【2024年】無料で使えるMA(マーケティングオートメーション)ツール7選を比較解説

MA(マーケティングオートメーション)ツールとは、マーケティング活動を自動化し、効率化するためのソフトウェアです。本記事では、無料で使えるMAツール7選を比較。オープンソースのツールや無料トライアル期間のあるツールもあわせて紹介します。無料MAツールの導入メリットや選び方、注意点にも触れていくので、参考にしてみてください。

\たった30秒で資料請求完了/

目次

MAツールでできること

MAツールにはマーケティング活動を促進する多様な機能が搭載されています。
代表的な機能を整理したものが、以下の表です。

主な機能概要
リード管理顧客の情報を一元管理し、見込み顧客(リード)の行動や興味・関心を追跡。適切なタイミングでフォローアップを実行
スコアリング見込み顧客の購入意欲や行動履歴にもとづいて点数を付け、優先度を設定
シナリオ作成見込み顧客の次のアクションを予想し、それに対するアプローチを前もって設定
メール配信ターゲットにあわせたメールコンテンツの作成から、配信スケジュールの設定までを一括で実施
分析マーケティング活動の成果を数値で把握し、戦略策定に活用
広告連携外部の広告プラットフォームと連携し、効率的な広告運用を図る
システム連携ビジネスツールやシステムとの連携を容易にし、マーケティング活動の自動化や効率化を促進

MAツールでは、マーケティングでとくに時間やリソースのかかるリサーチやリード獲得・管理をシステムで効率化。顧客1人ひとりの好みや需要をしっかりとリサーチし、適切なアプローチでリード育成を促進できます。

そのほか上記の機能を組み合わせて、一貫性のある顧客アプローチを図れるのが魅力です。

無料MAツールの導入メリット

  • コストを抑えられる
  • 複数のツールを気軽に比較検討できる
  • 自社に必要な機能やサービスを確認できる

コストを抑えられる

無料MAツールの場合、基本的に初期費用や継続的な利用料が発生しません。

無料であっても基本機能が利用できるケースも多いため、コストをかけずにマーケティングの自動化に取り組めます

反対に有料プランの場合、月額数千円から数万円がかかり、サービスによっては導入費用も必要です。そのコストを削減できる点は、マーケティング予算が限られている企業にとってうれしいポイントといえるでしょう。

複数のツールを気軽に比較検討できる

無料MAツールはコストをかけずに利用できるため、予算を気にすることなく複数のサービスを試せる利点があります。

実際に各ツールを体験してみることで、より精度の高い比較検討が可能になります。「利用してみたら思っていたより使い勝手がよかった」という気づきは、二次情報では得られないものです。

有料ツールでも無料トライアルを設けているケースがあるものの、期間は限られています。まとめると、無料MAツールは企業にとってリスクなく多角的な比較検討ができる手段といえるでしょう。

自社に必要な機能やサービスを確認できる

現時点で必要な機能と将来必要になりそうな機能の双方を見極めたい場合、無料MAツールが役立ちます。

はじめてMAツールを利用する場合、自社に必要な機能やサービスを具体的にイメージするのは困難です。

「メール配信機能だけ使えれば十分」と思っても、メール配信にもさまざまな方法が存在します。「一斉配信だけでなく定期配信機能もほしかった」と、あとで感じるケースも珍しくありません。

そうしたミスマッチを防ぐ意味でも、まず無料ツールでMAに慣れておくことをおすすめします。

MAがどのようなものか体感できれば、事業拡大後に必要な機能やサービスもイメージしやすくなるでしょう。

【比較表】無料で使用可能なMAツール5選

スクロールできます
ツール名料金(税込)無料トライアル導入実績
HubSpot無料ツール:0円
Starter:2,400円〜/月/シート
Professional:10万6,800円〜/月
Enterprise:43万2,000円〜/月
※以下のプランでは導入支援サービスの利用料金が発生
Professional:36万円
Enterprise:84万円
(税要確認)
なし20万社以上
List Finder【初期費用】
フリー:0円
ライト:10万円
スタンダード:10万円
プレミアム:10万円
【料金】
フリー:0円
ライト:月額39,800円
スタンダード:月額59,800円
プレミアム:月額79,800円
(税要確認)
要問合せ1,800アカウント以上
BowNowフリー:0円
エントリー:16,500円/月
なし13,000社以上
Mailchimpフリー:0円
エッセンシャル:1,150円〜/月
スタンダード:1,750円〜/月
プレミアム:34,500円〜/月
1か月要問合せ
Mauticオンプレミス型:0円
クラウド型:要問合せ
14日間(クラウド型)要問合せ

