【2024年最新版】人事管理システム比較16選!比較表やメリットもあわせて紹介

人事管理システムおすすめ比較

人気の人事管理システム16種を徹底解説!本記事では人気のツールを紹介し、システムの選び方・比較ポイントから、導入メリットなどを解説します。

大手企業向け、中小企業向けなどのわかる比較表も用意しているため、簡単に比較検討可能です。

人事管理を効率化し、経営戦略に活用したい企業はぜひ参考にしてみてください。

\人事管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

各サービスのスペックを詳細に比較するなら、『人事管理システムの一括資料請求』がおすすめ。システムの情報が詳細に載った資料なら、面倒なシステムの比較作業も効率的に行えます。

また、『人事管理システム診断』はシステム比較のとっかかりにうれしいサービス。30秒ほどで完了する一問一答形式のアンケートで、主要な人事管理システムからおすすめを紹介してくれます。

導入後に後悔しない、自社に最適なシステムを選びに活用しましょう。

目次

人事管理システムとは

人事管理システムとは、従業員の個人情報や勤務履歴、スキルセット、人事評価、採用管理、給与計算などの機能をもち、企業の人事に関わる業務を効率化するためのシステムです。

こうした人事に関わる情報の管理や手続きを一元化させることで、効率的な人材配置や育成計画の策定が可能になります。

従来の人事管理は紙での業務や手作業での進行が多く、業務負担は大きい点が課題。たとえば入社手続きや給与明細の配布などを紙で行うと、書類の配布や回収に時間がかかる上、「適切に配布されているのか」「情報に過不足はないか」などの確認にも多くの工数が取られます。

人事管理システムはこうした課題を解決し、働き方を抜本的に変革が可能です。大企業向けのものから、中小企業向けにシンプルなシステム、特定の機能に特化したものまで、さまざまな種類の人事管理システムがリリースされています。

\資料で比較がカンタン!早わかり!/

人事管理システムの機能

人事管理システムには、大きく分けると労務管理、人事情報管理、人事評価の3つの機能があります。

スクロールできます
労務管理機能入退社の手続き

給与明細の発行

マイナンバーの管理 など

入社情報を入力や、給与明細や源泉徴収票をWebで配布するなどが可能。
人事情報管理機能従業員の基本情報

勤務状況・異動履歴

評価 などを管理

システム管理で情報は最新の情報に保たれ、更新が必要な際には従業員自らがシステム上で入力可能。情報収集の負担軽減となる。
人事評価機能評価のワークフローの設定

評価シートのテンプレート

従業員の目標設定、進捗管理 など

自社で設定した評価基準を基に従業員を適切に評価できる機能。客観的な評価体制が整う。

人事管理システムには上記のような機能があり、システムによってどの機能に強みがあるかが異なります。自社ですでに導入している人事関連のシステムがあれば、そのシステムの弱みを補うものを選ぶのもよいでしょう。

人事管理システムの相場(クラウド/オンプレミス別)

人事管理システムは、インターネット環境を用いて運用する「クラウド型」とサーバーを自社に設置して運用する「オンプレミス型」があります。それぞれの費用相場は以下の通り。

<クラウド/オンプレミス別費用相場>

利用初期費用月額費用
クラウド無料〜10万円程300円〜500円程/1ユーザー
オンプレミス100万円以上0円

※上記はあくまでも目安の料金となり、導入するシステムによって差があります。

  • クラウド型:
    オンプレミス型よりも安く導入できることがほとんど。とくにクラウドサービスで利用する場合は、初期費用が無料であることも多い。
  • オンプレミス型:
    設置するサーバー費やシステム運用のための環境整備など、初期費用はクラウド型より高額になる。

クラウド型、オンプレミス型の費用にはそれぞれ以下の特徴があり、コストをかけずに導入をしたい場合にはクラウド型を検討するとよいでしょう。

初期費用が少ないクラウド型ですが、サービスを利用するための月額費用がかかります。長期利用を想定しクラウド型とオンプレミス型とどちらが費用対効果が高いかを検討するとよいでしょう。

なおコスト面を正確に比較するためには、見積もりをもらうことが大切。人事管理システムの多くは、企業別に適した提案を行うことが多いため、HPからの情報だけでは見えてこない面もあります。

