ネット証券を利用するデメリットはある?メリットやおすすめの証券会社もあわせて紹介

ネット証券を利用するデメリットはある?メリットやおすすめの証券会社もあわせて紹介のアイキャッチ

ネット証券はスマホで手間なくできるため、ますます利用者が増加しています。

しかし、はじめてネット証券の口座開設を検討している方の中にはこのような悩みを持っているのではないでしょうか。

「ネット証券って本当に安全なの?」

「ネット証券会社が多すぎて、初心者はどこで口座を開設したらよいの?」

ネット証券会社の売買はインターネットのみ行うため、便利な反面不安に感じる人も多いでしょう。

今回は、ネット証券のデメリットに着目し、どのような点に問題があるか、どこに注意したらよいかをまとめました

さらに、これからはじめる方におすすめのネット証券会社を5つ紹介しています。

デメリットを把握して、初心者が安心してネット証券会社の口座を開く方法を解説していますので、ぜひご覧下さい。

ネット証券を利用するデメリットの概要
  • ネット証券を利用するデメリットや注意点
  • ネット証券を利用するメリット
  • ネット証券の始め方
  • おすすめのネット証券ランキング5選
  • ネット証券のデメリットに関してよくある質問
目次

ネット証券とは?サクッと解説

ネット証券とは、インターネットのみで店舗をもたない証券会社のことを指します。

一方、店舗型証券は、店舗を持つ証券会社のことです。

ネット証券は、担当者がいないため投資相談などができない反面、手数料などは安いのが特徴です。

ネット証券と店舗型証券の違いは、「担当者がいるかどうか」「手数料」だといえます

手数料を安く抑えて、他は自力で頑張りたいという方はネット証券がおすすめです。

ネット証券を利用するデメリットや注意点

ネット証券を利用する場合は、気をつけておきたいデメリットや注意点があります。

今回はとくに押さえておきたい4点を解説します。

ネット証券を利用するデメリットや注意点
  • 投資方法は自分で決定する必要がある
  • 誤操作で注文しても自己責任になる
  • システムトラブルで機会損失になる可能性がある
  • 不正アクセスによるセキュリティ上のリスクはある

