製造業向け顧客管理システム(CRM)のおすすめ11選!必要性や選び方を解説

本記事では、製造業向け顧客管理システム(CRM)のおすすめ11選を紹介していきます。顧客管理システム導入のメリットや、自社に適したシステムを選択する選び方のポイントについても解説。

そのほかにも製造業の抱える課題に対する顧客管理システムの必要性や、「顧客管理システムは顧客満足度を高めるか?」といったよくある質問もまとめているので参考にしてみてください。

目次

製造業向けの顧客管理システム(CRM)とは?

顧客管理システムは、「Customer Relationship Management」を略してCRMとも呼ばれます。顧客データを一元管理し、顧客との良好な関係を構築し、業務を効率化するためのシステムのことです。

製造業の業務を効率化する顧客管理システムとして求められる主な機能には、以下のものがあります。

  • マーケティング支援機能:既存顧客へのアフターケアを行ってフィードバックを得て、自社製品の改善を行う。
  • リード管理機能:アプローチすべき見込み顧客を選定し、制約に至るまでをサポート。
  • 分析機能:売上動向の分析に基づき、生産スケジュールを最適化。
  • 日報管理機能:日報の作成と共有を効率化。

製造業で顧客管理システム(CRM)が必要とされる理由

人手不足

少子高齢化を背景として労働人口が減少し、人手不足が深刻化していることは社会にとって大きな問題です。とくに製造業には「残業が多い」「仕事がきつい」などのイメージがあり、若い世代から敬遠される傾向があるといわれています。

人手不足の中でも経営を続けていく取り組みの1つとして、顧客管理システム(CRM)を導入し、業務効率化を進めていくことが必要です。

過剰在庫の存在

製造業にとって、過剰在庫を抱えないことは重要です。不要な在庫が増加してしまうと、保管中に商品価値が低下したり、保管コストや管理コストが発生したりします。過剰在庫の存在はキャッシュフローの悪化を招くリスクがあるため、注意しなければなりません。

過剰在庫をなくすためには市場動向を注視し、需要予測を行い、顧客ニーズの把握に努め、適正在庫を保つようにしましょう。

顧客ニーズの多様化

近年、顧客の趣味嗜好の多様化に伴い顧客ニーズは複雑化し、ニーズの把握が容易ではなくなっています。しかし顧客ニーズに対応することは、製造業にとっても重要な課題です。

複雑な顧客ニーズについて理解するためには、顧客データを集計・管理・分析できる顧客管理システム(CRM)が役に立ちます。

製造業向け顧客管理システム(CRM)導入のメリット

  • 顧客ニーズを把握できる 
  • 部署間の情報共有   
  • 顧客情報を一元管理 

顧客ニーズを把握できる 

顧客管理システム(CRM)は、顧客の属性や購買履歴、取引実績、問い合わせなどの顧客データを一元管理します。

これらのデータを分析することで顧客ニーズを客観的に把握し、マーケティング戦略を立てたり、新製品の開発に役立てたりできるでしょう。

部署間の情報共有   

製造業においては、製造部門と営業部門や経理部門など、部署間の情報共有が重要です。営業担当が顧客から入手したデータを各部署でリアルタイムで共有できるため、効率的に顧客ニーズを把握できるでしょう。

顧客からの問い合わせや要望にも迅速に対応可能になり、顧客満足度の向上にもつながります。

顧客情報を一元管理 

顧客管理システム(CRM)が企業に広まる以前は、顧客情報をエクセルや紙でそれぞれの担当者が管理していました。社内共有も難しく、データの入力・分析にも大きな手間がかかってしまいます。

システムを活用すれば、入力や分析、共有が簡単になり、業務が大幅に効率化できるでしょう。

製造業向け顧客管理システム(CRM)の選び方3つ

  • 製造業における実績があるか
  • スモールスタートが可能か
  • モバイルアプリが現場で使いやすいか

製造業における実績があるか

顧客管理システム(CRM)にはさまざまな種類があり、それぞれがも持っている機能も異なります。その中でも製造業向けのシステムを選ぶ際の1つのポイントは、製造業における実績があるかどうかです。