\人事管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

企業のスピーディなシステム導入を助けるのが、『人事管理システム診断』。30秒ほどで完了する一問一答形式のアンケートで、主要な人事管理システムからおすすめを紹介してくれます。

「SaaSや社内DX導入にかかる手間を削減したい」という思いから作られたこのツールを活用することで、導入後のミスマッチやコスト面での失敗・リスクを低減。

機能性や初期費用から運用までのトータルコスト、サポートなどより詳細な比較で、自社に最適なシステムを選びやすくなります。

  • 自社におすすめの複数サービスを手間なく一気に比較!
  • 面倒なやり取りや知識は不要!一問一答形式で簡単
  • 診断・資料請求ともに無料!多すぎる営業連絡もなく、比較検討の第一歩におすすめ

煩雑な人事管理システムの比較・検討作業も、これなら楽々。比較工数を削減したい方は活用してみましょう。

人事管理システムの比較ポイント

勤怠管理システムの比較ポイント

人事管理システムの導入を検討する際には、以下の5つの視点から比較することが大切です。

  • 自社の目的に合った機能が備わっているか
  • クラウド型かオンプレミス型か
  • サポート体制は整っているか
  • 他システムとの連携はでるか
  • 従業員は使いやすいと感じるか

それぞれのポイントについて、具体的に解説していきます。

自社の目的にあった機能が備わっているか

人事管理システムに限らず、新しいシステムの導入時に注意すべきことは、導入することが目的ではなく「導入後にどのように活用していくか」「どのような課題を解決していくのか」ということです。

とくに人事管理システムの種類は幅広いため、自社の目的にあわないシステムを導入してしまうと、かえって業務効率が落ちてしまう可能性もあります。

自社が人事管理システムで実現したいことを明確にし、達成できる機能が備わっているかを確認しましょう。

  • 労務管理を自動化し、担当者の工数を削減したい
    →労務管理や給与計算に特化したシステム
  • 人材を適切な場所に配置したい
    →タレントマネジメントに特化したシステム
  • グローバルな人材が社内にいる
    →多言語対応ができるシステム など

自社の人事に関する対応業務の範囲はどこまでなのか、必要機能が備わっているかは必ず確認したいポイントです。

クラウド型かオンプレミス型か

人事管理システムはクラウド型かオンプレミス型、どちらかの形態で導入します。クラウド型、オンプレミス型の双方にメリット、デメリットがあるため、それぞれを確認したうえで自社の運用に合った形態で導入することが大切です。

それぞれのメリット、デメリットは以下になります。

利用形態クラウド型オンプレミス型
メリット初期費用がかからない、あるいは安い

導入までの期間が短い

自動的にアップデートとメンテナンスが行える
インターネットへの接続が不要で機密性が高い

カスタマイズ性が高い

ランニングコストが安い
デメリットインターネット接続が必須

カスタマイズ性が低い
初期費用が高額

専門的なITスタッフが必要

クラウド型は初期コストを抑えて利用ができますが、カスタマイズ性が低いのが欠点です。一方でオンプレミス型はカスタマイズ性が高いため、自社の用途に合わせて自由に設定ができます。

しかし、その分コストが高額になってしまうため、費用対効果の見極めが大切です。

サポート体制は整っているか

システムは自社に導入するまでの期間よりも、導入後の運用期間の方が圧倒的に長くなります。導入時のサポートだけに目を奪われず、導入後の運用サポートまで行ってくれるかまで確認しておくことは大切です。

【サポート手法】

  • 電話やメール対応
  • オンラインチャット対応
  • 定期訪問 など

【サポート対応時間】

  • 平日のみ
  • 平日・土日とも対応
  • 日中〜夕方まで
  • 24時間サポート

上記のように、サポート手法や対応時間がサービスやプランによって異なる可能性があります。

なお、サポート内容によっては別途料金が必要な場合もあるので注意しましょう。

ほかのシステムとの連携はできるか

人事管理システムは、企業の人事労務における基幹となるシステムです。周辺システムとの連携で、よりバックオフィスの業務効率化が促進されます。

人事管理システム単体での機能も大切ですが、周辺システムとどのように連携ができるのか、どのような業務効率化が見込めるかなどの視点から比較することも大切です。

たとえば既存の勤怠管理システムと連携ができれば、給与計算業務がより簡略化できます。また、製品によっては、同じシリーズをそろえることで連携がスムーズになるものもあります。

