【2024年】無料で使えるシフト管理システム15選を比較!エクセルやLINEシフトなど店長向けのおすすめサービスも紹介

無料で使えるシフト管理システム15選を紹介。店長向けのサービスを中心に無料の条件や期間から、アプリのiPhone/Androidスマホ対応可否、主要機能の違いまで比較表にまとめて紹介しています。

Excelや『LINEシフト』を使って無料でシフト作成・管理する方法も解説しているので、参考にしてみてください。

\ツールは資料で比較がカンタン!早わかり!/

目次

【比較表】無料で使えるおすすめのシフト管理システム15選

無料で使えるおすすめのシフト管理システム15選について、料金や無料の条件、主要機能をまとめた一覧比較表を用意しました。

各サービスの特徴を比較しながら、相性のよいシステム選定の参考にしてみてください。

スクロールできます
料金無料の条件主要機能
R-GROUP無料制限なしスケジュール、掲示板、タイムカード、シフト表、ファイル共有、名刺管理
調整さん無料制限なし日程調整、出欠表作成
oplus・無料プラン
・有料プラン:月額100円(税要確認)/ユーザー~
100ユーザーまでシフト提出・管理・確定、iOS・Androidアプリ対応、デイリースケジュール、エクセル(csv)・カレンダー出力
assiftスタッフ11人以上から月額250円(税込)~スタッフ10人までシフト表の自動作成、URLでのシフト共有、PC/スマホ対応
ジョブカン勤怠管理・無料プラン
・有料プラン:月額220~550円(税込)/ユーザー
※月額最低利用料金は2,200円(税込)
登録スタッフ数10人まで、一部機能制限あり勤怠管理、出勤管理、シフト管理、工数管理、勤務状況の自動集計、外国語表示
ハーモス勤怠・無料プラン
・有料プラン:月額110円(税込)/ユーザー~
利用人数30人以下打刻機能、勤怠管理、休暇管理、勤怠アラート、シフト管理
シフト表作成・無料プラン
・有料プラン:要問合せ
従業員3人まで従業員管理、シフト登録・作成、デザイン設定、データ引き継ぎ
スマレジ・タイムカード・無料プラン(シフト管理は利用不可)
・シフト管理が使える有料プラン:月額2,420円(税込)~
・期間制限なしの無料利用は従業員30人まで(シフト管理は利用不可)
・シフト管理が使えるプランは有料、60日間の無料トライアルあり
勤怠管理、シフト管理、給与・賞与計算
勤務シフト作成お助けマン・勤務シフト作成お助けマン Day:月額11,000円(税込)~
・勤務シフト作成お助けマン Time:月額5,500円(税込)~
※年払いの場合
2カ月間無料シフト管理、シフト表の自動作成、データ連携
Airシフト月額110円(税込)/人~利用開始月と翌月シフト管理、タイムカード・勤怠管理、単発バイト募集
SHIFTEE月額220円(税込)/ユーザー~45日間シフト作成、シフト希望収集、エクセル出力、スキル登録、人件費計算、警告機能
かえる勤怠管理月額8,250円(税込)/1拠点~30日間勤怠管理、有給休暇管理、残業管理、シフト管理、管理者の権限設定
CLOUZA月額220円(税込)/人~30日間(5名まで)勤怠管理、シフト管理、外部ソフト連携、アラート機能、申請/承認、在宅勤務管理
ジンジャー勤怠・初期費用:要問合せ
・月額費用:300円(税要確認)/人~
1カ月間勤怠管理、申請/承認、シフト管理、予実管理、アラート機能
Optamo Lite R要問合せ利用開始月と翌月シフト管理、スタッフ申請・確認、労働条件設定、人員計画、エクセル出力

\資料請求でカンタン!比較検討/

シフト管理システム・アプリとは

シフト管理システムとは、シフト希望日の収集、シフト作成、作成したシフトの管理/変更など、店長・管理者のシフト管理業務を効率化させられるシステムのことです。

シフト作成をシステム・アプリ上で行えるだけでなく、従業員とのコミュニケーション機能、シフトの自動作成機能などにより、従来の工数を大幅に削減できるのが特徴的。

多くのサービスはPC・スマホの両方で運用できる仕様となっており、従業員と連携しながら管理することで、管理者・従業員双方にやさしいシフト管理を実現できます。

無料で使えるシフト管理システム・アプリのタイプ

無料で使えるシフト管理システムアプリは大きく分けて3タイプが存在します。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説するので、サービス選定の参考にしてみてください。

