PR

パートの主婦がお金を借りられる?主婦でも使えるおすすめのカードローンをご紹介

パート主婦がお金を借りるには?低収入でも借りられるカードローンを紹介

パートの主婦の方で、急な出費などでお金を借りたいとお考えではありませんか?「パートの収入では借りられないのでは?」「審査に通るか不安…」といった心配をお持ちかもしれません

でも安心してください。実はパートの主婦でも、工夫次第でお金を借りることは可能です。本記事では、パートの主婦の方が利用しやすい、おすすめのカードローンをご紹介します。

審査基準が比較的緩く、パート収入でも借入できるおすすめのカードローンを厳選しました。また、審査通過のコツや注意点、上手な借入方法なども詳しく解説。記事を読めば、パートの主婦でもお金を借りるための知識が身につきます。

急な出費で困ったときに備えて、事前に借入れの選択肢を知っておくことは大切です。ぜひ最後までチェックして、いざというときに役立てていただければと思います。パートの主婦の味方となる、頼れるカードローン情報が満載ですよ。

目次

パートでも使えるカードローンは多くある

パートで働く主婦の方でも、定期的な収入があればカードローンを利用してお金を借りることができます。特に消費者金融系のカードローンは、銀行カードローンと比べて審査基準が緩めに設定されているため、パート主婦の方でも借入しやすい傾向にあります。

消費者金融大手のアコム、プロミス、アイフルなどでは、パートやアルバイトの方も借入対象としています。

Web完結で申し込みができ、最短即日融資にも対応しているので、急な出費の際にも便利です。

10万円以下の借入なら消費者金融を使うべき

パートタイムの主婦でカードローンを利用する場合、10万円以下の比較的低額な借入れであれば、消費者金融のカードローンを選ぶのが賢明です。

消費者金融のカードローンは、比較的審査が緩く、低額から借り入れが可能なのが特徴です。 例えば大手のプロミス、アイフル、アコムなどでは、1万円からの融資に対応しています。

一方、銀行のカードローンは最低でも10万円程度からの借入れが一般的です。 主婦の方で10万円を下回る低額の資金需要しかない場合、銀行のカードローンでは対応できない可能性があります。

また、消費者金融は最短即日での融資に対応しているのも大きなメリットです。 主婦の方で緊急の資金需要がある場合、スピーディーに資金を調達できます。

一方の銀行のカードローンは、申込みから融資実行まで最短でも数日程度を要します。 即日融資は基本的に対応していません。

パートやアルバイト等の収入が不安定な職種の場合は満額の借入ができない場合もある

パートタイムやアルバイト、契約社員など、収入が不安定な職種に従事している主婦の場合、カードローンの借入限度額が制限される可能性があります。

カードローン会社の審査では、申込者の年収や雇用形態、勤続年数などが重視されます。 収入が安定しており、長期的な返済能力が認められる人ほど、高額の融資を受けられる傾向にあります。

一方で、パートやアルバイトなどの不安定な職種に従事している人は、収入が一定水準を下回る可能性があります。 そうした場合、カードローン会社から見て返済能力が不足していると判断され、借入限度額が制限される可能性が高くなります。

ふるさと本舗 カードローン編集部

貸金業における貸付上限は年収の3分の1まで。しかし、職業が不安定な場合は必ずしも貸付上限いっぱいまで枠が付与されるとは限りません。

内職アルバイトでも収入さえあれば利用可能

パートタイムの主婦でも、内職やアルバイトなどで一定の収入があれば、カードローンを利用することができます。

カードローン会社の審査では、申込者に「継続的な収入源」があることが最も重視されます。 つまり、収入の種類よりも、一定以上の金額を安定して稼げているかどうかが重要なポイントとなるのです。

内職の場合、確定申告をしていれば収入証明書を発行してもらえます。 この収入証明書があれば、内職収入でもカードローン審査の際に収入を証明できます。

カードローンによっては申込条件に勤続年数の縛りがあるところも

パートタイムで働く主婦がカードローンを利用する際、注意が必要なのが勤続年数の条件です。一部のカードローン会社では、申込条件として一定の勤続年数を求めている場合があります。

勤続年数が長ければ長いほど、収入が安定していると判断されやすくなります。 カードローン会社は、申込者の返済能力を審査する際、勤続年数を重要な判断材料の一つとしているのです。

銀行カードローンでは、勤続年数の目安がさらに長くなる傾向にあります。 主要行では半年以上の勤続が求められることが多く、1年未満であれば審査を通過するのが難しくなります。

