病院向け勤怠管理システム13選!医療機関の課題解決に役立つシステムの選び方

病院・医療機関向けの勤怠管理システムなら、複雑なシフト管理や法令遵守をサポートし、労務管理の効率化とコスト削減を期待できます。本記事では、病院向けの勤怠管理システムのおすすめをご紹介。

病院・医療機関によくある課題に触れながら、勤怠管理システム導入の重要性について解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

\今だけ限定!診断からの導入で5,000円分のAmazonギフト券が必ずもらえる/

目次

【比較表】病院向け勤怠管理システムを一覧でチェック

スクロールできます
サービス名初期費用(税込)月額(税込)/1名あたり打刻方法主な機能
ジョブカン勤怠管理無料無料プラン:0円
有料プラン:220円〜
PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート
ハーモス(HRMOS)勤怠無料110円PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS/Slack/LINE/LINE WORKS打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/API 連携
MOT勤怠管理33,000円・4,378円/1〜20名
・9,350円/21〜50名
・16,500円/51〜100名
・101名以上:要問合せ
スマホアプリ/ブラウザ/Wi-Fi/QR/顔認証/ドア開錠/GPS勤怠打刻/シフト管理/勤怠データ分勤務パターン設定/フレックス設定/時差出勤設定/時間有給設定/給与データCSV出力/シフト管理/休日設定/残業アラート/出勤簿/海外タイムゾーン設定/会社情報登録
タッチオンタイム無料330円PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS/PCログオン・オフ/顔認証打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート
KING OF TIME無料330円PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS/PCログオン・オフ/顔認証打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/API 連
COMPANY 勤怠管理要問合せ要問合せPC/スマートフォン/タブレット/ICカード/入館証/PCログオン・オフ打刻/勤怠集計/申請・承認/各種アラート/外部システム連携/工数管理/給与連携
Dr.JOY要問合せ・一部機能無料
※トータル費用は要問合せ
PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/入館証/PCログオン・オフビーコン勤怠管理/面接指導/給与連携/立入検査帳票作成/AI電話/病診連携/医療機関検索/名簿管理/入退館管理/一斉連絡/メッセージ/グループ
TimePro-VG要問合せ要問合せPC/スマートフォン/タブレット/ICカード生体認証/セキュリティリーダー/タイムレコーダー打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/PCログ取得
Vicsell勤怠管理要問合せ要問合せスマホアプリ/ブラウザ/Wi-Fi/QR/顔認証/ドア開錠/GPS勤務予定の作成/打刻データの取込み/就業管理機能/給与連携データ出力/様式9号の作成
CWS就業管理システム要問合せ要問合せICカードリーダ/顔認証と検温を同時に行う打刻/スマートフォン打刻職員管理/勤務表作成/教育支援/出退勤管理(就業管理)/届出管理/時間外管理/連携
勤怠管理パック(医療編)要問合せ要問合せ
※組み合わせにより異なる
ICカード/PC/タブレット/スマートフォン/生体認証<接触型/非接触型>シフト作成/打刻/勤怠管理/給与計算システムと連携 など
※詳細要問合せ
CAERU勤怠 医療無料8,250円 /1拠点タブレット打刻/スマホアプリ打刻簡単打刻/勤務データ管理/有給休暇管理/管理者権限/残業管理/医療のシフト管理/集計・給与連携/勤務申請/勤務の締め/施設ごとのルール設定
OLude要問合せ要問合せ顔認証システム/QRコード打刻/スマートフォン打刻/スマホ便利機能/ICカード打刻医師の働き方改革(自己研鑽・兼業対応)/シフト作成/勤怠打刻/常勤換算表作成/クラウド管理/システム連携/カスタマイズ

▽小規模・個人病院向けの勤怠システムはこちら!

▽中〜大規模病院・医療機関向け勤怠システムはこちら!

\勤怠管理システムは資料請求で一括比較/

病院向け勤怠管理システムとは?

