PayPay証券の口コミ・評判は?100円から少額投資できると噂のスマホ証券は儲かるのか紹介

PayPay証券が気になってるけど、評判はどうなの?
どんな人におすすめなのか知りたい

上記の悩みを持つ方もいらっしゃるでしょう。

PayPay証券は、スマホ1つで手軽に始められるネット証券会社です。

見やすいアプリで100円から投資ができ、PayPayポイントやPayPayマネーが使える点も魅力です。一方で銘柄が少ない・手数料が高いといった評判も存在するため、最初にしっかり把握しておく必要があるでしょう。

本記事ではPayPay証券の口コミ・評判からわかるメリット・デメリットやおすすめな人について解説します。NISA・iDeCoに向くのかや口座開設の流れについても解説しているため、参考にしてください。

PayPay証券の評判 – 概要
目次

PayPay証券の基本情報|スマホアプリで100円から買える手軽さ抜群のネット証券

PayPay証券TOP

引用:PayPay証券

項目概要
証券会社名PayPay証券
国内株式約180銘柄
米国株式約150銘柄
最低手数料日本株
・東京証券取引所の立会時間内:基準価格×0.5%
・その他の時間:基準価格×1%

米国株
・現地時間9:30~16:00:基準価格×0.5%
・その他の時間:基準価格×0.7%

投資信託
・買付手数料:0円
クレカ積立の
還元率
0.7%
NISA
iDeCo
公式サイト公式HPを見る

PayPay証券は、スマホ1つで投資が始められる手軽さ抜群のネット証券です。

PayPay資産運用なら最低100円から手軽に購入可能で、PayPayポイントやPayPayマネーを利用すれば手出しなしでの低リスクな投資ができます。

アプリはわかりやすさを重視しており、初心者でも直感的に使えるかんたん設計になっています。米国株は24時間取引可能で、日本株と同じように円で買えるため便利です。

取扱銘柄は厳選されているため、ランキングやテーマから簡単に探せて迷うこともありません。アプリ内には株や投資をマンガで学べるお役立ちコンテンツもあるなど、とことん「簡単さ」にこだわった次世代のネット証券といえるでしょう。

編集部が独自で調査!PayPay証券の口コミ・評判を一挙紹介

ここからは、編集部が独自で調査したPayPay証券の良い口コミ・悪い口コミをそれぞれ紹介します。

悪い口コミ・評判

「やや満足」★★★★

取引を行う時間によって手数料が変わるのは改善してほしいと思います。

男性・36~40歳・会社員・国内株式・現物取引

「普通」★★★

paypayポイントで取引できるのは良いが他と比べるとポイント還元率はあまり良くないと思うのでそこを重視する人は他を探したほうが良い。

男性・31~35歳・会社員・米国株式・NISA・積立NISA

「非常に満足」★★★★★

取引手数料がやや高いのがデメリットです。それから出金の際にかかる手数料がみずほ銀行以外の他行宛てだと3万円未満であっても税込275円かかるのが難点です。

男性・41~45歳・会社員・国内株式・現物取引

「やや不満」★★

少額から株式を買うことができるのは、初心者には株式体験としてはありがたいですが、少額で取引をしても利益がほとんど出ないので、本格的に取引をしたい人には向いていないと思います。

男性・46~50歳・会社員・米国株式・現物取引

PayPay証券には手数料が高め・ポイント還元率が低いという口コミが寄せられていました。

スマホ証券として便利に使える半面、時間帯や入出金などで手数料がかかる点はデメリットといえます。

どちらかというと、手数料の安さよりも便利さを重視する方に向いています。

良い口コミ・評判

「やや満足」★★★★

最低千円から投資ができるという画期的なシステムがあり、テーマ機能とピックアップ機能を使いながら自分に合う銘柄を簡単に探せるところに魅力を感じています。抽選になることがほとんどですが、新規公開株にも1株からチャレンジできるので、少額の投資をしたい人や投資を始めたばかりの人にも向いているのではないでしょうか。

