セントラル短資FXの評判は悪いってホント?SNSから口コミを集めて使うべきか調査してみた【辛口】

セントラル短資FXは、100年以上の歴史を持つ金融機関のFX部門であるため、他社と比較すると信頼度が高い会社であるといえます。

しかし、注文方法がめんどくさい・サポート体制が充実していないなどのネガティブな口コミも散見されます。

セントラル短資FXの悪い評判の真偽が定かではないため、利用を躊躇している方も多いでしょう。

この記事では、セントラル短資FXについての口コミをSNSから集めて、使うべきFX会社なのか調査した結果を解説します。

記事を読むことで、セントラル短資FXについての正しい評判と使うべきFX会社なのかを判断できます。

他にも、セントラル短資FXの取引ツールや、口座開設についても紹介しているため、セントラル短資FXでのトレードを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

セントラル短資FXの評判は悪い?SNSから口コミを集めてみた

central_tanshifx_top

セントラル短資FXの評判について、SNSから得た口コミを3つ紹介します。

セントラル短資FXのSNSから得た口コミ
  • 注文方法によっては操作が少し面倒くさい
  • メキシコペソのスワップポイントに向いている
  • サーバーが強くダウンしにくい

注文方法によっては操作が少し面倒くさい

注文方法によっては操作が少し面倒くさいとTwitterで発信している口コミがみられました。

例えば、IFD(イフダン)注文の際に決済注文が入っている場合、成行注文が行えないケースが挙げられます。

IFD注文とは、新規注文を約定した際に、反対売買の指値注文を自動的に発注する注文方法です。

しかし、毎回自分が行ったオーダーをキャンセルしてからでないと、成行注文が行えないのは操作性に問題があるといえます。

メキシコペソのスワップポイントに向いている

メキシコペソのスワップポイントに向いているとの口コミがみられました。

2023年1月におけるメキシコペソ/円の1日あたり平均実績が、FX業界最高水準となっているのも事実を後押しする証拠となっています。

例を挙げると、セントラル短資FXが提供する、メキシコペソ/円の10万通貨あたりの買いスワップは189円/日です。

高金利通貨ペアのスワップポイント運用は、中長期トレードを軸に行うトレーダーから人気です。

スワップポイントは毎日溜まっていき、累積したスワップポイントを利用して利益に還元したり、トレード資金に変えたりもできます。

上記の結果から、セントラル短資FXはメキシコペソのスワップポイントに向いているのが理解できます。

サーバーが強くダウンしにくい

サーバーが強くダウンしにくいとの口コミがみられました。

セントラル短資FXは2008年4月18日付で、FXシステムにおける負荷分散設計に関する特許権を取得しているのが大きな特徴です。

また、マーケットの急変時などサーバーに負荷のかかるシーンでも、トレードシステムに対する信頼性が損なわれないよう運営しています。

運営方法としては、トレードシステムの安定性の維持のため、24時間体制でFXオンライントレードシステムの保守の実行が挙げられます。

セントラル短資FXとは【基本情報】

central_tanshifx_top
通貨ペア25種類
取引手数料無料
最大レバレッジ25倍(※)
最小取引単位1,000通貨
アプリの有無
最低入金額無し

(※)トルコリラ/円のみ10倍

セントラル短資FXは、100年以上の実績を持つ歴史あるセントラル短資株式会社のFX部門です。

日本格付研究所から「BBB+(安定的)」との格付けをうけており、FX専業の金融機関としては唯一の実績を持っています。

スプレッド幅はFX業界最狭水準を提供しながらも、13年連続で長期信用格付け最上位を維持し続けているのが特徴です。

長い歴史に裏付けされた安心感と、高金利通貨の高いスワップポイントが魅力の一つといえます。

安全性が高く、アプリに高性能のトレードツールも搭載しているため、安定したトレードが行いたい方におすすめです。

他にも、口座開設キャンペーンや優待キャンペーンを行っており、初心者にも入りやすい間口を設けている点が魅力的です。

セントラル短資FXのキャンペーン情報

2024年1月27日時点における、セントラル短資のキャンペーンは以下の通りです。

セントラル短資FXのキャンペーン情報
  • 「高性能Androidタブレット NEC LAVIE Tab T10」などが当たるハッピーバレンタイン!プレゼントキャンペーン
  • 豪ドル/円・豪ドル/米ドルキャッシュバックキャンペーン
  • ユーロ/米ドル・ユーロ/円キャッシュバックキャンペーン
  • セントラル短資FXデビュープログラム

