2枚目のクレジットカードおすすめはこれ!2枚持ちのメリットと最強の組み合わせを解説

2枚目のクレジットカードおすすめはこれ!2枚持ちのメリットと最強の組み合わせを解説のアイキャッチ

クレジットカードの2枚目を作成する際に、どのような基準で選べば良いか悩んでいる方も多いでしょう。

所持しているクレジットカードの相性も考えて選ぶとなると、ベストな組み合わせを選ぶのは非常に困難です。

そこで本記事では、最強の2枚を選びたい方が発行すべきクレジットカード10選や、おすすめの組み合わせをまとめました。

本記事を最後まで読めば、2枚持ちのメリットから相性抜群の組み合わせまで余さず理解できます。

クレジットカードを複数枚持ちしてお得に使い分けたい方は、ぜひ参考にしてください。

この記事で分かること
  • 2枚目におすすめのクレジットカード10選
  • 複数枚持ちのメリット・デメリット
  • 最強の2枚の組み合わせ
  • 2枚目を賢く選ぶコツ
目次
本記事を監修した専門家

【小山英斗】
神奈川県の横浜を主な活動拠点としてFP事業を中心に、ライフプランニング、金融資産運用、不動産・住宅ローン相談、住宅建築相談、保険相談を強みとしたサービスを提供しています。銀行や保険等の金融機関やハウスメーカー等に属さない独立した立場から執筆の監修を行う。
公式HP:未来が見えるね研究所
保有資格
1級ファイナンシャルプラニング技能士
日本FP協会所属CFP
住宅ローンアドバイザー

2枚目のクレジットカードを持つ5つのメリット

クレジットカードの2枚持ちをするメリットは以下の5つです。

2枚持ちをする主なメリット
  • カードごとに違うサービスが利用できる
  • 付帯保険が豊富になる
  • 違う国際ブランドが持てる
  • 紛失・盗難の万が一に備えることができる
  • 支払い目的別にカードを分けられる

クレジットカードの2枚目を発行する前に、具体的なメリットを把握しておきましょう。

カードごとに違うサービスが利用できる

2枚目のクレジットカードを発行すると、カードごとの特典や付帯サービスなどを利用できます。

クレジットカードのサービス一覧:例
  • ポイントアップサービス
  • 特定店舗での割引
  • 空港ラウンジサービス
  • コンシェルジュサービス
  • 電子マネー/スマホ決済との連携

カードごとに優待や割引などが用意されているため、複数枚持ちするほどお得な特典が適用されます。

普段の買い物や固定費の支払い、休日でのお出かけなど様々なシーンでお得なサービスを受けたい方は、クレジットカードを2枚持ちしましょう。

付帯保険が豊富になる

クレジットカードを2枚持ちすると、付帯する保険が充実します。

クレジットカードの付帯保険の1例
  • 海外・国内旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • スマートフォン保険
  • カード盗難・紛失保険

1枚しかクレジットカードを所持していない場合、適用される付帯保険はそれほど多くありません。

クレジットカードを賢く選ぶと、適用される付帯保険が増えるため、万が一の備えを厚くしておきたい方は付帯保険が付いたクレジットカードを2枚持ちしましょう。

違う国際ブランドが持てる

5大国際ブランド

複数のクレジットカードを発行すると、2種類以上の国際ブランドを所持できます。

5大国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

例えば1枚目にVISAを発行している方が2枚目にMastercardを選べば、クレジットカード決済できる店舗・サービスの幅が増えるでしょう。

Mastercardにしか対応していない大型ショッピングセンター、コストコのように、特定の国際ブランドにしか対応していない店舗もあります。

手軽にキャッシュレス決済できる店舗を増やしたい方は、クレジットカードを2枚持ちして国際ブランドを2種類保有しましょう。

紛失・盗難の万が一に備えることができる

クレジットカードを2枚持ちすると、万が一カードを紛失・盗難した際のトラブルに備えられます。

1枚クレジットカードが利用できなくなっても、もう1枚のカードで決済できるためです。

クレジットカードが紛失・盗難した場合は、以下の対処を行なってください。

クレジットカードを紛失・盗難した場合の対処法
  • カード会社に連絡して利用停止処分をする
  • クレジットカードの再発行手続きを行う
  • 警察に被害届を出す

