中小企業向け人事管理システム11選!おすすめの比較一覧【2024年版】

中小企業向け人事管理システム

中小企業にぴったりな人事管理システムを、比較表を用いて紹介!無料ツールも一覧で紹介します。人事管理システムは、中小企業の人事業務の負担を軽減するだけでなく、経営戦略の構築にも貢献します。

本記事では、人事管理システムのメリットや選び方も含めて解説。自社にあったシステムを知りたいという方は、参考にしてください。

\後悔したくない!自社に最適な人事管理システム選びのために/

企業のスピーディなシステム導入を助けるのが、『人事管理システム診断』。30秒ほどで完了する一問一答形式のアンケートで、主要な人事管理システムからおすすめを紹介してくれます。

煩雑な人事管理システムの比較・検討作業も、『人事管理システム資料請求』で一括。どちらも無料で利用できるため、自社に最適なシステムを選びに活用しましょう。

目次

人事管理システムを中小企業が導入する6つのメリット

中小企業にとっての人事管理システムのメリット

人事管理システムを中小企業が導入した場合、期待できるメリットには次の6つがあります。

  1. 人事管理業務の圧倒的な効率化
  2. 人為的ミスの回避
  3. 人材配置の適正化
  4. 人事評価の公正・効率化
  5. 離職の予防
  6. DX化やSDGsへの取り組みにつながる

人事管理業務の圧倒的な効率化

人事管理システムを導入することで期待できる大きなメリットが、業務の効率化です。

人事管理で執り行う業務は、多岐にわたります。入社から退社にかかる諸手続き、給与計算に年末調整、勤怠管理や社内評価など、膨大かつ広範囲に渡る業務です。しかも人事管理の業務は、緻密な数字を扱うケースが多く、ミスが許されません。

中小企業庁のデータからも、中小企業における人手不足が深刻化していることがわかります。

出典:中小企業庁 深刻化する人手不足と 中小企業の生産性革命

少数精鋭で人事管理業務に取り組むことの多い中小企業の人事管理部門では、膨大な業務量が大きな負担になっている点は否めません。

人事管理システムを導入すれば、中小企業における人材不足と業務の過重な負担を軽減し、業務効率化が図れます。

人為的ミスの回避

ヒューマンエラー、つまり人為的なミスは、1,000回に3回の確率で発生することが、中央大学の研究から示されています(※)。人のミスの原因は、大きく2つに分類可能です。

  1. 意図的に発生するエラー:手抜きや作業の省略が原因
  2. 意図しないヒューマンエラー:うっかりミス

そしてヒューマンエラーは、大きな損失をもたらします。

人事管理におけるミスの損失例
  • 「人事管理部門で給与計算にミスがあり、従業員自身による申告で、差額の精算を済ませた」
    →給与額を誤って算定された従業員は、会社に不信感を抱く。ほかの従業員と本件が共有することで、社内の士気が低下することも懸念。
  • 「採用において志望者からの問い合わせを見落としており、面接日程の調整ができないまま時間が経過」
    →自社に貢献する可能性がある人材の獲得を、逃す可能性あり。

このように、人事管理業務に伴うヒューマンエラーは、大きなリスクの火種です。しかし多忙を極める人事部門では、些細な気の緩みや過労による注意力低下といった要因によるエラーが、いつ発生するとも知れません。

このとき人事管理システムを導入すれば、ヒューマンエラーが発生しやすい単純な作業や定型の業務の自動化が可能です。人事管理の担当者は、熟考すべき案件や難解な判断を伴う業務に十分な時間と労力を投じられるため、業務の量も質も向上します。

※“中央大学 理工学部 経営システム工学科 人間信頼性工学:エラー防止への工学的アプローチ”参照

人材配置の適正化

人材の配置を考える際に労力を要するのが、従業員に関するデータの集計です。在籍期間中の実績を取りまとめて集計し、スキルや習熟度を算出するのは、容易ではありません。

とくに紙のデータで複数の箇所にファイリングされているといった場合、配置の検討に必要なデータを集めるだけで大きな労力を伴うでしょう。しかし人材の配置が適切でない場合、事業に損失をもたらす可能性もあります。

