【比較表】ERPの比較26選をタイプ別に紹介!選び方のコツや中小・大企業向けなど詳しく解説

本記事ではさまざまなERPを比較・紹介します。基幹システムとの違いやERPのタイプ、選び方、中小企業や大企業向けなど企業の規模にあわせたERPも紹介。ERPの導入は業務効率化、企業リソースの一元管理など多くのメリットをもたらします。導入を考えている企業は、本記事を比較検討の参考にしてみてください。

目次

ERPとは?基幹システムとの違いも解説

ERPとは、「Enterprise Resource Planning(企業資源計画)」の略称です。元々の意味では企業がもつヒト・モノ・カネの資源を一元管理・有効活用するための考え方を指しますが、ERPを実現するためのシステム・ツールを指す呼称としても使われています。

ERPとよく比較されるツールとして基幹システムがありますが、両者の違いは以下に示すとおりです。

  • 基幹システム:単一の業務分野を一元管理する
  • ERP:複数の基幹システムを統合的に管理

ERPをタイプ別に紹介

統合型

「統合型」は、経営に必須の機能を備えたオールインワンパッケージタイプのERPです。会計・人事・給与などのどんな企業にも共通するバックオフィス業務の一元管理はもちろん、販売管理や在庫管理などのさまざまな部門のデータと業務プロセスを1つのプラットフォーム上で管理できます。

ERPのメリットを最大限活かした効率的な運用が可能な反面、導入にかかる時間やコストは比較的大きい場合が多いでしょう。一定以上の規模をもつ企業におすすめです。

コンポーネント型

「コンポーネント型」は自社のニーズにあわせて、必要な機能を柔軟に組み合わせて利用できるタイプのERPです。導入時は必要最低限の機能から利用を始め、必要に応じて機能を拡張する柔軟な運用に対応しています。

コンポーネント型なら使用していない機能に料金を支払い続けることも防げるので、コストの面からも企業の状況に最適化しやすいのがメリット。初期費用も比較的安価で、中小企業にも導入しやすいのも特徴です。

業務ソフト型

「業務ソフト型」は、特定の業務や機能に特化したERPシステムを指します。統合型ERPは企業全体の業務プロセスを包括的に管理するのと対照的に、業務ソフト型ERPは特定の業務分野や部門に特化している点が特徴です。

会計や生産管理など特定の業務分野の効率化やデータの一元管理に長けており、コストや期間を抑えて導入が可能。関連部署の少ない小規模企業や特定の業務プロセスを強化したい企業にとって使いやすいシステムです。

ERPの選び方・比較ポイント

業界固有の機能や習慣に対応しているか

自社の業界固有の事情や特徴に対応した機能があると便利です。たとえばITやコンサルティング業界の場合はプロジェクト型の業務に適した機能が備わっていると、より効率的に業務を行えます。

業界特有の事情にカスタマイズで対応できる場合もありますが、デフォルトで機能が備わっているとより安心でしょう。自社と同じ業界の導入実績は十分か、という点が1つの指標になります。

クラウドかオンプレミスか

導入形態がクラウドかオンプレミスかによって、導入や月々にかかるコスト、セキュリティ対策が異なることを押さえておきましょう。クラウドは導入コストを比較的安価に抑えられることに強みがありますが、セキュリティ対策は提供するベンダー次第になります。

一方オンプレミスは、セキュリティ対策やシステムの仕様を自社要にカスタマイズできる点がメリットですが、クラウド型に比べ導入には多くの時間とコストを要するのも事実です。提供形態の特徴を整理した上でより自社に適した形態での導入を検討しましょう。

ベンダーの実績は十分か

ERPの導入は頻繁に行われるものではないため、自社にノウハウがない場合も多く、ベンダーの選定も重要な要素になります。信頼できるベンダーからサポートしてもらえると導入がスムーズに進むでしょう。

