介護業界向け勤怠管理システムおすすめ13選!選び方のポイントや導入メリットも解説

おすすめの介護業界向け勤怠管理システムをご紹介。訪問介護や変形労働時間制に対応した打刻ができるものや、煩雑になりがちな月末の給与計算や報告業務をサポートする勤怠管理システムを厳選しました。

そのほかにも、業界にあった勤怠管理システムを選ぶ重要性や導入メリット、よくあるポイントまで解説しているので参考にしてみてください。

\今だけ限定!診断からの導入で5,000円分のAmazonギフト券が必ずもらえる/

目次

介護業向け勤怠管理システムとは?特徴を解説

勤怠管理システムとは企業や組織が従業員の出退勤時間、労働時間、休憩時間、残業時間などの勤怠情報を効率的に管理するためのツール。

従来の手作業や紙ベースの勤怠管理方法に比べて、精度が高く、時間やコストの削減につながるため、さまざまな業界で導入が進んでいます。

介護業向けの勤怠管理システムは、介護施設や訪問介護事業所の特有のニーズに対応できる・またはそのために設計されているのが特徴です。

介護業界によくある勤怠管理の課題3つ

  1. 24時間体制のシフト管理・作成の複雑さ
  2. 労働時間が変形的で勤怠管理が難しい
  3. 給与計算が複雑化しやすい

介護業界は、利用者の生活を支えるために24時間体制での業務が求められる環境です。このため、勤怠管理に関して特有の課題が多く存在します。ここでは、介護業界でよく見られる勤怠管理の課題を3つ取り上げ、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1. 24時間体制のシフト管理・作成の複雑さ

介護施設では、24時間体制で日勤、夜勤、早番、遅番などの複数のシフトパターンがあります。それぞれをバランスよく管理するのは非常に複雑です。

シフト作成時には、従業員の希望や休暇、資格やスキルに応じた配置も考慮しなければならず、手作業でのシフト作成は大きな負担となります。

また、シフトの変更や急な欠勤に対応するための調整も頻繁に発生し、管理者の負担は増加。対応が難しいと従業員のモチベーションも低下し、不満による退職やサービスの質が問題になるといったおそれもあります。

2. 労働時間が変形的で勤怠管理が難しい

介護業界では、従業員の労働時間や場所を正確に確認できない場合もあるでしょう。

例えば急を要するイレギュラーな対応が発生したり、訪問介護で勤務状況が見えないなどの場合には打刻漏れが起きたり、不正申告がしやすくなり勤怠管理が難しくなります。

また、正確な労働時間の記録や残業時間の算出も複雑になるため、法令違反のリスクや従業員の不満を招く可能性も否めません。また、複数の現場を掛けもちする場合にはさらに管理が難しくなるため、リアルタイムでの打刻や勤怠状況を確認できる仕組みが必要です。

3. 給与計算が複雑化しやすい

介護業界の給与計算は基本給に加えて、役職手当、夜勤手当、資格手当、残業手当など、さまざまな手当が加算されるため非常に複雑です。

また、労働時間を正確に反映した給与計算が必要ですが変動も多く、手作業での計算でミスが発生すると従業員からの信頼を損なう事態や法令違反になるおそれがあります。

勤怠管理システム導入のメリット

  • リアルタイムの勤怠データ管理で不正を防止
  • 正確に労働時間を把握し法令遵守をサポート
  • 複雑な給与計算の精度向上
  • 労務管理の効率化とコスト削減
  • 自動化で効率的にシフト管理可能

リアルタイムの勤怠データ管理で不正を防止

勤怠管理システムを導入することで、従業員の出退勤データをリアルタイムで管理できます。これにより、タイムカードの改ざんや不正な勤怠記録を防止可能です。

システムによっては、ICカードや顔・指紋といった生体認証などの技術で正確なデータ収集をサポート。従業員が適正な勤務時間を守るよう促します。

リアルタイムのデータ管理は、従業員の労働状況を即座に把握できるため、問題が発生した際の迅速な対応も可能です。

正確に労働時間を把握し法令遵守をサポート

労働基準法やその他の労働関連法規に基づいた正確な労働時間の管理は、企業にとって重要な課題です。勤怠管理システムは、労働時間の自動計算や残業時間のチェック機能を備えており、法定労働時間を超える労働を自動的に警告できます。

