PR

ファクタリングのおすすめ15選!即日融資・手数料が安い会社を紹介【2024年6月】

ファクタリングのおすすめ会社13選!即日融資・手数料が安い会社を紹介

はじめてファクタリングを利用するからどこを使えばいいかわからない…

できれば即日融資で手数料が安い会社がいい…

このように考えている方もいらっしゃるでしょう。

帝国データバンクの調査によると、2022年の企業倒産件数は6,376件でした。2021年は6,015件で、倒産件数は前年比6%増加しています。

経営難に嘆いている経営者や個人事業主・フリーランスの中には、どのように資金繰りに悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。そのような方におすすめの資金調達方法の一つに、ファクタリングがあります。

一定の手数料が徴収されますが、資金調達の方法として多くの経営者から利用されています。

本記事ではファクタリングにおすすめの会社を紹介し、即日融資・手数料の安さなど目的別に適した会社もピックアップします。

資金調達方法に悩んでいる経営者や個人事業主・フリーランスは、自分にあったファクタリング会社を見つけてみてください。

この記事でわかること
目次

ファクタリングにおすすめの会社を15社紹介!手数料や特徴を比較しよう

ファクタリングの利用を考えている方は、各社のサービスを比較して今の状況にあった会社を選ぶ必要があります。

しかし、各社比較したことがなく、どの会社を利用すればいいかわからないと悩んでいるでしょう。

上記の画像のように、手数料の安さや入金スピードの早さを比較しながら選ぶ必要があります。

手数料や入金までのスピードで損しないように、以下で紹介するファクタリング会社を1社ずつチェックしてみてください

スクロールできます
ファクタリング会社入金スピード手数料買取可能額ファクタリングの種類オンライン契約必要書類公式サイト
ビートレーディング
ビートレーディング
最短2時間2社間:4%〜
3社間:2%〜
無制限2社間
3社間
売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2カ月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)
公式
QuQuMo(ククモ)
QuQuMo(ククモ)
最短2時間1%〜無制限2社間請求書
通帳
公式
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業金融サポート機構
最短3時間1.5%〜無制限2社間
3社間
通帳のコピー(表紙付き、3カ月分)
売掛金に関する資料(請求書・契約書など)
代表者の身分証明書(運転免許証・マイナンバーカードなど)
公式
ベストファクター
ベストファクター
最短当日2%〜20%30万円〜2社間

3社間
×
※訪問契約可能
身分証明書
入出金の通帳

請求書

見積書
公式
アクセルファクター
アクセルファクター
原則即日2%〜無制限2社間
3社間
企業情報がわかる資料
財務状況についてわかる資料
取引に関する資料
公式
トップ・マネジメント
トップ・マネジメント
最短即日2社間:3.5%〜
3社間:0.5%〜
30万円〜3億円2社間
3社間
ゼロファク
ペイブリッジ
電ファク
見積書・受注書・発注書ファクタリング
法人印鑑証明
会社実印
代表者実印(契約内容による)
公式
SOKULA
SOKULA
最短2時間2%〜15%要問い合わせ2社間
3社間
要問い合わせ公式
ファクタリングベスト
ファクタリングベスト
最短3時間要問い合わせ要問い合わせ2社間

3社間
要問い合わせ公式
えんナビ
えんナビ
最短即日要問い合わせ50万円~5,000万円2社間

3社間
要問い合わせ要問い合わせ公式
事業資金エージェント
事業資金エージェント
最短2時間1.5%〜10万円〜2億円2社間本人確認資料

入金がわかる通帳

売掛金がわかる請求書
公式
ペイトナーファクタリング
ペイトナーファクタリング
最短10分10%固定初回:〜25万円
※利用状況に応じて最大100万円まで拡大
2社間請求書公式
グッドプラス
グッドプラス
最短90分5%〜〜500万円2社間本人確認書類
通帳

請求書
昨年度の決算書
公式
フリーナンス
フリーナンス
最短即日3%〜10%上限なし2社間取引が確認できる書類など公式
日本トラスト
日本トラスト
最短1営業日2社間:1%〜
3社間:1%〜
500万円2社間

3社間
要問い合わせ公式
OLTA
OLTA
最短即日2%〜9%無制限2社間昨年度の決算書一式

入金明細書

売却予定の請求書
公式

1.ビートレーディング

スクロールできます
入金スピード最短2時間ファクタリングの種類2社間
3社間
手数料2社間:4%〜
3社間:2%〜
オンライン契約
買取可能額無制限必要書類売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2カ月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)

ビートレーディングは、受注時点での注文書でも資金調達が可能なファクタリング会社です。

申し込みで提出する資料は、入金が確認できる通帳と請求書のみです。申し込みの際に大きな手間はかかりません。

また月間1,000件の取引実績があり、ファクタリングの利用経験がない方も不安なく取引できます。

気になる方は、公式サイトから見積もり依頼を送付してみてください。

\ 注文書でも資金調達できる! /

2.QuQuMo(ククモ)

QuQuMo(ククモ)
スクロールできます
入金スピード最短2時間ファクタリングの種類2社間
手数料1%〜オンライン契約
買取可能額無制限必要書類請求書
通帳

QuQuMoは手数料1%から対応していて、安い費用で現金化できる点が魅力です。

QuQuMoは幅広い方が利用できる!

