記事作成代行会社おすすめ20選を比較!SEO記事制作、ブログ代行に強いサービス、費用相場を紹介

おすすめの記事作成代行会社20選を比較。SEO記事制作やブログ作成代行に強いサービス、クラウドソーシングなど、特徴別に比較に役立つ情報をわかりやすくまとめています。

また、記事制作代行(ブログ代行)の料金体系・費用相場、メリット・デメリット、選び方のポイントなども紹介しているので、参考にしてみてください。

\【無料】資料比較でカンタン!早わかり!/

目次

【一括比較】記事作成代行サービスおすすめ20選

本記事で紹介する記事作成代行サービスおすすめ20選について、料金やサービスのタイプを一括比較できる表を用意しました。

スクロールできます
費用目安タイプ
クラウドワークス依頼者が設定クラウドソーシング
ランサーズ依頼者が設定クラウドソーシング
ココナラ出品者/購入者が設定クラウドソーシング
Shinobiライティング1文字1円~(500文字の場合550円(税込))クラウドソーシング
シュフティ依頼者が設定クラウドソーシング
記事作成代行ドットコム1文字1円(税要確認)~記事作成に特化
サグーワークス1文字0.75円(税要確認)~記事作成に特化
株式会社リファイド1記事数千円~数万円記事作成に特化
コンテンツウォーカー1文字0.9円(税要確認)~記事作成に特化
Buildup1記事5万円(税要確認)~記事作成に特化
記事作成代行ウルトラ1文字3.3円(税込)~記事作成に特化
株式会社LiKG1文字3.3円(税込)~記事作成に特化
テキスパート要問合せ記事作成に特化
取材記事代行サービス ミキタス取材費用:25,000円/件~
オンラインインタビュー+記事納品:31,500円/件~
カメラマン撮影:35,000円/件~
※税要確認
記事作成に特化
ZETTON1文字0.7円(税要確認)~記事作成に特化
エディトル初期費用:30万円~
月額費用:6万円~
クリエイター手数料:支払い金額の20%
※税要確認
オンライン編集チーム構築
サクラサク流SEOメソッド初期費用:0円
月額費用:SEOコンサルティング44万円〜、記事制作66,000円〜/1記事
※価格はすべて税込
SEOコンサルティング+記事作成
HELP YOUチームプラン:10万円/30時間~
1名専属プラン:15万円/45時間~
※税要確認
オンラインアシスタント
ビズアシ要問合せオンラインアシスタント
スマートスタイル・コンプレックス株式会社ブログ記事制作:1記事30,000円~
取材・調査記事執筆:1記事50,000円~
インタビュー・ヒアリング記事執筆:10万円/記事~
※税要確認
コンテンツマーケティング企画・運用

記事作成代行サービスとは?種類を解説

記事作成代行サービスとは、Webサイトやブログの運営者に代わって第三者が記事の作成を代行するサービスです。

サービスの種類は大きくわけて以下の3タイプがあります。

  • クラウドソーシング
  • 記事作成に特化
  • 記事制作+SEO/運用支援

それぞれの概要や特徴を解説するので、比較しながら違いをチェックしてみましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、「crowd(群衆)」「sourcing(調達)」という言葉の意味が示すとおり、企業や個人がインターネットを通じて不特定多数の人に業務を依頼するビジネス形態のことです。

一般的に多いのは、仕事を委託したい発注者が業務内容、納期、報酬などを開示して受注希望者を募るパターン。

依頼内容は発注者が自由に決められるケースが多いため、業務内容や報酬の幅が広い点が特徴的です。

ただし、クラウドソーシングのなかには、受注者が自分にできる仕事やスキルを公開し、発注希望者が購入することで案件が成立するパターンを採用しているところもあります。

記事作成代行を希望する場合、依頼企業は予算やニーズにあわせて募集要項を決められるため、「低コストで記事作成を依頼したい」「自分でライターを選びたい」といった方と相性のよいタイプだといえるでしょう。