これにより、法令違反を未然に防ぎ、労務管理のコンプライアンスを徹底。さらに最新の法改正にも対応できるため、常に適正な労働時間管理が可能です。

複雑な給与計算の精度向上

勤怠管理システムは、基本給に加え複数の手当が加算される介護業界の複雑な給与計算を自動化。正確な給与計算をサポートします。

手作業による計算ミスを防ぎ従業員に対して正確な給与を支払うことで、信頼関係の構築にも役立つでしょう。

労務管理の効率化とコスト削減

勤怠管理システムを導入することで、労務管理の効率化が図れます。従来の手作業による勤怠管理から解放され、システムが自動的にデータを収集・管理するため、管理者の負担が大幅に軽減。

事務作業を自動化することで、通常業務も効率的にゆとりをもって取り組めます。

さらにシステムによる正確な労働時間の記録は労務関連のトラブルを減少させるため、無駄な対応リソースの削減にも貢献。属人化も防止でき、労務管理全体のパフォーマンス向上が期待できるでしょう。

自動化で効率的にシフト管理可能

勤怠管理システムには、打刻や労働時間の集計機能以外にもシフト作成機能を備えたものも多く存在します。従業員の希望や資格、スキルに応じた最適なシフトを自動で生成可能です。

これにより、シフト作成にかかる時間と労力を大幅に削減。管理者は他の重要な業務に集中できます。

また、シフトの変更や調整も簡単に行えるため、急な欠勤や業務の変動にも柔軟に対応しやすくなり、従事者の働きやすさにも寄与するでしょう。

介護業界に適した勤怠管理システムの選び方

  • 勤務形態に則したシフト管理機能があるか
  • 訪問介護にも対応する打刻方法を選べるか
  • 操作の簡便さとサポート体制も確認
  • 費用対効果はトータルコストで比較
  • 他システムとの連携性

勤務形態に則したシフト管理機能があるか

介護業界では、24時間体制でのシフト管理が求められます。そのため、日勤、夜勤、早番、遅番など、複数のシフトパターンに対応できるシフト管理機能が必要です。

システムが従業員の希望や資格、スキルに基づいてシフトを自動作成・調整できるかを確認しましょう。急な欠勤やシフト変更にも柔軟に対応できれば、シフト管理の手間を大幅に減らせます。

訪問介護にも対応する打刻方法を選べるか

介護施設だけでなく、訪問介護も行う場合、外出先での打刻が可能なシステムが求められます。スマートフォンやタブレットを利用したGPS打刻や、ICカード、QRコードを使った打刻など、多様な打刻方法に対応しているシステムを選ぶことで、正確な勤怠管理が実現

訪問介護の現場での運用をスムーズにするためにも、モバイル対応の打刻機能は必須です。

操作の簡便さとサポート体制も確認

勤怠管理システムは日常的に利用されるツールのため、操作が簡便であることが重要です。直感的な操作が可能なインターフェースをもつシステムを選ぶことで、従業員や管理者の負担を軽減できます。

また、導入後のサポート体制も要チェック。トラブルが発生した際に迅速に対応してもらえるか、サポート窓口の対応時間や連絡方法なども確認しておきましょう。

トータルコストで比較

勤怠管理システムの導入の際は、単にイニシャルコストや月額のみで判断するのではなく、費用対効果をトータルコストで比較することが大切です。

導入後の運用コストや、効率化によって削減できる人件費、ミス防止によるリスク回避効果などを総合的に考慮しましょう。コスト削減効果が高いシステムを選ぶことで、長期的な運用メリットが得られます。

他システムとの連携性

勤怠管理システムは労務管理システムと連携することで、さらに業務全体の効率化につながります。

例えば、給与計算システムや人事管理システムとの連携がスムーズに行えるかどうかも重要なポイントです。データの二重入力を防ぎ、効率的な業務運用につながるでしょう。

連携機能が充実しているシステムを選ぶことで、業務の一元管理が可能になります。また、連携先が豊富な勤怠システムなら既存で運用している労務管理システムを活かせるかもしれません。