完全無料

人数や機能、期間制限なしで無料利用できるタイプです。

無料の条件を気にする必要がないため、とにかくコストをかけずにシフト管理アプリを運用したい方におすすめです。

【完全無料タイプのメリット・デメリット】

メリットデメリット
・コストがかからない・利用人数や期間を気にせず使える・機能性は非常にシンプルなものが多い
・完全無料のサービス自体が少ない

人数制限/機能制限ありで無料

無料プランに人数制限や機能制限が設けられているタイプです。

登録可能な従業員数に制限がかけられている場合は、現在の従業員数だけでなく、将来的な従業員数増加の可能性を含めてサービスを選ぶことが大切です。

機能面については、制限されることの多い具体例を以下にまとめるので、参考にしてみてください。

  • 外部システムとの連携機能
  • 勤怠管理、給与計算など、シフト管理以外の機能
  • データ収集/解析など、高度な機能
  • 一部サポートが利用不可

【人数制限/機能制限があるタイプのメリット・デメリット】

メリットデメリット
・制限はあるものの無料で使い続けられる
・完全無料のものより機能性や自由度は高め
・制限の内容がサービスによって大きく異なる
・運用中に無料プランの制限を超えてしまう可能性がある(従業員数の増加、追加機能の必要性など)

無料トライアル期間がある

無料プランは用意されていないものの、有料プランを一定期間無料で試せるトライアルが用意されているタイプです。

無料トライアルの期間は30日~2カ月間程度が目安。

アプリによって期間の長さが異なるだけでなく、一部の機能やサポートが制限されている可能性もあるため、無料トライアル期間にできること・できないことを把握してから申し込むとよいでしょう。

また、有料プランが複数用意されている場合は、プランごとの提供サービスの違いをチェックし、ニーズと相性のよいプランのトライアルを申し込むことが大切です。

【無料トライアルタイプのメリット・デメリット】

メリットデメリット
・有料プランを一定期間無料で使える
・コストをかけずに複数の有料プランを比較できる
・アプリによって無料トライアルの期間の長さが異なる
・30日~2カ月間程度で導入の可否を検討しなければいけない

【完全無料】おすすめのシフト管理アプリ2選を比較

R-GROUP

出典:https://jp.r-group.com/

【R-GROUPのポイント】

  • 制限なしの完全無料で使える
  • ファイル共有、タイムカード、名刺管理など、シフト管理以外の機能も搭載
  • 追加費用ゼロでスマホ対応

『R-GROUP』は、利用者数や期間制限なしで使えるクラウド型のグループウェアです。

搭載されているシフト表は、希望シフトの申請やロック機能、シフトパターンのカスタマイズなど、シフト管理に便利な機能が充実。

シフトパターンを登録すれば、ドラッグアンドドロップで組み合わせるだけの簡単操作でシフトを組めるため、効率的なシフト管理を実現できます。

また、ファイル共有や名刺管理、スケジュール機能など、幅広い業務に役立つ機能が搭載されている点も魅力的です。

料金無料
無料の条件制限なし
主要機能スケジュール、掲示板、タイムカード、シフト表、ファイル共有、名刺管理

調整さん

出典:https://chouseisan.com/

【調整さんのポイント】

  • 登録せずに無料で使える
  • PC、スマホ、タブレットに対応
  • 月間利用者数500万人超の実績(※)

『調整さん』は、ログインせずに無料で使える日程調整ツールです。

イベントの出欠確認や日程調整用に提供されているサービスですが、名前、日時、出欠確認を登録できるため、シフト管理に応用することも可能。

シフト作成のために従業員から事前の情報収集を行う、シフトが埋まっていない日に出勤してくれる人を探すなど、応用的な使い方に役立つツールです。

料金無料
無料の条件制限なし
主要機能日程調整、出欠表作成

※“調整さん公式HP”参照

\サービス選びには資料請求がおすすめ/

【人数制限/機能制限ありで無料】おすすめのシフト管理アプリ5選を比較

oplus

出典:https://opluswork.com/

【oplusのポイント】

  • 100ユーザーまでなら無料で使える
  • 導入企業数20,000社超の実績(※)
  • 利用者の声をもとに生まれた実用的な機能が豊富

『oplus』は、100ユーザーまで無料で使えるプランが用意されたシフト管理アプリです。

無料プランでも、シフト提出・管理・確定、コメント、テンプレート機能など、シフト管理に便利な機能を豊富に搭載。

有料プランになると、労務管理機能や複数拠点管理、勤怠管理など、機能性が大きく拡張される仕様となっているため、無料プランで物足りない場合はプランの切り替えを検討するとよいでしょう。