【幅広いシリーズ展開があるツール】

  • ジョブカンシリーズ
  • 奉行シリーズ
  • マネーフォワードシリーズ
  • ジンジャーシリーズ など

上記のように一つのシリーズでそろえる際には、割引制度を整えている場合もあるため、よりコストを抑えた導入も期待できます。

従業員は使いやすいと感じるか

システムを導入しても、現場の従業員が使いづらいと感じてしまい、業務負担をかけるのは芳しくありません。

システム導入を検討する際は、担当者はもちろんのこと、現場の従業員も使いやすいかという視点が必要になります。

たとえば各種申請類は、スマホからオンラインで申請できれば非常に便利です。

しかし「申請画面がわかりづらい」「トップ画面からどのように申請画面に辿り着くのかわかりづらい」などは業務効率を下げる原因。

導入を検討しているシステムは「直感的な操作は可能か」「一度の研修で利用できるか」などを確認し、デモや無料トライアルも検討しましょう。スモールスタートとして、部署を限定して導入してみるのもよい方法です。

\人事管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

「システム導入後に後悔したくない」という思いを助けるのが、『人事管理システムの一括資料請求』と『人事管理システム診断』。詳細なサービス資料とおすすめシステムの紹介で、自社に最適なシステムを選びに役立ちます。

どちらも無料、かつ手短に済むのがポイント。サービス比較の工数を削減したいなら、ぜひ活用してみましょう。

人事管理システムの比較表|大手・中小企業向けも早わかり

次章で紹介していく人事管理システムの一覧表が以下の通りです。まずは、以下の表で概要を掴み、気になる人事管理システムを具体的に検討してみてください。

<人事管理システム比較表>

スクロールできます
製品名概要提供形態対象規模価格
SmartHR面倒な人事労務を1クリックで完結クラウド全規模要問合せ
HRBrain企業の成長を促す戦略的人事業務をサポートクラウド全規模要問合せ
freee人事労務複雑な人事労務業務を一つのシステム内で完結クラウド10名以上初期費用:0円

ミニマムプラン:26,400円/年(税込)

スタータープラン:39,600円/年(税込)

スタンダードプラン:52,800円/年(税込)

アドバンスプラン:71,500円/年(税込)
タレントパレットあらゆる人事データを一元管理し、組織力の最大化をサポートするタレントマネジメントシステムクラウド100名以上要問合せ
カオナビ組織図を顔写真付きで展開できるタレントマネジメントシステムクラウド全規模要問合せ
ヒトマワリ月額2万円から、人材データの一元管理が可能クラウド全規模初期費用:0円

スタートプラン:22,000円〜(税込)

スタンダードプラン:66,000円〜(税込)
ジョブカン労務HRすべての労務関連業務を自動化・効率化クラウド全規模初期費用:0円

中・小規模企業:440円(税込)/月(1ユーザー)

大規模企業(500名目安):要問合せ

電子契約機能:220円(税込)/件

無料プラン:0円/月 ※従業員数5名まで、機能制限あり
マネーフォワードクラウド人事管理すべての労務手続きのシームレスを実現クラウド全規模要問合せ
総務人事奉行クラウド人(人材管理・活用)・時間(労働時間管理)・賃金(給与管理)に対して「経営」と「人事総務部門」の視点を両立クラウド/パッケージ全規模要問合せ
COMPANY日本の大手法人の約3社に1社が利用しているシステムクラウド1,000名以上要問合せ
One人事[タレントマネジメント]人事領域で30年以上のノウハウを詰め込んだ人事管理システムオンプレミス全規模要問合せ
ジンジャー人事労務人事労務をラクにシンプルにをコンセプトに工夫がされたシステムクラウド全規模初期費用:要問合せ

ランニングコスト:330円(税込)/月 × 利用者数
あしたのクラウド人事評価の構築から徹底的にサポートをしてくれるサービスクラウド全規模要問合せ
HRMOSタレントマネジメント経営面もサポートする”人財”活用システムクラウド50名以上初期費用:要問合せ

データベースプラン:要問合せ

ベーシックプラン:要問合せ
サイダス一人ひとりの「働きがい」を作るをコンセプトにしたシステムクラウド100名以上要問合せ
オフィスステーション労務圧倒的に簡単にあらゆる情報をクラウド上で収集クラウド全規模要問合せ