「高性能Androidタブレット NEC LAVIE Tab T10」などが当たるハッピーバレンタイン!プレゼントキャンペーン

campaign_top_central-tanshifx

このキャンペーンは、2024年1月16日から2024年2月15日までの期間中にすべての条件を満たした参加者に、取引数量に応じて抽選で賞品が贈られます。

商品はAndroidタブレット NEC LAVIE Tab T10 ストームグレー」「リンベルカタログギフト サターンコースのどちらかお一つを選ぶことが可能です。

条件は以下になります。

条件
  1. 期間中に本キャンペーンへの申込み
  2. 期間中に合計100万通貨以上の新規取引(建玉整理で決済した新規取引は本キャンぺーンの対象になりません)

抽選結果は2024年2月末までに当選をお知らせするメールドメイン「@mc.central-tanshifx.com」を当選者宛にお送りされます。

豪ドル/円・豪ドル/米ドルキャッシュバックキャンペーン

campaign_top_central-tanshifx

このキャンペーンは、2024年1月2日- 2024年1月31日までに申し込まれた方に、期間中における豪ドル/円と豪ドル/米ドルの新規取引合計数量に応じて、最大300,000円をキャッシュバックするキャンペーンです。

キャッシュバック条件は以下になります。

条件
  1. 新規取引合計数量が1万通貨~60,000万通貨未満のとき、キャッシュバック額は新規取引合計数量1万通貨ごとに5円
  2. 新規取引合計数量が60,000万通貨以上のとき、キャッシュバック額は一律300,000円

※キャンペーンの期間中、「セントラル短資FXデビュープログラム」の対象になっている方は、本キャンペーンの対象になりません。

ユーロ/米ドル・ユーロ/円キャッシュバックキャンペーン

campaign_top_central-tanshifx

このキャンペーンは、2024年1月2日- 2024年1月31日申し込まれた方に、期間中におけるユーロ/米ドルとユーロ/円の新規取引合計数量に応じて、最大300,000円をキャッシュバックします。

キャッシュバック条件は以下になります。

条件
  1. 新規取引合計数量が1万通貨~60,000万通貨未満のとき、キャッシュバック額は新規取引合計数量1万通貨ごとに5円
  2. 新規取引合計数量が60,000万通貨以上のとき、キャッシュバック額は一律300,000円

※キャンペーンの期間中、「セントラル短資FXデビュープログラム」の対象になっている方は、本キャンペーンの対象になりません。

セントラル短資FXデビュープログラム

campaign_top_central-tanshifx

初めてセントラル短資FXで口座を開設し、取引対象期間中における新規取引合計数量に応じて、最大600,000円をキャッシュバックします。

条件は以下になります。

条件
  1. 新規取引合計数量が1万通貨~60,000万通貨未満のとき、キャッシュバック額は新規取引合計数量1万通貨ごとに12円
  2. 新規取引合計数量が60,000万通貨以上のとき、キャッシュバック額は一律600,000円

キャッシュバック時期は口座開設してから3ヶ月後の最終営業日までになります。

※取引対象期間は口座開設月から翌々月末なので注意が必要です。

セントラル短資FXのセキュリティ情報

セントラル短資FXのセキュリティは、Imperva SecureSphere DAMを取り入れているのが最大の特徴です。

理由は、導入によりデータベース監査環境を整え、社内へ周知し内部犯による不正アクセスへの抑止力になるからです。

DAMとは、Database Activity Monitoringの頭文字をとったもので、データベース監査や以上捜査の検出が可能なセキュリティシステムを指します。

例えば、メガバンクや金融業界など、個人情報を多く扱う業界においてDAMを導入する企業は多いです。

セントラル短資FXは、不正アクセスやアンチウイルス・マルウェア対策など、外部に対するセキュリティにこだわるだけでなく、内部に対するセキュリティ対策も行っています。

外部だけでなく、企業内部への牽制も込めたセキュリティ対策を行っている点から、セキュリティに対する意識の高さは評価できます。

セントラル短資FXの取扱通貨

セントラル短資FXの取扱通貨ペアは25種類で、FX業界のなかにおいては平均より少し上の位置づけといえます。

他社における取扱通貨ペアの平均的な数は、20種類前後であるため、比較的充実した取扱数です。

取扱通貨のなかでも特に注目したいのが、メキシコペソ/円に対する優遇です。

メキシコペソのスワップポイントが高い・メキシコペソ/円の新規取引合計数量に応じたキャッシュバックキャンペーンの開催などが挙げられます。

また、高金利通貨の最小取引単位を、10,000通貨にしているFX会社が多いなか、セントラル短資FXはメキシコペソ/円を1,000通貨に抑えている点も評価が高いです。