例えば在庫管理システムとの連携がスムーズか、顧客データの分析によって生産スケジュールの最適化に活用できるかなどについて、製造業における実績があるかを確認しましょう。

スモールスタートが可能か

顧客管理システム(CRM)を導入する際に、一部門や少人数でのスモールスタートが可能であれば、システムと自社業務との相性を確認できるでしょう。初期投資が抑えられるのも魅力です。

また、システムによっては無料トライアルを実施しているため、実際に利用した上で導入を検討できます。

モバイルアプリが現場で使いやすいか

製造部門とは異なり、営業担当者は訪問営業で外回りをする機会が多くあります。顧客管理システム(CRM)にモバイルアプリがあり、現場で使いやすいものであれば、営業担当者が外出先で日報に入力し活動報告が行えるでしょう。

また、訪問する顧客の情報を現場で簡単に確認できるため、営業活動にも活用できます。

おすすめの製造向け顧客管理システム(CRM)比較一覧表

スクロールできます
ツール名初期価格(税込)月額価格(税込)無料トライアル
Synergy!データベース / フォーム(基本機能) 12万9,800円〜データベース / フォーム(基本機能):16,500円〜
Microsoft Dynamics 365要問合せDynamics 365 Business Central Essentials:10,494円(税要確認)〜/ユーザー
Zoho CRM0円スタンダード:1,848円〜/ユーザー
プロフェッショナル:3,036円〜/ユーザー
エンタープライズ:5,280円〜/ユーザー
アルティメット:6,864円〜/ユーザー
カスタマーリングス 要問合せ要問合せ
ホットプロファイル要問合せ要問合せ
eセールスマネージャー 要問合せグループ:1,100円〜/ユーザー
スタンダード:3,850円〜/ユーザー
FastHelp5要問合せ要問合せ
Sansan要問合せ要問合せ
SKYPCE要問合せ要問合せ
Knowledge Suite0円SFAスタンダード:60,500円〜
SFAプロフェッショナル:93,500円〜
Mazrica Sales0円Starter:30,250円〜
Growth:12万1,000円〜
Enterprise:36万3,000円〜

製造向け顧客管理システム(CRM)のおすすめ11選

営業部門で使いやすい、おすすめの顧客管理システム・ソフトを紹介していきます。

Synergy!

Synergy!のポイント

  • 機能を極力そぎ落した使いやすい画面デザイン
  • マーケティングの専門家によるソリューションの提案
  • 活用支援サービスがサポート

『Synergy!』は、シナジーマーケティング株式会社が提供する顧客管理システムです。あえて機能を削ぎ落とすことで、操作性のよい、直感的に使用できる管理画面のデザインを実現しています。

「新顧客を増やしたい」「リピーターを増やしたい」などの自社が抱える課題への解決策を、マーケティングの専門家が提案。

活用支援サービスでは、ヒアリングに基づき、自社に最適な導入・運用・活用までのプラン提案があり、サポートしてもらえます。

提供形態クラウド型
初期費用データベース / フォーム(基本機能) 129,800円(税込)〜
月額費用データベース / フォーム(基本機能)16,500円(税込)〜
無料トライアル

Microsoft Dynamics 365 

Microsoft Dynamics 365のポイント

  • AIで顧客の問題を迅速に解決
  • 顧客に応じた連絡手段を利用可能
  • 強力な顧客プロファイルの作成

『Microsoft Dynamics 365』は、日本マイクロソフト株式会社が提供する顧客管理システムです。AIを活用して顧客の問題を迅速に把握し、効果的な解決策を提供します。

電話やチャット、メール、SNSなど顧客の好むチャネルでのコミュニケーションが可能。AIによるデータ統合で多様な側面からの顧客情報を作成し、アプローチに活用できます。

提供形態クラウド型
初期費用要問合せ
月額費用Dynamics 365 Business Central Essentials
10,494円(税要確認)〜/ユーザー
無料トライアル

Zoho CRM

Zoho CRMのポイント

  • 営業分析をリアルタイムに更新
  • デザインを含めたフルカスタマイズも可能
  • 活用をサポートする多様なキット

『Zoho CRM』は、ゾーホージャパン株式会社が提供する顧客管理システムです。日々登録される顧客データを分析し、現状をリアルタイムで把握し、アプローチを実施できます。

