の残債務全額が一括で請求されることになります。

通常、携帯電話会社では分割払いで端末を購入できるようになっています。例えば、新しいiPhoneを一括で購入すると約10万円の費用がかかりますが、通信料金と合わせて24回や36回に分けて支払うことができます。

しかし、契約期間の残りの分割払い分を一括で払わなければならなくなるため、数万円から10万円近い高額な請求が待っている可能性があります。

さらに、強制解約となった場合、新しい携帯電話会社に乗り換える際に、過去の未払い料金の全額を一括で支払わなければ新規契約ができない状況に陥ります。

場合によっては、裁判所を通じて強制執行の手続きに移行し、給与や預金からの強制徴収などの法的手段に訴えられる恐れもあります。

強制解約をされると信用情報に傷がつき「ブラックリスト」入りとなる

携帯料金を3カ月以上滞納し強制解約された場合、単に未払い分の一括請求を受けるだけでなく、信用情報にも深刻な傷が付くことになります。携帯会社は、強制解約した利用者の情報を信用情報機関に通知します。

信用情報機関には、CIC、JICC、JBAなど複数の機関がありますが、いずれの機関にも「長期の延滞」や「代位弁済・保証履行」といった事故情報が登録されてしまいます。この事故情報は一般に「ブラックリスト」と呼ばれており、登録されると新たなクレジットカードの作成や、ローン契約、携帯電話の分割払い購入などが原則として不可能になります。

つまり、金融取引が著しく制限されるのです。事故情報の登録期間は、信用情報機関によって異なりますが、概ね「延滞が解消してから5年間」が目安とされています。

したがって、強制解約された時点で事故情報が登録されれば、5年間は新しい携帯電話を契約できなくなる可能性が高いのです。

5. 債権回収業者や弁護士から取立の連絡が入る

携帯料金の滞納が続くと、債権回収会社や弁護士から取り立ての連絡が入ります。携帯会社は、未払い料金の回収を専門に行う債権回収会社に債権を売却することが多いです債権回収会社は、電話やメール、手紙などで連絡を重ね、支払いを求めてきます。しつこい取り立てに遭うことになり、精神的な負担が大きくなります。

場合によっては、弁護士を立てて法的手段に出ることもあります。債権回収会社は、支払いが滞った時点で裁判所に支払い督促を申し立て、債務者に対して法的な支払い命令を出します。この支払命令を無視すると、債権者側は強制執行の申し立てをし、給与や預金の一部が差し押さえられる可能性があります。

6. 裁判所から支払い督促の通知がくる

携帯代・スマホ代の滞納が続くと、裁判所から支払い督促の通知が送られてくることになります。この通知は、債権者である携帯電話会社から裁判所に支払い命令を申し立てられたことで発行されます。

支払い督促の通知が届いた時点で、あなたは法的な債務不履行状態に陥っていることになります。この通知には、債務の内容と金額、そして一定期間内に支払わなければ強制執行の対象となる旨が記載されています。通常、この期間は2週間から1か月程度が設定されています。

異議を申し立てなかった場合、債権者は強制執行の手続きに移行できます。

強制執行とは、裁判所が債務者から強制的に滞納分の取り立てを行うこと。債務者の預金口座や給与、動産や不動産の差し押さえを意味します。

この通知を受け取ったら、すぐに対応しなければなりません。最悪の場合、自宅の家財道具まで差し押さえられる可能性もあるのです。

指定された期限までに全額を支払えば問題ありませんが、支払えない場合は必ず裁判所に対して異議を申し立てる必要があります。異議申し立ての際には、支払い遅延の理由と今後の支払い計画を示す必要があります。

7. 給与や預金などの財産が差し押さえされる

携帯代・スマホ代の滞納が続くと、最終的には給与や預金などの財産が差し押さえされる可能性があります。通信会社は未払い料金の支払いを求める内容証明を送付し、それでも支払われない場合は裁判所に支払い督促を申し立てます。