病院向け勤怠管理システムとは、医療機関特有の複雑なシフト管理や労働時間の把握、給与計算を効率的に行うためのソフトウェアツールを指します。

このシステムは、医師や看護師、その他の医療従事者の勤務状況をリアルタイムで管理し、業務の効率化や法令遵守をサポート。導入することで、労務管理の煩雑さを軽減し、医療現場の運営をスムーズに進められます。

病院や医療機関での課題と勤怠管理システムの必要性

  • 複雑なシフト管理の効率化
  • 正確な労働時間の把握と法令遵守
  • 給与計算の正確性向上

医療現場でも「働き方改革法案」により、2024年問題が注目されています。残業時間の上限規制や勤務間インターバル制度といった新しい法案により、今一度医療従事者全体の働き方を見直すべきタイミングです。

医療現場では人材不足のほか、紙のカルテやタイムカードなどペーパーレス化、デジタル化が進んでいないケースも散見されます。

働き方改革の一環として、業務効率化システムの1つである勤怠管理システムの導入を検討してみましょう。

複雑なシフト管理の効率化

病院や医療機関では、24時間体制でのシフト勤務が一般的です。日勤、夜勤、早番、遅番など、複数のシフトパターンが存在し、さらに医師や看護師の資格やスキル、各部門の必要性に応じてシフトを組む必要があります。

このような複雑なシフト管理を手動で行うと、どうしてもミスが発生しやすくなりがち。勤怠管理システムを導入で、シフト作成を自動化し、最適なシフトを効率的に組むことが可能です。

管理者の負担も軽減され、業務の効率化やほかの業務に集中する環境づくりが図れます。

正確な労働時間の把握と法令遵守

適切な労務管理にはスタッフの労働時間を正確に把握し、労働基準法を遵守することが重要。しかし、複雑な勤務形態の医療機関では、紙ベースやエクセルでの勤怠管理では正確な労働時間の把握が難しく、法令遵守のための対応が遅れるおそれがあります。

勤怠管理システムの導入で、スタッフの出退勤時間や休憩時間をリアルタイムで記録し、労働時間を正確に把握。また、システムが法令に基づいた労働時間の管理をサポートするため、法令遵守も容易になります。

給与計算の正確性向上

病院や医療機関では、シフト勤務や時間外労働が多いため、給与計算が複雑化しやすい傾向です。手動での計算はミスが発生しやすく、従業員の不満につながることもあります。

勤怠管理システムの導入で、出退勤データやシフト情報を自動で集計し、正確な給与計算が実現。これにより給与計算のミスを防ぎ、従業員満足度を向上につながります。

\今だけ限定!診断からの導入で5,000円分のAmazonギフト券が必ずもらえる/

病院に適した勤怠管理システムの選び方

  1. 病院の規模にあわせて選ぶ
  2. 病院・医療機関に対応した打刻機能
  3. 柔軟なシフト管理機能
  4. 操作性のよさとユーザーサポート
  5. 他システムとの連携性
  6. 導入・運用コストの比較

病院に適した勤怠管理システムを選ぶ際には、病院の規模や特性にあわせたシステムを導入することが重要です。以下のポイントを考慮することで、効果的なシステムを選定することができます。

1. 病院の規模にあわせて選ぶ

  • クリニック向け:シンプルで使いやすいシステムがおすすめ
  • 中小〜大病院向け:高機能なシステムや人数で料金が変動しないサービスがおすすめ

病院の規模に応じた勤怠管理システムの選定は非常に重要です。機能性の過不足は満足な課題解決につながらないほか、機能が多すぎた場合「使いこなせていないのにコストが余計にかかってしまった」という失敗になりかねません。

小規模病院ではシンプルで使いやすいシステムが適している一方、大規模病院では複雑なシフト管理や多くのスタッフのデータを扱える高機能なシステムが求められます。

病院の規模に応じて適切なシステムを選ぶことで、運用の効率化とコスト削減につながるでしょう。

2. 病院・医療機関に対応した打刻機能

  • GPS打刻
  • スマホ・アプリ打刻
  • 打刻時の生体認証機能

病院や医療機関では、出退勤の記録が非常に重要です。とくに24時間体制で稼働する病院では、イレギュラーの残業対応や日を跨ぐ勤務に対して正確な打刻と記録が求められます。

システム選定時には、生体認証やICカードによる打刻機能、スマートフォンを使ったモバイル打刻機能など、現場のニーズに合った打刻方法が提供されているかを確認しましょう。

外部での訪問看護業務にも対応できる打刻機能があると、さらに便利です。

3. 柔軟なシフト管理機能

医療現場では、日勤・夜勤・早番・遅番など、多様なシフトパターンが存在します。柔軟なシフト管理機能やカスタマイズ性を持つ勤怠管理システムなら、複雑なシフトスケジュールの作成も簡単です。