パートでも借りられるおすすめカードローン

本章ではパートの方でも借りられるカードローンを消費者金融と銀行系それぞれ解説いたします。

ふるさと本舗 カードローン編集部

迷った場合は消費者金融から選ぶと良いでしょう。銀行系カードローンと比べて審査に通りやすく、サポート体制も充実。

最短即日で融資を受けることもできます。

消費者金融

スクロールできます
消費者金融金利貸付限度額申込条件審査・融資までの時間無利息期間カードレスWeb完結毎月の返済額在籍確認詳細

アイフル
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
初回利用時のみ最大30日間4,000円~原則なし詳細はこちら

アコム
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短20分初回利用時のみ最大30日間3,000円~原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
詳細はこちら

SMBCモビット
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
最短即日1,000円~原則なし詳細はこちら

レイク
4.5%~18.0%1万円~500万円満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
Webで最短25分初回利用時のみ最大180日間4,000円~原則なし詳細はこちら

プロミス
4.5%~17.8%1万円~500万円満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
最短即日初回利用時のみ最大30日間1,000円~原則なし詳細はこちら

アイフル

アイフル
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 最短18分での融資が可能
  • 30日間の無利息期間がある
  • アプリのアイコンを着せ替えられ、アプリ名もバレない
デメリット
  • 銀行系カードローンより金利が高め
  • 返済時にATMで手数料が発生する
  • 収入証明書の提出が必要な場合がある

アイフルは、主婦でもパートタイムで働く方でも利用しやすい消費者金融のカードローンサービスを提供しています。

アイフルのカードローンは、最短で18分の簡単審査と即日融資が可能です。 24時間365日いつでも申し込みができ、WEBやスマホアプリで完結するため、在籍確認の電話連絡を気にする必要がありません。

借入限度額は最大800万円までで、金利は3.0%~18.0%の範囲となっています。 さらに、アイフルをはじめて利用する方には、契約日の翌日から最大30日間の無利息サービスがあります。

審査では、収入証明書の提出が必要な場合もありますが、アイフルでは「1秒診断」で簡単に借入可能額を確認できます。 勤続年数が短くても審査を通過しやすい傾向にあります。

返済方法は給与天引きや口座振替、提携ATMなど様々な選択肢があり、最長で14年6ヶ月の長期返済が可能です。 収入が変動する主婦でも、柔軟に返済計画を見直せるのがメリットです。

このように、アイフルはパートタイムの主婦でも利用しやすい消費者金融のカードローンサービスを提供しています。 審査が簡単で即日融資、長期返済など、主婦の方にとって便利な特徴が多数あります。

アコム

アコム
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短20分
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額3,000円~
在籍確認原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
メリット
  • 最短即日融資が可能で、急な出費にも対応できる
  • 初回利用なら最大30日間無利息で借りられる
  • Webやアプリで申込みから借入まで完結できる
デメリット
  • 金利が他社と比べてやや高め(3.0?18.0%)
  • 借りすぎると返済が大変になるリスクがある
  • 収入がないと審査に通過できない

アコムは、主要な消費者金融会社の一つで、パートタイムで働く主婦でも利用しやすいカードローンサービスを提供しています。

アコムのカードローンは、最短で20分の簡単審査と即日融資が可能です。 24時間365日いつでも申し込みができ、WEBやスマホアプリで完結するため、在籍確認の電話連絡を気にする必要がありません。

借入限度額は最大800万円までで、金利は3.0%~18.0%の範囲となっています。 さらに、アコムをはじめて利用する方には、契約日の翌日から最大30日間の無利息サービスがあります。

審査では収入証明書の提出が求められる場合もありますが、アコムでは簡単な入力で借入可能額の目安を事前に確認できます。 パートなどで勤続年数が短くても審査を通過しやすい傾向にあります。  

返済方法は給与天引きや口座振替、提携ATMなど様々な選択肢があり、最長で14年6ヶ月の長期返済が可能です。 収入が変動するパートの主婦でも、柔軟に返済計画を見直せるのがメリットです。

このように、アコムはパートタイムの主婦でも利用しやすい消費者金融のカードローンサービスを提供しています。 審査が簡単で即日融資、長期返済など、主婦の方にとって便利な特徴が多数あります。

SMBCモビット

SMBCモビット
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • WEB完結申込で在籍確認の電話や郵送物なし
  • 最短即日融資に対応している
  • 借入金の利用用途が自由
デメリット
  • 銀行カードローンと比べると金利が高め
  • 無職の人は審査に通過できない
  • 同じグループ系列の会社でブラックリスト入りしていると審査落ち

