今後1000倍に高騰する仮想通貨をこっそり紹介!選び方のコツとNG銘柄を解説

今後1000倍に高騰する仮想通貨をこっそり紹介!選び方のコツとNG銘柄を解説のアイキャッチ
  • 今後、1000倍になる仮想通貨はある?
  • 価格上昇する銘柄の特徴は?

仮想通貨のなかには過去に1000倍以上の高騰を見せた仮想通貨がいくつかあり、大きな利益を稼いだ投資家も多く存在します。

そこで、この記事では今後1000倍以上の高騰する銘柄、NG銘柄の特徴や選び方のコツを徹底解説していきます!

この記事でわかること

仮想通貨取引なら、国内のアプリダウンロード数No.1のCoincheckがおすすめです。

Coincheckは、国内のアプリダウンロード数が600万を突破している国内No.1の仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引を500円と少額から始められるため、手元の資金が少ない方でも始めやすい魅力があります。

Coincheckでは現在、家族友だち紹介キャンペーンを実施中で、紹介された人は1,500円相当、紹介した人は1,000円相当のビットコインがプレゼントされるのでお得ですよ。

\仮想通貨取引所選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめな人取引所手数料販売所手数料入金手数料出金手数料アプリレバレッジ最大倍率送金手数料(BTC)
厳選比較表_コインチェック_アイコンコインチェック公式サイト当サイト人気No.1
アプリの使いやすさが抜群!
未経験から上級者の誰でもおすすめ
無料無料無料407円非常に
使いやすい
-変動手数料制
厳選比較表_GMOコイン_アイコンGMOコイン公式サイト取引所の口コミ評価が高い!
安心してトレードしたい人におすすめ
Maker:-0.01%
Taker:0.01%
無料無料無料使いやすい無料
厳選比較表_DMMビットコイン_アイコンDMM Bitcoin-アルトコイン数最多!
レバレッジ取引におすすめ
-無料無料無料使いやすい無料
※一部例外あり
目次

過去に1000倍以上の高騰を見せた仮想通貨銘柄

過去に1000倍以上の高騰を見せた仮想通貨銘柄

まず、過去に1000倍以上の高騰を見せた仮想通貨銘柄を6つご紹介していきます。

背景にどのような出来事があったか、その仮想通貨の特徴などチェックしていきましょう。

ビットコイン(BTC)

名称(ティッカー)ビットコイン(BTC)
発行上限2,100万枚
価格10,602,607.22円
(2024年7月23日現在)
時価総額209兆254億円
時価総額ランキング1位
公式サイトビットコインの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン

ビットコインは2009年に「サトシ・ナカモト」が論文を発表したことから始まった世界初の仮想通貨です。

仮想通貨の中で最も時価総額が高く、知名度も高いことが特徴です。

ビットコインは取引当初は1BTC が1円以下であったのが、2021年11月には過去最高値の777万円まで大きく価値が上昇しました。

この背景には各国で暗号資産に対する法整備が整い、個人投資家だけでなく機関投資家も参入したことなどが挙げられます。

さらに、WordPressやマイクロソフトなどで決済手段として利用されたことや中米エルサルバドルように法定通貨として採用されたこともビットコインの価値の上昇に繋がっています。(参考:Coincheck

イーサリアム(ETH)

名称(ティッカー)イーサリアム(ETH)
発行上限なし
価格539,570.33円
(2024年7月23日現在)
時価総額64兆8,716億円
時価総額ランキング2位
公式サイトイーサリアムの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン

イーサリアムは2015年7月に一般公開された、ビットコインに次ぐ時価総額を誇る仮想通貨です。

ブロックチェーン上でアプリケーションを開発できる仮想通貨であり、NFTマーケットプレイスで利用できる通貨として人気があります。

2015年10月時点での取引価格は約53円から価値が上昇し、2021年11月には最高値の約54万円に到達しました。

この背景にはイーサリアムを用いた「DeFi(Decentralized Finance)」と呼ばれる分散型金融システムのサービスが注目を集めたことなどが挙げられます。