自動シフト作成機能やシフトの最適化機能が搭載されているシステムは、管理者の負担を大幅に軽減。効率的なシフト管理を実現します。

4. 操作性のよさとユーザーサポート

医療現場のスタッフは多忙であるため、システム浸透に工数がかかると業務に支障が出て本末転倒です。システムの操作が簡単かどうかは非常に重要。直感的に操作できるインターフェースや、わかりやすいマニュアルが提供されているシステムを選びましょう。

また、導入後のユーザーサポート体制も重要です。24時間対応のサポートや、迅速なトラブルシューティングが提供されているかを確認しましょう。

5. 他システムとの連携性

病院では、勤怠管理システム以外にも電子カルテシステムや給与計算システムなど、さまざまなシステムが稼働しています。選定する勤怠管理システムが、これらの既存システムと連携できるかどうかを確認することが重要です。

データの一元管理が可能となることで、業務効率が向上し、情報の重複入力やミスが減少します。

6. 導入・運用コストの比較

勤怠管理システムの導入には初期費用や運用コストがかかります。病院の予算にあわせて、コストパフォーマンスの良いシステムを選びましょう。初期導入費用だけでなく、月々の運用コストや保守費用も含めてトータルコストを比較することが重要です。

また、システム導入による労務管理の効率化やコスト削減効果も考慮することで、病院の規模や課題に対して最適なシステムを選べます。

【クリニック向け】病院・医療機関向け勤怠管理システムおすすめ5選

スクロールできます
サービス名初期費用(税込)月額(税込)/1名あたり打刻方法主な機能
ジョブカン勤怠管理無料無料プラン:0円
有料プラン:220円〜
PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート
ハーモス(HRMOS)勤怠無料110円PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS/Slack/LINE/LINE WORKS打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/API 連携
MOT勤怠管理33,000円・4,378円/1〜20名
・9,350円/21〜50名
・16,500円/51〜100名
・101名以上:要問合せ
スマホアプリ/ブラウザ/Wi-Fi/QR/顔認証/ドア開錠/GPS勤怠打刻/シフト管理/勤怠データ分勤務パターン設定/フレックス設定/時差出勤設定/時間有給設定/給与データCSV出力/シフト管理/休日設定/残業アラート/出勤簿/海外タイムゾーン設定/会社情報登録
タッチオンタイム無料330円PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS/PCログオン・オフ/顔認証打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート
KING OF TIME無料330円PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS/PCログオン・オフ/顔認証打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/API 連

\勤怠管理システムは資料請求で一括比較/

ジョブカン勤怠管理

出典:https://jobcan.ne.jp/

『ジョブカン勤怠管理』は、株式会社DONUTSが提供するおすすめの勤怠管理システムです。累計導入実績で20万社以上を記録しているジョブカンシリーズの製品で、病院・医療機関含め幅広い業界で導入されています(※)。

出勤管理、シフト管理、休暇・申請管理、工数管理の4つから使いたい機能を選んで導入でき、出勤管理のみの場合は1ユーザーあたり月額220円(税込)。シフト管理と組み合わせても330円(税込)でリーズナブルです。

電話やメール、チャットを通じたサポートが無料で提供されているため、はじめて勤怠管理をシステム化する場合もおすすめ。有料で初期設定の代行も対応しています。

サービス名初期費用料金(月額・1名あたり)打刻方法主な機能
ジョブカン勤怠管理無料無料プラン:0円
有料プラン:220円(税込)〜
PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート

※“ジョブカン勤怠管理公式HP”参照

ハーモス(HRMOS)勤怠

出典:https://hrmos.co/kintai/

『ハーモス(HRMOS)勤怠』は、株式会社ビズリーチが提供する病院にもおすすめの勤怠管理システム。業種問わず、累計60,000社以上で活用されている人気のシステムです(※)。

ユーザー数が30名以下の場合は無料で使用でき、勤怠管理システムを導入したいものの費用面が気になる小規模クリニックにおすすめ。有料プランであっても1ユーザーにつき月額110円(税込)なので、ランニングコストを抑えられるでしょう。

リーズナブルなだけでなく、直感的に操作でき使いやすい点も魅力。スマホアプリも用意されており、病院の内外を問わず気軽に打刻可能です。

サービス名初期費用料金(月額・1名あたり)打刻方法主な機能
ハーモス(HRMOS)勤怠無料110円PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS/Slack/LINE/LINE WORKS打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/API 連携