料金・無料プラン
・有料プラン:月額100円(税要確認)/ユーザー~
無料の条件100ユーザーまで
主要機能シフト提出・管理・確定、iOS・Androidアプリ対応、デイリースケジュール、エクセル(csv)・カレンダー出力

※“oplus公式HP”参照

assift

出典:https://assift.com/

【assiftのポイント】

  • スタッフ10人まで無料で使える
  • シンプルな操作性、直感的なUIで使いやすさを追求
  • シフト表の自動作成機能を搭載

『assift』は、スタッフ10人まで無料で使えるPC/スマホ両対応のシステム管理システムです。

各スタッフが働ける曜日やシフトパターンを設定しておけば、ボタンひとつでシフトの自動作成が可能。

シフト管理の工数削減に役立つだけでなく、作成したシフトはLINEやメールなどからURLで共有できるため、リアルタイムでの管理を実現できます。

料金スタッフ11人以上は月額250円(税込)~
無料の条件スタッフ10人まで
主要機能シフト表の自動作成、URLでのシフト共有、PC/スマホ対応

ジョブカン勤怠管理

出典:https://jobcan.ne.jp/

【ジョブカン勤怠管理のポイント】

  • 登録スタッフ数10名まで無料で使える
  • 勤怠管理、シフト管理、工数管理など豊富な機能性
  • シリーズ累計20万社の導入実績(※)

『ジョブカン勤怠管理』は、登録スタッフ数10名まで無料で使えるプランが用意されている勤怠管理システムです。

無料プランの制限は、「登録スタッフ数10名まで」「データ保持30日間」「チャット機能利用不可」「一部の印刷・データダウンロード機能の制限」「ジョブカン給与計算とのAPI連携不可」の5点。

ただし、勤怠管理、シフト管理、工数管理、データ集計機能など、利用可能な機能がそもそも豊富なため、無料プランでも多彩に活用できます。

料金・無料プラン
・有料プラン:月額220~550円(税込)/ユーザー
※月額最低利用料金は2,200円(税込)
無料の条件登録スタッフ数10人まで、一部機能制限あり
主要機能勤怠管理、出勤管理、シフト管理、工数管理、勤務状況の自動集計、外国語表示

※“ジョブカン勤怠管理公式HP”参照

ハーモス勤怠

出典:https://hrmos.co/kintai/

【ハーモス勤怠のポイント】

  • 利用人数30名まで無料で使える
  • 累計60,000社の導入実績(※)
  • 勤怠管理からシフト管理までをまとめてカバー

『ハーモス勤怠』は、利用人数30名以下なら基本機能の制限なしで無料利用可能な勤怠管理システムです。

勤怠管理、打刻、休暇管理、シフト管理など、無料プランでも多様な機能を使えるのが魅力的。

人数制限も30名までとなっているため、店舗や個人事業主、中小企業など、幅広い環境で活用できます。

また、ワークフローやサポート内容が充実する有料プランが、月額110円(税込)/ユーザー~とお手頃な点も見逃せません。

料金・無料プラン
・有料プラン:月額110円(税込)/ユーザー~
無料の条件利用人数30人以下
主要機能打刻機能、勤怠管理、休暇管理、勤怠アラート、シフト管理

※“ハーモス勤怠公式HP”参照

シフト表作成

出典:https://worktable.webdia.net/

【シフト表作成のポイント】

  • 従業員3人まで無料で使える
  • iOS用のシフト管理アプリ
  • シフト登録・作成・編集に特化したスマホアプリ

『シフト表作成』は、シフト管理に特化したiOS用のシフト管理アプリです。

従業員3名まで無料となっており、とにかくシンプルで簡単な仕様が特徴的。

iPhoneやiPadでの操作を想定したUIによって、モバイル端末でもストレスなく使いやすい点が大きな魅力です。

一方、Androidアプリはリリースされておらず、PCでも使えない点は留意しておきましょう。

料金・無料プラン
・有料プラン:要問合せ
無料の条件従業員3人まで
主要機能従業員管理、シフト登録・作成、デザイン設定、データ引き継ぎ

\サービス選びには資料請求がおすすめ/

【一定期間無料】おすすめのシフト管理アプリ8選を比較

スマレジ・タイムカード

出典:https://timecard.smaregi.jp/

【スマレジ・タイムカードのポイント】

  • シフト管理が使えるプランは60日間の無料トライアルあり
  • 登録事業者数14万2,900店舗突破(※)
  • トライアル中はコールセンターや設定サポートも無料

