【無料あり】顧客管理システムおすすめ8選!アプリやソフト、個人事業主向けも紹介

本記事では、無料の顧客管理システム8選を比較。クラウド型システムや買い切りタイプ、アプリなど豊富なサービスから、企業向けと個人事業主向けをそれぞれピックアップしてご紹介します。顧客管理システムを選ぶポイントや、エクセルを使った自作システムについても解説していくので参考にしてみてください。 

\ツールは資料で比較検討がカンタン!早わかり!/

目次

顧客管理システムとは

顧客管理システムとは、顧客情報を一元的に管理するためのツールです。提供形態としては、クラウド型システム、買い切りのソフト、モバイル利用のためのアプリなどがあります。

購入履歴、クレーム情報、購入者の属性などの顧客情報を社内で共有して有効活用し、顧客満足度を向上させ、顧客との良好な関係を構築するためのもの。

顧客管理システムを利用する部門は、営業、マーケティング、カスタマーサポートなどが一般的です。顧客が多くなるほど管理が複雑化するため、顧客管理システムを導入すると便利。次の章でそのメリットを見ていきましょう。

\ツールは資料で比較検討がカンタン!早わかり!/

顧客管理システムを導入するメリット

顧客管理システムのメリット

顧客管理システムを導入すると発生するメリットについて解説していきます。

営業活動の効率化

顧客管理システムを導入すると顧客情報が一元的に管理されるため、社内で顧客データの共有が容易になります。情報管理が属人化せずに、情報へのアクセスや、引き継ぎもスムーズにできるでしょう。

また、スケジュール管理機能を活用し、営業担当者は効率的に顧客にアプローチできます。自動メール配信機能などもあり、営業業務の効率化につながります。

顧客満足度の向上

蓄積された顧客情報に基づいて顧客にアプローチできるため、最適なタイミングでの適切な対応ができます。

また、業務が属人化されないため、担当者以外のスタッフが顧客対応してもニーズや好みに応じたサービスを提供可能です。顧客との良好な関係が構築され、顧客満足度の向上が期待できるでしょう。

顧客データの分析・活用

顧客管理システムには、顧客の属性や商談・購入履歴、クレーム、問い合わせなどのさまざまな情報が蓄積されます。

収集・蓄積したデータを自動分析してくれる機能もあり、マーケティング戦略に活用することで、市場動向の把握やビジネスチャンスの発見も可能です。

\ツールは資料で比較検討がカンタン!早わかり!/

【企業向け】無料の顧客管理システムおすすめ4選        

無料の企業向け顧客管理システムのおすすめを紹介していきます。

Fullfree

Fullfreeのポイント

  • 無料でダウンロードできる顧客管理ソフト
  • クラウドモードでデータベース共有
  • カスタマイズ可能
提供形態デスクトップ型
初期費用0円
月額費用0円
無料トライアル

『Fullfree』は、株式会社フリースタイルが提供するデータベースソフトです。無料でダウンロードして、顧客管理システムを作成できます。

パソコン1台(スタンドアロンモード)でも、複数台(クラウドモード)でも利用できて、クラウドでデータベースの共有・同時編集が可能。また、無料で顧客管理システムを自由にカスタマイズできます。

Ambassador Relations Tool

Ambassador Relations Toolのポイント

  • 自由にデータ項目をカスタマイズ
  • 顧客満足度調査のアンケートメールが簡単に送れる
  • 顧客の購入履歴・利用行動からRFM分析
提供形態クラウド型・サーバー型
初期費用フリープラン 0円
クラウドプラン 0円
クラウドBプラン 0円
サーバ設置プラン 要問合せ
月額費用フリープラン 0円
クラウドプラン 29,480円(税込)
クラウドBプラン 110,000円(税込)
サーバ設置プラン 要問合せ
無料トライアル

『Ambassador Relations Tool』は、株式会社コンファクトリーが提供する顧客管理システムです。さまざまな業種の顧客データ型にあわせて、自由にデータ項目をカスタマイズできます。

