変形労働時間制に対応した勤怠管理システム10選!導入メリット・デメリットや運用手順もあわせて解説

働き方の多様化に対応する「変形労働時間制」。勤怠管理が複雑なことが大きな課題ですが、勤怠管理システムを導入することで効率的かつ時間や給与の計算ミスを削減できます。

本記事では変形労働時間制に対応している勤怠管理システムの紹介から、運用手順までを解説。メリット・デメリットや運用手順まで解説しているので、参考にしてみてください。

\今だけ限定!診断からの導入で5,000円分のAmazonギフト券が必ずもらえる/

いくつかの質問に答えるだけで、手間なく簡単!『勤怠管理システムの無料診断』と『一括資料請求』でスピーディに導入勤怠管理システムを決めましょう。

目次

変形労働時間制とは

変形労働時間制とは「週平均」の労働時間が法定労働時間である40時間を超えない範囲で、企業が労働時間を自由に調整できる制度のことです。

週単位、月単位、年単位、フレックスタイム制などの種類で取り入れられ、繁忙期や閑散期で業務量に大きな差が出る企業や、繁忙期が毎年、一定の時期に固まっている企業などに向いています。

変形労働時間制のそれぞれの種類は以下の通りです。

<変形労働時間制の種類>

種類詳細
週単位1日10時間以内、週40時間以内で労働時間を調整できる制度
月単位1ヶ月以内の一定期間における週平均の労働時間を40時間以内に設定できる制度
年単位1年以内の一定期間における週平均の労働時間を40時間以内に設定できる制度
フレックスタイム従業員が自由に出退勤時間を選べる制度。企業側は一定期間の総労働時間や一日におけるコアタイムなどを定めることが求められる

▶︎ 勤怠管理システムのおすすめサービスを手取り早く『一括資料請求

\今だけ限定!診断からの導入で5,000円分のAmazonギフト券が必ずもらえる/

「とにかく手っ取り早く、それぞれのシステムの違いやおすすめが知りたい」という方は、『勤怠管理システムの無料診断』がおすすめ。いくつかの質問に答えるだけで、会社の体制や業種に合ったものを診断可能です。

SaaSのおすすめ診断サービスとしてのノウハウを生かしたこのツールを活用することで、導入後のミスマッチやコスト面での失敗・リスクを低減。

機能性や初期費用から運用までのトータルコスト、サポートなどより詳細な比較で、自社に最適なシステムを選びやすくなります。

  • 自社におすすめの複数サービスを手間なく一気に比較!
  • 面倒なやり取りや知識は不要!一問一答形式で簡単
  • 診断・資料請求ともに無料!比較検討の第一歩におすすめ

診断は30秒程で完了するので、比較工数を削減したい方は活用してみましょう。

変形労働時間制における勤怠管理の課題

変形労働時間制における勤怠管理の課題としては、以下の3点が主に挙げられます。

  • 勤怠管理・給与計算業務の複雑化
  • シフト表の作成が大変
  • 従業員の健康に配慮した仕組み作り

勤怠管理・給与計算業務の複雑化

変形労働時間制を導入すると、個人単位や部署単位で労働時間が異なるため、それぞれに適した勤怠管理や給与計算が必要です。そのため勤怠管理、給与計算業務は通常の勤務体系よりも複雑化します。

さらに従業員個人ごとの総労働時間の確認や残業時間がどの程度超えているかの確認も必要です。個人単位で働き方が異なる場合、労働基準法に則った働き方ができているのかの確認は非常に手間がかかります。

ルールに則った運用が求められますが、管理者側の負担も大きくなる制度のため、手作業の管理体制だと計算ミスのようなヒューマンエラーにつながってしまうことも少なくありません。

シフト表の作成が大変

飲食店や病院のようなシフト表を作成する必要がある場合では、変形労働時間制の導入によって作成の手間や工数が増えてしまいます。

日によって従業員の労働時間がバラバラになることに加え、所定の労働時間や残業時間が超過しないような工夫、異なる休日への対応が求められるからです。それぞれの従業員や部署に適したシフト表を作成しようとすると、シフト作成者の負担は大きなものとなるでしょう。

