無料で使える電子契約システムおすすめ11選と選び方【2024年】

電子契約システムは、契約書をデジタル化し、作業の効率化をもたらすツールです。本記事では、無料で使える電子契約システムをご紹介します。『freeeサイン』や『クラウドサイン』をはじめとしたおすすめの11サービスを比較解説していきます。基本機能から高度なオプションまで、各サービスの特徴を紹介していくので、参考にしてみてください。

\おすすめツール診断を試してみよう!/

電子契約システムを探している方必見!『おすすめの電子契約システム無料診断』を使えば、いくつかの質問に答えるだけで簡単にぴったりなツールを診断可能
主要システムから会社の体制や業種にあったものを30秒程で診断できるので、システム選びの第一歩として利用してみましょう。

目次

無料の電子契約システムの基礎知識・注意点

電子契約システムは、オンライン上で契約書の作成、署名、管理を行えるサービスです。多くのサービスが、電子署名やタイムスタンプ機能を提供しており、契約の法的効力や改ざん防止対策を取っています。

電子契約システムの中には、無料で利用できるサービスも存在します。初期費用を抑えつつ契約のオンライン化を進めたい中小企業・個人事業主にとって、無料プランは魅力的なサービスといえるでしょう。

ただし、無料プランの利用にはいくつか注意点が存在します。ここでは主な3つの注意点をみていきましょう。

機能に制限がある

無料の電子契約システムにおいても、契約プロセスをデジタル化するための基本機能は用意されています。ただし、一部の高度な機能は、有料プランでのみ利用できるケースも珍しくありません。

例えば、契約書テンプレート、電話サポート、外部サービスとの連携といった機能が、無料プランでは利用できないことがあります

無料プランを利用する場合は、自社の電子契約システムの用途を把握したうえで、必要な機能が使用できるか確認することが大切です。

アカウント数に上限がある

無料の電子契約システムでは、利用できるアカウント数に上限が設けられていることが一般的です。とくに1アカウントのみのプランの場合、個人事業主や小規模企業者であれば問題ないものの、複数名が契約業務を担当している組織には適しません。

また、現時点で支障がなくても、将来的なビジネス規模の拡大も考慮したほうがよいでしょう。

『みんなの電子署名』のようにアカウント上限のない無料サービスを利用するか、必要に応じて有料プランへのアップグレードを検討するのが推奨されます。

電子契約書の作成件数に制限がある

多くの無料プランでは、月に作成できる電子契約書の件数に上限があります。本記事で紹介する電子契約システムを例にあげると、1〜5件/月を上限とする無料プランが多い傾向です。

この制限は、とくに契約頻度が高い企業にとって大きな制約となります。すでに数多くの契約件数が発生している組織であれば、数十件〜無制限の作成枠がある有料プランを検討しましょう。

あるいは、電子契約システム体験用に無料プランを選択するのも一案です。その場合、同じサービスに有料プランが設けられているか、スムーズなプラン移行が可能かを事前にチェックしておくとよいでしょう。

\おすすめツール診断を試してみよう!/

電子契約システムを探している方必見!『おすすめの電子契約システム無料診断』を使えば、いくつかの質問に答えるだけで簡単にぴったりなツールを診断できます

SaaSのおすすめ診断・一括資料請求サービスとしてのノウハウを生かした当診断で、導入後のミスマッチやコスト面での失敗・リスクを低減可能。

機能性や初期費用から運用までのトータルコスト、サポートなど、より詳細な比較で自社に最適なシステムを選びやすくなります。

  • 自社におすすめのサービスが手間なくわかる!
  • 面倒なやり取りや知識は一切不要!一問一答で簡単
  • 診断・資料請求ともに無料!比較検討の第一歩におすすめ