利用停止の申請や再発行手続きをしている間にカード決済ができるよう、2枚以上のクレジットカードを作成しておきましょう。

支払い目的別にカードを分けられる

2枚以上のクレジットカードを所持していると、支払い目的別にカード決済ができます。

支払い目的別にカードを分ける利点は、支払い管理がしやすくなる、無駄遣いを防げるなどです。

SNS上でもクレジットカードの2枚目を発行し、利用シーンに合わせて使い分けている方の声が見られました。

支払い目的別にカードを分けて管理を楽にしたい方は、クレジットカードの2枚目を発行しましょう。

2枚以上クレジットカードを持つ4つのデメリット

クレジットカードの2枚持ちには、以下のデメリットもあります。

クレジットカード2枚持ちの主なデメリット
  • クレジットカードの管理が複雑になる
  • 年会費がかかるカードを持つと負担額が増える
  • 不正利用・紛失のリスクが高くなる
  • クレジットカードのポイント管理が大変

あらかじめ2枚持ちのデメリットを把握しておけば、相性の良い組み合わせが選びやすくなります。

クレジットカードの2枚目選びで失敗したくない方は、ぜひチェックしておきましょう。

クレジットカードの管理が複雑になる

2枚以上のクレジットカードを所持すると、管理が複雑化します。

クレジットカードの管理が複雑になると、お金遣いが荒くなる、管理する手間が増える支払いの遅延が増えるなどのデメリットが発生するでしょう。

支払いの遅延が増えると、信用情報に傷がつくかもしれません。

管理が複雑化しすぎないために、クレジットカードを選ぶ際は慎重に選ぶ必要があります。

2枚持ちにメリットがあるからといって、クレジットカードの所持枚数を増やしすぎないようにしましょう。

年会費がかかるカードを持つと負担額が増える

年会費が有料のクレジットカードを保有しすぎると、維持費の負担が増えるデメリットがあります。

クレジットカードの年会費には、無料・初年度無料・有料など様々なパターンが存在します。

年会費有料のクレジットカードを所持する場合、他のカードは年会費無料で負担にならないタイプがおすすめです。

不正利用・紛失のリスクが高くなる

クレジットカードを複数枚所持すると、不正利用や紛失などのリスクが高まります。

2枚以上のカードを持つと、管理が複雑になるためです。

クレジットカードの所持や管理を忘れ、知らない間に身に覚えのない引き落としがされているかもしれません。

2枚以上のクレジットカードを所持する際は、管理できる枚数に留めておきましょう。

厳選したクレジットカード2〜3枚を所持するのがおすすめです。

クレジットカードのポイント管理が大変

貯まるポイントが異なるクレジットカードを所持していると、ポイント管理が難しくなります。

クレジットカードの種類によって、貯まるポイントは異なるためです。

例えば楽天カードは楽天ポイント、dカードはdポイントが貯まります。

貯まるポイントが異なると、利用を忘れて貯まったポイントが失効してしまう可能性もあるでしょう。

クレジットカードを2枚持ちする際は、ポイントを消化しやすい種類を選んでください。

2枚目におすすめのクレジットカード10選

2枚目を発行したい方におすすめのクレジットカードは以下の10枚です。

スクロールできます
2枚目におすすめの
クレジットカード
三井住友カード(NL) JCB CARD W楽天カードエポスカードライフカードリクルートカードイオンカードセレクトPayPayカードAmazon Mastercarddカード
券面三井住友カード(NL)jcbcardw楽天カードエポスカードライフカードリクルートカードイオンカードセレクトPayPay-cardAmazon-MasterCard-1-1dカード一般
年会費無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
ポイント
還元率
0.5%〜7.0%1.0%〜5.5%1.0%〜3.0%0.5%0.3%〜1.5%1.2%〜4.2%0.5%〜1.0%1.0%1.0%〜2.0%1.0%
国際
ブランド
・VISA
・Mastercard
JCB・VISA
・ Mastercard
・JCB
・American Express
VISA・VISA
・ Mastercard
・JCB
・VISA
・ Mastercard
・JCB
・VISA
・ Mastercard
・JCB
・VISA
・ Mastercard
・JCB
Mastercard・VISA
・ Mastercard
発行時間最短5分最短5分1週間〜10日程度最短即日最短1営業日最短10分最短30分約1週間最短5分1週間〜10日程度
