新NISAはロールオーバーできない?現NISAとの違いや新NISAのメリット、場合別の対処法を紹介

新NISAはロールオーバーできない?現NISAとの違いや新NISAのメリット、場合別の対処法を紹介のアイキャッチ

2024年から新NISAがスタートしますが、年間投資枠や非課税保有期間など現NISA制度と比べても違いが多く見られます。

新NISAではロールオーバーの可否についても変更点があり、気になっている方も一定数いるはずです。

現NISAからの変更点に関しては、これまでの資産運用の方針を見直した方がよい部分もあるでしょう。

この記事では、新NISAのロールオーバーについて制度の全体像を噛み砕きながらお伝えします。

新NISAへの移行を機に資産運用を始めたいと思っていた方は、今後の利用方法を決める参考にしてください。

新NISAのロールオーバー-概要
  • 新NISAの概要
  • 新NISAのロールオーバー設定への対応
  • NISAを今すぐ始めるメリット
  • 現NISAで始める際におすすめのネット証券
目次

新NISAとはどんな制度?現NISAと比較して解説

新NISAは「つみたて投資枠」と「成長投資枠」の2種類で成り立っています。概要は下表の通りです。

つみたて投資枠成長投資枠
年間投資枠120万円240万円
非課税保有期間無期限無期限
非課税保有限度額(総枠)1,800万円(枠の再利用が可能)
※成長投資枠の1,200万円を含む
1,200万円
口座開設期間恒久化恒久化
対象年齢18歳以上18歳以上
投資対象商品長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託
(現行のつみたてNISA対象商品と同様)
上場株式・投資信託等
(①整理・整理銘柄 ②信託期間20年未満、高レバレッジ型及び毎月分配型の投資信託等を除外)
参考:新しいNISA-金融庁

従来の一般NISA・つみたてNISAに比べて、初心者はより始めやすくなり、既に使っている人はより幅広い選択肢を持てるようになる変更が多かった印象です。

例えば、年間投資枠を見ると「つみたて投資枠」と「成長投資枠」で合計360万円が1年間で使えるようになりました。

これまでの一般NISAでは年間120万円、つみたてNISAでは年間40万円までだった経緯を踏まえると、金額の違いは歴然だといえます。

その他、つみたて投資枠と成長投資枠が併用できたり、対象年齢が成人年齢に合わせて引き下げられたりするなど、利便性の向上が見てとれます。

以下では、新NISAの大きな特徴を2つ取り上げて解説しているので、さっそく見ていきましょう。

新NISAの代表的な特徴
  • 非課税で保有できる期間が無期限になり、口座開設期間が恒久化する
  • 1年間で投資できる総額が大きくなる

非課税で保有できる期間が無期限になり、口座開設期間が恒久化する

新NISAでは、非課税で利用できる期間に制限がなくなり、口座も一度開設すれば使い続けられるようになりました。

従来のつみたてNISAでは非課税期間が20年間、非課税対象となる取引が2018年〜2042年と限定されていましたが、新NISAでは非課税期間が永久となりました。また、口座開設の期間も恒久化されています。

口座開設を済ませればいつからでもNISAを利用でき、購入した銘柄を期限なく運用し続けられるため、複利の効果を最大限に生かして利益を生み出す投資ができるのがメリットです。

ただし、口座開設に関しては「恒久化」であることから、いずれかのタイミングで開設できなくなると予想できるので、早めに開設だけは済ませておくのをおすすめします。

1年間で投資できる総額が大きくなる

新NISAの年間投資上限額は、360万円(つみたて投資枠120万円+成長投資枠240万円)です。

現在のつみたてNISAは年間40万円、一般NISAは年間120万円が投資上限額だったため、これと比べると投資上限額は非常に大きくなりました。

「これまで20年間の非課税枠を生かすためにつみたてNISAを利用していたけれど、年間40万円だと物足りない…」という方もいたかもしれませんが、新NISAではつみたて投資枠だけで年間120万円の枠が設けられています。