※“ハーモス(HRMOS)勤怠公式HP”参照

MOT勤怠管理

出典:https://www.webjapan.co.jp/product/motkintaikanri/

『MOT勤怠管理』は株式会社バルテックが提供する病院・医療機関向けの勤怠管理システムです。シンプルで使いやすく、豊富な機能を備えつつも直感操作できるのがうれしいポイント。

MOT勤怠管理は打刻方法が豊富で、シーンにあわせて使用できます。

例えば一般的なタブレットやスマホからの打刻のほか、院内Wi-Fiの圏内に入ると自動で打刻する「Wi-Fi自動打刻」は打刻忘れや不正打刻を防止可能。打刻自体をスキップでき、業務工数の削減で効率化を叶えます。

サービス名初期費用月額打刻方法主な機能
MOT勤怠管理33,000円(税込)・4,378円(税込)/1〜20名
・9,350円(税込)/21∼50
・16,500円(税込)/51∼100
・101名以上:要問合せ
スマホアプリ/ブラウザ/Wi-Fi/QR/顔認証/ドア開錠/GPS勤怠打刻/シフト管理/勤怠データ分勤務パターン設定/フレックス設定/時差出勤設定/時間有給設定/給与データCSV出力/シフト管理/休日設定/残業アラート/出勤簿/海外タイムゾーン設定/会社情報登録

Touch On Time(タッチオンタイム)

出典:https://www.kintaisystem.com/

『Touch On Time』は、株式会社デジジャパンが提供する病院向けの勤怠管理システムです。53,000社以上に導入されてきた実績を誇り、発行ID数は320万以上を記録。多くの企業で活用されています(※)。

独自のタイムレコーダーである「タッチオンタイムレコーダー」を提供しており、これひとつでICカード認証やID+パスワード認証、生体認証が叶うのが便利なポイント。PCに接続する必要はありません。

そのほかにも、Web打刻や顔認証など幅広い打刻方法に対応可能です。また、1ユーザーあたり月額330円で全機能を使用でき、コストパフォーマンスを重視したい場合にもおすすめできます。

サービス名初期費用料金(月額・1名あたり)打刻方法主な機能
タッチオンタイム無料330円PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS/PCログオン・オフ/顔認証打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート

※“タッチオンタイム公式HP”参照

KING OF TIME(キングオブタイム)

出典:https://www.kingoftime.jp/

『KING OF TIME』は、株式会社ヒューマンテクノロジーズが提供する病院にもおすすめの勤怠管理システムです。ユーザー数は320万人以上を記録しており、業種問わず多くの企業において導入されています(※)。

打刻方法が非常に豊富に用意されており、PCやスマートフォン、ICカードによる打刻だけでなく、指紋認証や指静脈認証、PCのログオン・ログオフ、顔認証などさまざまなニーズに対応。セキュリティ性の高い打刻方法にしたい場合もおすすめです。

また、電話やチャット、オンラインヘルプや動画コンテンツなど、サポート面が充実しています。

サービス名初期費用料金(月額・1名あたり)打刻方法主な機能
KING OF TIME無料330円PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS/PCログオン・オフ/顔認証打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/API 連