記事作成に特化

不特定多数に業務を依頼するクラウドソーシングでは、記事制作以外のさまざまなジャンルの業務を取り扱っているサービスが主流です。

一方、記事作成に特化したタイプの記事作成代行は、記事コンテンツの企画や制作、編集などに限定したサービスとなっているのが特徴的。

記事制作のみにジャンルが限定されているため単価が明快になっているサービスが多いだけでなく、各サービスの強みや特徴を把握しやすいメリットがあります。

ただし、記事制作以外の領域は対応できないケースが多いため、記事以外のクリエイティブや総合的なWebサイトの運用支援を受けたい場合などはほかの方法を検討しましょう。

記事制作+SEO/運用支援

記事制作だけではなく、以下のようにプラスアルファのサービスが用意されているパターンです。

  • 記事制作とSEOコンサルティングをセットで提供
  • 記事制作以外のクリエイティブにも対応
  • 記事制作を含めたコンテンツマーケティング全体を支援

サービスの提供内容はさまざまですが、記事制作以外の領域に対応しているため、「Webサイトの運用を多角的に支援してほしい」「SEOを全面的にフォローしてほしい」「記事制作以外の業務もまとめて代行してほしい」といったニーズをもっている方におすすめです。

\【無料】資料比較でカンタン!早わかり!/

【クラウドソーシング】記事作成代行サービスおすすめ5選を比較

クラウドワークス

出典:https://crowdworks.jp/

『クラウドワークス』は、ユーザー数480万人を誇るクラウドソーシングです(※)。

記事制作・ライティングをはじめ、動画制作やロゴ作成、Webサイト制作など250種類以上のジャンルに対応。

価格は依頼者が自由に設定して発注する仕様となっており、依頼内容や必要スキルなどを自由に記述できるのが大きな特徴です。

記事の難易度や必要スキルに応じて柔軟に価格を変更できるため、さまざまなシチュエーションで活用できるサービスを探している方にはぴったりでしょう。

スクロールできます
費用目安依頼者が設定
タイプクラウドソーシング

※“クラウドワークス公式HP”参照

ランサーズ

出典:https://www.lancers.jp/

『ランサーズ』は、導入企業60万社超の実績を誇るクラウドソーシングです(※)。

記事制作をはじめとした350種類以上の仕事に対応しており、発注について専任アドバイザーに相談できるのが魅力的。

法人を対象として、1ヵ月分をまとめて後払いする請求書払いが用意されているだけでなく、先払いでも納品完了まで支払いが確定しない仮払い制度が採用されています。

また、徹底した秘密保持、各ランサー(フリーランス)のセキュリティチェック、24時間356日体制のサポートなど、ユーザー目線の仕組みが整っている点も見逃せません。

スクロールできます
費用目安依頼者が設定
タイプクラウドソーシング

※“ランサーズ公式HP”参照

ココナラ

出典:https://coconala.com/

『ココナラ』は、知識・経験・スキルを売買するスキルマーケット型のクラウドソーシングです。

新規の記事制作だけでなく、リライト、校正、編集など、幅広い記事制作業務の依頼に対応

依頼できる業務内容や範囲の自由度が高いため、本格的な記事作成代行からお困りごと解決まで、ニーズにあわせてさまざまな業務を発注できます。

また、自身で発注するだけでなく、出品されているサービスを選んで購入(依頼)することも可能です。

スクロールできます
費用目安出品者/購入者が設定
タイプクラウドソーシング

Shinobiライティング

出典:https://crowd.biz-samurai.com/

『Shinobiライティング』は、記事作成代行に特化したクラウドソーシングです。

登録ライター数は2018年9月時点で50万人を突破(※)。1文字1円~の価格で、記事作成からコピペチェックまでの作業を依頼できます

独自の方法で、すでに納品されたことのある記事や記事の再利用を厳しく審査するため、コピーコンテンツに不安を感じている方でもおすすめです。

スクロールできます
費用目安1文字1円~(500文字の場合550円(税込))
タイプクラウドソーシング

シュフティ

出典:https://app.shufti.jp/

『シュフティ』は、主婦を中心とした在宅ワーカーに案件を依頼できるクラウドソーシングです。

大きな特徴は、スキマ時間を使って簡単にできる仕事と相性がよいところ。1日10分程度の仕事から取り扱っているため、在宅ワーカーや副業人材を活用したい方にはぴったりでしょう。