投資方法は自分で決定する必要がある

ネット証券は、店頭で直接取引を行える店舗型と違い、自分で投資方法を決める必要があります。

店頭であれば、対面で担当者から投資のアドバイスを受けられますが、ネット証券では銘柄選びから売買まで自分ですべて行わなければなりません。

そのため、自分で投資の勉強をしながら経験を積む必要があります。

しかも、投資に慣れていない初心者を狙って、アドバイスを装った投資詐欺もあるので注意が必要です。

あまり投資経験がない場合や初心者は、店舗型の証券会社で担当者に相談したほうがよいでしょう。

はじめは担当者にアドバイスを受けながら投資に慣れていき、知識や経験が蓄積してきた時点でネット証券に切り替えるのもおすすめです。

誤操作で注文しても自己責任になる

PCやスマホを日頃あまり使わない方は、誤操作などをしないように注意が必要です。

万が一、注文する際に操作を誤って発注してもすべて自己責任となってしまいます

取引をする際は、慎重に注文の内容を確認することが大切です。

さらにケタを間違えてしまうと想像以上の損をしてしまう可能性もあるでしょう。

チャートの見方がわからない、なんとなくよさそうなのでやってみたことで、後悔しても取り返しがつきません。

はじめてネット証券を使うなら、詳しい人にアドバイスをもらう、まずは少額で練習するなどしたほうがよいでしょう。

システムトラブルで機会損失になる可能性がある

自分に否がない場合でも、証券会社側のシステムトラブルが発生する可能性もあります。

その際には、注文したくてもできないような機会損失が起こりえる可能性も考慮しておくことが必要です。

大手ネット証券会社のSBI証券でも、毎月数回のシステムトラブルが発生しています。

復旧するまでの時間はケースによりさまざまですが、中には7〜8時間問題が解消しない場合もありました。

数分間アクセスしにくいなどのトラブルならまだしも、まったく注文ができなくなってしまった場合は、大きな機会損失となる場合があるかもしれません。

不正アクセスによるセキュリティ上のリスクはある

ネット証券にかぎらず、インターネットの利用には、不正アクセスによるセキュリティリスクの可能性があることを意識しておく必要があります。

たとえば、以下のような自分でできる対策は最低限やっておくことが大切です。

  • PCを最新の状態にする(ソフトウェアの更新)
  • パスワードを管理する
  • なりすましに注意する

とはいえ、証券会社もセキュリティ体制が整っているので過度に心配する必要はありません

ネット証券会社がどのようなセキュリティ対策を行っているかは、各社ホームページでくわしく解説しているので、一度目を通しておくことをおすすめします。

ネット証券を利用するメリット

ネット証券はもちろんデメリットだけではありません。

ネット証券を利用するメリットを4つ紹介します。

ネット証券を利用するメリット
  • 24時間いつでも即時入金できる
  • 売買手数料を抑えて始められる
  • 取り扱い商品が豊富にある
  • 予算に合わせて少額投資ができる

24時間いつでも即時入金できる

ネット証券の大きなメリットといえば、インターネットを使って簡単に申し込めることです。

インターネットバンキングを利用すれば、24時間即時入金が可能になります。

店舗に出向く必要がないため、すぐに取引したい場合でも即入金でき、機会損失を防げるところも強みです。

また、証券会社ごとに連携できる銀行があるので、投資金額に応じてポイントが貯まったり、投資にポイントが利用できたりするところもメリットです。

例えば、SBI証券ではVポイント、楽天証券なら楽天ポイントが貯まります。

売買手数料を抑えて始められる

ネット証券は手数料が安く設定されているため、低コストで取引できるところもメリットです。

店舗型のような個別サポートがなく人件費もさほどかからないため、売買手数料を抑えて取引ができるところもネット証券ならではの強みです。

SBI証券や楽天証券の場合、国内株式の現物取引手数料が無料となっています。

少額の取引でも、店舗型では2,000円以上の手数料がかかるところ、ネット証券では無料、もしくは多くて100円前後で注文可能です。

手数料は取引のたびにかかるため、数が多くなるほど負担が大きくなります。

特に取引数が多い場合は、ネット証券を利用すればかなりの差になってくるでしょう。

取り扱い商品が豊富にある

ネット証券は、豊富な商品から好きな投資先を選択できます。

とはいえ、初心者の場合はいきなり選ぶのは難しいため、つみたてNISAや投資信託で積立投資がおすすめです。

通常の株取引をするなら少額から始めることをおすすめします。

また、ネット証券会社はさまざまなツールを提供しており、上手に活用することでさまざまな情報を簡単に確認できます。

ツールは上級者が分析するためだけでなく、初心者でもわかりやすいという口コミもあり、取引を成功させるために積極的に利用するとよいでしょう。

予算に合わせて少額投資ができる

ネット証券は、1株から取引可能なところも特徴です。

例えば、SBI証券ではS株、楽天証券ならかぶミニという単元未満株取引を行っています。

非常に自由な取引が行える点もネット証券のメリットです。

商品は株や投資信託だけではなく、債権や先物、CFDや為替、ゴールドやETFなど多岐にわたります。

投資信託の場合は、100円から設定できるので初心者でも低リスクで始められます。

また、ネット証券は、取引期間も自由に行えるのも特徴です。

短期~長期まで自分の好きな期間で取引を行えるので、自由度の高い投資スタイルの方はネット証券をおすすめします。

ネット証券の利用者からの口コミ・評判

ここでは、ネット証券の口コミを紹介します。

実際にネット証券を使っているユーザーの声ですので、悪い口コミ・良い口コミどちらも参考にしてみてください。

悪い口コミ評判

悪い口コミでは、やはりサポート体制に対しての不満が多く見られます。

特に電話問い合わせの待ち時間についての不満をもつ声が多くあがっていました。

店頭で直接担当者に聞けないため、質問は電話対応となる会社が多く、殺到してしまっているようです。

サイトの構成がややこしく分かりづらい。
電話で問い合わせても長時間待たされる上に塩対応される。
金や銀の現物転換を謳っているくせに、実際には様々な条件が追加されて容易に現物転換できないような悪どい仕組みになっている。