督促が認められると、裁判所は強制執行の手続きに移行できます。まずは債務者の財産を調査し、給与や預金、不動産などの差し押さえ対象を特定します。債務者に給与所得がある場合、雇用主に対して給与の一部を差し押さえる命令が出されます。一般的に可処分所得の4分の1が差し押さえの上限とされています。

預金口座があれば、通信会社から債権者代位権を行使して口座の全額または一部が差し押さえられます。不動産を所有していれば、その売却を命じる仮差押えや競売の手続きに移行する可能性もあります。

携帯代・スマホ代を滞納するリスク

携帯代・スマホ代を滞納するリスクる
  • 信用情報に傷がつき携帯の新規契約やローンの契約が難しくなる
  • 遅延損害金によって支払い金額が膨れ上がる
  • 裁判所による差し押さえで金銭的損害が生じる

信用情報に傷がつき携帯の新規契約やローンの契約が難しくなる

携帯代やスマホ代を滞納すると、信用情報機関に延滞情報が登録される可能性があります。これにより、個人の信用情報に傷がつき、新規での携帯契約やローン契約が難しくなるリスクがあります。

信用情報機関には主に3つの種類があり、以下の3つの信用情報機関が代表的です。

3つの信用情報機関
  • CIC(割賦販売会社・クレジットカード会社)
  • JICC(消費者金融会社・クレジットカード会社)
  • KSC(銀行など)

携帯代の滞納では特にCICに情報が登録されやすくなります。

ふるさと本舗 カードローン編集部

CICの信用情報は多くの金融機関で活用されています

携帯代の滞納で信用情報に登録されると、その情報は最長で5年から10年程度残り続けます。この期間中は、新しい携帯電話の契約や分割払いでの端末購入が難しくなる可能性が高くなります。キャリアはお客様の信用情報をチェックするため、滞納履歴があると契約を断られてしまうのです。

また、信用情報の傷は携帯契約だけでなく、クレジットカードの新規発行やローン契約の際にも影響を及ぼします。金融機関は信用情報をもとに審査を行うため、滞納履歴があると契約が難しくなる可能性があります。

クレジットカードやローンの新規契約が難しくなるだけでなく強制退会に繋がることも

携帯料金の滞納は、信用情報機関に情報が登録されてしまうため、新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることが困難になります。

しかし、それだけでなくすでに利用しているクレジットカードについても、利用停止や強制退会処分を受ける可能性があります

遅延損害金によって支払い金額が膨れ上がる

携帯代やスマホ代の支払いを滞納すると、通信会社から遅延損害金が請求されるリスクがあります。

遅延損害金の計算方法は、通信会社によって異なりますが、一般的には年利14.6%の割合で計算されます。例えば、月額料金が5,000円の場合、1年間滞納すると遅延損害金は730円(5,000×14.6%×12カ月)が加算されることになります。

さらに長期間滞納が続けば、遅延損害金の金額はどんどん膨れ上がっていきます。

裁判所による差し押さえで金銭的損害が生じる

携帯代・スマホ代を滞納し続けると、最悪の場合、裁判所による強制執行の対象となり、預金や給与などの財産が差し押さえられる可能性があります。差し押さえは債権者から裁判所に申し立てられ、債務者の財産から債権の回収が行われます。

差し押さえが行われると、差し押さえられた財産は換価(売却など)され、その代金が債権の返済に充てられます。例えば預金が差し押さえられた場合、差し押さえられた金額が債権の返済に充てられます。

差し押さえには一定の限度があり、生活に窮することのないよう配慮されています。例えば給与の差し押さえには上限があり、手取り額が44万円以下の場合は4分の1、44万円を超える場合は33万円を残した額が差し押さえの対象となります。

また、差し押さえ手続きには執行費用がかかります。債権者は申立手数料の他、執行官の出張旅費や売却費用などの実費を立て替える必要があり、これらは債務者に請求されます。差し押さえ自体に多額の費用がかかるケースもあり、結果的に債務が増えてしまう恐れがあります。

