勤務シフト作成お助けマンの評判は?導入メリットや機能とあわせて解説

複数の店舗運営をしている場合や複雑な勤務条件のシフトを組まないといけない場合などに効果を発揮するシフト作成システムが「勤務シフト作成お助けマン」です。勤務シフト作成お助けマンには「Day」「Time」という2つの種類がリリースされており、自社の用途にあわせて選択ができます。

本記事では勤務シフト作成お助けマンの評判や機能、導入メリットなどを解説していますので、参考にしてみてください。

\今どきのシフト作成ツールはとっても便利!/

目次

勤務シフト作成お助けマンの評判・レビュー・口コミを紹介

『勤務シフト作成お助けマン』の評判には、以下のようなものが挙げられています。

  • シフト作成時間が短縮した
  • 担当者不在でもシフト作成が可能になった
  • ロジックを組むことで、同じルール上での運用が可能になった

シフト作成時間が短縮した

お助けマンは、スタッフや従業員の勤務希望や条件を反映したシフト表を自動で作成できます。シフト作成者は、シフトの希望や日ごとの必要スタッフ数、総労働時間の条件などを設定するだけです。さらに作成されるシフト表は法令に遵守しているため、働き方改革の促進にも利用可能です。

シフト作成に工数を多く割いている場合は、お助けマンを導入することでシフト作成時間の短縮が期待できます。

担当者不在でもシフト作成が可能になった

手作業でのシフト作成は担当者のスキルに頼った属人的なものになりがちですが、お助けマンを導入することで、担当者が不在でも事前のルール設定に基づいた公平なシフト作成が可能です。

シフト作成業務が属人的なものにならず、誰でも簡単に作成が行え、スムーズな現場運営につながります。

ロジックを組むことで、同じルール上での運用が可能になった

お助けマンはスタッフや従業員の勤務条件にあわせてシフト表を一括で自動作成できます。さらにそのシフトになった理由も明示されるので、従業員に対しても納得してもらいやすいのがメリットです。

複数の店舗を運営しているような企業であれば、店舗をまたがっても同様のルールでシフト表を作成できるので、管理の面で大きなメリットとなるでしょう。

\今どきのシフト作成ツールはとっても便利!/

勤務シフト作成お助けマンの概要・特徴

出典:https://www.otasukeman.jp/

勤務シフト作成お助けマンは、JR鉄道情報システム株式会社が提供している最適化AIを活用してシフト表を自動作成してくれるクラウドサービスです。

JRグループの企業だけでなく、通信や不動産、製造、飲食、各種サービス業などJRグループ外の企業でも広く利用されています。

早番や遅番、夜勤などのシフト作成に向いている「勤務シフト作成お助けマン Day」と時間指定のシフト表作成に向いている「勤務シフト作成お助けマン Time」の2つのシリーズを展開。業種や規模を問わずに導入が可能で、シフト作成業務の省力化が可能です。

勤務シフト作成お助けマンの機能

勤務シフト作成お助けマンの機能は、以下の表の通りです。ほかに求める機能が搭載されているかは、ぜひ資料請求で確認してみてください。

<勤務シフト作成お助けマン機能>

機能詳細
希望入力スタッフの希望休み・希望勤務日を入力する機能
自動作成登録した勤務条件をもとにシフトを自動作成する機能
エラーチェック現在のシフト表の状態をチェックして、登録した勤務条件に合致していない項目を表示させる機能
シフト表出力機能対象期間のシフト表を出力する機能・画面に表示されているデータをそのまま出力・承認印欄付きの帳票出力・日別の勤務予定表(点呼簿)など
データ連携用出力機能勤怠管理システム、給与システムなど外部システムと連携するデータ(CSV)を出力させる機能
スタッフ設定スタッフ名、社員番号、担当可能シフトなどを登録する機能
勤務種別設定「休み」「早番」「遅番」「夜勤」「Aシフト」などのシフトを登録する機能
基本ルール設定機能連続勤務最大日数、連休回避、飛び石連休の回避、夜勤・明け勤務設定などの基本ルールを設定する機能

\今どきのシフト作成ツールはとっても便利!/

勤務シフト作成お助けマンの料金

勤務シフト作成お助けマンは、「Day」と「Time」の2つのシリーズがあり、それぞれの料金体系は以下の表の通りです。

<勤務シフト作成お助けマン Day>

1箇所の人数月額払い年額払い初期費用
1〜50名16,500円(税込)
【内訳】
・基本料金:13,200円(税込)
・スマホ利用オプション:3,300円(税込)
165,000円(税込)
【内訳】
・基本料金:132,000円(税込)
・スマホ利用オプション:33,000円(税込)
0円
51名〜要問合せ要問合せ

<勤務シフト作成お助けマン Time>

1箇所の人数月額払い年額払い初期費用
1〜20名6,600円(税込)66,000円(税込)0円
21〜50名9,900円(税込)99,000円(税込)
31〜40名13,200円(税込)132,000円(税込)
41〜50名16,500円(税込)165,000円(税込)
51名〜要問合せ要問合せ

勤務シフト作成お助けマンのメリット

勤務シフト作成お助けマンを導入するメリットは、以下の3点が挙げられます。

  • 複雑なシフト条件でも自動で作成できる
  • 複数店舗のシフト管理も一元管理できる
  • 無料トライアル期間が2ヶ月ある

複雑なシフト条件でも自動で作成できる

担当者が部署別や従業員別に細かいシフト条件を設定しても、自動でシフトを作成してくれます。たとえば「AさんとBさんは必ず一緒に勤務させる」「Aさんは今月の公休を8日設定する」「遅番の翌日に早番を割り当てない」などです。