\資料で比較がカンタン!早わかり!/

おすすめ人事管理システム比較16選

おすすめの人事管理システム

本章ではおすすめの人事管理システムを16選として紹介します。

SmartHR(株式会社SmartHR)

『SmartHR』は、入社手続きやWeb上での給与明細の発行など、労務手続きをオンライン上で完結できるクラウド人事労務ソフトです。

従業員情報は、従業員自身がシステム上で直接入力する電子申請で対応可能なため、人事担当者の負担は大きく軽減され、ペーパーレス化にもつながります。

グローバルな人材がいる企業でも対応できるように、多言語設定や顔写真付きの従業員情報が社員名簿として登録できるなど、人事労務に必要な豊富な機能が取りそろえられているのが特徴です。

コスト(初期費用/ランニングコスト)要問合せ
主な機能入社手続き・雇用契約

年末調整

申請・承認機能

人事評価

スキル管理

従業員サーベイ

多言語対応機能
提供形態クラウド
サポート体制ヘルプセンター

チャットサポート

オンラインチャットサポート
トライアル期間15日間無料トライアル
導入件数60,000社以上(※)

※“SmartHR公式HP”参照

HRBrain(株式会社HRBrain)

『HRBrain』は人事評価や目標管理、タレントマネジメントなどをシンプルに管理し、戦略的人事業務をサポートするクラウド型の人事管理システムです。

OKRや1on1など、あらゆる人事評価に適したテンプレートが用意され、過去の人事評価や上長との面談記録などをシステム上で管理できます。さらに組織図をツリー上で表示させることができ、社員のスキルに応じて、人材配置のシミュレーションをすることも可能です。

人事評価と労務管理で利用人数の変更も可能なため、最適なコストでの運用も行えます。

コスト(初期費用/ランニングコスト)要問合せ
主な機能組織分析

人事評価/1on1

360度評価

評価テンプレート

ワークフロー設定

入退社手続き

Web給与明細

年末調整

組織診断サーベイ
提供形態クラウド
サポート体制導入支援プログラム

運用サポート

活用促進・自走支援サポート

ヘルプページ/デスク(チャットや電話)
トライアル期間7日間無料トライアル
導入件数2,500社以上(※)

※“HRBrain公式HP”参照

freee人事労務(freee株式会社)

『freee人事労務』は、勤怠管理から給与計算、年末調整、入退社の手続きに至るまで、すべての業務を一つのシステム内で完結できる人事管理システムです。

freee人事労務であれば、ほかシステムと連携も必要ありません。たとえば打刻方法はスマホやPCなど自由に選択ができ、自動的に集計され、給与計算にも反映されます。さらに自動チェックBOT機能が搭載されており、業務の抜け漏れをAIが自動で検知してくれるのも特徴です。

コスト(初期費用/ランニングコスト)初期費用:0円

ミニマムプラン:26,400円/年(税込)

スタータープラン:39,600円/年(税込)

スタンダードプラン:52,800円/年(税込)

アドバンスプラン:71,500円/年(税込)※従業員数やプランによって変動あり
主な機能労務管理

勤怠管理

給与計算

給与明細作成

入社・退社手続き

年末調整
提供形態クラウド
サポート体制サポートプログラム(電話・メール・チャット)

導入アドバイザリー

習熟コンテンツ
トライアル期間30日間無料トライアル
導入件数40万事業所(※)

※“frree人事労務公式HP”参照

タレントパレット(株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

『タレントパレット』は、人事に必要な機能がオールインワンで搭載されている人事管理システムです。最適な人材配置を実現するために、あらゆる人材データを一元化させ、戦略的な組織経営のサポートを行います。

従業員情報では顔写真から経歴や評価、スキルなどを集約させ、人材データの見える化が促進。また、採用管理機能ではチャットで活用して採用候補者とやり取りするといったなど、採用業務の効率化も図る工夫もが施されています。

コスト(初期費用/ランニングコスト)要問合せ
主な機能人材データベース

人材データ分析

人的資本ダッシュボード

異動シミュレーション

人材育成・スキル管理

人事評価

サンクスポイント

健康管理・ストレスチェック

採用管理
提供形態クラウド
サポート体制サポートデスク

「科学的人事」活用勉強会/個別相談会

導入および運用コンサルティング
トライアル期間あり ※期間要問合せ
導入件数2,000社以上(※)