同社は法人・個人事業主ともに利用できます。オンラインで契約まで完結するため、資金調達のために来社する必要はありません。

また現金化できる金額の上限を設定しておらず、規模の大きな中小企業オーナーでも利用できます。

金額の大小にかかわらず、資金調達が必要な方はQuQuMoの利用を考えてみてください。

\ 手数料は1%〜! /

3.日本中小企業金融サポート機構

3.日本中小企業金融サポート機構
スクロールできます
入金スピード最短3時間ファクタリングの種類2社間
3社間
手数料1.5%〜オンライン契約
買取可能額無制限必要書類通帳のコピー(表紙付き、3カ月分)
売掛金に関する資料(請求書・契約書など)
代表者の身分証明書(運転免許証・マイナンバーカードなど)

日本中小企業金融サポート機構は、LINEで書類提出が可能なファクタリング会社です。

普段利用しているチャットツールを通じて書類提出が完了するため、手間なく資金調達まで進められます。

日本中小企業金融サポート機構はファクタリングの他に、助成金やクラウドファンディングの相談にも対応しています。

さまざまな資金調達方法から自分にあった方法を選びたい方は、日本中小企業金融サポート機構での取引を検討してみてください。

\ LINEで書類を提出できる! /

4.ベストファクター

ベストファクター
スクロールできます
入金スピード最短当日ファクタリングの種類2社間

3社間
手数料2%〜20%オンライン契約×
※訪問契約可能
買取可能額30万円〜必要書類身分証明書
入出金の通帳

請求書

見積書

ベストファクターは、審査通過率92.25%の実績を誇るファクタリング会社です。

融資やビジネスローンの審査に落ちて自信を喪失している方も、不安なく資金調達できるでしょう。

ベストファクターはオンライン契約非対応ですが、訪問での相談が可能です。

オンライン取引非対応でも不便なく資金調達できるので、気になる方は公式サイトから無料相談を依頼してみてください。

\ 審査通過率の高さが大きな魅力! /

5.アクセルファクター

アクセルファクター
スクロールできます
入金スピード原則即日ファクタリングの種類2社間
3社間
手数料2%〜オンライン契約
買取可能額無制限必要書類企業情報がわかる資料
財務状況についてわかる資料
取引に関する資料

アクセルファクターは、ファクタリング会社で数少ない早期申込割引を用意しています。

早期申込割引の詳細
  • 60日前の申し込み:手数料2%割引
  • 30日前の申し込み:手数料1%割引

参照元:アクセルファクター公式サイト

割安な手数料で資金調達したい方は、アクセルファクターでの資金調達を検討してみてください。

また同社は、業種別の取引事例を用意している点も大きなメリットです。

掲載している業種(一例)
  • 建設業
  • 土木業
  • 運送業
  • 人材派遣業
  • IT業など

資金調達の申込前に、近しい業種の取引事例を確認しておくと良いでしょう。

\ 早期申込割引を用意! /

6.トップ・マネジメント

トップ・マネジメント
スクロールできます
入金スピード最短即日ファクタリングの種類2社間
3社間
ゼロファク
ペイブリッジ
電ふぁく
見積書・受注書・発注書ファクタリング
手数料2社間:3.5%〜12.5%
3社間:0.5%〜3.5%
ゼロファク:3.5%〜12.5%
ペイブリッジ:3.5%〜12.5%
電ふぁく:1.8%〜8.0%
見積書・受注書・発注書ファクタリング:3.5%〜12.5%
オンライン契約
買取可能額30万円〜3億円必要書類法人印鑑証明
会社実印
代表者実印(契約内容による)

トップ・マネジメントは、現金のデリバリーに対応している点が差別化ポイントです。

今すぐ現金が必要な場合は担当者が現場まで届けてくれるため、急いでいる方の利用もおすすめします。

トップ・マネジメントが用意している商品と概要
  • 2社間
  • 3社間
  • ゼロファク:助成金とファクタリングの組み合わせサービス
  • ペイブリッジ:広告・IT業界に特化したサービス
  • 電ふぁく:2社間よりも安い費用で収まる2.5社間ファクタリング
  • 見積書・受注書・発注書ファクタリング:案件受注段階で現金化できるサービス

参照元:トップ・マネジメント公式サイト

2・3社間ファクタリング以外に豊富なサービスを用意しているので、自分に合った資金調達方法を見つけてみてください。

\ 豊富な資金調達方法を用意! /

7.SOKULA

SOKULA
スクロールできます
入金スピード最短2時間ファクタリングの種類2社間
3社間
手数料2%〜15%オンライン契約
買取可能額要問い合わせ必要書類要問い合わせ

