おすすめの無料ホームページ作成サービス10選!スマホ、初心者向けソフトも紹介

Webサイトの立ち上げには多額のコストが発生する場合も多いですが、なるべく費用を抑えたい方にとってうれしいのが無料のホームページ作成サービス。

本記事では、スマホ向け、初心者向けなど、いくつかのジャンルにわけておすすめの無料ホームページ作成サービス10選の違いをまとめて比較できる情報を紹介します。

\ホームページ制作の検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

目次

【一括比較】おすすめの無料ホームページ作成サービス10選

おすすめの無料ホームページ作成サービス10選について、料金や運用の難易度、デザインなどの概要をまとめて比較できる一覧表を用意しました。

料金導入形態運用の難易度デザインSEO対策サポート
WordPress・無料プラン
・有料プラン:月額620円(税込)~
※年一括払いの場合
サーバーにインストール
※運用はオンライン、使用端末の制限なし
専門知識なしで使えるが、本格的なカスタマイズにはある程度の知識が必要12,000種類以上の無料テンプレートSEO対策関連のプラグインが充実有料プランのみ公式のメールサポートあり
※利用者同士で情報交換を行うフォーラムは自由に使える
Wix・無料プラン
・有料プラン:月額1,320円(税込)~
クラウド専門知識なしで使える900種類以上のテンプレート検索エンジンに対応した基礎構造、メタタグやURLスラッグのカスタマイズ可能ヘルプセンター
※有料プランには、24時間対応のサポートあり
STUDIO・無料プラン
・有料プラン:月額980円(税込)~
クラウド専門知識なしで使える無料/有料のテンプレートを用意
※テンプレート数は要問合せ
サイトマップの自動生成作やタグ設定、リダイレクト機能あり・無料プラン:ユーザーコミュニティ、チャットサポート
・有料プラン:上記のサポート+有料プラン専用サポート
Google サイト・無料プラン
・有料プラン:月額816円(税要確認)~※年間契約の場合
クラウド専門知識なしで使える無料テンプレートあり
※テンプレート数は要問合せ
要問合せ有料プランは専用サポートあり
Weebly・無料プラン
・有料プラン:月額10ドル(税要確認)~
クラウド専門知識なしで使える無料のテンプレートあり
※テンプレート数は要問合せ
自動で検索エンジンへのSEO対策を最適化、さらにカスタマイズも可能・無料英語サポート
・有料の日本語サポート
Crayon・無料プラン
・有料プラン:月額990円(税要確認)~
※料金は支払方法で変わります
クラウド専門知識なしで使える業種別の初期レイアウトあり利用者側の知識・設定が必要
※SEO解説あり
メール
ペライチ・無料プラン
・有料プラン:月額1,465円(税込)~
クラウド専門知識なしで使える数百種類のテンプレート利用者側の知識・設定が必要対策
※手順解説あり
メール、チャット
BASE・無料プラン
・有料プラン:月額16,580円(税要確認)~
※月額料金は年払いの場合。両プラン共に、商品が売れた際に手数料が発生
クラウド専門知識なしで使える無料のテンプレートに加え、80種類以上の有料テンプレートを用意ECサイト用のSEO設定無料プラグインありメール
Jimdo・無料プラン
・有料プラン:月額990円(税込)~
※年間契約の場合
クラウド専門知識なしで使える約40種類のテンプレート有料プランから上級者向けSEOを搭載有料プランのみあり
Ameba Ownd・無料プラン
・有料プラン:月額960円(税込)
クラウド専門知識なしで使える業種、ジャンル別のテンプレートを用意
※テンプレート数は要問合せ
SEO設定機能あり
※解説あり
メール

\ホームページ制作の検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

【本格的なWebサイト】おすすめの無料ホームページ作成サービス5選

WordPress(ワードプレス)

出典:https://ja.wordpress.org/

【WordPressのポイント】

  • ブログから本格的なホームページまで作成できる
  • Web上の43%のサイトがWordPressを使用(※)
  • 12,000種類以上の無料テンプレートと55,000種類以上のプラグイン(※)