業種別のテンプレートで顧客満足度調査のアンケートメールが簡単に送れる、メールマーケティング機能を装備。顧客の購入履歴・利用行動からRFM分析を行い、自動的に6つのランクにグループ分けします。

feels

feelsのポイント

  • 使いやすくシンプルなUI
  • 必要最低限な機能
  • 申し込み日から利用可能
提供形態クラウド型・オンプレミス型(要問合せ)
初期費用0円 
月額費用Free 0円
Experience 550円(税込)〜/アカウント
無料トライアル

『feels』は、株式会社AMG Solutionが提供する顧客管理システムです。入力が少なく、使いやすさとわかりやすさを両立した、シンプルなUIが採用されています。

多機能には設計せず、必要最低限の機能に絞っているため、システムに慣れていない人でも使用可能。無料でサインインした日から、すぐに利用開始できます。

Bitrix24

Bitrix24のポイント

  • AI を活用したアシスタント
  • リードの自動管理
  • 本格的なモバイル顧客管理システム
提供形態クラウド型・オンプレミス型
初期費用要問合せ
月額費用Free 0円
Basic 49ドル(税要確認)
Standard 99ドル(税要確認)
Professional 199ドル(税要確認)
Enterprise 399ドル(税要確認)
オンプレミス Business 3,590ドル(税要確認)〜
オンプレミス Enterprise 24,990ドル(税要確認)〜
無料トライアル

『Bitrix24』は、Bitrix, Inc.が提供する顧客管理システムです。AI を活用したアシスタント「CoPilot」で、通話の文字起こしやマーケティングのアイデア創出もできます。 

営業担当者が重視するべき見込み客を確認し、担当者を自動的に割り当て可能。スマホをタップするだけで顧客に連絡でき、モバイルでも顧客管理ができます。

【個人事業主向け】無料の顧客管理システムおすすめ4選

無料の個人事業主向け顧客管理システムのおすすめを紹介していきます。

Hubspot CRM

Hubspot CRMのポイント

  • 登録企業のデータを自動的に連携
  • 無料のランディングページ作成機能・フォーム機能
  • 顧客とのすべてのやり取りを管理する共有受信トレイ
提供形態クラウド型
初期費用要問合せ
月額費用無料ツール 0円
Starter  1,800円(税要確認)/シート〜
Professional 96,000円(税要確認)〜
無料トライアル

『Hubspot CRM』は、HubSpot, Inc.が提供する顧客管理システムです。データベースに追加された新しいコンタクトには登録企業のデータが自動的に連携されます。

無料のランディングページ作成機能やフォーム機能で、本格的なランディングページ上で訪問者を有望なリードへと転換し、フォームからデータを収集可能。

メールやチャットの共有受信トレイでは、顧客とのすべてのやり取りをチーム全体で一元的に確認・管理し、担当の割り当てや回答を行うことができます。

Stock

Stockのポイント

  • シンプルに社内の情報ストックが可能
  • オフライン環境での使用
  • スマホやタブレットから撮影した写真も保存
提供形態クラウド型
初期費用0円
月額費用フリープラン 0円
ビジネスプラン 550円(税込)/ユーザー
エンタープライズプラン 1,100円(税込)/ユーザー
無料トライアル

『Stock』は、株式会社Stockが提供する顧客管理システムです。チャットツールやメールと連携し、メッセージや情報を一元管理できます。

インターネットに接続されていなくても、「ノート」「タスク」機能を使用可能。スマホやタブレットから撮影した写真もすべてボタン1つでストックできます。

フリーウェイ顧客管理

フリーウェイ顧客管理のポイント

  • 3人までのデータ共有が無料
  • 1,000データまでは完全無料
  • カスタマイズ可能
提供形態クラウド型
初期費用0円
月額費用無料版 0円
有料版 3,278円(税込)
無料トライアル

『フリーウェイ顧客管理』は、株式会社フリーウェイジャパンが提供する顧客管理システムです。顧客情報は、無料でユーザー3人でデータ共有ができます。

データ制限のある無料版においても、1,000データまでは完全無料。データベース項目を自由に設定し、さまざまな情報を管理できます。

Notion

Notionのポイント

  • テンプレートが豊富
  • ボードビューの活用でオリジナルシステム構築
  • デスクトップアプリやモバイルアプリも使える
提供形態クラウド型
初期費用要問合せ
月額費用フリー 0円
プラス 8ドル(税要確認)〜
ビジネス 15ドル(税要確認)〜
エンタープライズ  要問合せ
無料トライアル