SMBCモビットは、パートタイムで働く主婦でも利用しやすい消費者金融のカードローンサービスを提供しています。

SMBCモビットのカードローンは、最短で10秒の簡易審査と即日融資が可能です。 24時間365日いつでも申し込みができ、WEBやスマホアプリで完結するため、在籍確認の電話連絡を気にする必要がありません。借入限度額は最大800万円までで、金利は3.0%~18.0%の範囲となっています。

審査では、収入証明書の提出が求められる場合もありますが、10秒の簡易審査で借入可能額の目安を事前に確認できます。 パートなどで勤続年数が短くても審査を通過しやすい傾向にあります。

返済方法は給与天引きや口座振替、提携ATMなど様々な選択肢があり、最長で14年6ヶ月の長期返済が可能です。 収入が変動するパートの主婦でも、柔軟に返済計画を見直せるのがメリットです。

このように、SMBCモビットはパートタイムの主婦でも利用しやすい消費者金融のカードローンサービスを提供しています。 審査が簡単で即日融資、長期返済など、主婦の方にとって便利な特徴が多数あります。

レイク

レイク
金利4.5%~18.0%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
審査・融資までの時間Webで最短25分
無利息期間初回利用時のみ最大180日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 無利息期間が最長180日と長い
  • 審査が最短15秒と速い
  • 24時間いつでも返済可能で手数料も安い
デメリット
  • 金利が年4.5%~18.0%と高め
  • 借入限度額が低い
  • 提携ATM以外だと出金手数料がかかる

レイクは、パートタイムで働く主婦でも利用しやすい消費者金融のカードローンサービスを提供しています。

レイクのカードローンは、最短で15秒の簡易審査と即日融資が可能です。 24時間365日いつでも申し込みができ、WEBやスマホアプリで完結するため、在籍確認の電話連絡を気にする必要がありません。

借入限度額は最大500万円までで、金利は4.5%~18.0%の範囲となっています。 さらに、レイクをはじめて利用する方には、最大180日間の無利息サービスがあります。

審査では、収入証明書の提出が求められる場合もありますが、15秒の簡易審査で借入可能額の目安を事前に確認できます。 パートなどで勤続年数が短くても審査を通過しやすい傾向にあります。

返済方法は給与天引きや口座振替、提携ATMなど様々な選択肢があり、最長で14年6ヶ月の長期返済が可能です。 収入が変動するパートの主婦でも、柔軟に返済計画を見直せるのがメリットです。  

さらに、レイクでは無人契約機を利用できるため、プライバシーを守りつつ契約手続きができます。 自宅や職場に知られずにカードローンを利用したい主婦にも適しています。

このように、レイクはパートタイムの主婦でも利用しやすい消費者金融のカードローンサービスを提供しています。 審査が簡単で即日融資、長期返済、プライバシー保護など、主婦の方にとって便利な特徴が多数あります。

プロミス

プロミス
金利4.5%~17.8%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 最短3分の即日融資が可能
  • 他社より上限金利が低い(4.5~17.8%)
  • 初回借入日から30日間の無利息期間あり
デメリット
  • 銀行カードローンに比べると金利が高め
  • 提携ATMを利用する際に手数料がかかる
  • 総量規制対象で年収の1/3以上は借りられない

プロミスは、パートタイムで働く主婦でも利用しやすい消費者金融のカードローンサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、最短で20分の簡単審査と即日融資が可能です。 24時間365日いつでも申し込みができ、WEBやスマホアプリで完結するため、在籍確認の電話連絡を気にする必要がありません。

借入限度額は最大500万円までで、金利は4.5%~17.8%の範囲となっています。 さらに、プロミスをはじめて利用する方には、契約日の翌日から最大30日間の無利息サービスがあります。

審査では、収入証明書の提出が求められる場合もあります。 しかし、プロミスでは簡単な入力で借入可能額の目安を事前に確認できます。 パートなどで勤続年数が短くても審査を通過しやすい傾向にあります。

返済方法は給与天引きや口座振替、提携ATMなど様々な選択肢があり、最長で14年6ヶ月の長期返済が可能です。 収入が変動するパートの主婦でも、柔軟に返済計画を見直せるのがメリットです。  

さらに、プロミスではVポイントが貯まり、ポイントを利用して景品と交換したり買い物に使えます。 プロミス公式アプリ「アプリローン」を利用すれば、ログイン時にポイントが付与されるなどの特典もあります。

