1円以下で買える草コインはある?買い方やおすすめの取引所まで徹底解説

草コインに興味があってもどれが今後伸びるのか分からない方も多いでしょう。

そこで、この記事では2024年におすすめの草コイン10選や将来性のある仮想通貨を選ぶポイントなどについて徹底解説していきます!

この記事でわかること

草コインの取引なら、国内のアプリダウンロード数No.1のCoincheckがおすすめです。

Coincheckでは今後伸びることが期待できる草コインの取引を少額の500円から始められます。

おすすめの仮想通貨取引所が知りたい方は、他の記事をご覧ください。

\仮想通貨取引所選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめな人取引所手数料販売所手数料入金手数料出金手数料アプリレバレッジ最大倍率送金手数料(BTC)
厳選比較表_コインチェック_アイコンコインチェック公式サイト当サイト人気No.1
アプリの使いやすさが抜群!
未経験から上級者の誰でもおすすめ
無料無料無料407円非常に
使いやすい
-変動手数料制
厳選比較表_GMOコイン_アイコンGMOコイン公式サイト取引所の口コミ評価が高い!
安心してトレードしたい人におすすめ
Maker:-0.01%
Taker:0.01%
無料無料無料使いやすい無料
厳選比較表_DMMビットコイン_アイコンDMM Bitcoin-アルトコイン数最多!
レバレッジ取引におすすめ
-無料無料無料使いやすい無料
※一部例外あり
目次

2024年におすすめの草コイン比較一覧表

こちらが2024年におすすめの草コイン銘柄の一覧です。

仮想通貨時価総額時価総額
ランキング
特徴
ドージコイン/Dogecoin(DOGE)3兆1,422億円8位世界各国の多くの企業で決済手段として導入されている
トロン/TRON(TRX)1兆8,091億円12位ブロックチェーンの処理能力が高く注目
ベーシックアテンショントークン(BAT)455億円181位ソーシャルネットワークの拡大に伴い、今後普及する可能性が高い
モナコイン/MonaCoin(MONA)32億円793位SNSでの投げ銭での利用や決済手段としても利用が拡大
アイオーエスティー(IOST)203億円314位セキュリティが高く処理速度も速いことが特徴
エンジンコイン(ENJ)503億円165位NFT分野の拡大により世界中から注目が高まっている
ジャスミー/Jasmy(JMY)2,220億円62位「データの民主化」をコンセプトとしたプラットフォームで利用
チェーンリンク/Chainlink(LINK)1兆3,300億円15位金融、決済から行政まで様々な領域でのサービスの拡大が期待
エイダコイン(ADA)2兆4,021億円10位「持続可能な社会」に合った地球にやさしい仮想通貨
ポルカドット/Polkadot(DOT)1兆3,761億円14位セキュリティの向上、取引速度の向上などのメリットがある
2024年7月23日現在/参照:CoinMarketCap

2024年におすすめの草コイン銘柄10選

続いて、2024年におすすめの草コイン銘柄10選をそれぞれ詳しく紹介していきます。


ドージコイン/Dogecoin(DOGE)

ドージコイン(DOGE)は柴犬の画像のミームである「Doge」をモチーフにしている仮想通貨です。

ビットコインをベースにして作られており、低コストで決済スピードが早く発行上限が無いことが特徴です。

2021年に自動車メーカーのテスラなどでCEOを務めているイーロン・マスク氏がSNSでドージコインに関するツイートを投稿したことをきっかけに価格が高騰しました。

世界各国で決済手段として導入する企業が増えていることや、2024年にビットコインが半減期を迎えるためドージコインもビットコインに連動して価格が上昇する可能性が示唆されています。

名称(ティッカー)ドージコイン(DOGE)
発行上限なし
価格21.64円
時価総額3兆1,422億円
時価総額ランキング8位
公式サイトDOGEの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所GMOコイン
bitbank
2024年7月23日現在


トロン/TRON(TRX)