リップル(XRP)

名称(ティッカー)リップル(XRP)
発行上限1,000億枚
価格95.36円
(2024年7月23日現在)
時価総額5兆3,316億円
時価総額ランキング7位
公式サイトリップルの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン

リップル(XRP)は2004年にアメリカの「Ripple Inc.」という企業によって開発された仮想通貨です。

XRPは各国の法定通貨同士を仲介する「ブリッジ通貨」であり、海外へ円滑に素早く送金できることが特徴です。

2013年の誕生以後は1円以下を推移していましたが、2017年には銀行間の国際送金のサービスが拡大し約370円まで高騰しました。

現在は世界45ヵ国300以上の金融機関が参加しており、次世代型の国際送金ソリューションとして注目されています。

ドージコイン(DOGE)

名称(ティッカー)ドージコイン(DOGE)
発行上限なし
価格21.64円
(2024年7月23日現在)
時価総額3兆1,422億円
時価総額ランキング8位
公式サイトドージコインの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所GMOコイン
bitbank

ドージコイン(DOGE)は2013年にビットコインを模して作られた仮想通貨で、ビットコインより決済スピードが早く、発行上限が無いことが特徴です。

柴犬の画像のミームである「Doge」をモチーフにしており、世界各国で決済手段として導入する企業が増えています。

DOGEは公開当初の2015年5月の価格は約0.01円であったのが、2021年はイーロン・マスク氏がTwitterでドージコインに関するツイートを投稿したことをきっかけに79.44円まで価格が高騰しました。

柴犬コイン(SHIB)

名称(ティッカー)柴犬コイン(SHIB)、Shiba Inu Token、シバイヌ
発行上限1,000兆枚
価格0.002756円
(2024年7月23日現在)
時価総額1兆6,237億円
時価総額ランキング13位
公式サイト柴犬コインの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン

柴犬コイン(SHIB)は「Ryoshi」というペンネームの開発者が、2020年8月に発行した仮想通貨です。

Dogeコインのミーム通貨でDEX(分散型取引所)やNFTマーケットプレイスを展開しています。

発行当初はほとんど無価値の状態だったのだが、2021年5月にイーロン・マスク氏のツイートをきっかけに注目され、0.009円まで約36万倍もの価格上昇を記録しました。

バイナンスコイン(BNB)

名称(ティッカー)バイナンスコイン(BNB)
発行上限なし
価格92,202.24円
(2024年7月23日現在)
時価総額13兆4,558億円
時価総額ランキング4位
公式サイトバイナンスコイン(BNB)の公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Binance Japan
Bybit
MEXC

バイナンスコイン(BNB)は、仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)が発行している時価総額ランキング4位の仮想通貨です。

BINANCEで利用することで手数料が割引になったり、他の仮想通貨と両替ができたりと様々なメリットがあります。

バイナンスコインが公開された2017年7月の価格は約12円であったのが、DeFi(分散型金融)が注目を集めたことをきっかけに価格が高騰し、2021年に約7万円超えの過去最高値を記録しました。

将来的に1000倍以上の高騰が見込める仮想通貨銘柄7選

将来的に1000倍以上の高騰が見込める仮想通貨銘柄7選

続いて、将来的に1000倍以上の高騰が見込める仮想通貨銘柄を7選ご紹介していきます。

ポルカドット(DOT)

名称(ティッカー)ポルカドット(DOT)
発行上限1,070,000,000
価格957.00円
(2024年7月23日現在)
時価総額1兆3,761億円
時価総額ランキング14位
公式サイトポルガドットの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン

ポルカドット(DOT)は2020年8月にスイスのブロックチェーン財団である「Web3 Foundation」によって開発された比較的新しい仮想通貨です。

ビットコインやイーサリアムなど他の仮想通貨と連携する技術「ブリッジ機能」が最大の特徴であり、セキュリティの向上、取引速度の向上などのメリットがあります。

そのため、今後世界的に需要が拡大し価格が1,000倍まで高騰する可能性を秘めている仮想通貨と言えます。

サンドボックス(SAND)