このように、プロミスはパートタイムの主婦でも利用しやすい消費者金融のカードローンサービスを提供しています。 審査が簡単で即日融資、長期返済、ポイント特典など、主婦の方にとって便利な特徴が多数あります。

銀行系カードローン

スクロールできます
銀行系カードローン金利貸付限度額申込条件審査・融資までの時間無利息期間カードレスWeb完結毎月の返済額在籍確認詳細

三井住友銀行カードローン
1.50%~14.50%10万円~800万円満20歳~満69歳
※安定した収入のあるかた
※三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
最短即日※1◯※22,000円~※3電話在籍確認あり詳細はこちら

楽天銀行スーパーローン
1.900%~14.500%10万円~800万円満20歳~満62歳
※日本国内に居住している方
※毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
※楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方
※パート・アルバイト、及び専業主婦は60歳以下
最短翌日はじめての利用で最大30日×2,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

イオン銀行カードローン
3.80%~13.80%10万円~800万円満20歳~満64歳
※日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
※本人に安定かつ継続した収入の見込める方
※ パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)も可能。学生不可
※保証会社であるイオンフィナンシャルサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。
最短翌営業日×1,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

みずほ銀行カードローン
2.000%~14.000%10万円~800万円満20歳~満65歳
※安定かつ継続した収入の見込める方
※保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる方
翌営業日以降×2,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
1.80%~14.60%10万円~500万円満20歳以上65歳未満最短翌日×1,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行 カードローン
金利1.50%~14.50%
貸付限度額10万円~800万円
申込条件満20歳~満69歳
※安定した収入のあるかた
※三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
審査・融資までの時間最短即日※1
無利息期間
カードレス◯※2
Web完結
毎月の返済額2,000円~※3
在籍確認電話在籍確認あり
※1 申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。
※2 三井住友銀行の普通預金口座をお持ちでない方、またWEBよりお申込みのお客さまで、本人確認をオンラインで行った場合に限り、「カードレス」の選択が可能
※3 毎月のご返済は、返済時点でのお借入残高によって約定返済金額が設定されます。
メリット
  • 大手銀行グループの安心感と信頼性が高い
  • 最大800万円まで借入可能な高い限度額設定
  • 提携ATMが多数あり、利便性が高い
デメリット
  • 金利が年4.0%~14.5%と他社と比べやや高め
  • 申込時に三井住友銀行の口座が必要
  • 契約機関が銀行営業時間内に限られる

三井住友銀行のカードローンは、パートタイムで働く主婦でも利用しやすいサービスを提供しています。

三井住友銀行カードローンの特徴は、最短で10秒の簡易審査と即日融資が可能な点にあります。 24時間365日いつでも申し込みができ、WEBやスマホアプリで完結するため、在籍確認の電話連絡を気にする必要がありません。

借入限度額は最大800万円までで、金利は年1.5%~14.5%の範囲となっています。 さらに、三井住友銀行カードローンをはじめて利用する方には、契約日の翌日から最大30日間の無利息サービスがあります。

審査では、収入証明書の提出が求められる場合もありますが、10秒の簡易審査で借入可能額の目安を事前に確認できます。 パートなどで勤続年数が短くても審査を通過しやすい傾向にあります。  

返済方法は給与天引きや口座振替、提携ATMなど様々な選択肢があり、最長で14年6ヶ月の長期返済が可能です。 収入が変動するパートの主婦でも、柔軟に返済計画を見直せるのがメリットです。

さらに、三井住友銀行カードローンではカードレスでの利用も可能です。 ATMへの来店不要で借り入れやご返済ができ、カードを持ち歩く必要がありません。

このように、三井住友銀行のカードローンはパートタイムの主婦でも利用しやすい便利な特徴を多数備えています。 審査が簡単で即日融資、長期返済、カードレスなど、主婦の方にとってメリットが多数あります。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン
金利1.900%~14.500%
貸付限度額10万円~800万円
申込条件満20歳~満62歳
※日本国内に居住している方
※毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
※楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方
※パート・アルバイト、及び専業主婦は60歳以下
審査・融資までの時間最短翌日
無利息期間はじめての利用で最大30日
カードレス×
Web完結
毎月の返済額2,000円~
在籍確認電話在籍確認あり
メリット
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇の可能性あり
  • 借入で楽天ポイント還元が受けられる
  • 金利が年1.9%~14.5%と比較的低め
デメリット
  • 消費者金融と比べると審査が厳しい
  • 融資までに数日かかることが多い
  • 在籍確認の電話が原則必要