人事管理システムでは、従業員の応募時点から現在に至るまでのあらゆる情報を、一元管理できます。人材配置のシミュレーションで配置前後の比較が出来る人事管理システムを選べば、あらゆる配置パターンの可能性を検討可能です。

スキルや経歴、適性を考慮した適材適所の配置が、スピーディーに実現します。

人事評価の公正・効率化

人事評価は従業員のモチベーションを大きく左右します。しかし先入観や従業員との距離感といった影響で、評価基準が不明瞭になりやすく、人事管理の担当者を悩ませる業務のひとつです。

人事管理システムを導入すれば、従業員の勤怠や業務実績をデータで一括管理したうえで、客観的かつ統一の基準で評価を下せます。公平性と透明性の高い評価につながりやすいのは、大きなメリットです。

人事評価システムは、対応する機能によって、3つに分類できます。

スクロールできます
タイプ特徴基本機能
人事評価特化型・人事評価の効率化に強み
・小規模な企業向け
・従業員情報管理
・評価シートの作成、配布、回収
・評価シート収集の進捗管理、リマインド
・データ集計、分析。調整
・評価ワークフロー
タレントマネジメント型・従業員のスキルや能力(=タレント)に関する情報に基づき、戦略的な人材配置や人材育成に活用できる
・人材マネジメントに注力したい場合に適している
・人事評価
・スキル管理
・組織図作成
・異動シミュレーション
複合型・人事評価のみならず採用管理や労務管理なども幅広く網羅
・各種中小企業のニーズに対応
人事管理に伴う各種業務のフォロー機能を搭載

離職の予防

人事管理システムを中小企業が導入すると、業務負担の軽減や適材適所の人事配置、公正な評価により、従業員の離職を予防する効果につながります。

厚生労働省がおこなった雇用統計調査の離職理由の上位は、次のとおりです。

  • 労働条件(賃金以外)がよくない:27.2%
  • 満足のいく仕事内容ではない:26.7%
  • 賃金が低い:24.9%
  • 会社の将来が不安:24.3%

出典:厚生労働省 2離職理由

従業員が離職に至る大きな要因は、業務にやりがいが見いだせないこと、そして企業への貢献意欲の低下です。しかし個々の従業員の心理状態を把握するのは、困難でしょう。

そこで人事管理なら、勤怠や業務の実績、行動をデータ管理することで、従業員のコンディションやモチベーションの状態を数値化し、離職の恐れがある社員の把握が可能です。

人事管理システムの中には、離職者の検知や改善アクションの提案機能を搭載したツールもあります。

DX化やSDGsへの取り組みにつながる

人事管理システムを導入すると、経済産業省が推進するDX化や世界的に広がり意識すべきSDGsへの取り組みにつながります

  • DXとは:
    デジタルトランスフォーメーションの略語。紙媒体を中心にしたアナログな事務処理を電子化することで、業務の生産性と正確性の向上を目指す。生産性向上やヒューマンエラーの抑制、人件費削減に寄与し、中小企業の抱える悩みも解決に導く。
  • SDGsとは:
    直訳すると「持続可能な開発目標」。企業のブランディングに貢献することから、人事管理の部署を中心に取り組むことが推奨される。

中小企業によるSDGsへの取り組みとして、人事管理システムを活用できる例を以下に紹介します。

  • 勤怠管理のデジタル化
  • 諸手続きの電子申請化
  • 給与明細の電子化
  • 時間外労働の短縮
  • 適切な休暇取得の推進
  • 同一労働同一賃金への対応

企業のブランディング、業務効率アップ、早期退職やヒューマンエラーによるリスクの軽減など、 人事管理システムの導入で見込まれるメリットは見逃せません。

\無料の人事管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

企業のスピーディなシステム導入を助けるのが、『人事管理システム診断』。無料、かつ30秒ほどで完了する一問一答形式のアンケートで、主要な人事管理システムからおすすめを紹介してくれます。

「SaaSや社内DX導入にかかる手間を削減したい」「後悔のないシステム選びを支援したい」という思いから作られたこのツールを活用することで、導入後のミスマッチやコスト面での失敗・リスクを低減。

