PR

親からお金を借りる時の言い方は?言いづらい場合に使える言い訳や贈与税についても解説

親からお金を借りる時に贈与税が発生してしまう条件と回避方法

親にお金を借りたいけど、どう頼めばいいかわからない。言いづらくて、つい言い訳を考えてしまう。でも、言い方を間違えると後々トラブルになりかねない。

そんな悩みを抱えているあなたに、この記事では親にスムーズにお金を借りるための正しい方法をお伝えします。借りやすい理由の伝え方や、言いづらい時の切り出し方のコツ、トラブルを避けるための借用書の作成方法など、実践的な内容が満載です。

また、親子間の金銭貸借で注意すべき贈与税についても詳しく解説。いくら借りたらどれだけ税金がかかるのか、どうすれば非課税になるのかといった疑問にもしっかり答えます。

この記事を読めば、親との人間関係を壊すことなく、安心してお金を借りられるようになるでしょう。ぜひ参考にして、賢く借入を実践してください。

ふるさと本舗 カードローン編集部

本サイトでは約30種類ものお金を借りる方法をご紹介しています。親御さんからお金を借りるのが難しい場合や極力避けたい場合は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

目次

親からお金を借りるときに使える言い訳・理由

親からお金を借りるときに使える言い訳・理由に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

親からお金を借りるときに使える言い訳・理由
  • 生活費を借りたい
  • 学校で必要になる文房具を買いたい
  • 自動車の修理など予期せぬ出費代を借りたい
  • 塾代など子供の養育費を借りたい
  • 卒業旅行代を借りたい
  • 資格講座代を借りたい
  • 急な冠婚葬祭でお金を借りたい
  • 交通違反の罰金を払うお金を借りたい

それぞれ詳しく解説していきます。

生活費を借りたい

親からお金を借りる理由として最も多いのが、生活費が足りないケースです。アルバイトの収入だけでは家賃や食費、光熱費などをまかなえず、毎月赤字になってしまうことも。そんな時は、正直に「生活が苦しいので援助してほしい」と伝えましょう。

親なら子供の生活状況を理解してくれるはずです。ただし、遊興費のために借りるのは避けましょう。自分の行動を見直し、節約する努力も必要です。借りたお金は計画的に返済することを忘れずに。

学校で必要になる文房具を買いたい

新学期が始まると、教科書やノートなどの学用品を揃える必要があります。特に小学校入学時は、ランドセル、筆箱、文房具など一式購入しなければならず出費がかさみます。

鉛筆やシャープペンシル、消しゴム、定規など基本的な文房具に加え、絵の具セットや裁縫セットなども必要です。学年が上がるにつれ、コンパスや分度器、電卓など、より専門的な文房具の購入が求められます。

子供の学習環境を整えるのは親の役目ですが、まとまった出費になるため工面が難しいこともあるでしょう。

そんな時は、学用品を揃えるための費用を親に借りたいと正直に伝えましょう。子供の教育のためと分かれば、親も快く貸してくれる可能性が高いです。

自動車の修理など予期せぬ出費代を借りたい

自動車の故障は予期せぬタイミングで起こるため、修理代の支払いに困ることがあります。車両保険に加入していても、補償内容によっては自己負担が発生する場合もあるでしょう。

そんな時、親に正直に事情を話して、修理代を工面するまでの期間お金を借りたいと頼んでみましょう。

「急に車が動かなくなってしまい、修理代が必要なんだ。」と切り出し、具体的にいくら借りたいのか、返済までの期間はどれくらいを見込んでいるのかを説明すると良いでしょう。

塾代など子供の養育費を借りたい

子育て中の親にとって、子供の教育費は大きな負担になります。特に塾代や習い事の費用は高額になりがちです。

親に「子供の教育のために」とお金を借りるのは効果的な言い訳の一つです。

実際、幼稚園から大学までの教育費の総額は、すべて国公立でも約1,000万円、私立だと2,000万円以上かかるというデータもあります。子供の将来のために教育にお金をかけたいと親に伝えれば、お金を借りやすくなるでしょう。