『スマレジ・タイムカード』は、無料プランに加え、60日間の無料トライアルが用意されているシフト管理アプリです。

「スタンダードプラン」は従業員数30名までなら期間制限なしで無料利用可能ですが、シフト管理機能は使えない点に注意

シフト管理機能が使える「プレミアムプラン」では60日間の無料トライアルが用意されているため、使い勝手や操作性を確かめながら導入を検討できます。

プレミアム以上のプランはシフト管理だけでなく、勤怠管理、給与・賞与計算機能まで搭載されているので、幅広い業務に使える万能ツールを探している方にはぴったりでしょう。

料金・無料プラン(シフト管理は利用不可)
・シフト管理が使える有料プラン:月額2,420円(税込)~
無料の条件・期間制限なしの無料利用は従業員30人まで(シフト管理は利用不可)
・シフト管理が使えるプランは有料、60日間の無料トライアルあり
主要機能勤怠管理、シフト管理、給与・賞与計算

※“スマレジ・タイムカード公式HP”参照

勤務シフト作成お助けマン

出典:https://www.otasukeman.jp/

【勤務シフト作成お助けマンのポイント】

  • 2カ月間の無料トライアルあり
  • ニーズにあわせて選べる2種類のプランを用意
  • シフトの自動作成機能を搭載

『勤務シフト作成お助けマン』は、2カ月間の無料トライアルが用意されているシフト管理アプリです。

早番・遅番・夜勤など法令順守や働き方改革に対応しながらシフト管理できる「勤務シフト作成お助けマン Day」、勤務時間が日ごとに変動しやすい店舗でのシフト管理と相性がよい「勤務シフト作成お助けマン Time」の2種類を用意。

いずれもシフトの自動作成機能が搭載されており、JR「みどりの窓口」でも運用されているセキュリティ対策が施された環境でシステムを運用できます。

料金・勤務シフト作成お助けマン Day:月額11,000円(税込)~
・勤務シフト作成お助けマン Time:月額5,500円(税込)~
無料の条件2カ月間無料
主要機能シフト管理、シフト表の自動作成、データ連携

Airシフト

出典:https://airregi.jp/shift/

【Airシフトのポイント】

  • 利用開始月と翌月は無料の体験期間を用意
  • スタッフのシフト希望を自動でシフト表へ反映
  • iOS/Android向けのスタッフ用シフト管理アプリを提供

『Airシフト』は、無料体験期間として利用開始月と翌月は無料で使えるシフト管理システムです。

大きな特徴は、スタッフ専用アプリ「シフトボード(iOS/Androidアプリ)」と連携させることで効率的な運用が促進される点。

スタッフが提出した希望シフトをそのまま反映できるだけでなく、チャット機能でシフトのやりとりを簡単に行えるため、管理者・スタッフ双方にとって快適なシフト管理を実現しやすくなります。

また、タイムカードや勤怠管理機能が標準搭載されている点も見逃せません。

料金月額110円(税込)/人~
無料の条件利用開始月と翌月
主要機能シフト管理、タイムカード・勤怠管理、単発バイト募集

SHIFTEE

出典:https://www.shifteeapp.jp/

【SHIFTEEのポイント】

  • 45日間の無料トライアルあり
  • 専用のiOS/Androidアプリを提供
  • シフトの収集から作成・調整までをワンストップで管理

『SHIFTEE』は、45日間の無料トライアルが用意されているシフト管理アプリです。

スマホアプリと組み合わせた運用により、従業員からのシフト希望の収集、シフト作成、共有までをシームレスに実現できるのが魅力。

メール、チャット、電話による充実のサポート体制が整っているため、手厚いフォローを受けながら無料トライアル期間中に使いやすさや相性をじっくり確かめることができます。