楽天銀行のスーパーローンは、パートタイムで働く主婦でも利用しやすいカードローンサービスを提供しています。

スーパーローンの大きな特徴は、金利が1.9%~14.5%と低金利設定されている点です。消費者金融に比べて格段に低い金利水準となっています。

借入限度額は最大800万円までで、契約後最短で即日融資を受けられます。24時間365日いつでも申し込みができ、WEBで完了するため在籍確認の電話連絡を気にする必要がありません。

審査では収入証明書の提出が必須となりますが、パートなどで勤続年数が短くても審査を通過しやすい傾向にあります。安定した収入さえあれば、比較的審査に通りやすいでしょう。

返済方法は給与天引きや口座振替など、様々な選択肢があります。最長で15年の長期返済が可能で、収入が変動するパートの主婦でも柔軟に返済計画を立てられるメリットがあります。

さらに、楽天銀行のスーパーローンでは楽天ポイントが付与されるサービスがあります。借入金額に応じてポイントが付与され、楽天市場での買い物などに使えます。

このように、楽天銀行のスーパーローンはパートタイムの主婦でも利用しやすい低金利のカードローンサービスです。審査が比較的緩やかで即日融資、長期返済、ポイント特典など、主婦の方にとって魅力的な特徴を備えています。

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン
金利3.80%~13.80%
貸付限度額10万円~800万円
申込条件満20歳~満64歳
※日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
※本人に安定かつ継続した収入の見込める方
※ パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)も可能。学生不可
※保証会社であるイオンフィナンシャルサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。
審査・融資までの時間最短翌営業日
無利息期間
カードレス×
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認電話在籍確認あり
メリット
  • 上限金利が年13.80%と低く、利息を節約できる
  • パート・アルバイト、年金受給者でも申込可能
  • 提携ATMが多数あり、手数料無料で利用できる
デメリット
  • 限度額が最大800万円と他行と比べやや低め
  • 即日融資に対応していない
  • 金利が低い分、審査がやや厳しい傾向にある

イオン銀行のカードローンは、パートタイムで働く主婦でも利用しやすいサービスを提供しています。

イオン銀行カードローンの大きな特徴は、最短で即日融資が可能な点にあります。 24時間365日いつでも申し込みができ、WEBで完結するため、在籍確認の電話連絡を気にする必要がありません。

借入限度額は最大800万円までで、金利は年3.80%~13.80%の範囲となっています。 イオン銀行カードローンをはじめて利用する方には、契約日の翌日から最大30日間の無利息サービスがあります。

審査では、収入証明書の提出が求められる場合もあります。 パートなどで勤続年数が短くても審査を通過しやすい傾向にあります。

返済方法は給与天引きや口座振替、提携ATMなど様々な選択肢があり、最長で15年の長期返済が可能です。 収入が変動するパートの主婦でも、柔軟に返済計画を見直せるのがメリットです。

さらに、イオン銀行カードローンではイオングループ各社で毎月のショッピング利用額に応じてポイントが付与されます。 ポイントはイオングループ各店で利用できます。

このように、イオン銀行のカードローンはパートタイムの主婦でも利用しやすい便利な特徴を備えています。 審査が比較的簡単で即日融資、長期返済、ポイント特典など、主婦の方にとってメリットが多数あります。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
金利2.000%~14.000%
貸付限度額10万円~800万円
申込条件満20歳~満65歳
※安定かつ継続した収入の見込める方
※保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる方
審査・融資までの時間翌営業日以降
無利息期間
カードレス×
Web完結
毎月の返済額2,000円~
在籍確認電話在籍確認あり
メリット
  • 金利が年2.0%~14.0%と比較的低い
  • みずほダイレクトで24時間借入・返済可能
  • コンビニATM手数料が月3回まで無料になる
デメリット
  • 原則として職場への在籍確認の電話がある
  • カードローン専用カードだとダイレクトでの借入不可
  • 土日祝はコールセンターが利用できない

みずほ銀行のカードローンは、パートタイムで働く主婦でも利用しやすいサービスを提供しています。

みずほ銀行カードローンの大きな特徴は、最短で即日融資が可能な点にあります。24時間365日いつでも申し込みができ、WEBで完結するため、在籍確認の電話連絡を気にする必要がありません。

借入限度額は最大800万円までで、金利は年2.0%~14.0%の範囲となっています。みずほ銀行カードローンをはじめて利用する方には、契約日の翌日から最大30日間の無利息サービスがあります。  