コストを抑えて必要な機能だけを導入するためにもチェックしておきましょう。

介護業向けおすすめ勤怠管理システム13選

スクロールできます
サービス名月額打刻方法主な機能
CAERU勤怠 介護8,250円(税込) /1拠点タブレット打刻/スマホ・アプリ打刻打刻のリアルタイム管理/クラウド共有/AI自動チェック/個人の勤怠印刷/
有給休暇管理/残業管理/介護のシフト管理/給与連携
ジョブカン勤怠管理無料プラン:0円
有料プラン:220円(税込)〜
PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート
One人事[勤怠]要問合せPC/スマートフォン/GPS打刻/勤怠集計/シフト管理/休暇管理/36協定管理
ケアズ・コネクト・勤怠ライト:300円(税要確認)/1名
・ベーシック:要問い合わせ
QRコードのタイムカード/タブレット/スマホ/GPS打刻/顔認証デジタルタイムカード/シフト表/勤怠ワークフロー/勤怠状況確認/給与計算用CSV出力/常勤換算・従業者の勤務体制及び勤務形態一覧表出力/有給自動付与・有給5日間アラート
ShiftMAX50,000円(税要確認)〜ICカード/WEB打刻(PC、タブレット)/指静紋打刻/モバイル打刻(携帯、タブレット)Excelインターフェース/アレンジ&オーダーメイド/データセンター/シフト/打刻/ワークフロー/アラート/実績確定/休暇管理/出力集計
Toucheez QR勤怠要問い合わせQRコード打刻/位置情報取得勤怠打刻/シフト管理/勤怠データ分析/給与計算/業務報告/施設管理/資格管理/役割管理/CSV出力
MOT勤怠管理・4,378円(税込)/1〜20名
・9,350円(税込)/21∼50名
・16,500円(税込)/51∼100名
・101名以上:要問い合わせ
スマホアプリ/ブラウザ/Wi-Fi/QR/顔認証/ドア開錠/GPS勤怠打刻/シフト管理/勤怠データ分勤務パターン設定/フレックス設定/時差出勤設定/時間有給設定/給与データCSV出力/シフト管理/休日設定/残業アラート/出勤簿/海外タイムゾーン設定/会社情報登録
Vicsell勤怠管理要問い合わせスマホアプリ/ブラウザ/Wi-Fi/QR/顔認証/ドア開錠/GPS勤務予定の作成/打刻データの取込み/就業管理機能/給与連携データ出力/様式9号の作成
MINAGINE勤怠管理33,000円(税込)〜
※31名以上は月額従量課金制
ICカード打刻(ピットタッチ)/PC(web打刻)/ログオン・ログオフ打刻※有料/Slack打刻/スマホ打刻タイムカード/打刻/出勤予定(勤務表)の作成/残業申請/有給(休暇)申請/給与ソフト連携/PCログ取得/36協定・上限規制チェック/有給(休暇)取得チェッカー
freee勤怠管理Plus300円(税要確認)PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/多言語対応
KING OF TIME330円(税込)PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS/PCログオン・オフ/顔認証打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/API連携
ジンジャー勤怠300円(税要確認)PC/スマートフォン/タブレット/ICカード打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/多言語対応連携
マネーフォワード クラウド勤怠4,378円(税込)〜PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/GPS打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート

\勤怠管理システムは資料請求で一括比較/


CAERU(かえる)勤怠 介護- 複数拠点の勤怠データも一括管理

出典:https://japanpt.org/care/

『CAERU勤怠 介護』は、CAERU株式会社が提供する勤怠管理システム。一般企業やオフィスにおすすめな『CAERU勤怠』シリーズから派生したもの1つで、介護業界に特化した機能を備えています。

日をまたぐ夜勤や交代制の複雑な打刻も自動で計算して集計。忙しいタイミングでの打刻のし直しも不要になります。打刻自体もICカードをかざすだけの簡単仕様です。

さらにAIによる自動チェックが特徴で、異常な打刻や残業時間の上限オーバーを検知して予防します。管理者の負担軽減につながるでしょう。

複数の施設の打刻情報も一括管理可能なので、事業所が多い介護施設や急なヘルプ勤務の際も簡単に勤怠管理できるのが魅力です。

サービス名月額打刻方法主な機能
CAERU勤怠 介護8,250円(税込) /1拠点タブレット打刻/スマホ・アプリ打刻打刻のリアルタイム管理/クラウド共有/AI自動チェック/個人の勤怠印刷/
有給休暇管理/残業管理/介護のシフト管理/給与連携

ジョブカン勤怠管理- はじめての業務クラウド化にもおすすめ

出典:https://jobcan.ne.jp/

『ジョブカン勤怠管理』は、株式会社DONUTSが提供するおすすめの勤怠管理システムです。累計導入実績で20万社以上を記録しているジョブカンシリーズの製品で、人材派遣業も含め幅広い業界で導入されています(※)。