\無料で使えるMAツールも一度に比較/

無料で使用できるMAツール5選

HubSpot(ハブスポット)

出典:https://www.hubspot.jp/

・マーケティング、営業、カスタマーサービスのデータを一元管理
・世界135か国以上で導入社数20万社以上の実績(※)
・基本的なCRM機能を無料で利用可能

『HubSpot』は、マーケティングや営業などの業務を効率化してくれるカスタマープラットフォーム。世界135か国以上で導入されており、20万社以上の企業が利用しています。

HubSpotのツールの1つである『Marketing Hub』では、CRM・セールス・サービスといったほかのツールと連携しながらマーケティング活動を自動化。

Eメールマーケティング、ランディングページ、ブログなどの多岐にわたる方法から、顧客に適したアプローチを選択可能です。

無料プランは機能制限やアカウント制限があるものの、基本的なMA機能を搭載。事業拡大に応じて段階的に有料プランへ移行できるため、最初のMAツールとしておすすめです。

運営会社HubSpot Japan株式会社
無料トライアルなし
初期費用(税要確認)以下のプランでは導入支援サービスの利用料金が発生
・Professional:36万円
・Enterprise:84万円
料金(税要確認)無料ツール:0円
Starter:2,400円〜/月/シート
Professional:10万6,800円〜/月
Enterprise:43万2,000円〜/月
導入実績20万社以上
主な機能・広告管理
・リターゲティング広告
・チャットボット
・ブログアイデアジェネレーター
・ランディングページ作成
・Eメールマーケティング
・ウェブチャット
・HubSpotモバイルアプリ

※“HubSpot公式HP”参照

List Finder(リストファインダー)

出典:https://promote.list-finder.jp/

・日本のBtoBマーケットに特化して開発されたMAツール
・1,800アカウント以上が利用(※1)
・BtoBマーケティングに有効な機能を多数搭載

『List Finder』は、日本発のBtoB特化型MAツールです。

MAツール初心者でも使いやすいように、直感的な操作を追求したのが本製品。シンプルな操作性が決め手となった企業もいるようです(※2)。

本ツールではBtoBマーケティングに必要な基本機能をカバー。自社のWebサイトを訪れた顧客を特定して分析できるため、見込み客を効率的に見つけられます。

また、顧客に適したアプローチ時期は自動通知で把握可能。多数の顧客を抱えていても、顧客フォローのタイミングを逃しません。

無料プランの場合、利用可能なアカウント数は1つまで。自社サイトのアクセス解析やメール配信、アプローチ管理といった機能を利用できます。

運営会社株式会社Innovation & Co.
無料トライアル要問合せ
初期費用(税要確認)フリー:0円
ライト:10万円
スタンダード:10万円
プレミアム:10万円
料金(税要確認)フリー:0円
ライト:39,800円/月
スタンダード:59,800円/月
プレミアム:79,800円/月
導入実績1,800アカウント以上
主な機能・個人・企業解析
・メール配信
・スコアリング設定
・AIサポート
・Salesforce連携
・シナリオ設定

※1“List Finder公式HP”参照
※2“List Finder公式HP”参照

BowNow(バウナウ)

出典:https://bow-now.jp/

スクロールできます
・使いやすさを重視したシンプルなMAツール
・独自テンプレートの活用により、シナリオ設計もスムーズ
・フリープランでもアカウント制限なしで使用可能

『BowNow』は、クラウドサーカス株式会社が提供する中小企業向けMAツールです。製造業、卸売業、サービス業など幅広い業種で利用されています。

使いやすさを重視したシンプルなツールで、中小企業向けに必要な機能を厳選。月額16,500円(税込)の有料プランが用意されているため、初期投資を抑えてのMAツール導入が図れます(※1)。