審査では、収入証明書の提出が求められる場合もあります。パートなどで勤続年数が短くても審査を通過しやすい傾向にあります。

返済方法は給与天引きや口座振替、提携ATMなど様々な選択肢があり、最長で15年の長期返済が可能です。収入が変動するパートの主婦でも、柔軟に返済計画を見直せるのがメリットです。

さらに、みずほ銀行カードローンでは、ポイントサービス「プラスαポイント」を利用できます。借入金額に応じてポイントが付与され、ポイントはみずほ銀行の商品・サービスに交換できます。

このように、みずほ銀行のカードローンはパートタイムの主婦でも利用しやすい便利な特徴を備えています。審査が比較的簡単で即日融資、長期返済、ポイント特典など、主婦の方にとってメリットが多数あります。

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱UFJ銀行「バンクイック」
金利1.80%~14.60%
貸付限度額10万円~500万円
申込条件満20歳以上65歳未満
審査・融資までの時間最短翌日
無利息期間
カードレス×
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認電話在籍確認あり
メリット
  • 消費者金融より低金利(年1.8%~14.6%)
  • 三菱UFJ銀行・提携コンビニATMの利用手数料無料
  • 最小返済額が月1,000円から設定可能
デメリット
  • 融資上限額が最大500万円と比較的小さめ
  • 即日融資には対応していない
  • 無利息期間がない

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、パートやアルバイトの方でも利用可能な選択肢の一つです。

金利は年1.8%から最大14.6%と比較的低めに設定されており、限度額は10万円から最高500万円までの幅広い範囲から選べます。収入が安定していれば、高額の借入も可能です。

申込みはWebで完結でき、最短即日で審査結果が通知されます。在籍確認の電話連絡はありますが、職場にバレにくいのがメリットです。

借入れ方法は、全国の三菱UFJ銀行ATMやコンビニATM(セブン銀行、ローソン銀行、イーネット)で手数料無料で可能です。また、バンクイックアプリから自身の口座へ振り込んで借り入れることもできます。

返済方法も口座振替、ATM、振込みから選べ、最低返済額は1,000円からと無理のない設定になっています。臨時の返済にも対応しているので、計画的な返済が可能です。

パート・アルバイトでも、収入に見合った範囲で利用できる点が、バンクイックのメリットです。

パートの方がお金を借りる時に気を付けたいポイント

パートの方がお金を借りる時に気を付けたいポイントに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

パートの方がお金を借りる時に気を付けたいポイント
  • 借入希望額は年収の3分の1未満に設定する
  • 電話による在籍確認を避けるためにも給与明細や雇用契約書等は用意しておこう
  • 60歳以上の場合には年齢制限に気を付けよう

それぞれ詳しく解説していきます。

借入希望額は年収の3分の1未満に設定する

パートタイムで働く主婦がお金を借りる際、最も気を付けなければならないポイントが、借入希望額を年収の3分の1未満に設定することです。

これは、2010年に施行された貸金業法の改正により導入された「総量規制」によるものです。総量規制とは、多重債務問題への対策として、貸金業者が年収の3分の1を超える貸付けを行うことを禁止した制度です。

つまり、パートの主婦がカードローンなどを利用して借り入れを行う場合、パート収入が年収となり、その3分の1が借入限度額の上限となります。 例えば、年収が200万円のパート主婦であれば、借入希望額は67万円までに抑える必要があるのです。

クレジットカードのリボ払いや分割払いの残債は総量規制の対象外

パートタイムの主婦がカードローンを利用する際、借入希望額は年収の3分の1未満に設定する必要がありますが、この総量規制の対象からクレジットカードのリボ払いや分割払いの残債は除外されています。

クレジットカードのリボ払いや分割払いは、加盟店からの与信となるため、総量規制の対象外とされています。 つまり、クレジットカードの残債があっても、カードローンの借入限度額には影響しないのです。

電話による在籍確認を避けるためにも給与明細や雇用契約書等は用意しておこう

パートタイムの主婦がカードローンを利用する際、審査の過程で電話による在籍確認が行われる可能性があります。この在籍確認は、申込者の勤務実態を確認するためのものですが、プライバシーの観点から望ましくない場合もあります。

そこで、在籍確認を避けるためのポイントが、給与明細や雇用契約書などの書類を事前に用意しておくことです。これらの書類があれば、カードローン会社は書面での確認が可能となり、電話による在籍確認を行わずに済む可能性が高まります。