申し込み条件満18歳以上の方18〜39歳の方満18歳以上の方満18歳以上の方満18歳以上の方満18歳以上の方満18歳以上の方満18歳以上で本人に
安定した収入のある方
満18歳以上の方満18歳以上の方
付帯保険海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
・海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
・カード盗難保険
海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
海外旅行傷害保険※
(最高2,000万円)
※旅行傷害保険付きを選んだ場合
・海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
・ショッピング保険
(年間200万円)
・ショッピング
セーフティ保険
・クレジットカード盗難保障
・海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
・お買い物安心保険
(年間200万円)
・海外旅行傷害保険※
(最高2,000万円)
・国内旅行傷害保険※
(最高1,000万円)
・dカードケータイ補償
※29歳以下の方限定
詳細はこちら詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

次の項目からは、おすすめクレジットカードの特徴やメリットを詳しく解説します。2枚目に選ぶクレジットカードに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

三井住友カード(NL)はナンバーレスでセキュリティ万全

年会費無料
ポイント還元率0.5%〜7.0%
発行時間最短5分
申し込み条件満18歳以上の方
付帯保険海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
家族カード
ETCカード
三井住友カード(NL) の特徴
  • ナンバーレスでセキュリティ面が安心
  • 使いすぎ防止サービスで無駄遣い、不正利用を検知
  • 特定店舗で最大7%の高還元
  • 年会費永年無料で負担がかからない

三井住友カード(NL) は、セキュリティ面が不安な方におすすめのクレジットカードです。

券面にカード番号が記載されていないナンバーレスなため、不正利用されるリスクを軽減できます。

今なら新規入会&利用で最大5,000円相当のポイントがもらえるキャンペーンも実施中です。

クレジットカードの2枚持ちによる盗難・不正利用のリスクに備えたい方は、ナンバーレスの三井住友カード(NL) を発行しましょう。

JCBカードWは対象店舗で使うと最大21%のポイント還元

年会費無料
ポイント還元率1.0%〜5.5%
発行時間JCB
申し込み条件18〜39歳の方
付帯保険海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
家族カード
ETCカード
JCBカードWの特徴
  • パートナー店でポイント最大21倍
  • 通常のJCBカードの2倍ポイントが貯まる
  • 最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯
  • 女性向けのサービスが豊富なタイプもあり

JCBカードWは、還元率の高さが魅力のクレジットカードです。

セブンイレブンやAmazonなどのパートナー店で決済をすると、ポイント還元が最大21倍になります。

ただし入会できるのは18歳〜39歳の年齢の方のみです。

2023年12月現在では、新規入会&Amazon利用で最大10,000円がキャッシュバックされるキャンペーンも開催しています。

パートナー店をよく利用する方は、JCBカードWを発行してお得にポイントを貯めましょう。

楽天カードは楽天市場の利用で還元率3.0%

年会費無料
ポイント還元率1.0%〜3.0%
発行時間・VISA
・ Mastercard
・JCB
・American Express
申し込み条件満18歳以上の方
付帯保険・海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
・カード盗難保険
家族カード
ETCカード
楽天カードの特徴
  • 楽天市場での決済でポイント還元率3.0%
  • どこでも1.0%で使いやすい
  • 楽天ペイとの併用で1.5%に還元率アップ
  • 楽天カード内で2枚目の発行もOK