見込み客の発見から関係構築、商談アプローチにいたるまで、本ツールならワンストップで実行可能。手間がかかりやすいスコアリングやシナリオの設計は、BomNowの独自テンプレートを活用すればスムーズです。

フリープランでも以下のサービスが利用できます。

  • 企業ログの活用
  • 個人ログの活用
  • メール配信
  • テンプレートの活用

アカウント数の制限なく使用できるため、複数のスタッフで使用感をチェックしてみるとよいでしょう。

運営会社クラウドサーカス株式会社
無料トライアルなし
初期費用(税込)要問合せ
料金(税込)フリー:0円
エントリー:16,500円/月
導入実績13,000社以上(※2)
主な機能・企業情報の分析
・サイト訪問者のアクセス解析
・フォーム作成
・メール配信
・追客アラート
・商談履歴管理
・AMBテンプレート

※1“BowNow公式HP”参照
※2“BowNow公式HP”参照

Mailchimp(メールチンプ)

出典:https://mailchimp.com/

・メールマーケティングに特化したMAツール
・生成AIによるメールコンテンツの自動作成
・月に1,000件のメール配信が可能な無料プランを用意(※)

『Mailchimp』は、メールマーケティングに強みをもつMAツールです。

メール配信で苦労するのが、文章コンテンツの執筆作業。Mailchimpなら生成AIが使えるため、AIに文面を考えてもらうことが可能です。メール配信頻度の高い企業にとって、AI機能の搭載は魅力に感じることでしょう。

また、豊富なレポート種類も見逃せません。キャンペーン、オーディエンス、eコマースなど、多岐にわたるデータのレポート化が可能です。

なお、無料プランでは月に1,000件までのメール配信や、フォーム・ランディングページの作成が可能。メールマーケティングの強化を検討している企業は、無料プランで本ツールの使用感をチェックしてみるとよいでしょう。

運営会社Rocket Science Group, LLC
無料トライアル1か月
初期費用(税込)要問合せ
料金(税要確認)フリー:0円
エッセンシャル:1,150円〜/月
スタンダード:1,750円〜/月
プレミアム:34,500円〜/月
導入実績要問合せ
主な機能・顧客管理
・セグメンテーション
・コンテンツ作成
・キャンペーン送信
・ステップメール
・アプリ連携

※“Mailchimp公式HP”参照

Mautic(マウティック)

出典:https://www.mautic.org/

・オンプレミスでの導入は無料で利用可能
・キャンペーンマーケティングやドリッププログラムといった高度な機能を搭載
・多数のソーシャルメディア・外部ツールとの連携が可能

『Mautic』は、無料で使用できるオープンソースのMAツール。クラウド版は有料プランのみとなっており、無料で使えるのはオンプレミス型です。なお、日本語対応はしておらず、英語で使用する必要があります。

無料でありながら豊富な機能を備えているのが本ツールの特徴。たとえばキャンペーン機能では、時間指定型・コンタクト主導型・混合型といった複数のアプローチが利用できます。

さらに、ソーシャルメディアや外部ツールとの連携性も要チェック。自社で使用しているSNSや外部ツールがあれば、Mauticと組み合わせてみるとよいでしょう。

運営会社Mauticコミュニティ
無料トライアル14日間(クラウド型)
初期費用オンプレミス型:0円
クラウド型:要問合せ
料金オンプレミス型:0円
クラウド型:要問合せ
導入実績20万ユーザー以上
主な機能・顧客管理
・セグメント
・フォーム
・ランディングページ作成
・キャンペーン
・フォーカスアイテム

無料トライアル期間があるMAツール2選

GENIEE MA(ジーニーMA)

出典:https://ma-jin.jp/

・直観的にキャンペーンを設計できる独自機能「シナリオキャンバス」がマーケティング活動を促進
・幅広い配信チャネルを利用して顧客へアプローチ可能
・顧客のサイト訪問やメール開封といった行動をもとにスコアリングし、見込み顧客を発掘