『WordPress(ワードプレス)』は、無料で使えるオープンソースのホームページ作成サービスです。

Web上のサイトのうち、43%がWordPressで制作されており、個人、企業など規模を問わず指示されるサービスです。無料であっても、12,000種類以上の無料テンプレートや55,000種類以上のプラグインが使えるため、本格的なホームページ制作が可能です。

無料版だと公式のメールサポートは受けられませんが利用者が多いためは、ネット上にナレッジ共有や質問掲示板も多数存在します。バグやトラブルは公式が対応してくれるため、臨機応変に運用しやすいサービスだといえるでしょう。

料金・無料プラン
・有料プラン:月額620円(税込)~
導入形態サーバーにインストール※運用はオンライン、使用端末の制限なし
運用の難易度専門知識なしで使えるが、本格的なカスタマイズにはある程度の知識が必要
デザイン12,000種類以上の無料テンプレート
SEO対策SEO対策関連のプラグインが充実
サポート有料プランのみ公式のメールサポートあり
※利用者同士で情報交換を行うフォーラムは自由に使える

※“WordPress公式HP”参照

Wix(ウィックス)

出典:https://ja.wix.com/

【Wixのポイント】

  • カスタマイズ可能な900種類以上の無料テンプレート(※)
  • ネットショップ、ブログ、ポートフォリオなどビジネスに役立つ機能が充実
  • ドラッグ&ドロップのシンプルな操作でデザインできる

『Wix(ウィックス)』は無料で使える本格ホームページ作成ソフトです。

世界中で2億5,000万人以上がWixを導入しており、さまざまな目的・業種のホームページに対応しているのが魅力的(※)。

豊富なテンプレートやシンプルなクリック操作により、専門知識なしでもホームページを構築できるだけでなく、コーディングを用いた本格的なカスタマイズにも対応しています。

ビジネス向け機能が充実した有料プランが用意されているため、無料プランで使い勝手をチェックしてから、プランの切り替えを検討するのもよいでしょう。

料金・無料プラン
・有料プラン:月額1,320円(税込)~
導入形態クラウド
運用の難易度専門知識なしで使える
デザイン900種類以上のテンプレート
SEO対策高機能なSEOツールを用意
サポートヘルプセンター
※有料プランには、24時間対応のサポートあり

※“Wix公式HP”参照

STUDIO(スタジオ)

出典:https://studio.design/ja

【STUDIOのポイント】

  • CMS、フォーム、分析ツールをオールインワン
  • デザインや改善をノーコードで実施できる
  • 柔軟にSEOの最適化を図れる機能を搭載

『STUDIO(スタジオ)』は、ノーコードであらゆるWebサイト制作のニーズに対応するホームページ作成サービスです。

ホームページのデザイン、コンテンツ制作などを専門知識なしで効率的に行える仕様となっており、直感的に運用しやすいのが魅力的。無料/有料のテンプレートが用意されていますが、細かい書体やアニメーションまでカスタマイズした上で設置可能です。

無料プランに加え、特徴の異なる4つの有料プランが用意されており、予算や条件にあわせてプラン選定できる点も見逃せません。

料金・無料プラン
・有料プラン:月額980円(税込)~
導入形態クラウド
運用の難易度専門知識なしで使える
デザイン無料/有料のテンプレートを用意
※テンプレート数は要問合せ
SEO対策簡単に編集可能なSEO対策機能
サポート・無料プラン:ユーザーコミュニティ、チャットサポート
・有料プラン:上記のサポート+有料プラン専用サポート

Google サイト(グーグルサイト)

出典:https://sites.google.com/new

【Google サイトのポイント】

  • Googleアカウントがあれば無料ではじめられる
  • とにかくシンプルな設計で操作方法に迷いにくい
  • 有料プランはほかのGoogleサービスもアップグレードされる

『Google サイト(グーグルサイト)』は、Googleが提供するホームページ作成ソフトです。

Googleアカウントがあれば、すぐに無料でホームページを作成開始できる仕様となっており、わずか10分で構築可能な点が魅力的(※)。

プログラミング言語を使わずに構築可能なため、専門スタッフが在籍していなくてもホームページを作成できます。

また、ビジネス向けの有料プランは、Gmail、Drive、Meet、DocumentといったほかのGoogleサービスにも共通で適用される点が特徴的です。

料金・無料プラン
・有料プラン:月額816円(税要確認)~
導入形態クラウド
運用の難易度専門知識なしで使える
デザイン無料テンプレートあり
※テンプレート数は要問合せ
SEO対策要問合せ
サポート有料プランは専用サポートあり

