名刺管理アプリ比較厳選7選【2023年最新版】使い勝手の良いツールの選び方や導入のメリット

「名刺管理アプリを入れたいが、本当に使い勝手の良いアプリがどれかわからない」

「Excelや紙管理のままでも問題ないと思っているが、名刺管理アプリを使うメリットが知りたい」

普段から多くの取引先・顧客とやり取りする方は、名刺管理の方法で悩むことが多いのではないでしょうか。

名刺の枚数が増えるだけでなく、昇進や異動に合わせて常に名刺情報を最新にする手間が発生するため、煩わしさを感じている方も多いはず。

本記事では、利便性の高いおすすめの名刺管理アプリを比較しながら紹介します。管理ミスによる信頼の失墜につながらないためにも、参考にしてみましょう。

目次

名刺管理アプリとは?

名刺管理アプリとは、その名の通り名刺に記載されている情報を登録・管理・編集するためのアプリです。

具体的には、下記の情報が一元管理できるようになります。

  • 名前・ふりがな
  • 所属企業名
  • 所属部署名
  • 役職・肩書
  • オフィス住所
  • 電話番号
  • 携帯番号
  • FAX番号
  • メールアドレス
  • HPアドレス
  • 営業時間・定休日

なかには顔写真やSNSアカウントを登録できる名刺管理アプリもあるので、チェックしておきましょう。

名刺管理アプリの主な機能とは?

名刺管理アプリに搭載されている主な機能は、下記の通りです。

名刺管理アプリの主な機能

  • OCRによる名刺読み取り機能
  • 手作業での追加・編集・削除機能
  • 検索・名寄せ機能
  • 営業支援機能
  • システム連携機能

下記で詳しく解説します。

名刺管理アプリの主な機能①OCRによる名刺読み取り機能

OCR(=Optical Character Recognition/Reader・光学的文字認識)とは、画像データのテキスト部分を自動で文字データに変換する機能のことです。

名刺管理アプリにも搭載されていることが多く、紙の名刺をカメラで撮影するだけで必要な情報を読み取り、自動入力してくれます。

紙データをデジタルデータに一発で変換できるので、手入力による面倒な登録作業が発生しません。

最低限の情報だけ登録しておきたいときや、普段から多くの人と会うためなるべく管理業務を簡略化したいときに便利です。

名刺管理アプリの主な機能②手作業での追加・編集・削除機能

OCRによる自動入力だけでなく、手作業での追加・編集・削除機能も搭載されています。

細かなミスの修正にも役立ちますが、名刺に掲載されていない情報を個別に追加したいときに便利です。

例えば、学生時代の部活動・オフの日の趣味・家族情報など、仕事以外の情報を載せておけば話のタネになるかもしれません。

また、営業の見込み度合いや前回の打ち合わせ時に話した内容をメモし、商談に役立てることも可能です。

名刺管理アプリの主な機能③検索・名寄せ機能

膨大な名刺情報を登録している場合、検索・名寄せ機能が役立ちます。

「佐藤」と検索するだけで苗字が「佐藤」である人の名刺が表示されるので、連絡先のピックアップに便利です。

また、企業名で検索して関係者をリストアップしたり、特定のエリアの企業だけを抽出したりすることもできます。

場合によっては営業リストとして活用できる場合もあるので、注目しておきましょう。

名刺管理アプリの主な機能④営業支援機能

営業支援機能が搭載されている名刺管理アプリでは、最終接触から一定日数が経過した人の情報をポップアップで知らせてくれます。

「ご無沙汰しておりますがいかがですか?」とアプローチできる可能性が増えるので、営業に役立ちます。

また、毎年同じ時期に問い合わせのある人をリスト化して先回りのフォローができるなど、カスタマーサポートの面でも便利なのが特徴。

効果的に使えば売上や顧客満足度の向上にもつながります。

名刺管理アプリの主な機能⑤システム連携機能

名刺管理アプリを他のシステムやツールと連携すれば、普段の業務も効率化できます。

例えばチャットツールやメールアプリと連携することで、ワンタップでメッセージを送信できるようになります。

また、CRM(=Customer Relationship Management・顧客管理システム)と連携し、営業や個別のフォローに使う方法もあります。

自社に合わせた多様な活用法を見出し、情報登録以外のシーンでも役立てていきましょう。

名刺管理アプリを使うメリットとは?