機能性や初期費用から運用までのトータルコスト、サポートなどより詳細な比較で、自社に最適なシステムを選びやすくなります。

  • 自社におすすめの複数サービスを手間なく一気に比較!
  • 面倒なやり取りや知識は不要!一問一答形式で簡単
  • 診断・資料請求ともに無料!多すぎる営業連絡もなく、比較検討の第一歩におすすめ

煩雑な人事管理システムの比較・検討作業も、『人事管理システム資料請求』で一括。比較工数を削減したい方は活用してみましょう。

人事管理システムの基本機能

人事管理システムの基本機能

人事管理部門の主な業務は、次の5つです。

  • 採用
  • 社員教育
  • 評価
  • 配置
  • 労務管理

これらの業務と対応させながら、中小企業向けの人事管理システムにできる主な機能を具体的に示したものが下の表です。

人事管理の主な業務人事管理システムの機能の例
採用・求人サイトとの連携
・面接日程の自動調整
・応募者への自動返信
・問い合わせへの対応
・内定通知
・カレンダーとの連携
社員教育・研修の作成
・研修内容のチェック
・受講実績と進捗の管理
評価・従業員情報の管理
・目標、進捗管理
・評価基準の設定
・面談シート作成
・評価シートの作成、配布、集計
配置・人事評価の集計データに基づく人事の最適化
労務管理・給与計算
・労働時間の集計
・福利厚生の企画、適用
・退職手続き

人事管理の業務は、相互に関連します。そして応募から退職に至るまでの従業員の情報を一括管理することで、劇的な効率化や新たなシナジーの創出につなげるのが、人事管理システムです。

\システム選びは資料で比較がカンタン!早わかり!/

大手とは異なる!人事管理システムを中小企業が導入する際の比較ポイント・選び方

人事管理システムの選び方

人事管理システムには、大規模に展開する大手企業向けのものから中小企業向けの人事システムまで、さまざまな種類があります。

とくに中小企業の場合、多機能な人事管理システムを導入しても使い切れずにもて余すことも少なくありません

中小企業が人事管理システムを導入する際の比較ポイントと選び方は以下の通りです。

現状の企業規模・未来数年間の成長を見越して人事管理システムを選択

中小企業が人事管理システムを導入する際、現在および未来数年間に渡る企業のスタンスは、重要な選定基準です。中小企業とひとことでいっても、上場を目指して邁進する企業もあれば、あえて事業規模を拡大せずコンパクトに経営を続けることを望む企業もあります。

たとえば現時点での事業規模を維持する方向性で将来を見据えている場合は、現状での使い勝手のよさや必要な機能が搭載された人事管理システムを選ぶことが推奨されます。

逆に大きな成長を目指している場合は、将来必要になるであろう機能がある人事管理システムを選ぶのもひとつの考え方です。

人事管理システムは、導入コストがかかります。企業の成長に伴って数年の間に機能が足りなくなり、人事管理システムの乗り換えが必要になれば、さらなるコストの発生は否めません。また、新たなシステムに移行する手間もかかります。

中小企業で人事管理システムの利用を検討する際は、先の成長や経営方針を見据えてツールを選定しましょう。

人事管理システムの機能のうち「不要な機能」をピックアップ

中小企業にとって使い勝手のよい人事管理システムを選ぶ際は、「不要な機能」を事前にピックアップすることが重要です。

人事管理システムには、人事に関する業務をワンストップでフォローできるものから、給与計算や勤怠管理など個別の機能に特化しているものもあります。機能が充実しているほど価格が高くなるため、費用対効果を考えるなら必要最低限の機能を選びたいところです。

ただ人事管理システムの機能はいずれも、あれば便利なものばかりです。必要な機能をピックアップしようとすると、選定が難しくなります。また中小企業では、人的リソースが少ない企業が多い傾向が顕著です。実際に使用を開始してから、機能を持て余す可能性があります。