SOKULAは、審査通過率93%と高確率で審査を通している点が魅力的なファクタリング会社です。

月1,000社と取引していると仮定すると、930社は資金調達に成功している計算になります。

同社は最短2時間で振り込みが可能です。今日中に現金が必要な場合は、SOKULAを利用すれば間に合うでしょう。

\ 最短2時間で資金調達! /

8.ファクタリングベスト

ファクタリングベスト
スクロールできます
入金スピード最短3時間ファクタリングの種類2社間

3社間
手数料要問い合わせオンライン契約要問い合わせ
買取可能額要問い合わせ必要書類要問い合わせ

ファクタリングベストは、法人限定のファクタリング比較サービスです。

売掛金などの基本情報をサイトに入力すると、ファクタリングベストを経由して複数社に相見積もりできる仕組みになっています。

自力で相見積もりを取る時間がない経営者は、ファクタリングベスト経由で申し込んでみると良いでしょう。

\ ファクタリング業者を比較したい方必見! /

9.えんナビ

えんナビ
スクロールできます
入金スピード最短即日ファクタリングの種類2社間

3社間
手数料要問い合わせオンライン契約要問い合わせ
買取可能額50万円~5,000万円必要書類要問い合わせ

えんナビは、24時間いつでも30秒で査定が完了するファクタリング会社です。

公式サイト内のフォームに必要事項を入力するだけで、24時間いつでも現状の利用可否を査定してくれます。

同社は東京に本社を構えている会社ですが、地方在住の方も利用が可能です。

えんナビの営業スタッフが出張に対応しているため、遠方からの契約も相談してみてください。

\ すぐに査定を飛ばしたい方におすすめ! /

10.事業資金エージェント

事業資金エージェント
スクロールできます
入金スピード最短2時間ファクタリングの種類2社間
手数料1.5%〜オンライン契約
買取可能額10万円〜2億円必要書類本人確認資料

入金がわかる通帳

売掛金がわかる請求書

事業資金エージェントは、10万円から資金調達が可能なファクタリング会社です。

少額の売掛金でも現金化できるため、零細企業や個人事業主でも積極的に利用できます。

申し込みから審査完了までにかかる時間は、30分程度です。最短2時間で現金化できるので、即日お金が必要な方でも問題ありません。

とにかく現金化のスピードを重視したい方は、事業資金エージェントの利用を検討してみてください。

\ 10万円から資金調達が可能! /

11.ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリング
スクロールできます
入金スピード最短10分ファクタリングの種類2社間
手数料10%固定オンライン契約
買取可能額初回:〜25万円
※利用状況に応じて最大100万円まで拡大
必要書類請求書

ペイトナーファクタリングは、最短10分で振り込みが可能なファクタリング会社です。

記事内で紹介しているファクタリング会社の中で一番早く振り込めるため、急いで売掛金を現金化したい方におすすめします。

初回取引の買取可能額は25万円まで、最高でも100万円と個人事業主やフリーランスにおすすめの規模感です。

今すぐ現金が必要な個人事業主・フリーランスは、ペイトナーファクタリングを利用してみてください。

\ 個人事業主・フリーランス向け! /

12.グッドプラス

12.グッドプラス
スクロールできます
入金スピード最短90分ファクタリングの種類2社間
手数料5%〜オンライン契約
買取可能額〜500万円必要書類本人確認書類
通帳

請求書
昨年度の決算書

グッドプラスは最短90分で現金化できる点が魅力のファクタリング会社です。

WebサイトのフォームまたはLINEから見積もりを出せるため、手続きに無駄な手間はかかりません。

土日も20時まで資金調達に対応していて、平日忙しくて申し込めない方でも問題ありません。

気になる方は、公式サイトから見積もりを出してみてください。

\ 最短90分で現金化! /

13.フリーナンス

13.フリーナンス
スクロールできます
入金スピード最短即日ファクタリングの種類2社間
手数料3%〜10%オンライン契約
買取可能額上限なし必要書類取引が確認できる書類など

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主におすすめのファクタリング会社です。

ファクタリング以外にも、フリーランスや個人事業主にとって助かるサービスを複数パッケージにして提供しています。

フリーナンスのプラン内容
プラン内容フリーレギュラープレミアム
月額料金無料590円1,200円
即日払い
(ファクタリング)
フリーナンス口座
あんしん補償 Basic最高5,000万円の事故補償最高5,000万円の事故補償

最高500万円の業務過誤補償
最高5,000万円の事故補償

最高500万円の業務過誤補償
バーチャルオフィス別途申し込み別途申し込みライトプラン付き
あんしん補償プラス諸条件あり即加入可能即加入可能
決済リンク4.43%3.93%3.43%

ファクタリングは月額料金がかからない「フリープラン」でも利用できるので、まずは無料で登録してみてください。

\ ファクタリング以外のサービスも充実! /

14.日本トラスト

14.日本トラスト
スクロールできます
入金スピード最短1営業日ファクタリングの種類2社間

3社間
手数料2社間:1%〜
3社間:1%〜
オンライン契約
買取可能額500万円必要書類要問い合わせ

日本トラストのファクタリングは審査通過率98%を誇り、柔軟な資金調達が期待できます。

ファクタリングの手数料は1%からと、割安な費用で利用できる点が大きなメリットです。

10万円からの買取に対応しているため、法人だけでなく個人事業主も利用を検討してみてください。

\ 10万円から資金調達できる! /

15.OLTA

15.OLTA
スクロールできます
入金スピード最短即日ファクタリングの種類2社間
手数料2%〜9%オンライン契約
買取可能額無制限必要書類昨年度の決算書一式

入金明細書

売却予定の請求書

OLTAは最大でも手数料9%と、良心的な費用で収まる点が大きな魅力です。

ファクタリングの手数料には法的な規制がなく、10%以上の手数料を取る会社も少なくありません。

最短即日オンラインで現金化できるので、安くかんたんに資金調達したい方はOLTAを活用してみてください。

\ 最大手数料9%と低コスト! /

目的別のおすすめファクタリング会社を紹介

おすすめのファクタリング会社をみて「自分にあった会社がどこかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。