※“タレントパレット公式HP”参照

カオナビ(株式会社カオナビ)

『カオナビ』は、従業員の全情報を一元管理できる人事管理システムです。サービス名称の通り、組織図を顔写真付きで展開でき、現在の人材把握から人事戦略を直感的に行えるのが特徴です。誰でも理解しやすいUI/UXのため、業務効率化にもつながります。

利用企業数3,300社超えの実績を誇っており、導入から運用までのサポートも充実。(※)また、カオナビユーザーのつながりを発掘する「ユーザーコミュニティ」実施されており、社外での人脈形成もサポートしています。

コスト(初期費用/ランニングコスト)要問合せ
主な機能人材データベース

社員情報リスト

組織ツリー図

ポジション管理

評価ワークフロー

スキル管理

社員データグラフ

配置バランス図

社員アンケート

ダッシュボード
提供形態クラウド
サポート体制一社に一人の専任サポート

サポートサイト

見守りサポート(メール/電話)
トライアル期間7日間無料トライアル
導入件数3,300社以上(※)

※“カオナビ公式HP”参照

ヒトマワリ(株式会社Touch&Links)

『ヒトマワリ』は、月額2万円から人材データの一元管理が行える人事管理システムです。勤怠や給与履歴などを人材データベースとして管理するのはもちろんのこと、応募者管理や面接管理などが行える採用管理機能、人材分析などを行えるBI機能などが搭載されています。

人事評価機能では面談の設定もシステム上で行え、評価はすぐにシステム上に反映可能です。組織情報管理機能を活用すれば、組織シミュレーションも可能で、組織を横断的に分析できます。

コスト(初期費用/ランニングコスト)初期費用:0円

スタートプラン:22,000円〜(税込)

スタンダードプラン:66,000円〜(税込)
主な機能人材データベース機能

採用管理機能

BI機能

組織シミュレーション機能

評価ワークフロー

スキル管理

社員データグラフ

配置バランス図

社員アンケート

ダッシュボード
提供形態クラウド
サポート体制カスタマーサクセスチームによるフォローアップ

導入時および導入後の運用サポート
トライアル期間あり ※期間要問合せ
導入件数

※“ヒトマワリ公式HP”参照

ジョブカン労務HR(株式会社DONUTS)

『ジョブカン労務HR』は、バックオフィス業務の効率化をサポートするジョブカンシリーズの労務管理システムです。クラウド上で従業員の情報を一元管理でき、ほかシリーズと連携することで、バックオフィス業務の手間を削減します。

年末調整やマイナンバー収集などの業務もクラウド上で完結でき、労務周りの業務効率化を実現可能です。手続き進捗管理機能では、各種手続きがどこまで進行しているのかをリアルタイムで把握でき、進捗が遅れている場合には入力依頼の送付も行えます。

また、電子契約機能を活用すれば、書類の作成から署名依頼もオンライン上で完結し、契約書の保管もクラウド上で可能です。

コスト(初期費用/ランニングコスト)初期費用:0円

中・小規模企業:440円(税込)/月(1ユーザー)

大規模企業(500名目安):要問合せ

電子契約機能:220円(税込)/件

無料プラン:0円/月 ※従業員数5名まで、機能制限あり
主な機能従業員情報管理

各種労務手続き

年末調整

マイナンバー管理・収集

ストレスチェック機能

人材管理機能

書類作成・電子契約機能
提供形態クラウド
サポート体制メール/チャット/電話サポート
トライアル期間30日間無料トライアル
導入件数20万社以上 ※シリーズ累計

※“ジョブカン労務HR公式HP”参照

マネーフォワード クラウド人事管理(株式会社マネーフォワード)

『マネーフォワード クラウド人事管理』は、従業員から組織データまでを一元管理する人事管理システムです。

マネーフォワードでは各種クラウドシリーズが展開されており、給与計算や勤怠管理、経費精算などと連携も容易に行えます。バックオフィス業務をマネーフォワードシリーズにそろえることで、従業員情報が自動で反映され、入力工数の削減が可能です。

