飲食店向け労務管理を徹底解説!効率化のコツからおすすめサービスまで紹介

飲食店の労務管理を徹底解説。シフト管理の効率化、長時間労働の防止など飲食店における基本の法的遵守ポイントをまとめました。

ほかにも、労務管理システムの活用方法や成功のための基礎知識やトラブル防止策も紹介し、労務管理を強化するための具体的なコツをお伝え。おすすめサービスも紹介するので、本記事を参考に従業員のモチベーション維持や効果的な労務管理を実現してみてください。

\時間がなくても比較しやすい!30秒で請求完了/

目次

【飲食店】労務管理の基本は?よくある課題5つ

  1. 従業員の長時間労働
  2. 店長・管理職の時間超過労働
  3. 36協定で定められた労働条件の遵守
  4. 不正打刻をはじめ正確な勤怠管理ができていない
  5. 労働時間に応じた従業員の社会保険・雇用保険の加入がされていない

飲食店におけるお客様満足度は、従業員のモチベーションによっても大きく左右されます。モチベーションの高い従業員はサービスの質に対する向上心をもっていたり、お客様に対して親切で丁寧な対応ができたりするため、リピーターの増加や口コミによる新規顧客の獲得につながります。

以下から、飲食店にまつわる労務管理の基本と課題点を確認しましょう。

1. 従業員の長時間労働

長時間労働は従業員の心身に深刻な影響を及ぼします。疲労が蓄積し、ミスや事故のリスクが増大するほか、モチベーション低下や退職率が上昇。人材不足でさらにサービスの質が下がりかねません。

とくに飲食店では、ピークタイムの忙しさが長時間労働の一因となるため、これを防止することで従業員の健康維持と店舗運営の安定が期待できます。

2. 店長・管理職の時間超過労働

飲食店では、店長や管理職が時間超過労働をするケースが多く見られます。店舗運営やスタッフの管理に加えて、シフトの調整や業務の最終確認など、さまざまな業務が重なるためです。

店長や管理職の時間超過労働は、長期的には業務の質や店舗運営に悪影響を及ぼすおそれがあります。業務フローの可視化や作業の適切な分担で、働き方を見直しましょう。

3. 36協定で定められた労働条件の遵守

  • 36(サブロク)協定とは
    労働基準法第36条に基づく協定で、従業員が法定労働時間を超えた労働(残業)をするにあたり事前に締結しなければならないもの
  • 時間外労働の上限(限度時間)
    月45時間・年360時間で、臨時的な特別の事情がない限り超過は不可

飲食店では繁忙期や特定の時間帯に労働時間が延びることが多いため、36協定を締結し、労働基準監督署に届け出ることが必須です。しかし、36協定があるからといって無制限に残業が許されるわけではありません。

協定内で定められた時間を超えないようにするために、適切な労働時間の管理と計画が求められます。

4. 不正打刻をはじめ正確な勤怠管理ができていない

従業員の出退勤時間、休憩時間、残業時間を正確に記録することは労働基準法の遵守や、適切な労働環境の維持に重要です。

飲食店では、ピークタイムと非ピークタイムの変動が大きいためミスも起きがち。紙のタイムカードの打刻漏れをはじめとした手動での記録ミスを防ぎ、リアルタイムで正確な勤怠データを把握する工夫が必要です。

5. 労働時間に応じた従業員の社会保険・雇用保険の加入がされていない

従業員の労働時間が一定基準を超える場合、健康保険や厚生年金保険への加入が義務付けられています。これは、パートタイム従業員や臨時従業員に対しても同様です。

正確な勤怠管理とそれに基づく保険加入手続きがなされていないと、法的リスクがあるだけでなく従業員からの不信感も募ります。従業員のモチベーションも低下し、長期的に店舗運営に支障が出かねません。

飲食店の労務管理システム導入で煩雑業務を自動化

労務管理システムを導入することで、労働時間の正確な管理やシフトの柔軟な調整も効率化。

従業員の働きやすさを向上させるだけでなく、適正な給与計算や公正な評価制度の導入は、従業員のモチベーション向上にもつながります。

<労務管理システムの主な機能>

  • 人事労務
    入退社手続きや雇用契約書の作成や締結、社会保険加入・脱退などの管理
  • 給与計算
    勤怠データや従業員情報から適切に給与を自動計算、給与明細の作成など
  • 勤怠管理
    打刻情報や残業時間、有給などのデータ収集、給与計算機能があれば連携も可能
  • 会計管理
    店舗運営に関する税金や各種経費の自動計算やデータ管理