出勤管理、シフト管理、休暇・申請管理、工数管理の4つから使いたい機能を選んで導入でき、出勤管理のみの場合は1ユーザーあたり月額220円(税込)シフト管理と組み合わせても330円(税込)でリーズナブルです。

電話やメール、チャットを通じたサポートが無料で提供されているため、はじめて勤怠管理をシステム化する場合も安心。有料で初期設定の代行も対応しています。

サービス名料金(月額・1名あたり)打刻方法主な機能
ジョブカン勤怠管理・無料プラン:0円
・有料プラン:220円(税込)〜
PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート

※“ジョブカン勤怠管理公式HP”参照


One人事[勤怠]- 必要な機能のみをカスタマイズして導入可能

出典:https://onehr.jp/attendance/

『One人事[勤怠]』は、One人事株式会社が提供する機能の充実した勤怠管理システムです。中小企業から大手企業、地方自治体まで業種や企業規模を問わず導入されており、シリーズ累計で720社以上で利用されています(※)。

出退勤の管理や勤務状況の管理、シフト管理やワークフローのほか、36協定の管理やフレックス勤務の管理まで豊富な機能を搭載。同シリーズの労務や給与、タレントマネジメントなどとまとめて導入し、バックオフィス業務を一気通貫で行えます。

現在は複数のシステムを利用しており、統合して効率化を図りたい介護事業者におすすめです。

サービス名月額打刻方法主な機能
One人事[勤怠]要問合せPC/スマートフォン/GPS打刻/勤怠集計/シフト管理/休暇管理/36協定管理

※“One人事[勤怠]公式HP”参照


ケアズ・コネクト- 介護事業所の課題に合わせて導入できる

出典:https://carez.jp/

『ケアズ・コネクト』は介護業界に寄り添った機能が魅力の包括的な労務システム。ケアズ・コネクトが大切にしているのはスタッフの定着。働きやすさに直結する労働時間管理以外にも、現場の雰囲気や情報共有のスムーズさをサポートするICTを提供しています。

現場改善にフォーカスしており、ベーシックプランならさまざまな悩みに合わせて機能をカスタマイズ可能。

「介護事業所向け勤怠管理」機能では介護・福祉専門社労士が監修しているのがポイントです(※)。介護業界における24時間体制での勤務を前提に、フレキシブルで複雑な勤怠を効率化してくれます。

サービス名月額打刻方法主な機能
ケアズ・コネクト・勤怠ライト:300円(税要確認)/1名
・ベーシック:要問い合わせ
QRコードのタイムカード/タブレット/スマホ/GPS打刻/顔認証デジタルタイムカード/シフト表/勤怠ワークフロー/勤怠状況確認/給与計算用CSV出力/常勤換算・従業者の勤務体制及び勤務形態一覧表出力/有給自動付与・有給5日間アラート

※“ケアズ・コネクト公式HP”参照


ShiftMAX(シフトマックス)- フレキシブルな勤務形態の業界におすすめ

出典:https://shiftmax.co.jp/kaigo/

『ShiftMAX(シフトマックス)』は、KYODOU株式会社が提供するシフト管理・勤怠管理システム。介護をはじめ、建設、警備などのフレキシブルな働き方に対応しているのが強みです。

スマホからのモバイル打刻が可能で、GPS機能により不正打刻を防止。管理者もスマホで確認・承認ができるので、承認漏れや申請ミスの削減につながります。

スマホの操作が難しい、スマホをもっていないという方に向け、音声ガイダンスによる通話打刻にも対応。電話をかけてガイダンス通りに対応するだけで打刻できます。

勤怠データはクラウド上に保存され、そのまま給与ソフトに連携できるため、給与計算も効率化できるでしょう。

サービス名月額打刻方法主な機能
ShiftMAX50,000円(税要確認)〜ICカード/WEB打刻(PC、タブレット)/指静紋打刻/モバイル打刻(携帯、タブレット)Excelインターフェース/アレンジ&オーダーメイド/データセンター/シフト/打刻/ワークフロー/アラート/実績確定/休暇管理/出力集計

Toucheez QR勤怠- 柔軟なカスタマイズ性が魅力

出典:https://www.qr-kintai.toucheez.jp/

『Toucheez QR勤怠』はそれぞれの業界特有の法規定や、業務フローに伴う課題解決をサポートする勤怠管理システムです。介護業界の抱える課題にもフィットしています。

打刻には、従業員1人ひとりに配布されるQRコードを利用。かざすだけで出退勤の記録が完了します。訪問介護の際は、訪問先にQRコードを発行・設置し、それを読み込むことで位置情報管理と打刻管理が同時に完了できるのが魅力です。