男性・36~40歳・会社員・国内株式・現物取引

「非常に満足」★★★★★

メリットは金額指定で現物株を購入することができるところだと思います。他のネット証券も利用していますが、金額指定で購入できるのはPayPay証券だけだと思います。

男性・26~30歳・会社員・国内株式・現物取引

「普通」★★★

PayPay証券はアプリが使いやすいのが魅力だと思います。アプリは初心者でもわかりやすいような仕様になっているのが高評価ポイントです。また、PayPayとの連携により、お得な特典もあってPayPayユーザーにはメリットが多い証券会社だと思います。

男性・31~35歳・会社員・国内株式・現物取引

「やや満足」★★★★

すぐに口座開設できるのは大きな強みなのかなと思いましたね。スムーズだし簡単なのですごく良いです。PayPayを運営している会社なので安心感もありますね。低リスクで始めることができるのでその点でも初心者におすすめです。

男性・26~30歳・会社員・国内株式・現物取引

「非常に満足」★★★★★

1000円から気軽に日本株や米国株を買うことができる点がメリットです。またスマホから簡単に購入することができるので便利です。

男性・41~45歳・会社員・国内株式・現物取引

PayPay証券には1,000円から株が買えて便利という口コミが多く見られました。

金額指定で買えるのがPayPay証券ならではのメリットであり、PayPayとの連携でアプリが便利に使える点も評価されています。

少額投資ができることやスマホ1つで済む利便性を考えると、とくに初心者や若い世代におすすめの証券会社です。

PayPay証券の悪い口コミからもわかるデメリット|対処法も紹介

それでは、実際の口コミからわかるPayPay証券のデメリットとその対処法について見ていきましょう。

取引手数料が高めで場合によっては手数料負けすることがある

ちなみに今年からSBI証券の一般NISAでVYMを買うつもりだけど、PayPay証券の還付金を引き出したくても出金手数料275円かかるから手数料負けで引き出せない

引用:X

paypay証券手数料高いな

時間外取引きできるからしょーがないか

引用:X

PayPay証券の手数料はやや高めです。

種類時間手数料
日本株東京証券取引所の立会時間内0.5%
それ以外の時間1.0%
米国株アメリカ時間
9:30~16:00
0.7%
それ以外の時間1.0%

時間帯によっても異なりますが、日本株で0.5~1.0%、米国株で0.5~0.7%がかかります。

他社と比べると高めの設定のため、場合によっては手数料が利益を上回り手数料負けする可能性があります。

とくに高額取引するときは、手数料を確認してから利用するようにしましょう。

取り扱い銘柄は国内株式・投資信託など全体的に見て少ない

PayPay証券は銘柄少ないから、楽天あまり使わないけど楽天銀行口座もあるし楽天証券にしようかなと思ってます

引用:X

PayPay証券って取り扱い銘柄少ないのね。株主優待狙いたいから微妙だなぁ。

引用:X

PayPay証券の取り扱い銘柄は、全体的に少なめです。

種類取扱銘柄数
国内株約180本
米国株約150本
投資信託約470本

(※2024年4月時点)

主要なネット証券では多ければ数千単位の取り扱い数があるため、選択肢の狭さは否めません。

しかし、逆に言えば厳選された有名な銘柄のみが揃っていることから、初心者は迷うことなく商品選びができます。

ふるさと本舗 ネット証券編集部

中〜上級者以上で自由な銘柄選びを楽しみたい方には、商品数が豊富なSBI証券がおすすめです。

PayPay証券アプリにチャート画面が表示されないので不便を感じることもある

それにしても、アプリ内で保有銘柄のチャートを一覧で見れる機能を付けてくれないかなー、PayPay証券さん…

引用:X

Paypay証券の10倍CFD、シンプル過ぎて草

アプリの中だとチャート見れないのも更に草

引用:X

PayPay証券のアプリは非常にシンプルな作りで、機能も最低限です。

そのため、チャートを見ながら本格的な取引を楽しみたい方には向きません。

初心者には見やすいと好評な一方、中級者以上の方にとっては不便を感じる場面もあるでしょう。

ふるさと本舗 ネット証券編集部

アプリの機能が充実したネット証券を使いたい場合は、楽天証券や松井証券がおすすめです。

入金・出金の際に手数料がかかってしまう

どの銀行口座も持っていない人にとっては、PayPay証券口座に入金するの結構キツイー(手数料が高い…)