料金月額220円(税込)/ユーザー~
無料の条件45日間
主要機能シフト作成、シフト希望収集、エクセル出力、スキル登録、人件費計算、警告機能

かえる勤怠管理

出典:https://japanpt.org/office/

【かえる勤怠管理のポイント】

  • 30日間の無料トライアルあり
  • 人数課金なしのシンプルな料金体系
  • 勤怠管理とシフト管理をまとめてカバー

『かえる勤怠管理』は、30日間の無料トライアルが用意されている勤怠管理システムです。

勤怠管理とシフト管理をひとつのシステムで対応できる仕様となっており、勤怠関連業務をまとめて効率化できるのが魅力的。

従業員の人数に応じた課金ではなく、拠点単位の料金体系であるため、従業員数が多い企業や増減が激しい現場での運用に適しています。

料金月額8,250円(税込)/1拠点~
無料の条件30日間
主要機能勤怠管理、有給休暇管理、残業管理、シフト管理、管理者の権限設定

CLOUZA

出典:https://clouza.jp/

【CLOUZAのポイント】

  • 30日間(5名まで)の無料トライアルあり
  • 勤怠管理とシフト管理がセットになったツール
  • 多様な働き方に対応できる機能が充実

『CLOUZA』は、30日間(5名まで)の無料トライアルが用意されている勤怠管理システムです。

シフト管理機能は、勤務パターンのカスタマイズ性があり、PDF出力に対応しているためメール配布や印刷して掲示することもできます。

また、勤怠打刻時の位置情報取得、在宅/出社予定の登録と確認機能など、リモートワークをはじめとした多様な働き方に対応。

PC・スマホ・タブレットなど、利用端末も自由に選べるため、ニーズにあわせた柔軟な勤怠管理を実現したい方におすすめです。

料金月額220円(税込)/人~
無料の条件30日間(5名まで)
主要機能勤怠管理、シフト管理、外部ソフト連携、アラート機能、申請/承認、在宅勤務管理

ジンジャー勤怠

出典:https://hcm-jinjer.com/kintai/

【ジンジャー勤怠のポイント】

  • 1カ月間の無料トライアルあり
  • 勤怠管理、申請/承認、予実管理、シフト管理など多彩な機能性
  • 専用のスマホアプリを提供

『ジンジャー勤怠』は、1カ月間の無料トライアルが用意されている勤怠管理システムです。

大きな特徴は、勤怠管理、申請/承認、予実管理、シフト管理、36協定管理など、幅広い業務に役立つ機能が搭載されているところ。

法令をカバーしながら多様な働き方に対応しつつ、日々の業務をまとめて効率化できます。

また、管理者・従業員が両方使えるスマホアプリが用意されているため、時間や場所を選ばずリアルタイムで管理したい方にはぴったりでしょう。

料金・初期費用:要問合せ
・月額費用:300円(税要確認)/人~
無料の条件1カ月間
主要機能勤怠管理、申請/承認、シフト管理、予実管理、アラート機能

Optamo Lite R

出典:https://www.optamo.jp/liter/index.html

【Optamo Lite Rのポイント】

  • 利用開始月と翌月は無料のトライアルあり
  • シフト管理に必要な機能をコンパクトにまとめたアプリ
  • 多数の勤怠管理システムと連携可能

『Optamo Lite R』は、利用開始月と翌月の最大2カ月間無料で使えるトライアルが用意されたシフト管理アプリです。

スタンダード版の「Optamo for Shift」をよりシンプルにしたエントリー版となっており、シフト管理に役立つ主要機能をコンパクトに集約。

シンプルでありながら、シフト作成の自動化に役立つ機能が充実しているため、手軽にシフト管理業務を効率化できます。

エントリー版に物足りなさを感じた場合は、機能がさらに豊富な2種類の上位プランへ切り替えられる点も魅力的です。

料金要問合せ
無料の条件利用開始月と翌月
主要機能シフト管理、スタッフ申請・確認、労働条件設定、人員計画、エクセル出力

\紹介サービスを一度にチェックするならこちら/

無料のシフト管理システムの選び方・比較ポイント

無料の範囲内で満足な運用を実現できるか

無料で使えるシフト管理システムの多くには、以下のような制限が設けられています。

  • 従業員数の制限
  • 機能面の制限
  • サポートの制限
  • 利用期間の制限(無料トライアル)