主要システムから会社の体制や業種にあったものを30秒程で診断できるので、システム選びの第一歩として利用してみましょう。

【比較表】無料で使える電子契約システム

サービス名アカウント数送信件数タイムスタンプテンプレート機能便利機能
freeeサイン11件/月3個までアドレス帳、リマインドメール送信、送信時のパスワード設定
クラウドサイン13件/月×電子署名+タイムスタンプ
電子印鑑GMOサイン15件/月5個までアドレス帳、文書検索、電話サポート
みんなの電子署名無制限無制限×ワークフロー、ワンタイムパスワード、文書検索
BtoBプラットフォーム契約書無制限5件/月×ワークフロー、期限切れアラート、参照者設定
サインタイム無制限最大10件一斉送信、API連携、文書検索
DottedSign(ドットサイン)要確認3件/月×モバイルアプリ、AATLデジタル証明書、オンラインチュートリア
WAN-Sign無制限当事者型3件/月
立会人型10件/月
アドレス帳、スキャン文書管理、アクセスコード認証
FAST SIGN110件/月×1個
DX-Sign15件/月△(近日公開予定)締結ステータス管理、アラート
契約大臣11件/月不明書類保管、合意締結証明書の利用

\ツールの検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

電子契約システムの導入を考えているなら資料で比較返答がおすすめ!サービススペックや料金、サポートなどの違いが比較しやすくなり、忙しい中での検討にもぴったりです。

無料で使える電子契約システムおすすめ11選

freeeサイン

出典:https://www.freee.co.jp/sign/

おすすめポイント
・無料プランでも利用可能なPDFテンプレート
・AIによる契約書レビューや契約ドラフト作成支援機能
・法人向けプランが実質月額6,578円(税込)からとリーズナブル

『freeeサイン』は、個人事業主から中小企業まで幅広い層に対応している電子契約システムです。「NINJA SIGN」を運営していた株式会社サイトビジットが、2021年にfreee株式会社の子会社となったことを受け、同サービスの名称が2022年に「freeeサイン」となりました(※)。

無料プランではPDFテンプレート機能が利用でき、契約書の作成から送信、締結までをオンライン上で行えます

有料プランでは弁護士作成のテンプレートも利用可能になり、法的な要件にも対応。AIによる契約書レビューや契約ドラフト作成支援など、契約締結前のサポートも充実しています。

また、契約締結後には、取引先ごとに管理できる「フォルダ管理機能」や、紙やPDFの契約書を一元管理できる「文書保管機能」が利用可能です。

法人向けプランが実質月額6,578円(税込)から利用できるため、ペーパーレス化と業務効率化を目指す中小企業や個人事業主に適したサービスといえるでしょう。

※“freee公式HP”参照

アカウント数1
送信件数1件/月
タイムスタンプ
テンプレート機能3個まで登録可能
便利機能アドレス帳、リマインドメール送信、送信時のパスワード設定など

クラウドサイン

出典:https://www.cloudsign.jp/

おすすめポイント
・初心者でも簡単に扱えるUI(ユーザーインターフェイス)を採用
・二段階認証が可能な高度な認証リクエスト機能を備え、契約文書の安全性を確保
・無料プランでも利用できるタイムスタンプ機能により、契約書の法的効力をしっかりと担保

『クラウドサイン』は、導入社数が250万社を超える国内大手の電子契約サービスです(※)。弁護士ドットコムが運営しています。導入企業が多いことから、取引先がすでに使用している可能性もあるでしょう。

初心者にも扱いやすい直感的なUIが特徴で、無料プランでは月に3件の電子契約を送信可能です。タイムスタンプ機能も無料で利用できるため、電子契約データの改ざんを防げます。

セキュリティにおいても、不正アクセス防止やIPアドレス制限といった対策を多数用意。官公庁や金融機関なども利用していることから、信頼性の高いサービスと言えるでしょう。

※“クラウドサイン公式HP”参照

アカウント数1
送信件数3件/月
タイムスタンプ
テンプレート機能×
便利機能電子署名+タイムスタンプ

電子印鑑GMOサイン

おすすめポイント
・導入企業数350万社以上のシェア(※)
・無料プランでも利用可能なタイムスタンプ機能で、契約の法的効力を保証
・文書検索、アドレス帳、手書き電子サインなど、有料プラン並みの高機能を無料で提供

GMOインターネットグループが提供する『電子印鑑GMOサイン』は、導入企業数350万社以上を誇る大手サービスです(※)。官公庁や地方自治体、大手企業も数多く利用しています。