自社と同等の規模や業界での導入実績は有益な参考情報の1つです。

コストは予算の範囲内か

ERPの運用には初期費用だけでなく、カスタマイズや保守などの継続的なコストが発生します。想定されるランニングコストが予算内におさまるか、予測されるコストパフォーマンスは十分かを事前に整理しましょう。

ERPは長期的な運用を想定して導入する場合が多いので、将来的な機能拡張も検討している場合は拡張後にかかるコストの試算もしておくことも重要です。

自社のセキュリティポリシーと合致しているか

ERPは企業のさまざまな情報を一元管理するという特徴により、情報漏えいが発生した場合は多大な損害が生じることになります。管理する情報には顧客情報が含まれる場合も多く、堅牢性の高いセキュリティ対策が必要です。

導入を検討しているシステムが自社のセキュリティポリシーを満たしているか、慎重に確認しましょう。

使いやすいUIか

社員にとってERPの導入は業務に使用するシステムの刷新を意味します。シンプルな設計や直感的に使用できるデザインだと従業員も馴染みやすく、日々の業務でもストレスなく使用できるでしょう。

UI(ユーザーインターフェース)が使いにくいと、ERPが煩雑さの原因になってしまいます。デモやトライアルも活用して、実際に利用した社員の反応も選定の参考にするのもおすすめです。

サポートが充実しているか

従業員への教育、運用におけるトラブル対応などを想定したサポートがあると自社にノウハウがない場合でも安心です。導入サポート、運用者教育のためのeラーニング、電話やチャットでの運用フォロー体制があるか確認しましょう。

トラブルや不具合発生時のベンダ〜の対応についても事前に確認しておくと、有事の際もスムーズな対応が可能です。

【比較表】おすすめのERP一覧

サービス名提供形態対象従業員規模初期費用月額料金無料トライアル
Microsoft Dynamics 365 Business Centralクラウド中小企業要問合せ要問合せ
Oracle NetSuiteクラウド中小〜中堅企業要問合せ要問合せ
SAP Business ByDesignクラウド中堅企業要問合せ要問合せ
freee統合型ERPクラウド全企業要問合せ要問合せ要問合せ
RobotERPツバイソクラウド全企業要問合せ11.98万円(税要確認)
※金額は一例。使用するライセンスにより変動
あり
クラウドERP ZACクラウド全企業ZAC初期設定費用:10万円(税要確認)保守費用:6万円/月〜(税要確認)無料デモあり
Reforma PSAクラウド全企業無料勤怠・経理:300円
購買: 2,000円
販売: 6,000円
セキュリティオプション:300円(すべて税要確認)
要問合せ
Clovernet ERPクラウドクラウド全企業エコノミー:無料
スタンダード:33,000円〜
エコノミー:8,250円〜
スタンダード:16,500円〜
あり(最大2ヶ月間)
Plaza-iクラウド中堅・中小企業要問合せ要問合せ
GRANDITクラウド/オンプレミス全企業要問合せ要問合せ
Biz∫クラウド全企業要問合せ要問合せ
MA-EYESクラウド全企業要問合せ要問合せあり(30日間無料)
HUEクラウド大企業要問合せ要問合せ
キャムマックスクラウド中小企業月額利用料の1ヶ月分70,000円(税要確認)〜60日間
STRAMMICクラウド全企業要問合せ要問合せ要問合せ
Infor SyteLineクラウド/オンプレミス全企業要問合せ要問合せ
マネーフォワード クラウドERPクラウド中堅〜大企業要問合せ要問合せ
OBIC7クラウドソリューションクラウド大企業要問合せ要問合せ
GENクラウド全企業要問合せ要問合せ
GLASIAOUSクラウド中堅〜大企業要問合せ28,000円(税要確認)〜無料デモあり
ジョブカンシリーズクラウド全企業要問合せ会計:2,750円〜
見積・請求書:2,200円〜
給与計算:440円〜(1ユーザーあたり)
ワークフロー:330円〜(1ユーザーあたり)
など
30日間
kintoneクラウド全企業無料ライトコース:858円 / 人
スタンダードコース:1,650円 / 人
※5ユーザーから利用可能
あり(30日間)
SmileWorksクラウド中小企業標準プラン:33,000円〜
Enterpriseプラン:165万円〜
インボイス特別プラン:無料
標準プラン:11,000円〜
Enterpriseプラン:22万円〜
インボイス特別プラン:3,300円〜
あり(詳細は要問合せ)
kinterpクラウド全企業在庫管理のみの場合:150万円〜(税要確認)
債権管理、債務管理、在庫管理の場合:要問合せ
要問合せあり(詳細は要問合せ)
楽楽販売クラウド全企業16.5万円77,000円〜あり(詳細は要問合せ)
iDempiereクラウド全企業要問合せ要問合せ