セントラル短資FXを利用するメリット

セントラル短資FXを利用するメリットについて3つ紹介します。

セントラル短資FXを利用するメリット
  • メキシコペソのスワップポイントが高い
  • スマホアプリに高性能の取引ツールがある
  • メジャー通貨ペアのスプレッドが業界最狭水準

メキシコペソのスワップポイントが高い

メキシコペソのスワップポイントが高いため、利用するのがおすすめです。

理由は、長いスパンで高水準のスワップポイントの付与数値を維持し続けている実績があるからです。

例えば、2023年1月の時点で、メキシコペソ/円のスワップポイントは、10,000通貨あたり19円の高スワップです。

さらに、メキシコペソ/円のスプレッドも最狭水準であり、他社が0.2銭〜0.4銭で提供しているなか、セントラル短資FXは0.1円で提供しています。

他にも、ポジションが未決済でもスワップポイント益のみ引き出せる点が大きな魅力の一つです。

スワップポイントの利益が順次取引口座に反映されるため、ポジションの決済前に出金したり、新たなトレードの証拠金として利用できます。

ポジションを決済せずに、保有したままスワップポイントの利益を引き出せるのはメリットであり、長期間ポジションを保有したいトレーダーにおすすめです。

スマホアプリに高性能の取引ツールがある

スマホアプリに高性能の取引ツールがある点がメリットです。

FXダイレクトプラスと銘打たれた高機能のツールで、マグネット機能対応によりトレンドライン・フィボナッチの描画がスムーズに行えます。

チャート上から直接オーダーも可能であるため、レートラインから直感的にトレードができる操作性の良さが魅力的です。

短期トレードには、スピーディーな操作と場所を選ばないユーザーインターフェースが必要です。

セントラル短資FXのスマホアプリのFXダイレクトプラスでは、アプリのみでオールマイティなトレードが実現できます。

iPhone版では業界でも珍しいウィジェットに対応しており、アプリを起動しなくてもレートとチャートを確認できる点も大きな魅力です。

ウィジェットには、レート設定の上位3通貨ペアまでを表示が可能で、即時確認できます。

メジャー通貨ペアのスプレッドが業界最狭水準

セントラル短資FXSBI FXトレードMATSUI FXDMM FXGMOクリック証券
米ドル/円0.2銭0.18銭0.2銭0.2銭0.2銭原則固定
ユーロ/円0.4銭0.48銭0.5銭0.5銭0.5銭原則固定
ポンド/円0.6銭0.88銭0.6銭0.9銭0.9銭原則固定
メキシコペソ/円0.1銭0.18銭0.1銭0.2銭0.2銭原則固定