ただし、借りたお金は教育費以外の目的で使わないようにしましょう。子供のためと言って借りたお金を他のことに使ってしまうと、信頼を失いかねません。あくまでも子供の教育のために使うことが大切です。

また、教育費なら一定の金額まで贈与税が非課税になる制度もあります。上手に制度を活用しながら、子供の教育費を工面していくのが良いでしょう。

卒業旅行代を借りたい

卒業旅行は学生生活の思い出作りとして欠かせないイベントですが、アルバイト代だけでは費用が足りないこともあるでしょう。

そんな時は、正直に事情を話して親に援助をお願いしてみましょう。

「学生生活最後の思い出作りをしたい」「友達と一生の思い出を作りたい」など、卒業旅行に行きたい熱意を伝えることが大切です。

また、旅行の計画書を作成し、費用の内訳や日程、行き先を具体的に説明すると、親も理解してくれるはずです。

お小遣いを貯めたり、アルバイトの回数を増やすなど、自分でも資金を工面する努力をしている姿勢を見せることも重要です。借りたお金は必ず返済する意思があることを伝え、親を安心させましょう。

資格講座代を借りたい

資格取得のための講座費用を親に借りたい場合は、将来のキャリアアップや収入アップにつながることを強調しましょう。

「この資格を取得することで、専門性が高まり、より良い仕事に就ける可能性が広がる」「資格取得後は収入アップが見込めるため、借りたお金は必ず返済できる」など、前向きな姿勢を示すことが大切です。

また、講座のパンフレットや資料を用意し、どのような内容で、どれくらいの期間と費用が必要なのかを具体的に説明します。親も、あなたの目標や計画を理解しやすくなるでしょう。

さらに、「講座終了後は、資格取得に向けて集中して勉強するため、アルバイトの時間を減らす必要がある」と伝えるのも効果的です。真剣に取り組む姿勢を示すことで、親も応援したいと思ってくれるはずです。

急な冠婚葬祭でお金を借りたい

人生の節目となる冠婚葬祭は、予期せぬタイミングで発生することがあります。特に、葬儀や法事は急に決まることが多く、準備期間が短いため、まとまったお金が必要になります。

このような場合、事情を正直に説明し、返済期限を明確にすることが大切です。

親としても、子供の人生の節目を支援したいと思うはずです。真摯な態度で説明することで、理解を得られる可能性が高くなります。お金を借りることに躊躇せず、親子でサポートし合える関係性を築くことが重要です。

交通違反の罰金を払うお金を借りたい

交通違反で罰金を科された場合、期日までに支払わないと労役場に留置される可能性があります。罰金は現金一括払いが原則なので、分割払いを認めてもらうのは難しいでしょう。

そのような事態を避けるため、「交通違反で罰金を受けたが、今すぐ払えるお金がない」と正直に事情を説明し、一時的にお金を借りたいと親に相談するのがよいでしょう。

親なら子供の身に起こった出来事を心配し、できる限り援助してくれる可能性が高いです。ただし、嘘の言い訳をすれば親子の信頼関係が損なわれる恐れがあるので注意が必要です。

また、110万円を超える高額の罰金となった場合は、贈与税の対象となる可能性があります。そのため、借用書を作成したり利息を設定したりするなど、「贈与」と見なされないよう配慮する必要があります。

親からお金を借りるときの頼み方

親からお金を借りるときの頼み方に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

親からお金を借りるときの頼み方
  • 対面で直接お願いをする
  • 借りたい理由を明確に説明する
  • 借りたい金額を提示する
  • 返済スケジュールを明確にする

それぞれ詳しく解説していきます。

対面で直接お願いをする

親にお金を借りる際は、電話やメールではなく直接会って話をするのが最も効果的です。親の目を見て真剣に事情を説明することで、親も事態の深刻さを理解してくれるでしょう。

