【2024年版】在庫管理システム比較20選!3タイプ別に選び方まで徹底解説

「商品や製品、原材料などのモノの在庫管理にかかる労力と時間と減化したい。」この課題を解決できるのが在庫管理システムです。

適正な在庫量と確実な在庫管理は企業の事業基盤ですが、在庫管理システムを導入すれば、過少在庫も過剰在庫も起きない適正在庫に近づけます。

この記事では、在庫管理システムとは何か、どのようにビジネスで役立つのか、自社に適した在庫管理システムはどれかなどを解説します。20個の在庫管理システムについて特徴や強み、機能、価格を比較紹介していますので、ぜひ導入の際の参考にしてください。

\おすすめツール診断を試してみよう!/

在庫管理システムを探している方必見!『おすすめ在庫管理システム無料診断』を使えば、いくつかの質問に答えるだけで簡単にぴったりなツールを診断可能
主要システムから会社の体制や業種にあったものを30秒程で診断できるので、システム選びの第一歩として利用してみましょう。

目次

在庫管理とは

在庫管理システム_比較_おすすめ

まず、在庫管理という仕事の重要性から紹介します。在庫管理の重要性を知れば「在庫管理システムを使ってこの仕事を確実なものにしていかなければならない」と思えるはずです。

ビジネスのスタート地点でありながら無駄な経費になるリスクがある

商品や製品、原材料を在庫しておかなければならないのは、いつ売れるか、いつ使うかわからないからです。商品が買われるときに商品がなければ売ることができませんし、使うときに製品や原材料がなければつくることができません。

したがって在庫は企業のビジネスのスタート地点とみなすことができます。

しかし在庫してある商品や製品、原材料は「まだ売れない商品」「まだ使わない製品、原材料」なので、必要以上の在庫を持つことは無駄な経費を積み上げていると考えることもできるでしょう。

在庫は、ビジネスのスタート地点でありながら無駄な経費になりかねないというリスクがあるために、在庫量は適正でなければならないのです。

在庫管理システムで無駄な経費を削りビジネスを円滑に進める

「在庫量が適正でなければならないことくらい知っている」という人は多いでしょう。しかし事業が拡大したり、取扱品目が多くなったりすると、在庫量を適正に管理することはマンパワーでは難しくなります。

そこで在庫管理システムが助けになります。 在庫管理システムを使えば社内の誰もが在庫量をリアルタイムで把握できるため、常に適正な量で管理することができます。

また最近はAIで適正在庫量を知らせるシステムもあり、効率的な在庫管理につながるでしょう。在庫管理システムは企業にとって、無駄な経費を削りながら利益を最大化するツールといえます。

\おすすめツール診断を試してみよう!/

在庫管理システムを探している方必見!『おすすめ在庫管理システム無料診断』を使えば、いくつかの質問に答えるだけで簡単にぴったりなツールを診断できます

SaaSのおすすめ診断・一括資料請求サービスとしてのノウハウを生かした当診断で、導入後のミスマッチやコスト面での失敗・リスクを低減可能。

機能性や初期費用から運用までのトータルコスト、サポートなど、より詳細な比較で自社に最適なシステムを選びやすくなります。

  • 自社におすすめのサービスが手間なくわかる!
  • 面倒なやり取りや知識は一切不要!一問一答で簡単
  • 診断・資料請求ともに無料!比較検討の第一歩におすすめ


主要システムから会社の体制や業種にあったものを30秒程で診断できるので、システム選びの第一歩として利用してみましょう。

在庫管理システムとは

在庫管理システム_比較_おすすめ

在庫管理システムとはどのようなコンピュータ・システムで、何ができるのか。その概要を解説します。

■在庫管理システムでできること、主な機能

  • 在庫の自動追跡機能
  • 自動発注機能
  • 最適な在庫量を割り出す
  • 在庫履歴管理
  • 在庫品目を分類する機能
  • 返品管理機能

在庫の自動追跡機能

在庫管理システムを使えば、担当者が倉庫にいなくても商品や製品、原材料の在庫数をリアルタイムで把握することができます。 

自動発注機能

自動発注機能があれば、在庫数が一定以下になったら自動で発注します。 

最適な在庫量を割り出す

在庫管理システムのなかには、最適な在庫量を割り出す機能を持ったものもあります。 

在庫履歴管理

在庫管理システムを使えば過去の在庫状況を記録することができます。在庫履歴を管理できます。

在庫品目を分類する機能

取り扱っている商品アイテム数が多い企業や、多種多様な製品・原材料を使っている企業は、在庫管理が煩雑化します。在庫管理システムには在庫品目を分類できるものがあります。