※“Google サイト公式HP”参照

Weebly(ウィーブリー)

出典:https://www.weebly.com/jp

【Weeblyのポイント】

  • ドラッグ&ドロップ中心のノーコードで使える仕様
  • EC向けのデザイン、機能が充実
  • スマホでも運用可能な専用アプリを提供

『Weebly(ウィーブリー)』は、ノーコードで運用可能なホームページ作成サービスです。

大きな特徴はビジネス向けのサービスが充実しているところ。200種類を超える機能追加アプリ、EC関連機能、マーケティング支援機能などで多種多様なビジネスを後押しします(※)。

ただし、無料サポートは英語となっており、日本語による独自サポートは有料である点に注意しましょう。

料金・無料プラン
・有料プラン:月額10ドル(税要確認)~
導入形態クラウド
運用の難易度専門知識なしで使える
デザイン無料のテンプレートあり
※テンプレート数は要問合せ
SEO対策総合的なSEOツール
サポート・無料英語サポート
・有料の日本語サポート

※“Weebly公式HP”参照

\ホームページ制作の検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

【スマホで簡単】おすすめの無料ホームページ作成サービス3選

Crayon(クレヨン)

出典:https://crayon.e-shops.jp/

【Crayonのポイント】

  • スマホでの運用に特化した設計
  • パーツ(機能)を組み合わせるだけでホームページを作成できる
  • ページ数、登録画像数に応じて変動する料金体系

『Crayon(クレヨン)』は、スマホだけで簡単にホームページを作成できるサービスです。

無料プランを含む3種類のプランが用意されており、作り込みの段階にあわせた段階的なプラン変更に対応。PCでの操作も可能ですが、スマホのみですべての操作を完結できるよう設計されているのが大きな特徴です。

また、美容健康、飲食店、福祉、ショップなど、業種別の初期レイアウトが多数用意されている点も見逃せません。

料金・無料プラン
・有料プラン:月額990円(税要確認)~
導入形態クラウド
運用の難易度専門知識なしで使える
デザイン業種別の初期レイアウトあり
SEO対策利用者側で対策
※解説ページあり
サポートメール

ペライチ

出典:https://peraichi.com/

【ペライチのポイント】

  • 数百種類のテンプレート(※)
  • スマホでホームページを作成、更新、変更を手軽に行える
  • ビジネスに必要な機能が充実

『ペライチ』は、無料プランが用意されているホームページ作成サービスです。

決済、予約システム、メルマガ配信、フォームなど、ビジネスに役立つ機能がパッケージ化されているのが特徴。。

ページ数や利用目的にあわせて選べる5つのプランを用意しており、幅広いニーズをカバーできるのが強みです。

また、スマホで更新・変更作業が簡単に行える仕様となっているため、時間や場所を選ばず臨機応変に対応できます。

料金・無料プラン
・有料プラン:月額1,465円(税込)~
導入形態クラウド
運用の難易度専門知識なしで使える
デザイン数百種類のテンプレート
SEO対策利用者側で対策(解説ページあり)
サポートメール、チャット

※“ペライチ公式HP”参照

BASE(ベイス)

出典:https://thebase.com/

【BASEのポイント】

  • 売れるまで無料で使えるネットショップ作成サービス
  • マーケティングや運営効率化に役立つ機能が充実
  • ショップ開設数210万の実績(※)

『BASE(ベイス)』は、ECの運用に特化したホームページ作成サービスです。

スタンダードプランは初期費用・月額費用0円で、商品が売れるまでコストがかからないのが魅力(※)。

手続きをシンプルに抑えることで、開設まで30秒、販売まで30分というスピーディな運用開始を実現します(※)。

また、店舗の開設や管理を手軽に行えるスマホアプリ(iPhone/Android)が用意されているため、スマホで手軽に更新作業を行いたい方におすすめです。

料金・無料プラン
・有料プラン:月額16,580円(税要確認)~
※両プラン共に、商品が売れた際に手数料が発生
導入形態クラウド
運用の難易度専門知識なしで使える
デザイン無料のテンプレートに加え、80種類以上の有料テンプレートを用意
SEO対策ECサイト用のSEO設定機能
サポートメール

