【2024最新】シフト作成アプリおすすめ20選|無料アプリや店長・管理者向け、従業員向けまで紹介

シフト管理アプリおすすめ

シフト作成アプリは、シフト管理でお悩みの店長・管理者の方におすすめのツールです。シフト作成アプリを使えば、複数人分のシフト作成や管理を効率化できます。本記事では、店長・管理者向けのシフト作成アプリから従業員向けのシフト作成アプリまで、おすすめのアプリを20個ピックアップ。シフト作成や管理でお悩みの方は参考にしてください。

\おすすめツールを診断してみよう!/

シフト作成アプリを探している方必見!『おすすめのシフト作成アプリ無料診断』を使えば、いくつかの質問に答えるだけで簡単にぴったりなツールを診断可能
主要ツールから会社の体制や業種にあったものを30秒程で診断できるので、ツール選びの第一歩として利用してみましょう。

目次

【一覧比較表】店長・管理者におすすめのシフト作成アプリ(無料あり)

サービス名月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
店長・管理者向けおすすめAirシフト110円iPhone/Android
SHIFTEE220円iPhone/Android
シフオプ330円iPhone/Android×
はたLuck®要問合せiPhone/Android×
アールシフト10万円(税要確認)〜iPhone/Android
CAST要問合せiPhone/Android×
業界特化かえる勤怠管理 飲食
(飲食業用)
8,250円iPhone/Android×
OLude
(医療業界用)
要問合せiPhone/Android×
おまかせシフトちゃん
(介護業界用)
1,000円(税要確認)iPadアプリ専用×
無料で使えるoplus有料プラン:100円〜(税要確認)※100名まで使える無料プランありiPhone/Android
R-GROUP無料iPhone/Android×
シフト表 Lite無料iPhone
SmartShift無料iPhone/Android×
みんなのシフト。無料iPhone/Android×
シフト作成アプリ無料iPhone/Android

\ツール検討は資料でカンタン!早わかり!/

シフト作成アプリの導入を考えているなら資料で比較返答がおすすめ!サービススペックや料金、サポートなどの違いが比較しやすくなり、忙しい中での検討にもぴったりです。

各シフト作成アプリについてより詳しく知りたい方は、こちらからご確認ください。

シフト作成アプリの機能・できること

シフト作成アプリには、基本的に以下の機能が搭載されています。

機能できること
シフト申請・回収スマホアプリでシフト希望を申請・回収できる
シフト作成回収したシフト希望をベースにシフト表を作成できる
シフト調整過不足や各自の勤怠状況などを考慮しシフトを調整できる
シフト共有作成されたシフト表をアプリを通じて共有できる

シフト作成や調整に関しては、ボタンひとつ押すだけで自動で対応できるものも少なくありません。どこまで自動化できるかは、各シフト作成アプリで異なるため注意しましょう。

\おすすめツールを診断してみよう!/

シフト作成アプリを探している方必見!『おすすめのシフト作成アプリ無料診断』を使えば、いくつかの質問に答えるだけで簡単にぴったりなツールを診断できます

SaaSのおすすめ診断・一括資料請求サービスとしてのノウハウを生かした当診断で、導入後のミスマッチやコスト面での失敗・リスクを低減可能。

機能性や初期費用から運用までのトータルコスト、サポートなど、より詳細な比較で自社に最適なシステムを選びやすくなります。

  • 自社におすすめのサービスが手間なくわかる!
  • 面倒なやり取りや知識は一切不要!一問一答で簡単
  • 診断・資料請求ともに無料!比較検討の第一歩におすすめ


主要ツールから会社の体制や業種にあったものを30秒程で診断できるので、ツール選びの第一歩として利用してみましょう。

【店長・管理者向け】おすすめのシフト作成アプリ6選

店長・管理者におすすめのシフト作成アプリを紹介します。業界を問わず利用しやすいものを集めたので、参考にしてみてください。

サービス名月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
Airシフト110円iPhone/Android
SHIFTEE220円iPhone/Android
シフオプ330円iPhone/Android×
はたLuck®要問合せiPhone/Android×
R-Shift10万円(税要確認)〜iPhone/Android
CAST要問合せiPhone/Android×