無料プランでは、電子契約書の送信件数が月に5回まで。ただし、タイムスタンプや手書きの電子サイン、文書検索といった高度な機能も無料プランで利用可能です。

また、不動産業界、人事部門、法務部門に特化したサービスがある点も注目です。「賃貸借契約書」や「雇用契約書」といった契約もスムーズに電子化が図れるため、作業効率向上が期待できるでしょう。

無料プランでも電話サポートが提供されているので、初心者にも優しいサービスと言えます。

※“電子印鑑GMOサイン公式HP”参照

アカウント数1
送信件数5件/月
タイムスタンプ
テンプレート機能5個まで登録可能
便利機能アドレス帳、文書検索、電話サポートなど

みんなの電子署名

出典:https://es.vector.co.jp/

おすすめポイント
・電子署名、タイムスタンプ、文書保管など、有料サービスに匹敵する機能を無料で利用可能
・Adobe社認証の証明書かつ10年間有効な電子署名契約で、セキュリティ面にも配慮
・無料であるため契約相手も導入しやすく、スムーズな契約締結が図れる

『みんなの電子署名』は、株式会社ベクターが提供する電子契約システムです。

無料でありながら、アカウント数や契約書の送信件数に上限はありません。機能制限もなく、承認・署名グループ設定、ワークフロー認定、操作ログといった高度な機能も無料で利用できます。

有料サービスは、電子契約書を1年以上サーバーに保管する際の保管料金のみです。なお、サーバーに残さず、自社のパソコンなどにダウンロードして保存しておけば、この保管料金は発生しません。

無料で制限なく幅広い機能を試してみたいという場合は、みんなの電子署名の活用を検討しましょう。

アカウント数無制限
送信件数無制限
タイムスタンプ
テンプレート機能×
便利機能ワークフロー、ワンタイムパスワード、文書検索など
※2024年11月末に「ベクターサイン」とのサービス統合を予定「みんなの電子署名」の新規アカウント登録受付は、2024年7月初旬に終了予定となっているため、ご注意ください。なお、ベクターサインは有料の電子契約システムです。統合後も無料で電子契約システムを利用したい場合は、別のサービス利用を検討しましょう。

BtoBプラットフォーム契約書

出典:https://www.infomart.co.jp/contract/index.asp

おすすめポイント
・無料プランでも利用者数に制限がなく、多数のスタッフが同時に使用可能
・ワークフロー機能が無料で利用でき、社内の契約承認プロセスの電子化が図れる
・100万社の導入実績で、幅広い業界・規模の企業に対応可能(※)

『BtoBプラットフォーム契約書』は、株式会社インフォマートが提供する、100万社以上の導入実績を持つ電子契約サービスです(※)。

無料プランでもアカウントを無制限に作れるため、複数のスタッフで電子契約システムを活用できます。また、ワークフロー機能が無料で利用できることから、契約書の承認プロセスを効率的に管理できる点も魅力的です。

すでにBtoBプラットフォームシリーズを使用している企業にとっては、導入の敷居が低く、電子契約の導入をよりスムーズに進められるでしょう。

アカウント数無制限
送信件数5件/月
タイムスタンプ
テンプレート機能×
便利機能ワークフロー、期限切れアラート、参照者設定など

※“BtoBプラットフォーム契約書公式HP”参照

サインタイム

出典:https://www.signtime.com/jp/

おすすめポイント
・契約の申請から承認までの流れをシステム上で一元管理できる
・サービス利用者でなくても、メール経由で契約書を確認し署名が可能
・頻繁に新規機能が追加されるため、豊富な機能を利用できる

『サインタイム』は、直感的な操作で利用可能な電子契約システムです。Wordなどで作成した契約書をアップロードすれば、1分程度で契約作成から署名依頼まで完了できます(※)。

また、サインタイムの利用者でなくても、受け取ったメール経由で直接電子契約書へ署名可能です。取引先へ負担をかけずに契約締結を図れる点は、自社と取引先の双方にとってうれしいポイントと言えるでしょう。