トロン(TRX)は音楽やゲームなどのデジタルコンテンツの配信や管理ができる独自のプラットフォームで使える仮想通貨です。

分散管理型(非中央集権型)のプラットフォームであるため、履歴の改ざんなどの不正がしにくく、またデジタルコンテンツを直接取引できる特徴があります。

中央管理者のいないサービスを提供するアプリケーションである「dApps」の開発や新たな資金調達手段として「ICO」も可能になっているため注目されています。

また、ブロックチェーンの処理能力が高く、SamsungやoBikeなどの大手企業と提携しており今後さらに需要が高まると考えられます。

名称(ティッカー)トロン/TRON(TRX)
発行上限1000億枚
価格20.78円
時価総額1兆8,091億円
時価総額ランキング12位
公式サイトTRXの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所BITPoint
2024年7月23日現在


ベーシックアテンショントークン/Basic Attention Token(BAT)

ベーシックアテンショントークン(BAT)は、2021年に上場したWebブラウザ「Brave」の独自トークンで、様々な配信サイトの投げ銭に利用されています。

Braveはプライバシー保護を重視した次世代のWebブラウザであり、サイト読み込みの高速化やプライバシーの保護の観点でも優れています。

BATはロードマップにてNFTやDeFiとの連携も発表しており今後さらに需要が高まると考えられます。

また、ソーシャルネットワークの拡大に伴い、Braveが今後さらに普及する可能性があることから今が買い時と言えるでしょう。

名称(ティッカー)ベーシックアテンショントークン(BAT)
発行上限15億
価格30.49円
時価総額455億円
時価総額ランキング181位
公式サイトBATの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin
bitFlyer
2024年7月23日現在


モナコイン/MonaCoin(MONA)

モナコイン(MONA)は日本サブカルチャー発祥の仮想通貨で、2013年に匿名掲示板「2ちゃんねる」にて開発されました。

SNSでの投げ銭での利用の他にオンランショップや実店舗での決済手段としてもその利用が拡大しています。

取引スピードが速く、仮想通貨取引所などを経由せずに異なる仮想通貨と交換できる仕組み「アトミックスワップ」を採用しているためハッキング防止にも繋がるメリットがあります。

今後、世界的に注目されて認知度が広がることで飛躍的に価格が上昇することが期待できる仮想通貨の1つです。

名称(ティッカー)モナコイン/MonaCoin(MONA)
発行上限1億512万枚
価格49.40円
時価総額32億円
時価総額ランキング793位
公式サイトMONAの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン
2024年7月23日現在


アイオーエスティー(IOST)

IOST(アイオーエスティー)はDApps(分散型アプリ)を開発できるブロックチェーン「IOST Network」の基軸通貨です。

ビットコインなど既存のブロックチェーンが抱える課題を解消するために独自のコンセンサスアルゴリズムを採用し、セキュリティが高く処理速度が速いことが特徴です。

ビットコインが1秒で6件の処理に対して、IOSTは1秒間に8,000件もの処理能力を持っています。

プログラミング言語に「JavaScript」を採用していることもあり、ブロックチェーン開発がしやすく世界各国から注目がされています。

名称(ティッカー)アイオーエスティー(IOST)
発行上限900億枚
価格0.9533円
時価総額203億円
時価総額ランキング314位
公式サイトIOSTの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin
2024年7月23日現在


エンジンコイン/Enjin coin(ENJ)

エンジンコイン(ENJ)はユーザー数2,000万人を誇るNFTプラットフォーム「Enjin Platform」の仮想通貨です。

Enjin Platformではブロックチェーンの知識がなくても開発キットを使ってNFTゲームの開発を簡単に行えることが特徴です。

大手企業マイクロソフトと連携してマインクラフトを楽しめる「Enjin Craft」を開発しており人気が高まっています。

近年世界各国でブロックチェーンゲームやNFTの注目が高まっているため、今後市場の拡大によりエンジンコインの価値が上昇が期待されています。

名称(ティッカー)エンジンコイン(ENJ)
発行上限100万枚
価格30.45円
時価総額503億円
時価総額ランキング165位
公式サイトENJの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン
2024年7月23日現在


ジャスミー/Jasmy(JASMY)