上記の機能性はサービスによって異なり、プラン別に機能をカスタマイズできる場合がほとんど。幅広い機能性や連携性をもつサービスはコストも高くなる傾向です。

予算を考慮しつつ効率化したい業務を事前にしっかり洗い出し、過不足のない労務管理システムを導入するのがおすすめです。

飲食店に労務管理システムを導入する理由

  • メリット1|法令遵守の強化
  • メリット2|効率的な勤怠管理で担当者の負担軽減
  • メリット3|労働環境の整備で人材の定着につながる

メリット1|法令遵守の強化

先に触れた通り、労務管理システムは労働基準法や労働契約法などの法令遵守を支援できるツールです。

重要な法定の労働時間や休憩時間、残業規制などをシステムが自動で管理し、違反や問題の早期発見をサポート。労務トラブルのリスクを低減し、法的なリスク管理を強化できます。

メリット2|効率的な勤怠管理で担当者の負担軽減

労務管理システムや勤怠管理システムを導入することで、従業員の出退勤時間や休憩時間を正確に記録できます。

手作業による勤怠管理からの移行により、ヒューマンエラーを削減。シフト調整や労働時間管理の手間を省き、無駄な残業の削減や人件費の効率化が期待できます。

メリット3|労働環境の整備で人材の定着につながる

アルバイトやパートタイム従業員も多く雇用する飲食店にとって、人材の入れ替わりの激しさや人手不足は深刻な問題です。

さまざまなバックオフィス業務を自動化することで、繁忙時でも残業の削減や、シフト調整を容易になります。

正確な給与計算や適正な労働時間管理が実現することで、従業員のストレスや不満も軽減。働きやすい環境を整備することでワークライフバランスが向上し、人材も定着しやすくなるでしょう。

【比較表あり】飲食店向けのおすすめ労務管理システム5選

飲食店におすすめの労務管理システムを厳選してご紹介。飲食店に特化したサービスや、変形労働時間制にも対応できるサービスを中心にピックアップしました。

スクロールできます
サービス名料金(月額)主な機能無料トライアル
freee人事労務2,200円(税込)/最小5名〜
(ミニマムプラン・年払いの場合)
勤怠管理/給与計算/給与明細の作成/従業員情報の管理/退社手続き/年末調整/定額減税への対応 など1ヶ月間
(お試し終了後は無料プランに移行。ただし各種機能制限あり)
ジンジャー勤怠300円(税要確認)/名打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/多言語対応連携1ヶ月
POS+ food10,000円(税要確認)〜/1店舗レジ機能/売上管理/顧客管理/複数店舗管理/多言語対応/外部/システム連携​/予約販売​/キッチン伝票出力
まんぷく要問合せ売上速報/売上分析/オーダー分析/勤怠管理/シフト管理/電子ジャーナル/本部管理機能/店舗管理/仕入管理/収支管理/FC管理/データ連携オンラインデモあり
ジョブカン勤怠管理・無料プラン:0円(機能制限あり)
・有料プラン:220円(税込)〜/名
出勤管理/シフト管理/休暇・申請管理/スマートフォン(モバイル)操作/工数管理
集計/超過労働対策/外国語表示/医療機関特化 など
30日間

\飲食店運営を応援!人手不足にお悩みなら

ジンジャー勤怠|直感的な操作性で誰でも使いやすい

出典:https://hcm-jinjer.com/kintai/

『ジンジャー勤怠』は、中小企業や個人事業主で飲食店経営を行う事業者におすすめの勤怠管理システムです。

シンプルでわかりやすい画面設計が魅力で、システムに不慣れな人であっても簡単に操作可能。人材の入れ替わりが多い店舗にも向いています。

機能に関しては、出退勤の管理やワークフロー、シフト管理、有給休暇管理などの基本機能のほか、英語やタイ語、ベトナム語など多言語対応も可能。外国人も積極的に採用している飲食店にはとくにおすすめです。