特別なスキルが必要なく単価を安く抑えられるタスクタイプの依頼は、データ収集やアンケートなどと相性がよいため、短期間で沢山の納品物を集めたい方におすすめです。

スクロールできます
費用目安依頼者が設定
タイプクラウドソーシング

【記事作成に特化】記事作成代行サービスおすすめ10選を比較

記事作成代行ドットコム

出典:https://writing-daiko.com/

『記事作成代行ドットコム』は、2011年よりサービス提供を続けている記事作成代行サービスです(※1)。

長い歴史のなかで創り上げた独自の記事でライター採用を行うことで、記事品質を保持できるのが大きな強み。

最短当日、最長でも2営業日以内に見積もりを実施しており、スピーディな対応も得意としています(※2)。

また、自社で比較サイト制作を行ってきたノウハウを活かし、SEOに配慮した記事制作を得意としているため、上位表示に貢献する記事作成代行サービスを探している方におすすめです。

費用目安1文字1円(税要確認)~
タイプ記事作成に特化

※“記事作成代行ドットコム公式HP”参照

サグーワークス

出典:https://works.sagooo.com/order/

『サグーワークス』は、総作成記事数360万件の実績を誇る記事作成代行サービスです(※)。

難易度にあわせて文字単価が変動するシステムを採用しており、予算や制作記事のニーズにあわせて依頼内容を変えられるのが魅力。

通常のレギュラーライターに加え、一定のテストに合格したプラチナライターを指定できるため、品質にこだわりたい方にはぴったりでしょう。

また、これまで約7,200社のSEO・コンテンツマーケティングを支援してきた実績をもち、SEOノウハウが豊富な点も見逃せません(※)。

スクロールできます
費用目安1文字0.75円(税要確認)~
タイプ記事作成に特化

※“サグーワークス公式HP”参照

株式会社リファイド

出典:https://llp.leaf-hide.jp/

『株式会社リファイド』は、介護、不動産、旅行など、50種類以上の業界に対応している記事作成代行サービスを提供しています。

大きな強みは、コンテンツマーケティングのノウハウが豊富なところ。

厳しい基準をクリアしたライターを採用するとともに、広告に依存しない流入経路を意識したコンテンツマーケティングの展開を支援しています。

記事品質についても、修正回数無制限でリライトを行う「満足度保証」を用意。内容に納得するまで何度でも指摘できます。

スクロールできます
費用目安1記事数千円~数万円
タイプ記事作成に特化

コンテンツウォーカー

出典:https://contents-walker.com/

『コンテンツウォーカー』は、累計40万件を超える記事制作(2023年11月末日時点)を請け負ってきた記事作成代行サービスです(※)。

記事の難易度やライターレベルが異なる4つのプランを提供するとともに、充実のオプションサービスを用意。

短期納品オプション、記事作成時の構成/タイトル制作、フリー写真取得、記事のアップロード代行など、細かなニーズをカバーするサービスが充実しています。

また、2回目からは無料でライターの指名、NGライター指定が可能なため、お気に入りのライターに記事制作を依頼したい方にはおすすめです。

スクロールできます
費用目安1文字0.9円(税要確認)~
タイプ記事作成に特化

※“コンテンツウォーカー公式HP”参照

Buildup

出典:https://buildupp.net/content-production

『Buildup』は、1万記事以上を提供してきた実績をもつ記事作成代行サービスです(※)。