賞与支払届をはじめとした社会保険手続きに必要な書類をクラウド上で簡単に作成でき、従業員の申請・対応状況も組織画面から簡単に確認できます。

コスト(初期費用/ランニングコスト)要問合せ
主な機能従業員収集用フォーム作成

組織構造の変更・管理

承認設定

カスタム項目

従業員情報の履歴管理
提供形態クラウド
サポート体制メール/チャットサポート

サポートサイト
トライアル期間30日間無料トライアル
導入件数20万社以上 ※シリーズ累計

※“マネーフォワードクラウド人事管理公式HP”参照

総務人事奉行クラウド(株式会社オービックビジネスコンサルタント)

『総務人事奉行クラウド』は、1,000以上の管理項目をそろえ、人事情報を網羅的に一元管理できる人事管理システムです。

人事異動などの組織改変では、異動先の反映は自動化され、業務負担を軽減します。また、社内規定や福利厚生など、自社独自の制度の運用も自動化可能です。

もちろん従業員の給与計算や年末調整などの基本的な業務にも対応しているため、業務効率化が図れます。給与奉行クラウドをはじめとした奉行シリーズでそろえることで、データの自動連携も容易に可能です。

コスト(初期費用/ランニングコスト)要問合せ
主な機能労務管理

勤怠管理

総務・人事業務管理

給与管理

年末調整申告書

法廷調書作成

マイナンバー管理

メンタルヘルスケア

人材情報化

目標管理

専門家ライセンス
提供形態クラウド/パッケージ
サポート体制カスタマーサクセス

インストラクター

製品メンテナンス

ヘルプセンター

サポートセンター
トライアル期間30日間無料トライアル
導入件数72万社以上(※)

※“総務人事奉行クラウド公式HP”参照

COMPANY(株式会社Works Human Intelligence)

『COMPANY』は、大手企業向けに特化した総合人事管理システムです。日本のにおける大手企業の3社に1社が導入しており、大手企業ならではのかゆい部分まで対応が可能(※)。

経営と人事をつなぐプラットフォームを展開し、従業員情報の収集から評価、申告機能に至るまでを豊富に備えています。あらゆる業種・業態の労務管理に対応ができ、適切な人材配置や人材育成のサポートにつなげられるのも特徴です。

コスト(初期費用/ランニングコスト)要問合せ
主な機能人事管理

給与計算

勤怠管理

タレントマネジメント

雇用手続管理

ID管理
提供形態クラウド
サポート体制制度・設計業務

導入・運用業務

業務改善サポート

ユーザー会
トライアル期間
導入件数大手法人 約1,200グループ(※)

※“COMPANY公式HP”参照

One人事[タレントマネジメント](One人事株式会社)

『One人事[タレントマネジメント]』は人事領域で30年以上の実績を誇る、One人事株式会社のノウハウを詰め込んだ人事管理システムです。人事評価から人材配置、スキル管理、エンゲージメントまで、タレントマネジメントに必要な機能そろっており、労務管理や勤怠管理などのシステムにもシームレスに連携できます。

人材育成ではKPI・アクションプランの進捗管理や集計なども行え、見える化された進捗管理の見える化が可能です。評価手法もOKRやMBO、コンピテンシーなど、自社の運用に合わせたテンプレートが用意されています。

コスト(初期費用/ランニングコスト)要問合せ
主な機能目標管理

人事評価

人材育成、配置

スキル管理

エンゲージメント

人的資本の情報開示

人材データベース

組織図

アンケート

ダッシュボード

クロス分析

ワークフロー
提供形態オンプレミス
サポート体制専任サポート

導入支援プログラムによる伴走サポート

スタートガイド/サポートサイト

サポートスタッフ対応(メール/電話)
トライアル期間30日間無料トライアル
導入件数720社以上(※)

※“One人事[タレントマネジメント]公式HP”参照

ジンジャー人事労務(jinjer株式会社)

『ジンジャー人事労務』は、「人事労務をラクにシンプルに」をコンセプトとした人事管理システムです。オンライン上で簡単に入退社の手続きが可能で、ハローワークや年金事務所への申請もシステム上から可能です。

入社手続きを電子化させることで、書類作成の手間の削減やペーパーレス化にもつながります。

従業員情報は顔と名前で確認ができ、人事情報を集約させることで、簡単な組織体制の確認やシミュレーションも行えます。

ジンジャーは勤怠管理システムもなどもシリーズとして提供しているため、ほかシリーズと連携することで、業務効率化がより促進されます。

コスト(初期費用/ランニングコスト)初期費用:要問合せ

ランニングコスト:330円(税込)/月 × 利用者数
主な機能組織管理

従業員管理

ロール管理

ダッシュボード

項目カスタマイズ

入社処理

マイナンバー管理

システム連携
提供形態クラウド
サポート体制カスタマーサクセスサポート

無料サポートツール

ウェビナー開催
トライアル期間30日間無料トライアル
導入件数15,000社以上(※)