返品管理機能

在庫している商品・製品・原材料のうち、不要になったものを自動で返品する機能があります。

\在庫管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

在庫管理システム選びなら、主要ツールの資料請求がおすすめ!製品仕様、料金、サポート内容など各社のサービス詳細を比較検討しましょう。

在庫管理システムを導入するメリットとデメリット

在庫管理システム_比較_おすすめ

企業が在庫管理システムを導入するメリットとデメリットを紹介します。

メリット:適正在庫を実現できる

在庫管理システムは企業に次のようなメリットをもたらすはずです。 

  • 在庫の不足と過剰在庫を素早く検知でき、適正在庫を維持できる
  • 在庫コスト、保管コスト、廃棄コストを最小にできる
  • 適正在庫を予測できる
  • 在庫の整理を容易にする
  • 返品処理を容易にする

デメリット:実質的にゼロ

在庫管理システムを導入するデメリットは以下のとおりです。 

  • 導入コスト、運用コストがかかる(利用料を支払う)
  • システムを操作するスキルが必要

この2つのデメリットはあえて挙げたものであって、大きな欠点とはいえないでしょう。

なぜならシステムを導入するので当然に利用料が発生しますが、そのコストは在庫管理の生産性が上がることで相殺できるからです。

そしてシステムを導入する以上、担当者がそれを操作するスキルを身につけなければならないのは、これも当然のことです。

したがって商品や製品、原材料を扱うモノ系企業にとって、在庫管理システムを導入するデメリットは実質的にない、といえます。

在庫管理システムを選ぶときのコツ

在庫管理システム_比較_おすすめ

企業のIT担当者が在庫管理システムを選ぶときは、以下の項目をチェックするとよいでしょう。

  • 自社が必要とする機能は何か
  • 必要な機能が搭載されているか
  • 使いやすいシステムか(ユーザビリティは高いか)
  • カスタマイズできるか(柔軟性があるシステムか)
  • セキュリティは万全か
  • システムの拡張性は高いか

在庫管理システムはとにかく種類が多く、しかもそれぞれのシステムの個性も強いので、導入を検討している企業は厳選する必要があります。

在庫管理システム20個を「高認知度」「評価あり」「特化型」の3タイプにわけて紹介 

在庫管理システム_比較_おすすめ

それでは20個の在庫管理システムを紹介していきますが、その前に注意事項があります。 

在庫管理システムは、さまざまなメーカーからさまざまなタイプの商品が発売されています。

本稿では20個の在庫管理システムを紹介しますが、このほかにもまだまだ存在します。

これだけ種類があると企業の在庫管理担当者は選考に困るのではないでしょうか。

そこでこの20個の在庫管理システムを「①知名度が高いタイプ」「②一定の評価があるタイプ」「③特化型タイプ」の3つに分類してみました。

企業の在庫管理担当者は、自分たちの課題を洗い出して、それを解決できる在庫管理システム選ぶようにしてみてください。

\在庫管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

在庫管理システム選びなら、主要ツールの資料請求がおすすめ!製品仕様、料金、サポート内容など各社のサービス詳細を比較検討しましょう。

知名度が高い在庫管理システム

在庫管理システム_比較_おすすめ

認知度が高いタイプは、すでに多くの企業に採用されている在庫管理システムです。

\サービスを幅広く比較するなら資料請求がおすすめ/

1、アラジンオフィス

在庫管理システム_比較_おすすめ

 株式会社アイルのアラジンオフィスのキャッチコピーは「あらゆる業種・業態・ビジネス戦略にフィットする販売・在庫・生産管理パッケージソフト」です。

中堅・中小企業向けに開発したシステムで、在庫だけでなく、販売と生産もカバーしているところが売りになっています。

なおパッケージシステムとは既製品という意味であり、オーダーメードではありません。ただし、パッケージシステムでもオプションを用意するなどしてカスタマイズできます。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおりです。 

強み●31年、5,000社導入の実績(2023年現在)
●BtoB、EC、Web受発注に対応
●Webもリアルもサポートする
●対象業種は、ファッション、食品、衣料、鉄鋼、ねじ、小売、製造、加工、レンタル、リース、建材、化粧品、理美容品、家具、インテリア、工具、電子部品など
機能●標準機能は売上管理、受注管理、仕入管理、発注管理、入金管理、販売管理、在庫管理、生産管理
●在庫管理機能の対象業務は、予定在庫、資産在庫、物流在庫、倉庫別在庫、棚番、適正在庫、預かり在庫、滞留在庫、有効期限、品質保証、トレーサビリティ、ロット別在庫など
●オプションも充実:輸入管理、プロジェクト管理、ハンディ連携など
料金●非公開

 2、ロジザードZERO

在庫管理システム_比較_おすすめ

 ロジザード株式会社のロジザードZEROのキャッチコピーは「BtoB物流対応、EC特化型の倉庫管理システム」です。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおりです。 