おすすめの統合型ERPを紹介

Microsoft Dynamics 365 Business Central|Microsoft製品とシームレスに連携

出典:https://www.pbc.co.jp/

『Microsoft Dynamics 365 Business Central』は、Microsoft製品とシームレスな連携が可能なERPです。

クラウドサービスのため迅速な導入が可能で、2層ERPモデルにより海外拠点との連携でデータをリアルタイムに活用できます。

海外拠点での商習慣や税制も対応しており、場所に縛られないスムーズで柔軟な意思決定をサポート。中小企業の業務を統合的な管理を実現します。

提供形態クラウド
対象従業員規模中小企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)要問合せ
無料トライアル

Oracle NetSuite|財務・会計、CRM、Eコマースなどの機能に対応

出典:https://www.netsuite.co.jp/products/erp.shtml

Oracle NetSuiteは、財務・会計、CRM、Eコマースなどの機能に対応したクラウドERPです。業種や業態を問わず、売上や経費、在庫、顧客情報をリアルタイムの可視化にくわえ、バージョンアップやセキュリティ管理も一元管理できます。

複数の子会社、事業部門、法人をもつ企業のあらゆるビジネスプロセスの標準化に長けており、グローバルに展開するビジネスをより快適に運営できるでしょう。

提供形態クラウド
対象従業員規模中小〜中堅企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)要問合せ
無料トライアル

SAP Business ByDesign|多言語・多通貨対応

出典:https://www.sap.com/japan/products/erp/business-bydesign.html

『SAP Business ByDesign』は、財務から販売、製品管理、購買までの業務プロセスをクラウドで管理できるERPソリューションです。同社の実績から蓄積されたノウハウと詳細なデータ分析により、部門間の連携の効率化を実現します。

多言語・多通貨対応により海外拠点の法令にも対応できるほか、世界中にデータセンターを分散させることで、安全性の高い環境での運用が可能です。

提供形態クラウド
対象従業員規模中堅企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)要問合せ
無料トライアル

freee統合型ERP|バックオフィス業務を1つに!

出典:https://www.freee.co.jp/sales-management/togo-erp/

『freee統合型ERP』は、バックオフィス業務を1つの基幹システムに統合可能なERPです。同社提供の『freee人事』『freee販売』『freee会計』の機能が統合的に利用でき、ヒトモノカネに関わる業務を一気通貫して管理できます。

インボイス制度や電子帳簿保存法などの法改正にも対応しており、案件別の見積書・発注書・請求書などの書類発行も効率化可能。導入前の相談から、社員のための習熟コンテンツの利用、状況に応じた運用フローの設計などのサポートも充実しています。

提供形態クラウド
対象従業員規模全企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)要問合せ
無料トライアル要問合せ

RobotERPツバイソ|従業員の自己学習や自主的・創造的活動を支援

出典:https://tsubaiso.jp/

RobotERPツバイソは、従業員の自己学習や自主的・創造的活動をする「タレント・オリエンテッド経営」に導く機能が特徴的なクラウドERPです。それぞれ単独導入も可能な同社サービスの『ツバイソPSA』と『ツバイソERP』から構成され、業務プロセスの自律的運用を目指せます。