無料プランでは、最大10件の契約書を発行できます。有料プランへの切り替えは即時反映されるため、無料プランで使用感を確認してから有料プランへ移行するのもよいでしょう。

※“サインタイム公式HP”参照

アカウント数不明
送信件数最大10件
タイムスタンプ
テンプレート機能
便利機能一斉送信、API連携、文書検索など

DottedSign(ドットサイン)

おすすめポイント
・スマホ対応でどこからでも契約作業が可能
・対面署名や署名依頼のリンク化など、幅広いニーズに対応
・有料プランが月額8ドル/ユーザーで利用できるため、個人事業主でも導入しやすい

『DottedSign(ドットサイン)』は、世界で4千社以上が利用する電子契約システムです(※)。

パソコンだけでなく、タブレットやスマホでも手軽に契約作業が行えます。とくに、スマホでの操作性の高さと、契約作業のステータスを一元管理できるシンプルさが魅力です。

無料プランでもモバイルアプリが試せるので、使い勝手を確認してみるとよいでしょう。

無料プランの場合、月に送信可能な電子契約書は最大3件。上限を超える契約頻度になりそうであれば、ユーザーあたり月額8ドルで利用可能なプロプランへの移行がおすすめです。なお、プロプランは送信件数の制限なしで利用できます。

※“DottedSign公式HP”参照

アカウント数1
送信件数3件/月
タイムスタンプ
テンプレート機能×
便利機能モバイルアプリ、AATLデジタル証明書、オンラインチュートリアルなど、

WAN-Sign

出典:https://wan-sign.wanbishi.co.jp/

おすすめポイント
・送信件数に制限はあるものの、有料プランと同等の機能を無料で利用可能
・情報管理のプロフェッショナル企業による、セキュリティ機能の豊富なデータ保管サービス
・異なるサービス間でも電子契約締結が可能となるシステム互換性を有している

『WAN-Sign』は、情報管理会社の株式会社NXワンビシアーカイブズが提供する電子契約システムです。官公庁や金融機関が要求するセキュリティ基準にも対応しています。

WAN-Signの魅力は、無料プランでもすべての機能が利用できる点です。電子契約の締結件数は月に3件と制限されているものの、基本的に有料プランと同様の機能が利用できます。

セキュリティや内部統制機能もすべて標準搭載されているため、「無料プランだとセキュリティが心配だ」という方でも安心です。

さらに、SaleforceやKintoneといった外部サービスとのAPI連携にも対応。PDFにした電子契約書を外部システム上から閲覧することも可能です。

アカウント数無制限
送信件数3件/月
タイムスタンプ
テンプレート機能
便利機能アドレス帳、スキャン文書管理、アクセスコード認証など

FAST SIGN

出典:https://www.maru.jp/fastsign/

おすすめポイント
・スマートフォン上からも電子署名が可能なので、個人との契約締結もスムーズ
・SMSで契約書の送付通知ができるため、契約相手とのスピーディーなやり取りが期待できる
・Web面接システムと連携すれば、面接から雇用契約までの一連の流れをワンストップで行える

『FAST SIGN』は、個人相手の契約締結に強みをもつ電子契約サービスです。

スマホで契約締結を簡単に行える点が特長で、雇用契約から業務委託契約、秘密保持契約まで幅広い契約書類に対応しています。また、SMSでの通知機能を活用すれば、パソコンを持たない個人の方でも、スムーズに契約手続きを進めてくれるでしょう。

ほかにも、Web面接ツール「SOKUMEN」との連携が可能である点も魅力です。Web上で面接から雇用契約締結までワンストップで行えることから、採用プロセスの効率化が期待できます。

アカウント数1
送信件数10件/月
タイムスタンプ×
テンプレート機能1個
便利機能

DX-Sign

出典:https://www.dx-sign.jp/

おすすめポイント
・月額0円から始められるコストパフォーマンスに優れたサービス
・シンプルなデザインで、スマートフォン対応を含めた直感的な操作が可能
・無料プランでも導入・運用サポートが充実

『DX-Sign』は、株式会社クロスベイターが運営する電子契約システムです。3つの料金プランを用意しており、小規模事業所やお試し目的のユーザー向けに無料プランが設けられています。