簡単にカスタマイズができ、デザインを含めたフルカスタマイズや、プログラミング言語の選択も可能。使い方が学べるオンライン研修動画や、無料トライアル中にやることリストなど、活用をサポートする多様なキットが充実しています。

提供形態クラウド型
初期費用0円
月額費用スタンダード1,848円(税込)〜/ユーザー
プロフェッショナル3,036円(税込)〜/ユーザー
エンタープライズ5,280円(税込)〜/ユーザー
アルティメット6,864円(税込)〜/ユーザー
無料トライアル

カスタマーリングス

Screenshot

カスタマーリングスのポイント

  • 「1人の顧客」を深掘りして分析
  • 顧客が必要とするメッセージを必要なタイミングで届ける
  • 深い顧客理解を促す分析機能

『カスタマーリングス』は、株式会社プラスアルファ・コンサルティングが提供する顧客管理システムです。分析結果のグラフから対象となる顧客一覧を抽出し、さらに「1人の顧客」を深掘りして分析することで仮説の検証ができます。

顧客一人ひとりにあわせたメッセージを最適なタイミングで発信することで、顧客満足度を向上させます。顧客の行動や声を理解してマーケティング施策に活かせる、深い顧客理解を促す分析機能を備えています。

提供形態クラウド型
初期費用要問合せ
月額費用要問合せ
無料トライアル

ホットプロファイル

ホットプロファイルのポイント

  • 必要な機能からスタート
  • 人脈を可視化できる
  • 他社製品からの乗り換えが簡単

『ホットプロファイル』は、株式会社ハンモックが提供する顧客管理システムです。自社のニーズにあわせて必要な機能から始め、段階的な機能追加ができます。

名刺取り込み後、顧客の組織ツリーを自動生成し、誰と誰に接点があるのかを明確にして人脈を可視化。他社製品から乗り換える場合に、データ移行をサポートし、作業負担を少なくする提案をしてもらえます。

提供形態クラウド型
初期費用要問合せ
月額費用要問合せ
無料トライアル

eセールスマネージャー

eセールスマネージャーのポイント

  • 営業現場とのコミュニケーションを促進するSNS・タイムライン機能
  • 1回の活動報告がさまざまな情報に自動反映
  • 4つのサポート体制

『eセールスマネージャー』は、ソフトブレーン株式会社が提供する顧客管理システムです。SNS・タイムライン機能で、営業現場とオフィスの即時コミュニケーションを可能にします。営業担当者が活動報告を行えば、タイムライン、スケジュール、商談リスト、ダッシュボードなどに自動反映。

サポートデスク、専任の活用アドバイザー、オンライン研修、活用支援Webサイトという4つのサポート体制で、ツールの導入から運用までをフォローします。

提供形態クラウド型
初期費用要問合せ
月額費用グループ:1,100円(税込)〜/ユーザー
スタンダード:3,850円(税込)〜/ユーザー
無料トライアル

FastHelp5

FastHelp5のポイント

  • コンタクトセンター(コールセンター)向け顧客管理システム
  • 使いやすいユーザーインターフェース
  • 統計データを可視化できるレポート機能

『FastHelp5』は、テクマトリックス株式会社が提供する顧客管理システムです。製造業でも活躍できるコンタクトセンター(コールセンター)向け顧客管理システムであり、コンタクトセンターに必要な機能を標準装備しています。

業務・思考の流れを妨げないようにデザインされたユーザーインターフェースにより、スムーズな顧客対応を実現。よく利用するレポート定義をあらかじめ定義しておくことで、属人化を防ぎ、統計データを可視化できます。

提供形態クラウド型
初期費用要問合せ
月額費用要問合せ
無料トライアル

Sansan

Sansanのポイント

  • 人脈を可視化
  • 商談履歴を名刺にひも付けて記録
  • 名刺関連の業務を効率化

『Sansan』は、Sansan株式会社が提供する顧客管理システムです。名刺交換やメールをデータ化して管理するため、誰と誰がつながっているのかという人脈を可視化します。