※“KING OF TIME公式HP”参照

【中小〜大手向け】病院・医療機関向け勤怠管理システムおすすめ8選

スクロールできます
サービス名初期費用(税込)月額(税込)/1名あたり打刻方法主な機能
COMPANY 勤怠管理要問合せ要問合せPC/スマートフォン/タブレット/ICカード/入館証/PCログオン・オフ打刻/勤怠集計/申請・承認/各種アラート/外部システム連携/工数管理/給与連携
Dr.JOY要問合せ・一部機能無料
※トータル費用は要問合せ
PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/入館証/PCログオン・オフビーコン勤怠管理/面接指導/給与連携/立入検査帳票作成/AI電話/病診連携/医療機関検索/名簿管理/入退館管理/一斉連絡/メッセージ/グループ
TimePro-VG要問合せ要問合せPC/スマートフォン/タブレット/ICカード生体認証/セキュリティリーダー/タイムレコーダー打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/PCログ取得
Vicsell勤怠管理要問合せ要問合せスマホアプリ/ブラウザ/Wi-Fi/QR/顔認証/ドア開錠/GPS勤務予定の作成/打刻データの取込み/就業管理機能/給与連携データ出力/様式9号の作成
CWS就業管理システム要問合せ要問合せICカードリーダ/顔認証と検温を同時に行う打刻/スマートフォン打刻職員管理/勤務表作成/教育支援/出退勤管理(就業管理)/届出管理/時間外管理/連携
勤怠管理パック(医療編)要問合せ要問合せ
※組み合わせにより異なる
ICカード/PC/タブレット/スマートフォン/生体認証<接触型/非接触型>シフト作成/打刻/勤怠管理/給与計算システムと連携 など
※詳細要問合せ
CAERU勤怠 医療無料8,250円 /1拠点タブレット打刻/スマホアプリ打刻簡単打刻/勤務データ管理/有給休暇管理/管理者権限/残業管理/医療のシフト管理/集計・給与連携/勤務申請/勤務の締め/施設ごとのルール設定
OLude要問合せ要問合せ顔認証システム/QRコード打刻/スマートフォン打刻/スマホ便利機能/ICカード打刻医師の働き方改革(自己研鑽・兼業対応)/シフト作成/勤怠打刻/常勤換算表作成/クラウド管理/システム連携/カスタマイズ

\勤怠管理システムは資料請求で一括比較/

COMPANY 勤怠管理

出典:https://www.works-hi.co.jp/products/attendance

『COMPANY 勤怠管理』は、株式会社Works Human Intelligenceが提供する病院・医療機関に適した勤怠管理システムです。

人事管理や給与計算などさまざまなシステムを提供するCOMPANYシリーズのひとつで、変形労働制やリモート、フレックス、交代勤務など幅広い就業ルールに対応可能勤怠ポータル機能を使えば勤怠状況を一目でチェックできるほか、各種アラートも利用でき、医療現場によくある長時間労働を改善したい場合に役立つでしょう。

勤怠管理だけでなくシフト作成も行えるので、管理者の負担軽減を目指す病院におすすめです。

サービス名初期費用料金(月額・1名あたり)打刻方法主な機能
COMPANY 勤怠管理要問合せ要問合せPC/スマートフォン/タブレット/ICカード/入館証/PCログオン・オフ打刻/勤怠集計/申請・承認/各種アラート/外部システム連携/工数管理/給与連携

Dr.JOY(ドクタージョイ)

出典:https://service.drjoy.jp/

Dr.JOY株式会社が提供する勤怠システム『Dr.JOY』。医療機関向けの働き方改革ソリューションとして開発され、導入実績は4,200施設、利用者は20万人以上とさまざまな病院や医療機関で活用されています(※)。

看護師や事務員だけでなく、忙しく時間超過労働をしがちな医師の働き方改革にもフォーカス。例えば専用のビーコンを持ち歩くことで打刻なしに出退勤データが自動で反映されるため、労働時間の実態を把握可能です。

ほかにも病院で重要な共有事項伝達の機能が豊富。チャット、グループ作成、一斉連絡などさまざまな方法で院内業務をサポートしてくれます。

サービス名初期費用料金(月額・1名あたり)打刻方法主な機能
Dr.JOY要問合せ・一部機能無料
※トータル費用は要問合せ
PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/入館証/PCログオン・オフビーコン勤怠管理/面接指導/給与連携/立入検査帳票作成/AI電話/病診連携/医療機関検索/名簿管理/入退館管理/一斉連絡/メッセージ/グループ

※“Dr.JOY公式HP”参照

TimePro-VG

出典:https://www.tis.amano.co.jp/product/timepro-vg/

『TimePro-VG』は、アマノ株式会社が提供する病院向けの勤怠管理システムです。オンプレミス型・クラウド型のどちらの導入形態にも対応しています。

使いやすさにこだわって開発されており、負担となりがちな勤怠管理を効率化。打刻・申請漏れなどにもスムーズに対応し、アラートメッセージで労務リスクも軽減します。

また、会社の規模が大きいと働き方も多用となりますが、パート・アルバイトや時短勤務、フレックス、テレワークなど、幅広いワークスタイルもまとめて管理可能です。

専門SEによる導入サポートや導入後の運用支援まで、サポート体制も整えられています。

サービス名初期費用料金(月額・1名あたり)打刻方法主な機能
TimePro-VG要問合せ要問合せPC/スマートフォン/タブレット/ICカード生体認証/セキュリティリーダー/タイムレコーダー打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/PCログ取得