業務の自動化を促進することで、タレントの自己学習やクリエイティブ活動のための時間や、マネジメント層の戦略思考のリソースを確保できるでしょう。

提供形態クラウド
対象従業員規模全企業
初期費用(税要確認)要問合せ
月額料金(税要確認)11.98万円
※金額は一例。使用するライセンスにより変動
無料トライアルあり

クラウドERP ZAC|プロジェクト型業務の管理に強み

出典:https://www.oro.com/zac/

「クラウドERP ZACは、さまざまな業界のプロジェクト型業務の管理が強みのクラウドERP。IT、広告業、コンサルティング業などのプロジェクトに対応でき、同社の『Reforma PSA』に比べて、より機能重視の企業に適したサービスです。

ベンチャーから上場企業・大手企業まで幅広い導入実績をもち、財務会計システムをはじめとしたさまざまな外部システムとの連携にも対応しています。実際にシステム画面を見ながらの無料デモの利用も可能です。

提供形態クラウド
対象従業員規模全企業
初期費用(税要確認)ZAC初期設定費用:10万円
月額料金(税要確認)保守費用:6万円/月〜
無料トライアル無料デモあり

Reforma PSA|コストを抑えてプロジェクト型業務を管理

出典:https://www.oro.com/reforma-psa/

『Reforma PSA』は、クラウドERP ZACと比較してコストを抑えてプロジェクト型業務を管理したい企業におすすめのサービス。前述の『クラウドERP ZAC』同様、プロジェクト型・受託型業務の管理に実績をもつ株式会社オロが提供しています。

仕掛中でも案件別損益をタイムリーに把握できるほか、受注前の案件から予定作業時間を管理して先々のリソースも調整できるなどプロジェクト管理に便利な機能が豊富です。多角的な集計軸の経営レポートもワンクリック出力でき、経営判断をサポートします。

提供形態クラウド
対象従業員規模全企業
初期費用(税要確認)無料
月額料金(税要確認)勤怠・経理:300円
購買: 2,000円
販売: 6,000円
セキュリティオプション:300円
無料トライアル要問合せ

Clovernet ERPクラウド|NECのERP製品

出典:https://www.nec-nexs.com/service/lp/clovernet_erp_cloud/

『Clovernet ERPクラウド』は、エコノミーとスタンダードの2つのプランを利用可能な統合型ERPです。

販売・仕入・在庫管理、財務会計・経費精算、給与・賞与計算、勤怠管理、マイナンバー管理の機能から、段階的な導入が可能。

クラウド型のためバージョンアップや法令対応は自動更新で対応でき、IT運用負荷を低減します。勤怠・給与までまとめて管理できるので、従業員の適正管理や働き方改革の推進に役立つでしょう。

提供形態クラウド
対象従業員規模全企業
初期費用(税込)エコノミー:無料
スタンダード:33,000円〜
月額料金(税込)エコノミー:8,250円〜
スタンダード:16,500円〜
無料トライアルあり(最大2ヶ月間)

Plaza-i|複数通貨・言語・会計基準に対応

出典:https://corp.ba-net.co.jp/product/plazai

『Plaza-i』は複数通貨、複数言語、複数会計基準に対応する、内部統制の機能が充実したERPです。クラウド・オンプレミスの双方に対応しており、クラウド環境でもニーズにあわせて機能のカスタマイズが可能。

会計システムだけでも組織、取引先、従業員、プロジェクト、ユーザ定義など豊富な管理コードで管理・分析できる点も特徴です。利用に際しては導入前コンサルティングから導入・移行支援、運用サポートまで一貫したサポートを受けられます。

提供形態クラウド/オンプレミス
対象従業員規模中堅・中小企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)要問合せ
無料トライアル