1ユーザーあたり300円(税要確認)で利用できるので、なるべく費用を抑えたい場合にも助かるでしょう。

スクロールできます
サービス名料金(月額)主な機能無料トライアル
ジンジャー勤怠300円(税要確認)/名打刻/勤怠集計/申請・承認/シフト管理/休暇管理/各種アラート/多言語対応連携1ヶ月

freee人事労務|人事労務を一元管理

出典:https://www.freee.co.jp/hr/

『freee人事労務』は、入退社手続き、保険手続き、給与明細発行、年末調整、マイナンバー管理などの労務管理に加えて、給与計算、勤怠管理などの業務までをこの製品1つで完結できるのが魅力。

店長業務やバックオフィス業務を豊富なデータ連携で自動化し、効率的な店舗運営をサポートしてくれます。

機能はカスタマイズできるため、予算に限りがある場合にもおすすめ。例えば勤怠管理のみを導入したい場合なら、330円(税込)/月〜のシンプルな料金で使えます。

スクロールできます
サービス名料金(月額)主な機能無料トライアル
freee人事労務2,200円(税込)/最小5名〜
(ミニマムプラン・年払いの場合)
勤怠管理/給与計算/給与明細の作成/従業員情報の管理/退社手続き/年末調整/定額減税への対応 など1ヶ月間
(お試し終了後は無料プランに移行。ただし各種機能制限あり)

まんぷく|データ収集と自動化で多角的に飲食店経営を支援

出典:https://www.wpos.jp/

『まんぷく』はニッコウプロセス株式会社が提供する飲食店向けのクラウドサービス。機能は従業員の勤怠管理をはじめシフト管理や売上分析、仕入管理など飲食点の店舗経営に特化しています。

利用中の給与計算システムや会計システムとデータ連携が可能で、余分なコストを抑えて導入できるのもポイントです。

勤怠情報を集計し、労働時間、人件費が売上分析帳票へ自動反映してくれるのも魅力。働きすぎやコストのかかりすぎといった問題の早期発見につながります。

スクロールできます
サービス名料金(月額)主な機能無料トライアル
まんぷく要問合せ売上速報/売上分析/オーダー分析/勤怠管理/シフト管理/電子ジャーナル/本部管理機能/店舗管理/仕入管理/収支管理/FC管理/データ連携オンラインデモあり

POS+ food|レジから勤怠まで店舗運営を包括的にサポート

出典:https://www.postas.co.jp/

『POS+ food(ポスタスフード)』は飲食店に特化した機能を備えたPOSサービス。レジ機能だけでなく、売上管理や顧客管理機能を備えておりマーケティング・店舗管理業務を効率化してくれます。

飲食店向けのオプションが豊富で、例えば『POS+ time recorder』を導入して人件費データを連携すれば勤怠・シフト管理の一元化も可能。従業員の打刻も顔認証付きでスマホから行えるようになり、不正を防止しつつ手軽さも実現します。

365日電話サポートや無制限駆けつけサポートなどが充実しているため、システム化に不安がある方でも導入しやすいでしょう。

スクロールできます
サービス名料金(月額)主な機能無料トライアル
POS+ food10,000円(税要確認)〜/1店舗レジ機能/売上管理/顧客管理/複数店舗管理/多言語対応/外部/システム連携​/予約販売​/キッチン伝票出力

ジョブカン勤怠管理|機能をカスタマイズしてムダなく導入

出典:https://jobcan.ne.jp/

『ジョブカン勤怠管理』は、株式会社DONUTSが提供する勤怠管理システムです。出勤管理やシフト管理、休暇・申請管理、工数管理の4つから機能を選んで導入でき、機能や費用のムダが出ないのがうれしいポイント。

1機能につき110円(税込)から220円(税込)とリーズナブルなのも魅力です。

また、機能制限はあるものの無料プランも用意されており、「まずは試したい」「費用を抑えて勤怠管理システムを導入したい」という飲食店にぴったりといえるでしょう。

スクロールできます
サービス名料金(月額)主な機能無料トライアル
ジョブカン勤怠管理・無料プラン:0円(機能制限あり)
・有料プラン:220円(税込)〜/名
出勤管理/シフト管理/休暇・申請管理/スマートフォン(モバイル)操作/工数管理
集計/超過労働対策/外国語表示/医療機関特化 など
30日間