強み●物流倉庫やバックヤードの実在庫をクラウドで管理できる
●倉庫内のどこに、何が、何個、どの状態で保管されているかがリアルタイムでわかる●20年以上かけて培ってきたノウハウ
●カートシステムや受注管理システムとの連携も可能
機能●同梱物管理機能購入回数によって同梱物パターンを設定できる。同梱物をピッキングリストに反映できる 
●物流ロボットとの連携機能倉庫管理システムと物流ロボットを連携させることができる 
●基幹システムとの連携機能倉庫管理システムと基幹システムを連携させることができる 
●在庫・状況照会機能商品IDごとに品質区分、出荷予定数、入荷予定数、出荷可能数、在庫数、販売可能数を確認できる。ロケーションのブロックごとに商品ID、入荷日、在庫数、品質区分を確認できる 
●RFID(Radio Frequency Identification)電波(電磁波)によってモノや人を識別する仕組みを採用。電子情報を記録するICチップ入りの「RFタグ」を商品に貼り、「RFIDリーダーライター」情報を読み取る
料金●非公開

 3、zaico

在庫管理システム_比較_おすすめ

株式会社ZAICOのzaicoのキャッチコピーは「今の在庫がわかる、持つべき在庫がみえてくる」です。

スマホの利用と簡単操作で誰でも使える在庫管理システムを目指しました。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおりです。

強み●スマホひとつで在庫管理とトレーサビリティを確保
●スマホスキャンをフル活用して棚卸コストを大幅減
●在庫管理時間95%削減、棚卸頻度70%削減といった実績も
機能●物品登録物品データを登録・充実させて、モノとデータが紐づいた在庫管理が行える。物品の数量、保管場所、状態、物品の画像などの情報を登録できる
●入出庫管理入庫・出庫の記録をスマホ1台で行える。入庫・出庫スキャン、入庫・出庫予定データの作成と分割、セット品の管理、発注書と納品書の発行、仕入単価と納品単価を自動反映
 ●在庫確認豊富な検索方法でみたいデータをすぐに確認できるので、在庫問い合わせの負担を削減できる 
●外部連携EC一元管理ツールやPOSレジシステムなどの外部システムと連携することで、よりリアルタイム、より正確に在庫データを確認・共有できるようになる
料金●ミニマム:月4,378円(税込、以下同)
●ライト:月10,780円
●フル:月43,780円
●エンタープライズ:月10万円以上、見積もり

\在庫管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

在庫管理システム選びなら、主要ツールの資料請求がおすすめ!製品仕様、料金、サポート内容など各社のサービス詳細を比較検討しましょう。

 4、在庫らくだプロ

在庫管理システム_比較_おすすめ

株式会社ビーエスエルシステム研究所の在庫らくだプロのキャッチコピーは「在庫切れ・過剰在庫を防止、棚卸が簡単、シンプルで多機能」です。

導入と利用のハードルの低さを強調しています。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおりです。

強み●導入時の台帳登録を効率化
●在庫確認を容易にするインターフェース
●入出庫の情報を簡単に入力できる
機能●棚卸
●複数の保管場所を管理
●商品をロットで管理できる
●在庫切れを起こさず管理ができる
●発注計画書をつくることができる
●タグ機能で在庫管理できる
●在庫数を適正に保つことができる
●ABC分析や商品の回転率を調べることができる
●特定の品目の動向を調べることができる
●在庫の推移をグラフ化できる
●在庫金額を集計できる
●外部データを取り込むことができる(インポート)
●台帳や入出庫帳を出力できる(エクスポート)
●複数の事業所の在庫管理ができる
料金●かるがるできる在庫23(機能が少ない):4,180円(税込、以下同)
●在庫らくだプロ(機能が多い):21,780円

 5、インターストック

在庫管理システム_比較_おすすめ

 株式会社オンザリンクスのインターストックのキャッチコピーは「ユーザーが主役のセミスクラッチ型」「パッケージシステムでありながら、パッケージが合わないお客様向けに開発」です。

スクラッチ型システムとは、システムを1からつくる方法でつくったシステムのことで、つまりオーダーメード・システムのことです。

そしてパッケージシステムはその逆で、既製品のことです。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおりです。

強み●既製品(パッケージシステム)でありながら、ユーザーの要望もかなえることができるセミスクラッチ型システム
●成長戦略型のシステム稼働後のデータ活用や機能拡張をユーザー企業と一緒に進めることができる
機能●複数倉庫一元管理機能在庫の有効活用が可能になる
●需要連動型在庫分析機能欠品になるリスクを予防できる 
●フリーロケーション管理機能倉庫スペースの有効活用に寄与 
●高度な在庫引当機能先入れ先出しを徹底できる 
●出荷検品機能誤出荷をゼロにすることも可能 
●送り状発行機能送り状の貼り違い防止に寄与 
●複数荷主対応機能複数荷主の在庫を一元管理できる 
●OCR、RFID対応機能ICタグ、文字の読み込みが可能 
●ペーパーレス検品ペーパーレスで作業できる
料金非公開