みん評

いつ問い合わせしても混雑して繋がらない。
全く問い合わせに答える気がない。
繋がらない。

みん評

宣伝が大きくてポイントにつられて楽天申し込んでしまった。積み立てNISAをしようと考えていた。

分からないことがあり、電話しても繋がらない。電話代だけ上がっていく。こんな楽天信用できないと思い、カードも送ってこないうちに苦労したが何とか解約。

みん評

良い口コミ評判

良い口コミでは、手数料の安さやツールの便利さに満足しているという口コミが目立っています。

経験者はもちろん、初心者でもサービスが使いやすいという声もあり、サポートがなくても十分に活用している人も多いのがわかります。

株式売買手数料が完全0円になります。
以前は信用を使い、現引き、品渡しで0円売買してきましたけど・・これからは現物でも、資金回転の意味では信用も必要かな。
それから、住信SBI銀行と連携すれば、ドル転も手数料も安い。

みん評

米国株も買えるしアプリで四季報や財務内容や各種指標を見ることもできるしスクリーニングも可能です。
自分は初めて株取引を始めたのがSBI証券で、今まで問題にあったことはありません。分析に必要なツールや情報はSBIのアプリから得ることができ、これらで売買判断は十分可能だと思います。もし株の初心者で迷ったらSBIでいいと思います。

みん評

1年以上積み立てているが、トラブルなどは一度もなく、サービスに不満はなし。
ネット証券なので取引手数料も非常に安く、積み立てを始めてみたいという方にも非常におすすめ。
楽天銀行との相性がよく、楽天銀行のアプリから預金残高と証券資産を一目で確認することができて便利。

みん評

ネット証券を選ぶ際のポイント

ネット証券を選ぶ際に押さえておきたいポイントを3つ紹介します。

ネット証券を選ぶ際のポイント
  • 証券会社のセキュリティ体制を比較する
  • 投資できる商品が豊富にあるか確認する
  • 取引にかかるコストを抑える

証券会社のセキュリティ体制を比較する

ネット証券ではさまざまなセキュリティ対策を行っています。

どのような対策を行っているか、各社のセキュリティの取り組みを確認するようにしましょう。

代表的なセキュリティ対策は「ID・パスワードの管理」、「本人認証」などです。

スマートフォンで手軽に取引できるのがネット証券の魅力ですが、その分セキュリティ面のリスクも心配になるでしょう。

本記事で紹介しているようなネット証券は、さまざまなセキュリティ対策を行っているので、各社の体制を比較してより安全だと思える会社を選ぶとよいでしょう。

投資できる商品が豊富にあるか確認する

投資商品は豊富にあったほうが、より将来性のある投資先を選定できます。

とくに長期投資の場合は、投資先がかなり重要になってくるので、投資できる商品を扱っているかどうかを確認しましょう。

国内の株式はどのネット証券でも扱っている場合も多いですが、外国株式の中には一定の証券会社でしか扱っていない商品もあります

もし、低リスクで安心できる投資先を見つけられれば、大きなリターンも期待できます。

取引にかかるコストを抑える

取引コストは取引回数を重ねるごとに大きな差になります。

できれば手数料無料や手数料の安い証券会社を選んだほうがおすすめです。

ネット証券と店舗型の証券会社との取引手数料の違いは以下のとおりです。

形態取引手数料
ネット証券SBI証券:無料
楽天証券:無料
店舗型証券<野村證券>
20万円以下:2,860円
5,000万円超で0.1100% + 194,128円
<みずほ証券>
約定代金×1.15500%~ 
5,000万円超で約定代金×0.01100%+237,600円