\ツールの検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

シフト作成アプリの導入を考えているなら資料で比較返答がおすすめ!サービススペックや料金、サポートなどの違いが比較しやすくなり、忙しい中での検討にもぴったりです。

Airシフト

出典:https://airregi.jp/shift/

『Airシフト』は、株式会社リクルートが提供するシフト作成アプリです。

特徴は、スタッフ専用のスマホアプリ『シフトボード』と併用することでシフト管理を効率化できること。シフトボードに入力されたシフト希望を自動で取り込み、そのままシフト表に反映できます。

シフトの大枠は自動で作成可能で、あとは細かな点を調整するだけなのが便利なポイントです。もしもスタッフの過不足がある場合は、アプリを通じて出勤依頼や時間変更などを打診できます。

タイムカード機能付きなので、勤怠管理もこれひとつで可能です。

月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
110円iPhone/Android

SHIFTEE

出典:https://www.shifteeapp.jp/

『SHIFTEE(シフティー)』は、株式会社システムサポートが提供するシフト作成アプリです。業種問わず多くの企業に導入されており、ユーザー数は25,000名を突破しています(※)。

シフト収集や作成、店舗別のシフト管理などが可能で、従業員のスキルもふまえて作成できるのが便利なポイント。シフトはタイムライン表示も可能なので、一日の流れや時間帯別の人員を把握したい場合にぴったりです。

オプションを利用すれば、AIによるシフト自動作成機能も利用できます。

カスタマイズにも柔軟に対応しているので、独自のシフト作成アプリが欲しい場合にもおすすめです。

月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
220円iPhone/Android

※“SHIFTEE公式HP”参照

シフオプ

出典:https://www.shifop.jp/

『シフオプ』は、株式会社リクルートが提供するシフト作成アプリです。

シフトの収集から作成、共有までこれひとつでカバーでき、PCのみならずスマートフォンやガラケーからも利用可能。iPhone・Android用のアプリもリリースされています。

シフト作成は日別・週別・月別の3パターンに対応し、複数店舗のシフトをまとめて管理。店舗間でヘルプスタッフを派遣したい場合もスムーズでしょう。

アプリ内にメッセージ機能も用意されているため、シフト申請や調整に関するコミュニケーションも完結します。

月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
330円iPhone/Android×

はたLuck®

出典:https://hataluck.jp/

『はたLuck』は、株式会社HataLuck and Personが提供するシフト作成アプリ/店舗マネジメントDXアプリです。

特徴は、シフト作成や管理を効率化したい、スタッフの離職率を下げたい、店舗内での情報共有を活性化させたいといった悩みにまとめて対応できること。

シフト管理機能をはじめ、コミュニケーションを活性化させるチャット機能やお知らせ機能、従業員満足度を上げるクーポン機能などがそろっています。

 iPhone・Androidアプリどちらも利用でき、シフト申請や収集、シフト表作成などをスマホから簡単に行える点も魅力です。

月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
要問合せiPhone/Android×

R-Shift

出典:https://www.rshift.jp/

『R-Shift(アールシフト)』は、オーエムネットワーク株式会社が提供するシフト作成アプリです。20,000店以上の店舗で利用されており、ユーザー数は400,000名を記録(※)。多くの店舗のシフト管理を支えています。

 iPhone・AndroidのスマホアプリやPCから簡単に操作でき、AIによるシフト自動作成機能が魅力。勤務日数や公休日数、スタッフのスキルや相性まで考慮し、最短1分でシフトを作成します。

過去のデータを登録しておけば、どんなシフトが理想かAIが自動で推測してくれるため、面倒な初期設定も不要です。

月額対応スマホシフト自動作成
10万円(税要確認)〜iPhone/Android

※“R-Shift公式HP”参照

CAST

出典:https://cast-baito.com/

『CAST(キャスト)』は、クックビズ株式会社が提供するシフト作成ツールです。

AIによるスマホ店長機能が便利で、シフト希望の収集・催促を自動化。自動で集計されたシフトを微調整するだけで、簡単にシフトを作成できます。

シフト作成後に交代などの調整が必要になった場合も、スマホ店長が代わりに対応可能です。

LINEとの連携にも対応しているため、スタッフは専用アプリからでなくてもシフトの申請・確認が可能なのもうれしいポイント。LINEを通じたシフト収集もスマホ店長に任せられます。