 6、在庫スイートクラウド

在庫管理システム_比較_おすすめ

株式会社インフュージョンの在庫スイートクラウドのキャッチコピーは「現場とオフィスをクラウド連携」「在庫がみえる、作業が進む」です。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおりです。

強み●現品ベース現場で記入、事務所で入力、といった二度手間が要らなくなる 
●クラウドとSaaSだから複数人・複数拠点での共通管理が可能インターネットに接続すればすぐに利用可能。現場でバーコード入力した結果や事務所のパソコンでファイル取込(インポート)した結果を即更新 
●デバイスを選べるハンディターミナル、スマートフォンなど 
●バーコードが読めなくてもテンキーや音声で品名入力&画像表示
●初めてのバーコード導入でも安心、充実のラベル発行機能●拠点数無制限、最大ユーザー定額制
機能●リアルタイムな在庫管理:入出庫を登録するだけ
●履歴検索
●音声入力:Android やiOSの音声入力を利用し商品名を入力
●商品画像表示
●入庫支援:保管位置を確認できる。
●欠品予防機能:品目台帳に発注点を設定することで、発注点割れ品目を確認できる
●集計・分析機能:在庫管理・倉庫管理の改善を促す
●セット品台帳:セット品から構成品に自動展開
●バーコードラベル発行
●バーコード棚卸:記入役が要らず、集計作業がなくなる
●ロット別在庫管理機能:先入れ先出しやLOTトレーサビリティをシステム化
●フリーロケーション管理:「どこに」「何が」「いくつ」あるかを把握できる
●ピッキング指示の作成(在庫引当機能):作業前に欠品が確認できる、明確にピッキング指示を出せる、先入先出を徹底できる
●バーコード検品:誤出荷を防ぐ仕組みを低予算で実現
●自動カウントアップ機能:ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを読み取ると、アイテム・数量が自動入力される
●ペーパーレスピッキング
●倉庫間出荷機能と倉庫間入荷機能:倉庫間の在庫移送や、運用の異なる複数倉庫の並行運用を容易にする
●権限設定:ユーザーごとにできることを決めることができる
●POSレジシステムとAPIで自動連携:二重入力やヒューマンエラーの予防につながる
●外部システム連携
●EC用受注ソフト連携
●配送会社ソフト連携
料金●在庫スイートクラウド棚卸:月25,000円(税抜、以下同)~
●在庫スイートクラウドLite:月30,000円~
●在庫スイートクラウドPro:月35,000円~

\在庫管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

在庫管理システム選びなら、主要ツールの資料請求がおすすめ!製品仕様、料金、サポート内容など各社のサービス詳細を比較検討しましょう。

 7、ロジクラ

在庫管理システム_比較_おすすめ

 株式会社ロジクラのロジクラのキャッチコピーは「面倒な在庫管理をもっとかんたんに」です。

自社物流の効率化と発送業務の効率化のソリューションになることを目指して開発されました。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおり。

強み次の3つの悩みを解消する
●注文件数が多くなり、発送業務の人手が足りない
●紙とエクセルを使ったアナログな管理を脱却したい
●発送作業ミスが頻発してクレームが起きている
機能【マスタ管理】
●商品マスタ登録●仕入先マスタ登録●出荷先マスタ登録●価格リスト登録●セット品登録 
【在庫管理】
●入荷/入荷予定●出荷/出荷予定●入荷履歴/出荷履歴/ログ●在庫管理●棚卸し●有効期限管理●ロット管理 
【倉庫管理】
●ロケーション管理●拠点間入出荷 ■帳票機能●送り状●納品書●ピッキングリスト 
【サポート】
●メール、チャット、電話、オンライン面談
【システム連携】
●受注管理システムのネクストエンジン●ECカートのShopify●店舗クラウドPOSシステムのスマレジ●受注管理システムのCROSSMALL●ネットショップが作れるSTORES●ロボット物流サービスXTORM
料金●プレミアムプラン:月額40,000円(消費税の有無不明、以下同)
●ライトプラン:月額12,800円

 8、Locus Mapping

在庫管理システム_比較_おすすめ

 RFルーカス株式会社のLocus Mappingのキャッチコピーは「RFIDでモノの位置を可視化する在庫・物品管理システム」「RFIDで高精度に位置特定」です。

RFIDはRadio Frequency Identificationの頭文字で、電波を用いてRFタグのデータを非接触で読み書きするシステムです。

バーコードと似た機能ですが、バーコードは1品1品スキャンする必要があるのに対し、RFIDは電波を使って複数のタグを一気にスキャンします。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおりです。