変形労働時間制はシフト表を作成する担当者の業務負担まで目を向けて取り入れる必要があります。

従業員の健康に配慮した仕組み作り

変形労働時間制は導入すれば生産性向上が達成できる仕組みではありません。生産性向上を実現するために、自社のリソースを最大限に活かすための一つの施策です。

変形労働時間制を導入する際には「従業員の健康に配慮した仕組み」をきちんと整える必要があります。

たとえば繁忙期と閑散期で労働時間が異なり、残業時間が想定よりも増えてしまうケースは少なくありません。残業時間の超過は従業員の健康を損ない、自社の大きな損失となってしまいます。そのため従業員の健康にまで目を配り、労働基準法に則った仕組み作りが必要です。

しかし、適切な仕組み作りには現在の勤務状況を正確に把握する、部署ごとの業務量を適切に把握するなど手間がかかります。こうした対応も変形時間労働制における勤怠管理の課題といえるでしょう。

\勤怠管理システムは資料請求で一括比較/

「とにかく手っ取り早く、自社にとってのおすすめが知りたい」という方は、『勤怠管理システムの無料診断』を活用しましょう。

いくつかの質問に答えるだけで、会社の体制や業種に合ったものを診断可能です。

30秒程で完了するので、比較工数を削減したい方におすすめです。

変形労働時間制に適切に対応するには勤怠管理システム導入がおすすめ

変形労働時間制を適切に運用していくためには、勤怠管理システムの導入がおすすめです。

勤怠管理システムを導入することで、最新の法令に遵守した運用ができ、自動計算による担当者の手間やヒューマンエラーのリスク削減、未払いトラブルの回避などが容易に可能だからです。

たとえば変形労働時間制に対応した勤怠管理システムには、残業時間の正確な記録や残業時間が超過しそうな従業員には事前にアラートが出るなどの仕組みが搭載されています。

さらにシフト作成が必要な企業であっても、従業員ごとの要件にあわせて自動で作成できるため、担当者の業務負担を大幅に軽減可能です。

自社で変形労働時間制に対応した勤怠管理システムを導入するためには、以下の点を確認するとよいでしょう。

<確認ポイント>

スクロールできます
ポイント詳細
打刻方法簡単に打刻ができ、正確に記録されるか
費用対効果初期費用、月額費用はいくらかかり、どれくらいの効果が見込めるのか
対応規模自社の規模感に対応できるシステムか
システム連携自社で利用しているシステムと連携はできるか

変形労働時間制に対応した勤怠管理システム10選

変形労働時間制に対応できる勤怠管理システムを10選として紹介します。自社でどの勤怠管理システムの導入にするか悩んでいる場合は、以下のシステムから選定してみてください。

ジョブカン勤怠管理(株式会社DONUTS)

『ジョブカン勤怠管理』は株式会社DONUTSが提供している、必要な機能だけを組み合わせて利用できるクラウド型の勤怠管理システムです。

従業員の出勤簿はリアルタイムで反映され、必要な情報はすぐにダウンロードが可能。シフト作成では、曜日ごとに必要な人数とシフトパターンを設定して、条件にあったシフトを自動で作成してくれます。

スクロールできます
料金初期費用・サポート費用
0円
<中・小規模の企業>
無料プラン:0円利用機能;1〜4つ ※機能制限あり
有料プラン:220〜550円(税込)
※いずれかの機能を単独利用する場合は200円。
※1機能追加ごとに+100円。利用機能;1〜4つ
<大規模企業>
要問合せ
変形労働時間制に対応した機能出勤管理
シフト管理
工数管理
超過労働対策 など
打刻方法ICカード打刻、指静脈打刻、LINE打刻/Slack打刻 など
サポート体制導入サポート、メールサポート、チャットサポート、電話サポート

