おすすめのシステム開発会社18選一覧!選定ポイントから注意点までを徹底解説

自社に適したシステムを開発する場合、「システム開発会社」に依頼するのは一つの方法です。しかし、システム開発会社に依頼する場合は、依頼するシステム開発会社が自社に適しているかを判断する必要があります。そこで本記事ではおすすめのシステム開発会社の紹介とあわせて、システム開発会社の選定ポイントや注意点などを解説しています。

\システム開発は資料で比較がカンタン!早わかり!/ 

目次

システム開発会社とは

システム開発会社とは、「企業の業務システムやWebサービスなどのシステムを開発してくれる会社」のことです。システム開発会社の種類はさまざまで、あらゆる分野のシステムを総合的に開発している会社もあれば、特定の分野に特化して強みとしている会社もあります。

システム開発会社に依頼することで、「自社にあったシステムを導入する」「現在、活用しているツールを自社用にカスタマイズする」などが可能。

また、完全なオーダーメイドで自社に適したシステムを開発も行えるため、状況やニーズにあわせて選択肢が多いのも特徴です。

SIerとの違い

SIerのSIは「System Integration(システムインテグレーション)」の略称で、erには「〜する人」という意味です。つまり企業から依頼を受けてシステム開発を行う企業を指すため、システム開発会社とほとんど同義になります。

なお、ITベンダーは「IT製品を販売する会社」のことです。自社でシステム開発を依頼する際には、ITベンダーではなくシステム開発会社、あるいはSIerと呼ばれる企業に依頼するとよいでしょう。

システム開発にかかる費用相場

システム開発にかかる費用相場は、概ね以下の通りです。

<費用相場>

システム名費用
Webアプリケーション開発約100万円〜
業務システム開発約500万円〜
基幹システム開発約1,000万円〜

システム開発にかかる費用は、開発するシステムの種類やどの程度の規模感に対応できるかで変わってきます。一概にいくらとは決まっていないため、きちんと見積もりを複数社から取ってから、正確な予算を把握することが大切です。

\システム開発は資料で比較がカンタン!早わかり!/ 

システム開発会社の選定ポイント

自社でシステム開発会社を選定する際には、以下の4点を確認しておくことが大切です。

  • 開発したいシステム要件を定める
  • 開発したいシステムの実績があるかを確認する
  • 提案力やコミュニケーション力を確認する
  • 運用・保守体制を確認する

開発したいシステム要件を定める

システム開発会社に一から十まで、すべてを投げてはいけません。システム開発会社によって対応できる範囲や強みが異なることはもちろんのこと、開発手法も異なります。

システム開発会社を選定する前に、「自社のどんな業務で利用するシステムを開発したいのか」「どこまでを依頼するのか」などを定めていきます。

なかには、まったく想像がつかないというケースもあるでしょう。その場合は概要だけ固めた上で、システム開発会社にヒアリングしてもらい、要件を定めていく方法でも問題ありません。

開発したいシステム要件を定め、その要件に沿ってシステム開発を行える会社を選択しましょう。

開発したいシステムの実績があるかを確認する

開発したいシステム要件に沿ってシステム開発会社を絞っていく際には、求めているシステムを開発した実績があるかを確認します。求めているシステムの開発実績があれば、円滑に開発が進むのはもちろんのこと、高品質なシステムが期待できるでしょう。

システム開発会社の実績はホームページに多く掲載されているため、気になるシステム開発会社のホームページを確認してみてください。実績が非公開の場合には、「問い合わせフォームから問い合わせる」「担当営業に問い合わせてみる」などの方法があります。

なお、最初から一社に絞る必要はありません。複数社の候補を出し、見積もり取ってから最終決定を下すのが大切です。

提案力やコミュニケーション力を確認する

複数社の見積もりを取った後、一番安いからという理由で依頼する会社を決めるのは危険です。価格のみで判断するのではなく、RFP(提案依頼書)に対する提案内容や、担当営業のコミュニケーション力などを含めて総合的に判断をしましょう。