強み●RFIDタグを貼り付けてハンディリーダーをかざすだけ離れた場所にいても、瞬時に数百個の品物のRFタグを読み取って、何が、どこに、どれだけあるのかをデジタルマップ上に表示できる
●在庫・物品の管理を効率化して非生産的な時間を削減
●商品の位置情報を活用した革新的なマーケティングを可能にする
機能●RFIDの自動読取ゲート:通過するだけでRFIDタグ付きの商品を瞬時に読み取って入出庫手続きや決済を自動化
●商品陳列場所の表示や在庫探索
●フォークリフトや自動搬送ロボットで在庫管理
●商品陳列場所をアプリ・サイネージのマップに表示
●保管場所や期間、移動経路を可視化
●棚卸、入出庫管理、ロケーション管理の自動化
●各工程の作業実績データの収集
●作業実績を工程別や作業員別に分析
●生産、物流、販売などサプライチェーン各拠点の在庫情報をリアルタイムに把握
料金非公開

\在庫管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

在庫管理システム選びなら、主要ツールの資料請求がおすすめ!製品仕様、料金、サポート内容など各社のサービス詳細を比較検討しましょう。

 一定の評価があるタイプの在庫管理システム

一定の評価があるタイプは基本的な機能が備わっていて、使いやすいものといえるでしょう。

9、楽商

在庫管理システム_比較_おすすめ

 株式会社 日本システムテクノロジーの楽商のキャッチコピーは「お客様の販売管理業務の効率的な運用をサポートする販売管理・在庫管理パッケージソフト」です。

他社製品との差別化に成功しているのは、15の業界・業種に合わせた在庫管理システムをつくっているところです。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおり。

強み【業界・業種に合わせた在庫管理システムを用意】
●卸売・商社●医療機器メーカー・卸●自動車販売業●製造業●ユニフォーム販売代理店●包装資材・梱包資材卸業●多品種・多メーカー取扱業●レンタル・リース業●おしぼりレンタル業●加工販売業●機械器具・工具卸業●文具・事務用品卸業●弁当宅配・仕出業●総合食品卸業●輸入卸業
■創立1971年の実績 
■プロの提案ビジネスを熟知した営業とSEがシステムを提案する
■カスタマイズ顧客特有の要望にローコストで柔軟に対応する 
■アフターサポート導入後は顧客のビジネスに合わせて柔軟にサポート
機能●在庫管理ハンディターミナル、ロット在庫、出荷、納品、動いてない在庫、不足している在庫、受注残・発注残まで加味した在庫(引当可能)、期限管理、棚番管理、倉庫の複数登録、委託先や外注先の在庫管理 
●在庫金額(棚卸金額)の管理標準原価法、月別総平均原価法、最終仕入原価法、移動平均法、個別原価に対応 
●販売管理見積、受注、売上、請求、入金 
●購買業務発注、仕入、支払 
●顧客管理(CRM) 
●営業支援顧客ごとのオーダーシートを販売実績から作成 
●データ分析簡単にオリジナルの集計表の作成ができる明細自由集計表
料金非公開

 10、MPS LOGI

在庫管理システム_比較_おすすめ

 オザックス株式会社のMPS LOGIのキャッチコピーは「倉庫管理をもっと楽にもっと正確に」です。

低価格で高機能をうたっています。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおり。 

強み●複数拠点のロケーション管理、横断的な在庫管理で効率化
●クラウドだから低コスト
●他のシステムとの連携が可能
機能■入荷・出荷機能
●入荷予定●入荷予定一括取込●入荷実績入力●入庫ラベル●出荷指示●出庫指示(在庫引当)●ピッキングとピッキングリスト発行 ■在庫・棚卸機能●在庫問合せ●トータル在庫問合せ●在庫移動●在庫調整●棚卸データ●棚卸入力●棚卸差異リスト発行●棚卸在庫一括更新 
■セット品機能セット組指示から在庫計上までを管理。メーカーのアッセンブリー(組み立て)に有効 ■在庫補充機能ピック用ロケーションと補充用ロケーションに商品を配置することで、円滑なピッキング導線を確保できる 
■EC連携機能大手ECサービスに連携でき、受注データを取り込める。さらにEC受注データを出荷指示データに転換できるので、出荷までのリードタイムを圧縮できる
料金非公開


11、NETSUITE在庫管理

在庫管理システム_比較_おすすめ

 日本オラクル株式会社のNETSUITE在庫管理を販売管理システムの中心に位置する、と考えています。

つまり、在庫管理システムをその他の販売管理システムをつなげることで効果あげていきます。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおりです。 

強み●中小企業にも大企業にも対応
機能【在庫管理】
●出荷確認●入庫確認●在庫データベース 
【その他の販売管理システム連携】
●発注管理システム●受注管理システム●売上管理システム●仕入管理システム●財務会計システム 
【棚卸機能】
●帳票を棚卸表在庫管理システムから、在庫されている商品とそれぞれの帳簿在庫数量が記載されたリストを出力する
●実際に倉庫にある在庫数量を確認し、棚卸表に記入する
●棚卸差異表棚卸表に記入された数量を在庫管理システムに入力し、帳簿在庫数量との差異を、再度帳票として出力する
●棚卸差異表に基づき、再度、実際の在庫数量を確認する
●棚卸結果に基づいて、在庫データを修正する
料金非公開