楽天カードは、楽天サービスとの組み合わせがお得なクレジットカードです。

大手通販サイト、楽天市場で楽天カード決済をすると、還元率が3.0%になります。

今なら新規入会&初めての利用で5,000ポイントがもらえるキャンペーンも実施中です。

普段から楽天市場や楽天トラベルなどを利用している方は、この機会に楽天カードへ申し込みましょう。

エポスカードは年会費無料で約1万店舗の割引特典を利用できる

年会費無料
ポイント還元率0.5%
発行時間最短即日
申し込み条件満18歳以上の方
付帯保険海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
家族カード
ETCカード
ETCカードのみ
エポスカードの特徴
  • 約1万店舗で優待・割引特典あり
  • 最高3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯
  • マルイ店頭申し込みなら最短即日発行
  • 年会費は永年無料

エポスカードは、約1万店舗もの施設・サービスで優待が用意されているお得なクレジットカードです。

カラオケや居酒屋、アミューズメント施設など様々な場所で、ポイントアップや割引などの優待を受けられます。

入会するだけで2,000円相当のクーポン、またはポイントがもらえるキャンペーンも開催中です。

お出かけ先や飲み会でお得にカード支払いをしたい方は、エポスカードを発行して優待を受けましょう。

ライフカードは利用金額に合わせて翌年の還元率があがる

年会費無料
ポイント還元率0.3%〜1.5%
発行時間最短1営業日
申し込み条件満18歳以上の方
付帯保険海外旅行傷害保険※
(最高2,000万円)
※旅行傷害保険付きを選んだ場合
家族カード
ETCカード
ライフカードの特徴
  • 利用金額に応じて翌年のポイント還元率アップ
  • 入会初年度は還元率1.5倍
  • 誕生月は還元率3倍
  • 入会特典で最大15,000円のキャッシュバック

ライフカードは、利用金額に応じてポイント獲得量がアップするクレジットカードです。

年間の利用金額に応じて、翌年以降のポイント還元率が最大2倍になります。

例えば年間50万円以上の利用をすると、翌年以降のポイント還元率は1.5倍です。

入会後に条件を達成すると最大15,000円のキャッシュバックを受けられるキャンペーンも魅力的です。

年間数十万円以上のカード決済をする方は、還元率が高くなるライフカードを発行しましょう。

\ 最短1営業日で審査が完了する /

> ライフカード公式サイト <

リクルートカードはいつでも1.2%のポイント還元

年会費無料
ポイント還元率1.2%〜4.2%
発行時間最短10分
申し込み条件満18歳以上の方
付帯保険・海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
・ショッピング保険
(年間200万円)
家族カード
ETCカード
リクルートカードの特徴
  • 基本還元率が1.2%の高還元
  • リクルートサービスでさらにポイントアップ
  • 旅行傷害保険・ショッピング保険も付帯
  • 年会費無料で維持費の負担なし

リクルートカードは、どこでも1.2%の還元を受けられる高還元なクレジットカードです。

じゃらんやホットペッパーなどのリクルートサービスでは、最大4.2%の還元を受けられます。

今ならJCB限定で、新規入会&利用により最大8,000円相当のポイントももらえます。

どこでも還元率が高いクレジットカードを発行したい方には、リクルートカードがおすすめです。

イオンカードセレクトはイオングループの利用でポイント2倍

年会費無料
ポイント還元率0.5%〜1.0%
発行時間最短30分
申し込み条件満18歳以上の方
付帯保険・ショッピングセーフティ保険
・クレジットカード盗難保障
家族カード
ETCカード
イオンカードセレクトの特徴
  • イオングループでいつでもポイント2倍
  • 20日・30日のお客様感謝デーは5%OFF
  • イオンシネマで最大700円の割引
  • イオン店舗なら最短即日発行可能

イオンカードセレクトは、イオングループでの買い物がお得になるクレジットカードです。

イオンやマックスバリュなどのイオングループで決済をすると、ポイント還元がいつでも2倍になります。

Web入会&利用に加えてイオンウォレット登録により、最大11,000円相当のポイントがもらえる点も特徴です。

イオングループを利用する方は、イオンカードセレクトを発行してお得な優待を受けましょう。

PayPayカードは唯一PayPayの買い物がチャージ不要でできる

年会費無料
ポイント還元率1.0%
発行時間約1週間
申し込み条件満18歳以上で本人に安定収入のある方
付帯保険
家族カード
ETCカード
PayPayカードの特徴
  • スマホ決済のPayPayに唯一チャージ可能なカード
  • PayPayとの組み合わせで最大1.5%の還元
  • どこでも還元率1.0%で使いやすさ抜群
  • 番号レスカードでセキュリティ面も安心