たとえば担当営業のコミュニケーション力は非常に重要になります。なぜなら望んだシステムを開発するためには、システム開発会社との円滑な意思疎通は欠かせないからです。

とくにシステム開発の期間は1年以上に渡ることも少なくありません。疑問に思った点を質問した際に、レスポンス速く対応してもらえるかのように、提案力やコミュニケーション力をふまえて確認しましょう。

運用・保守体制を確認する

システムは開発して終わりではなく、長期間に渡って運用していくものです。当然ですが、開発期間よりも運用期間の方が長くなるため、システム稼働後も運用や保守を任せられるかを確認しておきましょう。

会社によっては開発のみを請け負い、運用・保守体制は専門の会社を紹介してくれる場合もあります。運用後も見据えて、サポートが充実している会社かを確認しておくとよいでしょう。

\システム開発は資料で比較がカンタン!早わかり!/ 

おすすめのシステム開発会社18選

本章ではおすすめのシステム開発会社を解説しています。気になる会社は積極的に資料請求や情報収集をしてみてください。

株式会社GeNEE

株式会社GeNEEはシステム開発の企画・調査から設計、開発、保守運用までをすべて対応できるシステム開発会社です。

ニーズにあわせた提案はもちろんのこと、高品質なシステムを開発するための設計力やプロジェクト管理力も兼ね備えています。基幹システム、業務システム、Webシステムとあらゆるシステム開発が可能です。

強み提案力
設計力
PJ管理力
開発品質
開発実績動画配信管理システムモ
バイルオーダーシステム
CRM(顧客管理)システム など
運用・保守サポート⚪️

株式会社コアコンセプト・テクノロジー

株式会社コアコンセプト・テクノロジーは、独自のDX支援メソッドである「Orizuru」を活用したDX支援サービスを提供している会社です。さらに開発チームを迅速に立ち上げる「IT人材調達支援サービス」も提供しています。

DX支援サービスでは、コンサルティングからシステムの運用内製化支援までを一気通貫の支援が可能です。

強みDX支援サービスを一気貫通で提供
IT人材の迅速な調達
開発実績自動見積もりシステム
Salesforce環境構築 など
運用・保守サポート要問合せ

株式会社BTM

株式会社BTMは、IT領域のすべてに対応できるエンジニアリングサービスを提供しているシステム開発会社です。

大規模な開発やインフラ開発の実績があり、あらゆる分野へのシステム開発が可能。ゲーム、ECサイト、エンタメ、自社メディアサービスなど豊富な業界実績があります。さらにシステム企画から運用保守のフォローサポートまでをワンストップで提供しており、安心したシステム開発と運用が可能です。

強み幅広い業界での実績
高いスキルと幅広いスキルをもったエンジニア
上流から下流までワンストップで対応
データベースを活用した提案なの最大化
フリーランスエンジニア支援サービス
開発実績業務システムをAWSで基盤構築
社内ノウハウ共有システム構築 など
運用・保守サポート⚪︎

株式会社プラムザ

株式会社プラムザは、ラボ型開発で顧客の望むシステムを提供しているシステム開発会社です。

ラボ型開発とは、「専門のエンジニアチームを組み、クライアントと開発企業で同じ方向を向いて、強力な推進力を発揮しつつシステム開発を行う契約形態」とされており、高品質なシステム提供を実現させています。

さらに必要な作業リソースを随時見積もり、無駄なコストが発生しない仕組みを構築。ノーコード開発からセキュリティ対応まで行っており、顧客の課題解決をトータルサポートしています。

強み創業25年の実績(※)
コミュニケーションに尽力
不要なコスト削減の実現
充実のセキュリティ対策
開発実績基幹業務システム
業務システム
プラットフォーム構築 など
運用・保守サポート⚪︎