携帯代・スマホ代を支払えない時の対処方法

携帯代・スマホ代を支払えない時の対処方法る
  • 各キャリアに支払い時期や分割払いの相談を行う
  • プランの見直しや格安SIMへの乗り換えで支払い料金を軽減させる
  • クレジットカード支払いに切り替えて分割払い・リボ払いを活用する
  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  • 各自治体に相談をして公的融資制度を利用する
  • カードローンを利用する
  • 携帯代・スマホ代の支払い以外にも困っている場合は生活サポート基金に相談をする
  • 親族や知人にお金を借りる

各キャリアに支払い時期や分割払いの相談を行う

携帯代・スマホ代の支払いが難しい場合、まずは契約しているキャリアに相談することが重要です。各キャリアでは、一時的な支払い困難に対応するための相談窓口を設けています。

キャリアに相談することで、支払い期限の延長や分割払いなどの対応策を提案してもらえる可能性があります。例えば、ドコモでは「支払期日の延長」や「分割払い」、auでは「支払期限の延長」、ソフトバンクでは「分割払い」などの対応が可能な場合があります。

ただし、キャリアの対応は一時的な支払い困難を想定しているため、長期的な滞納や複数回の滞納歴がある場合は、柔軟な対応を求めづらくなる可能性があります。

プランの見直しや格安SIMへの乗り換えで支払い料金を軽減させる

携帯料金の支払いが困難な状況に陥った場合、まずは現在のプランを見直すことが重要です。多くの携帯キャリアでは、データ通信量に応じて料金プランを選択できます。利用状況を確認し、必要以上のデータ容量を契約していないか確認しましょう。データ通信量を減らすことで、月々の支払い額を抑えられる可能性があります。

また、格安SIMへの乗り換えも有効な選択肢です。格安SIMサービスは従来の大手キャリアに比べて月額料金が安く抑えられるため、支払い負担を大幅に軽減できます。乗り換え時の初期費用がかかる場合もありますが、長期的に見れば格安SIMに切り替えることでコストを大幅に削減できます。

クレジットカード支払いに切り替えて分割払い・リボ払いを活用する

携帯料金の支払いに窮している場合、クレジットカードを利用して分割払いやリボ払いに切り替えることで、一時的な負担を軽減できます。多くの携帯キャリアでクレジットカード払いが可能です。

分割払いは、携帯料金の請求額を複数回に分けて支払う方法です。例えば、6万円の請求額を12回払いにすれば、1回あたり5,000円ほどに抑えられます。リボ払いは、毎月の支払い金額を決めて、残りの金額を次月以降に繰り越す方式です。最低支払い金額を決めることで、一時的な負担を軽減できます。

ただし、分割払いやリボ払いを利用すると手数料が発生するため、長期的にはコストが高くなる可能性があります。

そのため、一時的な対処としてのみ利用し、できるだけ早く通常の支払い方法に戻すことが賢明です。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードを持っている人は、キャッシング機能を利用して一時的に資金を調達することができます。キャッシングとは、カード会社から現金を借りる仕組みです。借入金は翌月から分割払いで返済することになります。

キャッシングの利用手順は簡単です。まずカード会社に電話をするか、インターネットバンキングからキャッシング申し込みを行います。審査が通れば、指定の口座に希望金額が振り込まれます。キャッシングの限度額は、カードの種類やクレジット利用履歴によって異なります。

ふるさと本舗 カードローン編集部

既にキャッシング枠が付与されている場合には審査は不要です。

各クレジットカードのマイページにある利用可能額の確認ページ等から確認可能です。

キャッシングのメリットは、審査が比較的簡単で、スピーディーに資金を調達できる点にあります。デメリットは、高い金利が課されることです。年間実質年率は15%~20%前後であるため、長期間借りていると、返済額が膨らむ可能性があります。