そのような方に向けて、以下では目的別のおすすめファクタリング会社を紹介します。

即日資金調達したい方におすすめ

ファクタリング会社入金スピード買取可能額公式
ビートレーディング
ビートレーディング
最短2時間無制限公式
ペイトナーファクタリング
ペイトナーファクタリング
最短10分初回:〜25万円
※利用状況に応じて最大100万円まで拡大
公式
グッドプラス
グッドプラス
最短90分〜500万円公式

即日資金調達したい方におすすめのファクタリング会社は、ビートレーディングペイトナーファクタリンググッドプラスの3社です。

ビートレーディング買取可能額が無制限かつ、最短2時間で資金を調達できます。

少額でもいいから早く入金してほしい方は、ペイトナーファクタリングがおすすめです。

2時間以内で100万円以上の資金調達を希望しているなら、グッドプラスを検討してみてください。

個人事業主・フリーランスにおすすめ

ファクタリング会社入金スピード手数料公式
QuQuMo(ククモ)
QuQuMo(ククモ)
最短2時間1%〜公式
ペイトナーファクタリング
ペイトナーファクタリング
最短10分10%固定公式
フリーナンス
フリーナンス
最短即日3%〜10%公式

個人事業主・フリーランスにおすすめのファクタリング会社は、QuQuMoペイトナーファクタリングフリーナンスの3社です。

QuQuMoは手数料1%から資金調達が可能で、事業規模が小さく少しでも支払う費用を削減したい方に向いています

25万円以下かつ最速で資金調達をしたい方は、ペイトナーファクタリングでのファクタリングを検討してみてください。

またファクタリング以外にも損害賠償補償やバーチャルオフィスを利用したいなら、フリーナンスでの資金調達がおすすめです。

2社間ファクタリングで手数料が安い

ファクタリング会社手数料買取可能額公式
QuQuMo(ククモ)
QuQuMo(ククモ)
1%〜無制限公式
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業金融サポート機構
1.5%〜無制限公式
事業資金エージェント
事業資金エージェント
1.5%〜10万円〜2億円公式

2社間ファクタリングで手数料が安い会社を探している方は、QuQuMo日本中小企業金融サポート機構事業資金エージェントがおすすめです。

上記の3社は最低手数料が低率で、割安な手数料で資金調達できる可能性があります

実際にかかる手数料は、見積もりを取らないとわかりません。

安い費用でファクタリングを利用したい方は、QuQuMo日本中小企業金融サポート機構事業資金エージェントで相見積もりを取ってみてください。

ファクタリング会社の選び方|失敗したくない方必見

ファクタリング選びを間違えてしまうと、余計な手数料がかかって損してしまいます。

自分の売掛金を減らさないように、ファクタリング会社の選び方をチェックしましょう。

急いでいる方は即日融資の会社を選ぶ

「今日中に現金が必要」と急いでいる方は、即日融資の会社を選びましょう。

即日融資に対応していれば、今すぐ現金が必要な状況でも間に合います

記事内で紹介しているファクタリング会社の中で、2時間以内の融資に対応しているのは上記の6社です。

スピード重視の方は、こちらの会社を中心に選んでみてください。

手数料を安く済ませたいなら相見積もりを取る

手数料を安く済ませたいなら相見積もりを取る

資金調達にかかる手数料を1円でも安く抑えたい方は、相見積もりを取りましょう。

実際に見積もりを取らないと、手数料がいくらかかるか比較できないからです。

手数料は取引先の業績や売掛金の金額などで決まります。サイト内に記載の最低手数料だけで比較しないようにしましょう。

手数料を1円でも安くしたいなら、必ず相見積もりを取って割安な業者を見つけてください。

オンライン契約に対応している会社を選ぶ

業務が忙しく来店できない方は、オンライン契約に対応している会社を選びましょう。

オンライン契約に対応していると、申し込みから資金調達まですべてのステップを来店せずに行えます

クラウドサインなどを導入していると、オンラインでの契約が可能です。

記事内で紹介している会社のほとんどはオンライン契約に対応しているので、一覧表をチェックしながら自分にあった会社を見つけてください。

給与ファクタリングなどやばい会社を避ける

ファクタリング会社を選ぶときは、給与ファクタリングを行っている悪徳業者は避けましょう。

個人に対して「給与ファクタリング」などの名前で賃金債券を買い取ってお金を渡すと、貸金業(別途金融庁への登録が必要な業種)になります

貸金業登録を受けていないなら違法業者(ヤミ金)になるため、決して利用してはいけません。

金融庁は消費者に対して、給与ファクタリングなどの名目で無登録の貸金業を行っていることへの注意喚起を行っています。
参照元:金融庁

「給与ファクタリング」「ブラックでもOK」などの謳い文句で貸付を行っている業者は、選ばないように気をつけましょう。

契約に償還請求権がある会社を避ける

ファクタリング会社を選ぶときは、契約に償還請求権がある会社を避けましょう。

償還請求権があると、売掛先が倒産したら調達したお金を返して自分でお金を回収しなければなりません

償還請求権とは?