※”ジョブカン勤怠管理公式HP”参照

HRMOS勤怠(IEYASU株式会社)

『HRMOS勤怠』はIEYASU株式会社が提供している、カンタンな操作で使いやすい勤怠管理システムです。

管理者向けの管理画面はもちろんのこと、従業員が利用する画面も直感的で使いやすい画面設計がされています。さらにiOS/Androidアプリも用意されているため、スマホを活用した打刻も容易です。

登録したシフトパターンを用いた複数登録やタイムライン上で細かく調整できるシフト登録など、柔軟なシフト作成も行えます。

スクロールできます
料金初期設定費用:0円
<無料プラン>
0円
<有料プラン 利用人数31名以上>
月額料金:110円(税込)/人
変形労働時間制に対応した機能打刻データ・勤務データ
残業アラート
希望シフト申請 など
打刻方法PC・スマホ・タブレット、ICカード、QRコード、入退室 など
サポート体制各種マニュアル・FAQ、メールサポート

COMPANY(株式会社Works Human Intelligence)

『COMPANY』は株式会社Works Human Intelligenceが提供している、大企業向けの勤怠管理システムです。

フレックス・裁量労働・変形労働・在宅勤務など、さまざまな形態に対応しています。自身の勤怠状況の把握はもちろんのこと、上長が部下の勤怠状況を簡単に把握できる機能も搭載。

シフト表の作成は一括登録やコピーペースト機能を活用して、シフト表を自動作成でき、担当者の業務負担を軽減します。

スクロールできます
料金要問合せ
変形労働時間制に対応した機能勤務希望登録
シフト作成
エラーチェック
勤怠ダッシュボード
通知・アラート機能 など
打刻方法Web打刻、モバイル打刻、ICカード打刻 など
サポート体制要問合せ

TimePro-VG(アマノ株式会社)

『TimePro-VG』はアマノ株式会社が提供している、中堅から大企業向けの勤怠管理システムです。

システム上で日々の勤怠実績や残業時間などを自動で取得し、労務リスクがある事象にはシステムが自動で知らせてくれます。さらに見込みデータの取得も可能で、今後リスクがある従業員を事前に把握し、適切に対応することも可能です。

変形労働時間制では、シフトを組んだ際に勤務予定に法令違反がないかを自動でチェックでき、⽇、週、⽉の法定超過計算も行えます。

スクロールできます
料金要問合せ
変形労働時間制に対応した機能申請チェック
ダッシュボード機能
変形労働時間制対応
フレックス など
打刻方法ICカードリーダー、紙カード式タイムレコーダー、パソコンでの打刻 など
サポート体制導入サポート、サポートダイヤル

ジンジャー勤怠(jinjer株式会社)

『ジンジャー勤怠』はjinjer株式会社が提供している、飲食業界、建設業界、学校業界などあらゆる業種に導入実績がある勤怠管理システムです。

従業員や部署ごとに勤務形態を設定でき、勤務実績の確認も日、週、月ごとに自動で集計。誰でもわかりやすい操作画面になっているため、簡単に内容の確認もできます。さらに残業時間が一定時間を超過するとアラートが出せるため、労使協定や法令に則った運用が可能です。

スクロールできます
料金初期費用:要問合せ
月額費用:300円(税要確認)〜/人
変形労働時間制に対応した機能シフトの管理
労働時間・残業時間の自動集計
36協定管理
アラート機能 など
打刻方法パソコン打刻、スマホ打刻、タブレット打刻、ICカード打刻 など
サポート体制安心サポート、無料サポートツール、ウェビナー開催

KING OF TIME(株式会社ヒューマンテクノロジーズ)

『KING OF TIME』は株式会社ヒューマンテクノロジーズが提供している、複雑な勤怠管理にも対応できる機能が豊富な勤怠管理システムです。

週、月、年単位での変形労働制に対応しており、フレックスタイム制についても1~3ヶ月単位で管理ができます。さらに打刻方法が顔認証や位置情報での打刻にも対応しており、働き方にあわせた多彩な手段を用意しているのが特徴です。