\在庫管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

在庫管理システム選びなら、主要ツールの資料請求がおすすめ!製品仕様、料金、サポート内容など各社のサービス詳細を比較検討しましょう。

 特化型タイプの在庫管理システム

在庫管理システム_比較_おすすめ

 特化型タイプは特定の業界をターゲットにしているシステムです。

12、TEMPOSTAR(EC特化)

在庫管理システム_比較_おすすめ

 SAVAWAY株式会社のTEMPOSTARのキャッチコピーは「複数EC、ネットショップ運営を連携・自動化・効率化できる」です。

ECモール上のショップや自社ECショップなど複数のネットショップを保有している企業に、商品情報、在庫、受注を一元管理するソリューションを提供します。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおりです。

強み●高い拡張性ECモールや自社ECサイトのシステムを連携させたり、商品情報の管理や在庫管理、受注業務を一元管理したりすることができる 
●ASPでありながら個別カスタマイズに対応
●在庫管理、受注業務、商品管理などの業務を一本化
機能●受注管理機能複数のネットショップの受注情報やメール配信、帳簿出力を一元化。さらに、配送業者が提供する送り状発行システムとデータをやり取りできるので、伝票番号の手入力が不要になる 
●在庫管理機能複数店舗や自社ネットショップで販売している同一商品の在庫数を一括管理できるので、店舗ごとに在庫数を調整しなくて済むようになり、機会損失問題を解消できる 
●商品管理機能複数のネットショップの商品情報を商品マスターを使って一元管理する。商品情報を変更するとき、1回の操作ですべてのネットショップの商品情報が書き換わる
料金●月額費用11,000円(税込)から・月額費用は商品課金と受注課金を合算した額・初期費用なし

13、AnyX(EC特化)

在庫管理システム_比較_おすすめ

AnyMind Group株式会社のAnyXのキャッチコピーは「ECマネジメント」です。

つまりEC専用の在庫管理システムです。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおりです。

強み●複数のECチャネルを一元管理でEC運営を支えるECモールや自社ECサイトなどの複数のECチャネルを一元管理して、業務効率化と機会損失削減につなげるので、新規販売チャネルへの展開が容易になる
機能●収益/注文情報のクロス分析
●商品マスタ管理 
●ECモール運営Amazon、楽天、Shopee、LazadaなどのECモールへの出店手続き、ページ作成、ページ配信、広告配信、フルフィルメント・サポート 
●越境ECのローカライズ各国・地域拠点の現地メンバーが、現地の文化や商習慣に合わせた言語翻訳・バナー作成・広告配信を実施 
●自社ECサイト(D2C)運営サイト構築、マーケティング、フルフィルメントなどのソリューションを提供
料金非公開

14、どんとこい(ファッション特化)

在庫管理システム_比較_おすすめ

株式会社ドリームゲートのどんとこいのキャッチコピーは「ファッション専門店向け高機能パッケージ」「小売業・専門店のためのマーチャンダイジングシステム」です。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおり。

強み ●衣料品・靴・雑貨などファッション向けに特化
●予算計画から発注、仕入、売上、在庫管理、情報分析までの効率的なシステムの確立
●マーチャンダイジング・サイクルをフルサポート
●計画段階での達成シミュレーションや各店の店頭販売状況を把握できる
機能●分析システム実績情報を多角的に分析し、経営の意思決定に活用できる 
●店舗資産管理機能店舗ごとの契約、店舗にある資産、異動資産、リース資産、店舗備品の管理が可能に 
●補助元帳経理システムへの勘定連携、どんとこい自体での補助元帳としての管理
料金非公開

\在庫管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

在庫管理システム選びなら、主要ツールの資料請求がおすすめ!製品仕様、料金、サポート内容など各社のサービス詳細を比較検討しましょう。

15、NetSDL(EC特化)

在庫管理システム_比較_おすすめ

株式会社第一コンピュータサービスのNetSDLのキャッチコピーは「受注から配送までを一括管理できるようにするシステム」です。

EC特化型のシステムで、顧客体験の充実をコンセプトにしています。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおり。

強み●ECの急速な拡大にともなう業務の増加を一元管理で解消
●対象業務はECのすべての業務:受注管理、在庫確認、配送手続き、請求書作成など
機能■NetSDLの一元管理の対象業務
●得意先企業への受注、納期回答、顧客連絡
●得意先企業からの引き合い、発注
●自社工場への生産依頼
●倉庫への移動指示
●物流センターへの出荷指示
●仕入先への発注指示
●工場から倉庫への入荷予定指示
●倉庫から物流センターへの集荷指示
●仕入先から工場への入荷指示
●物流センターから顧客への納品指示
料金非公開

16、Musubi AI在庫管理(薬局特化)