また、対面なら親の反応を見ながら話を進められるので、親が納得しやすい説明の仕方を選べます。

お金を借りる理由や返済計画をしっかりと伝え、「あなたにしかお願いできない」と親の助けを求めましょう。親を説得するコツは、誠意を持って正直に話すことです。

借りたい理由を明確に説明する

親にお金を借りる際は、具体的にどのような理由でお金が必要なのかを明確に説明することが大切です。

例えば、「車の修理代が必要で、今月の生活費が足りなくなってしまった」「家のリフォーム資金が足りない」など、できるだけ詳しく状況を伝えましょう。曖昧な理由では、親も貸す判断がしづらくなります。

お金を借りたい金額や返済の見通しについても併せて説明し、誠意を持って頼むことが信頼につながります。親としても、子供が困っている理由がはっきりしていれば、助けようと思えるはずです。

借りたい金額を提示する

親にお金を借りる際は、具体的にいくら借りたいのかを明確に伝えることが大切です。曖昧な表現では、親も返済計画を立てづらく、不安に感じるかもしれません。

例えば、「30万円を6ヶ月で返済したい」と具体的に伝えましょう。 金額が大きいほど親も慎重になるため、必要最低限の金額に抑えるのがおすすめです。 また、あまりに高額だと贈与税の対象になる可能性もあるので注意が必要です。

親を安心させるためにも借りたい金額とその使途、返済計画をしっかりと説明し、誠実に話し合うことが大切です。

返済スケジュールを明確にする

親からお金を借りる際は、返済スケジュールを明確にすることが重要です。

いつまでに、どのくらいの金額を返済するのかを具体的に伝えましょう。例えば、「毎月○万円ずつ返済して、○年後には完済する予定です」といった具合です。

曖昧な返済計画では、親も不安に感じてしまいます。借りたお金は必ず返すという強い意志を示すためにも、現実的な返済スケジュールを立てて、親に誠意を持って説明することが大切です。

また、金銭トラブルを避けるためにも、返済スケジュールは書面に残しておくとよいでしょう。

親からお金を借りるときに使ってはいけない理由

親からお金を借りるときに使ってはいけない理由に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

親からお金を借りるときに使ってはいけない理由
  • ギャンブル代
  • 飲み代
  • デート代
  • 株やFXなどの投資

それぞれ詳しく解説していきます。

ギャンブル代

親からお金を借りる理由として、ギャンブルの借金の穴埋めや資金にするのは絶対にNGです。ギャンブルのためにお金を借りることを正直に話せば、親は借金を肩代わりするどころか、あなたのギャンブル依存症を心配するでしょう。ギャンブルのための借金は自己責任であり、親に迷惑をかけるべきではありません。

また、ギャンブルを理由にお金を借りたとしても、借りたお金を返済する当てがないのが現実です。ギャンブルで借金を返済できると考えるのは甘すぎます。ギャンブルによる借金の連鎖に陥るだけでなく、親との信頼関係も失ってしまうリスクが高いため、避けるべき理由だと言えます。

飲み代

親からお金を借りる際、飲み代としての理由は避けるべきです。飲み代は娯楽費として見なされがちで、必要不可欠な出費とは考えられません。 親は子供の健全な生活を望んでおり、お金の無駄遣いを助長することを好まないでしょう。 代わりに、生活費の足しにするなど、より重要な理由を伝えることが賢明です。

親は子供の将来を案じており、借金は子供の自立を阻害する可能性があると考えています。 したがって、飲み代のような不要な出費のためにお金を借りることは、親の期待に反する行為と映るでしょう。親子関係を大切にするなら、飲み代の言い訳は避けた方が賢明です。

デート代

親からデート代を援助してもらうことは、一般的にはあまり適切ではありません。デートは個人的な出費であり、自分で稼いだお金を使うべきだと考えられています。

親からデート代を援助してもらうと、金銭的に甘えすぎてしまう恐れがあります。自立心を育むためにも、デート代は自分で工面するよう心がけましょう。また、デート相手に対しても気まずい思いをさせかねません。