本当に必要な機能のみを厳選するために、自社で求める機能を慎重にピックアップしてから、人事管理システムを選定するのがよい方法です。

クラウド型を選ぶ

中小企業向けの人事管理システムは、基本は「クラウド型」と「オンプレミス型」のいずれかであり、ほかには両者を併用した「ハイブリッド型」があります。

クラウド型とオンプレミス型の違いを、簡単にまとめます。

クラウド型オンプレミス型
特徴サービス提供業者がシステムを構築し、インターネット上で利用自社の業務にあわせた専用システムを開発、構築
サーバー不要必要
初期費用オンプレミス型より低価格高額
導入にかかる時間早い場合は使用申請から数分程度数ヶ月程度要することがある
ハードウェアのカスタマイズ不可(プライベートクラウドを利用するとカスタマイズ性が高まる)容易だが自社で対応
外部システム連携システムによって異なる容易だが自社で対応
外部からのアクセス容易機器の追加が必須
バックアップ容易コストがかかる
データ保存容量の拡張容易難易度が高い
障害発生時サービス提供者が対応自社で対応
対応する企業規模従業員が少人数から1,000人未満の中小企業従業員が1,000人以上の大手企業

クラウド型の人事管理システムは、インターネット環境があればすぐに利用できます。オンプレミス型のように、サーバーの構築コストやリソースを必要としません。バックアップやデータ保存容量の拡張といった操作は、ITに関する専門的な知識不要で簡単に対応できます。

また万が一の障害が発生した際、オンプレミス型の場合は、自社で対応しなければなりません。オンプレミス型の人事管理システムを導入する場合、IT専門の従業員を常駐させる必要があります。

これに対してクラウド型であれば、障害発生時の対応は、サービス提供者が実施。企業の体制や人員配置を変更することなく、スムーズな導入が可能です。

クラウド型のメリット
  • サーバー不要
  • 導入の手間やコストがかからない
  • 社内にIT専門人材が不要

こういった特徴から、ほとんどの中小企業に適しているのはクラウド型の人事管理システムです。

サポート体制の充実度

クラウド型の人事管理システムを導入する場合、サポート体制の充実度を事前に確認しましょう。新しい人事管理システムを導入すると、不測のトラブルや操作に関する困り事が発生することは多々あります。

サポート体制が充実している人事管理システムを選ぶことが、機能を存分に活用して最大の効果を得るためのポイントです。

またクラウド型の人事管理システムを選ぶ際は、自社ですでに使用している外部システムとの連携の可否や、法改正への対応の有無についてもご確認ください。

\後悔したくない!自社に最適な人事管理システム選びのために/

煩雑な人事管理システムの比較・検討作業は、『人事管理システム資料請求』で一括。ホームページではわからない詳細な内容から、主要な複数のシステムを比較できます。

また、「まずはとっかかりが欲しい」という方におすすめなのが『人事管理システム診断』。30秒ほどで完了する一問一答形式のアンケートで、主要な人事管理システムからおすすめを紹介してくれます。どちらも無料で利用できるため、自社に最適なシステムを選びに活用しましょう。

中小企業におすすな人事管理システム11選|比較表付き

さまざまな事業規模の中小企業におすすめな、人事管理システム全11選を紹介します。

ワンストップで人事管理業務をフォローできるものから、特定の業務に特化したもの、クラウド型を中心にオンプレミス型までピックアップしました。

スクロールできます
人事管理システム名称製品の強み形態対象の企業規模価格
freee人事労務従業員・勤怠管理・給与計算をワンストップで管理クラウド従業員数10名以上~
中小企業
要問合せ
TalentPalett(タレントパレット)採用管理システムとしても利用可能クラウド従業員数250名以上~中小企業要問合せ
ジンジャー人事労務従業員のスケジュールをTO DOリストで管理可能クラウドすべての事業規模に対応300円~/ユーザー数
CYDAS(サイダス)目標管理や人事評価制度機能に強みクラウド100名以上~中小企業要問合せ(従業員数に応じた従量課金制)
HRBrain必要な機能だけ選んで自由にカスタマイズクラウドすべての事業規模に対応要問合せ(従業員数に応じた従量課金制)
One人事[タレントマネジメント]官公庁や大学でも導入される人事管理システムクラウド 
オンプレミス
中小企業から大企業まで対応要問合せ
HRMOSタレントマネジメント従業員の目標や能力の管理に対応クラウド従業員数50名以上~中小企業要問合せ
sai*reco(サイレコ)人事の情報を蓄積し、経営情報としての活用を支援クラウド すべての事業規模に対応要問合せ
MoneyForward(マネーフォワード )クラウド人事管理従業員情報を一元管理同社提供の各種システムと連携可能クラウド中堅~大企業に対応要問合せ
SmartHR(スマートエイチアール)従業員情報の一元管理で労務管理を効率化クラウドすべての事業規模に対応要問合せ
kaonavi(カオナビ)従業員の顔写真が表示される機能ありクラウドすべての事業規模に対応要問合せ