『Notion』は、Notion Labs Inc.が提供するシステムです。テンプレートが豊富であるため、自社の顧客管理にあったデータベースを簡単に構築できます。

ボードビューをカスタマイズすれば、顧客ごとのステータス管理表やタイムラインビューなど、自社オリジナルの顧客管理システムを構築可能。

Web版に加えて、デスクトップアプリやモバイルアプリも使えるため、シチュエーションに応じて活用できます。

無料の顧客管理システムを選ぶポイント        

顧客管理システムの比較ポイント

無料の顧客管理システムを選ぶポイントについて解説していきます。

簡単に操作できるか

顧客管理システムは、実際に現場で使用する社員が簡単に操作できるUI設計になっているかどうかが重要なポイントです。システムに不慣れな社員にも直感的に操作できるものであれば、教育コストもかかりません。

また、操作上、困ったことがあった場合にサポートしてもらえる体制が整っていれば便利です。

ほかのシステム・ソフトと連携できるか

すでに自社に導入されているシステムやソフトと連携できれば、顧客管理システム導入時の業務効率化はさらに進みます。

MAツールやチャットツール、名刺管理ソフトなど、まずは自社が連携させたいツールをピックアップし、連携可能なシステムかどうかを確認しましょう。

カスタマイズ性が高いか

無料で利用できる顧客管理システムの中にも、カスタマイズができるタイプのものがあります。自社の業種形態によっては、一般的な顧客管理システムではなく、カスタマイズしたほうがより使いやすくなるケースがあるでしょう。

カスタマイズ性が高いかどうかも、システムを選ぶ際の1つのポイントです。

\ツールは資料で比較検討がカンタン!早わかり!/

無料の顧客管理システムによくある質問

顧客管理システムの質問

無料の顧客管理システムによくある質問と回答を紹介します。

顧客管理システムの無料版と有料版の違いは?

顧客管理システムの無料版と有料版の違いは、次の通りです。

  • 人数に制限がある:無料版の中には、利用ユーザー数や登録データ数に制限が課せられているシステムがあります。
  • 機能に制限がある:無料版では、使える機能が限られているシステムがあります。
  • サポート体制が異なる:無料版には、導入・運用に対するサポートがないシステムがあります。

数多くの顧客データを管理する必要があったり、顧客管理システムでさまざまな業務を効率化したかったり、手厚いサポート体制を求めていたりする場合には、有料プランを検討しましょう

エクセルで無料の顧客管理システムを自作できるの?

エクセルでも無料の顧客管理システムを自作できますが、Googleスプレッドシートの場合と同様に、さまざまな手間がかかってしまうため、顧客管理システムの利用がおすすめです。

以下は、マイクロソフト社が提供しているエクセルの顧客管理テンプレート。どうしてもエクセルで顧客管理システムを自作したい場合には、利用してみましょう。

【マイクロソフト社のエクセル顧客管理テンプレート】

https://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/template/result.aspx?id=13290

iPhoneで使える無料の顧客管理アプリは?        

iPhoneで使える無料の顧客管理アプリは、次の通りです。

  • Bitrix24:無料モバイルアプリ
  • Stock:スマホアプリ
  • Notion:スマホアプリ
  • feels:専用アプリはないがブラウザがあればスマホからアクセス可能

iPhoneで使える無料の顧客管理アプリがあれば、営業担当者が営業先でも活用できて便利です。

無料の顧客管理システムで顧客満足度の向上を図ろう

無料の顧客管理システムまとめ

顧客管理システムとは、顧客情報を一元的に管理するためのツールです。顧客情報を社内で共有して有効活用し、顧客満足度を向上させ、顧客との良好な関係を構築するのに役立ちます。

顧客管理システムを導入するメリットは、営業業務の効率化、顧客満足度の向上、顧客データの分析・活用などです。

自社にあった無料の顧客管理システムを導入して、コストをかけずに顧客満足度の向上を図りましょう。

\ツールは資料で比較検討がカンタン!早わかり!/

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

▼こちらの記事もおすすめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次