導入の際は、「ICTコンサルティングチーム」が伴走支援。初めてのクラウド導入やスムーズな運用が不安な場合にもおすすめです。

サービス名月額打刻方法主な機能
ToucheeZ QR勤怠要問い合わせQRコード打刻/位置情報取得勤怠打刻/シフト管理/勤怠データ分析/給与計算/業務報告/施設管理/資格管理/役割管理/CSV出力


MOT勤怠管理- シーンに合わせて打刻方法を選べる

出典:https://www.webjapan.co.jp/product/motkintaikanri/

『MOT勤怠管理』は株式会社バルテックが提供する介護・福祉業向け向けの勤怠管理システムです。シンプルで使いやすく、豊富な機能を備えつつも直感操作できるのがうれしいポイント。

MOT勤怠管理は打刻方法が豊富で、シーンに合わせて使用できます。

例えば一般的なタブレットやスマホからの打刻のほか、社内Wi-Fiの圏内に入ると自動で打刻する「Wi-Fi自動打刻」は打刻忘れや不正打刻を防止可能。打刻自体をスキップでき、業務工数の削減で効率化を叶えます。

サービス名月額打刻方法主な機能
MOT勤怠管理・4,378円(税込)/1〜20名
・9,350円(税込)/21∼50名
・16,500円(税込)/51∼100名
・101名以上:要問い合わせ
スマホアプリ/ブラウザ/Wi-Fi/QR/顔認証/ドア開錠/GPS勤怠打刻/シフト管理/勤怠データ分勤務パターン設定/フレックス設定/時差出勤設定/時間有給設定/給与データCSV出力/シフト管理/休日設定/残業アラート/出勤簿/海外タイムゾーン設定/会社情報登録


Vicsell勤怠管理- 大規模介護施設におすすめ

出典:https://vicsell.jp/prg_kh.html

『Vicsell勤怠管理』は病院・介護施設向けの勤怠管理システムです。パッケージ型のシステムで、ライセンスフリー。端末の使用台数や利用人数で料金が変わらないので、大規模な介護施設や病院におすすめです。

さまざまなタイムレコーダーと連携可能で、「打刻方法は変えず、集計を効率化したい」といった場合に適しています。使用できるタイムレコーダの指定はないため、一新したい場合も施設の課題に合わせて相談に乗ってくれるのもポイントです。

サービス名月額打刻方法主な機能
Vicsell勤怠管理要問い合わせ
スマホアプリ/ブラウザ/Wi-Fi/QR/顔認証/ドア開錠/GPS勤務予定の作成/打刻データの取込み/就業管理機能/給与連携データ出力/様式9号の作成


MINAGINE(ミナジン)勤怠管理- 人手不足が気になる介護事業所向け

出典:https://minagine.jp/system/

『MINAGINE(ミナジン)勤怠管理』は人材不足が課題となりやすい介護業界向けの勤怠管理システムです。

システムの導入から初期設定はミナジン側が代行。システム化に不慣れな場合やリソースがさけない場合にも、お任せできます。

ほかにも初回の打刻データが永久保存される仕様のため、打刻時間の改ざんを防止する機能も搭載。導入や機能を使いこなす訓練などは最低限に、システム化で不正や違反を自動で防止できます。

サービス名月額打刻方法主な機能
MINAGINE勤怠管理33,000円(税込)〜
※31名以上は月額従量課金制
ICカード打刻(ピットタッチ)/PC(web打刻)/ログオン・ログオフ打刻※有料/Slack打刻/スマホ打刻タイムカード/打刻/出勤予定(勤務表)の作成/残業申請/有給(休暇)申請/給与ソフト連携/PCログ取得/36協定・上限規制チェック/有給(休暇)取得チェッカー


freee勤怠管理Plus- 1人300円〜とリーズナブルに使える

出典:https://www.freee.co.jp/time-tracking-plus/

『freee勤怠管理Plus』は、フリー株式会社が提供する勤怠管理システム。初期費用は無料、1ユーザーあたり300円(税要確認)の従量課金制なので、費用の無駄なく使えるのが魅力です。

使いやすく直感的に操作できるため、はじめて勤怠管理システムを導入する企業にもおすすめ。CSVファイルとしてデータを取り出せるので、外部の給与計算システムとの連携も可能です。