\システム選びは資料で比較がカンタン!早わかり!/

freee人事労務|ワンストップでシンプルな人事管理システム

出典:freee人事労務

『freee人事労務』は、入社・退職者管理、勤怠管理、給与計算をひとつのツールでおこなえる人事管理システムです。直感的に操作しやすいデザインで、はじめての人事管理システムとして選ばれています。

freee人事労務3つのポイント
  1. 従業員の勤怠と給与の一元管理で検索・分析がスムーズ
  2. 希望する機能だけ選んでの利用可能
  3. 複雑な給与計算を自動化

freee人事労務の概要は以下の通りです。

対象従業員規模10名以上
提供形態クラウド/SaaS
参考価格2200円(税込)〜(ミニマムプラン、年払いの月換算)
主な機能・給与計算から明細の作成、配布まで自動化
・年末調整や算定基礎、労働保険の年度更新業務を自動化
・入退社手続き、勤怠管理に対応
・法定三帳簿の作成に対応
サポート・導入時の無料相談
・メール、チャットサポート
・電話サポート(契約プランによる)

freee人事労務のサービス提供企業情報

企業名フリー株式会社
本社所在地東京都品川区大崎1-2-2アートヴィレッジ大崎セントラルタワー21階
設立年2012年7月
資本金161億603万円(資本準備金等含む)

TalentPalett(タレントパレット)|UIがわかりやすく簡単操作で人事管理を一元化

出典:TalentPalett

『TalentPalett』は、人事採用にかかわるデータを一元化する人事管理システムです。採用に伴う適性検査をシステム内で、無償で提供しています。

集計データを簡単にグラフや表にまとめられるので、経営における意思決定もサポート可能です。

TalentPalett3つのポイント
  1. 採用管理システムに応募者とやり取りできるチャット機能を搭載
  2. 従業員情報を顔写真つきで管理できるので、社員同士のつながりを強化
  3. プライバシーマークを取得しておりセキュリティ面が充実

TalentPalettの概要は以下の通りです。

対象従業員規模250名以上
提供形態SaaS/ASP
参考価格要問合せ
主な機能・人事情報や異動経歴、研修歴、残業データまで一元管理
・集約した人事データの集計、分析
・既存のエクセルデータをインポート
・採用管理

TalentPalettのサービス提供企業情報

企業名株式会社プラスアルファ・コンサルティング
本社所在地東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友ビル25F
設立年2006年12月

ジンジャー人事労務|人事データを数値化・可視化し人事戦略に貢献

出典: ジンジャー人事労務

『ジンジャー人事労務』は、オンラインで簡単に入退社手続きや関連書類の管理が可能です。社内のあらゆる書類をペーパーレス化し、業務効率改善をサポートします。

導入段階から運用の定着まで、ユーザーニーズにあわせたサポートプランがあり、はじめて人事管理システムを使う方でも安心です。

ジンジャー人事労務3つのポイント
  • 誰もが使いやすくわかりやすい直感的な操作画面
  • 人事労務の情報が自動で連携されるので変更や更新の手間がない
  • サービスの改善や法改正の対応に向けて無料で自動アップデート

ジンジャー人事労務の概要は以下の通りです。

対象従業員規模すべての規模
提供形態クラウド/SaaS
参考価格300円 ~(追加オプションで機能追加が可能・無料体験あり)
主な機能勤怠、人事労務、給与計算、経費から、必要なサービスを選択
サポートニーズにあわせて複数のサポート体制を用意