スクロールできます
料金初期費用:0円
月額費用:330円(税込)/人
変形労働時間制に対応した機能残業時間管理
スケジュール・シフト管理
アラート機能・通知機能
フレックスタイム制、変形労働制対応 など
打刻方法PCパスワード認証、モバイル(位置情報)、ICカード、顔認証、指紋認証、チャット連携 など
サポート体制無料サポート、プレミアムアポート(有料)

マネーフォワードクラウド勤怠(株式会社マネーフォワード)

『マネーフォワードクラウド勤怠』は株式会社マネーフォワードが提供している、多様な働き方への対応ができるクラウド型の勤怠管理システムです。

自社の就業ルールに則った勤怠管理が可能。シフト管理も簡単に確認ができ、所定時間と時間外の自動集計も行えます。さらに任意項目についても集計でき、給与計算ソフトへの連携も行えます。

法改正への対応も無料アップデートで対応でき、常に最新の法令に則った勤怠管理が可能です。

スクロールできます
料金<個人向け>
年額プラン:990円(税込)/月月額プラン:1,408円(税込)/月
<法人向け(50名以下)>
年額プラン:3,278円(税込)/月月額プラン:4,378円(税込)/月
<法人向け(51名以上)>
要問合せ
変形労働時間制に対応した機能勤怠管理アラート機能就業形態シフト管理 など
打刻方法Web打刻、打刻モード、スマートフォン打刻 など
サポート体制メールサポート、サポートサイト

キンタイミライ(株式会社ネオレックス)

『キンタイミライ』は株式会社ネオレックスが提供している、大企業向けの勤怠管理システムです。自社が複雑な勤務体系であっても対応できるように、カスタマイズ性の高さと細かいところまで手が届くコンサルティングが特徴となっています。

月の所定労働時間数にあわせたシフト作成や日ごとに異なる所定に基づく残業計算が可能で、変形労働時間制にも十分対応可能です。

スクロールできます
料金要問合せ
変形労働時間制に対応した機能勤務時間などの集計
シフト管理
変形労働制・フレックス
アラート
36協定・働き方改革 など
打刻方法iPad+QR、iPhone+QR、iPhone + GPS、PC + 指ハイブリッド、Web打刻 など
サポート体制専任コンサルタントサポート

freee勤怠管理Plus(freee株式会社)

『freee勤怠管理Plus』はfreee株式会社が提供している、シンプルで直感的な操作で誰にでも簡単に使える勤怠管理システムです。

残業時間のリアルタイム可視化や労働時間の集計も自動化し、担当者の業務負担を軽減します。freee人事労務や給与計算ソフトと連携すれば、バックオフィス業務のさらなる効率化も可能です。なお、freee人事労務をスタータープラン以上で契約している場合にも、変形労働時間制に対応できます。

スクロールできます
料金月額費用:300円(税要確認)/ユーザー
変形労働時間制に対応した機能勤怠管理
シフト管理
アラート機能
集計項目カスタマイズ など
打刻方法PC、モバイル、共用端末、ICカード など
サポート体制導入アドバイザリー、サポートデスク、習熟コンテンツ

クロノスパフォーマンス(クロノス株式会社)

『クロノスパフォーマンス』はクロノス株式会社が提供している、カスタマイズ不要でさまざまな規模や業種に対応できる勤怠管理システムです。

カスタマイズではなく、標準搭載されている豊富な機能を簡単な設定で利用できるようにするだけで、すぐに運用を開始できます。残業抑止のアラート機能が付いており、従業員の健康もサポート。

必要な情報は簡単に自動算出ができ、集計した勤怠データを給与ソフトとの連携も可能です。

料金<スタンドアロン>
50人制限:36万9,600円(税込)〜2,000人制限:176万8,800円(税込)

<ネットワーク2クライアント>
100人制限:58万,800円(税込)〜2,000人制限:205万9,200円(税込)