また、投資枠をすべて使いきれなくても問題はなく、その時の状況に応じて投資金額を変えられるため、現NISAの柔軟性も引き継いでいるのです。

積極的に投資にお金を回して将来に向けた資産形成をしたい人は、新NISAで増枠した上限額を使い切るとよいでしょう。

他方、上限枠を使いきれるほど余剰資金はないけれど、少額から積み立てを始めたい人は月1万円などのお試し価格から始めてみるのもおすすめです。

新NISAはロールオーバーできない!場合別でどうするかを紹介

結論、新NISAではロールオーバーができません。正しくは、ロールオーバーが不要になりました。

ロールオーバーとは、非課税期間を経過した後、持っている金融商品を新しい別の非課税投資枠へ移すことです。

現NISAでは、非課税保有期間に期限があったため、保有している金融商品を別の非課税投資枠へ移す(ロールオーバー)か選択できました。

しかし、非課税保有期間が無期限となった新NISAでは、ロールオーバーが不要です。

また、現NISAと新NISAは完全に分離されているため、現NISAの資産をそのまま新NISAにロールオーバーすることはできません。

これを受け、以下では現NISA(一般NISA・つみたてNISA)を利用している場合と利用していない場合で、NISAの利用法の違いを詳しく解説します。

場合別のNISA利用法
  • 一般NISA・つみたてNISAを利用している場合
  • 一般NISA・つみたてNISAを利用していない場合

一般NISA・つみたてNISAを利用している場合

現NISA(一般・つみたて)と新NISAは完全に別の扱いになります。つまり、両制度の恩恵を受けられる状況にあるのです。

例えば、2020年からつみたてNISAを運用している方であれば、2040年までの非課税枠を使いつつ、新たに新NISAの非課税枠が持てます。

新NISAから運用を始める方に比べて、早く始めた分だけ多くの非課税枠を使えるため、制度が新しくなるからといって急いで売却する必要はありません。

一般NISA・つみたてNISAを利用していない場合

現NISAを利用していない場合、新NISAがスタートする前に動くか、準備だけするかの2つの対応方法があります。

自分にとってどちらが魅力的に感じるか、中身を見て判断してみてください。

①ロールオーバーできるうちに現NISAの利用を始める

結論、今すぐ始めれば2023年分の非課税枠が使えます(つみたてNISAで最大40万円、一般NISAで最大120万円)。

2024年以降は現NISAへの投資ができなくなりますが、2023年中に投資した分だけ非課税枠が増やせるのです。

ただし、一般NISAでは5年間、つみたてNISAでは20年間で非課税保有期間が終了するため、その後の運用についても事前に検討しておく必要があります。

現NISAに投資した分は課税口座に移す、ひとまず現金化して新NISAに移すなどの選択肢があります。

また、5年間の比較的短い期間で運用する場合、急な価格の下落や相場の変動により含み損になってしまったままで、非課税保有期間が終了するリスクがある点は注意してください。