ジャスミー(JMY)は2019年の12月に日本で発行された仮想通貨で、元ソニー代表取締役の安藤国威氏を筆頭として日本の経営陣によって作られました。

Jasmy IoT プラットフォームでは「データの民主化」をコンセプトとしており、中央集権化されたデータを管理する方法の問題点を解決することを目標としています。

また、2種類の独自技術「SKC(Secure Knowledge Communicator)」と「SG(Smart Guardian)」によりユーザー個人の権利を守ることを理想としており注目されています。

今後さらに普及することで大きく価値が上昇することが期待できるコインです。

名称(ティッカー)ジャスミー/Jasmy(JASMY)
発行上限500億枚
価格4.50円
時価総額2,220億円
時価総額ランキング62位
公式サイトJMYの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所BITPoint
2024年7月23日現在

チェーンリンク(LINK)とは2017年に開発された比較的新しい仮想通貨です。

ブロックチェーンの外部にあるデータをブロックチェーン内部に提供する「Smart Oracle」という技術を使用しシステム開発に利用されています。

そのため、金融、決済から行政、個人情報まで様々な領域でのサービスの拡大が期待されています。

国際銀行間ネットワークシステムを提供するSWIFTと提携しており、決済システムとしても注目されており今後の伸びが期待できるコインと言えるでしょう。

名称(ティッカー)チェーンリンク/Chainlink(LINK)
発行上限10億枚
価格2,187.28円
時価総額1兆3,300億円
時価総額ランキング15位
公式サイトLINKの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン
2024年7月23日現在


エイダコイン・カルダノ/Cardano(ADA)

エイダコイン/カルダノ(ADA)はオンラインカジノ「カルダノ」で利用可能な仮想通貨です。

カルダノはブロックチェーン技術を用いて従来のオンラインカジノの不正をなくしており、公平なカジノとして人気があります。

また、コンセンサスアルゴリズム「PoS(Ploof of Stake)」を採用しており、消費電力が少なく地球に優しい仮想通貨です。

「持続可能な社会」が世界的なテーマになっていることもあり、環境負荷が少ないエイダコインに今後注目が高まることが期待できます。

名称(ティッカー)エイダコイン/カルダノ(ADA)
発行上限450億枚
価格66.91円
時価総額2兆4,021億円
時価総額ランキング10位
公式サイトADAの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所DMM Bitcoin
BITPOINT
BitTrade
2024年7月23日現在


ポルカドット/Polkadot(DOT)

ポルカドット(DOT)は、2020年8月にスイスのブロックチェーン財団である「Web3 Foundation」によって開発されました。

他の仮想通貨と相互運用を可能にする技術「ブリッジ機能」が最大の特徴です。

また、ビットコインやイーサリアムなどが抱える取引上の問題を解決することを目的としており、セキュリティの向上、取引速度の向上などのメリットがあるため今後注目が高まっていくことが期待できます。

ポルカドットには保有していると報酬がもらえるステーキングサービスがあるため、ステーキングに興味がある方にもおすすめです。

名称(ティッカー)ポルカドット(DOT)
発行上限1,070,000,000
価格957.00円
時価総額1兆3,761億円
時価総額ランキング14位
公式サイトDOTの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン
2024年7月23日現在

1円以下で買える草コイン銘柄4選

続いて、1円以下で買える草コインの銘柄を4選ご紹介します。

手元の資金が少ない方でも購入しやすい銘柄なので、ぜひチェックしてくださいね。

柴犬コイン/Shiba Inu(SHIB)

柴犬コイン(SHIB)は2020年8月に柴犬をモチーフにして発行された仮想通貨で、ドージコインを模倣して作成されました。

イーサリアムブロックチェーンで発行されており、「スマートコントラクト」という機能が備わっているためDeFiやNFT、メタバースなどの様々な分野で活用されています。

過去にはイーロン・マスク氏のツイートで約90万倍も価格上昇を記録しており、今後も有力者の発言により高騰する可能性があります。

名称(ティッカー)柴犬コイン(SHIB)、Shiba Inu Token、シバイヌ
発行上限1,000兆枚
価格0.002756円円
時価総額1兆6,237億円
時価総額ランキング13位
公式サイトSHIBの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン
2024年7月23日現在


スペルトークン/Spell Token(SPELL)