設定した条件に沿って最適化AIが自動でシフトを作成し、たとえ条件を満たさなくても最後まで作成を行います。満たせなかった条件はアラート機能で通知をしてくれるため、該当箇所のみ修正を行えば問題ありません。

自動作成のため担当者がいなければシフト作成が滞るといった属人化が起こらず、スムーズなシフト作成が可能です。そのため担当者のシフト作成の業務負担を大幅に削減します。

複数店舗のシフト管理も一元管理できる

飲食店やグループ店のように複数店舗を展開している場合のシフト管理も、システム上で一元管理できます。自店舗のみならず、ほか店舗の勤務予定も確認できるため、自店舗でのシフト人数が足りていない場合に、ほか店舗から人員の応援をもらうといった活用も可能です。

複数店舗のシフトをまとめて管理できるのは、分析の面でもメリットがあります。うまく回っている店舗のシフトパターンとほか店舗のシフトを比較分析したり、特色の異なる店舗のシフトを見比べて分析したりもできるでしょう。

無料トライアル期間が2ヶ月ある

勤務シフト作成お助けマンの無料トライアル期間は「2ヶ月」に設定されています。トライアル期間中はすべての機能が利用できるとともに、操作や設定に関するサポートも受けることが可能です。

システムのトライアル期間は一般的には14日間や30日間などが多く、2ヶ月の期間が設定されているのは異例といっても過言ではありません。さらに無料トライアル期間が終了後、本契約に移行してもトライアル期間中に設定した内容や作成したシフトはそのまま利用できます。

試す時間が多くあるため、自社に適しているかの見極めも十分に可能です。

\今どきのシフト作成ツールはとっても便利!/

勤務シフト作成お助けマンのデメリット

導入を検討する際には、デメリットを押さえておくことも大切です。デメリットは、以下の2点が挙げられます。

  • 初期設定や慣れるまでの時間がかかる
  • 規模の小さい店舗には向いていない場合がある

初期設定や慣れるまでの時間がかかる

勤務シフト作成お助けマンに限らずですが、システム導入時には初期設定やシステムそのものに慣れるまでに時間がかかります。

とくにこれまでタイムカードとExcelの手入力運用を行っていた場合は、画面操作や出力などが大きく異なるので、自社の運用にあわせてシステムをスムーズに利用するのに時間がかかるでしょう。

しかし、勤務シフト作成お助けマンには「問い合わせフォーム」や「ヘルプセンター」などのサポート体制が用意されています。さらにこうしたサポートはトライアル期間中も利用できるため、自社の運用で気になる点が出た場合には、すぐに解決することが可能です。

トライアル期間も2ヶ月用意されているため、本導入時にはシステムに慣れた状態でスタートができるでしょう。

規模の小さい店舗には向いていない場合がある

勤務シフト作成お助けマンは、自社の規模が大きく従業員が多い場合や、シフト条件の制約が多い場合に大きな効果を発揮します。

たとえば複数の飲食店を運営していて、正社員やパート・アルバイトの多様な働き方が混在している場合には便利。一方で自社の規模が小さく、少人数で事業を行っている場合は、勤務シフト作成お助けマンの自動作成機能を活用しても、性能を最大限発揮した業務効率化にはつながらない場合もあります。

「Day」「Time」のどちらのプランでも月額料金がかかってくるため、自社の規模が費用対効果に見合っているかを十分に確認して、検討することが大切です。

\今どきのシフト作成ツールはとっても便利!/

その他おすすめの勤務シフト作成システム比較表

勤務シフト作成お助けマン以外のシフト作成システムとしては、以下のようなものがあります。気になるシステムについては、関連記事をご確認ください。

数あるシフト作成ツールの中からおすすめ15選をピックアップし、比較表を作成しました。各ツールの月額料金やAI搭載、無料トライアルの有無を比べてみましょう。

サービス名月額(税込)AI搭載無料トライアル・デモ
らくしふ要問合せ×
Shiftmation要問合せ×
R-Shift10万円(税要確認)〜
シフオプ330円/名××
おまかせシフト6,416円〜(年払いの月額)×
勤務シフト作成お助けマンDay:13,750円〜/拠点
Time:5,500円〜/拠点(どちらも年払いの月額)
SHIFTEE220円◯(オプション)
Airシフト110円
Optamo要問合せ
はたLuck要問合せ×
SyncUp55,000円〜/拠点×
ジョブスイート パートタイム要問合せ××
CAST要問合せ×
oplus有料プラン:100円〜(税要確認)※100名まで使える無料プランあり
ジョブカン勤怠管理220円〜×

シフト作成ツールのおすすめを詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

まとめ

勤務シフト作成お助けマンは複雑な条件設定があっても、最適化AIが自動でシフト表を作成してくれます。条件にあわなかった部分はアラート機能で通知をしてくれるので、担当者のシフト作成の業務負担は大きく軽減できるでしょう。

「シフト作成に工数を多く取られてしまい、負担が大きくなっている」「複数店舗を運営するなど、シフトの一元管理を行いたい」と考えている企業にはおすすめです。

さまざまな業種で導入実績があるため、導入の検討を進めてみてください。

\今どきのシフト作成ツールはとっても便利!/

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

▼こちらの記事もおすすめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次