各自治体に相談をして公的融資制度を利用する

携帯代・スマホ代を支払えないときは、自治体の公的融資制度を利用するのも賢明な選択肢の一つです。多くの自治体では、生活に困窮した住民を支援するための融資制度を設けています。

この制度を利用すれば、一時的に携帯代の支払いが難しい場合でも、滞納を防ぐことができます。

申請手続きは自治体によって異なりますが、通常は住民票のある自治体の福祉事務所で行います。収入状況や借入れ理由、返済計画書などを提出し、一定の審査を受ける必要があります。

審査では、真摯に返済する意思と計画があるかどうかが重視されます。

融資額は自治体により異なりますが、数十万円から最大で100万円程度が一般的です。返済期間は原則1年以内ですが、延長できる場合もあります。金利は年0.5~3%程度と低利で設定されているため、消費者金融などに比べて負担が軽くなります。

日払いのアルバイトや不用品売却などでお金を稼ぐ

日払いのアルバイトや不用品の売却は、すぐにお金を手に入れられる有効な方法です日払いのアルバイトは、即金が必要な時に役立ちます。コンビニやファストフード店、配送業者などで日払いのアルバイトを探すこともできます。シフト制なので、空いた時間に働けるのが利点です。

不用品の売却は、身の回りの不要な物を現金化する方法です。利用できるサービスは、フリマアプリ、古本・ゲーム買取店、質屋などがあります。売却額は品物の状態によって変わりますが、本やゲーム、衣類、雑貨などなら数百円から数千円は期待できます。高額な買取を望むなら、中古品専門店に直接持ち込むのがおすすめです。

これらの方法を組み合わせれば、ある程度の現金収入は得られるでしょう。

カードローンを利用する

携帯代やスマホ代の支払いが滞っている場合、一時的な資金繰りの解決策としてカードローンを利用することができます。カードローンは消費者金融やクレジットカード会社などの金融機関が提供する個人向け融資サービスで、審査を通れば即日でも借り入れが可能です。

携帯代の支払いに利用する場合、カードローンで一時的に立て替えて、少額ずつ返済を行うのもおすすめです。

以下でおすすめのカードローンをご紹介します。

おすすめのカードローン
  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイク
スクロールできます
カードローン金利貸付限度額申込条件審査・融資までの時間無利息期間カードレスWeb完結毎月の返済額在籍確認詳細

アコム
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短20分初回利用時のみ最大30日間3,000円~原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
詳細はこちら

アイフル
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
初回利用時のみ最大30日間4,000円~原則なし詳細はこちら

プロミス
4.5%~17.8%1万円~500万円満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
最短即日初回利用時のみ最大30日間1,000円~原則なし詳細はこちら

SMBCモビット
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
最短即日◯or×◯or×1,000円~原則なし詳細はこちら

レイク
4.5%~18.0%1万円~500万円満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
Webで最短25分初回利用時のみ最大180日間4,000円~原則なし詳細はこちら

アコム

アコム
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短20分
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額3,000円~
在籍確認原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
メリット
  • 最短即日融資が可能で、借入までのスピードが早い
  • カードレスでも利用可能
  • 初回30日間の無利息期間がある
デメリット
  • 銀行カードローンと比べて金利が高め
  • 専業主婦(主夫)や学生は利用できない

アコムは、最短20分で審査が完了し、即日融資を受けられる大手カードローン会社です。携帯料金の支払いに困っている人にとって、スピーディーな資金調達が可能なのが大きなメリットです。

申込みは24時間いつでも可能で、インターネット、電話、自動契約機、郵送から選べます。特にインターネットからの申込みが便利で、自宅にいながらスマートフォンやパソコンから手続きできます。必要書類もオンラインでアップロードが可能です。

初めてアコムを利用する人は、契約日の翌日から30日間は金利0円のサービスを受けられます。この期間内であれば追加で借り入れをしても無利息になるので、携帯料金の支払いに加えて他の出費にも対応できます。