株式会社プラムザ公式HP参照

株式会社LIG

株式会社LIGは、グローバルな開発体制を用意し、システムやアプリ、Web制作などを行うシステム開発会社です。

システム開発では国内のベテランディレクターと海外のエンジニアでチームを組み、スムーズな開発体制を構築。サーバー/データベース構築から、予約システム、営業/顧客管理システムなど、あらゆる開発可能領域に対応しています。

ほかにもアプリ開発や生成AIコンサルティングの依頼も可能です。

強み柔軟でクリアなプロジェクト体制を構築
幅広いスキルセットをもつ海外エンジニア人材
ノーコードツールの活用で時短・低コストを実現
開発実績CRM「HubSpot」+認証基盤「Auth0」の導入支援
音声AI SaaSプロダクトの技術検証およびシステム開発
治験プラットフォームのシステム開発/コンサルティング など
運用・保守サポート⚪︎

\システム開発は資料で比較がカンタン!早わかり!/ 

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、コンサルティングからクラウド/システム開発に至るまで、上流工程・下流工程までのワンストップサービスを提供しているシステム開発会社です。

システム開発ではコンサルティングから要件定義、システム開発・構築、運用・保守を一貫して提供。人工知能やAR/VR、ディープラーニングなどの最先端技術にも対応しています。

さらにシステム開発を通して、ビジネス・プロセス改革にも精通。業務改革計画の立案の支援まで可能です。

強み上流から下流まで手掛ける戦略パートナーとしての総合力
Microsoft Azure国内トップクラスの導入実績
最先端技術やソリューションの開発・活用
開発実績情報セキュリティリスクの可視化
タブレットを活用した勤怠・工数管理のDX化
Microsoft Azureを活用してデータ分析基盤の構築を支援 など
運用・保守サポート⚪︎

日本システム開発株式会社

日本システム開発株式会社は、業務システムソリューションやデータ連携ソリューション、IoT技術支援サービスまでを提供しているシステム開発会社です。

基幹系業務システムの開発からハンディターミナルアプリ開発、クラウド環境の設計、導入までに対応しており、さまざまな分野に対応しています。IoTエッジデバイス開発の支援も行っており、ソフトの開発やアプリの開発も可能です。

強み豊富なノウハウと実績を活かしたソリューションの提供
Linux開発をベースに、エッジデバイスからクラウドアプリケーションまでの技術支援
開発実績オープンシステム化に伴う基幹業務系システム開発
災害現場向け機器のUI/センサー制御ソフト開発
車載向けセンサ情報通知ソフト開発
運用・保守サポート⚪︎

共同システム開発株式会社

共同システム開発株式会社は、「価値を産み出すプロフェッショナル集団」をコンセプトに、システム開発からシステムエンジニアリング事業を展開しているシステム開発会社です。

システム開発では『お客さまを第一に考えております!』をモットーに、顧客とのコミュニケーションを重視し、品質向上や優れたコストパフォーマンスを実現。システムエンジニアリングサービスでは、システム提案から構築、運用、保守までを一貫して担うことも可能です。

強み『お客さまを第一に考えております!』をモットーにしたコミュニケーション
技術者全員が正社員でありJavaを習得
開発実績自動車販社顧客管理システム
新聞社FAX自動送信システム
公営競技会員管理システム など
運用・保守サポート⚪︎

株式会社フォーク

株式会社フォークは、「Web制作事業」と「DX化推進事業」の二つの軸で事業を展開している、システム開発会社です。

Web制作事業では、バックエンドのキャンペーンシステムの開発からコンテンツ管理システムの開発、カスタマイズまで幅広く対応。加えて最適なサーバー・ネットワークの設計、構築、保守・運用までを行います。

DX化推進事業ではデータ基盤開発から運用支援、分析までをフォローし、データに基づいたマーケティング活動が行える体制を整えることが可能です。

強み戦略策定/設計から制作/開発/運用、分析/効果測定まで、デジタルソリューションに必要なサービスを提供
開発実績ブランドサイト制作
公営競技場出走投票システム開発
AR環境開発 など
運用・保守サポート⚪️