引用:X

PayPay証券では、入金・出金時に手数料がかかります。

主要なネット証券の多くは無料で使えるため、比較するとコストがかさむ点はデメリットです。

種類銀行手数料
入金自己負担・利用銀行により異なる
(※PayPay証券が指定するみずほ銀行専用口座への入金)
出金みずほ銀行宛3万円未満:110円
3万円以上:220円
みずほ銀行以外宛3万円未満:275円
3万円以上:385円

※料金は税込

みずほ銀行の口座を持っていない場合は、より割高になるため注意しましょう。

なお、次の方法で出金(チャージ)する場合の手数料は無料です。

手数料無料の出金(チャージ)方法
  • PayPayマネー
  • ソフトバンクカード
  • d払い残高
ふるさと本舗 ネット証券編集部

おいたまま買付を利用すると入金の必要がなく、PayPay銀行なら送金・振替手数料無料になるため活用してください。

指値注文ができないので手動での注文操作が必要

PayPay証券っ指値注文できないってマジ~?!

引用:X

PayPay証券は指値注文できないので、米国株は眠気との戦いです

引用:X

PayPay証券では指値注文ができません。

指値(さしね)注文とは、あらかじめ注文金額や範囲を指定しておき、その金額になったタイミングで自動的に注文する形式のこと

そのため注文はすべて手動で行わなければならず、提示されている株価で成行注文するのが基本となります。

金額を指定できないことから、「少しでも安く買いたい」「想定範囲内でのみ取引したい」という方には向きません。

ふるさと本舗 ネット証券編集部

多彩な注文方法で取引したい方には、執行条件付注文や特殊注文の種類が豊富なSBI証券がおすすめです。

信用取引ができないのでレバレッジをかけた投資戦略をとれない

あっそっか

paypay証券は信用取引できないから何回も買ってうってはできないのか

引用:X

PayPay証券では信用取引も不可となっています。

信用取引とは、現金や株を証拠金として差し入れ、評価額の最大3.3倍まで取引できる方法のこと

信用取引は、現物取引に比べて少ない資金でも大きな利益を上げやすいのが特徴です。

たとえば​​30万円の保証金では100万円の売買が可能となり、裁量の大きい取引ができます。(※委託保証金が30%の場合)

信用取引ができないPayPay証券の場合、レバレッジをかけた投資戦略がとれないことから、現物取引のみで勝負する必要があります。

ふるさと本舗 ネット証券編集部

信用取引をしたい場合は、手数料が安い楽天証券やSBI証券が利用しやすいでしょう。

PayPay証券の良い口コミからもわかるメリット

ここでは、PayPay証券のメリットについて詳しく見ていきましょう。

口座開設の手続きは最短3分!スピーディーに投資の準備が完了する

PayPay証券 口座開設

引用:PayPay証券

PayPayポイントで投資したくて、PayPay証券開設してみました

引用:X

PayPay証券開設してとりあえず肌感で投資してみてる

引用:X

PayPay証券の口座開設手続きは最短3分でできます。

必要なものはマイナンバーカードなどの本人確認書類のみで、郵送手続きも必要ありません。

必要な情報を入力するだけで、スマホ1つあれば投資の準備が完了するため始めやすいでしょう。

普段使いするPayPayアプリからも!好きに選べる2種類のスマホアプリが使いやすい

PayPay証券アプリ

引用:PayPay証券

僕は少額ながらPayPay証券も使ってます。

このアプリ画面は他の何処のアプリよりも見易くて便利

引用:X

今気づいた!PayPay証券アプリでPayPay資産運用の保有株が

見れる様になってる

いつからだったんだろう?