GRANDIT|コンソーシアム各社の保持する業務ノウハウを活用

出典:https://www.grandit.jp/product/

『GRANDIT』は、多種多様な企業が蓄積した知恵やノウハウを結集したコンソーシアム方式により生み出されたERPです。コンソーシアム各社の保持する業務ノウハウを集めた、日本企業に適合したERPであるのが特徴です。

GRANDITではRPAの活用により、従来はIT化が難しかった前処理・後処理の業務を効率化でき、システムを操作にかかる時間の削減が可能です。

クロスプラットフォーム対応のアプリケーション開発も可能で、自社のビジネス環境に即応したアプリの活用で企業の競争力をサポートします。

提供形態クラウド/オンプレミス
対象従業員規模全企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)要問合せ
無料トライアル

Biz∫|業界ごとのテンプレートが充実

出典:https://www.biz-integral.com/

『Biz∫』は、必要な業務・ユーザ数にあわせた段階的な利用に対応可能なクラウドERPです。

会計、販売などの基幹系業務から、ワークフロー、グループウェア、BI(ビジネスインテリジェンス)などの情報系まで、全社規模の業務に対応したアプリケーションをラインアナップしています。

建設業向けや金融会計向けなど、特定の業界向けのテンプレート機能を備えた特化型ソリューションも提供しており、自社に適切なサービスをピックアップして利用可能です。

提供形態クラウド
対象従業員規模全企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)要問合せ
無料トライアル

MA-EYES|自由度の高い開発・運用環境

出典:https://www.bbreak.co.jp/maeyes/

『MA-EYES』は、自由度の高い開発・運用環境が特徴のクラウドERPです。独自の経営指標の組み込みや特徴的な業務フローを実現する機能の追加、企業独自の業務要件にマッチしたシステム構築が可能で、企業の業務全般を統合的にサポートします。

新しい要件が生じた際にも、必要な機能の追加によりシステムを拡張できるセミオーダー型であるため、運用の柔軟性も担保。フレキシブルな仕様でも導入方法は以下の3パターンから選択可能です。

  • SaaS:クラウド型で標準機能をそのまま利用
  • 一括:オンプレミス型で企業にあわせて構築
  • SaaS+:クラウド型で企業にあわせてカスタマイズ
提供形態クラウド/オンプレミス
対象従業員規模全企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)要問合せ
無料トライアルあり(30日間無料)

HUE|標準機能を徹底網羅した大企業向けERP

出典:https://www.worksap.co.jp/services/

『HUE』は標準機能の網羅性が特徴のERPです。個別アドオン・カスタマイズを極力控えた運用の実現が可能で、製造業、商社卸売業、小売業、鉄道業、情報サービス業向けには業界に特化したソリューションも提供しています。

インボイス制度や法改正への対応はもちろん、標準の保守料の範囲内でブラウザやクライアントOSのバージョンアップにも対応。ビジネストレンドの追従にもコストがかからず、長期的な運用にも適したシステムといえるでしょう。

提供形態クラウド
対象従業員規模大企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)要問合せ
無料トライアル

キャムマックス|オムニチャネル対応が特徴

出典:https://www.cam-net.co.jp/service/

『キャムマックス』は、オムニチャネル対応が特徴的な中小企業向けERPです。在庫管理や販売管理など機能が充実しており、カート、モール、卸、実店舗と、あらゆるチャネルで受注から出荷までの流れを管理できます。

ERPでありながら、中小企業が販売管理ソフトや在庫管理ソフトのような手軽さで利用できるよう設計されており、サポートや保守費用も含めワンプロダクト・ワンプライスで利用可能。ワークフロー機能、各種帳票のPDF出力も標準搭載されています。