PayPayカードは、人気のスマートフォン決済、PayPayに唯一チャージできる便利なクレジットカードです。

PayPayと併用して条件を達成すると、最大1.5%の高還元を受けられます。

今なら新規入会&利用で最大5,000円相当のポイントがもらえるお得なキャンペーンも実施中です。

PayPayを普段から利用している方は、手軽にチャージできるPayPayカードを発行してキャッシュレス決済をさらに便利にしましょう。

Amazon MastercardはAmazonの買い物が最大2%還元

年会費無料
ポイント還元率1.0%〜2.0%
発行時間最短5分
申し込み条件満18歳以上の方
付帯保険・海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
・お買い物安心保険
(年間200万円)
家族カード
ETCカード
Amazon Mastercardの特徴
  • Amazonで最大2%の高還元
  • セブンイレブンやローソンでも1.5%の還元
  • 発行時間は最短5分
  • 年会費は無料

Amazon Mastercardは、Amazonでの買い物がお得になるクレジットカードです。

Amazonでカード決済をすると、最大2%の還元を受けられます。

発行時間は最短5分で、利用開始までスピーディな点も魅力です。

Amazonで頻繁に買い物をする方は、Amazon Mastercardを発行して買い物代を節約しましょう。

dカードはd払いの紐付けでポイントを三重取りできる

年会費無料
ポイント還元率1.0%
発行時間1週間〜10日程度
申し込み条件満18歳以上の方
付帯保険・海外旅行傷害保険※
(最高2,000万円)
・国内旅行傷害保険※
(最高1,000万円)
・dカードケータイ補償
※29歳以下の方限定
家族カード
ETCカード
dカードの特徴
  • dカード特約店ならポイントを三重取り可能
  • どこでも1.0%の高還元
  • 29歳以下なら旅行傷害保険が付帯
  • 年会費無料で2枚目におすすめ

dカードは、dカード特約店で1.5%以上の還元を受けられるクレジットカードです。

dポイントが貯まる特約店であれば、dカードチャージ+d払い+dカードポイント付与でポイントの三重取りができます。

Webエントリーをして入会&利用すると、最大4,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンも開催中です。

マツモトキヨシやドトールなどのdカード特約店を利用する方は、dカードを発行してポイントをお得に貯めましょう。

クレジットカード最強の2枚の組み合わせ

おすすめクレジットカードの組み合わせは以下の3つです。

クレジットカード最強の組み合わせ3つ
  • JCBカードW × 楽天カード
  • 三井住友カード(NL) × JCBゴールド
  • リクルートカード × JCBカードW

それぞれの基本情報と、組み合わせがおすすめの理由を詳しく解説します。

【JCBカードW × 楽天カード】

JCBカードW 楽天カード
券面jcbcardw楽天カード
年会費無料無料
ポイント
還元率
1.0%〜5.5%1.0%〜3.0%
国債ブランドJCB・VISA
・ Mastercard
・JCB
・AmericanExpress
発行時間最短5分1週間〜10日程度
申し込み条件18〜39歳の方満18歳以上の方
付帯保険海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
・海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
・カード盗難保険
公式サイト公式サイト公式サイト

JCBカードWと楽天カードは、共に還元率の高さが魅力的なクレジットカードです。次の項目では、上記の組み合わせでおすすめできるポイントを紹介します。

JCBカードW × 楽天カードおすすめポイント

JCBカードWは国際ブランドがJCBしか選べませんが、楽天カードは4種類と豊富な選択肢から国際ブランドを選択できます。

国際ブランドで利用する店舗・サービスを限定したくない方は、JCBカードWに加えて、楽天カードを発行して利用できるサービスを増やしましょう。

2枚とも年会費無料なため、維持費の負担もかかりません。

【三井住友カード(NL) × JCBゴールド】

三井住友カード
(NL)
JCBゴールド
券面JCB-Gold
年会費無料 11,000円(税込)
(初年度無料)
ポイント
還元率
0.5%〜7.0%0.5%〜5.0%
国債ブランド・VISA
・Mastercard
JCB
発行時間最短5分最短5分
申し込み条件満18歳以上の方20歳以上で安定収入のある方
付帯保険海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
・海外旅行傷害保険
(最高1億円)
・国内旅行傷害保険
(最高5,000万円)
・ショッピング保険
(最高500万円)
公式サイト公式サイト公式サイト