※“ジンジャー人事労務公式HP”参照

あしたのクラウド(株式会社あしたのチーム)

『あしたのクラウド』は、豊富な経験から人事評価制度の構築までをサポートしてくれる人事管理システムです。単純なシステム導入だけではなく、人事制度の構築から評価業務のクラウド化、人事評価の運用支援までをワンストップで提供してくれます。

評価者モニタリング機能では、評価者がきちんとした評価を行えているかを採点し、客観的な評価体制の構築に貢献します。

ほかにも給与シミュレーション機能は、人事評価に基づいた適正な給与を簡単に算出が可能です。コンサルタントが常時サポートしてくれるため、安心した運用も行えます。

コスト(初期費用/ランニングコスト)要問合せ
主な機能人事評価

構築360度評価

甘辛分析

組織図

売上管理

目標履歴

評価分析
提供形態クラウド
サポート体制評価制度設計サポート

運用支援
トライアル期間あり ※期間要問合せ
導入件数4,000社以上(※)

※“あしたのクラウド公式HP”参照

HRMOSタレントマネジメント(株式会社ビズリーチ)

『HRMOSタレントマネジメント』は人事情報を集約し、戦略的に経営へとつなげられる人事管理システムです。従業員情報は一元管理されデータベース化、評価管理や分析レポートから適切な人材配置の決定をサポートします。

個人コンディションサーベイ機能や組織診断サーベイ機能を活用すれば、離職防止や予兆検知も可能です。さらにダッシュボード機能や組織シミュレーション機能で、視覚的で見やすいデータが表示され、経営の意思決定支援も行えます。

コスト(初期費用/ランニングコスト)初期費用:要問合せ

データベースプラン:要問合せ

ベーシックプラン:要問合せ
主な機能人財検索

従業員データベース

評価管理

組織図管理

組織シミュレーション

アンケート

ダッシュボード

組織診断サーベイ

個人コンディションサーベイ

1on1

スキル管理
提供形態クラウド
サポート体制カスタマーサポート
ヘルプサイト
専任担当による伴走支援
トライアル期間あり ※期間要問合せ
導入件数

※“HRMOSタレントマネジメント公式HP”参照

サイダス(株式会社サイダス)

『サイダス』は、静的データと動的データを活用して「従業員の働きやすさ実現」をサポートする人事管理システムです。

従業員情報の一元管理はもちろんのこと、個々のキャリア希望やライフステージなどの情報も集約でき、従業員をに多角的にサポートできます。

従業員と組織の目線をあわせた人事施策が行えることに加え、従業員の働きがいを高め、組織の成長にもつながるサポートが可能です。

コスト(初期費用/ランニングコスト)要問合せ
主な機能人材データ

組織管理・組織図

人材検索・リスト

MBO・コンピテンシー評価

360度評価

1on1サポート

評価フィードバック

育成プラン作成

スキルチェック

ジョブポスティング

人材シミュレーション

人材リスト自動更新

給与明細配信

勤怠・給与連携
提供形態クラウド
サポート体制サポートサイト
トライアル期間要問合せ
導入件数

オフィスステーション労務(株式会社エフアンドエム)

『オフィスステーション労務』は、人事・労務に関わる手続きや管理をクラウド上ですべて完結できる人事管理システムです。申請時の入力は「はい」「いいえ」の選択式で進められるため、誰でも簡単に操作できます。

入退社の手続きをはじめとした社会保険や雇用保険、労働基準等に関わる帳票は100以上対応しており、電子申請も可能。そのためペーパーレス化の促進にもなるでしょう。

基本機能に加えて、自社に必要な機能をカスタマイズできるため、本当に必要な機能のみでシステムを運用できます。さらにセキュリティ水準は金融機関並みの堅牢性のため、セキュリティ面が不安な企業にとっても使いやすいでしょう。