<ネットワーク3クライアント>
100人制限:73万9,200円(税込)〜2,000人制限:236万2,800円(税込)

<ネットワーク5クライアント>
100人制限:884,400円(税込)〜2,000人制限:265万3,200円(税込)

<ネットワーク10クライアント>
100人制限:102万9,600円(税込)〜2,000人制限:295万6,800円(税込)

<ネットワーク15クライアント>
100人制限:117万4,800円(税込)〜2,000人制限:324万7,200円(税込)

<ネットワーク20クライアント>
100人制限:132万円(税込)〜2,000人制限:353万7,600円(税込)
変形労働時間制に対応した機能計算変数勤務区分の登録勤務入力テスト残数管理 など
打刻方法IC / 磁気、手のひら対応のタイムレコーダー、Web打刻、アプリ など要問合せ
サポート体制リモートサポート、会員専用ログイン など

勤怠管理システムで変形労働時間制を運用する手順

勤怠管理システムを導入し、変形労働時間制を適切に運用するためには、以下のステップで進めていきます。

  1. 勤務状況の把握
  2. 就業規則の見直しとルール設定
  3. 勤怠管理システムを導入
  4. 従業員への周知および運用

勤務状況の把握

変形労働時間制は、すぐに導入できるものではありません。導入する際には、現在の就業規則の見直しや労使協定の締結が必要だからです。

そのため最初のステップは「現在の勤務状況を把握する」ことになります。勤務状況を正確に把握したうえで、本当に変形労働時間制の導入が必要なのか、必要だとしたらどの部署や従業員が該当するのかを検討していくことが大切です。

就業規則の見直しとルール設定

勤務状況を把握し、変形労働時間制を導入すべきと決断したら、就業規則の見直しとルール設定を行っていきます。

どれくらいの期間で変形労働時間制を導入するのか、週単位や年単位などどのような方法で実施するのか、労働時間の調整や内容の把握はどのように行うのかなどを詰めていき、対応した就業規則を策定し、労使協定を締結。その後、まとめた内容を労働基準監督署へ届け出ます。

なお、労働基準監督署への届け出は義務となっているため、忘れないように注意が必要です。

勤怠管理システムを導入

変形労働時間制に対応した勤怠管理システムを選定し導入します。管理者や現場の従業員が簡単に操作できるか、スムーズな運用が可能かなどを確認していきましょう。

システムによっては、無料トライアル期間を用意しているため、スモールスタートで導入し、操作感や管理画面の見やすさなどを確かめ、本導入に向けて動いていきます。

従業員への周知および運用

本導入する勤怠管理システムが決まったら、自社の従業員に対して変形労働時間制に対する周知と、導入する勤怠管理システムについての周知を行います。システムを導入する際は、少なからず混乱が起こるものです。混乱を最小限に収めるために、周知は丁寧に行っていきましょう。

また、スムーズな対応ができるようにマニュアルや社内ヘルプデスクなどの用意をしておくのがおすすめです。運用開始後も適切に対応できるように、導入したシステムのサポートセンターやマニュアルサイトを活用しつつ、運用を進め、改善点があれば適宜対応していきます。

\勤怠管理システムは資料請求で一括比較/

「とにかく手っ取り早く、自社にとってのおすすめが知りたい」という方は、『勤怠管理システムの無料診断』を活用しましょう。

いくつかの質問に答えるだけで、会社の体制や業種に合ったものを診断可能です。

30秒程で完了するので、比較工数を削減したい方におすすめです。

変形労働時間制を導入するメリット

変形労働時間制のメリットは繁忙期や閑散期などにあわせて、生産性の高い働き方を実現できることです。繁忙期に所定労働時間を長くし、閑散期に短くすることで、従業員がコア業務に就く時間を増やすことにつながります。

さらに残業代の削減のようなコスト削減も可能です。従業員側は閑散期に労働時間が短くなるため、プライベートの時間を確保し、メリハリを付けた働き方を実現できます。適切に運用すれば、従業員満足度の向上も期待できるでしょう。