返済方法も多彩で、インターネットバンキング、ATM、口座振替など自分のライフスタイルに合わせて選べます。

最大800万円までの融資限度額もあり、携帯料金の支払いだけでなく、他の用途にも幅広く利用できます。審査の通過率も高いので、スムーズな資金調達が期待できるでしょう。

アイフル

アイフル
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 最短18分で審査が完了し、即日融資が可能
  • 初回利用で最大30日間無利息サービスがある
  • 申込から返済までWEB完結できる
デメリット
  • 銀行カードローンに比べて金利が高め
  • 借入希望額が借りられないことがある
  • 提携ATMの利用には手数料がかかる

アイフルは、スマホ一つで簡単に利用できるカードローンサービスです。24時間いつでも申し込みが可能で、審査が通れば最短即日融資を受けられます。

金利は3.0%から18.0%の範囲で設定されており、限度額が大きいほど金利は低くなる傾向にあります。申し込み時に収入証明書の提出は不要で、スマホのカメラで撮影した書類をアップロードするだけで完了します。契約後も郵送物は一切なく、カードレスでの利用が可能です。

返済は毎月の口座引き落としか、コンビニ・ネットバンキングからの支払いを選べます。万が一返済が遅れた場合でも、遅延損害金の上限は法定の20%以内に収まります。

アイフルのカードローンなら、スマホひとつで手軽に利用でき、携帯料金の支払いにも活用できます。

プロミス

プロミス
金利4.5%~17.8%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 無担保で最高500万円まで借りられる
  • 学生でも安定収入があれば借りられる
デメリット
  • 過剰な借入があると審査に落ちる可能性がある
  • 銀行カードローンに比べて金利が高い

プロミスは、SMBCグループの消費者金融会社が運営するカードローンサービスです。携帯料金の支払いに困っている方におすすめのカードローンです。

最短即日融資に対応しており、申込から借入までスピーディーに行えます。24時間いつでも申込が可能で、Web完結型のため、外出する必要がありません。審査にも通りやすく、アルバイトやパートの方でも利用できます。

限度額は最大500万円で、1,000円からの少額借入も可能です。 借入金額に応じて金利が変動し、新規の場合は17.8%が適用されます。30日間の無利息サービスもあり、期間内に返済すれば利息は発生しません。

返済方法も多彩で、インターネットバンキング、口座振替、コンビニATM、プロミスATMなどから選べます。スマホアプリからも返済操作ができて便利です。

増額審査や借換えにも対応しているので、今後の資金ニーズにも柔軟に対応できます。

プロミスなら、携帯料金の支払いに困ったときでも、スムーズに資金を調達することができます。審査から借入、返済までを完結できるサービスなので、安心して利用できるでしょう。

SMBCモビット

SMBCモビット
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則電話連絡なし
メリット
  • ウェブ完結で手続きが簡単
  • 10秒で簡易審査が可能
  • 三井住友グループの安心感
デメリット
  • 他社に比べ金利が高め

SMBCモビットは、三井住友銀行グループが提供する国内最大手のカードローンサービスです。最短即日の審査と借入が可能で、スマートフォンからいつでも簡単に申し込めます。借入金額は800万円までと幅広く、借入期間は1年から15年までと長期にわたり選択できます。

SMBCモビットの大きな特徴は、三井住友銀行の総合的な審査により、安心して借りられる点にあります。審査では年収や借入目的、返済計画などを総合的に判断し、無理のない返済計画を立てられるよう配慮しています。

また、借入金の一部繰上返済や借換えにも対応しており、柔軟な資金計画が立てられます。

さらに、SMBCモビットではインターネットバンキングやスマホアプリから簡単に手続きができ、借入金の残高確認や返済予定の確認なども可能です。

レイク

レイク
金利4.5%~18.0%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
審査・融資までの時間Webで最短25分
無利息期間初回利用時のみ最大180日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • ウェブで最短25分で融資可能
  • 最長180日間の無利息期間がある
  • 審査が早く、即日融資を受けられる
デメリット
  • 他社より借入限度額が低い
  • 提携ATM利用時に手数料がかかる