電話やメール、商談などの履歴を名刺にひも付けて記録できるため、案件を進めるための鍵になる情報を発見可能。名刺情報の入力、名刺から顧客情報を調べる、商談の履歴を確認するなどの名刺関連の業務を効率化できます。

提供形態クラウド型
初期費用要問合せ
月額費用要問合せ
無料トライアル

SKYPCE

SKYPCEのポイント

  • 使いやすい名刺管理画面
  • 簡単に名刺登録できる
  • オンプレミス型とクラウド型から選択可能

『SKYPCE』は、Sky株式会社が提供する顧客管理システムです。顧客の所在エリアを視覚的に表示したり、顔写真を任意で登録したりできる使いやすい名刺管理画面を採用しています。

スマートフォンで名刺を撮影して顧客データを登録したり、オフィスのスキャナーから取り込んだりすることも可能。自社のニーズによって運用形態をオンプレミス型とクラウド型から選べます。

提供形態オンプレミス型・クラウド型
初期費用要問合せ
月額費用要問合せ
無料トライアル

Knowledge Suite

Knowledge Suiteのポイント

  • 名刺情報を正確・迅速にデジタル化
  • 営業報告を簡単に作成
  • 他者との連携・共有も可能

『Knowledge Suite』は、ブルーテック株式会社が提供する顧客管理システムです。受け取った名刺情報を正確かつ迅速にデジタル化できるだけではなく、名刺に手書きしたメモまでデータ化します。

データ化された顧客情報を利用して営業報告が作成できるため、大幅な省力化が可能。グループ会社や協力会社との、スケジュールやファイルやメッセージなどの連携・共有ができます。

提供形態クラウド型
初期費用0円
月額費用SFAスタンダード:60,500円(税込)〜
SFAプロフェッショナル:93,500円(税込)〜
無料トライアル

Mazrica Sales

Mazrica Salesのポイント

  • チームメンバーの営業活動も簡単に把握
  • カード形式の案件管理
  • モバイルアプリで簡単にデータ入力

『Mazrica Sales』は、株式会社マツリカが提供する顧客管理システムです。チームメンバーの日々の行動を時系列で表示できるため、営業活動の全体が簡単に把握できます。

チームで共有する案件の進捗状況は、直感的に確認できるカード形式で管理。OCR機能で名刺スキャンや自動おこしが可能になり、営業現場でのデータ入力が簡単にできます。

提供形態クラウド型
初期費用0円
月額費用Starter:30,250円(税込)〜
Growth:12万1,000円(税込)〜
Enterprise:36万3,000円(税込)〜
無料トライアル

製造業向け顧客管理システム(CRM)のよくある質問

製造業向け顧客管理システム(CRM)導入のデメリットは?

製造業向け顧客管理システム(CRM)導入には、メリットだけではなくデメリットもあることを理解しておきましょう。

主なデメリットは次の2点です。

  • 運用にコストがかかる:
  • 初期費用と月額費用が発生してしまいます。費用に見合った効果が得られるようにシステムを選択しましょう。
  • 効果を得るまでに時間がかかる:
    顧客管理システム(CRM)は導入してもすぐに効果が出るものではありません。顧客データを蓄積し分析してこそ、顧客ニーズが把握できます。中長期的視点をもって利用したほうがよいでしょう。

製造業向け顧客管理システム(CRM)は顧客満足度を高める?

顧客管理システム(CRM)を活用すると、顧客との良好な関係を構築できます。その結果、顧客ニーズをきめ細やかに把握できるようになるでしょう。ニーズの分析に基づいた施策を実施することで、顧客満足度の向上が可能です。

製造業に顧客管理システム(CRM)を導入して業務効率化を図ろう

顧客管理システムとは、顧客データを一元管理し、顧客との良好な関係を構築し、業務を効率化するためのシステムです。

製造業に顧客管理システム(CRM)を導入すると、顧客ニーズの把握、部署間の情報共有、顧客情報の一元管理などのメリットが期待できます。顧客管理システム(CRM)を活用して労働力不足に対処し、業務効率化を図りましょう。

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次