売掛先からお金を回収できなくなったときに、渡したお金を返してもらう契約のことです。

実際に償還請求権があったことでトラブルになった事例もあり、金融庁が注意喚起をしています。償還請求権がない取引であれば、契約成立後に売掛先が倒産してもお金を返す必要はありません

契約前に償還請求権の有無を確認し、売却した事業者に返済義務は生じない会社を選んでください。

審査の通過率を確認する

審査の通過率が高いファクタリング会社を利用すれば、資金調達しやすいメリットがあります。

会社によっては審査通過率を公表しているため、利用しやすさを重視する場合は審査の通過率をチェックしましょう。

資金調達の成功率が高い会社であれば、審査に落ちて支払いが滞るリスクを軽減できます。

金融機関での融資を断られてしまった事業主や取引先の業績が怪しい事業主は、審査通過率の高いファクタリングを優先的に検討してみてください。

ファクタリングは大きく2種類に分かれる

ファクタリングは大きく買取型・保証型の2つに分類されます。

この2つの形から派生した形の取引方法もあるので、詳しい解説を以下でチェックしてみてください。

ファクタリングは大きく2種類に分かれる

買取型ファクタリング

買取型ファクタリングとは、請求書などの売掛債権を売却して資金調達を行う方法です。

具体的な3つの種類を確認していきましょう。

買取ファクタリング

買取ファクタリング

買取ファクタリングとは、売掛債権を買い取り、手数料を差し引いて資金調達する方法のことです。

記事内で紹介しているファクタリング会社も、買取ファクタリングを取り扱っている会社がほとんどです。

多くの業種が利用できたり最短即日の資金調達が可能だったりするメリットがある一方で、取引先の経営状態によっては手数料が高くなるデメリットもあります。

多くの会社が用意しているため、相見積もりを取りながら割安な手数料で資金調達が可能な会社を見つけてみてください。

医療ファクタリング

医療ファクタリング

医療ファクタリングとは、病院や薬局など診察報酬のお金を現金化できるサービスです。

一般的に健康保険が適用される事業なら支払いは2カ月以上先になりますが、医療ファクタリングを利用するとすぐに資金調達できます

健康保険が適用される医療関係の会社を経営している方は、医療ファクタリングの利用も視野に入るでしょう。

ただし、医療ファクタリングを取り扱っている会社は少なく、記事内ではビートレーディングアクセルファクターなどが取り扱っています。

選択肢は狭まることを理解した上で、比較・検討してみてください。

将来債権ファクタリング

将来債権ファクタリング

将来債権ファクタリングとは、将来的に発生する可能性がある債権を利用した資金調達方法のことです。

まだ請求していない場合でも資金調達できるため、納品までの期間が長い案件を受注している方や毎月一定額の支払いを受ける取引がある方におすすめです。

まだ請求が発生していない案件に対して資金調達を行うので、審査は厳しくなります。

利用を考えている方は、長期的に取引が続いている会社の将来債権を現金化できるか検討してみましょう。

保証型ファクタリング

保証型ファクタリングとは、売掛金に対して数%の保証をかけて万が一の際に資金調達を行う方法です。

取引先の倒産などで売掛金が支払われないときに、保証していた売掛金のお金を受け取れます。

具体的な3つの方法について、一つずつ確認してみましょう。

保証ファクタリング

保証ファクタリング

保証ファクタリングとは、取引先の倒産や災害で支払能力がなくなってしまったときに、貸倒リスクから守るためのサービスです。

一般的に銀行や消費者金融など、中規模から大規模で高額の取引を行っている会社が利用しています。

「売掛金を回収できなかったら会社の存続にかかわる」などの条件下で利用します。売掛金に対する保険のようなイメージを持つと良いでしょう。

保証ファクタリング取引先に知られずに売掛金を保証されるメリットはありますが、高額取引になるぶん審査も厳しくなります。

利用を考えている方は、見積もりを出して本当に利用できるか確かめてみてください。

一括ファクタリング

一括ファクタリング

一括ファクタリングとは、利用者・取引先・金融機関の3社間であらかじめ契約し、利用者のタイミングで売掛金を資金調達できる取引のことです。

取引は3社間で行うもののため、3社間ファクタリングだと理解しておきましょう。

一括ファクタリングは金融機関が用意しているファクタリングで、利用するには厳しい審査を通過しなければなりません。

利用できれば取引先へ信用がある企業だとアピールでき、イメージアップにもつながるでしょう。

一括ファクタリングが気になる方は、近くの金融機関に取り扱いがないかチェックしてみてください。

国際ファクタリング

国際ファクタリング

国際ファクタリングとは、海外企業の倒産などに備えて売買代金を保証するサービスのことです。

海外企業に輸出している企業が利用する仕組みで、サービスを活用すると万が一輸出先が倒産しても売掛金を確保できます

注意!

国際ファクタリングは大手金融機関のグループ企業しか提供していません。記事内で紹介している企業には取り扱いがないので注意が必要です。

貿易業を行っていて国際ファクタリングを利用したい経営者は、みずほファクター・三菱UFJファクターなどの大手金融機関のサービスをチェックしてください。

ファクタリングの取引方法は2パターンに分かれる

ファクタリングは種類だけでなく取引方法にも違いがあることを忘れてはいけません。

特に「取引先にバレたくない」「手数料を抑えたい」と考えている方は、必ず取引方法の違いを理解しておきましょう

ファクタリングの取引方法

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング
メリット取引先にバレない

最短即日資金調達できる

自社の信用力は関係なく利用できる
デメリット3社間よりも手数料は割高

審査は厳しい傾向にある

取引に手間がかかる

2社間ファクタリングとは、自社とファクタリング会社・自社と売掛先でそれぞれ取引する方法のことです。

実際に、ファクタリング利用者に「利用した経験があるファクタリングの種類」のアンケートをとった結果、35%が2社間ファクタリングを利用した経験があると回答しました。