Vicsell 病院向け勤怠管理Ⅱ

出典:https://vicsell.jp/prg_kh.html

『Vicsell病院向け勤怠管理Ⅱ』は病院・介護施設向けの勤怠管理システムです。パッケージ型のシステムで、ライセンスフリー。端末の使用台数や利用人数で料金が変わらないので、大規模な病院におすすめです。

さまざまなタイムレコーダーと連携可能で、「打刻方法は変えず、集計を効率化したい」といった場合に適しています。使用できるタイムレコーダの指定はないため、一新したい場合も施設の課題にあわせて相談に乗ってくれるのもポイントです。

サービス名初期費用月額打刻方法主な機能
Vicsell勤怠管理要問合せ要問合せスマホアプリ/ブラウザ/Wi-Fi/QR/顔認証/ドア開錠/GPS勤務予定の作成/打刻データの取込み/就業管理機能/給与連携データ出力/様式9号の作成

CWS就業管理システム

出典:https://service.infocom.co.jp/healthcare/ope/CWS-Hosp.html

『CWS就業管理システム』はインフォコム株式会社が提供する医療機関向け勤怠管理システムです。24時間体制の複雑な勤務形態はもちろん、医師の日当直、OPE室の待機勤務など医療機関特有の勤務形態に対応しています。

自己申告になっていた勤怠をシステム化することで、勤務実績の妥当性・正確性を向上。業務外時間の把握や日当直勤務の回数チェックも可能です。

看護師、医療事務員、医師など病院で勤務するあらゆる業種の勤怠に対応しているため、システムの一本化で導入コストや運用の手間も削減できます。給与管理システムとの連携で、さらに労務効率化が見込めるでしょう。

サービス名初期費用月額打刻方法主な機能
CWS就業管理システム要問合せ要問合せ
ICカードリーダ/顔認証と検温を同時に行う打刻/スマートフォン打刻職員管理/勤務表作成/教育支援/出退勤管理(就業管理)/届出管理/時間外管理/連携

勤怠管理パック(医療編)

出典:https://www.ricoh.co.jp/solutions/industry/medical/attendance

リコージャパンの提供する『勤怠管理パック(医療編)』は、働き方改革関連法の対応はもちろん、多様な働き方にあわせた勤怠を適用する勤怠管理システム。正確な打刻管理から給与計算、シフト作成までの複雑な業務を一連で効率化可能です。

“パック”の名の通り、効率化したい業務にあわせてパッケージをカスタマイズできるのが特徴。パックの内容により機能性や価格も大きく異なるので、まずは問い合わせてみましょう。

サービス名初期費用月額打刻方法主な機能
勤怠管理パック(医療編)要問合せ要問合せ
※組み合わせにより異なる
ICカード/PC/タブレット/スマートフォン/生体認証<接触型/非接触型>シフト作成/打刻/勤怠管理/給与計算システムと連携 など
※詳細要問合せ

CAERU(かえる)勤怠管理 医療

出典:https://japanpt.org/medical/

『CAERU勤怠 医療』は、CAERU株式会社が提供する勤怠管理システム。一般企業やオフィスにおすすめの『CAERU勤怠』シリーズから派生したものの1つで、病院・医療機関に特化した機能を備えています。

日をまたぐ夜勤や交代制の複雑な打刻も自動で計算して集計。忙しいタイミングでの打刻のし直しも不要になります。打刻自体もICカードをかざすだけの簡単仕様で、ミスがあるとリアルタイムで通知してエラーをお知らせしてくれるのも魅力です。

さらにAIによる自動チェックが特徴で、異常な打刻や残業時間の上限オーバーを検知して予防します。管理者の負担軽減につながるでしょう。

サービス名初期費用月額打刻方法主な機能
CAERU勤怠 医療無料8,250円(税込) /1拠点タブレット打刻/スマホアプリ打刻簡単打刻/勤務データ管理/有給休暇管理/管理者権限/残業管理/医療のシフト管理/集計・給与連携/勤務申請/勤務の締め/施設ごとのルール設定

OLude(オルデ)

出典:https://tcc.olude.jp/

『OLude』は、医療業界専門に作られた勤怠管理システムです。シフト、打刻、勤怠、月次を1パッケージで管理可能。働き方改革や24時間内の複数勤務にも対応し、病院特有の勤怠管理をサポートしてくれます。