飲食店に労務管理システムを導入する際のポイント5つ

  1. 自店舗のニーズにあった機能を選ぶ
  2. 使いやすさとサポート体制を確認する
  3. コストパフォーマンスを考慮する
  4. セキュリティと法令遵守の確認
  5. 他システムとの連携性を確認する

1. 自店舗のニーズにあった機能を選ぶ

労務管理システムには多様な機能があります。そのため、飲食店の特性や運営スタイルに応じた機能を選ぶことが重要です。

例えばシフト管理、勤怠管理、給与計算、労働時間のリアルタイム監視など、まずは店舗の運営に必要な機能を把握するのが肝要。サポートするシステムを選びましょう。

また、繁忙期や特定の時間帯に対応できる柔軟なシフト管理機能があると便利です。

2. 使いやすさとサポート体制を確認する

労務管理システムは、店長や管理職、従業員が日常的に使用するツールです。そのため、直感的で使いやすい操作性のシステムを選ぶことが大切です。

導入後のトレーニングやサポート体制も確認し、必要なサポートが迅速に受けられる環境かどうかもチェック。

システム化に不慣れな場合は、とくに初期設定やトラブル対応がしっかりしているサービスを選ぶのがおすすめです。

3. コストパフォーマンスを考慮する

システム導入にはコストがかかりますが、システム導入による業務効率化や人件費削減の効果も見積もり、投資対効果を評価することが重要です。

初期導入費用だけでなく、月額利用料や追加機能の料金など、ランニングコストも考慮して予算内で最適なシステムを選びましょう。

4. セキュリティと法令遵守の確認

労務管理システムには、従業員の個人情報や労働データが含まれます。これらのデータを安全に管理するため、セキュリティ対策がしっかりしているシステムを選びましょう。データの暗号化やアクセス権限の設定など、システムが提供するセキュリティ機能を確認してください。

また、労働基準法やその他の関連法規に準拠したシステムであることも重要です。

本記事で紹介した労務管理システムは、すべてクラウド型のシステム。法改正があった際も自動でアップデートされるため、買い直しやカスタマイズのコストも不要です。

5. ほかシステムとの連携性を確認する

既存のPOSシステムや会計ソフト、従業員管理システムなどと連携できる労務管理システムを選ぶと、業務の一元化が図れ、より効率的な運用が可能になります。

システム間のデータ連携がスムーズに行えることで、二重入力の手間やデータの不整合を防げるでしょう。

失敗しないためには?飲食店向け労務システム導入のコツ

導入コストが予算を超えないか

労務管理システム導入の際は、初期費用から月額利用料、メンテナンスなどのトータルコストで考えましょう。予算を超えて高機能なシステムを選択すると、コスト負担が大きくなり運用に支障をきたすおそれがあります。

また、必要以上に多機能なシステムを導入しても持て余してしまいがち。費用対効果を考慮し、自店舗に最適なシステムを選ぶことが重要です。

直感的に操作できる労務管理システムか

労務管理システムは便利ですが、使いこなすには一定の学習期間が必要です。とくにITツールに不慣れな従業員が多い場合、導入初期に操作ミスや使い方の混乱が生じることもあります。

導入時には十分なトレーニングやマニュアルの整備、周知を徹底するなど、従業員がスムーズにシステムを使用できる環境を整えましょう。

直感的な操作性の労務管理システムであれば、浸透までの工数を抑えて運用を開始しやすくなります。

飲食店向け労務管理システムで円滑に店舗運営しよう

飲食店の労務管理は、経営の効率化と従業員の満足度向上のために不可欠です。正確な勤怠管理や法令遵守を徹底し、店長や管理職の時間超過労働を防ぐことは、健全な店舗運営につながります。

労務管理システムの導入により、業務効率化や労務トラブルの回避が期待でき、社会保険・雇用保険の適切な加入を通じて従業員の安心感を向上。飲食店に多い人材の早期離職といったリスクも回避しやすいでしょう。

飲食店の持続的な成長を目指し、労務管理システムの導入を検討してみてください。

\時間がなくても比較しやすい!30秒で請求完了/

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次