アイレット株式会社

アイレット株式会社はKDDIグループの一員として、クラウド活用からシステム開発、Web開発に強みをもつシステム開発会社です。

クラウドの導入・運用におけるフルマネージドサービス「cloudpack」を中心に豊富な実績があり、幅広い領域をカバーできます。システム開発ではクラウドを活用したサーバーレス Web アプリや、モバイルアプリの提供。

さらにAIを用いた最先端技術の活用にも対応しており、顧客に対して最適なシステムを迅速に提供できる体制を整えています。

強みクラウド活用からシステム開発、Web開発など幅広い領域に対応可能
開発実績LIFF アプリを活用したシステム設計・インフラ構築・UI/UX デザインまでをワンストップで提供
ユースケースサイトの設計・開発による生成 AI 内製化支援 など
運用・保守サポート⚪️

\システム開発は資料で比較がカンタン!早わかり!/ 

クラスメソッド株式会社

クラスメソッド株式会社は、クラウド、デジタル化、データの3つの分野を掛け合わせて、顧客の課題を解決するソリューションを提供するシステム開発会社です。

たとえばデジタル化では、お客様との関係性強化や事業開拓につながるデータが社内に蓄積する状態を目指し、iOS/Androidアプリ開発などに対応。LINEミニアプリ開発やコンサルティングも請け負っています。

強み顧客の成功を追求できる組織体制
成果が実証された解決方法の提案
IT投資の成果を早める内製化サポート
膨大な情報発信を通して更新され続けるナレッジ
開発実績LINEを使ったモバイルオーダー機能を簡単導入
WebサイトのAWS移行AWS×マーケティング活用からモバイルオーダーアプリまで包括的に技術支援
運用・保守サポート要問合せ

株式会社PPFパートナーズ

株式会社PPFパートナーズは、顧客のビジネス目標を達成するために、各分野のスペシャリストが多角的にサポートをしてくれるシステム開発会社です。

「経営戦略立案・システム構築・検証・バージョンアップ」のすべてに対応してくれます。システム開発では、PC、Web、スマートフォンなど、あらゆるプラットフォームに対応可能。受託案件での開発、常駐案件での開発などニーズにあわせた対応も行えます。

Webサイト制作も請け負っているため、幅広い要望に応えることが可能です。

強み専門性の高いエンジニアが多数所属
システム開発に伴う企画・デザインもすべて依頼可能
開発実績オーダー受注システムサイト
コミュニケーションアプリ
勤怠管理システム など
運用・保守サポート⚪︎

株式会社Skrum

株式会社Skrumは、予約サイトやECサイト、Webシステムの開発までを請け負っているシステム開発会社です。

同社では顧客の発注前に実際に開発したサンプルシステムを操作してもらい、操作感や品質、Ui/UXを体感してもらうことを行っており、「こんなはずじゃなかった」を徹底的に予防。

開発環境も品質を重視して国内のみで開発行う「国内開発」とオフショアパートナーと協働して開発する「オフショアジョイント開発」を用意しており、顧客のニーズやコストにあわせて対応できるプランが用意されています。

強みコミュニケーション重視
高い技術力
ワンストップ開発
開発実績販売管理システム
受験情報ポータルサイト
AI(機械学習)を活用した物量予測・倉庫人員管理システム
運用・保守サポート⚪︎

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、グローバル標準システムの開発や次世代デジタル製品の開発など、大手企業への開発実績が豊富なシステム開発会社です。

国際規格に準拠した開発プロセスでの依頼はもちろんのこと、短期間開発が可能なアジャイル開発の依頼もできます。そのため、顧客のニーズにあわせた開発が可能です。

さらに開発の際には、テクニカルソリューションセンター(TSC)を活用した、システム導入の調査検討、構築導入、運用検証などを行い、高品質なシステム開発に努める環境を整えています。

強み大手企業への豊富な開発実績
テクニカルソリューションセンター(TSC)を保有
開発実績プラットフォームのローコード開発
サイバーセキュリティ対応
オンライン決算システム基盤をAWS上に構築
運用・保守サポート⚪︎