在庫管理システム_比較_おすすめ

 株式会社カケハシのMusubi AI在庫管理のキャッチコピーは「AIによる来客予測で適切な在庫へ」です。

1)薬局向けであることと、2)AIを使っていることと、3)AIで患者さんの来局予測と医薬品の在庫をリンクさせていること、の3点がこのシステムの特徴になります。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおり。 

強み●アナログな業務から解放
●AIの患者来局予測機能で欠品防止と過剰在庫の抑制を実現
●店舗間融通機能と売却機能で不動在庫を圧縮
機能●発注業務AIによる発注おすすめリストでの半自動発注。発注端末アプリを活用 
●入庫・出庫管理医薬品卸会社から納品データを自動で取り込む。入庫時は自動で独自コードを紐づけ。出庫をAIアルゴリズムが学習し適切に引き落とす 
●患者来局予測機能患者さん1人ひとりの来局履歴や次回来局予測を見える化。特にフォローしたい患者さんをカレンダーで表示 
●在庫管理機能不動在庫、期限切迫品の見える化。スムーズな店舗間融通。棚卸機能 
●らくトク売却機能(予定)・不動在庫を自動的に検知し薬剤売却の簡易見積が可能に。在庫管理画面から半自動売却 
●帳票・レポートの作成棚卸帳票、医薬品購入・払出し、在庫一覧などの帳票を作成。医薬品の購入や払出しを任意の期間ごとに集計しレポートを作成
料金非公開

17、NEXT ENGINE(EC特化)

在庫管理システム_比較_おすすめ

 NE株式会社のNEXT ENGINEのキャッチコピーは「EC店舗の在庫を常に自動連携」です。

EC企業向けのシステムになります。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおりです。

強み●複数ECモール展開で複雑になりがちな在庫業務を自動で一括管理
●在庫の売り越しの心配がなくなる
●商品のキャンセル、返品による在庫数調整が怖くない
●在庫数調整のために各EC店舗を行ったり来たりしなくてよい
機能■受注管理
●注文の自動取り込み●受注処理の業務を自動化●送り状発行システム連携●倉庫連携●出荷後の自動メール対応 
■在庫管理
●発注数の計算、発注書の作成、仕入処理、発注残の管理●倉庫の在庫と連携●店舗間の在庫数を自動更新●在庫変動の履歴を一元管理 
■商品登録
●NEXT ENGINEから各店舗へ効率よく商品を登録していく。各EC店舗によって仕様が異なる商品ページの登録・ 更新・修正も一括で可能 
■送り状発行システム連携
●各社の送り状発行システムと連携 ■決済サービス、POS、倉庫システム、基幹システムと連携可能
料金●初期費用0円
●基本料金:月額3,000円(消費税の有無不明、以下同)から
●従量課金:「201~400件:1件35円」から「10,001件:1件5円」まで

\在庫管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

在庫管理システム選びなら、主要ツールの資料請求がおすすめ!製品仕様、料金、サポート内容など各社のサービス詳細を比較検討しましょう。

18、Medicine Supervision(医療特化)

在庫管理システム_比較_おすすめ

 株式会社電算のMedicine Supervisionのキャッチコピーは「安定した医薬品の在庫管理を実現」です。

同社は、医薬品の発注から検品・入庫、出庫に至るまでの在庫管理事務手続きを総合的に支援する、としています。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおりです。

強み●安定した在庫管理発注方式は、安全在庫数を基にした発注点方式と、過去の出庫数を基にした発注定数方式のいずれかを選択できる 
●簡単バーコードとハンディターミナルを使って入庫、出庫の手続きを簡単に行える 
●使いやすい在庫管理の単位を医薬品の包装単位、小分け単位、錠、mlなどに設定できる
機能●発注業務機能:医薬品の発注業務の支援
●入庫業務機能:医薬品の入庫・返品業務の支援
●出庫業務機能:医薬品の出庫・出庫返品業務の支援
●検索業務機能:医薬品の出納情報などを検索
●データ出力業務:各種統計データをテキスト形式(タブ区切り・カンマ区切り)で出力
●帳票業務:各種統計帳票の印刷
●マスタ保守業務:各種マスタデータのメンテナンス
●棚卸業務:システム在庫と実棚在庫の調整、期末棚卸業務の支援
●契約業務:医薬品の価格決定業務の支援
●遡り業務:医薬品の値引き(薬品単位)
●年次業務:薬価改定業務の支援
●有効期限管理業務:医薬品の有効期限管理
●ロット管理業務:血液分画製剤などのロット管理
●麻薬管理業務:麻薬・向精神薬の台帳管理の支援 
■主な出力帳票
●日計表、管理表(仕入・出庫)●出納表●一覧表●明細表(仕入先別・出庫先別)●総括表(仕入先別受入・出庫先別出庫)●剤形別総括表(受入・出庫・受払・在庫)●順位表(薬品別・メーカー別・薬効別・仕入先別・出庫先別)●年間表(受入・出庫・受払)●各種プルーフリスト
料金要問合せ