ジンジャー人事労務のサービス提供企業情報

企業名jinjer株式会社
本社所在地東京都新宿区西新宿6-11-3WeWork Dタワー西新宿
設立年2021年10月
資本金5,144万円

CYDAS(サイダス)|人材育成や目標管理に特化した人事管理システム

出典:CYDAS

『CYDAS』は、育成計画の見える化によって目標や道筋を共有し、従業員の意欲を促進します。人材育成や目標管理といったタレントマネジメントで強みを発揮する人事管理システムです。

CYDAS3つのポイント
  • 従業員情報の一元管理で客観性の高い目標設定や人事評価が可能
  • データを視覚化し共有できる仕組みで、従業員のやる気を引き出す
  • 従業員から企業に対してキャリアの意向を伝える機能が充実

CYDASの概要は以下の通りです。

対象従業員規模100名以上
提供形態クラウド
参考価格要問合せ(従業員数に応じた従量課金制)
主な機能・社員情報の集約
・目標管理
・人事評価
・人材シミュレーション
・データの視覚化
・給与明細の配信
サポート・メール相談
・電話相談
・Web相談
・ユーザー同士の交流イベント

CYDASのサービス提供企業情報

企業名株式会社CYDAS
本社所在地東京都港区芝2-1-33
設立年2011年10月
資本金8億3,084万円

HRBrain(エイチアールブレイン)|人事・労務の課題をまとめて解決

出典:HRBrain

『HRBrain』は、必要な機能を自由に組みあわせてオリジナルのプランを作成できます。また機能毎に利用人数を選択可能です。月額料金制で利用人数にあわせた料金設定のため、コストの無駄がありません。

HRBrain3つのポイント
  • 使いやすさを重視したシステム設計ではじめてでも使いやすい
  • 既存のシステムとの連携で自社仕様にカスタマイズ可能
  • AIチャットボットで社内の問い合わせ対応を24時間自動化

HRBrainの概要は以下の通りです。

対象従業員規模すべての規模
提供形態クラウド
参考価格要問合せ
主な機能・人事評価
・タレントマネジメント
・労務管理
・組織診断
・従業員のコンディションの把握
・ストレスチェック
・AIチャットボット
サポート初期設定から運用支援までサポート

HRBrainのサービス提供企業情報

企業名株式会社HRBrain
所在地東京都品川区上大崎2-25-2 新目黒東急ビル 5F大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル 26F
設立2016年

One人事[タレントマネジメント]|人事情報の一元化・見える化で人事業務の効率化を支援

出典:One人事[タレントマネジメント]

『One人事[タレントマネジメント]』は、組織の人事戦略を支援し、人事評価の機能に強みをもっています。導入から専任スタッフがサポートするので、はじめての人事管理システムの導入にもおすすめです。

One人事[タレントマネジメント]3つのポイント
  • 欲しい機能を1つから選択可能
  • 目的や課題にあわせて人事管理システムを簡単カスタマイズ
  • 専門知識がなくても使いやすいシステム

One人事[タレントマネジメント]の概要は以下の通りです。

対象従業員規模中小企業から大企業まで対応
提供形態クラウド/SaaS/オンプレミス
参考価格要問合せ
主な機能・人材データの集計
・目標管理
・評価
・スキル管理
・人事異動のシミュレーション
サポート・メール問い合わせ
・お客様サポートサイトのFAQ
・サポートスタッフによるサポート

One人事[タレントマネジメント]のサービス提供企業情報

企業名One人事株式会社
本社所在地東京都品川区南大井6-26-2大森ベルポートB館8F
設立年2008年10月
資本金5,000万円

HRMOS(ハーモス)タレントマネジメント|人事・評価業務のデジタル化・効率化を実現

出典: HRMOSタレントマネジメント

『HRMOSタレントマネジメント』は、人事データを一元管理し、人事業務の効率化と人や組織状態の見える化を実現する人事管理システムです。自社仕様に設定を柔軟にカスタマイズできます。

また導入から活用まで、専任のサポーターのフォロー体制が完備されている点も魅力です。

HRMOSタレントマネジメント3つのポイント
  • 一元管理した人事データを視覚的に把握
  • わかりやすいUIで直感的に操作できる
  • 各種設定項目は柔軟にカスタマイズ可能