名刺管理アプリを使うメリットは、下記の通りです。

名刺管理アプリを使うメリット

  • 常に名刺情報を最新状態に維持できる
  • 紛失・汚損・盗難リスクを予防できる
  • ペーパーレス化できる
  • 営業やコミュニケーションに役立つ

なぜ多くの企業で導入されているかを知り、自社での利用を検討してみましょう。

名刺管理アプリを使うメリット①常に名刺情報を最新状態に維持できる

名刺管理アプリを使えば、名刺情報を最新状態に維持できます。

例えば取引先の担当者が課長から部長に昇進して新しく名刺をいただいたのに、それを忘れて「課長」役職のままメールや手紙を送るのは大変な失礼に当たります。

ちょっとしたミスが信頼関係に傷をつけることは多く、自分でも気づかないままビジネスチャンスを無駄にしてしまうケースもあるので注意しましょう。

名刺管理アプリを使って内容を編集しておけば、上記のようなミスを防げます。

「新旧どちらの名刺かわからない」などの混乱を防ぐツールとしても、活用していきましょう。

名刺管理アプリを使うメリット②紛失・汚損・盗難リスクを予防できる

名刺は基本的に紙で渡されるため、常に紛失・汚損・盗難のリスクがつきまといます。

「コーヒーをこぼして汚してしまった」などの場合、再度お願いして名刺をもらうのは躊躇われるもの。

また、紛失や盗難の場合は情報管理体制に疑問を抱かれたり、不信感につながったりすることも。

名刺は単なる自己紹介ツールではなく自分の代わりになる存在である、という価値観を持つ人はまだまだ多いので、丁重な扱いが必要です。

早めに名刺管理アプリに情報をインプットし、原本はファイリングもしくは丁寧に処分するなど対策しておきましょう。

名刺管理アプリを使うメリット③ペーパーレス化できる

名刺管理アプリを使うことで、ペーパーレス化できるのもメリットです。

移動が多くても紙の名刺ファイルを持ち歩く必要がなく、荷物をコンパクトにできるのもポイント。

必要な情報は全てクラウド上に保管されており、手元に名刺原本がないチームメンバーとの情報共有にも便利です。

名刺の入れ替えなど整理整頓に割く時間も短縮できるので、早い段階でペーパーレス化できるよう対策しておきましょう。

名刺管理アプリを使うメリット④営業やコミュニケーションに役立つ

名刺管理アプリを使って必要なタイミングで必要な情報へアクセスできるようになれば、チャンスを逃さずアプローチできます。

機会損失を防ぐ手段としても活用できるので、売上や生産性が向上するかもしれません。

また、前回話した内容や個人的な趣味などをメモしておけば、次回のコミュニケーションで役立つことも。

仕事以外の話で盛り上がったのをきっかけに信頼性が増すことも多いので、要注目です。

名刺管理アプリの選び方とは?

名刺管理アプリの選択肢は多く、何を選べばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、下記をひとつの基準にするのがおすすめです。

名刺管理アプリの選び方

  • 十分な枚数の名刺を登録できるか
  • 読み取り機能が充実しているか
  • 複数人で管理・編集できるか
  • データ化の速度が速いか
  • 外出先からも使えるか
  • セキュリティが強固か
  • コストが妥当な範囲か