東京システムズ株式会社

東京システムズ株式会社は、ソフトウェア開発からシステムコンサルティング、技術者派遣業務までを行っているシステム開発会社です。

ソフトウェア開発では、各種産業用制御システム・業務系システム・Web系システム・POSシステムなどの受託開発に対応。顧客のさまざまなニーズに応えることが可能です。自動車業界や医療系業界、鉄道業界などで開発実績があることに加え、スマホアプリの開発実績もあります。

強み豊富な経験と高度な技術の提供
機能、コストパフォーマンスに優れたシステム開発
開発実績産業用監視制御システム
組込系ソフトウエア
各種POS流通システム など
運用・保守サポート⚪︎

\システム開発は資料で比較がカンタン!早わかり!/ 

株式会社野村総合研究所

株式会社野村総合研究所は、マネジメントコンサルティングからシステムコンサルティング、金融ITおよび産業ITソリューションなどを提供しているシステム開発会社です。

とくに金融ITは得意分野となっており、銀行における勘定系システムやフロントシステム、店頭プラットフォームの開発や提供などを行っています。産業ITソリューションではDXビジネスの企画支援やシステム企画支援など、システム開発や導入に止まらないサポートの対応が可能です。

強み金融分野における豊富な実績
DX導入の一貫したサポート
開発実績勘定系システム、フロントシステムを同時更改
ビッグデータ分析基盤の構築
カスタマーセンターシステムをMicrosoft Azure上に構築 など
運用・保守サポート要問合せ

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

株式会社エヌ・ティ・ティ・データは、金融、官公庁・自治体、医療・ヘルスケア、食品、流通・小売などあらゆる業種へのソリューションを提供しているシステム開発会社です。

業務のコンサルティングやニーズに沿ったシステム提案、生成AIやブロックチェーンの提供も可能。たとえば製造業顧客に対しては、ニーズの分析やシステムの最適化などコンサルティングからシステム開発・運用、ITサービス導入までワンストップで提供しています。

強みあらゆる業種に対応できるソリューションの用意
開発実績AI審査モデルを活用した融資業務のデジタル化
大規模データを収集、集積、加工してグループで活用する「系統データ基盤」の構築 など
運用・保守サポート要問合せ

日本情報株式会社

日本情報株式会社は、業務アプリケーションシステム開発や制御系システム開発、導入や保守までをカバーできるシステム開発会社です。

業務アプリケーション開発では人事給与や経理を管理するための基幹システムの開発、生産管理システムの開発などを行っています。対応できる業種も幅広く、自動車業界や金融、インフラ、流通などで導入実績が豊富なのが特徴です。

強み40年以上にわたる豊富な実績(※)
開発実績PDM手配管理システム構築
自治体アプリケーションサーバ構築
中小企業向運輸倉庫業務システム など
運用・保守サポート⚪︎

※“日本情報株式会社公式HP”参照

\システム開発は資料で比較がカンタン!早わかり!/ 

システム開発会社に依頼するメリット

システム開発会社に依頼するメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 自社に開発ノウハウがなくてもシステム開発ができる
  • 運用後のサポートも期待できる
  • 柔軟な対応ができる

自社に開発ノウハウがなくてもシステム開発ができる

システム開発を自社で行うためには、スキルやノウハウを兼ね備えた人材が必要不可欠です。しかし、IT人材が不足している昨今において、こうした人材を自社で用意するのは非常に難しいでしょう。

システム開発会社に依頼をすれば、こうした人材を用意せずに、高品質なシステム開発が可能です。さらに自社でエンジニア採用や育成を行う必要もないため、早期のシステム導入も期待できます。