これで平均買付株価とか見れるよ!さっそく配当管理アプリに入力!

引用:X

PayPay証券には選べるスマホアプリがあり、使い分けが可能です。

スクロールできます
アプリPayPay資産運用PayPay証券アプリ
イメージPayPayアプリ資産運用PayPay証券アプリ
おすすめな人初心者中級者以上
利用方法普段使っているPayPayアプリ内専用アプリ
特徴・PayPayポイントでポイント投資ができる
・100円から購入可能
・24時間365日使える
・PayPayマネーが使える
・1,000円から購入可能
・米国株は原則24時間取引OK
・「おいたまま買付」なら銀行振込不要
取引商品米国株
米国ETF
日本株
日本ETF
投資信託
日本株
米国株
米国ETF
投資信託
取引可能額100円から1円単位1,000円から1円単位
入金方法・PayPayへチャージ
・ポイント利用可
・PayPay証券口座への銀行振込
・おいたまま買付
出金方法PayPayマネーへ出金金融機関口座へ出金

初心者は、普段づかいしているPayPayアプリの中にある「PayPay資産運用」を見てみましょう。

PayPayマネーやPayPayポイントを使えば、手出しなしで投資を始められます。100円から購入可能、24時間買えるなど便利な点も多く、気軽に始めたい方にぴったりです。

中級者以上には専用アプリ「PayPay証券アプリ」がおすすめです。

より大きな金額での取引が可能で、お気に入り銘柄の登録もできます。PayPayと連携すればPayPayマネーも利用できるほか、証券口座への銀行振込不要で使える「おいたまま買付」も便利です。

人気銘柄を100円から!PayPayポイントも使って投資できる

PayPay証券 ポイント投資

引用:PayPay証券

昨日のpaypay証券を開設しました!米国株が100円から買えるのがすごいです

試しにテスラを買ってみました〜

初心者にもわかりやすいUIになっていて、かなりいい感じです!

引用:X

【朗報】

PayPayポイントで株、投信購入可能に

アメリカ株は手数料掛かりますが、投信は販売手数料、信託財産留保額が0円のものを選べば手数料無料です

引用:X

PayPay証券では、厳選された人気銘柄を100円から購入できます。

一般的な証券会社では1〜100株単位で株式を購入しますが、PayPay証券では株の単位を指定する必要がありません。

購入したい金額で自由に買付できる上、PayPay資産運用なら100円から、PayPay証券アプリなら1,000円からと少額で買えるため便利です。

さらにPayPayブランドならではのメリットとして、PayPayマネーやPayPayポイントを投資に利用できます。PayPayポイントが貯まっていれば、現金を使わずに投資を始めることも可能です。

もちろん、株式や投資信託の配当金・分配金ももらえるため、なるべくリスクを少なく始めたい方にぴったりです。

「おいたまま買付」で振込しなくても残高があれば自動で買付可能

PayPay証券おいたまま買付

引用:PayPay証券

PayPay証券で久々においたまま買付で銀行口座からの入金で銘柄を購入

Coca-Colaを買い増ししました

引用:X

PayPay証券、おいたまま買付の設定をしなくては。これで、より気軽に1000円こつこつ買付出来るのに期待です。

引用:X

PayPay証券には「おいたまま買付」というサービスがあります。

通常、買付の際は証券口座に残高が必要なところ、おいたまま買付なら連携した銀行口座の残高でそのまま買付が可能です。

送金手続きの手間や時間を省けるためスピーディーな上、PayPay銀行なら送金・振替手数料無料で利用できます。

そのほか、次の銀行やサービスで簡単に連携できるため使いやすいでしょう。

おいたまま買付と連携している銀行・サービス
  • PayPay
  • PayPay銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 南都銀行
  • d払い
  • ソフトバンクカード