使いやすさを重視したシンプルなデザインのため、電子契約を初めて締結する方でも迷いにくいサービスです。無料プランであっても、電子署名やタイムスタンプ、合意締結証明書の作成など、電子契約に必要な基本機能を網羅しています。

また、充実した導入・運用サポートは無料プランも対象内です。導入前のコストシミュレーションも可能なので、「電子契約を導入したら、紙と比べてどの程度コストを削減できるか」といった点が気になる方は、DX-Signへ問い合わせてみましょう。

アカウント数1
送信件数5件/月
タイムスタンプ
テンプレート機能△(近日公開予定 ※2024年3月時点)
便利機能締結ステータス管理、アラートなど

契約大臣

出典:https://keiyaku-daijin.com/

おすすめポイント
・有料プランは月額2,020円(税込)から利用でき、契約件数に応じて柔軟にプラン変更が可能
・弁護士事務所、SNS運営会社、リフォーム業者など、幅広い業種への導入実績・電子署名法
・電子帳簿保存法に準拠した機能を用意

『契約大臣』は、中小企業や個人事業主向けの電子契約システムです。有料プランが月額2,020円(税込)からとなっているため、個人でも利用しやすいサービスと言えます。

紙の契約書をPDFにしてデジタル化できるため、紙からデジタルへの移行もスムーズです。豊富にある契約書テンプレートを活用すれば、契約締結業務の効率化も図れるでしょう。

また、法的証拠力の強い電子署名にも対応していることから、契約書の種類に応じた適切な署名タイプ選択が可能です。

アカウント数1
送信件数1件/月
タイムスタンプ
テンプレート機能不明
便利機能書類保管、合意締結証明書の利用など

\ツールの検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

電子契約システムの導入を考えているなら資料で比較返答がおすすめ!サービススペックや料金、サポートなどの違いが比較しやすくなり、忙しい中での検討にもぴったりです。

無料で使える電子契約システムの選び方

ここでは、無料の電子契約システムの選び方について解説します。

無料で使える電子契約システムの選び方
・必要な機能が使用できるか
・企業導入実績が豊富なシステムか
・自社の既存システムと連携可能か
・有料プランが設けられているか

必要な機能が使用できるか

無料プランの場合、電子契約書の作成、送信、締結といった基本機能は利用できるものの、高度なカスタマイズ、複数社間契約、ワークフロー機能などは利用できないケースが一般的です。

例えば、契約前の承認プロセスの自動化や、契約書の管理・検索機能がビジネス運営に不可欠であれば、これらの機能を備えたシステムを選ぶ必要があります。

無料サービスを選ぶ際は、現時点または将来のビジネス拡大時に必要な機能を把握し、それら機能を提供しているサービスを探してみましょう

企業導入実績が豊富なシステムか

導入実績が豊富であるということは、幅広い業界や事業規模のニーズに対応できるサービス内容だと考えられます。

また、多くの企業に利用されているシステムは、ユーザーからのフィードバックをもとに機能改善が行われていることも多いため、使いやすさや安定性が期待できるでしょう。

さらに、業界を問わず広く採用されているシステムの場合、法的な要件やセキュリティ面での基準を満たしていることが多いです。

企業導入実績を事前にチェックすることで、。

自社の既存システムと連携可能か

利用する電子契約システムが自社の既存システムとスムーズに連携できるかどうかは、業務効率化を図るうえで重要なポイントです。

自社が利用するCRMやERPといったシステムと互換性があれば、データを一元管理し、契約書の作成から署名、保管までのプロセスを効率化できるでしょう。

また、システム間の連携により、重複入力の削減やミスの低減、さらには作業時間の短縮が期待できます。そのため、API連携や柔軟なカスタマイズが可能な電子契約システムを選ぶことが、将来の業務効率化につながります。