3社間より手数料が割高などのデメリットはありますが、1番利用されている種類のようです。

取引先にバレずに資金調達できるため、信用を損なわずに現金を用意したい場合に向いています。

また最短即日資金調達に対応している点や、自社の信用力は関係ない点もメリットです。

ただし手数料が割高になったり、回収した売掛金を自分でファクタリング会社に送金する手間がかかったりするため、デメリットも確認してメリットが上回るか確認してみましょう。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリング
メリット2社間よりも手数料が割安

リスクが低く審査に通りやすい

売掛金を送金する手間がかからない
デメリット取引先にバレる

資金調達までに時間がかかる

3社間ファクタリングとは、自社と取引先の間にファクタリング会社が入って取引する方法のことです。

2社間ファクタリングよりも割安な手数料で利用でき、費用を抑えて資金調達できるメリットがあります。

また売掛先からファクタリング会社へ直接送金するため、債権未回収のリスクを低減できます。その結果審査に通りやすくなる点もメリットになるでしょう。

しかし取引先にファクタリングを利用していることがバレたり、資金調達までに時間がかかったりするデメリットがあります。

メリット・デメリットを天秤にかけて、利用する価値がある方法か判断してみてください。

ファクタリング会社にはタイプがある

ファクタリングのサービスを提供している会社は、いくつか種類が分けられます。

ファクタリング会社のタイプによって特徴が異なるため、相性が良さそうなファクタリング会社を探してみてください。

ファクタリング会社の種類

銀行系

銀行系のファクタリング会社は、銀行や銀行の関連会社が該当します。手数料が安く、企業としての安心感が高い点が魅力です。

銀行系ファクタリング会社は、銀行のブランド力や財務基盤を背景に持っています。信頼性が高く、安定したサービス提供が期待できるでしょう。

銀行系ファクタリング会社は財務基盤が安定しているため、手数料が安い傾向にあります。

ただし、銀行系ファクタリング会社は大企業を対象としている傾向があるため、個人事業主や零細企業オーナーは利用できない可能性がある点に注意してください。

独立系

独立系のファクタリング会社は、金融機関に属していない会社が運営しています。

中小企業や個人事業主でも利用しやすいように、柔軟な審査基準を設けている点が魅力と言えるでしょう。

記事内で紹介しているファクタリング会社の多くは独立系です。

ただし、独立系ファクタリング会社はリスクが高い取引を受け入れる傾向もあり、銀行系ファクタリング会社よりも手数料や利用コストが高めに設定されています。

きめ細やかなサービスを提供することが多い一方で、手数料負担が重くなりやすい点は注意しましょう。

ノンバンク系

ノンバンク系のファクタリング会社は、消費者金融や信販会社が運営しています。

銀行ではない金融機関が運営しており、銀行よりも柔軟なサービスを提供している点が特徴です。

ノンバンク系のファクタリング会社は、3社間ファクタリングの取り扱いに強い傾向があります。

また柔軟な審査基準を持っているため、銀行での融資を断られた中小企業や個人事業主でも利用しやすいでしょう。

ただし、ノンバンク系ファクタリング会社はリスクを高めに見積もるケースが多く、手数料や銀行系ファクタリング会社よりも高く設定されています。

業界特化系

業界特化型のファクタリング会社は、特定の業界に特化してサービスを提供しています。

業界の特性やビジネスモデル、キャッシュフローのパターン、リスク要因を深く理解しており、専門的なサービスを提供できる点が強みです。

医療ファクタリング・国際ファクタリングなどは業界特化形のサービスだと理解しておきましょう。

業界特化型のファクタリング会社を選ぶ場合は、同業他社との取引実績を確認してみてください。

ファクタリングを利用するメリット

ファクタリングの利用がはじめての方は、メリットがあるか確認してから申し込みましょう。

手数料を払って売掛債権を売却するので、損しないように必ずメリットを確認してください。

業績にかかわらず利用できる

ファクタリングは、業績にかかわらず利用できる点がメリットです。

売掛先の業績をもとに手数料や取引の可否を判断するため、自社の業績は関係ありません。

例えば銀行融資で断られた方も、売掛先の信用によっては利用できる可能性があります。

現在の経営状況が赤字で利用をためらっている方は、自社の業績は気にせず無料相談を受けてみてください。

最短即日現金化できる

ファクタリングは最短即日現金化できる点がメリットです。

「3日後の支払いに間に合わせたい」「今日中に現金が必要」などの状況でも、ファクタリングを利用するとすぐ現金を用意できます

記事内で紹介しているファクタリング会社のほとんどは、即日資金調達が可能です。

実際に、ファクタリング利用者に「ファクタリングを利用するメリット」のアンケートをとった結果、41%の人が最短即日現金化できることにメリットを感じているとわかりました。

会社によっては最短10分から2時間程度で資金調達も可能なので、いち早く現金を用意したい方にとってメリットになるでしょう。

売掛先が倒産しても返金せずに済む

ファクタリングを利用するメリットは、売掛先が倒産しても返金せずに済む点も挙げられます。

償還請求権がないファクタリング会社と取引すれば、売掛先が倒産しても調達したお金は失いません

償還請求権があると……

償還請求権がある会社で契約してしまうと、売掛金を回収できなかったときにファクタリング会社から調達した現金を返還するように連絡がきます。

しかし償還請求権がない会社なら、売掛先が倒産しても調達したお金は失いません

取引先の経営状況が怪しいなら、ファクタリングを利用して早く資金調達してみてください。

信用情報機関に履歴が残らない

ファクタリングは貸金業者からの借り入れではなく、信用情報機関に履歴が残りません。

今後金融機関での借り入れを検討している企業オーナーや個人事業主にとって、信用情報機関に履歴を残さずに資金調達できるのはメリットと言えるでしょう。

信用情報機関とは?