スペルトークン(SPELL)とは、分散型金融(DeFi)プロトコルの「Abracadabra.money(アブラカダブラマネー)」というプラットフォームに関連付けられた仮想通貨です。

Abracadabra.moneyでは仮想通貨の借り入れや貸し付けが可能であり、このプラットフォームでスペルトークンのステーキングを行うことにより報酬として利回りを受け取れます

利便性が高いプラットフォームであるため、今後ニーズが増えてスペルトークンの価値が上昇することが期待されています。

名称(ティッカー)スペルトークン/Spell Token(SPELL)
発行上限2100億枚
価格0.1066円円
時価総額156億円
時価総額ランキング378位
公式サイトSPELLの公式サイト  
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Bybit
Zoomex
2024年7月23日現在


ホロチェーン/Holo(HOT)

ホロチェーンは分散型アプリケーション向けのP2Pプラットフォームで、ホロチェーン上で使用できる仮想通貨がHOTと言います。

独自のシステムを採用しており、ユーザーは高速で安全にウェブアプリにアクセスできて個人で管理できることが特徴です。

この利便性の高さから次世代のブロックチェーン技術として注目されており、価格の上昇につながると期待できます。

名称(ティッカー)ホロチェーン/Holo(HOT)
発行上限約1770億枚
価格0.2841円円
時価総額493億円
時価総額ランキング174位
公式サイトHOTの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所BINANCE
2024年7月23日現在


ペペ(PEPE)

ペペ(PEPE)とは、「Pepe the Frog(ぺぺザフロッグ)」というカエルのキャラクターをロゴにしたミームコインです。

2023年4月にローンチ後、爆発的な人気を呼んで2000%以上の価格上昇を記録し話題となりました。

PEPEは「税金(TAX)ゼロ」を掲げているため、PEPEの売り買いの際に発生する手数料が発生しないことが特徴です。

取引所などに上場する前に期間限定で販売されるプレセールを実施しない公平なコインで、プロジェクトの透明性が高いため人気があります。

名称(ティッカー)ペペ(PEPE)
発行上限約420兆枚
価格0.001866円円
時価総額7,850億円
時価総額ランキング22位
公式サイトぺぺの公式サイト
取り扱いのある主な仮想通貨取引所Binance
BTCC
MEXC
2024年7月23日現在

草コインに投資をするメリット

ここでは、草コインに投資をするメリットを3つご紹介します。


少額で投資できるため手元の資金が少ない人でも始めやすい

草コインは主要コインに比べて安価であるため少額から投資が可能です。

そのため手元の資金が少ない人でも始めやすいことがメリットとして挙げられます。

少額で投資ができれば大きな損失も受けにくいため、リスクを抑えた取引をしたい方にもおすすめです。

前項で紹介したように1円以下からでも投資できる銘柄もあるので、初心者の方でも挑戦しやすいでしょう。


大きく値上がりする可能性があるためハイリターンを期待できる

また、草コインは大きく値上がりする可能性があり、ハイリターンを期待できます。

草コインは価格が低いため、何かのきっかけで価格が上昇した際に大きな利益を得られる可能性があります。

過去には柴犬コインやドージコインのように1,000倍以上の高騰を見せたコインもあるため大きな利益をゲットできますよ。


ビットコイン等の主要コインと比べて安価なので分散投資しやすい

草コインはビットコイン等の主要コインと比べて安価であるため、複数のコインに分散投資をしやすいこともメリットとして挙げられます。

1つのコインに投資をするとそのコインの価値が下がった時に大きな損失を受けてしまうリスクがあります。

分散投資をすることで価格変動リスクの低減につながりますよ。

草コインに投資をするデメリット

続いて、草コインに投資をするデメリットを3つご紹介します。


主要コインに比べて価格変動が大きいため暴落する可能性がある

草コインはのデメリットとして、主要コインに比べて価格変動が大きいため暴落する可能性があることが挙げられます。

今後大きく成長する可能性がある一方で、価値がなくなってしまうリスクもあるためです。

草コインへの投資はリターン、リスクともに大きいことを理解した上で取引を始めるようにしましょう。


ビットコインの価格に連動するコインが多いため影響を受けて価格が下がりやすい

草コインはビットコインから派生して作られたコインが多いため、ビットコインの価格に連動する特徴があります。

ビットコインの半減期などに草コインも連動して価格が上昇するメリットもありますが、ビットコインの価格が下がると草コインの価格も低下するリスクもあるため注意が必要です。