19、アシスト店長(EC特化)

在庫管理システム_比較_おすすめ

 株式会社ネットショップ支援室のアシスト店長のキャッチコピーは「受注作業が4倍速」です。EC特化型在庫管理システムで、楽天、ヤフー、アマゾン、自社サイトに対応しています。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおり。 

強み●受注管理の一元管理化で作業時間短縮複数ECショップの受注を一元管理 
●理想的な在庫管理が可能に複数ECショップの在庫をショップごとに自動で振りわける 
●発送処理をスムーズに送り状ソフトと連携しWeb領収書やWeb納品書を発行
機能■受注管理
●受注取り込み:自動で15分間隔で実行●配送伝票番号送信:自動で30分間隔で実行 
■受注ステータス自動進行
■受注ステータス自動仕分け
■出荷予定日自動設定機能:出荷予定日の設定作業がほぼ0に
■備考欄便利機能
■注文分割機能:明細ごとに配送方法を変えることができる
■配送方法変換機能:注文個数でポスト投函または宅配便の変換が可能
料金ここでは在庫管理プランのみ紹介 
【在庫管理プラン】
●初期費用:50,000円(消費税の有無不明、以下同)
●月額基本費用:20,000円(~1,000件)、30,000円(~5,000件)


20、SMILE V 販売(販売特化)

在庫管理システム_比較_おすすめ

株式会社大塚商会のSMILE V 販売のキャッチコピーは「正確な在庫管理をサポート」です。

売上・売掛から仕入・買掛、在庫管理までの全般をカバーすることで販売業務をサポートします。

強み、機能、料金などの特徴は以下のとおりです。

強み●情報活用分析資料で経営戦略立案をサポート 
●効率化重複入力の削減や外出先からのデータ活用など、さまざまな効率化を支援 
●柔軟性パッケージソフトでありながら、拡張性と柔軟性を兼ね備えている
機能●過去の取引履歴などから商品の入力候補を自動表示できる入力アシスト機能
●マスターのあいまい検索
●単価履歴参照
●入力した見積情報から、受注と発注の伝票を同時に登録
●売上と仕入の伝票を同時に登録
●作成した請求書は紙やPDFで出力でき、CSVに出力して各種サービスに送信することも可能
●CSV・TXT・Excel形式の入金明細を取り込み、内容を自動で判断し伝票を作成
●帳票をPDF出力する際、売上伝票は伝票単位、請求書は得意先単位などにファイルをわけて出力できる
●帳票の画面出力内容を直接Excelに出力できる
●入力データから各種集計表や会社の概況がわかる帳票を作成
●タブレットで、外出先からでも納期や価格を確認できる
●会計システムと連携すれば、売上、仕入、入金、支払情報を仕訳として入力できる
●棚卸、入出荷検品、入出庫の作業時にハンディターミナルで読み取ったデータを「SMILE V 販売」に取り込むことで、その結果を在庫データに反映させることができる
●インボイス対応
料金非公開

\在庫管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

在庫管理システム選びなら、主要ツールの資料請求がおすすめ!製品仕様、料金、サポート内容など各社のサービス詳細を比較検討しましょう。

まとめ~より生産性を高めるために厳選を〜

在庫管理システム_比較_おすすめ

これだけ消費者のニーズと商品、製品、原材料が多様化すると、もう人の力だけでは在庫を管理することはできません。物流も複雑になって、これも在庫管理を難しくしています。

在庫はビジネスチャンスを生むことも無駄な経費も生むこともあります。

そのため在庫管理をシステムで処理して適正在庫が実現すると無駄なコストも機会損失も減らすことができます。

在庫管理システムは「導入して失敗する」ことがほとんどないシステムです。

つまり在庫管理システムを導入してまったく生産性が上がらなかったとう事例はほとんどありません。

企業の在庫担当者は数多(あまた)ある在庫管理システムのなかから自社にマッチした1つを厳選し、効率的に生産性を上げていきましょう。

\おすすめツール診断を試してみよう!/

在庫管理システムを探している方必見!『おすすめ在庫管理システム無料診断』を使えば、いくつかの質問に答えるだけで簡単にぴったりなツールを診断できます

SaaSのおすすめ診断・一括資料請求サービスとしてのノウハウを生かした当診断で、導入後のミスマッチやコスト面での失敗・リスクを低減可能。

機能性や初期費用から運用までのトータルコスト、サポートなど、より詳細な比較で自社に最適なシステムを選びやすくなります。

  • 自社におすすめのサービスが手間なくわかる!
  • 面倒なやり取りや知識は一切不要!一問一答で簡単
  • 診断・資料請求ともに無料!比較検討の第一歩におすすめ


主要システムから会社の体制や業種にあったものを30秒程で診断できるので、システム選びの第一歩として利用してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次