PayPay銀行以外の銀行口座・サービスでは、2万円未満の場合1回110円(税込)の手数料がかかるため注意してください。

米国ETFは取り扱いが豊富で100円から投資できる

そういえば昨日米国etf買いましたよ

VTIです

PayPay証券で1000円買いました

1000円から買えるのはPayPay証券だけです。投資を小さく始めたい人には最適解ですよ

引用:X

PayPay証券で米国ETF1000円単位で深夜か早朝買付ようと思ってるけど、忘れてる

引用:X

PayPay証券では、厳選された米国ETFに100円から投資できます。

GAFAMはもちろん、いわゆる「配当貴族」と呼ばれる優良銘柄が揃っており、ドルではなく円で投資でき便利です。

原則24時間365日取引できるため、自分の生活スタイルに合わせた自由な投資がかないます。

また、PayPayアプリ資産運用なら100円から、PayPay証券アプリなら1,000円からと少額投資できるのも魅力です。

初心者に嬉しい!マンガで資産運用が手軽に学べるコンテンツが準備されている

PayPay証券、銘柄によるけど、マンガで読むって項目があって、成り立ちとかの歴史がマンガで読めるということに気づいた。面白い。

引用:X

PayPay証券のアプリには、マンガで資産運用が手軽に学べるコンテンツが準備されています。

PayPay証券アプリのマンガの内容例
  • 銘柄ごとの歴史
  • 企業情報
  • 口座開設方法や使い方
  • 専門用語の解説

PC版公式サイトにコラムを載せている証券会社は多いですが、マンガは珍しい例です。

文章を読むより情報が入ってきやすく、アプリで手軽に読める点からも、若い世代の人や初心者でも投資を学びやすいでしょう。

新NISA・iDecoでの利用にPayPay証券は適している?向き・不向きを解説

PayPay証券の利用を考えている場合、新NISAやiDeCoには適しているのか気になる方も多いでしょう。

それぞれ向いているポイント・向いていないポイントを解説するため、参考にしてください。

向いているポイント

まず、PayPay証券が新NISA・iDeCoに向いているポイントは次のとおりです。

向いているポイント
  • 口座開設手続きが最短3分ででき簡単
  • NISA取引でPayPayポイントが貯まる・使える
  • 100円以上1円単位で手軽に始められる

スマホ証券ならではのメリットとして、口座開設が簡単な点が挙げられます。最短3分で申し込みが済み、郵送手続きも必要ありません。

また、PayPayとの連携性を活かして「つみたて購入」でポイントを貯めたり、貯まったポイントで投資信託を買ったりできるのも便利です。

さらに100円から1円単位で手軽に始められるため、投資にハードルを感じている年配や若い世代でも始めやすいといえます。

不向きなポイント

反対に、PayPay証券が新NISA・iDeCoに向いていないポイントもチェックしておきましょう。

不向きなポイント
  • 取引できる銘柄数が少なめ
  • クレジットつみたてでポイントが貯まりにくい

PayPay証券で新NISAに対応している銘柄は「成長投資枠」で約450本と少なく、1,000本以上あるSBI証券に比べると劣ります。

また、iDeCoの取り扱い商品数は26本で、SBI証券の83本に対し3分の1程度です。そのため、豊富な銘柄から選びたい人には不向きです。

また、新NISAでクレジットつみたてをした場合、貯まるポイントは0.7%と少なめになっています。他社では1%前後貯まるところが多く、ポイントを貯めにくい点にも注意しましょう。

PayPay証券を使うのがおすすめな人の特徴

ここまでに紹介したメリット・デメリットを踏まえた上で、PayPay証券を使うのがおすすめな人は次のとおりです。

PayPay証券を使うのがおすすめな人
  • スマホで手軽に投資したい
  • 手出しなしや少額からハードルを低く始めたい
  • PayPayポイントで投資したい
  • 有名企業でNISAを始めたい
  • 米国株を24時間取引したい

PayPay証券は、スマホ1つで手軽に始められることが最大の魅力です。最短3分で口座開設可能かつ100円から投資できるため、初心者でもハードルが低くなっています。