少額取引でも3,000円近い差が出てくるため、高額取引になるほどかなりの差ができます。

ネット証券の利用がおすすめな人

ネット証券の利用がおすすめな人の特徴は次の3つです。

ネット証券の利用がおすすめな人
  • 将来に備えて少額から積立NISA(つみたてNISA)を始めたい人
  • 簡単に取引がしたい人
  • 投資先を自分で選びたい人

将来に備えて少額から積立NISA(つみたてNISA)を始めたい人は、ネット証券を検討してみましょう。

積立NISA(つみたてNISA)なら、非課税投資枠を活用すれば本来必要な運用益にかかる税金がかからないのでお得です。

また、簡単に取引がしたい人もネット証券に向いています。

スマホアプリから簡単に好きなタイミングで取引でき、入金の手間が面倒であれば即時入金を利用できます。

ネット証券のデメリットでもある、自分自身ですべて行う必要があるところも、投資先を自分で選びたい人ならメリットになるでしょう。

情報収集して、さまざまな投資先から好きな銘柄を選んで投資したいと考えている人は、ネット証券を有効活用できるはずです。

ネット証券の始め方を初心者にもわかりやすく解説

ここでは、ネット証券の始め方をステップ別に解説します。

今回はSBI証券の場合を例にとって説明していきます。

ネット証券の口座解説手順
  1. 口座開設申し込み
  2. 本人確認書類の提出
  3. 口座開設完了通知の受取り
  4. 初期設定

1.口座開設申し込み

まず、メールアドレスを登録すると認証コードが届きます。

認証コードを入力し、氏名や住所などの個人情報を入力します。

その後は画面の指示に沿って順に入力をしていきましょう。

最後に口座開設方法を選択します。

2.本人確認書類の提出

次に本人確認書類を提出します。

口座開設方法で「ネットで口座開設」を選択した場合は、ステップ1で発行されたユーザーネームログインパスワードを入力してログインします。

ログイン後、提出書類(マイナンバー確認書類+本人確認書類)を提出します。

提出書類に応じてその後のフローが異なるので、指示にしたがって手続きを進めましょう。

3.口座開設完了通知の受取り

提出書類の審査などが完了したら、「メール」「郵送」どちらか選択した方法で「口座開設完了通知」が送付されます。

通知には取引パスワードが記載されています。

4.初期設定

本人確認書類の審査が完了したら、初期設定が可能になります。

取引開始までに初期設定が必要となるので、忘れずに行っておきましょう

おすすめのネット証券ランキング5選

ここからはおすすめネット紹介会社のランキング5選を紹介します。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • 松井証券
  • マネックス証券
  • PayPay証券

それぞれの特徴や魅力をまとめましたので、ぜひネット証券会社選びの参考にしてください。

SBI証券

引用:SBI証券

項目概要
証券会社SBI証券
国内現物取引手数料・無料
単元未満株・1株から購入可能
・買付:無料
・売却:無料
投資信託取扱数2,638本
公式HPhttps://www.sbisec.co.jp/ETGate
  • 口座開設数1,000万達成の大手ネット証券会社
  • 現物取引、信用取引などの売買手数料が無料
  • 初心者から上級者まで幅広いユーザーに人気

SBI証券は、口座開設数1,000万を超える大手ネット証券会社です。

2023年9月30日の発注分から、国内株式の売買手数料が無料になり、ますますお得に取引ができるようになりました。

手数料が無料になる条件も、各種報告書を郵送からウェブ交付に変更するだけなので簡単なところも魅力です。

ツールやスマホアプリも使いやすいと評判が高く、初心者がはじめて開設する口座としてもおすすめの会社だといえます。

楽天証券

引用:楽天証券

項目概要
証券会社楽天証券
国内現物取引手数料・ゼロコース:無料(RクロスとSOR利用が必須)
・超割コース:55~1,070円
※約定代金によって手数料を決定
・超割コース(大口優遇):無料
単元未満株・1株から購入可能
・買付:無料
・売却:無料
投資信託取扱数2,635本
公式HPhttps://www.rakuten-sec.co.jp/
  • 取引で楽天ポイントがたまり、ポイント投資ができる
  • 他社よりも安い手数料が魅力
  • 口座開設で日経テレコンの記事が読める