ただし、一時的に経済的に困窮している場合などやむを得ない事情があれば、親に正直に事情を説明し一時的な支援を求めるのは構いません。

しかし、常習的にデート代を援助してもらうのは避けたほうがよいでしょう。自立した大人になるためにも、デート代は基本的に自分で工面する習慣をつけることが重要です。

株やFXなどの投資

株やFXなどの投機的な投資のために親からお金を借りることは避けるべきです。投資には必ず損失のリスクが伴い、借金を返済できなくなる可能性があります。

親は子供の将来を案じて貸してくれるものですが、投機目的の借金は親を心配させるだけでなく、万が一損失が出た場合、親子関係にもひびが入りかねません。 

また、投資で利益が出たとしても、贈与税の対象となる可能性があります。税務署は投資を「遊び」と見なし、利益を「贈与」と判断するおそれがあるのです。

投資のために親から借りるのは避け、生活費や教育費、住宅ローンなど、明確な目的があり返済計画も立てられる場合に限るべきでしょう。親の気持ちを汲んで、賢明な判断が求められます。

親からの借金に税金(贈与税)がかかるのか

親からの借金に税金(贈与税)がかかるのかに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

親からの借金に税金(贈与税)がかかるのか
  • 110万円以下の金額を親から借りる時の贈与税
  • 住宅購入時に親からお金を借りる時の贈与税

それぞれ詳しく解説していきます。

110万円以下の金額を親から借りる時の贈与税

親から110万円以下の金額を借りる場合、贈与税はかかりません。贈与税は、1年間に受け取った贈与の合計額が110万円を超えた分にのみ課税されます。

つまり、親から100万円を借りても、その年に他から贈与を受けていなければ、贈与税は発生しません。

ただし、両親からそれぞれ100万円ずつ借りた場合は合計200万円となり、110万円を超えるため超過分の90万円に対して贈与税がかかります。

また、利息を付けずに借りた場合、利息相当分が贈与とみなされる可能性があります。そのため借用書を作成し、適正な利率を設定することで、贈与税の発生リスクを軽減できます。親からお金を借りる際は、贈与税に注意が必要です。

住宅購入時に親からお金を借りる時の贈与税

から住宅購入資金として多額の金銭を借りる場合、贈与税の対象となる可能性があります。贈与税は、個人が1年間に受け取った贈与の合計額が一定額を超えた場合に課税されます。

2023年度の贈与税の基礎控除額は、配偶者以外の親族から贈与を受けた場合は1,100万円です。つまり、親から1,100万円を超える金額を借りた場合、超過分に対して贈与税がかかります。ただし、住宅取得等資金の非課税制度を利用すれば、最大3,000万円までは非課税となります。

したがって、親から住宅購入資金として3,000万円以下を借りる場合は贈与税がかかりませんが、それを超える金額については贈与税の対象となる可能性があります。適切な手続きを行い、節税対策を検討することが重要です。

借用書上にある金利の記入欄に0%と記入すると贈与と判断されるかもしれない

親からお金を借りる際、借用書を作成することが一般的です。借用書には金利の記入欄がありますが、ここに0%と記入すると、贈与とみなされる可能性があります。

贈与税は、親から子への金銭の無償移転に対して課税されます。無利子の貸借は、実質的に利息相当額の経済的利益の移転があったと見なされるためです。

そのため、借用書の金利欄に0%と記入すると、税務署から「贈与である」と判断される恐れがあります。贈与税の課税対象となり、110万円を超える金額については贈与税の申告が必要になります。

利息をつけることで、真に金銭の貸借であると認められる可能性が高くなります。借用書の金利欄には、例えば年利1%などの適正な金利を記入しましょう。また、実際に利息の支払いを行うことで、より確実に贈与と見なされないよう対策できます。

まとめ

親からお金を借りる際は、正直に理由を説明し、返済計画を示すことが重要です。言い訳をするよりも、誠実な態度で頼むことで、親の理解を得やすくなります。

借りる金額が110万円を超える場合は、贈与税の対象となる可能性があります。贈与税を回避するには、借用書を作成し、適正な金利を設定することが有効です。また、返済の証跡を残すため、現金の手渡しではなく銀行振込を活用しましょう。

結婚や住宅購入、子供の教育費など、一定の要件を満たせば非課税扱いとなる特例もあります。しかし、手続きが必要なため、事前に確認しておくことが大切です。親からお金を借りる際は、贈与税にも気をつけながら、適切な方法で対応しましょう。

目次