他店舗へのヘルプ依頼も自動化できるので、ヘルプ運用にお悩みの場合も助かるでしょう。

月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
要問合せiPhone/Android×

【業界特化】おすすめのシフト作成アプリ3選

業界ごとに特化したシフト作成アプリを紹介します。飲食や医療、介護向けのアプリを紹介にするので参考にしてみてください。

サービス名月額対応スマホシフト自動作成
かえる勤怠管理 飲食8,250円iPhone/Android×
OLude要問合せPhone/Android×
おまかせシフトちゃん1,0000円(税要確認)iPadアプリ専用×

飲食業界|かえる勤怠管理 飲食

出典:https://japanpt.org/food/

『かえる勤怠管理 飲食』は、株式会社ITZが提供する、シフト作成アプリとしても使える飲食業向け勤怠管理システムです。

飲食店における打刻や勤怠管理、休暇管理、残業管理のほかシフト管理も可能で、シフトパターンを自由に設定可能。パターンをマスターデータとして登録しておけば、いつでも取り出しすぐにシフトを作成できます。

完成したシフト表は、PCやタブレット、スマホアプリから気軽に確認できるだけでなく、PDFファイルとしても出力できるため、紙面として印刷したい場合も便利です。

月額(税込)対応スマホシフト自動作成
8,250円iPhone/Android×

医療業界|OLude

出典:https://tcc.olude.jp/

『OLude(オルデ)』は、株式会社東計電算が提供する医療業界に特化したシフト作成アプリ・勤怠管理システムです。

煩雑になりがちな医療業界のシフトも簡単に作成でき、2回クリックするだけでシフトを作成完了。応援勤務や複数勤務の登録も簡単なので、医療業界ならではのシフト作成をスムーズに行いたい場合にぴったりです。

Web打刻や顔認証、ICカード認証などに対応した打刻機能も利用でき、出退勤の管理もこれだけでカバーできるのが便利なポイントでしょう。

もしも機能を自社仕様に変えたい場合、カスタマイズにも対応しています。

月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
要問合せPhone/Android×

介護業界|おまかせシフトちゃん

出典:https://shiftchan.com/index.html

『おまかせシフトちゃん』は、株式会社仙台情報サービスが提供する介護施設向けのシフト作成アプリです。

iPadアプリから使用でき、クラウドシステムではないためオフライン状況でも利用可能。いつでも気軽にシフトを管理できます。

従業員データを登録する際に、勤務可能なシフトや時間帯について設定しておけば、休日希望のみカレンダーに入れてすぐにシフト表を作成可能です。

ユーザー数の制限なく月額1,000円(税要確認)で使用できるので、従業員が多くランニングコストが不安な方にもおすすめします。

月額対応デバイスシフト自動作成
1,0000円(税要確認)iPad専用×

【無料で使える】おすすめのシフト作成アプリ6選

無料で利用できるシフト管理アプリを紹介します。無料プランでは、利用人数や機能に制限がある場合もあるので、しっかりチェックしましょう。

サービス名月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
oplus有料プラン:100円〜(税要確認)※100名まで使える無料プランありiPhone/Android
R-GROUP無料iPhone/Android×
シフト表 Lite無料iPhone
SmartShift無料iPhone/Android×
みんなのシフト。無料iPhone/Android×
シフト作成アプリ無料iPhone/Android

oplus

出典:https://opluswork.com/

『oplus(オプラス)』は、Oplus株式会社が提供するシフト作成アプリです。導入企業数は20,000社を超えており、業種・規模問わずさまざまな企業で利用されています(※)。