名称(ティッカー)サンドボックス(SAND)
発行上限30億
価格52.06円
(2024年7月23日現在)
時価総額1,189億円
時価総額ランキング89位
公式サイトサンドボックスの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
bitbank
Binance Japan

サンドボックス(SAND)は、メタバースゲームの「The Sandbox」の仮想通貨として人気が高まっています。

「The Sandbox」はマインクラフトのようにメタバース空間上の土地「LAND」でキャラクターやアイテムの作成を楽しめるゲームです。

ドラゴンクエストで知られる「スクエア・エニックス」や携帯会社の「ソフトバンク」など大手企業が出資中であり、今後ユーザー数の増加により価格の高騰を期待できます。

ベーシックアテンショントークン(BAT)

名称(ティッカー)ベーシックアテンショントークン(BAT)
発行上限15億
価格30.49円
(2024年7月23日現在)
時価総額455億円
時価総額ランキング181位
公式サイトベーシックアテンショントークンの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin

bitFlyer

ベーシックアテンショントークン(BAT)は、Webブラウザ「Brave」の独自トークンで配信サイトの投げ銭などに利用されています。

Braveはプライバシー保護を重視した次世代のWebブラウザであり、サイト読み込みの高速化も実現しています。

今後ソーシャルネットワークの拡大に伴い、さらにベーシックアテンショントークンの注目が高まり1,000倍以上の価格の値上がりを期待されています。

アイオーエスティー(IOST)

名称(ティッカー)アイオーエスティー(IOST)
発行上限900億枚
価格0.9533円
(2024年7月23日現在)
時価総額203億円
時価総額ランキング314位
公式サイトIOSTの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin

IOST(アイオーエスティー)はさまざまなブロックチェーン技術を用いたサービスのプラットフォームを目指しているブロックチェーンネットワークです。

独自の非中央集権型コンセンサスアルゴリズムを採用しており、セキュリティが高く処理速度が速いことが特徴です。

ビットコインが1秒で6件の処理に対して、1秒間に8,000件もの処理能力を持っており、今後1000倍に跳ね上がる可能性がある仮想通貨として、注目を集めています。

ステラルーメン(XML)

名称(ティッカー)ステラルーメン(XLM)
発行上限1,000億
価格16.25円
(2024年7月23日)
時価総額4,763億円
時価総額ランキング29位
公式サイトStellar公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin

ステラルーメン(XLM)はステラ財団が発行・管理しており、新興国を中心に送金や決済手段として使われている仮想通貨です。

開発目的としては「世界中の誰もが金融システムを利用できること」で積極的に開発に取り組んでいます。

決済速度が速く利便性が高いため今後さらに需要が高まる可能性があり、1,000倍以上の高騰を期待できる仮想通貨の1つと言えます。

コスモス(ATOM)

名称(ティッカー)コスモス(ATOM)
発行上限約2.6億枚
価格983.57円
(2024年7月23日現在)
時価総額3,845億円
時価総額ランキング41位
公式サイトコスモスの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所GMOコイン
Binance Japan
KuCoin

コスモス(ATOM)は、アメリカの「Tendermint社」によって開発された仮想通貨です。

互換性のないブロックチェーン同士の連携などの技術や利便性の高さが注目されています。

また、「Cosmos SDK」という開発ツールを使って誰でもゼロからブロックチェーンを開発できることも人気の理由の1つです。

そのため、今後さらに需要が高まり1,000倍以上の高騰が期待できるでしょう。

エンジンコイン(ENJ)

名称(ティッカー)エンジンコイン(ENJ)
発行上限100万枚
価格30.45円
(2024年7月23日現在)
時価総額503億円
時価総額ランキング165位
公式サイトエンジンコインの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン

エンジンコイン(ENJ)はNFTプラットフォーム「Enjin Platform」で発行・運用されている仮想通貨で、ユーザー数2,000万人を誇ります。

Enjin PlatformではNFTの制作から販売まで専門知識がなくても簡単に行えることが特徴です。

NFT分野は大手企業も参入してきており、今後市場のさらなる拡大・発展が期待されています。

そのため、エンジンコインは1,000倍以上に価格が上昇する可能性が高く注目の仮想通貨の1つと言えるでしょう。

1000倍以上に高騰する可能性がある仮想通貨を選ぶ3つのポイント

ここでは、1000倍以上に高騰する可能性がある仮想通貨を選ぶ3つのポイントを押さえていきましょう。

開発された目的や用途が明確である

まずポイントとして、仮想通貨の開発された目的や用途が明確であることが挙げられます。

仮想通貨は決済手段や送金手段、ゲーム内通貨など様々な目的で発行されるため、そこに将来性があれば購入者が増え、価格の上昇を期待できます。

一方で仮想通貨のメリットや強みが分からないと共感して購入しようと思う投資家は増えません。

そのため、インターネットで「仮想通貨名 目的」などで検索してすぐに開発目的がわかるものを選択することをおすすめします。

開発進捗がウェブサイトで共有されている

次に、仮想通貨の開発進捗など以下の情報がウェブサイトで共有されていることもポイントとして挙げられます。

・開発進歩(ロードマップ)
・開発者や開発チームの情報
・今後の方向性
・最新ニュース

公式サイトにしっかり情報が公開されていると信頼性が高く、ユーザーの共感が得られやすいため今後伸びやすい仮想通貨と言えます。

また、開発進歩(ロードマップ)が順調であればバーションアップなどのタイミングで価格上昇を期待できると言えるでしょう。

多くの企業と提携や出資をしている

また、多くの企業と提携や出資をしていることもポイントとして挙げられます。

過去に大きく価値が上昇したビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は下記のような多くの大手企業から出資を受けています。