クレジットカードやカードローンなど、金融サービスの取引履歴を残している機関のことです。延滞・滞納などの事故情報も保管され、審査の際に金融機関がチェックします。

ファクタリングはすでに発生している売掛金を現金化する仕組みのため、借り入れではありません

今後受ける金融サービスの審査への影響を懸念していた方は、安心して申し込んでください。

融資とは異なり負債にならない

ファクタリングは、融資ではなく保有している売掛債権の売却です。

ファクタリングで調達したお金に返済義務はなく、負債ではないためバランスシートに影響しません。

ファクタリングは、資金を「借りる」のではなく、売掛金を「売る」形で資金調達します。会計上では負債として計上されない点は、融資とは大きく異なります。

融資で調達したお金は借入金なので、負債(借金)として会計上に計上されます。

負債が増加すると財務健全性に関する指標が悪化しますが、ファクタリングでは財務健全性に影響しません。

ただし、ファクタリングは返済義務がない一方で、ファクタリング会社に手数料を支払う必要がある点は押さえておきましょう。

ファクタリングを利用するデメリット

ファクタリングは回収前の売掛金を現金化できる便利なサービスですが、メリットだけではありません。

3つのデメリットを確認して、メリットが上回るか判断してみてください

手数料がかかる

ファクタリングを利用すると、数%から十数%程度の手数料がかかります。

本来なら満額受け取れるはずの売掛金が手数料分減少してしまう点は、デメリットと言えるでしょう。

ファクタリングの手数料はカードローンなどのように法的な規制がなく、利用する会社によって手数料が異なります。

できるだけ安い手数料で資金調達をしたい方は、相見積もりを取って割安な会社で資金調達するよう心がけてください。

融資金額は売掛金の範囲内になる

ファクタリングを利用しても、売掛金以上のお金は調達できません。

「新規事業の立ち上げのために資金調達したい」など、売掛金以上のお金が必要な方にはおすすめできないでしょう。

例えば……

売掛金が100万円なら、調達できる金額は100万円から手数料(数%から十数%程度)を差し引いた金額です。

売掛金が少ないなら、調達できるお金も少なくなると理解しておきましょう。

3社間ファクタリングだと取引先にバレる

3社間ファクタリングだと、取引先に資金調達しているとバレる点もデメリットです。

経営難を懸念されてしまい、最悪の場合は取引を継続してもらえない可能性も考えられます。

バレずに資金調達したいなら、2社間ファクタリングがおすすめです。

3社間ファクタリングを利用するときは事前に取引先へ連絡を入れて、突然のことで驚かせてしまわないように根回ししておきましょう。

ファクタリングの審査基準や審査項目

ファクタリングは売掛債権を売却して現金化するため、保有している売掛債権や売掛先の信用情報などが審査されます。

以下で、具体的にどのような点が審査されるのかを解説します。

売掛(取引)先企業の信用度

売掛先企業に返済能力があれば、ファクタリングの審査に通過しやすい傾向にあります。

ファクタリングでは会社が債権を買い取るため、審査を受ける上では「債権を回収できる見込みがあるか」が重要です。

取引先が明日にも倒産しそうな企業だと、自社に問題はなくても審査は通過できません。

具体的に審査では、売掛先企業の信用情報や財務状況などがチェックされます。

売掛先企業が過去に支払い遅延や債務不履行を起こしていると、審査に悪影響を及ぼすと理解しておきましょう。

売掛債権の支払い期日

ファクタリングの審査にあたって、売掛債権の支払期日は重要なポイントです。

一般的にファクタリングでは、売掛債権の支払期日が短いほど回収リスクが低いと評価されると理解しておきましょう。

債権の支払期日が長いほど、ファクタリング会社が資金を回収するまでの時間が長くなり、支払不能リスクが高まります。

売掛債権の支払期日が短期間であるほど、ファクタリングの審査では有利になる点は押さえておきましょう。

売掛そのものの信用度

売掛先企業の信頼度だけでなく、売掛債権そのものの信頼度も重視されます。

安定した取引関係に基づく債権や、契約内容が明確で文書化されている債権は、買い取ってもらいやすいです。

信頼度が低い売掛債権の例
  • 不良債権
  • 個人事業主が債務者となる債権
  • 不安定な取引関係に基づく債権
  • 契約書がない、あるいは不備がある債権
  • 売掛先の財務状態が不安定な債権