自社の既存システムとの連携性を事前に確認し、システムの拡張やビジネスの成長に対応できる電子契約サービスを選択することが重要です。

有料プランが設けられているか

無料プランのみのサービスを利用した場合、ビジネスが拡大すると、従来の機能やサービス内容に物足りなさを感じる可能性があります。

一方、有料プランのあるサービスは、機能拡張やカスタマイズ自由度の高い点が特徴です。セキュリティ強化や優先的なカスタマーサポートなど、ビジネス規模の拡大に応じたサービスのアップグレードが図れます。

多くの無料プランはアカウント数の上限や機能制限などがあるため、将来の事業拡大を見越し、有料プランの有無やサービス内容をあらかじめチェックしておきましょう

\ツールの検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

電子契約システムの導入を考えているなら資料で比較返答がおすすめ!サービススペックや料金、サポートなどの違いが比較しやすくなり、忙しい中での検討にもぴったりです。

電子契約書の作り方

電子契約書作成の大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 契約書の雛形を作成
  2. 文書の確認
  3. 電子署名の実施
  4. 契約書の共有・契約締結
  5. 保管

契約書の雛形作成では、各電子契約システムで用意されている契約書テンプレートを活用するのもおすすめです。ただし、あくまでテンプレートであるため、自社の契約内容にあわせ変更を加えるようにしましょう。

契約書の締結依頼は、メールで送信できるシステムがほとんど。なかにはSMS送信機能をもった電子契約システムもあります。個人相手の契約なら、SMS送信ができるシステムを選ぶのもおすすめです。

また、大前提として電子契約は相手の合意がないと利用できません。相手が電子契約を不安に思う場合は、電子契約の安全性を説明したり、紙の契約書で締結したりする対応が必要です。

電子契約システムのよくある質問

電子契約とは?

電子契約とは、紙媒体での契約ではなく、すべての契約プロセスをデジタルで行う方法です。

電子文書に電子署名を施すことで法的効力のある契約が成立し、物理的な署名や印鑑が不要になります。電子署名とタイムスタンプにより、文書の改ざん防止と本人確認が保証され、紙の契約と同等の法的証拠力をもてる点が特徴です。

個人間取引でも電子契約は可能?

可能です。例えば、賃貸借契約の電子化が可能なクラウドサインや、金銭消費貸借契約書を作成・管理できる電子契約システム『貸し借りかんりくん』といったように、個人間取引をサポートする電子契約システムも多数存在します。

「みんなの電子署名」はなぜ無料?

みんなの電子署名は、手軽にテスト導入できる無料の電子契約サービスです。コロナ禍のテレワーク推進下の中で生まれ、高額な市場のサービスに代わる手頃な選択肢を提供しています。

アカウント数や契約書の送信件数に上限がなく、機能制限もありません。本サービスは、とくに小規模企業や個人事業主に焦点を当て、電子署名の普及を目指すものです。

ただし、みんなの電子署名は、2024年11月末に『ベクターサイン』とのサービス統合が予定されています。統合後は有料となるため、ご注意ください。

無料電子契約システムを活用して業務効率化を図ろう!

電子契約システムは、契約業務の効率化とコスト削減の両方を実現する便利なツールです。

複数のサービス提供者が無料プランを提供しているものの、内容はさまざまです。そのため、自社のニーズに合ったサービスを見極めることが重要です。

興味をもったサービスがあれば、まずは試してみることをおすすめします。無料プランから始めて、業務効率の向上を体感しましょう。

\おすすめツール診断を試してみよう!/

電子契約システムを探している方必見!『おすすめの電子契約システム無料診断』を使えば、いくつかの質問に答えるだけで簡単にぴったりなツールを診断できます

SaaSのおすすめ診断・一括資料請求サービスとしてのノウハウを生かした当診断で、導入後のミスマッチやコスト面での失敗・リスクを低減可能。

機能性や初期費用から運用までのトータルコスト、サポートなど、より詳細な比較で自社に最適なシステムを選びやすくなります。

  • 自社におすすめのサービスが手間なくわかる!
  • 面倒なやり取りや知識は一切不要!一問一答で簡単
  • 診断・資料請求ともに無料!比較検討の第一歩におすすめ


主要システムから会社の体制や業種にあったものを30秒程で診断できるので、システム選びの第一歩として利用してみましょう。

▼こちらの記事もおすすめ

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次