制限のない有料版と比べると、上記のような制限が設けられた無料版はどうしても運用自由度が低くなってしまうでしょう。

大切なのは、「無料版でもニーズを満たす運用が実現できるか」という点。

シフト管理システムに求める条件や必要機能を整理した上で無料版のサービス内容をチェックし、課題解決に役立つ見込みのあるシステムを導入しましょう。

時間や場所を選ばずに管理できるか

店長や管理者はシフト管理以外にも多種多様な業務をこなす必要があります。

クラウド型やスマホアプリが用意されているサービスなら、空いた時間に場所を選ばず効率的なシフト管理を実現する助けとなるでしょう。

とくにシフト管理は、店長/管理者が単独で行うのではなく従業員と連携しながら調整するのが一般的。

あらゆる端末に対応したサービスや複数人で共有しやすいアプリなら、関係者間で連携を取りながらスムーズにシフト管理しやすくなります。

従業員数の増加を想定する

無料で使えるシフト管理アプリの多くは従業員数に制限が設けられているため、自社の従業員数を把握した上での検討が欠かせません。

とくに注意したいのが、将来的な従業員数の増加。

導入時には無料利用の制限内に収まっていたとしても、「従業員が増えて制限をいつの間にか超えてしまった」という事態は十分に考えられます。

従業員数の制限に余裕があるアプリを導入する、または従業員数の増加を見越して有料プランの内容までチェックしておくことにより、不測の事態を防ぎやすくなるでしょう。

有料版も視野に入れる

無料で使えるシフト管理アプリはコスト面のメリットが大きいものの、機能性、カスタマイズ性、自由度などは有料版に劣ります。

無料版を導入してみたものの、「実際に使ってみると物足りない」と感じるケースは珍しくありません。

大切なのは、ニーズを満たすシフト管理アプリを導入すること。

有料であってもコスト以上の効果が得られるのであれば十分に導入の価値はあるため、無料版に物足りなさを感じる場合は有料版もあわせて検討しましょう。

無料トライアルが用意されてるサービスなら、コストをかけずに有料サービスの使い勝手や相性の良し悪しを比較できます。

エクセル(Excel)を使って無料でシフトを自動作成する方法

エクセルを導入済みの場合、コストをかけずにシフトの自動作成が可能です。

シフト作成の自動化に役立つ関数を以下にまとめるので、参考にしてみてください。

  • DATE:日付の出力
  • WEEKDAY:日付に応じた曜日を数字で表示させる
  • COUNTA:データが入力されているセルの数をカウントする
  • COUNTIF:条件に応じたデータが入力されているセルの数をカウントする
  • SUM:指定した範囲の数値を合計する
  • IF:指定した条件に「合致している」「していない」それぞれにあらかじめ設定した結果を返す

これらの関数を活用しながら表計算ソフトであるエクセルの特性を活かし、横軸に時間(日付/曜日)、縦軸に従業員の名称を設定してシフト表のひな型を作成。

あとは従業員から寄せられた希望シフトを参考にしながらシフトを組めば、出勤日数や予定労働時間、時間帯別の稼働人数などが自動的にカウントされます。

エクセル(Excel)でシフト管理する際の注意点

エクセルでシフト管理する場合、以下のような点に注意が必要です。

  • 関数を使いこなすにはある程度の専門知識が必要
  • マニュアルやルールを用意しておかないと、共同で管理できない
  • シフト対象者が多くなるほど工数が増える
  • ヒューマンエラーを防止するのが難しい
  • 自動化には限界がある(表計算ソフトであるため、カウントや自動計算がメイン)

一方、シフト管理アプリならエクセルのデメリットをまとめてカバーできるだけでなく、コストを抑えた運用も可能です。

まずは無料利用できる範囲内で使い勝手を試しながら、エクセルで管理する場合との工数、使いやすさなどを比較してみるとよいでしょう。

\トライアルのあるサービス抽出には資料請求が楽ちん!/

無料で使えるシフト管理アプリ関連のよくある質問

無料で使えるiPhone、Android向けのシフト作成アプリは?

スマホ対応のおすすめシフト作成アプリを以下にまとめます。

スマホ対応無料の条件
R-GROUPスマホ/PCの両方に最適化制限なし
oplusiOS・Androidアプリあり100ユーザーまで
assiftPC/スマホ対応スタッフ10人まで
ハーモス勤怠iOS/Androidアプリあり利用人数30人以下
シフト表作成iOS専用アプリ従業員3人まで

店長向けのシフト管理アプリは?