提供形態クラウド
対象従業員規模中小企業
初期費用(税要確認)月額利用料の1ヶ月分
月額料金(税要確認)70,000円〜
無料トライアル60日間

STRAMMIC|製造業向けの機能に強み

出典:https://www.ammic.co.jp/product/strammic.html

『STRAMMIC』は、製造業向けの機能に強みをもつERPです。導入によりサプライチェーンマネジメントの核となる生産・販売物流・調達の管理業務を統合できます。

仕入先・製造委託先とも連携してシステムを導入することで生産計画情報の同期化・可視化・短サイクル化も可能で、効率的なサプライチェーンの仕組みを実現できます。単一モジュールのみのスモールスタートに対応していて、段階的な機能拡張も可能です。

提供形態クラウド
対象従業員規模全企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)要問合せ
無料トライアル要問合せ

Infor SyteLine|製造業向け!複雑な工程を管理

出典:https://www.infor.com/ja-jp/solutions/erp/syteline

『Infor SyteLine』は、製造業向けのERPです。製造業の中でも航空宇宙・防衛、自動車、産業用品製造業などより特化した業界向けのサービスを提供しています。

ベンダー認証の期限管理やコンプライアンスの追跡など品質管理機能も充実しており、期限切れの認証をベンダーに通知することで、サプライチェーンの問題を未然に防止可能です。導入により複雑な製造プロセスの簡素化と自動化が実現できるでしょう。 

提供形態クラウド/オンプレミス
対象従業員規模全企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)要問合せ
無料トライアル

おすすめのコンポーネント型ERPを紹介

マネーフォワード クラウドERP(株式会社マネーフォワード)

出典:https://biz.moneyforward.com/erp/

『マネーフォワード クラウドERP』は、システムの柔軟な組み合わせが可能なコンポーネント型クラウドERPです。他社のSFAやCRM、販売管理、在庫・購買管理システムとも連携でき、既存のシステムを活用しながらシステム全体の最適化を図れます。

紙のやりとりが発生していた業務をペーパーレス化によりオンラインで完結でき、BPOサービスにより必須のペーパーワークの効率化も可能です。ワークフロー、アクセス管理、ログ管理機能を備えており、内部統制の強化にも対応できます。

提供形態クラウド
対象従業員規模中堅〜大企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)要問合せ
無料トライアル

OBIC7クラウドソリューション|幅広い分野の業界別ソリューション

出典:https://www.obic.co.jp/erp_solution/cloud/

『OBIC7クラウドソリューション』は、製造業から金融、不動産、商社や物流まで幅広い分野の業界別ソリューションが利用可能です。コンサルティングからシステム企画、システム構築、サポートまでを同社が一貫体制で提供しており、運用コストを削減できます。

顧客ごとに個別の専用環境を提供し、同社のデータセンターでも強固な運用管理を徹底。個別のセキュリティ要件を満たしたサービス提供によりクラウド型でも比較的安全性の高い運用を実現できます。

提供形態クラウド
対象従業員規模大企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)要問合せ
無料トライアル

GEN|製造、商社、アパレル、化粧品&食品、制作、サブスク、工場向け

出典:https://www.gen-square.com/

『GEN』は、7つの業種(メーカー、商社、アパレル、化粧品&食品、クリエイティブ、サブスク、工場)に適した機能をもつクラウドERPです。

ベンダーによるカスタマイズではなく、帳票、項目、アラート、マスターの組み合わせにより、企業固有のシグネチャーモデルを構築できます。柔軟に変更できる設計により時代の流れや社会の変化にあわせて、バックオフィス業務の管理手法を変化させることが可能です。

提供形態クラウド
対象従業員規模全企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)基本料金:22,000円
アカウントごと:4,730円(GEN PRODUCTSの場合)
無料トライアル要問合せ

GLASIAOUS|国際会計に対応

出典:https://www.glasiaous.com/

『GLASIAOUS』は、世界中の法人で利用可能な国際会計に対応したERPです。同社の形成する「GLASIAOUSコンソーシアム」による機能強化を実施しており、最新の会計・税務要件を踏まえて実務に対応できます。