PayPayポイントやPayPayマネーを利用できるほか、少額投資可能なことからリスクが少ないのもメリットです。

厳選された銘柄が揃っていることから、初心者でも迷うことなく選べます。また、米国株を24時間取引したい方にとっても便利です。

上記に当てはまる方は、ぜひPayPay証券を始めてみてください。

【2024年最新】PayPay証券で実施するお得なキャンペーンを紹介

現在、PayPay証券で開催中のキャンペーンはありません。(※2024年4月時点)

PayPay証券はキャンペーンが少ないという評判があるとおり、現金やポイントのキャッシュバックが多い他社に比べると、やや物足りなさを感じます。

とはいえ、PayPay証券でも過去にはさまざまなキャンペーンを行っていました。

PayPay証券 過去のキャンペーン

引用:PayPay証券

キャンペーンは銘柄数が増えたり、新しい機能が増えたりした際に行うことが多いため、お得に始められるタイミングを狙って申し込みましょう。

【画像付き】PayPay証券の口座開設の流れを4ステップで解説

ここからは、PayPay証券の口座開設の流れを次の4ステップで解説します。

1.メールアドレスを登録する

PayPay証券 口座開設

引用:PayPay証券

まずは公式サイトから「無料で口座開設」をタップし、メールアドレスを登録してください。

2.チェックリストの同意確認・本人情報の入力を行う

登録アドレスに届いたメールのURLをタップし、チェックリストの同意確認をします。

続いて指示に従って名前・住所などの本人情報を入力しましょう。

3.本人確認書類の提出・会員IDの設定を行う

入力後に本人確認書類を提出します。

使える書類は次のとおりです。

本人確認書類として使えるもの
  • 個人番号カード
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民票の写し
  • 在留カード

(※顔写真がない書類は2種類を組み合わせる)

その後、ログイン時に使用する会員IDを設定すれば申し込み手続きは完了です。

4.審査の通過後に口座番号・パスワードなどの情報を受け取る

PayPay証券の審査通過後、2〜3週間でID・パスワードが記載された書類が郵送されてくるため、受け取ってください。

その後はID・パスワードでログインすれば、取引を始められます。

PayPay証券が合わない方必見!代わりに使う時おすすめのネット証券会社と比較

証券会社を使う目的や優先ポイントは人それぞれのため、「PayPay証券は自分には合わない」という場合もあるでしょう。

そんなとき代わりに使える、おすすめネット証券3社を厳選・比較しました。

スクロールできます
サービス名PayPay証券SBI証券楽天証券マネックス証券
ロゴ画像PayPay証券ロゴSBI証券ロゴ楽天証券ロゴマネックス証券ロゴ
国内株式取扱数約180約4,200約4,000約4,100
米国株式取扱数約150約5,400約4,600約4,500
最低手数料
(現物取引)
日本株
・東京証券取引所の立会時間内:
基準価格×0.5%
・その他の時間:基準価格×1%

米国株
・現地時間9:30~16:00:
基準価格×0.5%
・その他の時間:基準価格×0.7%

投資信託
・買付手数料:0円
0円0円0円
クレカ積立の
還元率
0.7%0.5%〜5%0.2%〜1%1.1%
NISA
iDeCo
詳細公式HPを見る公式HPを見る公式HPを見る公式HPを見る

それぞれ詳しく解説するため、自分に合った証券会社選びの参考にしてください。

SBI証券

SBI証券・株トップ

引用:SBI証券

SBI証券の特徴
  • 顧客満足度ランキングNo.1(※)の実績
  • 売買手数料や為替手数料が安い
  • IPOの取扱数が業界最多レベル

SBI証券は、顧客満足度ランキングNo.1を誇るネット証券会社です。

売買手数料や為替手数料の安さ、株や投資信託の銘柄数が豊富といった点で人気があります。

ネット証券ながら多くの新規公開株の取り扱いがあり、2023年のIPO取り扱い銘柄数は117社となっています。

1株単位・100円から手軽に投資を始められるため、初心者でも使いやすいのが魅力です。さらに投資商品の種類が多く、中〜上級者でも満足できるサービスといえます。

(※2024年オリコン顧客満足度®ランキングネット証券第1位)