スマホアプリやPCから気軽に使えるのが特徴で、シフト提出・回収からシフト作成、出退勤の打刻や勤怠管理までこれひとつで対応可能です。

オプションのシフト自動作成機能を使えば、条件を設定しておくとクリックひとつでシフトを自動作成できるため、シフト作成の手間を大幅に減らせるでしょう。

ユーザー数100名までのスタンダードプランなら月額無料、有料プランも1ユーザーあたり100円(税要確認)とリーズナブルです。

月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
有料プラン:100円〜(税要確認)※100名まで使える無料プランありiPhone/Android

※“oplus公式HP”参照

R-GROUP

出典:https://jp.r-group.com/

『R-GROUP(アールグループ)』は、Rグループ株式会社が提供する、シフト作成アプリとしても利用可能なグループウェアです。

最新情報を発信できるタイムライン機能をはじめ、気軽なコミュニケーションに便利な掲示板機能やチャット機能、出退勤時の打刻機能など便利な機能がそろい、シフト作成機能も搭載しています。

シフト作成機能では、ドラッグ&ドロップのシンプルな操作のみでシフトを作成できるのが便利なポイント。自由にシフトを入力してもらい、期日になればロックをかけるだけでシフトが完成します。

豊富な機能を搭載しながら、利用料金は完全無料なのが最大の魅力でしょう。

月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
無料iPhone/Android×

シフト表 Lite

出典:App Store

『シフト表 Lite』は、Kazuma Yamashitaが提供するシフト作成アプリです。

スタッフの出勤曜日やスキルなどを登録しておくと、その後はワンクリックでシフトを自動作成。早番・遅番や日勤・夜勤などのシフトパターンにも対応できるので、医療や福祉関連の現場でも役立つでしょう。

シフトの自動作成を叶えながら料金は無料なので、費用を抑えたい場合に助かります。

シフト表 Liteは現在もダウンロードできますが、後継のシフト作成アプリとして『assift(アシフト) 』もリリースされています。

月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
無料iPhone

SmartShift

出典:App Store

『SmartShift』は、Taisei Otsuyamaが提供するシフト作成アプリです。iPhone・Androidのスマホから簡単に操作でき、カレンダーへ記入する感覚でシフト申請が可能。シンプルでわかりやすい作りなので、直感的に使えます。

社内・店舗内のコミュニケーションを叶えるチャット機能も搭載され、シフトに関するやりとりもスムーズです。

利用料金は無料。有料版のオプションも用意されておらず、いつでも気軽に導入できます。

月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
無料iPhone/Android×

みんなのシフト。

出典:https://minnanoshift.com/

『みんなのシフト。』は、Koji Shimizuが提供するシフト作成アプリです。

1週間分のシフトを扱うマスターシフトを登録でき、マスターシフトの作成後はスタッフが自由にシフトを記入。作成中のものは下書きとしてとっておくこともできます。

記入・調整が完了したシフト表を共有したい場合は、スクリーンショット機能で気軽にシェア可能です。

シフト作成に便利な機能をそろえながら、料金は完全無料、オプション料金もかかりません。リーズナブルかつ簡単に操作できるので、シフト管理初心者にもおすすめしたい製品です。

月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
無料iPhone/Android×

シフト作成アプリ

出典:App Store

『シフト作成アプリ』は、siranet GKが提供するシフト作成アプリで、iPhone・Androidのどちらでも利用できます。

「連続できる出勤日数は5日まで」、「早番のあとは2日間勤務不可」など、自由にシフト作成の条件を設定でき、前もって設定されたルールに基づいてシフトの自動作成が可能です。

シフトの自動作成を叶えながら、月額料金は無料でアプリ内課金もありません。費用を抑えつつ便利なアプリを使いたい方におすすめします。

月額(名・税込)対応スマホシフト自動作成
無料iPhone/Android

【番外編】自己管理におすすめのシフト作成アプリ5選(無料・個人用)

番外編として、スタッフが自分のシフトを管理するための個人向けアプリ(シフトスケジュール管理アプリ)を紹介します。シフトをもとに予定給与を計算できるので、目標金額に対して現状の収入見込みがわかり便利です。