②新NISAから利用を始める

新NISAから資産運用を始める場合は、ロールオーバーを気にする必要はありません。

2024年のスタートに向けて、今のうちから計画的に資金を準備しておきましょう。

新NISAを待たずに今すぐNISAを始めるメリット

新NISAのスタートを待たずに、今すぐNISAを始めると「非課税枠の拡大」と「切り替えの負担が少ない」の2つのメリットが得られます。

今すぐNISAを始めるメリット
  • 現NISAで投資した分だけ非課税枠が広がる
  • 現NISAと新NISAの切り替え手続きは一括で完了する

それぞれの内容を解説するので、ご覧ください。

現NISAで投資した分だけ非課税枠が広がる

2023年内の限られた期間ではありますが、現NISAの投資分は非課税期間の恩恵が受けられます。

具体的な年間上限投資額と非課税期間は、以下の通りです。

具体的な年間上限投資額と非課税期間
  • 一般NISA:120万円×5年間=合計700万円
  • つみたてNISA:40万円×20年間=合計800万円

無理に始める必要はありませんが、新NISAが始まる前に資金の準備ができており、少しでも将来の資産を増やしたい方は前向きに検討すると良いでしょう。

現NISAと新NISAの切り替え手続きは一括で完了する

現NISAを運用している方は、新NISAがスタートした際に新しいNISA口座が自動的に設定されます。

自分で手続きをする必要がないため、新制度への切り替わりを意識しなくてもいい点はメリットです。

参考:金融庁「新しいNISA よくある質問」

新NISAが始まる前に!現NISAの口座開設におすすめのネット証券3選

ここからは、新NISAが始まる前にNISAを始めたいと考えている方に向けて、おすすめのネット証券を3つ紹介します。

ネット証券はどれも同じと考えている方もいるかもしれませんが、自分に合った証券を選ばないと損をする可能性があります。

証券会社ごとの特徴を表にまとめたので、ぜひ検討する際の参考にしてください。

現NISAの口座開設におすすめのネット証券
  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券

SBI証券

SBI証券 トップ

出典:SBI証券

SBI証券特徴
銘柄数国内株式:約3,100銘柄
米国株式:約5,700銘柄
中国株式:約1,400銘柄
投資信託:約2,600銘柄
一般NISA
つみたてNISA
スマホアプリSBI証券 株アプリ
SBI証券 米国株アプリかんたん積立アプリ
取引ツール(PC)HYPER SBI
取引手数料【現物取引・1約定制】
〜5万円:55円
〜10万円:99円
〜20万円:115円
〜50万円:275円
〜100万円:535円
〜150万円:640円
〜3000万円:1013円
【現物取引・1日定額制】
〜100万円:0円
〜200万円:1238円
〜300万円:1691円※以降100万円増加ごとに+295円
公式HPsbisec.co.jp/ETGate

SBI証券は、口座開設数で国内初の1,000万を突破した、NISA初心者の方におすすめのネット証券です。

国内株式個人取引シェアNo.1(2023年3月期 上半期)を誇り、手数料も業界屈指の安さである点も特長だといえます。

手数料が安く、プランの選択によっては無料で取引が可能です。また、多くの銘柄を保有してもスマホアプリで管理しやすいため、シンプルな操作だけで運用できます。

今からNISAを始めたい方でどこにすれば良いか迷っているなら、まずSBI証券を選ぶと間違いないでしょう。

楽天証券

楽天証券 トップ

出典:楽天証券

楽天証券特徴
銘柄数国内株式:約4,000銘柄
米国株式:約4,900銘柄
中国株式:約1,500銘柄
投資信託:約2,500銘柄
一般NISA
つみたてNISA
スマホアプリiSPEED
iSPEED for iPad
取引ツール(PC)MARKET SPEED Ⅱ
MARKET SPEED
MARKET SPEED for Mac
取引手数料【現物取引・1約定制】
〜5万円:55円
〜10万円:99円
〜20万円:115円
〜50万円:275円
〜100万円:535円
〜150万円:640円
〜3000万円:1013円
【現物取引・1日定額制】
〜100万円:0円
〜200万円:2200円
〜300万円:3300円
※以降は、100万円増加ごとに1100円を追加。
※現物取引と信用取引を合算した1日の合計取引金額で取引手数料が決まる。
公式HPhttps://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、普段から楽天サービスを利用している方には特におすすめしたいネット証券です。