レイクは、24時間365日受付対応のカードローンサービスです。最短25分で審査完了し、借入可能額は最大500万円です。実質年率は4.5%から18.0%の範囲で決定されます。

また、レイクでは専業主婦の方や年金受給者の方も、安心して利用できるよう配慮されています。借入れ時に収入証明書は不要で、WEB上で簡単に申込みができます。借入金額に応じて、最長で60回払いまで選択可能です。

もちろん、期間中に一括返済することもでき、残高に応じた利息のみを支払えば良いので、ストレスなく返済できます。

さらに、レイクでは借換えサービスも提供しています。他社のローンを低金利のレイクに切り替えることで、毎月の返済額を軽減できます。WEBから簡単に申込みでき、30分程度で借換え審査が完了します。

レイクは、国内最大手の消費者金融大手が運営しているため、安心して利用できるサービスです。携帯料金の支払いに困っている方は、ぜひレイクをご検討ください。

携帯代・スマホ代の支払い以外にも困っている場合は生活サポート基金に相談をする

生活サポート基金は、経済的な問題で困っている人の生活再生と安定化を支援する団体です。

債務整理や多重債務の相談、生活再生のための融資、家計相談などを無料で行っています。生活サポート基金では、まず専門の相談員と面談し、現在の収支状況や借金の有無、生活環境などを詳しく聞き取ります。

そして、債務整理や公的支援の利用、生活費の見直しなど、状況に応じた最適な解決策を一緒に検討してくれます。返済が可能と判断された場合は、生活再生ローンの利用も可能です。

生活再生ローンは、他の金融機関から借りられない人でも利用できる特徴があります。審査は厳しくありませんが、生活を立て直す意欲があることが重視されます。利率は12.5%以下と低めに設定されており、返済期間は最長10年間です。借入額は最大300万円までで、収入の3分の1を超えない範囲内となります。

生活サポート基金の支援対象は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に在住の人に限られています。
相談は無料ですので、携帯代の支払いだけでなく、生活全般で困っている場合は気軽に相談してみるといいでしょう。

親族や知人にお金を借りる

経済的に行き詰まった時、身近な人からお金を借りることは自然な選択肢です。

しかし、お金を借りる際は、いくつかの点に注意を払う必要があります。

まず、借りる金額と返済期限を明確にしましょう。多額の借金は、返済が難しくなる可能性があります。返済計画を立て、期限を守ることが大切です。返済が遅れると、人間関係にも影響を与えかねません。

次に、借用書を作成することをおすすめします。口約束だけでなく、書面で金額と返済条件を明記しておけば、後々のトラブルを防げます。

さらに、返済が難しくなった場合は、早めに相談することが重要です。返済期限が近づいたら、返済可能かどうかを確認し、延長が必要な場合は、事前に申し出ましょう。

最後に、借りたお金は必ず返済しましょう親族や知人からの借金は、金銭的な問題だけでなく、人間関係にも影響を与えます。約束を守り、信頼関係を損なわないよう心がけましょう。

まとめ

携帯代・スマホ代の滞納は重大な問題につながります。

滞納のリスクは、信用情報への傷で新規契約が難しくなること、遅延損害金で支払額が増えること、差し押さえで金銭的損失が生じることです。

そのため、早期に対処する必要があります。まずは各キャリアに相談し、プラン変更や分割払いの交渉をしましょう。

クレジットカードの利用、公的融資制度の活用、アルバイトなども有効です。

カードローンも選択肢の一つですが、高金利なので利用する場合は注意が必要です。生活に困っている場合は生活サポート基金に相談し、最終的には親族や知人に借りるのも手でしょう。

目次