さまざまな業界で上位表示や平均アクセス数アップを実現するなど、SEOに強いところが大きな魅力。

編集者はSEOの専門知識だけでなくライター経験も豊富に備えており、徹底したリサーチとノウハウを活用して、上位表示に貢献する記事制作を追求しています。

とにかく品質重視のサービスであるため、低質な記事で結果が出ない方や質のよいライターの確保に課題を抱える方などには、とくにおすすめです。

スクロールできます
費用目安1記事5万円(税要確認)~
タイプ記事作成に特化

※“Buildup公式HP”参照

記事作成代行ウルトラ

出典:https://seo-writing-professionals.com/

『記事作成代行ウルトラ』は、SEOに強い記事作成代行サービスです。

サービス開始からわずか1年足らずの間に、納品した2,225記事中833記事で検索1位を達成(※)。

豊富な上位表示実績をもつとともに、70項目を超えるレギュレーションを設定することで、検索エンジンにもユーザーにも読みやすい文章の再現に努めています。

プランによっては、SEOアドバイス、アクセス数調査、WordPress入稿など、記事制作以外のプロセスを依頼できる点も魅力的です。

スクロールできます
費用目安1文字3.3円(税込)~
タイプ記事作成に特化

※“記事作成代行ウルトラ公式HP”参照

株式会社LiKG

出典:https://likg.co.jp/service/article-production/

『株式会社LiKG』では、独自のライターネットワークとSEOコンサルタントの連携を活かした、上位表示に強い記事作成代行サービスを提供しています。

大きな特徴は、企画から入稿までワンストップで依頼できるところ。

必要に応じて取材・専門家監修・データ収集まで提案してくれるため、記事制作に関わるプロセスを全面的にバックアップしてほしいかたにおすすめです。

独自のネットワークで、薬機法や不動産、美容、金融など、専門性の高い領域に精通したライターを多数確保しているところもうれしいポイントです。

スクロールできます
費用目安1文字3.3円(税込)~
タイプ記事作成に特化

テキスパート

出典:https://texpert.jp/

『テキスパート』は、新規記事制作からリライト、メディア運営方針の提案に至るまで幅広い領域を支援してくれる記事作成代行サービスです。

編集を重視するとともに各分野の専門家が内容を監修することにより、クオリティを担保。

単に読みやすいだけでなく、SEOテクニックと組み合わせて記事制作を進めることで上位表示に貢献します。

記事の企画出し、キーワード選定など、細かなプロセスにも対応しているため、ニーズにあわせた柔軟な対応が得意なサービスを探している方にはぴったりでしょう。

スクロールできます
費用目安要問合せ
タイプ記事作成に特化

取材記事代行サービス ミキタス

出典:https://mikitasu.jp/

『取材記事代行サービス ミキタス(旧:取材記事代行屋)』は、取材記事やインタビュー(訪問/オンラインの両方に対応)を代行するサービスです。

全国47都道府県対応となっているだけでなく、「取材+記事制作」「インタビューのみ」「撮影のみ」など、ニーズに対して柔軟に対応してくれるのが魅力。

独特のサービスとして回数券制度を用意しており、回数券を購入することで一件あたりの取材費が安くなるため、複数の取材記事やインタビュー代行を依頼したい方におすすめです。

スクロールできます
費用目安取材費用:25,000円/件~
オンラインインタビュー+記事納品:31,500円/件~
カメラマン撮影:35,000円/件~
※税要確認
タイプ記事作成に特化