※“BASE公式HP”参照

\ホームページ制作の検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

【初心者向き】おすすめの無料ホームページ作成サービス2選

Jimdo(ジンドゥー)

出典:https://www.jimdo.com/jp/

【Jimdoのポイント】

  • 世界中で3,200万の制作実績(※)
  • ホームページ作成のあらゆる作業を簡単にする仕様
  • 日本人スタッフによる日本語サポートを用意

『Jimdo(ジンドゥー)』は、「ホームページ作成のすべてを簡単に。」をコンセプトに設計されているホームページ作成サービスです。

ドラッグ&ドロップをはじめとした基本操作でホームページの構築、更新が可能となっており、ナビに従うだけでAIが制作してくれる「AI ビルダー」も用意。

HTMLやCSSに対応した「クリエイター」機能も用意されているため、初心者からプロまで幅広いニーズをカバーできます。

また、利用者に代わってプロがホームページを作成してくれるサービスが用意されている点も特徴的です。

料金・無料プラン
・有料プラン:月額990円(税込)~
導入形態クラウド
運用の難易度専門知識なしで使える
デザイン約40種類のテンプレート
SEO対策有料プランから上級者向けSEOを搭載
サポート有料プランはあり

※“Jimdo公式HP”参照

Ameba Ownd(アメーバ オウンド)

出典:https://www.amebaownd.com/

【Ameba Owndのポイント】

  • 幅広い用途に使えるシンプルでおしゃれなテンプレート
  • 簡単で使いやすいブログエディタ
  • スマホサイトにも対応したホームページを専門知識なしで作れる

『Ameba Ownd(アメーバ オウンド)』は、スマホ対応のレスポンシブデザインページ、ブログを特別な技術や知識なしで作成できるサービスです。

特徴は、個人ブログ、美容室、ニュースサイト、ショップなど、さまざまなジャンルのシンプルでオシャレなデザインテーマが用意されている点。

カラーやフォントを組み合わせてカスタマイズするだけで、個性的なホームページを簡単に作成できます。

また、ブログ関連機能が充実しているため、ブログ用のサービスを探している方にもおすすめです。

料金・無料プラン
・有料プラン:月額960円(税込)~
導入形態クラウド
運用の難易度専門知識なしで使える
デザイン業種、ジャンル別のテンプレートを用意
※テンプレート数は要問合せ
SEO対策SEO設定機能あり
※解説ページも用意
サポートメール

\ホームページ制作の検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

無料のホームページ作成サービスの注意点

前提として、無料でのホームページ制作は可能ですが、有料サービス(プラン)と比べると機能やページ数に制限がかかっているケースが多いため注意が必要です。

大半のサービスは無料/有料プランの両方が用意されているため、まずは無料プランでお試し。必要に応じて、有料プランへの切り替えを検討するのがおすすめです。

無料プランでニーズとの相性や使い勝手を確認してから有料プランを利用すれば、「コストをかけたが無駄になってしまった」という事態は防ぎやすくなるでしょう。

また、ホームページを制作・運用するにはドメインやサーバーが必要な点も覚えておきましょう。

いずれも無料で使えるものはありますが、安全性や信頼性などの面で懸念があるため、事前にリスクを把握した上で導入方法を検討することが大切です。

無料のホームページ作成サービスの選び方・ポイント

ホームページ制作の目的を明確化する

EC、集客、ブランディングなど、ホームページを通じて達成したい目的はさまざま。

目的によって適切なサイトデザインや機能性は異なるため、まずは目的を明確化しておくことが大切です。

例えば集客をメインの目的に据えるなら、検索エンジンからの安定した流入がカギとなるため、SEO対策機能が整ったサービスが適しています。

このように目的を明確化させると、「どのような条件がそろったホームページ作成サービスが適切か」が見えてくるため、選定前に済ませておきましょう。

制作事例を参考にする

ホームページ作成サービスの公式サイトでは、実際に当該サービスを用いて制作したWebサイトの事例が掲載されています。

制作事例には、デザインの傾向や搭載機能など、サービスの特徴をつかむために参考となる情報が詰まっているため、事前に細かくチェックするのがおすすめ。

機能一覧、加工前のデザインテンプレートだけでは実用性をなかなか判断するのが難しいですが、実際に公開されているWebサイトなら、自社が作りたいホームページとの親和性を計りやすいでしょう。