ビットコインの動きについても常に注目しておきましょう。


詐欺コインが紛れており損失を受けるリスクがある

草コインの中には詐欺コインが紛れている可能性があることもデメリットとして挙げられます。

詐欺コインはお金を騙しとる目的で作られており、大金で詐欺コインに投資をしてしまうと大きな損失を受けてしまいます。(参考:政府広報オンライン

他人からの儲け話に安易に乗らずに、自分で知識をつけて草コインを選択するようにしましょう。

ホワイトリストに記載されている仮想通貨であれば安全性が高いですよ。

これから伸びる可能性がある草コインの選び方

ここでは、これから伸びる可能性のある草コインの選び方を3つご紹介するので、ぜひポイントを押さえてください。


開発された目的が明確なコインを選ぶ

これから伸びる可能性がある草コインの選び方の1つ目は、開発された目的が明確なコインを選ぶことです。

開発された目的が明確であれば多くの投資家や企業が注目しており将来性が高いコインと言えます。

また、詐欺コインである可能性が低く、信頼性が高いためチェックしておきましょう。

公式サイトやホワイトペーパーなどを参考にすると開発目的などの情報を得られますよ。


将来的に伸びてくる分野に注目して選ぶ

これから伸びる可能性がある草コインの選び方の2つ目は、将来的に伸びてくる分野に注目して選ぶことです。

例えば、NFTやメタバース、dAppsなどの今後サービスの拡大が期待されている分野で利用できるコインは伸びることが期待できます。

また、主要コインであるビットコインやイーサリアムなどが抱える処理速度などの問題を解決するコインなども注目されるでしょう。


企業と提携や出資をしているコインを選ぶ

これから伸びる可能性がある草コインの選び方の3つ目は、企業と提携や出資をしているコインを選ぶことです。

大手企業が提携や出資しているコインは将来性が高く、利用の拡大を期待できるコインと言えます。

例えば、エンジンコインは2020年にマイクロソフトと連携したことで価格が大きく上昇しました。

大手企業と提携していると信頼性が高く一般的な投資家による取引も増えて価格の上昇に繋がりやすいです。

草コイン投資におすすめの国内仮想通貨取引所

ここでは、草コイン投資におすすめの国内仮想通貨取引所を3つご紹介します。

それぞれの特徴について詳しく紹介するので、ご自身に合った仮想通貨取引所選びの参考にしてくださいね。

草コイン投資におすすめの国内仮想通貨取引所
CoincheckDMMbitcoinGMOコイン
取引所手数料無料取り扱いなしMaker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料無料(スプレッドあり) 無料(スプレッドあり)無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引なしあり(35銘柄)あり(11銘柄)
取扱通貨数販売所形式:26銘柄
取引所形式:9銘柄
販売所形式:38銘柄
取引所形式:取り扱いなし
販売所形式:21銘柄
取引所形式:23銘柄
入金手数料コンビニ入金:770〜1,018円
クイック入金:770〜入金金額×0.11%+495円
銀行振込:無料(銀行手数料はお客様負担)
無料無料
出金手数料550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
無料無料
評判・口コミ詳しく見る詳しく見る詳しく見る
詳細公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る
2024年7月現在

Coincheck(コインチェック)

現物取引(銘柄数)取扱い:30銘柄
販売所形式:26銘柄
取引所形式:9銘柄
レバレッジ取引なし
最小発注数量販売所形式:500円以上 
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料販売所形式:無料(スプレッドあり) 
取引所形式:無料
入金手数料コンビニ入金:770〜1,018円
クイック入金:770〜入金金額×0.11%+495円
銀行振込:無料(手数料はお客様負担)
出金手数料550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
取引ツールパソコンブラウザ/スマホアプリ
その他のサービスCoincheckつみたて 
貸暗号資産サービス
IEO(Initial Exchange Offering)
CoincheckNFT(β版) 
Coincheckでんき・ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
2024年7月現在
Coincheckのおすすめポイント
  • 国内アプリダウンロード数No.1
  • 少額の500円から草コインの取引を始められる
  • シンプルな操作性のスマホアプリが人気