コスト(初期費用/ランニングコスト)要問合せ
主な機能利用者管理

マイページ

他社システム連携

履歴管理

従業員データ収集

雇用契約書作成

ワークフロー機能

電子申請

自動データ入力

多言語対応

データ分析
提供形態クラウド
サポート体制サポートデスク(電話)

ヘルプセンター
トライアル期間30日間無料トライアル
導入件数30,000社以上(※)

※“オフィスステーション労務公式HP”参照

大手企業にはこんな人事管理システムがおすすめ

大手企業は従業員数が多いのはもちろんのこと、拠点が複数あり、なかにはグローバル展開している企業も少なくありません。

規模が大きく扱う情報量も多いため、人事情報を一元管理でき、労務管理や人事評価情報を横断的に確認できるシステムを検討するのが良いでしょう。

また、サイバー攻撃は中小企業と比較すると狙われてしまうことも多く、堅牢なセキュリティが構築されているシステムを導入するのがおすすめです。

前章で紹介している「COMPANY」は大企業向けに特化した人事管理システムであるため、自社の運用と調和性があるかを確認してみてください。

\資料で比較がカンタン!早わかり!/

中小企業にはこんな人事管理システムがおすすめ

中小企業の場合、適切な人事評価体制が確立されている、労務管理体制が整っているかどうかなどで検討するシステムも変わってきます。

体制が確立されておらず、ルールも明確化できていないのであれば、まずは体制を整えることが大切。

成長にともなう人事労務の体制変更を見据えて、柔軟な機能拡張や複数プランが用意されているシステムがおすすめです。

自社にとって何が必要な機能なのかを明確にし、費用対効果のあるシステムを比較検討するとよいでしょう。

\資料で比較がカンタン!早わかり!/

人事管理システムを導入するメリット

人事管理システムの導入メリット

人事管理システムを導入するメリットには、大きく分けて以下の2点が挙げられます。

  • 人事業務の効率化
  • 適切な人材活用の促進

人事業務の効率化

人事部門では従業員の個人情報・勤怠の管理、給与計算、採用活動など、多岐にわたる業務で担当者への負担が大きいのが実態。

人事管理システムは、人事業務を一元化させ、業務効率化が可能です。具体的には以下のようなメリットがあります。

  • ヒューマンエラーのリスク軽減
  • 担当者1名にかかる負担軽減
  • 勤怠管理〜給与管理までの業務の自動化
  • 採用の進捗管理、アクションの明確化、自動化
  • 従業員情報の可視化による客観的指標での人材配置

人事管理システムには、こうした従業員情報の見える化や業務効率化が行える機能が豊富なため、企業全体の生産性向上にもつながるのはもちろん、人的資本経営を戦略的に行えるようになります。

適切な人材活用の促進

人材管理システムは、従業員一人ひとりのスキル、経験、評価などのデータが正確に管理されます。企業は可視化された情報に基づいて、適切な人材活用が可能です。

システムを導入しなければ、担当者の主観や感情に左右された配置になることも考えられます。しかし、人材管理システムを活用すれば、客観的なデータをもとに組織の生産性を上げる人材配置や、個々の能力を最大限発揮できる人材配置が可能です。

さらに人材管理システムには、従業員個々のキャリアパスや思考なども蓄積できるため、一人ひとりにあわせた人材育成計画が策定しやすくなります。従業員の現状と目標のギャップが正確に把握できるため、必要な研修の実施や目標設定もより詳細かつ納得感のあるものが可能です。

従業員の適切な育成は、企業全体の成長にもつながるでしょう。

人事管理システムは自社にあったものを比較検討

人事管理システムを導入することは、業務効率化や企業の成長に大きくつながります。

導入時は導入そのものを目標とするのではなく、自社にあったシステムを導入し、従業員の利便性向上と業務効率化を目標とすることが大切です。

まずはチェックポイントを押さえ、気になる製品を比較してみてください。昨今はクラウド型の人事管理システムが主流のため、運用が心配な場合はサポート体制なども丁寧に確認するとよいでしょう。

\人事管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

企業のスピーディなシステム導入を助けるのが、『人事管理システム診断』。30秒ほどで完了する一問一答形式のアンケートで、主要な人事管理システムからおすすめを紹介してくれます。

煩雑な人事管理システムの比較・検討作業も、資料請求で一括。詳細なスペックや料金プラン、サポート情報から自社に最適なシステムを選びに活用しましょう。

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次