三井住友カード(NL) は年会費無料、JCBゴールドは年会費有料ですが付帯保険が豊富です。2枚の相性が良い理由を次の項目で解説します。

三井住友カード(NL) × JCBゴールドおすすめポイント

JCBゴールドを所持すれば、三井住友カード(NL) の付帯保険の手薄さを補えます。

最大1億円が補償される旅行傷害保険や、ショッピング保険などが付帯している点が、JCBゴールドの魅力です。

三井住友カード(NL) は年会費無料なため、2枚持ちによる年会費の負担も抑えられます。

付帯保険を手厚くしつつ2枚持ちによる年会費の負担を抑えたい方は、三井住友カード(NL) × JCBゴールドの2枚持ちを検討しましょう。

【リクルートカード × JCBカードW】

リクルートカードJCBカードW
券面リクルートカードjcbcardw
年会費無料無料
ポイント
還元率
1.2%〜4.2%1.0%〜5.5%
国債ブランド・VISA
・ Mastercard
・JCB
JCB
発行時間最短10分最短5分
申し込み条件満18歳以上の方18〜39歳の方
付帯保険・海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
・ショッピング保険
(年間200万円)
海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
公式サイト公式サイト公式サイト

リクルートカードとJCBカードWは、どちらも独自の優待を持ちます。組み合わせがおすすめの理由を紹介するため、ぜひ参考にしてください。

リクルートカード × JCBカードWおすすめポイント

リクルートカードはじゃらんやホットペッパー、JCBカードWはスターバックスやセブンイレブンなど、優待店が異なる点から賢く使い分けできます。

2枚とも年会費無料なため、所持にお金がかからない点も魅力です。

年会費をかけずに幅広い店舗・サービスでお得な優待を受けたい方は、リクルートカード × JCBカードWを検討しましょう。

クレジットカードの2枚目を賢く選ぶ3つの方法

2枚目のクレジットカードを選ぶコツは次の3つです。

2枚目のクレジットカードを賢く選ぶ方法3選
  • 年会費が無料・安いカードを選ぶ
  • 利用シーンを考えて選ぶ
  • 今持っているカードと違う強みで選ぶ

年会費が無料・安いカードを選ぶ

年会費有料のクレジットカードを所有している方、カードの所持にお金をかけたくない方は、年会費が無料、または安めの種類を選びましょう。

年会費が有料のクレジットカードを発行すると、所持しているだけで毎年お金がかかります。

年会費有料のクレジットカードは1枚に抑えて、毎年の固定費を削減してください。

利用シーンを考えて選ぶ

自身が利用する店舗・サービスでお得な特典を受けられるクレジットカードを選ぶのもおすすめです。

例を挙げると、コンビニをよく利用するなら三井住友カード(NL) 、楽天サービスを利用している場合は楽天カードなどが向いています。

サブカードとして利用する場合は、時々利用している、利用する予定のある店舗でお得なクレジットカードを発行しましょう。

今持っているカードと違う強みで選ぶ

クレジットカード2枚持ちのメリットを最大限に活かしたい方は、現在所持しているクレジットカードと違う強みを持つ種類を選びましょう。

例えば還元率の高いものの、付帯保険が少ないクレジットカードを所持しているなら、2枚目には付帯保険が豊富に用意されている種類がおすすめです。

現在所有しているクレジットカードの弱点を補える、または別の強みがあるタイプを発行して、それぞれのメリットを存分に受けましょう。

クレジットカードを2枚以上持ったときに気になる仕組み

クレジットカードを2枚持ちする際に気になる点をいくつか紹介します。

クレジットカードを2枚持ちする際に気になる仕組み
  • 2枚目以降のクレジットカードも同じ引き落とし口座にできるか
  • クレジットカードは同じ会社で2枚発行できるか