『GENIEE MA』は、直感的で使いやすいインターフェースを備えた国産のMAツール。とくに注目すべきは「キャンバス機能」。1つの画面でシナリオ作成から運用まで可能な利便性の高い機能です。

また、国産であることから日本語による充実したサポートも魅力。利用時のトラブルは気軽に相談してみるとよいでしょう。

配信チャネルも以下のようにバラエティ豊かです。

  • メール
  • Webプッシュ通知
  • LINE
  • ポップアップ
  • SMS
  • アプリプッシュ

ほかにも、顧客発掘から営業活動へのスムーズな移行が本ツールの強み。サイト訪問やメール開封状況を通じて顧客を分析し、見込み顧客を発掘。適切なタイミングでアプローチが図れます。

15日間の無料トライアルが用意されているので、まずは使い勝手をチェックしてみるとよいでしょう(※)。

運営会社株式会社ジーニー
無料トライアル15日間
初期費用(税込)要問合せ
料金(税込)要問合せ
導入実績要問合せ
主な機能・カスタマー管理
・スコアリング
・フォーム作成
・メール配信(一斉、定期、シナリオ)
・キャンペーンレポート

※“GENIEE MA公式HP”参照

カミハヤMA

出典:https://www.kamihaya.com/products/kamihaya-ma

・BtoB向けのMAツール
・導入からキャンペーン開始までを最短3週間で実現(※)
・直感操作とシンプルなデザイン

『カミハヤMA』は、ジェネロ株式会社が提供するクラウド型のMAツールです。

本記事でも紹介しているオープンソース『Mautic』をベースに開発されたツールで、使いやすさにこだわりがあります。

導入からキャンペーン実施まで最短3週間というスピード感。テンプレートが提供されているため、準備時間を短縮してマーケティング活動に取り組めます。気になる料金は、利用規模に応じた3つのプランを用意。自社に適した料金プランが見つかりやすいのも魅力的です。

BtoBマーケティングに必要な機能が充実していることから、法人顧客とのやり取りが多い事業者にぴったりのツールといえます。

運営会社ジェネロ株式会社
無料トライアルあり
初期費用要問合せ
料金(税要確認)プロ:4,980円/月
スタンダード:49,800円/月
アドバンス:14万1,800円/月
導入実績要問合せ
主な機能・Webサイトトラッキング
・ランディングページ作成
・自動化キャンペーン
・メールマーケティング
・カスタマースコアリング
・ダッシュボード分析
・A/Bテスト

※“カミハヤMA公式HP”参照

\たった30秒で一括資料請求/

無料MAツールの選び方


自社に適した無料MAツールを選定するために、以下の点を押さえておきましょう。

  • 機能制限の範囲・内容
  • BtoB向けかBtoC向けか
  • 導入・運用のサポートが充実しているか

それぞれ詳しく解説します。

機能制限の範囲・内容

無料プランでは多くの場合、アカウント数や利用できる機能に制限が設けられています。これはサービス提供側がコストを抑えつつも、ユーザーに基本的な機能を体験させるための措置といえるでしょう。

たとえば、無料プランだとメールの送信数に上限が設けられていたり、リードの管理数が限定的であったりします。

初期段階での運用では十分かもしれませんが、事業が成長するにつれて制限がボトルネックとなることもあるでしょう。

そのため無料MAツールを選ぶ際は、将来的に必要となりうる機能やアカウント数を提供してくれるサービス内容か、事前の確認が大切です。

BtoB向けかBtoC向けか

MAツールには、大きく分けてBtoB向けのツールとBtoC向けのツールが存在します。

それぞれ得意とする分野が異なるため、自社がどちらのタイプのMAツールを必要とするのか事前に把握しておきましょう。

それぞれのタイプの特徴は、以下のとおりです。

スクロールできます
比較ポイントBtoB向けMAツールBtoC向けMAツール
主な対象法人個人(消費者)
販売サイクル成約に至るまでのプロセスが長期間短期間でのリード獲得や即時性が重視される
重要な機能細かな顧客情報管理やセグメント分け、カスタマイズされたコミュニケーション幅広いターゲットに対する大量のリード獲得、キャンペーン管理
コミュニケーションのカスタマイズ高度なカスタマイズが可能一般的なコミュニケーションが中心
ターゲットの管理狭く特定のターゲット幅広いターゲットにアプローチ