ビットコイン:スターバックス、ペイパル、コカ・コーラなど
イーサリアム:米大手企業のMicrosoftや、トヨタ自動車など

企業と提携すれば開発が進みやすく、資金提供によりプロジェクトを管理しやすくなります。

また、出資している企業の数が多いほど将来性が期待されているということであり、価格の上昇を期待できるでしょう。

大手の企業が出資をしていれば仮想通貨の上場に影響するためチェックしておきましょう。

マイナーな仮想通貨(草コイン)を取引する際の注意点

続いて、マイナーな仮想通貨(草コイン)を取引する際の注意点について3つご紹介します。

しっかり押さえてご自身の取引の参考にしてくださいね。

価格が大きく下落する可能性がある

マイナーな仮想通貨(草コイン)を取引する際には、価格が大きく下落する可能性があるため注意が必要です。

草コインは値動きが激しいため、1日で数十〜数百%の変動をするものもあります。

大きな利益を期待できる一方で、予想と反対の動きをした際には大損失を招く可能性もあることを理解した上で投資を始めることが大切です。

ハイリスクハイリターンであることを理解し、余剰資金で少額から投資をするようにしましょう。

詐欺目的の仮想通貨も存在する

また、 草コインには詐欺目的の仮想通貨も存在するため注意が必要です。

買ったのに売れない仮想通貨やウォレットに反映されない仮想通貨など詐欺目的で販売されているものも紛れているため、しっかりと見極めることが大切です。

下記は詐欺目的の仮想通貨の例なので購入を避けるようにしてくださいね。

・暗号資産の取引所から購入できない
・最低購入金額が高めの設定
・価格保証や買取保証が付いている
・セミナーや代理店で勧誘される

公式サイトや公式Twitter、ホワイトペーパーなどをチェックして信用度の高い仮想通貨であるか判断するようにしましょう。

取り扱いが少ない仮想通貨が多い

また、草コインには国内仮想通貨取引所で取り扱いが少ない仮想通貨が多いため注意が必要です。

メジャーな仮想通貨は多くの国内仮想通貨取引所で取り扱われていますが、草コインは取引をしたくても取り扱われていない場合が多いです。

海外取引所では草コインを取り扱っていところも多いですが、日本の金融庁からの許可がなく、過去に詐欺やハッキングの被害もあるため注意が必要です。

初心者は安全性の高い国内仮想通貨取引所で取引を始めることをおすすめします。

初心者にはメジャーな仮想通貨がおすすめな理由

続いて、初心者にはメジャーな仮想通貨がおすすめな理由を3つご紹介します。

時価総額が多く取引が活発であるため

初心者にメジャーな仮想通貨がおすすめな理由の1つ目は、時価総額が多く取引が活発であることが挙げられます。

時価総額は「発行枚数×価格」で求められ、「仮想通貨の規模」を表す数値のことを言います。

時価総額が小さいと、「信用度が低い」「取引が成立しない」「値動きが激しすぎる」などのリスクがあるため初心者は避けるようにしましょう。

最低でも100億円から300億円の時価総額がある仮想通貨を選ぶことをおすすめします。

仮想通貨に関する情報が多く信用度が高いため

初心者にはメジャーな仮想通貨がおすすめな理由の2つ目は、仮想通貨に関する情報が多く信用度が高いことが挙げられます。

前述したようにしっかりと情報が公開されている仮想通貨は取引をするユーザーが多く、将来的な値上がりも期待できるためです。

犯罪に使われるリスクが低く安心なため

初心者にはメジャーな仮想通貨がおすすめな理由の3つ目は、犯罪に使われるリスクが低く安心であることが挙げられます。

メジャーな仮想通貨には詐欺コインが紛れ込んでいる可能性が低いため、利益が出ても受け取れないなどということが起こりにくいです。

また、金融庁による一定の審査をクリアした「ホワイトリスト」に登録済みの仮想通貨のなかから選ぶとより信頼が高いためおすすめです。

ホワイトリストには現在70種類の仮想通貨が登録されているためチェックしてみてくださいね。

初心者が仮想通貨取引でリスクを抑えて利益を出す方法

ここでは、初心者が仮想通貨取引でリスクを抑えて利益を出す方法を押さえていきましょう!

初心者が仮想通貨取引でリスクを抑えて利益を出す方法

現物取引の長期保有

現物取引の長期保有

初心者が仮想通貨取引でリスクを抑えて利益を出す方法の1つ目として、現物取引の長期保有が挙げられます。

現物取引の長期保有とは、仮想通貨を購入後に数年間〜数十年保有し大きく値上がりしたところで利益を確定する方法です。

短期的な変動に一喜一憂せず、時間を味方につける方法であるため初心者や仕事で忙しい方にも向いています。

ちなみに、初心者には「レバレッジ取引」はおすすめできません。

レバレッジ取引とは手元にある自己資金(証拠金)の何倍もの金額の売買ができる取引方法です。

少額でも効率的に資産を増やせるメリットがある一方で、投資経験の浅い初心者が利用すると大きな損失を招く可能性も高いため取引に慣れるまでは避けましょう。

積立サービス

積立サービス

初心者が仮想通貨取引でリスクを抑えて利益を出す方法の2つ目として、積立サービスが挙げられます。

積み立てサービスでは、毎月一定の金額を購入する「ドルコスト平均法」によりリスクを減らして仮想通貨取引が可能です。

ドルコスト平均法とは、仮想通貨の価格が高いときは少なく、価格が安いときは多く買う方法でリスクを分散できることがメリットです。

毎月自動的に口座から資金が引き落とされ、売買のタイミングを判断しなくてもよいため初心者に向いている方法と言えます。

銘柄分散

銘柄分散

初心者が仮想通貨取引でリスクを抑えて利益を出す方法の3つ目として、銘柄分散が挙げられます。

仮想通貨は値動きが激しいため、1つの仮想通貨だけに投資すると大きな損失を受けてしまう可能性があります。

そのため、複数の銘柄に投資をすることでリスクを分散でき、1つの仮想通貨で損失が出ても他の仮想通貨でカバーが可能です。

また、値動きが共通している通貨を複数保有してしまうと、全ての通貨の価値が同時に下落して大きな損失を出す可能性もあります。

同じタイミングで変動していない仮想通貨を選ぶようにしましょう!