給与明細は、申込者の収入金額と雇用形態、勤務先を証明する重要な書類です。 直近3カ月分程度の給与明細を用意しておけば、収入の安定性を裏付けられます。

また、雇用契約書やパート・アルバイト先からの在職証明書があれば、より確実に勤務実態を証明できます。 契約期間や勤務日数、時間数などの詳細が記載されているため、カードローン会社は書面で十分な確認ができるためです。

60歳以上の場合には年齢制限に気を付けよう

パートタイムで働く60歳以上の主婦がカードローンを利用する際は、年齢制限に気を付ける必要があります。

多くのカードローン会社では、60歳以上の高齢者に対して借入れの上限年齢を設けています。 例えば、プロミスでは上限年齢が68歳、アイフルでは70歳、アコムでは66歳となっています。

この年齢制限は、高齢者の返済能力を懸念してのものです。 退職後の収入減少や健康リスクなどから、高齢者は返済が滞る可能性が高いと判断されているためです。

そのため、60歳を超える主婦がカードローンを利用する場合、借入可能額が制限されたり、審査自体が通りにくくなる可能性があります。

カードローンを利用する際の流れ

カードローンを利用する際の流れ
  1. Webや店舗で申込
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借入
  5. 返済

1. Webや店舗で申込

パートタイムで働く主婦がカードローンを利用する際の第一歩は、カードローン会社に申し込みを行うことです。申込方法は主に以下の3つがあります。

Webからの申込み

最も便利な申込方法がWebからの申込みです。 カードローン会社のウェブサイトから24時間いつでも申し込みができ、自宅にいながらにして手続きが完了します。

Webから申し込む際は、氏名や住所、生年月日、職業、年収、他社の借入状況などの情報を入力する必要があります。 入力内容に虚偽があると審査で不利になるため、正確な情報を入力しましょう。

電話からの申込み

一部のカードローン会社では、電話で申し込みを受け付けています。 電話口で必要事項を確認された上で、申込手続きを進められます。

店舗での申込み

実際の店舗に出向いて申し込むこともできます。 店頭ではスタッフに申込内容を伝え、必要書類の提出などを行います。プライバシーが気になる方は、無人契約機を利用するのも一つの選択肢です。

申込方法を選んだら、次は本人確認書類と収入を証明する書類を準備します。 給与明細や雇用契約書などを用意し、カードローン会社の指示に従って提出しましょう。

2. 審査

カードローンの申込み後、次は審査の段階となります。カードローン会社では、申込者の返済能力を確認するため、以下の3点を中心に審査が行われます。

主な審査項目
  1. 信用情報
  2. 個人情報  
  3. 勤務先情報

信用情報とは、過去のクレジットカードやローンの利用履歴、返済状況などの信用に関する情報のことです。 信用情報機関に登録されているデータを照会し、延滞や債務整理の経験がないかがチェックされます。

これらの情報から総合的に審査が行われ、返済能力が認められれば審査を通過できます。 一方、問題があれば追加書類の提出を求められたり、審査が通らない可能性もあります。

50万円以上の借入をする場合には収入証明書を提出する必要がある

パートタイムの主婦がカードローンで50万円以上の借入れを希望する場合、収入証明書の提出が必須となります。

収入証明書とは、申込者の収入金額と勤務先を証明する書類のことです。 主な収入証明書としては、源泉徴収票や確定申告書の写し、給与明細などがあげられます。

カードローン会社では、50万円以上の高額融資を行う際、収入証明書の提出を求めています。 申込者の返済能力を確認するための重要な審査材料となるためです。

3. 契約

審査を通過すると、次はカードローン会社との契約手続きとなります。融資金額や金利、返済方法、返済日などの契約条件について、カードローン会社から十分な説明を受けましょう。

契約内容に納得がいかない点があれば、その場で質問するなどして確認を行います。 後から契約内容を変更するのは難しいため、この段階での確認が重要となります。

4. 借入

契約手続きが完了し、カードローン会社から融資金の振込指定日時が通知されると、実際の借入れとなります。

借入れの際は、指定された日時に確実に振込先の口座を確認する必要があります。 カードローン会社から融資金が振り込まれるため、入金があったことを必ず確認しましょう。

振込先の口座は、申込時に指定した口座となる場合がほとんどです。 一部のカードローン会社では、新たに専用の口座を開設する必要がある場合もあります。

5. 返済

カードローンの返済方法は、主に3つあります。

カードローンの返済方法
  • 自動引き落とし
  • ATM返済
  • 振込返済

自動引き落としは、指定した銀行口座から毎月決まった日に自動で返済額が引き落とされる方法です。返済を忘れる心配がなく、手間もかからないため、多くの人に利用されています。ただし、口座の残高不足に注意が必要です。