サービス名月額(名・税込)対応スマホ給与計算
シフトボード無料iPhone/Android
シフター無料iPhone/Android
シフマネ無料iPhone/Android
シフカレ無料(アプリ内課金あり)iPhone/Android×
シフト手帳Pro無料(アプリ内課金あり)iPhone/Android

シフトボード

出典:https://shiftboard.jp/

『シフトボード』は、株式会社リクルートが提供する従業員・スタッフ向けのシフト作成アプリです。

カレンダー表示でわかりやすいのが特徴で、自分の出勤日はいつか一目で把握可能。複数店舗でのシフトをまとめて管理できるため、掛け持ちで働いている人にもおすすめです。

シフトを入力すると自動で給与が算出され、残業手当や交通費、深夜給なども反映した給与がすぐにわかるのも便利なポイント。

税金や保険料が発生するのかもわかるため、給与が扶養控除内かどうか気になる方にもおすすめします。

月額(名・税込)対応スマホ給与計算
無料iPhone/Android

シフター 

出典:https://shiftar.net/

『シフター』は、Kosuke Hamadaが提供する従業員・スタッフ向けのシフト作成アプリです。

早番・遅番や日勤・夜勤などのボタンを押していくだけでシフトを入力でき、簡単にシフト表を作成できるのが便利なポイント。勤務先が複数ある場合も一元管理可能です。

シフトだけでなく通院や食事会などプライベートの用事もセットで登録でき、スケジュール管理がこれひとつで叶います。

シフトを入力すれば自動で給与も計算されるので、収入をきちんと把握したい場合にもぴったりでしょう。

月額(名・税込)対応スマホ給与計算
無料iPhone/Android

シフマネ

出典:https://dkit.jp/

『シフマネ』は、DKit株式会社が提供する、従業員やスタッフ向けのシフト作成アプリです。

カレンダー表示でわかりやすくシフトを管理でき、お気に入りシフト機能を使えば同じシフトパターンを連続入力も可能。入力されたシフトは、スマホ内のカレンダーアプリにも同期できます。

バイト先設定画面で時給や時給発生単位などを登録しておけば、シフト入力時に給与も算出。勤務先が複数ある場合も、勤務先別にシフトと給与を管理できます。給料日には通知を届けることも可能です。

月額(名・税込)対応スマホ給与計算
無料iPhone/Android

シフト勤務カレンダー(シフカレ)

出典:https://ebisu-soft.com/

『シフト勤務カレンダー(シフカレ)』は、恵比寿ソフト株式会社が提供する従業員・スタッフ向けのシフト作成アプリです。

シンプルでわかりやすいのが特徴で、カレンダー画面から簡単にシフトを登録可能。メモ機能をあわせて使えば、シフトだけでなくプライベートの用事もセットで管理できます。

シフトパターンを登録しておけば、よりスムーズにシフトを作成できるでしょう。

広告表示を消したい、iPhoneやAndroidのカレンダーと連携させたい、同僚のシフトも確認したいといった場合にはプレミアムプランへの加入が必要ですが、基本は無料で使用可能です。

月額(名・税込)対応スマホ給与計算
無料(アプリ内課金あり)iPhone/Android×

シフト手帳Pro

出典:https://funeasy-soft.com/shiftpro50-html

『シフト手帳Pro』は、株式会社Funeasy Softが提供する従業員・スタッフ向けのシフト作成アプリです。

無料でありながらも、シフト管理や給与計算、予定管理までまとめて行えるのが大きな特徴で、カレンダーの日付をタップ、早番や遅番などのシフトパターンをタップするだけですぐにシフトを入力。予定もセットで登録でき、給与は自動で算出されます。

深夜勤務や休日出勤、早退などのイレギュラーなシフトにも対応可能です。

月額(名・税込)対応スマホ給与計算
無料(アプリ内課金あり)iPhone/Android

シフト作成アプリのメリット

シフト作成アプリの、店長・管理者側、スタッフ側それぞれのメリットは以下の通りです。

店長・管理者側のメリットスタッフ側のメリット
・シフト作成を効率化できる
・シフト作成時のミスが減る
・人員配置を適正化できる
・法令遵守を徹底できる
・シフトを簡単に申請できる
・いつでもシフトを確認できる