ZETTON

出典:https://www.writing-zetton.com/

『ZETTON』は、1文字0.7円(税要確認)~のリーズナブルな価格で記事作成代行を依頼できるサービスです。

1記事単位の少量発注に加え、1,000記事以上の大量発注にも対応しており、必要なときにほしい量だけ記事制作を依頼できるのが魅力。

最短翌日の短納期で依頼できるため、急ぎの際にも便利です(※)。

また、コラム記事、ブログ記事、商品説明、口コミ/評判、リライトなど、幅広いジャンルをカバーしている点も見逃せません。

スクロールできます
費用目安1文字0.7円(税要確認)~
タイプ記事作成に特化

※“ZETTON公式HP”参照

【記事制作+SEO/運用支援】記事作成代行サービスおすすめ5選を比較

エディトル

出典:https://client.editoru.jp/

『エディトル』は、コンテンツ制作に特化した利用者専用の編集チーム構築を支援するサービスです。

サービス提供時にはメディアの特性を踏まえて、マッチする即戦力人材の採用を代行。

編集者とクリエイターを両方アサインすることで、記事制作に必要なリソースをまとめて調達できます。

また、優秀な人材の定着まで支援してくれるため、中長期的にコンテンツ制作を継続するためのリソース不足に悩んでいる方におすすめです。

スクロールできます
費用目安初期費用:30万円~
月額費用:6万円~
クリエイター手数料:支払い金額の20%
※税要確認
タイプオンライン編集チーム構築

サクラサク流SEOメソッド

出典:https://www.sakurasaku-marketing.co.jp/labo/services/seo-consulting

『サクラサク流SEOメソッド』は、SEOコンサルティングと記事作成代行がセットになったサービスです。

SEO業界に18年携わってきた実績をもつとともに、常時100、延べ2,000サイト以上のコンサルティングに従事(※)。

SEOの成功に必要なノウハウを活かしたコンサルティングと記事制作をセットで提供することにより、SEOに強いコンテンツ作りを中長期的に実現する体制構築を支援します。

費用目安初期費用:0円
月額費用:SEOコンサルティング44万円〜、記事制作66,000円〜/1記事
※価格はすべて税込
タイプSEOコンサルティング+記事作成

※“サクラサク流SEOメソッド公式HP”参照

HELP YOU

出典:https://help-you.me/

『HELP YOU』は、アシスタントにオンラインで業務の代行を依頼できるサービスです。

データ入力や資料作成といったバックオフィス作業に加え、記事制作、デザイン、SNS運用などスキルが必要な業務にも対応できるのが強み。

営業事務、秘書、経理、人事、マーケティング、広報、ECサイト運用など、対応領域が幅広いため、記事制作以外の業務もまとめて支援してほしい方にぴったりでしょう。

スクロールできます
費用目安チームプラン:10万円/30時間~
1名専属プラン:15万円/45時間~
※税要確認
タイプオンラインアシスタント

ビズアシ

出典:https://bizasst.jp/client/

『ビズアシ』は、600万人以上の人材データベースから最適な人材を即戦力アシスタントして提案するサービスです(※)。

営業事務、バックオフィス、コンテンツ制作まで、多種多様な業務に対応しているのが魅力。記事制作の領域においても、構成案作成、記事執筆、原稿チェック/編集、CMS入稿など、一連のプロセスをカバーしています。

記事制作だけでなく、広告運用、WebデザインといったWebサイト運用に関わる領域に幅広く精通している人材を探している方にはぴったりのサービスでしょう。

スクロールできます
費用目安要問合せ
タイプオンラインアシスタント

※“ビズアシ公式HP”参照

スマートスタイル・コンプレックス株式会社

出典:https://ss-complex.com/services/content_marketing/

『スマートスタイル・コンプレックス株式会社』では、コンテンツマーケティングにおける企画から運用までを幅広く支援するサービスを提供しています。

記事制作だけでなく、YouTube動画制作、ホワイトペーパー制作、メルマガ運用、Web広告など、多種多様なチャネルをカバーできるのが大きな強み。

コンテンツマーケティング導入や運用の総合的な支援はもちろん、記事制作からリリースまでを代行するコースも用意されているため、状況に応じて支援内容を変えられるサービスを探している方におすすめです。

スクロールできます
費用目安ブログ記事制作:1記事30,000円~
取材・調査記事執筆:1記事50,000円~
インタビュー・ヒアリング記事執筆:10万円/記事~
※税要確認
タイプコンテンツマーケティング企画・運用