Coincheckは、アプリダウンロード数が国内No.1の仮想通貨取引所で人気があります。

今後伸びることが期待できる草コインの取引を少額の500円から始められることが魅力です。

また、積立投資の「Coincheckつみたて」サービスを提供しており、リスクを抑えた取引がしたい方におすすめです。

Coincheckは初心者でも使いやすいシンプルな操作性のスマホアプリも提供しており、外出先でも気軽に取引ができますよ。

Coincheckでは現在、家族友だち紹介キャンペーンを実施中で紹介された人は1,500円相当、紹介した人は1,000円相当のビットコインがプレゼントされるのでお得ですよ。

DMMBitcoin

現物取引(銘柄数)取扱い:38銘柄
販売所形式:29銘柄
取引所形式:取り扱いなし
レバレッジ取引(銘柄数)○(35種類)
最小発注数量販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
 取引手数料販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
入金手数料無料
出金手数料無料
取引ツールパソコンブラウザ/スマホアプリ
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMMbitcoinの公式サイト
2024年7月現在
DMMビットコインのおすすめポイント
  • 草コインを含む38種類の仮想通貨を取り扱い
  • レバレッジ取引で少額でも資金効率よく利益を増やせる
  • 新規口座開設にて2,000円プレゼントキャンペーン中

DMMbitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所で国内最多の38種類の仮想通貨を取り扱っています。

すべての銘柄にレバレッジ取引が可能であるため、少額でも資金効率よく取引ができることが魅力です。

BitMatch注文では、DMMビットコインが提示するミッド(仲値)価格で取引が成立する注文方法をスプレッドなしで利用できます。

さらに、DMMbitcoinではワンタッチで注文が可能なスマホアプリも提供しているため初心者でも簡単ですよ。

DMMbitcoinでは、新規口座開設を完了すると2,000円が即時プレゼントされるお得なキャンペーンを実施中なので興味がある方はぜひチェックしてみてください。(現在当該キャンペーンは中止となっています)

GMOコイン

現物取引(銘柄数)取扱い:26銘柄
販売所形式:21銘柄
取引所形式:23銘柄
レバレッジ取引(銘柄数)○(11種類)
最小発注数量現物取引(販売所形式):0.00005 BTC 
現物取引(取引所形式):0.0001BTC
 取引手数料現物取引(販売所形式):無料(スプレッドあり)
現物取引(取引所形式):Maker -0.01%、Taker 0.05%
入金手数料無料
出金手数料無料
取引ツールパソコンブラウザ/スマホアプリ
その他のサービスつみたて暗号資産 
貸暗号資産 
IEO
暗号資産FX
ステーキング
公式サイト GMOコイン公式サイト
2024年7月現在
GMOコインのおすすめポイント
  • 草コインを含む豊富な27種類の豊富な仮想通貨数
  • 「つみたて暗号資産」では最低1,000円から自動積み立てが可能
  • GMOインターネットグループが運営しているため安心