店長・管理者側のメリット

シフト作成アプリを導入すると、スマホアプリ上でやりとりが完結するため、シフト申請・回収の手間が減ります。回収後は希望や条件に基づき自動でシフトを作成でき、AIが搭載されていればより高精度です。

シフト作成を自動化できるためミスも減り、スキルやポジションを考慮して人員配置も適正化されれば、人件費削減にも貢献するでしょう。

法令違反のリスクもアラートで通知されるため、法令遵守にも抜かりなく対応できます。

スタッフ側のメリット

シフト作成アプリを導入すると、スタッフ側はスマホアプリから簡単にシフトを申請できます。シフトが申請されていないとプッシュ通知やメッセージが届き、申請もれを防止できるのも助かるでしょう。

また、作成されたシフトもスマホアプリからいつでも確認できるため、職場に出向いたり誰かに聞いたりする手間もかかりません。

\ツールの検討は資料で比較がカンタン!/

シフト作成アプリの導入を考えているなら資料で比較返答がおすすめ!サービススペックや料金、サポートなどの違いが比較しやすくなり、忙しい中での検討にもぴったりです。

シフト作成アプリの選び方

シフト管理アプリの選び方
  • 導入目的にあったアプリを選ぶ
  • 業種・勤務体系にあったアプリを選ぶ
  • 使いやすいアプリを選ぶ
  • プッシュ通知ができるアプリを選ぶ
  • 料金を比較してからアプリを選ぶ

導入目的にあったアプリを選ぶ

シフト作成アプリを導入することで何を解決したいか、どんな効果を求めているかを整理してから、導入するアプリを選びましょう。

導入するシフト作成アプリは、以下のように導入目的によって異なります。

導入目的おすすめのシフト作成アプリ
シフト作成を効率化したいシフト作成に特化したアプリ
医療や介護、飲食など業界ならではのシフト作成をしたい各業界に特化したシフト作成アプリ
シフトと勤怠をセットで管理したい勤怠管理も可能なシフト作成アプリ/シフト管理機能つきの勤怠管理システム
シフト作成の費用を抑えたい無料で使えるシフト作成アプリ

業種・勤務体系にあったアプリを選ぶ

シフト作成アプリを選ぶ際、自社の働き方に対応できるか確認する必要があります。シフトの組み方は、業種や採用している勤務体系で大きく異なるからです。

飲食やサービス、福祉、医療などシフト勤務の業種はさまざまですが、なかでも福祉や医療では勤務体系が特殊で、2交代制や3交代制を取り入れている職場が多くみられます。そのため、複雑なシフト編成にも対応できるアプリが必要です。

各シフト作成アプリで対応可能な勤務体系は異なるため、対応範囲をチェックしてから導入しましょう。

使いやすいアプリを選ぶ

シフト作成アプリを導入してみても、使いにくい場合は導入効果を得られません。せっかく導入したにも関わらず、現場に定着しないことも考えられます。

そんな失敗を防ぐためには、無料プランや無料トライアルから始めるのがおすすめです。実際に使ってみなければわからない点も多々あるので、シフトの回収や作成、調整、共有に至るまでスムーズに使えるか確認しておきましょう。

プッシュ通知ができるアプリを選ぶ

シフト作成アプリを導入するからには、プッシュ通知を使えるアプリを選ぶのをおすすめします。

プッシュ通知とは、アプリを通じて情報を画面にポップアップ表示できる機能のこと。LINEやInstagramなどSNSの通知を想像するとわかりやすいかもしれません。

プッシュ通知ができるシフト作成アプリを選べば、シフト申請の締め切り時や、シフト完成後の共有時などに通知を送信でき、コミュニケーションがスムーズになります。

シフトの提出もれや共有もれも防止するためにも、プッシュ通知機能が使えるかはチェックしておきましょう。

料金を比較してからアプリを選ぶ

シフト作成アプリといっても、無料で使えるものから従量課金制のもの、定額制でユーザー数は無制限のものなど、さまざまな料金体系がみられます。

重要なのは、各アプリの料金をきちんと比較すること。料金を比べてから導入しないと、「同じくらいの月額なのに、ほかのアプリの方が使える機能が多かった」などと失敗する可能性もあります。