ATM返済は、カードローン専用のカードを利用して、提携しているATMで返済する方法です。自分のペースで返済できるのがメリットです。三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の場合、三菱UFJ銀行や提携コンビニのATMを利用すれば、ATM手数料は無料です。

振込返済は、自分の口座から、カードローン業者の指定口座に振り込んで返済する方法です。ATMに行く手間は省けますが、振込手数料がかかる点には注意しましょう。

パートの方で審査に落ちる人の特徴

パートの方で審査に落ちる人の特徴
  • 他社での借入が年収の3分の1に近い額
  • 過去にクレジットカードやローンの延滞や未払いがある
  • 在籍確認の対応ができない
  • 必要な書類が提出できていない

他社での借入が年収の3分の1に近い額

パートタイムで働く主婦がカードローンの審査を通過できない大きな要因の一つが、他社での借入残高が年収の3分の1に近い額になっている場合です。

2010年に施行された貸金業法の改正により、貸金業者は年収の3分の1を超える貸付けを行うことが禁止されています。 この「総量規制」の対象となるのは、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者からの借入れです。

つまり、パートタイムの主婦がカードローンを利用する際、パート収入が年収となり、その3分の1が借入限度額の上限となります。 例えば年収が200万円であれば、借入限度額は67万円までとなるのです。

そして、他社での借入残高が年収の3分の1に近い額になっていると、新たな借入れが総量規制に抵触してしまう可能性が高くなります。 そのため、カードローン会社の審査では返済能力が不足していると判断され、審査を通過できなくなる傾向にあります。テキスト

過去にクレジットカードやローンの延滞や未払いがある

過去にクレジットカードやローンの延滞や未払いがあると、審査を通過するのが極めて難しくなります。

カードローン会社の審査では、申込者の信用情報が重要な判断材料の一つとなります。 信用情報には、過去のクレジットカードやローンの利用履歴、延滞や債務整理の有無などが記録されています。

延滞があると、返済能力に疑念が持たれてしまいます。 延滞が解消されていない状態では、新たな借り入れの審査は通過できません。延滞の期間が長ければ長いほど、審査を通りにくくなる傾向にあります。

自己破産や債務整理の履歴がある場合はほぼ確実に借入ができない

パートタイムの主婦がカードローンを利用する際、過去に自己破産や債務整理の履歴がある場合、ほぼ確実に審査を通過できなくなります。

自己破産や債務整理をした人は、信用情報機関に長期間にわたってブラックリストに登録されてしまいます。 自己破産の場合は最長で10年間、個人再生は最長で7年間、任意整理は最長で5年間の登録期間となります。

この期間中は、ほとんどのカードローン会社で審査が通らなくなります。 債務整理をした人は、新たな借り入れができないよう、審査で確実に排除されてしまうのです。

ふるさと本舗 カードローン編集部

債務整理からある程度の期間が経過していれば、審査を通過できる可能性もあります。 しかし、その場合でも借入限度額が大幅に制限されたり、金利が高くなるなどのデメリットがあります。

在籍確認の対応ができない

パートタイムの主婦がカードローンの審査を受ける際、勤務先への在籍確認に適切に対応できないと、審査を通過するのが難しくなります。

カードローン会社の審査では、申込者の収入状況と勤務実態を確認するため、勤務先への在籍確認が行われます。 電話やFAX、郵送などで勤務先に直接連絡を入れ、申告された内容が事実かどうかをチェックするのです。

この在籍確認に適切に対応できない場合、審査は通りにくくなります。 例えば、勤務先から回答が得られないと、収入の裏付けがとれず、審査が保留になったり不許可になる可能性があります。

必要な書類が提出できていない

パートタイムの主婦がカードローンの審査を受ける際、必要な書類を全て揃えて提出できないと、審査を通過するのが難しくなります。

カードローン会社では、申込者の収入状況や勤務実態、返済能力などを確認するため、様々な書類の提出を求めています。 主な必要書類としては以下のようなものがあります。

主な必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
  • 収入証明書(源泉徴収票、確定申告書の写しなど)
  • 在職証明書または雇用契約書
  • 給与明細
  • 預金通帳の写し

これらの書類がそろっていないと、申告した内容を裏付けることができません。 そのため、カードローン会社は審査を進められず、結果として審査が保留または不許可となってしまうのです。

特に、収入証明書や給与明細などの収入を証明する書類が提出できないと、審査は通過しづらくなります。 収入の裏付けがとれないため、返済能力が不明確になってしまうためです。

目次