メジャー通貨ペアのスプレッドが、業界最狭水準である点がメリットです。

セントラル短資FXは、過去に米ドル/円のスプレッドを0.1銭原則固定で提供していた事実もあります。

業界最大手で、スプレッドの狭さに定評のあるGMOクリック証券と比較しても、メジャー通貨のスプレッドがすべて低い点は大きな魅力の一つです。

そのため、トレードコストを重視するトレーダーも満足できるサービス内容だといえます。

対して、マイナー通貨のメキシコペソ/円のスプレッドは0.1銭となっており、最もコストのかからないFX会社です。

高金利通貨のなかでも、価格変動が少なく安定的なメキシコペソを主軸にトレードしたい方にもおすすめできるFX口座といえます。

セントラル短資FXを利用するデメリット

セントラル短資FXを利用するデメリットについて2つ紹介します。

セントラル短資FXを利用するデメリット
  • スワップポイントが未決済でも課税対象になる
  • 電話問い合わせができずサポート対応が不便

スワップポイントが未決済でも課税対象になる

スワップポイントが未決済でも課税対象になる点がデメリットとして挙げられます

スワップポイントには税金がかかり、税率は20.315%です。

FX会社には、未決済ポジションでスワップポイントに税金がかかる会社とそうでない会社に分別されます。

税金がかからないFX会社の方が自由度が高いといえますが、セントラル短資FXでは未決済でも課税対象になります。

スワップポイントが未決済でも課税されないFX会社には、LIGHT FXFXプライムbyGMOなどが存在します。

確定申告の際などに為替差損ができる点から、節税を考えている方や税金対策に興味がある方には上記のFX会社がおすすめです。

電話問い合わせができずサポート対応が不便

電話問い合わせができず、サポート対応が不便な点が挙げられます。

サポートが手厚いFX会社は、24時間対応しているコールセンターの設置や、身近な存在のLINEを利用したサポートを行っています。

しかし、セントラル短資FXの問い合わせ方法はメールのみです。

特に初心者の頃は、分からないシーンに直面したり、誰かのサポートが必要なケースが多くみられます。

オペレーターによるコールサービスや、手早く問題を解決できる連絡ツールを採用していない点は、デメリットといえます。

セントラル短資FXはぶっちゃけ使うべき?【辛口レビュー】

セントラル短資FXを使うべき人と使わなくてもよい人について、厳しい目線で解説します。

セントラル短資FXを使うべき人

セントラル短資FXを使うべき人は、少額トレードを軸に利益を伸ばしたいと考えている人です

なぜなら、セントラル短資FXでは、最小取引単位を1,000通貨単位から提供しており、必要証拠金も280円からトレードができるからです。

例えば、他社において南アフリカランドなどの高金利通貨は、リスクを回避するために10,000通貨が最低取引単位になっているのを多く見受けられます。

しかし、セントラル短資FXは高いスワップポイントのみならず、最小取引単位が1,000通貨とメキシコペソの使い勝手がよいです。

上記の理由から、少額トレードに興味がある方にはおすすめできるFX会社といえます。

セントラル短資FXを使わなくてもよい人

セントラル短資FXを使わなくてもよい人は、高いスワップを狙ったトレードや早朝にトレードしたい人です

その理由として、セントラル短資FXは高金利通貨以外の通貨ペアのスワップポイントが、他社と比較すると低めに設定されているからです。

また、早朝しか時間が取れず早朝をメインにトレードする人にとっては、スプレッドが広がりトレードコストが高くなるデメリットも相まってデメリットとなります。

例えば、早朝にドル円などの主要通貨ペアのトレードをしたい場合、スワップポイントが低くスプレッドが広がる事態に陥りかねません。

よって、主要通貨をメインにトレードしながら、早朝しか時間が取れない人にとってはセントラル短資FXは使わなくてもよいFX会社になります。

セントラル短資FXの取引ツールを一挙紹介!

セントラル短資FXの取引ツールを3つ紹介します。

セントラル短資FXの取引ツール
  • クイックチャート・トレードプラス|高機能な分析ができる
  • プログレッシブチャート|OCOやIFOでの注文も可能
  • みらいチャート|自動でテクニカル分析をしてくれる