店長向けのシフト管理アプリは、管理者が時間や場所を選ばずに管理しやすいサービスがおすすめ

また、従業員からのシフト希望などをアプリ内で収集してそのままシフトに反映できるサービスは効率的なシフト管理を実現しやすいでしょう。

以下におすすめのサービスをまとめるので参考にしてみてください。

特徴
R-GROUP希望シフトの申請機能を搭載。スマホ/PCの両方に最適化されているため、さまざまな環境で運用できる。
oplusiOS・Androidアプリあり。無料プランでもシフト提出・管理・確定までの一連作業をまとめて効率化できる。
Airシフトスタッフが提出した希望シフトをそのまま反映できるだけでなく、チャット機能でシフトのやりとりを簡単に行える。
SHIFTEEiOS/Androidアプリあり。従業員からのシフト希望の収集、シフト作成、共有までをシームレスに実現できる。
ジンジャー勤怠管理者・従業員が両方使えるスマホアプリが用意されている。

複数人で管理できるシフト管理アプリは?

シフト管理を複数人で行いたい場合は、従業員と連携が取りやすいアプリがおすすめ

また、さまざまなデバイスで運用できるサービスなら、時間が空いているタイミングでシフト管理できるため、複数人で効率的に運用しやすいでしょう。

以下におすすめのアプリをまとめるので、参考にしてみてください。

特徴
R-GROUP希望シフトの申請機能を搭載。スマホ/PCの両方に最適化されており、複数人での管理と相性がよい。
Airシフトスタッフが提出した希望シフトを作成時にそのまま反映できる。
さらに、チャット機能が搭載されているため、コミュニケーションを取りながら複数人で管理しやすい。
SHIFTEE従業員からのシフト希望の収集、シフト作成、共有までをワンストップで管理可能。
iOS/Androidアプリが用意されているため、さまざまな端末で管理できる点も魅力。
ジンジャー勤怠管理者・従業員の両方が使える機能を搭載したスマホアプリが用意されており、時間が空いた時にシフト管理しやすい。

LINEシフトとは?

LINEシフトとは、『LINE WORKS』を活用したシフト管理方法のことです。

LINE WORKSは、LINEが提供する「組織/チーム運営向けのグループウェア」であり、シフト管理を行う際には、アンケート機能、トーク機能、カレンダー機能を組み合わせる方法が一般的。

  • アンケート機能:勤務日の機能を従業員から募る
  • トーク機能:従業員同士がコミュニケーションを取りながらシフトの希望日時、変更などを調整
  • カレンダー機能:カレンダーにシフトを反映するとともに、変更も随時記載して全体で共有

上記のように慣れ親しんだLINEでのコミュニケーションを図りながらシフト管理を進められるのが、LINEシフトの特徴です。

LINEシフトを無料で使うには?

LINEシフトのベースとなるLINE WORKSでは、無料プランが用意されています

【無料利用の条件】

  • ユーザー数30人まで
  • ストレージ5GB

無料プランではシフト管理に役立つトーク、掲示板、カレンダー、タスク、アンケートなどの機能が標準搭載されているため、利用者が30人までなら無料でLINEシフトの運用が可能です。

シフト管理システムのCuraeは無料で使える?

『Curae』は、搭載機能をすべて無料で使えるシフト管理システムです。

ただし、「現在は新規受付を終了している」との記載があるため、詳細が気になる場合は問い合わせてみましょう。

無料のシフト管理システムで業務効率化を図ろう

無料のシフト管理システムなら、コストを抑えながら煩雑なシフト管理業務をまとめて効率化できます。

ただし、無料利用には制限がかけられているケースが多い点に注意。

無料の条件をチェックするとともに、無料の範囲内で満足な運用が期待できない場合は有料版も含めて検討するのがおすすめです。

本記事で紹介した内容を参考にしながら、自社にぴったりのシフト管理システムを探してみてください。

\30秒で申し込み完了!手間なくカンタン/

※本記事では厚生労働省のガイドラインとデジタル庁のワークライフバランスとDX推進に準じ、それを達成する手段と正規の勤怠管理システムを紹介しています。
当サイトでおすすめしているものは、一般社団法人日本クラウド産業協会のクラウドサービス情報開示認定制度から得られた情報や、各Saasサービスの最新の公式サイトの情報を参考にしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次