医師の自己研鑽時間も勤怠画面で集計できるほか、複数勤務先で働く場合の兼業先労働時間まで一元管理。ついつい長くなりがちな労働時間を医師自身もしっかり把握できます。

また、打刻も忘れがちな忙しい医師には顔認証打刻システムを活用することで漏れを防止。打刻と検温を完全非接触で行えます。こちらの顔認証は打刻以外にも、患者の本人確認にも利用可能です。

サービス名初期費用月額打刻方法主な機能
OLude要問合せ要問合せ顔認証システム/QRコード打刻/スマートフォン打刻/生体認証/ICカード打刻医師の働き方改革(自己研鑽・兼業対応)/シフト作成/勤怠打刻/常勤換算表作成/クラウド管理/システム連携/カスタマイズ

病院・医療機関向け勤怠管理システムによくあるQ&A

病院・医療機関に勤怠管理システムを導入するメリットは?

  1. シフト管理の効率化
    病院は24時間体制での勤務が必要なため、複雑なシフト管理が求められます。勤怠管理システムの導入でシフトの作成や調整が自動化され、管理者の負担が大幅に軽減。シフトの変更や調整も迅速に行えるため、労働時間の適正管理が実現します。
  2. 正確な労働時間の記録と法令遵守
    医療現場では、正確な労働時間の把握が重要です。勤怠管理システムにより出退勤時間や休憩時間が自動で記録され、労働時間の管理が正確に行えます。これにより、労働基準法の法令遵守も容易化。過重労働の防止や、労働環境の改善が図れます。
  3. 給与計算の精度向上
    複雑なシフト勤務や時間外労働が多い病院では、給与計算が煩雑になりがち。勤怠管理システムの導入で出退勤データを自動的に集計し、正確な給与計算が実現。これにより、給与計算のミスが減少し従業員の満足度向上にもつながります。
  4. 業務の効率化とコスト削減
    手動での勤怠管理は時間と労力がかかりますが、勤怠管理システム導入で業務の効率化が図れます。また、ペーパーレス化や自動化により事務作業の負担が軽減され、人的ミスも減少。結果として、コスト削減にもつながります。
  5. リアルタイムのデータ管理とレポート作成
    勤怠管理システムはリアルタイムでデータを管理し、必要な情報を迅速な把握が実現。これにより、スタッフの労働時間や勤務状況を即座に確認でき、業務の改善や労働環境の向上に役立つレポートの作成が容易になります。

病院・医療機関に勤怠管理システムを導入するデメリットは?

  1. 初期導入費用と運用コスト
    勤怠管理システムの導入には初期費用が必要。また、システムの導入後も定期的な保守・運用費用が発生するため、これらのコストが経営負担となる場合があります。とくに小規模な病院では、初期投資の回収が課題となることも考慮しましょう。
  2. システム導入のための教育・トレーニング
    新しいシステムの導入には、スタッフへの教育やトレーニングが必要です。操作方法やシステムの利用方法を理解し、日常業務にスムーズに取り入れるための研修が求められます。これによる、一時的な業務の停滞やスタッフの負担増加も念頭に入れましょう。
  3. システム障害やトラブルのリスク
    ITシステムのリスクとしてあるのが、システム障害やトラブル。とくに病院のような重要な業務を扱う環境では、システムのダウンタイムが業務に大きな影響を及ぼすおそれがあります。バックアップ体制やサポート体制が整っていないと、業務運営に支障をきたすことがあるので注意しましょう。

訪問医療や介護、ヘルパー業務も勤怠管理できるシステムは?

本記事で紹介した勤怠システムの中では、以下がおすすめです。

  • ジョブカン勤怠管理
  • MOT勤怠管理
  • Vicsell勤怠管理
  • KING OF TIME

そのほか、「介護業界に適した勤怠管理システムをもっと知りたい」という方は以下の記事もチェックしてみてください。

【まとめ】勤怠管理システム導入で病院・医療機関の労働環境を改善

病院向け勤怠管理システムは、複雑なシフト管理や労働時間の正確な把握、給与計算の精度向上など、多くの課題を解決するための有力なツールです。

医療機関が直面する労務管理の煩雑さを軽減し、業務の効率化を図るために、導入を検討する価値があります。

適切な勤怠管理システムを選ぶことで、法令遵守や従業員満足度の向上にも寄与。医療現場の運営をスムーズに進めましょう。

\今だけ限定!診断からの導入で5,000円分のAmazonギフト券が必ずもらえる/

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次