記事制作代行(ブログ代行)の料金体系・費用相場

記事制作代行の料金体系

記事制作代行(ブログ代行)の料金体系は主に以下3種類のタイプにわかれています。

スクロールできます
タイプ特徴
文字単価「1文字〇円」の形で、文字数に応じて費用が変動するタイプ。事前にコンテンツのボリュームを想定しやすい記事と相性がよい。
記事単価「1記事〇円」の形で、記事単位で費用を設定するタイプ。
文字数によって費用が変動しないため、依頼本数だけでコストを計算できる。
パッケージ(月額制など)「1カ月〇円」「3カ月〇円」などの形で、費用が固定されているタイプ。
運用支援やSEOコンサルティングなど、記事制作以外のサービスが含まれたパッケージで採用されることがある料金体系。

記事制作代行(ブログ代行)の費用相場

本記事で紹介しているサービスの情報をもとに、記事制作代行の費用相場を算出しました。

料金体系費用相場
文字単価1円~3円/文字
記事単価1万円~5万円/記事

相場に開きがあるのは、取り扱うジャンルによって難易度や記事のボリュームが変動するためです。

専門的な知識を必要としない記事なら文字単価が1円以下となるケースもあれば、高度な知識が必要な記事では文字単価が5円を上回るケースも珍しくありません。

大切なのは単純な安さではなく、費用と品質のバランスが取れていること

実績や過去の事例を参考に複数のサービスを比較しながら、費用対効果の高いサービスを探してみましょう。

\【無料】資料比較でカンタン!早わかり!/

記事作成代行サービスの選び方・比較ポイント

費用対効果やコスパをチェックする

記事作成代行の料金はサービスによって大きな開きがありますが、安いからといってお得だとは限りません。

むしろ安さだけで選んでしまうと、「記事は増えたものの品質が伴っておらず、上位表示されない、集客につながらない」といった失敗のリスクを高めてしまいます

大切なのは、金額と品質のバランス。

料金を比較する際は、金額と品質の両方をチェックし、コストパフォーマンスに重きを置いて検討しましょう。

課題や利用目的との相性をチェック

記事制作における課題や利用目的は企業によってさまざまです。

  • 記事制作のリソースが足りない
  • 自社で記事を制作しているが、上位表示されない
  • 記事の監修者に専門家を呼びたい

上記は一例ですが、課題や利用目的によって相性のよいサービスは変わります

まずは自社の課題を洗い出し、課題解決に必要な条件を整理して利用目的を明確化しましょう。

ブログ代行やSEO対策など得意分野をチェック

記事作成代行サービスを比較する際は、以下のように各サービスの得意分野を把握することが大切です。

  • 低価格で大量の記事を制作できる
  • SEOに精通した人材が充実している
  • 短納期に強い
  • 各分野の専門家が在籍している

こうした得意分野を把握しておけば、自社サイトとの親和性を図りやすくなるはずです。

前述の課題や利用目的と各サービスの得意分野を照らし合わせることで、目的達成と相性のよい依頼先を効率よく絞り込めるでしょう。

制作体制をチェック

依頼前に記事品質を判断する上で役に立つのが、各サービスの制作体制です。

  • 担当者の経験や実績
  • 再委託の有無(外部に依頼していないか)
  • 記事制作チームの内訳(ディレクター、ライター、校正者など)

制作体制の内訳、担当者の担当者の経験や実績は記事品質の信頼性を図る上での重要な物差しとなるでしょう。

また、再委託されているサービスでは余分な外注コストが発生し、コストパフォーマンスが悪化してしまう可能性があるため、注意が必要です。

\【無料】資料比較でカンタン!早わかり!/

記事作成代行サービスのメリット

記事作成代行サービスの主なメリットを以下にまとめます。

  • リソースを削減できる:
    記事制作に自社のリソースを割く必要がなくなるため、その分ほかの業務に充てられるリソースが増加します。
  • 高品質な記事制作に期待できる:
    文章力だけでなく、SEOや各分野に精通した専門家が記事制作にあたるため、質の高い記事を展開しやすくなります。
  • 安定して記事を増やせる:
    継続して記事作成代行サービスを利用することで、安定的にコンテンツを発信し、幅広いニーズを回収できるようになります。
  • 短期間での量産も可能:
    サービスによっては1,000記事単位で記事制作を依頼できるケースもあるため、短期間で幅広いコンテンツを展開したい際に便利です。