クイックチャート・トレードプラス|高機能な分析ができる

central_tanshifx_quickchart

クイックチャート・トレードプラスは、高機能な分析ができる点がおすすめです。

その理由として、操作性にこだわった高機能ツールが多彩で、トレードに関するすべてのことを1画面で完結できるからです。

例えば、チャート分析・為替レート・経済情報に関するニュースなど、トレードに必要な機能を集約している点が挙げられます。

また、自動売買システムに興味のあるトレーダーで、自動売買したいと考えながらもプログラムスキルが障壁になっている方は多いのではないでしょうか。

クイックチャート・トレードプラスでは、プログラムを組む必要がない自動売買システムの利用が可能です

そのため、高機能な分析はAIに任せながら、細かい判断は自分で行うような、裁量システムと自動システムのハイブリッドなトレードスタイルが確立できるといえます。

プログレッシブチャート|OCOやIFOでの注文も可能

central_tanshifx_progressivechart

プログレッシブチャートは、OCOやIFOでの注文も可能であり、高度なテクニカル分析機能の搭載と、快適な操作性を併せ持った高機能トレードツールです。

チャートを確認しながら、画面を切り替えることなく新規オーダーやポジションの決済などをワンクリックで発注できます。

チャート上の価格ライン操作で注文変更も可能かつ、28種類のテクニカル分析機能を搭載しているため、使い勝手がよいのが特徴です

インジケーターには、移動平均線や一目均衡表のみならず、平均足や新値足なども表示可能です。

描画ツールも多彩で、ペンタゴンに代表される7種類のツールを搭載しています。

チャートの分割も魅力的で、多くのツールが最大4分割を提供しているなか、プログレッシブチャートでは12分割が可能です。

分割されても動作が重くなることはなく、トレード画面にもスムーズに切り替えが可能であるため、非常にフレキシブルです。

みらいチャート|自動でテクニカル分析をしてくれる

central_tanshifx_miraichart

みらいチャートは、テクニカル分析に自信がない方を、自動で補助してくれるサポートツールです

AIが過去のチャートから、一致度の高い順に3つのパターンを用いながら未来の値動きを予測する特徴を持っています。

そのため、自分でテクニカル分析を行わずとも、AIによるロジカルな視点と手法で最適なトレードを行えるのです。

例えば、未来の売買シグナルの予測機能では、指定した通貨ペアが買い時か売り時かを、AIがさまざまなテクニカル指標を使用して予測します。

テクニカル指標には、ボリンジャーバンドに代表される7種類のインジケーターが挙げられ、シグナルに対応したマーケットの方向性を予測するのが特徴です。

セントラル短資FXの口座開設方法・やり方

セントラル短資FXの口座開設方法を紹介します。

1.本人確認書類を用意する

セントラル短資FXの口座開設する際には、マイナンバー通知書類と本人確認書類2点が必要です

マイナンバー通知書類と本人確認書類は似ていますが、位置づけが異なるため注意しましょう。

本人確認書類として利用可能なものは以下の通りです。

本人確認書類
  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • マイナンバーカード(表面)
  • 住民基本台帳カード
  • 住民票の写し(発行日から6ヶ月以内のもの)
  • 戸籍の附票の写し(発行日から6ヶ月以内のもの)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 印鑑登録証明書(発行日から6ヶ月以内のもの)

本人確認書類に記載されている住所と、現在居住している住所が異なっていないか確認する必要もあります。

セントラル短資FXの審査に通過すると、自宅住所に郵送物が届く仕組みになっているからです。

2.口座開設の申し込みをする

口座開設の申し込みには、氏名や住所などの必須事項を公式ホームページから入力する必要があります

各種交付書面の記載内容に、入力情報との差異がないか確認したうえで申し込みましょう。

申し込みが完了すると、セントラル短資FXから申込受付メールが自動的に送信される仕組みになっています。

申込受付メールには、本人確認書類提出用のURLが2つ記載されています。

本人確認書類提出用のURL
  • スマホでかんたん本人確認
  • アップロードで本人確認

どちらかを選択し、本人確認書類を提出しましょう。

審査に通過した場合、口座開設完了の通知とユーザーID・パスワードが送信され、登録後トレードが可能です。

また、セントラル短資FX以外にも、おすすめのFX口座は多く存在します。

記事を読むことで、FX口座に関する知識が増えトレードにも活かせるため一読をおすすめします。

セントラル短資FXについてよくある質問

セントラル短資FXについてよくある質問を3つ紹介します。

よくある質問
  • セントラル短資FXはスキャルピング禁止?
  • セントラル短資FXの自動売買ツールが終了したってホント?
  • セントラル短資FXにデモトレードはある?

セントラル短資FXはスキャルピング禁止?

セントラル短資FXはスキャルピングを禁止してはいません

しかし、システムやカバー取引に悪影響を及ぼすほどのスキャルピングを行った場合、トレードの制限や口座解約になる可能性があります。

カバー取引とは、セントラル短資が金融機関に顧客と同じオーダーを通す取引です。

カバー取引を行いながら、為替変動リスクを回避できます。

スキャルピングは、FX会社のサーバーや上記のカバー取引に大きな負荷を与えるケースが多いです。

そのため、FX会社側が利用規約上危険だと感じたスキャルピングトレーダーに関しては、口座解約の執行などのリスクがあるため注意しましょう。

セントラル短資FXの自動売買ツールが終了したってホント?

セントラル短資FXの自動売買ツールが終了したのは事実です。

2022年10月21日をもって、セントラルミラートレーダーが終了しました。

セントラルミラートレーダーは、あらかじめ用意されているプログラムを選択するだけで、機械的に自動売買を行ってくれるサービスです。

代替品としてパソコン版トレードツールである、クイックチャート・トレードプラスでも自動売買は可能です

しかし、エントリー条件などを設定したストラテジを作成する必要があるため、初心者にはおすすめできず、中上級者においても相場観が必要です。

セントラル短資FXにデモトレードはある?

セントラル短資FXにデモトレードは存在しません

デモ体験できたのは、セントラルミラートレーダーと呼ばれるシステムトレードができるサービスでした。

ランキング形式のストラテジから、自分にマッチしたトレード手法を選択し、機械的にトレードするシステムです。

機械的にトレードしてくれるシステムを採用しているため、裁量取引をしなくてもよく、初心者におすすめできるシステムでした。

しかし、2022年10月21日のサービス終了をもってデモ口座も停止となり、現在セントラル短資ではデモトレードは使用できなくなっています。

監修・執筆者

目次