また、同シリーズ製品である『freee人事労務』や、施設独自の手当を設定・反映することで煩雑な給与計算を効率化できる『freee介護加算』と連携できます。バックオフィス業を包括的に見直したい場合に検討してみましょう。

サービス名月額打刻方法主な機能
freee勤怠管理Plus300円(税要確認)PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/多言語対応

KING OF TIME- 豊富な打刻方法で訪問介護にも対応

出典:https://www.kingoftime.jp/

『KING OF TIME』は、株式会社ヒューマンテクノロジーズが提供するおすすめの勤怠管理システムです。ユーザー数は331万人以上を記録しており、介護業界をはじめ多くの企業に導入されています(※)。

打刻方法が豊富に用意されており、PCやスマートフォン、ICカードによる打刻だけでなく、指紋認証や指静脈認証、PCのログオン・ログオフ、顔認証などさまざまなニーズに対応。訪問介護やデイサービスの際も、正確な打刻管理が叶います。

また、電話やチャット、オンラインヘルプや動画コンテンツなど、サポート面が万全なのもポイントです。

サービス名月額打刻方法主な機能
KING OF TIME330円(税込)PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/生体認証/GPS/PCログオン・オフ/顔認証打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/API連携

※“KING OF TIME公式HP”参照


ジンジャー勤怠- ユーザーフレンドリーなUIで直感操作

出典:https://hcm-jinjer.com/kintai/

『ジンジャー勤怠』は、jinjer株式会社が提供する介護業界にもおすすめの勤怠管理システムです。シンプルでわかりやすい画面設計が魅力で、システムに不慣れな人であっても簡単に操作できます。

機能に関しては、出退勤の管理やワークフロー、シフト管理、有給休暇管理などの基本機能のほか、英語やタイ語、ベトナム語など多言語対応も可能。外国人も積極的に採用している企業にはとくにおすすめです。

1ユーザーあたり300円(税要確認)で利用できるので、なるべく費用を抑えたい場合にも助かるでしょう。

サービス名月額打刻方法主な機能
ジンジャー勤怠300円(税要確認)PC/スマートフォン/タブレット/ICカード打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/多言語対応連携

マネーフォワードクラウド勤怠- 介護業界の働き方改革もサポート可能

出典:https://biz.moneyforward.com/attendance/

『マネーフォワード クラウド勤怠』は、株式会社マネーフォワードが提供するおすすめの勤怠管理システムです。

業種問わず多くの企業に導入されており、基本勤務制をはじめフレックスや裁量労働制、シフト制や変形労働時間制など多様な就業ルールに対応して勤怠管理を行えます。

小規模事業者向けのプランは年額39,336円(税込)、中小企業向けは年額65,736円(税込)で利用でき、勤怠のみならず給与管理や年末調整、会計や請求書管理などの関連サービスも併用可能。バックオフィスをまとめてクラウド化したい企業にぴったりです。

サービス名料金(月額・1契約あたり)打刻方法主な機能
マネーフォワード クラウド勤怠4,378円(税込)〜PC/スマートフォン/タブレット/ICカード/GPS打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート

介護業向けおすすめ勤怠管理システムによくある質問

カイポケに勤怠管理機能はある?

『カイポケ』は主に介護記録やレセプトの作成・請求を助けるシステムで、勤怠管理機能は備えていません。

ただし、カイポケを利用し、かつマネーフォワード クラウドに登録することで連携利用が可能。『カイポケ会計・労務 by マネーフォワード クラウド』として勤怠管理や給与計算、会計といった労務機能を使用できます。

訪問介護業にも対応した勤怠管理システムはどれ?

訪問介護業におすすめの勤怠管理システムは以下のとおりです。

どれもGPS打刻やスマホでの打刻に対応のほか、生体認証も備えており不正打刻を防止できます。

勤怠管理システムで介護業界の労務管理を最適化

介護業界における勤怠管理システムの導入は、労務管理の効率化、法令遵守の徹底、従業員の働きやすさ向上に大きく貢献します。シフト管理やリアルタイムの勤怠データ収集、法令サポート、給与計算の精度向上といった機能を備えたシステムを活用することで、介護施設の運営はよりスムーズになるでしょう。

また、労働環境の改善により、従業員のモチベーションが向上。質の高い介護サービスの提供も可能となります。

これらのメリットを最大限に活かし、介護業界特有の課題に対応するために、適切な勤怠管理システムを導入してみてください。

\今だけ限定!診断からの導入で5,000円分のAmazonギフト券が必ずもらえる/

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次