自社にシステム開発のノウハウがゼロの場合でも、高品質なシステム開発が期待できるのは、システム開発会社に依頼をする大きなメリットです。

運用後のサポートも期待できる

システムは開発期間よりも運用期間の方が長くなります。そのためシステムは、運用開始後の保守サポートをお願いすることがほとんどです。

自社でシステム開発した場合は、保守や運用も自社で賄う必要がありますが、システム開発会社に依頼して開発したシステムは、継続して運用サポートをしてもらえることも多くあります。

運用開始後もサポートが行えるのであれば、「バグやエラーが発生した際に迅速に対応してもらえる」「追加機能の搭載やシステムアップデートを依頼できる」など、長期的に安定した運用が可能です。

柔軟な対応ができる

システム開発会社に依頼した場合、柔軟な対応ができるのも大きなメリットになります。たとえば現在の進捗状況に応じたリソースの配分を行ってくれる、開発メンバーとの相性が悪い場合には人員を交代してもらえるなどです。

内製でシステムを開発する場合には、自社のリソースに左右されてしまい、リソース不足によるスケジュールの遅れや、そもそもの人材のスキルが足りていないなどのケースも少なくありません。

システム開発会社に依頼すると柔軟な対応ができ、スケジュールの進捗に遅れが生じにくいため、期日通りのシステムリリースが可能です。

\システム開発は資料で比較がカンタン!早わかり!/ 

システム開発会社に依頼する際に注意すべきこと

依頼をかける際は、以下の3点に注意しておくことが大切です。

  • 自社にスキルやノウハウが蓄積しない
  • コミュニケーションコストがかかる
  • 内製化よりもコストがかかる場合がある

自社にスキルやノウハウが蓄積しない

システム開発会社への依頼は外注となるため、自社にシステム開発のスキルやノウハウが蓄積しない点は押さえておくことが大切です。導入後の運用も委託しない場合、自社ですべての対応が必要になるため、トラブル発生時に対応ができないリスクもあります。

多くのシステム開発会社が導入後も「パートナー」として、運用サポートを行ってくれますが、将来的な内製化を考えているのであれば、プロジェクトの段階から自社メンバーを投入し、ノウハウを蓄積させるような工夫が必要です。

コミュニケーションコストがかかる

システム開発は複雑な要件が重なりあうため、自社開発であっても運用に至るまで困難なケースは少なくありません。外部のシステム開発会社に依頼する場合、自社の望んでいるシステム像を適切に伝えなければ、認識にすれ違いが発生してしまう恐れがあるでしょう。

認識にすれ違いを起こしたままプロジェクトが進行してしまうと、後戻りできない段階での要件の見直しやスケジュールの大幅な遅延なども考えられます。

プロジェクトを円滑に進めるためには、綿密なコミュニケーションを定期的に行える環境やリアルタイムで情報共有を行える環境が必要となるため、コミュニケーションコストがかかる点も押さえておきましょう。

内製化よりもコストがかかる場合がある

システム開発には多くの金額的コストが必要です。どのようなシステムを依頼するかで金額は変わってきますが、内製化でシステムを開発するよりもコストがかかる場合があることも押さえておきましょう。

もちろん自社に開発スキルやノウハウがない場合は、依頼をかけることになりますが、その場合は必ず複数社から見積もりをもらうことが大切です。見積もりを比較し、気になる点やわからない点は見積もりの段階で把握し、追加費用の可能性とあわせて理解しておくとよいでしょう。

さらに金額的コストに加えて、コミュニケーションコストのような時間的コストがかかることも押さえておく必要があります。

\システム開発は資料で比較がカンタン!早わかり!/ 

システム開発会社へ賢く依頼しよう

システム開発会社は強みやこれまでの実績が異なります。自社が求めるシステムを開発できるかを実績や強みを確認してから依頼をするとよいでしょう。

システム開発会社に依頼することで、自社の内部開発だけでは難しい高品質なシステムやアプリ、Webサイトが運用できます。依頼をする際は、本記事のシステム開発会社を参考に、候補を絞ってみてください。

\システム開発は資料で比較がカンタン!早わかり!/ 

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

▼以下の記事もおすすめです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次