自分にとって使いやすい名刺管理アプリを探したいときに、お役立てください。

名刺管理アプリの選び方①十分な枚数の名刺を登録できるか

登録できる名刺枚数に上限があるか調べ、自分が必要とする枚数に足りているかを判断します。

また、閲覧履歴のない古い名刺が自動で削除されてしまわないか調べることも必須です。

なかには、利用料がかからないが登録できる上限が小さめに設定されていたり、一定枚数以上は料金が発生したりするケースもあるので注意しておきましょう。

名刺管理アプリの選び方②読み取り機能が充実しているか

名刺管理アプリに搭載されている機能を比較し、自分が使いたい機能が網羅されているかを調べます。

あまり高頻度に使わないのであれば、必要最低限のシンプルな名刺管理アプリにして無料で使っていくのがよいでしょう。

反対に、登録枚数も多く利用頻度も高いのであれば、OCRなどを搭載している多機能型がおすすめです。

名刺管理アプリの選び方③複数人で管理・編集できるか

複数人で管理・編集できる名刺管理アプリであれば、チーム内での情報共有に最適です。

毎回メールや紙の名刺で情報共有する手間がなくなるので、テレワークやモバイルワークとの相性も抜群。

管理者とそれ以外とで権限を分けることができれば、無用な編集やミスによる上書き保存も防げます。

名刺管理アプリの選び方④データ化の速度が速いか

OCRによる自動データ化機能が使える場合、データ化までの速度もチェックしておきましょう。

特に名刺管理アプリを導入してすぐのタイミングでは、手元にある名刺情報を全てインプットする必要があり、時間がかかります。

隙間時間を使って完了できる範囲なのか、まとまった時間が必要なのかによって、使い勝手の良さは大きく異なります。

項目の多さにより変動する部分でもあるので、事前にチェックしておきましょう。

名刺管理アプリの選び方⑤外出先からも使えるか

スマートフォンやタブレットを使って外出先からも使えるアプリの場合、取引先や移動中に利用できます。

なかにはスマホ用のアプリを提供しているサービスもあるので、パソコン版と連携しておくのがおすすめ。

複数人で運用できる場合、オフィスにいる人が外回り中の社員に名刺情報を共有することもできます。

名刺管理アプリの選び方⑥セキュリティが強固か

名刺に載っているのは貴重な情報でもあるので、名刺管理アプリには強固なセキュリティ対策を講じておく必要があります。

アプリごとの利用規約を詳細に至るまで確認し、自社のプライバシーポリシーに合うか判断していきましょう。

万が一名刺情報を漏洩してしまった場合、危機管理能力のない会社として自社がバッシングされる可能性があります。

特にBtoC企業など個人情報を多数取り扱う企業の場合、顧客情報の流出は重大なトラブルとなる可能性があるので注意しましょう。

名刺管理アプリの選び方⑦コストが妥当な範囲か

名刺管理アプリの利用料金をチェックし、妥当な範囲で収まるか試算します。

特に名刺管理アプリの場合、料金形態は月額課金制であることが多いです。

その分導入コストがかからないことが多いので、予算が少なくても始めやすいのが特徴。

アカウント数や登録する名刺の数により変動することがあるため、併せてチェックしておきましょう。

【最新版】おすすめの名刺管理アプリ7選|料金・特徴で徹底比較

ここからは、おすすめの名刺管理アプリを比較しながら紹介します。

会社名料金特徴
Eight 無料または480円~/月・紙の名刺だけでなくオンライン名刺の読み取りにも対応
・自分のキャリアプロフィールを登録してオンライン名刺にすることも可
・ビジネス向けSNSとして使ってチャンスを見つける方法もあり
CAMCARD1,400円~/月・世界で1億人以上のビジネスパーソンに愛用されている
・大企業だけでなくフリーランスや零細企業にもおすすめ
・17言語に対応しておりグローバル企業にも最適
Sansan要問合せ・営業DXツールとして使える名刺管理アプリ
・オンライン名刺やメールの署名から抽出した顧客情報も蓄積
・自動読み取りの精度は99.9%!正確性が高い
Evernote Scannable無料・紙を素早くスキャンして高品質なデジタルデータに変換できる
・いわゆるスキャナアプリでありOCR機能の質が高い
・自動連続スキャン機能も搭載中
myBridge無料・完全無料で利用可!広告表示も最小限
・登録可能な名刺枚数に上限がなく、入力項目も自由に設定可
・共有名刺帳を利用すれば複数のメンバーと情報共有できる
名刺ファイリングCLOUD2,400円/年・金融機関レベルの強固なセキュリティ対策
・無料プランの場合は名刺登録枚数の上限が100枚
・有料プランの場合は名刺登録枚数の上限なし
Wantedly People無料・複数の名刺であっても一度に撮影し自動入力できる
・話題づくりを提供するためのコンテンツが充実
・Wantedly PeopleのIDを交換しておけば変更内容は自動で反映