HRMOSタレントマネジメントの概要は以下の通り

対象従業員規模50名以上
提供形態クラウド/SaaS
参考価格要問合せ
主な機能・人材、組織データの一元管理
・レポート機能
・人事定形業務の自動化、効率化
・目標設定、評価プロセスの効率化
・従業員コンディションの把握
サポート・専任スタッフによる導入から活用までのサポート
・メール
・電話
・レクチャー

HRMOSタレントマネジメントのサービス提供企業情報

企業名株式会社ビズリーチ
本社所在地東京都渋谷区渋谷2-15-1
設立年2009年4月
資本金1億3,000万円

sai*reco(サイレコ)|人事管理から経営まで支援するクラウド型人事管理システム

出典:sai*reco

『sai*reco』は、人事コンサルティング会社が作った人事管理システムです。人事情報や施策情報をシステムで一括管理できるので、業務効率化やペーパーレス化が加速します。人事データを分析や、経営戦略への活用が可能です。

sai*reco3つのポイント
  • 従業員情報と給与関連情報を一括管理でき部門の人件費の把握が容易
  • グループ各社の情報を一括で管理可能
  • 組織図機能で時間と労力を削減しながら異動管理

sai*recoの概要は以下の通りです。

対象従業員規模すべての規模
提供形態クラウド/SaaS
参考価格要問合せ(無料トライアルあり)
主な機能・従業員管理
・組織図
・会社管理
・利用者設定
・承認申請
・分析
・給与明細の電子化
サポートシステム導入を手厚くサポート

sai*recoのサービス提供企業情報

企業名株式会社アクティブ アンド カンパニー
本社所在地東京都千代田区九段南3-8-11飛栄九段ビル5F
設立年2006年1月
資本金5,000万円(資本準備金 8,305万円)

MoneyForward(マネーフォワード )クラウド人事管理|従業員情報や組織情報を一元管理

出典:MoneyForward

『MoneyForward』なら、入退社手続き、人事異動といった労務手続きの業務効率化が可能です。従業員に関する諸手続きや変更手続きは、すべてシステム内で完了します。

ほかのクラウドサービスと組織情報を連携することで、さらに人事業務の効率化が加速するのが強みです。

MoneyForward3つのポイント
  • 各フォームのカスタマイズが可能
  • 同社のほかシステムとの親和性が高く連携により利便性アップ
  • オンライン上で書類の提出や承認、差し戻し可能

MoneyForwardの概要は以下の通りです。

対象従業員規模中堅企業~大企業
提供形態クラウド
参考価格要問合せ
主な機能・入退社手続き・従業員情報の収集、管理・同社ほかシステムとの連携・組織変更

MoneyForwardのサービス提供企業情報

企業名株式会社マネーフォワード
本社所在地東京都港区芝3-1-21msb Tamachi 田町ステーションタワーS21F
設立年2012年5月
資本金108億6,500万円

SmartHR(スマートエイチアール)|雇用契約や入社手続きがペーパレスで完結

出典:SmartHR

『SmartHR』は、人事労務の手続きや情報管理をワンクリックで完結させる人事管理システムです。従業員の情報は電子申請で収集するため、手続きと連動して最新の情報に更新されます。情報を逐一変更する手間がなく、ペーパーレス化も可能です。

SmartHR3つのポイント
  • 従業員情報が社員名簿に集約され、自動で更新されるので業務効率アップ
  • 外部サービスとの連携が充実しておりさまざまな手続きに対応可能
  • 閲覧権限の設定ができるのでセキュリティ面で安心

SmartHRの概要は以下の通りです。

対象従業員規模すべての規模に対応
提供形態クラウド/SaaS
参考価格要問合せ
主な機能・名簿作成
・人材データベースの作成
・給与明細の電子化

SmartHRのサービス提供企業情報

企業名株式会社SmartHR
本社所在地東京都港区六本木3-2-1住友不動産六本木グランドタワー
設立年2013年1月

カオナビ|直感的な操作性で誰でも使いこなせる

出典:カオナビ

『カオナビ』は、社員の個性や才能の発掘によって戦略人事を加速させる、タレントマネジメントシステムです。

人事に関する情報を集約可能にし、業務効率化や経営の意思決定をサポートします。スマートフォンやタブレットからの入力が可能で、テレワークにもスムーズに対応可能です。

kaonavi3つのポイント
  • 人事情報を簡単に集約可能で、ペーパレス化が簡単に実現
  • 外部サービスとの連携がスムーズ
  • 自動で組織図の作成が可能で、人材管理が加速