GMOコインは、GMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所です。

将来の伸びを期待できる草コインを含む豊富な27種類の仮想通貨を取り扱っています。

また、人気のサービス「つみたて暗号資産」では最低1,000円から自動積み立てが可能なため、リスクを抑えたい方や忙しくて取引に時間を割けない方にもおすすめです。

さらに、本格的な分析が可能なスマホアプリで、外出先でもスキマ時間を利用して取引が可能です。

GMOコインは、大手のGMOインターネットグループが運営しているためセキュリティ対策も強化しており初心者でも安心して利用できますよ。

金融庁に無登録の取引所利用は自己責任となるため、避けたい

草コインのなかには国内仮想通貨取引所での取り扱いがないものも多く存在します。

しかし、海外の仮想通貨取引所は金融庁に登録されておらず、安全性が低い取引所もあるため注意が必要です。(参考:金融庁の公式サイト

なかには出金拒否したり、口座凍結をしたりする悪徳業者によって大金を失った方もいます。

また、海外仮想通貨取引所は国内に比べて高いレバレッジをかけられるため損失リスクも大きくなります。

このような理由から金融庁に無登録の取引所利用は自己責任となるため避けるようにしましょう。

草コインの買い方

続いて、草コインの買い方・始め方について手順に沿って解説していきます。

ぜひポイントを押さえて参考にしてくださいね。

STEP1.仮想通貨取引所の口座を開設する

草コインを購入するためには、まず仮想通貨取引所のアカウントを開設する必要があります。

今回は国内のアプリダウンロード数No.1のCoincheckを参考に解説していきます。

まず、Coincheckの公式サイトにアクセスをして「無料口座開設をする」をタップし、Coincheckのアプリをダウンロードしていきます。

ダウンロード後、アプリを開いて「会員登録」タブからメールアドレスを登録しアカウントを作成します。

アカウント登録が完了した後、基本情報の入力と本人確認を行っていきましょう。

アプリを開き「本人確認をする」をタップし、各種重要事項を確認して「同意する」をタップしSMS認証をしましょう。

続いて、氏名や職業など基本情報を入力します。

そして、本人確認書類と顔の撮影を手順に沿って行っていきます。

STEP2.口座に資金を入金する

Coincheckでの入金方法は以下の3つの方法があります。

クイック入金
・銀行入金
・コンビニ入金

クイック入金は、パソコン・携帯電話・ATMから即時入金ができるサービスで24時間365日決済が可能なためおすすめです。

STEP3.草コインを選択して購入する

続いて、草コインの購入に移ります。

まず、取引する仮想通貨の選択で、「販売所」を選択し仮想通貨を選び「購入」をタップしましょう。

そして購入金額を入力し、「日本円で(仮想通貨名)を購入」→「購入」をタップして完了です。

Coincheckでなら、スマホで最短1日で草コインの取引を始められます。

500円と小額から取引を楽しめるのでぜひこの機会に始めてみてください。

2023年におすすめの草コインのよくある質問

以下では、2023年におすすめの草コインに関してよくある質問に回答します。

草コインのよくある質問
  • 過去に10000倍の高騰を見せた草コインは?
  • 草コインの塩漬けはしても大丈夫?
  • 草コインが当たる確率は?
  • 草コインで億り人になれますか?
  • 草コインは1,000円ずつ投資できますか?
過去に10000倍の高騰を見せた草コインは

過去に10000倍の高騰を見せた草コインは柴犬コイン(SHIB)です。

2021年5月にイーロン・マスク氏のツイートにより注目が集まり、0.009円まで約90万倍もの価格上昇を記録しました。

草コインの塩漬けはしても大丈夫?

草コインの塩漬けはできれば避けるのが望ましいと言えます。

草コインを塩漬けにすると価格が暴落したり無価値になったりと大きな損失を受けるリスクがあるためです。

草コインが当たる確率は?

草コインが当たる確率は1/2万と言われています。

確率は高くはないですが、宝くじよりは当たりやすいと言われています。

草コインで億り人になれますか?

草コインが当たれば億り人になれる可能性があると言えるでしょう。

主要コインに比べて価格も低いため、知名度が上がることで大きく価値が上がることが期待できます。

草コインは1,000円ずつ投資できますか?

草コインは1,000円ずつの少額からでも投資できます。

少額の積立投資のサービスを提供している取引所も多く、リスクを抑えられるためおすすめです。

Coincheckでは全ての仮想通貨に500円から取引ができるため、少額から投資をしたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

今後の伸びが期待できる草コインに投資を始めるなら2023年の今がおすすめ

今回の記事では、2024年におすすめの草コインについてご紹介しました。

まとめ

草コインは主要コインに比べて少額なので購入しやすく、ハイリターンを期待できるものも多いためおすすめです。

一方で価格が下がったり価値がなくなったりするリスクもあるため注意をして取引をしましょう!

草コインの取引なら、国内のアプリダウンロード数No.1のCoincheckがおすすめです。

Coincheckでは今後伸びることが期待できる草コインの取引を少額の500円から始められて、現在、家族友だち紹介キャンペーンを実施中なのでお得ですよ。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部
目次