下記でそれぞれの特徴を紹介するので、気になる名刺管理アプリがないか見てみましょう。

おすすめの名刺管理アプリ①Eight

出典:https://8card.net/

Eightの特徴

  • 紙の名刺だけでなくオンライン名刺の読み取りにも対応
  • 自分のキャリアプロフィールを登録してオンライン名刺にすることも可
  • ビジネス向けSNSとして使ってチャンスを見つける方法もあり

Eightは完全無料で使える名刺管理アプリであり、名刺を撮影するだけで交換した相手の名刺を簡単に管理・検索ができます。

紙の名刺だけでなくオンライン名刺の読み取りにも対応しているので、テレワークが多い方にもおすすめ。

また、自分のキャリアプロフィールを登録しておけばオンライン名刺として相手に提示することもできるので、定型デザインのないフリーランスなどにも活用されています。

Eightでつかなった相手が転職や昇進などで名刺を変更した場合、自動で通知が届くのもおすすめポイント。

ビジネス向けSNSとして使うこともでき、転職や営業のきっかけになるかもしれません。

おすすめの名刺管理アプリ②CAMCARD

出典:https://www.camcard.jp/

CAMCARDの特徴

  • 世界で1億人以上のビジネスパーソンに愛用されている
  • 大企業だけでなくフリーランスや零細企業にもおすすめ
  • 17言語に対応しておりグローバル企業にも最適

CAMCARDは、1億人以上のビジネスパーソンに愛用されている名刺管理アプリです。

法人版と個人版があり、会社全体で導入することも個人的な情報整理のために使うことも可能。

フリーランスや零細企業で導入することもできるので、世界中で利用の輪が広がっています。

17言語に対応しているなど、多国籍企業・グローバル企業への対応も十分。

名刺の認識精度が非常に高く、撮影から保存まで円滑に実行できるのも魅力です。

おすすめの名刺管理アプリ③Sansan

出典:https://jp.sansan.com/function/meishi/

Sansanの特徴

  • 営業DXツールとして使える名刺管理アプリ
  • オンライン名刺やメールの署名から抽出した顧客情報も蓄積
  • 自動読み取りの精度は99.9%!正確性が高い

Sansanは営業DXサービスとして名刺管理アプリを提供しており、営業ツールとして役立つ機能が満載です。

紙の名刺だけでなくオンライン名刺やメールの署名から抽出した顧客情報を蓄積できるので、営業に転用しやすいのがポイント。

社内での共有にも便利なので、マネジメントする側にとっても利点があります。

自動読み取りの精度は99.9%と非常に高いので、正確性を重視したい方にもおすすめ。

スマートフォンアプリからも名刺を簡単にスキャンでき、リアルタイムでの共有が叶います。

おすすめの名刺管理アプリ④Evernote Scannable

出典:https://evernote.com/intl/jp/products/scannable

Evernote Scannableの特徴

  • 紙を素早くスキャンして高品質なデジタルデータに変換できる
  • いわゆるスキャナアプリでありOCR機能の質が高い
  • 自動連続スキャン機能も搭載中

Evernote Scannableはいわゆるスキャナアプリであり、紙を素早くスキャンして高品質なデジタルデータに変換したいときに便利です。

名刺の読み取りはもちろん、請求書・領収書など経費関連の書類、履歴書・職務経歴書など人事関連の書類を読み取ることも可能。

自動連続スキャン機能が搭載されているので、一度に大量の名刺を読み取ることもできます。

スキャナアプリなのでOCR機能のレベルが高く、旧字体や長い文書も一発で変換してくれるのがメリット。

目視での確認や手作業での修正作業を簡略化し、完全自動化したいときにおすすめです。

おすすめの名刺管理アプリ⑤myBridge

出典:https://jp.mybridge.com/home

myBridgeの特徴

  • 完全無料で利用可!広告表示も最小限
  • 登録可能な名刺枚数に上限がなく、入力項目も自由に設定可
  • 共有名刺帳を利用すれば複数のメンバーと情報共有できる