変形労働時間制を導入するデメリット

導入までの時間と手間がかかるのが大きなデメリットです。変形労働時間制に対応した就業規則の作成や労使協定の締結などは、法に則った仕組みでなければいけません。

複雑な勤怠管理となるため、導入後も勤怠管理を行う担当者の業務負担が増えてしまうおそれもあります。勤怠管理システムを導入し、負担を減らす仕組みが大切です。

また、従業員側からも繁忙期の所定労働時間が増えることで、「これまで稼げていた残業代がなくなった」のような不満が出る可能性があります。導入するメリットや導入後の給料体系などを丁寧に説明し、理解を得ることが大切です。

変形労働時間制を取り入れるなら勤怠管理システムを導入しよう

変形労働時間制は勤怠管理が複雑になり、管理者の業務負担は増えることがほとんどです。そのため勤怠管理システムを導入して、作業の効率化を図るのがよいでしょう。

自動化できる範囲は自動化し、残業時間の集計や給与計算でヒューマンエラーが出ないように、自社に適した勤怠管理システムを目指してみてください。

勤怠管理システムと変形労働時間制に関するQ&A

  • 無料で使える変形労働時間制に対応した勤怠管理システムは?
  • 変形労働時間制とフレックスタイム制の違いは?
  • 変形労働時間制を正しく運用するためには?

無料で使える変形労働時間制に対応した勤怠管理システムは?

無料で利用できるシステムは、少人数での運用か無料トライアル期間を活用した場合で、基本的には有料での利用になります。

無料トライアルでは期間が限定されますが、勤怠管理システムで利用できる機能をすべて利用できることが少なくありません。気になるシステムが無料トライアルに対応していれば、積極的に申し込むのもよいでしょう。

変形労働時間制とフレックスタイム制の違いは?

変形労働時間制とフレックスタイム制の違いは「従業員が自分で就業時間を決められるかどうか」です。変形労働時間制は会社側が週単位、月単位などで労働時間を平均化し、従業員はその決定に従います。

一方でフレックスタイム制は従業員が始業時間や就業時間を自由に決めることが可能です。なお、フレックスタイム制は会社側が必ず出社する「コアタイム」を設け、そのほかの時間は自由というケースも少なくありません。

変形労働時間制とフレックスタイム制は似たような制度ですが、主体が異なります。

変形労働時間制を正しく運用するためには?

変形労働時間制を正しく運用するためには、適切なルールに則って運用することが大切です。

就業規則や労使協定で定めた内容に沿って運用を行い、予定勤務や休日などもルールに則した運用が求められます。急な出勤が必要になった場合には、定めた振替ルールや代休のルールに則って対応することが必要です。

変形期間と実態のシフトが異なる、従業員へ労働時間の周知が十分でなかったなど、ルールに則っていない運用をしてしまうと、労働基準監督署に提出した内容と差異が出てしまいトラブルにつながってしまいます。

▶︎ 勤怠管理システムのおすすめサービスを手取り早く『一括資料請求

\今だけ限定!診断からの導入で5,000円分のAmazonギフト券が必ずもらえる/

「とにかく手っ取り早く、それぞれのシステムの違いやおすすめが知りたい」という方は、『勤怠管理システムの無料診断』がおすすめ。いくつかの質問に答えるだけで、会社の体制や業種に合ったものを診断可能です。

SaaSのおすすめ診断サービスとしてのノウハウを生かしたこのツールを活用することで、導入後のミスマッチやコスト面での失敗・リスクを低減。

機能性や初期費用から運用までのトータルコスト、サポートなどより詳細な比較で、自社に最適なシステムを選びやすくなります。

  • 自社におすすめの複数サービスを手間なく一気に比較!
  • 面倒なやり取りや知識は不要!一問一答形式で簡単
  • 診断・資料請求ともに無料!比較検討の第一歩におすすめ

診断は30秒程で完了するので、比較工数を削減したい方は活用してみましょう。

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次