同社はシステムだけでは対応できない記帳代行、税務申告支援、コンサルティング、アドバイザリーサービスも提供しており、各拠点にあわせた経営管理を手厚くサポートしています。グループ管理機能により経営状況の可視化もシンプルにできるでしょう。

提供形態クラウド
対象従業員規模中堅〜大企業
初期費用(税要確認)要問合せ
月額料金(税要確認)28,000円〜
無料トライアル無料デモあり

ジョブカンシリーズ|自社に必要な機能を選んで利用

出典:https://all.jobcan.ne.jp/

『ジョブカンシリーズ』は、バックオフィス業務を効率化するクラウドサービスシリーズ。経費計算、ワークフロー、労務管理など領域別のサービスから自社に必要なものをピックアップして利用可能です。

サービス同士のデータ連携も可能で、点在する各領域を効率化しながらシステム・データの一元化を進められます。サポート体制も充実しており、無料トライアル期間中から機能制限なく、すべてのサポートを利用可能です。

提供形態クラウド
対象従業員規模全企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)会計:2,750円〜
見積・請求書:2,200円〜
給与計算:440円〜(1ユーザーあたり)
ワークフロー:330円〜(1ユーザーあたり)など
無料トライアル30日間

kintone|ノーコード・ローコードでシステム設計

出典:https://kintone.cybozu.co.jp/

『kintone』は、ノーコード・ローコードでアプリが作成できるクラウドサービスです。プログラミングの知識がなくても業務効率化を実現するアプリを作成でき、業務を熟知している社員がその業務に適したシステムを構築できます。

顧客案件管理から交通費申請、日報まで業務の数だけアプリを作成でき、豊富な拡張機能により外部サービスとの連携も可能です。現場主体での業務改善やDX化の推進にも活用できるでしょう。

提供形態クラウド
対象従業員規模全企業
初期費用(税込)無料
月額料金(税込)ライトコース:858円 / 人
スタンダードコース:1,650円 / 人
※5ユーザーから利用可能
無料トライアルあり(30日間)

おすすめの業務ソフト型ERPを紹介

SmileWorks|中小企業の業務を効率化

出典:https://www.smile-works.co.jp/

『SmileWorks』は、中小企業向けに業務効率化をもたらすクラウドERPです。財務会計・販売管理・給与計算などの基幹システムを統合管理し、EDI機能も備えています。「JIIMA認証」も取得しており、電子帳簿保存法で定められている保存等の要件に対応。

売上伝票・仕入伝票等をボタン1つで会計連動することでプロジェクト別の損益計算書を自動作成でき、プロジェクト別の収益を迅速に把握でき、経営判断をサポートします。

提供形態クラウド
対象従業員規模中小企業
初期費用(税込)標準プラン:33,000円〜
Enterpriseプラン:165万円〜
インボイス特別プラン:無料
月額料金(税込)標準プラン:11,000円〜
Enterpriseプラン:22万円〜
インボイス特別プラン:3,300円〜
無料トライアル

kinterp|「kintone+ERP」のシステム体系

出典:https://www.nippon-rad.co.jp/es/kinterp/

『kinterp』は、ビジネスアプリ作成プラットフォーム『kintone』と同社の基幹システム構築ノウハウを掛け合わせた業務システム。クラウド上に業務アプリを作成できるkintoneの特性にERPの要素を加えることで、複雑な業務要件に対応した本格的な業務システムを構築できます。

kintone基本機能の組み込みや設定は自社でも実施でき、同社が作成するアプリとは別にKintoneの機能を活用したアプリ作成が可能です。コストを抑えて短期間に導入できるLight バージョンも提供しています。

提供形態クラウド
対象従業員規模全企業
初期費用(税要確認)在庫管理のみの場合:150万円〜
債権管理、債務管理、在庫管理の場合:要問合せ
月額料金(税要確認)要問合せ
無料トライアルあり(詳細は要問合せ)