myBridgeは、撮影するだけで名刺を正確にデータ化し、クラウド上に情報を保管する名刺管理アプリです。

完全無料で利用できるので、コストパフォーマンスを何よりも重視したい方におすすめ。

無料アプリにありがちな広告掲載も最小限で煩わしさもなく、登録可能な名刺枚数に上限もありません。

入力項目は自由に設定できるので、自分用にカスタマイズして使えます。

共有名刺帳を利用すれば複数のメンバーと情報共有できるので、会社やチームで使うのにも向いています。

おすすめの名刺管理アプリ⑥名刺ファイリングCLOUD

出典:https://cloud.mediadrive.jp/

名刺ファイリングCLOUDの特徴

  • 金融機関レベルの強固なセキュリティ対策
  • 無料プランの場合は名刺登録枚数の上限が100枚
  • 有料プランの場合は名刺登録枚数の上限なし

名刺ファイリングCLOUDは、無料版と有料版のある名刺管理アプリです。

銀行など金融機関レベルの強固なセキュリティ対策が講じられていることも特徴で、情報漏洩のリスクを最小限に抑えることが可能です。

また、オフィス住所とGoogleマップを連携させてワンタップで表示させたり、電話番号をタップすれば自動で電話アプリが開いたりするのも、利便性向上に役立つ機能となっています。

無料プランの場合は名刺登録枚数の上限が100枚に設定されていますが、有料プランに切り刈れば上限を撤廃できるのもポイント。

有料でも年間2,400円と非常に安価なので、ランニングコストが増える不安もありません。

おすすめの名刺管理アプリ⑦Wantedly People

出典:https://people.wantedly.com/

Wantedly Peopleの特徴

  • 複数の名刺であっても一度に撮影し自動入力できる
  • 話題づくりを提供するためのコンテンツが充実
  • Wantedly PeopleのIDを交換しておけば変更内容は自動で反映

Wantedly Peopleは、複数の名刺であっても一度に撮影し自動入力できる名刺管理アプリです。

既に大量の名刺が手元にあり、一気にデータ化したいときに便利。

話題づくりを提供するためのコンテンツが充実しているので、アイスブレイクや何気ない雑談にも使えるのがメリットです。

また、名刺交換をした相手がプロフィールを更新した場合、リアルタイムで反映されるのもポイント。

紙名刺だけでなくWantedly PeopleのIDを交換しておけば、手作業での更新作業も要りません。

名刺管理アプリの比較に関するよくある質問

最後に、名刺管理アプリに関する「よくある質問」を紹介します。

気になる項目がある方は、チェックしてみましょう。

名刺管理システムではなくアプリにするメリットは?

名刺管理システムは、CRM(=Customer Relationship Management・顧客管理システム)やMA(=Marketing Automation・マーケティング自動化ツール)と合わさっていることが多いです。

その分多機能ですがランニングコストも高く、導入費用も高額になりがち。

一方、名刺管理アプリであれば名刺管理機能のみに特化していることが多いので、比較的安価に使えます。

スマホ用アプリが提供されているケースも多く、利便性の高いツールとして利用できるのがメリットです。

無料で使える名刺管理アプリはある?

無料で使える名刺管理アプリもあります。

登録枚数の上限や機能の限定などに注意しながら、安価に使える名刺管理アプリを探してみましょう。

また、機能に満足したら有料版に切り替えるなど、フレキシブルな利用も可能です。

まとめ

まとめ

名刺管理アプリを使うことで、ペーパーレス化を叶えながら情報を最新状態に保てるようになります。

出先での確認や定期的な編集にも便利なので、導入するメリットは十分にあります。

今後の名刺管理にお困りの方は、本記事で紹介した内容をもとに自社にあうアプリを見つけてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次