レスポンシブデザインに対応可能なサービスを選ぶ

2021年に行われた総務省の調査による、端末別のインターネット利用率(個人)はスマホが68.5%、パソコンが48.1%と、スマホの利用率がパソコンを大きく上回っていることが明らかとなりました(※)。

公的なデータにも表れているように、Webサイトを運営するならスマホへの対応は必須。ホームページ作成サービス選びでは、パソコン/スマホの両方にデザインが最適化されるレスポンシブデザインへの対応可否を必ずチェックしましょう。

端末を問わず快適に閲覧できるホームページを作成することが、ユーザーを取りこぼさないポイントのひとつです。

※“総務省公式HP”参照

サポート面もチェックしておく

ホームページ作成サービスによって、サポートの有無、提供内容はさまざま。

無料/有料プランが用意されている場合、有料プランのみサポートが提供されるケースも珍しくありません。

また、サポートの有無だけでなく、窓口の種類についても注意が必要です。

メールやチャットよりも電話のほうが効率的にやりとりできるため、スピーディな解決が見込めます。

とくに「ホームページ作成の経験が少なくて不安」「知識がまったくない」という方は、手厚いサポート体制の整ったサービスが安心でしょう。

\ホームページ制作の検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

無料のホームページ作成サービスを使うメリット

無料のホームページ作成サービスを使う主なメリットは以下の4つです。

  • コストを抑えられる

ホームページ制作には数十万円、数百万円規模のコストがかかるケースも珍しくありません。しかし、無料のホームページ作成サービスなら、コストを大幅に押さえてホームページの制作・運用を実現できます。

  • 無料でノウハウや経験を身に付けられる

ホームページ制作や更新作業を外注すると自社のリソースは削減できますが、ノウハウがなかなか貯まりません。一方、無料のホームページ作成サービスは、基本的に利用者自身でホームページの構築から更新まで行える仕様となっているため、Webサイト運用関連のあらゆるノウハウや経験が身に付きます。ホームページは中長期的に運用を続けるものであるため、蓄積されたノウハウ・経験は将来的な質の高い運用に役立つでしょう。

  • 使い心地を試してから有料プランへの移行を検討できる

有料サービスは「コストをかけて無駄になってしまうのがもったいない」と導入前に感じてしまうもの。しかし、無料プランが用意されているサービスなら、コストをかけずに使いやすさやデザインの相性、機能性などをチェックすることが可能です。無料プランを試した上で、ほかのサービスへの切り替え、有料プランへの移行を検討できるため、無駄なコストを極力抑えながらサービス選定を進められます。

  • 初心者向けのサービスが多い

無料で使えるホームページ作成サービスの多くは、初心者向けとなっています。プログラミング言語なしでホームページの作成、更新を行えるサービスが大半を占めており、パソコンの基礎知識さえあれば利用できるのが大きな魅力。また、スマホでの制作・更新が可能なサービスも多く、デバイスや場所を選ばずにホームページを運用したい方に適しています。

\ホームページ制作の検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

無料のホームページ作成サービスを使うデメリット

無料のホームページ作成サービスには、以下のようなデメリットもあります。

  • 有料サービス/プランより機能性やカスタマイズ性が劣る

無料のホームページ作成サービスは、利用料が発生しない分、有料サービスよりも機能性やカスタマイズ性に劣る傾向があります。とくに、無料/有料プランが用意されている場合は、サービス内容を要チェック。無料プランはページ数や利用可能な機能、サポート面などが制限されているケースがあります。ただし、制限がある場合でも、まずは無料プランを試してから「利用できる提供サービスを増やしたい」と感じたタイミングで有料プランへの移行を検討するのがおすすめです。