なお、BtoB・BtoCの双方に対応しているツールも存在します。MAツールを選定する際は、ツールごとの特徴を見極めて比較検討しましょう。

導入・運用のサポートが充実しているか

MAツールの効果的な利用には、適切な初期設定や運用中の迅速なトラブル対応が欠かせません。これらは、サポート体制の質による影響を大きく受けるものです。

たとえば無料MAツールであっても、日本語でのサポート提供や24時間体制のカスタマーサポートがあるかどうかは、重要な判断基準となります。

MAツールは、長期的な利用が前提にあるツールです。そのため、導入費用の安さや機能の豊富さだけを重視するのではなく、安心して利用を継続できる環境が用意されているか確認するよう心がけましょう。

無料MAツールの注意点

  • セキュリティ体制は整備されているか
  • オープンソースの場合、サーバー代が発生
  • サービス提供が終了する可能性あり

セキュリティ体制は整備されているか

MAツールでは企業の顧客情報や業務データを取り扱うため、不正アクセスや情報漏洩が発生すると、被害は甚大です。セキュリティリスクは、企業として最大限注意を払いたい内容の1つといえます。

ところが無料MAツールの場合、有料のMAツールと比べてセキュリティ対策が緩いことも少なくありません。これはMAツールに限らず、ほかのさまざまなツールにいえることです。

また、オープンソース型のMAツールの場合、不具合や脆弱性に対する保証がありません。そのため、自社でセキュリティ対策を講じる必要があります。

長くMAツールを使い続けるためにも、利用を検討しているツールのセキュリティ体制を事前に確認しましょう。

オープンソースの場合、サーバー代が発生

オープンソースのMAツールの場合、ツール自体は無料で入手できるものの、実際の運用にはサーバーが必要です。会社自らが社内にサーバーを設置するケースもありますが、多くの場合レンタルサーバーを利用します。

レンタルサーバーの場合、基本的に毎月または毎年一定の利用料が発生。また、MAツールの稼働には一定のサーバーパフォーマンスが求められるため、上位プランのサービスが必要になるケースもあるでしょう。

オープンソースにも運用コストが発生することを念頭に置き、そのうえで有料MAツールと比較検討することが大切です。

サービス提供が終了する可能性あり

オープンソースや無料プランのMAツールの場合、運営会社の方針変更や経済的な理由から、予告なくサービスが終了することがあります。

突然のサービス終了は、とくに無料サービスにおいてよくある現象。サービス終了が発表された場合、急いで代替ツールを探し、データの移行作業に取り組まなければなりません。

こうしたリスクを軽減するには、使用しているMAツールのデータを定期的にバックアップし、必要に応じて他ツールに移行できる体制を整えておくことです。

また、オープンソースのMAツールを選択する際は、コミュニティの活発さや開発の継続性をチェックすることが重要です。

\資料から気になるサービスをカンタン比較/

MAツールに関するよくある質問

MAツールとは何?

MAツールとは、マーケティング活動を自動化し、効率化するためのソフトウェアやサービスのことです。

企業はMAツールを利用することで、普段時間を要していた作業を自動化によって時短し、顧客データの分析やマーケティング戦略の立案にフォーカスできるようになります。

オープンソースのMAツールはありますか?

『Mautic』がオープンソース型のMAツールです。ツール自体は無料で使えるため、興味のある方はソフトウェアをダウンロードして使用感を確認してみましょう。

無料のMAツールを利用し、マーケティング活動を自動化させよう!


MAツールは、マーケティング業務を自動化し、見込み顧客や新規顧客への効果的なアプローチをサポートするツールです。

MAツールの中には無料で使用可能なツールも存在。無料ツールを活用すれば、コストを抑えながら複数のサービスを比較検討したり、自社に必要な機能を精査したりすることが可能です。

本記事で紹介した無料MAツールを効率的に比較検討したい場合は、一括資料請求サービスの活用をおすすめします。

自社に適した無料MAツールを導入し、マーケティング活動の自動化を図りましょう。

\「とりあえず資料請求」と思ったら/

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次