楽楽販売|カスタマイズの自由さが特徴

出典:https://www.rakurakuhanbai.jp/

『楽楽販売』は、カスタマイズの自由さが特徴のクラウド型の販売管理システム。自社の業務フローに合わせた販売管理システムをマウス1つで構築でき、複雑な金額計算や請求・売上計上を自動化や、販売管理の手間とミスの解消を実現します。

同社提供の関連サービス『楽楽精算』や『楽楽明細』と連携すればバックオフィス業務のシームレスな連携も実現でき、幅広い業務の効率化が可能です。

提供形態クラウド
対象従業員規模全企業
初期費用(税込)16.5万円
月額料金(税込)77,000円〜
無料トライアルあり(詳細は要問合せ)

iDempiere|ライセンス料無料のオープンソースERP

出典:https://www.compiere-distribution-lab.net/idempiere-lab/

『iDempiere』はライセンス料が無料で使用できるオープンソースERP。一連の基幹業務機能の利用はもちろん、業務アプリケーションの開発フレームワークを活用した開発も可能です。グローバル対応や内部統制に関する機能も備え、グループ企業への導入に対応。

ユーザービリティ―を意識したUIも特徴的で、端末を問わないレスポンシブデザインにも対応しています。

提供形態クラウド
対象従業員規模全企業
初期費用(税込)要問合せ
月額料金(税込)要問合せ
無料トライアル

企業規模・業種別おすすめのERPを紹介

中小企業におすすめのERP

中小企業におすすめのERPは以下のとおりです。必要最低限の機能でのスモールスタートが可能なサービスは、初期費用を抑えて導入できるので多くの中小企業にとって利用しやすいでしょう。

導入後に機能の追加が可能なサービスも多く、変化の激しい中小企業のニーズに柔軟に対応できるのもメリットです。

  • マネーフォワード クラウドERP
  • Clovernet ERPクラウド
  • GRANDIT
  • Microsoft Dynamics 365 Business Central
  • SAP Business ByDesign
  • GLASIAOUS
  • RobotERPツバイソ
  • Plaza-i
  • OBIC7クラウドソリューション
  • Oracle Netsuite
  • SmileWorks
  • Reforma PSA
  • GEN
  • freee統合型ERP
  • iDempiere
  • kinterp
  • キャムマックス

大企業におすすめのERP

会社全体でのより効率的な経営が求められる大企業におすすめのERPは次のとおりです。バックオフィス業務を中心に幅広い業務の効率化はもちろん、内部統制強化や海外拠点での大規模導入など大企業ならではの事情にも対応しているサービスの選定がおすすめです。

  • Biz∫
  • kintone
  • Infor SyteLine
  • クラウドERP ZAC
  • HUE
  • MA-EYES
  • 楽楽販売
  • ジョブカンシリーズ
  • STRAMMIC

建設業におすすめのERP

建設業におすすめのERPは次のとおりです。建設・工事業向けに提供しているサービスや案件数、進捗率などの非会計情報を管理できるサービスをピックアップしました。

建設業界の特徴でもある紙の伝票や手形などの決済方法の多様性にも対応しており、導入による業務効率化が期待できます。

  • GRANDIT
  • OBIC7クラウドソリューション
  • Biz∫

製造業におすすめのERP

販売管理や在庫管理機能への需要が高い製造業におすすめのERPは次のとおりです。製造業ではERP以前に生産管理システムを導入している企業も多く、ERP導入によって生産業務とそれ以外の業務の効率化、データの一元管理が実現できます。

  • Infor SyteLine
  • GEN
  • STRAMMIC

自社に適したERPの活用で業務を効率化しよう

本記事では、おすすめのERPを比較・紹介しました。部門ごとに別々に行っていた作業もERPの導入により効率化が実現し、無駄なコストを削減可能です。データの一元管理も可能で、他部門への連携により企業全体のシナジー発揮にも寄与します。

企業のサイズや求める機能によっておすすめのERPは異なるので、まずは導入の目的や必要な機能を整理することから始めましょう。

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次