楽天証券は、楽天市場でおなじみの楽天が運営しているネット証券です。

他の楽天サービスと同様、取引で楽天ポイントがたまり、ポイント投資にも利用できます

また、スマホアプリ「iSPEED」などの使いやすい取引ツールを提供しており、ユーザーの78%が投資未経験者であるのも特徴です。

口座開設で日経テレコンの記事がよめたり、初心者向け投資情報なども積極的に発信しているので、初心者に向いているネット証券としてもおすすめです。

松井証券

引用:松井証券

項目概要
証券会社松井証券
国内現物取引手数料・50万円まで無料
・100万円まで:1,000円(税込1,100円)
・200万円まで:2,000円(税込2,200円)
・100万円増えるごとに1,100円(税込)加算
・1億円超:100,000円 (税込110,000円)(上限)
※25歳以下はすべて無料
単元未満株・買付:取り扱いなし
・売却:0.55%
投資信託取扱数1,715本
公式HPhttps://www.matsui.co.jp/
  • 1日50万円までなら回数不問で手数料が無料
  • 2023年11月から最大1%ポイントがたまるサービス開始
  • 株の取引相談サービスを提供

松井証券は、50万円までなら手数料無料・25歳以下は金額関係なくすべて無料なので、これから投資をはじめたい若者にもおすすめです。

対象の投資信託を保有しているとポイントや現金還元されるサービスを行っており、ポイントはAmazonやPayPayなどのギフトカードとの交換も可能です。

ネット証券で不安になりがちなサポートについても、株の取引相談窓口を設けており、口座をもっていれば誰でも無料で相談できるところも初心者にうれしいポイントです。

マネックス証券

引用:マネックス証券

項目概要
証券会社マネックス証券
国内現物取引手数料・5万円以下:50円(税込:55円)
・5万円~10万円:90円(税込:99円)
・10万円~20万円:105円(税込:115円)
・20万円~50万円: 250円(税込:275円)
・50万円~100万円:487円(税込:535円)
・100万円~150万円::582円(税込:640円)
・150万円~3,000万円:921円(税込:1,013円)
・3,000万円~: 973円(税込:1,070円)
単元未満株・1株から購入可能
・買付:無料
・売却:0.55%
投資信託取扱数1,566本
公式HPhttps://www.matsui.co.jp/
  • マネックスカードの投資つみたて還元率が1.1%
  • 投資信託の残高で毎月ポイントがたまる
  • 米国株を豊富に取り扱っている

マネックス証券は、SBI証券、楽天証券に続いて口座数が多いネット証券です。

5,000銘柄以上の米国株を取り扱っており、米国株をはじめてみたい人におすすめです。

また、少額投資をしたい場合はワン株(単元未満株)や米国株も1株から買えるので、高額投資に慣れていない初心者もはじめやすいでしょう。

投資信託の残高に応じてたまるポイントは、クレカ積立なら1.1%と高い還元率なので、ポイント投資としても有効活用可能です。

PayPay証券

引用:PayPay証券

項目概要
証券会社PayPay証券
国内現物取引手数料基準価格に以下を掛けた価格をスプレッドとして支払う
・9:30 ~16:00:0.5%
・上記以外の時間:0.7%
単元未満株・対象銘柄を1,000円単位で購入可能
・買付:無料
・売却:無料
投資信託取扱数24本
公式HPhttps://www.paypay-sec.co.jp/
  • 100円から1円単位で取引できる
  • スマホで簡単に取引可能
  • 売却後はPayPayの決済にすぐ使える