少額投資

少額投資

初心者が仮想通貨取引でリスクを抑えて利益を出す方法の4つ目として、少額投資が挙げられます。

大金で仮想通貨に投資をしてしまうと、価格が予想と異なる方向に動いた時に大きな損失を受けてしまうリスクがあります。

仮想通貨は最小500円から取引が可能なので、リスク回避のために初心者は少額から始めるようにしましょう。

また、自分の生活費と分けた余剰資金で投資をすることをおすすめします。

1000倍以上の高騰が期待できる仮想通貨の購入におすすめな国内取引所3選

ここでは、1000倍以上の高騰が期待できる仮想通貨の購入におすすめな国内取引所を3つご紹介します。

仮想通貨の購入におすすめな国内取引所3選

まず、こちらがおすすめの仮想通貨取引所3つの比較表です。

取引所名CoincheckDMMbitcoinGMOコイン
取引所手数料無料取り扱いなしMaker:-0.01%、Taker:0.05%
販売所手数料無料(スプレッドあり) 無料(スプレッドあり)無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引なしあり(35銘柄)あり(11銘柄)
取扱通貨数取扱い:30銘柄
販売所形式:26銘柄
取引所形式:9銘柄
取扱い:38銘柄
販売所形式:29銘柄
取引所形式:取り扱いなし
取扱い:26銘柄
販売所形式:21銘柄
取引所形式:23銘柄
入金手数料コンビニ入金:770〜1,018円
クイック入金:770円〜
銀行振込:無料
無料無料
出金手数料550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
無料無料
評判・口コミ詳しく見る詳しく見る詳しく見る
詳細公式サイトを見る公式サイトを見る公式イトを見る
2024年7月現在

仮想通貨を少額の500円から取引可能】Coincheck(コインチェック)

現物取引(銘柄数)取扱い:30銘柄
販売所形式:26銘柄
取引所形式:9銘柄
レバレッジ取引なし
最小発注数量販売所形式:500円以上 
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料販売所形式:無料(スプレッドあり) 
取引所形式:無料
入金手数料コンビニ入金:770〜1,018円
クイック入金:770〜入金金額×0.11%+495円
銀行振込:無料(銀行手数料はお客様負担)
出金手数料550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
取引ツールパソコンブラウザ/スマホアプリ
その他のサービスCoincheckつみたて 
貸暗号資産サービス
IEO(Initial Exchange Offering)
CoincheckNFT(β版) 
Coincheckでんき・ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
2024年7月現在
Coincheckのおすすめポイント
  • 国内アプリダウンロード数No.1の仮想通貨取引所
  • 28種類の豊富な仮想通貨の取引を少額の500円から始められる
  • 家族友だち紹介キャンペーンを実施中

Coincheckは、アプリダウンロード数が600万を突破している国内No.1の仮想通貨取引所です。

23種類の豊富な仮想通貨に少額の500円から取引を始められるため手元の資金が少ない方でも始めやすい魅力があります。

また、「Coincheckつみたて」では仮想通貨を自動で積み立ててくれるため、仕事が忙しい方や初心者でも利用しやすいですよ。

また、話題のNFTアートを簡単に売買できるマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」など様々なサービスを展開しているためCoincheckの口座を1つ持っておくと便利でしょう。

Coincheckはシンプルな操作性のスマホアプリも提供しているため外出先でも空き時間に気軽に取引ができます。

Coincheckでは現在、家族友だち紹介キャンペーンを実施中で、紹介された人は1,500円相当、紹介した人は1,000円相当のビットコインがプレゼントされるのでお得ですよ。

仮想通貨のレバレッジ取引が可能】DMMBitcoin

現物取引(銘柄数)取扱い:38銘柄
販売所形式:29銘柄
取引所形式:取り扱いなし
レバレッジ取引(銘柄数)○(35種類)
最小発注数量販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
 取引手数料販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
入金手数料無料
出金手数料無料
取引ツールパソコンブラウザ/スマホアプリ
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMMbitcoinの公式サイト
2024年7月現在
DMMビットコインのおすすめポイント
  • 将来値上がりを期待できる仮想通貨を含む38種類を取り扱い
  • 取引手数料や日本円の入金・出金手数料が無料
  • 新規口座開設を完了すると1,000円が即時プレゼントキャンペーン中
    (現在当該キャンペーンは中止となっています)

DMMbitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所で国内最多の39種類の仮想通貨を取り扱っています。

すべての銘柄にレバレッジ取引が可能であるため、手元の資金が少なくても効率的に資産を増やすことを期待できます。

また、BitMatch注文と言い、DMMビットコインが提示するミッド(仲値)価格で取引が成立する注文方法をスプレッドなしで利用可能です。

DMMbitcoinでは取引手数料や日本円の入金・出金手数料も無料であるためコストを抑えられますよ。

さらにワンタッチで注文が可能なスマホアプリも提供しているため初心者でも簡単です。

DMMbitcoinでは、新規口座開設を完了すると1,000円が即時プレゼントされるお得なキャンペーンを実施中なので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。(現在当該キャンペーンは中止となっています)

仮想通貨の自動積み立てが可能】GMOコイン

現物取引(銘柄数)取扱い:26銘柄
販売所形式:21銘柄
取引所形式:23銘柄
レバレッジ取引(銘柄数)○(11種類)
最小発注数量現物取引(販売所形式):0.00005 BTC 
現物取引(取引所形式):0.0001BTC
 取引手数料現物取引(販売所形式):無料(スプレッドあり)
現物取引(取引所形式):Maker -0.01%、Taker 0.05%
入金手数料無料
出金手数料無料
取引ツールパソコンブラウザ/スマホアプリ
その他のサービスつみたて暗号資産 
貸暗号資産 
IEO
暗号資産FX
ステーキング
公式サイト GMOコイン公式サイト
2024年7月現在
GMOコインのおすすめポイント
  • 豊富な26種類の豊富な仮想通貨の取り扱い
  • 「つみたて暗号資産」では最低1,000円から自動積み立てが可能
  • GMOインターネットグループが運営しているため安心

GMOコインは、GMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所で多くのユーザーに利用されています。

ビットコインやイーサリアムを含め豊富な26種類の仮想通貨を取り扱っているため、ご自身が取引したい仮想通貨が見つかりやすいでしょう。

また、「つみたて暗号資産」では最低1,000円から自動積み立てが可能なため、取引に時間を割けない方や初心者でも気軽に仮想通貨を始められますよ。

さらに、本格的な分析が可能なスマホアプリで、外出先でもスキマ時間を利用して取引が可能です。

GMOコインでは、「販売所」において仮想通貨を合計500円以上購入、または「つみたて暗号資産」において仮想通貨を1回以上購入されたお客さまの中から毎日抽選で10名様に現金1,000円をプレゼント実施中です。

過去に1000倍以上の高騰を見せた仮想通貨銘柄まとめ

今回の記事では、過去に1000倍以上の高騰を見せた仮想通貨銘柄について解説しました。

過去に1000倍以上の高騰を見せた仮想通貨銘柄まとめ

仮想通貨のなかには利便性の高さや処理速度の速さなどから今後需要が高まると期待されているものが存在します。

そのような仮想通貨を安い時に買って高い時に売れば大きく稼ぐことを期待できますよ。

ただし、マイナー仮想通貨は価値の下落などに注意が必要であり、初心者はよりリスクの低いメジャー通貨から始めることをおすすめします。

仮想通貨取引なら、国内のアプリダウンロード数No.1のCoincheckがおすすめです!

Coincheckでは23種類の豊富な仮想通貨に少額の500円から取引を始められます。

親会社が東証一部上場企業でセキュリティも万全なため、初心者でも安心して取引ができることも魅力です。

Coincheckでは現在、家族友だち紹介キャンペーンを実施中で、紹介された人は1,500円相当、紹介した人は1,000円相当のビットコインがプレゼントされるのでお得ですよ。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部
目次