引き落とし設定で楽天銀行や楽天カードを指定すると、設定額に応じた楽天ポイントがもらえます。

貯まったポイントはもちろん投資にも回せるので、効率的に元手を増やしながら資産運用できるのです。

自分でお金を準備しなくても月数百円の少額からNISAをお試しすることもできます。

取引手数料が無料のプランも用意されており、余計なコストをかけたくない方にも最適なネット証券です。

マネックス証券

マネックス証券

出典:マネックス証券

マネックス証券特徴
銘柄数国内株式:約3,800銘柄
米国株式:約5,000銘柄
中国株式:約2,600銘柄
投資信託:約1,300銘柄
一般NISA
つみたてNISA
スマホアプリSBI証券 株アプリ
SBI証券 米国株アプリかんたん積立アプリ
取引ツール(PC)マネックストレーダー
銘柄スカウター
マルチボード500
取引手数料【現物取引・1約定制】
〜5万円:55円
〜10万円:99円
〜20万円:115円
〜30万円:275円
〜40万円:275円
〜50万円:275円
〜100万円:535円
〜150万円:640円
〜3,000万円:1013円
3,000万円〜:1070円
【現物取引・1日定額制】
〜100万円:550円
〜300万円:2750円
〜600万円:5500円
※以降、300万円増加するごとに、2750円ずつ増加。
公式HPhttps://www.monex.co.jp/

マネックス証券は、1日100円で積み立てでき、1株からの買い付けも可能な少額投資に向いているネット証券です。

米国株の取引を考えている方にも最適で、約5,000もの銘柄から選択できます。安定的に成長し続ける米国株をポートフォリオのメインとしても運用可能です。

なお、国内株式の売買手数料は無料です。また、海外株式も取引手数料は一時的に負担しますが、あとからキャッシュバックされるため実質0円で取引できます。

新NISAとロールオーバーに関してよくある質問

新NISAがスタートするにあたり、ロールオーバーについて多くの方が疑問に感じる点をまとめました。

新NISAとロールオーバーに関してよくある質問
  • 新NISA・現NISAで年間122万円以上投資できる?
  • 新NISAのロールオーバーは何回できる?
  • NISAはいつまでロールオーバーできる?
  • 2023年に買った現NISAの銘柄はどうなる?

新NISA・現NISAで年間122万円以上投資できる?

新NISAは360万円まで対応しており、投資が可能です。

新NISAの投資枠と年間投資上限額
  • つみたて投資枠:最大120万円
  • 成長投資枠:最大240万円

現NISAは120万円までが非課税枠となっており、それ以上の投資は課税対象になります。

新NISAのロールオーバーは何回できる?

新制度に切り替わる際の1回だけ可能です。

切り替わってからは、非課税期間が無期限となるため、ロールオーバーの考え方はなくなります。

NISAはいつまでロールオーバーできる?

現NISAを使って、2023年までロールオーバー可能です。

なお、非課税期間が終了すると、現NISAから新NISAへのロールオーバーはできません。

現金化するか、課税対象のまま運用するか判断する必要があります。

2023年に買った現NISAの銘柄はどうなる?

非課税期間が終わるまでは現制度を維持できます。

一般NISAは5年間、つみたてNISAは20年間、これまでと変わらぬ運用が可能です。

新NISAへロールオーバーを適宜行いコツコツ資産を増やそう!

新NISAは年間投資枠が拡大したり、非課税保有期間に制限がなくなったりするなど、現行のNISAがより使いやすくお得に改善された制度です。

これから資産運用を始めたい人にとっては、新NISAの提供開始とともに利用スタートし、その利点をフル活用できるチャンスだといえます。

また現NISAも、それぞれの非課税保有期間が終了するまで保有し続けられるため、2024年以降で新NISAと併用すれば、資産形成により大きく貢献してくれます。

新旧NISAの非課税枠の内訳
  • 新NISAで360万円:つみたて投資枠120万円+成長投資枠240万円
  • 現NISAで160万円:一般NISA120万円+つみたてNISA40万円

ただし、現NISAに投資できるのは2023年中に限られ、非課税期間が終了しても新NISAへのロールオーバーはできません。現NISAの非課税枠を最大限生かすなら今すぐ始めるのがベストです。

切り替わりのタイミングである今だからこそ、ロールオーバーを適宜行い、コツコツ資産を増やす工夫を始めてみましょう。

監修・執筆者

目次