PayPay証券は、CMでおなじみのキャッシュレス決済・PayPayが運営するスマホ証券です。

通常のショッピングなどでたまったPayPayポイントを投資に使えるので、現金がなくても投資体験ができます。

また、PayPay証券が取り扱う銘柄は、有名企業の日本株を厳選しているため、銘柄が多くて迷ってしまう初心者でも安心して投資をはじめやすいところも特徴です。

たまったポイントを使ってお小遣い稼ぎをしてみたい方にもおすすめです。

店舗型証券のメリット・デメリットも紹介

店舗型証券はネット証券とは違ったメリットとデメリットがあります。

店舗型証券の大きなメリットは、実店舗が存在しているため、対面や電話で担当者に相談できるところです。

1人ずつに担当者がつくため、銘柄選定から運用方法まで丁寧なアドバイスがもらえます。

デメリットは、証券会社からの勧誘や営業電話が多くなる可能性があるため、面倒に感じることもあるところです。

また、手数料がネット証券に比べて高くなります

例えば、10万円投資する場合、ネット証券では無料もしくは100円程度ですが、店舗型では数千円以上必要となります。

誰かに相談しながら投資がしたい人や初心者は、ネット証券よりも店舗型証券を検討してもよいでしょう。

ネット証券のデメリットに関してよくある質問

最後に、ネット証券のデメリットについて、よくある質問をまとめました。

ネット証券をはじめてみたいと考えつつも、疑問や不安がある方はぜひ参考にしてみてください。

ネット証券のデメリットに関してよくある質問
  • 積立nisa(つみたてNISA)のデメリットは?
  • 証券口座を持ってるだけで手数料はかかる?
  • ネット証券を選んだほうがいい理由は何ですか?
  • ネット証券で1番口座開設数が多い証券会社はどこですか?
  • 避けたほうがよい危険な行為は?

積立nisa(つみたてNISA)のデメリットは?

積立NISA(つみたてNISA)は、あくまでも投資なので、損失が発生するリスクがあります。

そのため、元本割れの可能性も考慮しておくことも大切です。

また、積立投資しかできないため、投資信託が限られています。

長期目線で投資する必要があるため、短期では稼げないので、短期間で利益を出したい方向きではないと言えるでしょう。

証券口座を持ってるだけで手数料はかかる?

ネット証券の口座開設しただけでは、手数料はかかりません

口座開設は無料なので、利用用途にあわせて複数の証券会社を使い分けてもいいでしょう。

まずは複数のネット証券会社の口座を作り、利用しながら自分にあったところをメインで使ってみるのがおすすめです。

ネット証券を選んだほうがいい理由は何ですか?

ネット証券は、手軽に少額から取引できるのが魅力です。

また、店舗型よりも手数料がかなり安いので、少しでもコストを抑えて運用したいなら、ネット証券の利用をおすすめします。

投資したい銘柄にこだわりを持っている場合は、取扱銘柄が豊富なネット証券を検討する価値があるといえます。

銘柄の選定から売買まで自分で自由にしたい人にも向いています。

ネット証券で1番口座開設数が多い証券会社はどこですか?

ネット証券で1番口座開設数が多い証券会社は「SBI証券」です。

SBI証券は、2023年3月に国内初の1,000万口座を達成しました。

他には楽天証券が900万口座超となっています。

避けたほうがよい危険な行為は?

投資の勉強をせずに取引を始めるのは危険なので避けましょう

店舗型のようにプロのサポートがない分、ある程度投資の知識をつけてから始めることをおすすめします。

わからないまま投資をしても、成果がでないばかりか大きな損失をする可能性もあります。

今ならネットの情報やYouTubeだけでも十分勉強できるので、少額で投資しながら知識と経験を積んでいくとよいでしょう。

ネット証券のデメリット・メリットが理解できたら始めてみましょう

今回はネット証券のデメリットに着目しながら、ネット証券に向いている人のタイプや、気をつけておくべきポイントについて解説しました。

ネット証券は、スマホがあれば取引できる便利さと手数料の安さが魅力です。

一方、自己責任ですべての取引を行う必要があるので、自分で勉強していく努力も必要です。

初心者がネット証券をはじめるなら、大手の安心感がある「SBI証券」がおすすめです。

口コミでも評判がよく、初心者でもわかりやすい取引が人気です。

ネット証券選びに迷ったら、まずはSBI証券の口座を開設してみてください。

監修・執筆者

目次