楽天証券

楽天証券・株トップ

引用:楽天証券

楽天証券の特徴
  • NISA口座数(※1)・新規口座開設数過去5年累計No.1(※2)
  • 楽天ポイントが貯まる・使える
  • 国内株式や投資信託の手数料が無料

楽天証券は、大手楽天グループが運営するネット証券会社です。

NISA口座数や新規口座開設数の過去5年累計がNo.1で、多くの方に選ばれています。

100円(=100ポイント)から投資信託を購入でき、現金との組み合わせも可能で利便性が高いのが特徴です。

楽天経済圏の方なら、楽天銀行や楽天カードと一緒に利用すると楽天ポイントが貯まったり、振込手数料が無料になったりとお得です。

さらに約定金額にかかわらず国内株式・投資信託の手数料が無料のため、気軽に投資を始められます。

PC用・スマホ用それぞれに専用取引ツールがあり、さまざまな投資スタイルに対応可能なのも嬉しいポイントです。

(※1・日本証券業協会NISA及びジュニアNISA口座開設・利用状況調査結果および各社公表資料より算出・2022年9月時点)
(※2・口座数上位5社で2018年〜2022年に開設された口座数の合計で比較・2023年3月時点・楽天証券調べ)

マネックス証券

マネックス証券・株トップ

引用:マネックス証券

マネックス証券の特徴
  • 国内に222万以上の口座あり(※1)
  • 1株・500円から投資可能
  • 米国株の取り扱いが5,000以上(※3)と豊富

マネックス証券は、国内の口座数222万以上の実績があるネット証券会社です。

1株・500円からとコストを抑えた投資ができ、大手の運営で安心感があるのも魅力です。

投資信託の保有やマネックスカードの利用でポイントが貯まり、他社ポイントとの交換や買付に利用できます。

ネット証券ランキングの米国株部門で総合評価No.1を獲得した実績があり、さらに取り扱い銘柄が5,000以上と豊富なため、外国株を取引したい方にもおすすめです。

使いやすいスマホアプリがあるほか、PC版には10期以上の長期業績をグラフ表示できる「銘柄スカウター」があり、利便性にも長けています。

(※1・2023年7月時点、※2・MINKABU内ランキング・2024年、※3・2024年2月時点)

口コミ・評判が良いと噂のPayPay証券に関してよくある質問

PayPay証券は未成年でも口座開設できる?

未成年である18歳未満でも口座開設ができます。

0〜14歳の場合は親権者が代理で取引を行うため、親権者のPayPay証券口座が必要です。

15〜17歳の場合は本人が取引できますが、開設手続き時に次の書類が必要です。

・親権者と口座名義人の続柄を証明する書類

・未成年口座開設・取引に関する同意書(※郵送されてきます)

PayPay証券はIPO銘柄も取り扱いがある?

あります。専用アプリ「誰でもIPO」で1株から申し込み可能です。

2018年には、ソフトバンク株式会社のIPOが行われました。

PayPay証券はクレジットカードでも積み立てできる?

可能です。(※購入する頻度は「毎月」のみ)

2024年3月に上限額が5万円から10万円に引き上げられたため、さらにポイントを貯めやすくなりました。

スマホでサクッと投資するならPayPay証券!口コミ・評判も参考に使えるか判断しよう

PayPay証券は、スマホでサクッと投資を始められる点が最大の魅力です。

簡単な手続きで100円からスタートできるハードルの低さから、投資に馴染みがない若い世代にもおすすめできます。

銘柄が厳選されていて迷いにくいため、新NISAやiDeCoでの利用を考えている初心者にもぴったりです。

口コミ・評判を参考にPayPay証券が自分に合っているかどうか判断し、さっそく始めてみましょう。

監修・執筆者

目次