記事作成代行サービスのデメリット

記事作成代行サービスにはメリットだけでなく、以下のようなデメリットがあります。

  • 依頼するまで相性を判断するのが難しい:
    サンプル記事が用意されているケースもありますが、細かな部分までは実際に依頼してみなければわからない部分もあります。
  • 品質の良し悪しを判断するのが難しい:
    記事の良し悪しは文章力だけではありません。SEOや集客に効果的な記事であるかチェックするには専門的な知識が求められるため、結果が出るまで品質の良し悪しを判断できない可能性があります。
  • 内製化が阻害される:
    記事作成を代行してもらうと内部のリソースは削減できますが、記事制作の経験やノウハウを蓄積するのが難しいため、将来的な内製化の流れが阻害されるリスクがあります。

ただし、事前に以下で示す3つのポイントを心がけながら依頼先を選定することにより、デメリットはカバーできます

  • 依頼を受けてきた業界やジャンルなど、過去の実績を細かくチェックできる依頼先を選ぶ
  • 上位表示達成、訪問数アップなど、数字で見える実績も参考にして品質を見極める
  • 記事制作の進め方やレギュレーションを共有してくれる依頼先を選ぶ(内製化のノウハウを蓄積しやすい)

\【無料】資料比較でカンタン!早わかり!/

記事制作代行についてのよくある質問

記事制作代行についてのよくある質問をQ&A形式でまとめました。

おすすめのブログ作成代行サービスは?

ブログは中長期的にコンテンツを発信する性質をもつため、1記事あたりの単価を抑えやすいクラウドソーシングタイプのサービスがおすすめ

クラウドソーシングはライターと直接契約するシステムであるため、特定のライターとじっくり付き合うことが可能です。

ブログの世界観や伝えたいメッセージを共有しながらブログを制作してもらうことで、統一感のあるコンテンツを発信しやすくなるでしょう。

SEO記事作成代行のおすすめサービスは?

SEOライティングに特化している、またはSEO支援に力を入れているサービスを選びましょう。

以下におすすめのサービスを紹介するので参考にしてみてください。

サービス特徴
記事作成代行ドットコムSEOに配慮した記事制作が得意
サグーワークス多数のSEO・コンテンツマーケティング支援実績あり
Buildup徹底したリサーチとノウハウを活用して、上位表示に貢献する記事制作を追求
記事作成代行ウルトラ検索1位を獲得した実績が豊富
テキスパート読みやすさとSEOテクニックを組み合わせて、上位表示に貢献
サクラサク流SEOメソッドSEO業界に18年携わってきた実績を活かし、「SEOコンサルティング+記事作成」サービスを提供

記事作成代行を格安で依頼する方法は?

記事作成代行を格安で依頼したい場合は、以下いずれかの方法がおすすめです。

  1. 価格を自由に設定するクラウドソーシングで発注する
  2. 複数の記事作成代行サービスから見積もりを取る

ただし、料金が安くなるほど質も低くなりやすい点には注意しましょう。

コストがかかる以上は価格は当然重要ですが、期待できる品質もじっくり考えた上で、価格と品質のバランスを考慮して依頼することが大切です。

記事作成代行を活用して効率的に記事を展開しよう

記事作成代行を活用すれば、自社のリソースを削減できるだけでなく、プロによる高品質な記事制作に期待できます。

ですがサービスによって単価や実績、得意分野などはさまざま。

自社にあったサービスを見極めるには、課題や利用目的を明確にした上で複数社を比較しながら検討を進めるのがおすすめです。

本記事で紹介した内容を参考にしながら、ニーズにマッチするサービスを探してみてください。

\【無料】資料比較でカンタン!早わかり!/

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

▼こちらの記事もおすすめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次