  • 独自ドメインを使えない場合がある

独自ドメインとは、各Webサイトに設定されるURLのなかで、独自に登録できるドメインのことです。

例)https://www.○○〇.com

上記の場合、「○○〇.com」が独自ドメインとなり、企業名やブランド名を設定することでホームページの内容をイメージしてもらいやすくなる効果があります。しかし、無料のホームページ作成サービスのなかには、独自ドメイン取得に追加料金が発生するケースも。独自ドメインを使いたい場合は、使用の可否、追加料金の金額などを事前に把握しておきましょう。

  • 広告が表示される

無料のホームページ作成サービスや無料プランの場合、作成したWebサイト内に広告が表示されるケースがあります。広告が表示されていると「運営会社がわかりにくい」「ブランドイメージがよくない」といったデメリットにつながる可能性があるため注意しましょう。表示される広告の場所や大きさなども事前にチェックした上で、広告を表示させたくない場合は、有料プラン(広告が非表示になるケースが多い)や他社サービスの検討がおすすめです。

\ホームページ制作の検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

無料のホームページ作成サービスについてのよくある質問

無料のホームページ作成サービスに関してよくある質問をQ&A形式で紹介します。

ホームページ作成サービスはなぜ無料で提供できる?

ホームページ作成サービスを無料で提供できる主な理由は以下の2点です。

  1. 広告収入がある
  2. 有料プランへ移行してもらう狙いがある

無料でホームページ作成サービスを提供できる理由のひとつが広告収入です。サービス内やユーザーのホームページに広告を掲載することで収入を確保。結果的に利用料無料という形での提供が可能となります。

また、無料プランを有料プランへのトライアル的な位置付けで提供しているケースもあります。

どんなサービスでも、いきなり有料プランを契約するのは不安なもの。そこで手軽に使える無料プランを提供し、ユーザーに操作性やサービスの特徴を理解してもらった上で有料プランへの移行を狙う仕組みです。

無料サーバーで大丈夫?

ホームページに不可欠なサーバーは、無料でレンタルすることも可能ですが、以下のようなデメリットがあります。

  • 安定性が悪い場合がある
  • 使えるデータ容量が少ない
  • 広告が表示される
  • 独自ドメインを利用できないものが多い
  • 商用利用禁止のケースが多い
  • サポートがない/乏しい

コストは抑えられるものの、さまざまな面でデメリットが多いことも覚えておきましょう。

レンタルサーバーは有料でも月額1,000円前後で利用できるケースが多いため、ホームページの安定性や信頼性を考えると、有料サービスも含めて検討するのがおすすめです。

ブログにおすすめの無料ホームページ作成サービスはどれ?

無料のホームページ作成サービスでも、デザインのラインナップやカスタマイズ性が高くが魅力的なブログの作成が可能です。

以下におすすめのサービスを紹介しますので、参考にしてみてください。

サービス名特徴
WordPressカスタマイズ可能なデザイン、充実したSEO対策、12,000種類以上のデザインテンプレート
Wix豊富なデザイン機能、SEOやマーケティング関連の充実したツール、200種類の無料テンプレート
Ameba Ownd豊富なデザインテーマ、柔軟なSEO連携、簡単SEO設定機能、ほかのブログサービスからの引っ越し対応

スマホだけでホームページを無料で作れる?

Crayon、ペライチなど、スマホでの運用を見据えたホームページ作成サービスはいくつか存在しており、スマホだけでホームページ を作ることは可能です。

ただし、サービスによってはPCより作業効率が落ちてしまう可能性がある点に注意

導入前に、スマホでの操作性、PCと比較した際の作業効率などをチェックしておきましょう。

無料プランやトライアルをうまく活用すれば、スマホ中心の運用イメージをつかみやすくなります。

\ホームページ制作の検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

無料のホームページ作成サービスでお得にWebサイトを立ち上げよう

ホームページ制作には高額な費用がかかるケースも多々ありますが、無料のホームページ作成サービスなら制作・運用コストを大幅に削減できます。

ただし、サービスごとに特徴や強みは異なるため、複数社から資料請求や見積もりを取って比較検討し、自社と相性のよいものを探すのがおすすめです。

本記事で紹介した内容も参考にして、使い勝手のよいホームページ作成サービスを探してみてください。

\ホームページ制作の検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

▼こちらの記事もおすすめ

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次