PR

【ゴールドカード利用者の実態調査】所有者の年齢や年収を解明!

ゴールドカード おすすめ アイキャッチ画像

ふるさと納税を通じて自治体への寄付ができる特産品ポータルサイトを運営する株式会社ふるさと本舗(本社:東京都渋谷区)は、「ゴールドカード利用者の実態調査」を実施しました。

ゴールドカード所有者の利用状況が気になっている方は、参考にしてみてください。

アンケート調査概要
調査名ゴールドカード利用者の実態調査
調査方法Crowd Worksでアンケートを実施
調査対象ゴールドカード利用者
調査対象数100名(男性56名・女性44名)
調査期間2024年2月
回答年齢20歳~29歳:10名
30歳~39歳:47名
40歳~49歳:27名
50歳~59歳:14名
60歳以上:2名
調査詳細ゴールドカード利用者の実態調査
調査元株式会社ふるさと本舗
目次

調査結果サマリー

【ゴールドカードを選んだ理由】

1位.ポイント・マイルが貯まりやすい:34%
2位.優待特典・サービスが充実している:26%
3位.カード会社から招待・勧誘を受けた:18%

ポイントの貯まりやすさや優待特典・サービスに魅力を感じてゴールドカードの保有を決めている人が多いことが調査結果からわかりました。

【ゴールドカード利用者の年齢】

1位.30歳~39歳:47%
2位.40歳~49歳:27%
3位.50歳~59歳:14%

多い年齢は「30歳~49歳」という結果に。

【ゴールドカード保有者の年収】

1位.200万円~499万円:34%
2位.0円~199万円:30%
3位.500万円~799万円:22%

平均月収「16万円~40万円」の人がゴールドカードを持っている割合が多い

ゴールドカードを保有しようと思った理由で最も多かったのは、「ポイント・マイルが貯まりやすい」

選んだ理由回答割合
ポイント・マイルが貯まりやすい34%
優待特典・サービスが充実している26%
カード会社から招待・勧誘を受けた18%
ステータス性8%
家族が家族カードとして発行した7%
周囲の人に勧められた4%
その他3%

ゴールドカードを保有しようと思った理由で最も多かったのは、34%が回答した「ポイント・マイルが貯まりやすい」です。

続いて多かったのは、26%が回答した「優待特典・サービスが充実している」でした。

ポイントの貯まりやすさや優待特典・サービスに魅力を感じてゴールドカードの保有を決めている人が多いことが調査結果からわかりました。

ゴールドカード利用者で多い年齢は「30歳~49歳」という結果に。

年齢回答割合
20歳~29歳10%
30歳~39歳47%
40歳~49歳27%
50歳~59歳14%
60歳以上2%

ゴールドカード利用者で多い年齢は「30歳~49歳」という結果になりました。

最も多い回答数は「30歳~39歳」の47%で、約5割の結果です。

続いて多かったのは「40歳~49歳」で、約3割になります。

ゴールドカード保有者の年収で最も多かったのは「200万円~499万円」

年収回答割合
0円~199万円30%
200万円~499万円34%
500万円~799万円22%
800万円~999万円12%
1000万円~1499万円2%

ゴールドカード保有者の年収で最も多かったのは、「200万円~499万円」でした。

平均月収「16万円~40万円」の人がゴールドカードを持っている割合が多いです。

また200万円未満の人も多く、500万円以上の人は少ない結果となりました。

調査結果の引用について

※調査結果データの引用、転載に際しては必ず【ふるさと本舗Labのゴールドカード利用者の実態調査】と記載と当メディアリンクをお願いします。

【出典の記載例】

  • 出典:ふるさと本舗Lab ゴールドカード利用者の実態調査
  • 出典:株式会社ふるさと本舗「ふるさと本舗Lab」調べ

調査結果はそのままの形で正確に引用し、内容の改変や歪曲はおやめください。

目次