kaonaviの概要

対象従業員規模すべての従業員規模
提供形態クラウド/SaaS
参考価格要問合せ(無料体験あり)
主な機能・従業員の情報を一元化
・身上申請や手続きもオンライン上で可能
・既存の労務システムとの連携
サポート・専任スタッフによるサポート
・サポートツールを提供

kaonaviのサービス提供企業情報

企業名株式会社カオナビ
本社所在地東京都渋谷区渋谷2丁目 24-12 渋谷スクランブルスクエア38F
設立年2008年5月
資本金10億6,627万円(2021年3月末時点)

コストを抑えたい中小企業におすすめ!無料や低額利用できる人事管理システム一覧

人事管理システムは、利用する機能の数や従業員の人数によって料金体系が異なります。また導入に際して、初期費用がかかるケースがほとんどです。しかし、実際に利用しないと使い勝手や機能性がわからないのが実情でしょう。

そこで、コストを抑えながら人事管理システムを導入したいニーズに応えるべく、無料や低額で利用可能な人事管理システムを紹介します。可能な限りコストは掛けずに人事管理システムを試してみたい方は、ぜひ参考になさってください。

無料で利用できる人事管理システム

無料のトライアル期間がある、もしくは条件付きですが無料で利用できる人事管理システムを紹介します。

人事管理システム名称機能利用条件制限される機能無料トライアル
ジョブカン労務HR労務業務全般無料プランは5名まで利用可能・データ保存期間が30日
・データ連携不可
あり30日
SmartHR人事・労務業務全般無料プランは30名まで利用可能・カスタマーサポート非対応
・オプション機能利用不可
あり15日
オフィスステーション労務ライト労務全般無制限・対応帳票数一部制限あり
・一括申請非対応
・給与勤怠データ連携不可
あり30日

無料トライアルがある人事管理システム

ここでは、無料トライアル期間がある人事管理システムを紹介します。無料トライアル期間を活用して、親和性の高い人事管理システムを選べば、導入コストの削減につながるでしょう。

人事管理システム名称機能無料トライアル期間無料トライアル期間の機能制限継続利用した場合の参考価格
MoneyForwardクラウド社会保険・経理財務
・勤怠管理
・給与計算
・Web明細発行
・マイナンバー管理
1ヶ月なし月額2,980円~
sai*reco(サイレコ)・社内申請の電子化
・Web明細の電子化
要問合せなし要問合せ
ジンジャー人事労務 社保手続き・労務書類の自動作成1ヶ月なし月額800円/ユーザー
人事労務freee・勤怠管理
・給与計算
・Web給与明細
1ヶ月プランにより制限あり要問合せ

人事管理システム導入で中小企業の業務・経営を加速化

人事管理システムまとめ

人事管理システムは、煩雑になりがちな中小企業の人事管理の業務効率化とともに、経営促進にも貢献します。

無料で利用できる人事管理システムやトライアル期間を活用してコストを抑えながら、自社のニーズに適した人事管理システムを選び、企業の成長促進に役立ててみてください。

\無料の人事管理システムは資料で比較がカンタン!早わかり!/

企業のスピーディなシステム導入を助けるのが、『人事管理システム診断』。無料、かつ30秒ほどで完了する一問一答形式のアンケートで、主要な人事管理システムからおすすめを紹介してくれます。

煩雑な人事管理システムの比較・検討作業も、『人事管理システム資料請求』で一括。自社に最適なシステムを選びに活用しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部 株式会社ふるさと本舗 - Saas編集部

株式会社ふるさと本舗のSaaS編集部では、ビジネスをDXするトレンドツールをご紹介。バックオフィスや営業、マーケティングなどさまざまな業務の“カンタン・便利・効率的”を実現するツールを解説し、世の中のアップデートの促進を目指しています。

目次