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権を売掛先に請求します。

そのため「本当に回収できるかどうか」「踏み倒されないかどうか」もチェックされている点は押さえておきましょう。

【利用NG】やばいファクタリング会社の特徴

巷には多くのファクタリング会社がありますが、中には信頼できないファクタリング会社も存在します。

やばいファクタリング会社や怪しいファクタリング会社を利用すると、莫大な手数料を払う羽目になりかねません

以下で、利用すべきではない「やばいファクタリング会社」の特徴を解説します。

見積もりを出さない

依頼しても見積もりを出さないファクタリング会社見積書を作成しない業者は悪徳である可能性があります。

見積書の内容に不明確な点が多い場合も、警戒したほうが良いでしょう。

見積もりや料金体系が明確でない場合、法外な手数料を請求される恐れがあります。

契約の際には、手数料率・手数料額や契約期間など、細かい契約条件を理解することが大切です。

透明性が高い会社を選ぶことで、後から予期せぬ費用が発生するリスクを減らせるでしょう。

後払いファクタリングを行っている

後払いファクタリングを行っている

後払いファクタリングを行っているファクタリング会社も、基本的に避けたほうが無難です。

「ツケ払いファクタリング」と呼ばれることもあり、消費者庁が注意喚起を出すくらいトラブルが相次いでいます
参照元:消費者庁

後払いファクタリングとは

後払いファクタリングとは、後払いで購入した商品やサービスをファクタリング会社に買い取ってもらう方法です。

後払い決済でファクタリング会社が指定する商品を購入して現金化する「商品転売形式」と、後払いで商品を購入した後にレビューを投稿して報酬(広告宣伝活動の協力金)を受け取る「宣伝報酬形式」があります。

後払いファクタリングは貸金業に該当する可能性があるため、金融庁から認可を受けている会社でないと取引してはいけません

一般的なファクタリングは貸金業には該当しないので、ファクタリングを営んでいる会社は金融庁からの認可を受けていないことがほとんどです。

後払いファクタリングを取り扱っている会社はヤミ金の可能性もあるため、利用しないでください。

契約書を作成しない

ファクタリング契約(債権譲渡契約)について、契約書を作成しないファクタリング会社の利用も避けましょう。

基本的に、ファクタリング契約では「債権譲渡契約書」を作成します。

契約書はサービスの内容や手数料などを明確にする重要な文書である以上、契約書を作成しない会社は怪しむべきです。

契約書がないと、ファクタリングの手数料や金銭受取日などの条件がわかりません。

高額な手数料請求を巡るトラブルや個人情報漏洩などのトラブルが起こるリスクがあるため、必ず契約書を作成するファクタリング会社を利用しましょう。

ホームページ上で会社情報がない

検索で会社情報がヒットしない、ホームページ上に詳細な情報が記載されていないファクタリング会社も、利用を避けたほうが無難です。

信頼できるファクタリング会社はホームページを用意しているため、わざわざホームページがないファクタリング会社を利用する理由はありません。

ホームページがない会社や詳細な情報が無い会社は、責任の所在を明らかにせずに雲隠れするリスクがあります。

正規の会社であれば、基本的な企業情報やサービス内容を公開するのが一般的です。

ファクタリングに関する適切なサポートを受けるためにも、ホームページ上に会社情報が掲載されているか確認してください

手数料が高い

手数料が高いファクタリング会社も、あえて利用する理由はありません。

手数料が高いと本来受け取れる債権額が減少するため、資金繰りの改善効果も薄れてしまいます。

ファクタリングの手数料は法的な規制がありません。基本的に会社の裁量で決められるようになっています。

ファクタリングを通じて資金調達する以上、手数料が低いファクタリング会社を選ぶのが合理的です。

相見積もりを取りながら、割安なファクタリング会社を見つけてみてください。

甘言を用いている

甘言(耳障りのいい言葉)を用いて集客を行っているファクタリング会社も、利用すべきか慎重に判断しましょう。

聞こえのいい言葉で誘い出し、最終的に他社よりも劣る条件でファクタリング契約を迫るケースがあるためです。

具体的な甘言
  • 簡単な手続きでOK
  • 面倒な審査なしで資金を提供
  • 100%の資金回収率
  • 絶対に損はさせません
  • 期間限定で手数料無料

契約内容を十分に理解せずに契約を結ばせるケースや、保証や安全性を過剰に強調して安易な利用を促すケースが代表的です。

複数のファクタリング会社の条件を比較することで、悪徳な会社かどうか判断できるでしょう。

少しでも「怪しい」と感じたら、トラブルを未然に防ぐためにも、検討中のファクタリング会社から距離を置きましょう。

おすすめのファクタリング会社を選ぶときによくある質問

ファクタリングの最大手は?

記事内で紹介している会社の中で最も取引金額が多いのは、日本中小企業金融サポート機構です。累計取引金額は50億円を超えています。

ファクタリングは法人以外でも利用できますか?

個人事業主やフリーランスなど、売掛金があれば利用できます。ただし法人しか利用できない会社もあるので、必ず確認してから申しこんでください。

ファクタリングは通帳なしでもできますか?

基本的に個人通帳は必要です。通帳を用意してから申し込んでください。

ファクタリングは違法ですか?

ファクタリングは違法ではありません。はじめての方も安心して利用できます。ただし給与ファクタリングなど一部の方法では貸金業に該当してしまい、貸金業登録されていないと違法になるケースもあります。

おすすめの中から自分にあったファクタリング会社を見つけましょう

ファクタリングを取り扱っている会社は複数あり、それぞれ手数料や入金スピードが異なります。資金調達を考えている方は、必ず複数のサービスを比較しながら自分にあったファクタリング会社を選びましょう

どの会社にすればいいかわからない場合は、目的にあわせて会社を選んでみてください。

複数社相見積もりを取りながら、自分にあったファクタリング会社での資金調達をおすすめします。

目次