また、安いから悪い、高いから優れているというわけではありません。各アプリの月額料金と機能を比較し、もっともバランスがいいと思えるシフト作成アプリを導入しましょう。

\おすすめツールを診断してみよう!/

シフト作成アプリを探している方必見!『おすすめのシフト作成アプリ無料診断』を使えば、いくつかの質問に答えるだけで簡単にぴったりなツールを診断可能
主要ツールから会社の体制や業種にあったものを30秒程で診断できるので、ツール選びの第一歩として利用してみましょう。

エクセルを使ったシフト作成アプリの作り方

シフト作成アプリではなく、エクセルを使ってシフトを作成することもできます。

シフト作成をエクセルで行う場合、以下の流れで進めましょう。

  1. 日付入力
    エクセルに日付入力欄を設け、最上部の行に何年・何月分かを記入し、入力欄最初のセルに「=DATE(年,月,日)」を入力しましょう。
    次のセルに「=前のセル番号+1」を入力すれば、 そのセル以降は自動入力できます。
  2. 曜日入力
    日付欄の横にあるセルに「=WEEKDAY(日付入力のセル)」を入力し、オートフィルで1ヶ月分入力します。
    曜日を入力するセルをすべて選択し、右クリック→書式設定→表示形式→ユーザー定義と進んだら、「aaa」と入力してOKを押しましょう。
  3. 従業員と出勤数を入力
    従業員名を縦方向、あるいは横方向に入力し、従業員名の横に出勤数を表示するセルを作ります。
    出力用のセルを選択し、「COUNTA(C:C)」を入力してオートフィルですべて記入しましょう。
  4. シフトパターン別の出勤人数を入力
    日勤・夜勤などシフトパターン別に出勤人数を表示したい場合、出力するセルを選択してから、=COUNTIF(C3:C30,日勤)」のようにCOUNTIF関数を使って人数を入力しましょう。
    シフトパターンの種類を問わず合計人数を知りたい場合、「=SUM(計算範囲)」で入力してください。
  5. 過不足の視認性を上げる
    出勤人数が足りない日を把握できるように、過不足数を出力して視認性を上げましょう。過不足数を入力し、「=IF(過不足数の入力されたセル,<0,不足,””)」と直下のセルに記入すれば、どの日が不足しているか一目でわかります。

上記の流れはあくまでも一例です。より簡単に作成したい場合は、シフト表用のテンプレートを活用するのをおすすめします。

\ツールの検討は資料で比較がカンタン!早わかり!/

シフト作成アプリの導入を考えているなら資料で比較返答がおすすめ!サービススペックや料金、サポートなどの違いが比較しやすくなり、忙しい中での検討にもぴったりです。

エクセルを使ってシフトを作成する注意点

  • 自動化できる範囲が限られる
  • 入力ミスが起こりやすい
  • スマホアプリで使いづらい

エクセルを使ってシフトを作成する場合、自動化できる範囲は限られます。シフト作成アプリであれば、シフト回収やシフト表への転記、シフト作成、調整までまとめて自動化できるものもありますが、エクセルでは難しいでしょう。

また、手入力する箇所が多いため、入力ミスが起こりやすい点も注意が必要です。ミスに気づかぬままシフト表を作成してしまうと、出勤人数を正確に把握できません。

スマホアプリから表示できても見づらいため、シフト作成アプリのようにスマホで完結するのも困難でしょう。

シフト作成アプリとエクセルどちらがおすすめか

シフト作成アプリを導入するか、エクセルでシフトを作成するかお悩みの場合は、以下の表を参考にしてみましょう。

シフト作成アプリがおすすめな企業エクセルを使ったシフト作成がおすすめな企業
・シフト作成を自動化したい
・シフト作成は時短重視
・シフト申請や作成をスマホで行いたい
・どうしてもエクセルで管理したい
・従業員数が少ない
・シフトが複雑ではない