複数枚のクレジットカードを所持する上で、気になる点がある方はチェックしてみてください。

2枚目以降のクレジットカードも同じ引き落とし口座にできる

クレジットカードの支払いは、2枚目以降でも基本的に同じ口座で引き落とせます。

ただしカードの種類によっては引き落とし口座が限定されている場合もあるため注意してください。

例えばOliveフレキシブルペイは三井住友銀行にしか対応していません。

クレジットカードの引き落とし口座は、基本的には同じ口座でも大丈夫だと把握しておきましょう。

クレジットカードは同じ会社で2枚目の発行が可能

カード会社によっては、同じ会社で2枚目のクレジットカードを発行できます。

とはいえ同じカードは2枚持てない場合が多いため、事前に2枚目を発行できるかは調べておきましょう。

次の項目では、同じカード会社で2枚目を発行したい方におすすめの楽天カードについて詳しく解説します。

楽天のクレジットカードは異なる国際ブランドを2枚持てる

楽天のクレジットカードは同じカードを2枚所持できるため、異なる国際ブランドとしても発行できます。

ただし楽天銀行カードや楽天カードアカデミーなどの一部カードの場合、2枚目の発行はできません。

楽天カードは、4種類の中から国際ブランドを選べるクレジットカードです。

楽天カードの2枚持ちをしたい方は、国際ブランドを分けて楽天カードの2枚目を発行してください。

クレジットカード2枚持ちでよくある質問

クレジットカードは何枚まで持てる?

クレジットカードは何枚でも所持できます。

ただし複数枚持ちすぎると管理が複雑になるデメリットもあるため、2〜3枚に厳選して所有するのがおすすめです。

2枚目のクレジットカードの選び方は?

1枚目にはない強みを持つクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

還元率や優待サービス、付帯保険など、現在所持している種類の欠点を補えるクレジットカードを選んでください。

クレジットカードを2枚持つ場合、どう使い分ければいい?

国際ブランドで分ける、優待のある店舗で使い分けるのがおすすめです。

事業を営んでいる方や支払い管理を明確にしたい方は、支払い目的別で分けるのも良いでしょう。

クレジットカードを2枚持つメリット・デメリットは?

2枚持ちのメリットは、利用できる店舗が増える、クレジットカードごとのメリットを受けられるなどです。

デメリットは、複数枚持つほど管理が複雑になる、年会費がかかるなどが挙げられます。

2枚目のカードは1枚目と同じ引き落とし口座にできる?

2枚目のカードも1枚目のカードと同じ引き落とし口座にできます。

ただし個人用・事業用など目的別に支払いを管理したい方は、引き落とし口座を別々にするのもおすすめです。

同じ会社で2枚目のクレジットカードは作れる?

カード会社によっては、同じ会社で2枚目のクレジットカードを作成できます。

同じカード会社で国際ブランドを分けて2枚持ちしたい方は、楽天カードの2枚目を検討しましょう。

まとめ

クレジットカードの2枚目を発行すると、カードごとに用意されている独自の優待やサービスを受けられます。

ただし複数枚持ちすると管理が複雑になるため、クレジットカードの2枚目発行は慎重に行いましょう。

2枚持ちで特におすすめのクレジットカードは、年会費無料で還元率アップの特典がある三井住友カード(NL) やJCBカードWなどです。

本記事で紹介したおすすめのクレジットカードや最強の組み合わせを参考にして、あなたにピッタリの2枚目のクレジットカードを発行してください。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部 株式会社ふるさと本舗クレジットカード制作チーム

1級FP技能士、2級FP技能士、クレカマニア、クレジットカード特化ライターから成る専門性の高い制作チームです。「クレジットカードの審査」や「おすすめのクレカ」に関する情報を提供し、読者の不安解消と新たな選択肢の提案を目的として執筆活動を行っております。

目次