シフト作成アプリの導入事例

シフト作成アプリを使う具体的なイメージをつかみたい方に向け、シフト作成アプリの導入事例を3つ紹介します。

Airシフトの導入事例

テイクアウト専門の飲食店を経営する株式会社ディテールアンドワークスでは、『Airシフト』を導入しています。

導入したするきっかけは、シフト管理とあわせて勤怠管理も可能な点。

飲食店の多くは紙面でシフトを管理しており、多くの手間と工数がかかってしまうのが一般的。そんな中、よりコア業務に時間を割くために『Airシフト』の導入を決めました。

『Airシフト』導入後は、シフト作成が効率化。操作方法がわかりやすいだけでなく、スタッフ用のシフトアプリ『シフトボード』と連携させ、希望シフトを自動で反映させています。

面倒な転記作業をカットできたほか、微調整を加えるだけでスタッフの働きやすいシフトを作成できているようです(※)。

※“Airシフト公式HP”参照

シフオプの事例

「FRESHNESS BURGER」の運営で知られる株式会社フレッシュネスでは、『シフオプ』が導入されています。

導入するきっかけとなったのは、急速な店舗数増加。店長が1人で複数店舗を管理しなければならず、店舗間で人員確保にも差が生じていました。そのなかで導入したのが、店舗間でのヘルプ運用も可能な『シフオプ』です。

『シフオプ』の導入後は、シフトの回収やシフト作成、調整まで簡単に行えることから、人員配置がスムーズに。過去のデータも参照しながらシフトを作成できるようになり、シフトの精度も上がりました。

シフト作成を効率化できた結果、スタッフとのコミュニケーションに割ける時間も増えているといいます(※)。

※“シフオプ公式HP”参照

SHIFTEEの事例

エステサロンや化粧品、健康食品などに関するアウトバウンドコールセンターを運営する株式会社スリーフラッグスでは、『SHIFTEE』を利用しています。

『SHIFTEE』を導入するまで、シフト作成の多くはアナログ管理。コールセンターを3拠点展開し、400名以上のスタッフが勤務していましたが、シフト申請や変更はすべて紙面で行われていました。

そのため、申請内容をわざわざエクセルに転記する必要があったといいます。

『SHIFTEE』を導入してからは、申請されたシフトが自動で転記されるため、シフト作成を大幅に効率化できました。また、自動化によってシフト確認の手間も減らすことができています(※)。

※“SHIFTEE公式HP”参照

【まとめ】シフト作成アプリで簡単にシフト表を作ろう

シフト管理アプリまとめ

エクセルや紙面でシフトを管理している場合、店長や管理者、従業員のどちらにとっても負担が大きくなります。

一方でシフト作成アプリを導入すれば、シフト希望の回収や転記作業、シフト作成、調整などをまとめて自動化可能です。複数店舗の一元管理も可能となり、店舗間のヘルプ運用もスムーズになるでしょう。

そのため、シフト作成に時間がかかっている、シフト作成の負担が大きいと悩んでいる場合は、シフト作成アプリの導入をおすすめします。

自社にあったシフト作成アプリを導入するためにも、資料の一括請求や診断サービスから始めてみましょう。

\今すぐ・カンタン!おすすめツールを診断!/

シフト作成アプリを探している方必見!『おすすめのシフト作成アプリ無料診断』を使えば、いくつかの質問に答えるだけで簡単にぴったりなツールを診断できます

SaaSのおすすめ診断・一括資料請求サービスとしてのノウハウを生かした当診断で、導入後のミスマッチやコスト面での失敗・リスクを低減可能。

機能性や初期費用から運用までのトータルコスト、サポートなど、より詳細な比較で自社に最適なシステムを選びやすくなります。

  • 自社におすすめのサービスが手間なくわかる!
  • 面倒なやり取りや知識は一切不要!一問一答で簡単
  • 診断・資料請求ともに無料!比較検討の第一歩におすすめ


主要ツールから会社の体制や業種にあったものを30秒程で診断できるので、ツール選びの第一歩として利用してみましょう。

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次